« 腎臓、赤血球・血圧・寿命の肝「腎」かなめ~NHKスペシャル『人体』第1集 | トップページ | 三島由紀夫が愛した『空飛ぶ円盤』♪&風邪14kmジョグ »

体内時計と遺伝子の解明~ノーベル医学生理学賞2017、授賞理由(英語原文と和訳)

171003a

 

今年(2017年)のノーベル生理学・医学賞は、残念ながら日本人

研究者ではなく、米国人だった。総選挙や米国乱射事件と重なった

こともあって、メディアの扱いはかなり小さくなってるが、内容は身近

で分かりやすい。約24時間周期の体内時計のメカニズム解明だ。

 

そこで今回も、英語の公式HPからコピペ&翻訳させて頂こう。世界

レベルの公的発表でもあるし、著作権の問題は生じないと考える。

 

親しみやすくて味のあるイラストは、今年もニクラス・エルメヘド

(Niklas Elmehed)の作品。許容範囲の引用と考える。

左から、ホール氏(Hall)、ヤング氏(Young)、ロスバシュ氏

(Rosbash)の3人。

 

171003b 

 

cf. 大隅良典教授のノーベル医学生理学賞2016、

        受賞理由(英語原文と和訳)

   大村智教授のノーベル医学生理学賞2015、

     受賞理由(英語原文と和訳)&休養ジョグ

 

 

      ☆        ☆        ☆

英文和訳の前に、プレス・リリース(報道機関向けの発表)の

イラストを使って、話の大枠をつかんでおこう。もちろん、本当は

もっと複雑なシステムとプロセスだ。

 

171003e

 

上から時計回り(=右回り)に、1、2、3・・・と6つの細胞の絵

が並んでる。日経サイエンスの解説を参考にすると、大体、上半分が

昼間、下半分が夜間のようだ。

 

まず、1番から。昼の間に、核の中で、時計遺伝子(長くつながった

ギサギザの一部)から、メッセンジャー(伝令)の働きをするリボ核酸、

mRNA(ミミズ1匹みたいな絵)が作られる。次に2番。mRNAから、

PERタンパク質(ひもの塊みたいな絵)が作られる。

 

3番は夜で、PERが核の中に移動。4番で、PERが遺伝子の働き

をブロック(阻害)。5番で、新たなPERが作られなくなる。6番は

朝で、PERが分解されて消滅。また1番に戻って循環する。

 

 

     ☆        ☆        ☆

では、授賞理由の英文を日本語に訳す。pdfファイル冒頭の主要

部分のみ。

 

171003c

 

Nobelforsamlingen

The Nobel Assembly at Karolinska 

Institutet

 

ノーベル会議

カロリンスカ研究所・ノーベル会議

 

The Nobel Assembly at Karolinska 

Institutet has today decided to 

award the 2017 Nobel Prize in 

Phisiology or Medicine

  jointly to

Jeffrey C.Hall,Michael Rosbash

and Michael W.Young

for their discoveries of molecular

mechanisms controlling the

circadian rhythm

 

カロリンスカ研究所のノーベル会議は今日、2017年のノーベル

生理学・医学賞を、ジェフリー・C・ホール氏、マイケル・ロスバシュ氏、

マイケル・W・ヤング氏に合わせて贈ることを決定した。

概日リズムを制御する分子メカニズムの発見に対して。

 

171003d

 

SUMMARY

要旨

 

Life on Earth is adapted to

the rotation of our planet.For

many years we have known

that living organisms,including 

humans,have an internal,biological

clock that helps them anticipate

and adapt to the regular rhythm

of the day.

 

地球上の生命は、私たちの惑星の循環に適合している。昔から

私たちは、人間も含めた生物が、体内に生物学的な時計を持って

いることを知っていた。その時計は、生物が1日の規則的リズム

を予期し、適合することを手助けしているのだ。

 

But how does this clock actually

work? Jeffrey C.Hall,Michael

Rosbash and Michael W.Young

were able to peek inside our

biological clock and eluciade its

inner workings.

 

しかし、この時計は実際、どのように作動するのか? ジェフリー・

C・ホール氏、マイケル・ロスバシュ氏、そしてマイケル・W・ヤング氏

は、私たちの生物学的時計の内側を垣間見て、その内なる働きを

明らかにできた。

 

Their discoveries explain how 

plants,animals,and humans

adapt their biological rhythm

so that it is synchronized with

the Earth’s revolutions.

 

彼らの発見は、植物、動物、そして人間が、どのようにして、それらの

生物学的リズムを地球の回転に同調させるのかを説明する。

 

 

    ☆        ☆        ☆

Using fruit flies as a model

organism,this year’s Nobel

laureates isolated a gene that

controls the normal daily

biological rhythm.They showed

that this gene encodes a

protein that accumulates in the

cell during the night,and is

then degraded during the day.

 

生物のモデルとしてショウジョウバエを利用することで、今年の

ノーベル賞受賞者たちは、通常の1日の生物リズムを制御する

遺伝子を分離した。彼らは、この遺伝子がコード化するタンパク質が

夜間に細胞内で蓄積して、昼間には分解されることを示した。

 

Subsequently,they identified

additional protein components

of this machinery,exposing the

mechanism governing the self-

sustaining clockwork inside

the cell.We now recognize

that biological clocks function

by the same principles in cells

of other multicellular organisms,

including humans.

 

続いて彼らは、細胞内で自己保存する時計の動きを支配する

仕組みを明らかにし、この装置の別のタンパク質成分を同定した。

私たちは今や、人間も含め、他の多細胞生物の細胞内でも

同じ原理で生物時計が機能することを認識している。

 

 

     ☆        ☆        ☆

With exquisite precision,our

inner clock adapts our

physiology to dramatically

different phases of the day.

The clock regulates critical

functions such as behavior,

hormone levels,sleep,body

temperature and metabolism.

 

見事な正確さで、我々の体内時計は我々の生理を、一日の内で

劇的に異なる様相へと適合させる。その時計は、行動、ホルモン・

レベル、睡眠、体温、代謝など、決定的に重要な機能を調節する。

 

Our wellbeing is affected when

there is a temporary mismatch

between our external

environment and this internal

biological clock,for example

when we travel across several

time zones and experience

“jet lag”.

 

例えば、私たちがいくらかの時間帯を横切る旅行をして、時差を

経験する時など、外的環境と内的な生物時計の間にズレがある時、

私たちの健康は害される。

 

There are also indications that 

chronic misalignment between 

our lifestyle and the rhythm 

dictated by our inner timekeeper

is associated with increased 

risk for various diseases.

 

私たちの生活様式と体内のタイムキーパーが刻むリズムとのズレは、

様々な病気リスクの増大と関連しているという指摘もある。

 

 

以下、省略。なお、今日(3日)はノーベル物理学賞、明日は化学賞

が発表される予定。日本人の受賞に期待しつつ、ではまた。。☆彡

 

 

 

cf. 重力波の観測 by LIGO(ライゴ)

  ~ノーベル物理学賞2017、授賞理由(英語原文と和訳)

 

                 (計 3539字)

|

« 腎臓、赤血球・血圧・寿命の肝「腎」かなめ~NHKスペシャル『人体』第1集 | トップページ | 三島由紀夫が愛した『空飛ぶ円盤』♪&風邪14kmジョグ »

科学」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 腎臓、赤血球・血圧・寿命の肝「腎」かなめ~NHKスペシャル『人体』第1集 | トップページ | 三島由紀夫が愛した『空飛ぶ円盤』♪&風邪14kmジョグ »