« 無意識の気まぐれ、運命のいたずら~『コード・ブルー3』第8話 | トップページ | 湿度100%、雑用ついでの14km走&つぶやき »

京都大のダウン症向け新化合物「アルジャーノン」(ALGERNON)、英語論文の和訳(米国『PNAS』抜粋)

様々な意味で、現実と虚構の境界が揺らいでる現代社会だが、昨日

(2017年9月5日)、京都大学が発表した新物質「アルジャーノン」

には驚いた。

 

当サイトでも2年前、山下智久主演の連続ドラマ『アルジャーノンに

花束を』のドラマ・レビューを書いてるからだ。原作は米国の小説、

『Flowers for Algernon』(Daniel Keyes)。

知的障害の新しい治療法を試すと、ネズミも人間も最初は上手く行く

ものの、結局失敗する悲劇で、半世紀前の当時としてはSFだった。

 

170906a

 

 

      ☆        ☆        ☆

ダウン症だけでなく、アルツハイマー病やうつ症状、パーキンソン病

などへの応用も期待される、新しい化合物。なぜ、この命名なのか。

アルジャーノンは、悲劇の実験用ネズミの名前だ。ネズミの名前の

由来となってる詩人のアルジャーノンも、悲劇的人生を送ってる。

 

小林亜希子・医学研究科助教や萩原正敏・同教授による説明は、

今のところネット上に見当たらない。わりと詳しい地元紙・京都新聞

HPの記事にも無し。

 

ただ、itmediaの取材によると、京大学・広報課は、

 「『アルジャーノンに花束を』は、研究グループも知っていると

  思うが、特別なぞらえたわけではない」

と応答したとのこと。

 

しかし、この形式的で短い応答を、そのまま真に受ける人は少ない

だろう。小説・ドラマでお馴染みの名作『アルジャーノン』を、「多少」

意識して命名したとみなすのが自然。同じ京大・山中教授のiPS細胞

も、アップルのiPodを遊び心で意識した名前だと認めてる

 

ただ、今回は文芸ではなく科学の分野の研究だし、『アルジャーノン』

という過去の作品は、人間と実験ネズミの悲劇だったから、医薬品

関連の名前の由来として認めるのは避けた。知名度は利用して、

負のイメージは切り離した。命名の理由と公式説明については、

そう考える方が納得できる。

 

ちなみに、当サイトの『アルジャーノン』記事を5本だけ挙げとこう。

ドラマ、化学、数学、文学、哲学、一通り揃えてある。

 

 ママ、お利口になるから嫌わないで・・~第1話

 Yesterday Once More♪~最終回

 新薬ALGの原料キサンチンの化学式C5H4N4O2と構造式

 x² のフーリエ級数展開~第5話、咲人(山P)が書いた数式

 ダニエル・キイス『アルジャーノンに花束を』と、

    哲学者プラトン『国家』洞窟の比喩

 

 

     ☆        ☆        ☆

さて、今日の当サイトの記事は、現地の米国時間で9月5日に発表

された英語の学術論文の日本語訳がメインだが、その前に最低限

の基礎知識をまとめとこう。

 

ダウン症のほとんどは、21番の染色体が2本ではなく3本あること

が原因とされる(医薬品会社MSDの説明)

 

この過剰な状態(21トリソミー)によって、

 大脳の神経幹細胞の増殖が低下 → 神経細胞の供給が減少

   → 大脳の発達が不十分 → 知的障害など

という流れが生じてしまう。下図は京都大のpdfファイルより。

 

170906b

 

京大の新物質アルジャーノンは、染色体の上の遺伝子DYRK1A

を阻害して、上の悪い流れを断ち切り、認知機能を改善するものだ。

 

170906c

 

 

      ☆        ☆        ☆

では、電子媒体の科学雑誌『PNAS』(Proceedings

 of the National Academy of Sciences:

米国科学アカデミー紀要)の、Early Edition(早版)

を読んでみる。

 

170906d

 

2017年9月5日の更新で、確かに京大の論文が掲載されてた。

簡単な説明と添付資料は、登録なしの無料公開となってるので、

直訳してみよう。テレビドラマの新薬と同じ「ALG」という略号が

使われてた。

 

170906e

 

170906i

 

 

     ☆        ☆        ☆

Prenatal neurogenesis induction

therapy normalizes brain 

structure and function in

Down syndrome mice 

 

出生前の神経新生を促進する治療が、ダウン症マウスの

脳の構造と機能を正常化する

 

 

170906g

 

   意義

 ダウン症は21番染色体のトリソミーで引き起こされるので、

 現在、ダウン症の出生前診断が可能となっている。

 にも関わらず、ダウン症と診断された胎児の両親には、

 2つの選択肢しかない。

 妊娠を中絶するか、重い障害を持つ子どもを育てるか。

 

 我々はそうした両親に三つ目の選択肢を供給するために、

 新しい化合物「アルジャーノン(Altered 

 generation of neurons:神経細胞

 発生の改善)」を開発した。 

 

 アルジャーノンによる母マウスの治療は、薄い皮質板など、

 脳の形態の異常を妨げた。注目すべきことに、これらの

 子マウスは、治療してないダウン症の子マウスと比較して、

 より正常な認知行動を示した。

 

 アルジャーノンは、ダウン症だけでなく、多数の神経発達

 障害の治療をもたらす潜在能力を持っている。

 

 

     ☆        ☆        ☆

Abstract(抜粋)は専門的すぎるので、一部を省略して和訳する。

 

170906h

 

 21番染色体のトリソミーによるダウン症(DS)は、知的障害の

 発生原因として、最も一般的なものである。出生前診断が可能に

 なったが、神経認知的な障害の治療法は無かった。

 

 我々が新たに同定した成長促進物は、DYRK1Aを阻害する

 能力を持ち、神経細胞増殖の欠陥を救うことが分かった。

 アルジャーノンと名付けた、この化合物の経口投与は、神経

 幹細胞の増殖を回復させ、新生ニューロンを増加させた。

 

 さらに、母マウスへのアルジャーノン投与は、異常な皮質形成

 を阻害し、ダウン症の子マウスの異常行動の発達を妨げた。

 

 これらのデータは、アルジャーノンによる出生前治療によって、

 ダウン症の神経発生形質を妨げられることを示唆している。

 

 

      ☆        ☆        ☆

以上、非常に明るい見通しの研究発表となってる。文芸作品の

『アルジャーノンに花束を』と違って、ハッピーエンドとなることを期待

しよう。もちろん、治療しないという選択肢も十分可能だ。その点は、

他の障害や病気でも同様。

 

ただ、安全性が確認されれば、中絶という選択肢よりは良いと思う。

なお、新物質の詳細は無料情報には書かれてないが、添付資料で

♯688」と呼ばれてるような気がする。

 

それでは今日はこの辺で。。☆彡

 

                   (計 2549字)

|

« 無意識の気まぐれ、運命のいたずら~『コード・ブルー3』第8話 | トップページ | 湿度100%、雑用ついでの14km走&つぶやき »

医学・医療」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/65757223

この記事へのトラックバック一覧です: 京都大のダウン症向け新化合物「アルジャーノン」(ALGERNON)、英語論文の和訳(米国『PNAS』抜粋):

« 無意識の気まぐれ、運命のいたずら~『コード・ブルー3』第8話 | トップページ | 湿度100%、雑用ついでの14km走&つぶやき »