« 救命の良心=両親、子ども達のために~『コード・ブルー3』第1話 | トップページ | しょうゆラーメン1杯の塩分(5g)、1歳の乳児には致死量?&雑用ラン »

日野原重明氏の(生前)最後のエッセー、オスラー博士&10km走

(18日) RUN 10km,50分28秒,平均心拍 155

   消費エネルギー  535kcal (脂肪 80kcal)

 

医療の世界の大御所、日野原重明氏の名前はあちこちで見聞きして

いたが、文章を初めて読んだのは朝日新聞・土曜別刷beのエッセー、

「あるがまゝ行く」だった。

 

はっきり覚えてないが、10年くらい前だったか。既に100歳の大台

が近づいているのに、非常にしっかりした文章で驚いた覚えがある。

何も知らずに文章だけ読むと、50代くらいの医師か作家の文章だと

思うだろう。

 

 

      ☆        ☆        ☆

その後、いつまで連載が続くのか気になっていたが、結局最後まで

書き続けたことになる。しかも、とても闘病中の105歳とは思えない、

知的で明晰な論理的文章だ。たとえ、ご家族が口述筆記その他で

手助けしてるとしても、驚くべき知性と情熱だろう。

 

色々と調べるだけで時間がかかってしまったので、記事を書く時間

が無くなったが、偉大な功績に敬意を表しつつ、ラスト・エッセーを

めぐる感想を簡単に書いておこう。

 

17年7月19日現在、朝日新聞デジタルで一部公開されている

105歳・私の証 あるがまゝ行く」シリーズ。

 

 

☆追記: この日の朝日・朝刊によると、書き溜めておいた

      原稿、つまり、本人によって完成された遺稿

      いくつかあるようで、今後公開されるようだ。)

 

☆追記2: 遺稿の記事を10日後にアップした。

   日野原重明氏のエッセー、「最後のごあいさつ」 )

 

 

      ☆        ☆        ☆

170719a

 

おそらく最後となるエッセーのタイトルは、

 「オスラーの歩んだ道、その背を追って」。

 

恥ずかしながら、私は全く知らなかったが、世代や時代の問題もある

だろう。日野原氏が師と仰ぐウィリアム・オスラー博士(William

Osler)は、100年前に亡くなった医師(1849~1919年、

カナダ)。共に内科医なのは、偶然というより必然に近いことか。

 

日野原氏が戦後、米国その他海外の医学情報を読む中、幾度となく

出会ったのがオスラーという名前。仕事で出会った米軍医に、本が

読みたいと頼むと、『Aequanimitas』という講演集が届いた

らしい。普通なら、この難しい書名だけでたじろぐ所だろう。

 

ラテン語で「平静の心」を意味すると日野原氏が書いていたので、

私は早速、英語のwiktionaryでチェックしてみた。

 

発音はほぼローマ字読みで、「アカニミタース」。前半の「aequ」が

「平静な」、後半の「anim」が「心」、語尾の「itas」が「~である

こと(状態)」。合成すると、「心が平静であること」という意味になる。

 

 

      ☆        ☆        ☆

170719b

 

日野原氏らによる日本語訳(医学書院)がamazonで販売されて

いるが、英語原書は既に著作権が消えているので、インターネット・

アーカイブで発見できた

 

170719c

 

 「アカニミタース 

  その他、医学生・看護婦・医療関係者に向けた講演と共に

 

冒頭に「アカニミタス」と題する文章があるが、読みやすくはない

英文で、戦後の混乱期にこれを読んだというだけでも凄い語学力

だろう。キリスト教の素養が関係していたのかも知れない。

 

青空文庫で、医学史の著作の翻訳が公開されているし、いずれまた

じっくり読んで、別記事を書きたいと思う。

 

170719d

 

とりあえず、英語版ウィキの説明を読むと、研修医制度や専門教育、

臨床トレーニングなどを最初に導入した人物で、「近代医学の父

(あるいは現代医学の父)。「聴診器を巧みに操る偉大な診断医」

とも書かれていた。かなり多才な人だったらしい。

 

聴診器の重視は、日野原氏の「手当て」重視の姿勢につながって

いるのかも知れない。また、オスラーは、人生の最期は安らかに

終わるべきだと考えていたようで、その影響もあるのか、日野原氏

も延命治療を望まなかったようだ。

 

残念ながら、ここで時間となったので、とりあえず終わりとしておこう。

ともあれ、現役医師として100年活躍し続けた日野原氏に、合掌。。

 

 

      ☆        ☆        ☆

時間が無いので、単なる小市民の走りについてはほんの一言だけ。

気温24度で、それほど暑くないかと思ったら、湿度95%

せいで十分蒸し暑かった。も弱くて、1.5m

 

トータルでは1km5分03秒ペース。心拍もかなり上がってしまった。

先日の自転車の疲れがまだ太腿の筋肉に残ってたようだ・・・という

のは言い訳だったりする♪

 

まあ、何事も平静な心で受け止めて、走り続けることにしよう。

ではまた明日。。☆彡

 

 

170719e

 

          時間  平均心拍  最大

往路(1.2km)   6分34秒 131 138

LAP1(2.2km) 11分19秒 147 192

  2        10分50秒 156 162

  3        10分49秒 162 167

復路(2.2km) 10分56秒 165 171

計 10km 50分28秒 心拍平均155(86%) 最大171(95%)

 

                  (計 1908字)

      (追記 46字 ; 合計 1954字)

|

« 救命の良心=両親、子ども達のために~『コード・ブルー3』第1話 | トップページ | しょうゆラーメン1杯の塩分(5g)、1歳の乳児には致死量?&雑用ラン »

「ランニング」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 救命の良心=両親、子ども達のために~『コード・ブルー3』第1話 | トップページ | しょうゆラーメン1杯の塩分(5g)、1歳の乳児には致死量?&雑用ラン »