« 用事に追われる中、気温27.5度ジョグ&つぶやき | トップページ | 将棋AIが好きな雁木戦法、逆にこちらが使ってAIと対局すると・・♪ »

消えゆく街の本屋さん、個人的な思い出と書店ビジネス(売上、利益)

本屋さんが減ってるとか、雑誌の売り上げが激減とかいうニュースは

昔から度々流れてるし、自分でも実感できることだけど、昨日(17年

8月24日)の朝日新聞・朝刊ではあらためて大きく扱われてた(1面

と3面)。

 

「書店ゼロの街 2割超」、「420市町村・行政区」。執筆は赤田康和

記者と塩原賢記者。HPでも公開されてる。

 

170825a

 

 

     ☆        ☆        ☆

今日(25日)の朝刊看板コラム「天声人語」でも、この話がメイン。

小さなお店(本や)が好きという詩人の長田弘の言葉を引用してた。

 

私は『本や』に本を探しにゆくのではない。

 なんとなく本の顔を見にゆく

 

なるほど、そう言えば私もそんな部分がある。って言うか、もうちょっと

正確に言うなら、『本や』の顔を見にゆくのだ。本だけじゃなく、お店の

雰囲気とか、顔を覚えてる店員や店長の顔とか。

 

スーパーやコンビニだと、店員は数ヶ月くらいでコロコロ変わるけど、

不思議なことに、本屋の店員だと長い人も結構いる。地味で愛想が

いい人が多いから(笑)、なんとなく気になるのだ。

 

っていうか、派手で愛想がいい女の子だと、もっと時給が高いバイト

や目立つ楽しいバイトに向かうんだろうね。ちなみに、派手で愛想が

フツーの男の子の私も、そうだった♪

 

 

    ☆        ☆        ☆

話を戻して、本屋さんの思い出について。私の生まれ故郷にあった

本屋も次々に消えて無くなってる。ただ、駅前にあったメインのお店

2つは、場所をちょっと移転して一応残ってるようだ。

 

どちらもよく行ってたけど、特に片方は思い出深くて、地元ネタの

掲示板でも盛り上がってた。田舎としては大きめだけど、大き過ぎ

ることはない店で、子どもにとっては絶好の遊び場。大人も含めて、

当時は流行ってた。

 

ただ、いかにもって感じの頑固おやじ系の店長かオーナーが、奥か

店先かどちらかにドーンと座って、目を光らせてたのだ♪ 立ち読み

とか座り読み(コラコラ!)してると、たまに怒られるから止めて、また

時間をおいて再開(笑)。でも、ちゃんと時々買って愛読してた。

 

「男の子」になって来た頃、お世話になったのもこの店♪ その辺り

の棚には特にきびしい視線が注がれてて、おやじから丸見えの位置

になってる。だから、おやじが消えた時とか、間に他の人が挟まって

見えなくなった瞬間を狙って立ち読みしてたのだ。

 

初めて買った時はメチャクチャ緊張して、怒られるんじゃないかとか、

通報されるんじゃないかとか、本気で心配してたほど。カワイくて、

いいね♪ 買った後、家での置き場にもまた困るけど、使い方には

あんまし困らない(爆)。

 

あんましかよ! いや、最初は難しいでしょ♪ 特に私は、マニア

だし(笑)。その後、学校のそばの本屋とか、首都圏に出て来た後

の本屋でも、いろんな思い出がある。一時期、どこでいつ買った本

なのか、最後のページに書き込んでたこともあった。。

 

 

      ☆        ☆        ☆

個人的な話はさておき、ビジネスとして考えると、最近はネット通販、

特にamazonの影響力が強まってる。

 

あんましアマゾンが好きじゃない私でも、色々と便利だから、最近は

使うことが増えた。古本が安く買えるし、無料で中身をちょっと読め

たりする(特に英米のアマゾン)。ランキングも見れるし、電子書籍

(kindle本)もある。

 

通販以外にも、郊外型とか、大型書店の進出もある。こうした情勢

の中、街の本屋さんはどのくらいの売り上げがあれば実店舗を維持

できるのか。ビジネスは、物やサービスをお金と交換する営みだから、

数字の話が重要になる。

 

ちなみに下は2000年以降、全国の書店数の推移。もっと前、80

年代くらいまで遡ると、さらに右下がりのグラフのはず。アルメディア

調べとか、ネットのあちこちに書かれてるのに、この調査会社自体の

情報はなかなか発見できない。「ナイ(無い)メディア」と言うべきか♪

 

170825b

 

 

      ☆        ☆        ☆

朝日には、関東唯一の書店の無い市として、茨城県つくばみらい市

の例が載ってた。

 

人口は5万人。本の売り上げの75%前後は取次会社などに支払い、

家賃や人件費などの経費が20%余りだから、書店経営上の利益は

わずか2%前後とのこと。おそらく、初期費用や撤退費用は考えない

計算で、100分の2。

 

ということは、最低レベルとして20万円の利益を上げるには、売上

1000万円が必要になる。

 

   1000万円×(2/100)=20万円

 

1日平均で33万円の売り上げだから、1冊平均1000円とすると、

毎日330冊売ることになる。10時間営業だと、1時間に33冊。そう

言えば、私が今行ってる本屋さんはそんな感じかも。つぶれると困る

から、もうちょっと買ってあげようかな。最近、立ち読みばっかだから♪

 

 

     ☆        ☆        ☆

いや、買いたいのは山々だけど、家の本が多過ぎて困ってるから、

ガマンして買わなくなったのだ (^^ゞ 何度か書いてるように、私は

貸倉庫に大量の荷物を預けて、読まない本に毎月お金を払ってる。

営業を止めた本屋を残して、経費だけ払い続けてるようなもの♪

 

全く無意味な出費だから、むしろ捨てるか、古本屋に売った方がいい。

ところが、処分する前にやっぱり読んでしまうから、なかなか進まない

のであった♪ 片づけが苦手な小市民、ガックシ。。_| ̄|○

 

『服を買うなら、捨てなさい』ってタイトルの本がベストセラーになってる

けど、「本を買うなら、捨てなさい」。

 

ってことで、これから頑張って片づけることにしよう・・・とか何度も

言ってて、さっぱり進まないのであった。人間とは弱い生き物なのだ♪

また一般論か! ではまた。。☆彡

 

                   (計 2267字)

|

« 用事に追われる中、気温27.5度ジョグ&つぶやき | トップページ | 将棋AIが好きな雁木戦法、逆にこちらが使ってAIと対局すると・・♪ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 用事に追われる中、気温27.5度ジョグ&つぶやき | トップページ | 将棋AIが好きな雁木戦法、逆にこちらが使ってAIと対局すると・・♪ »