« 気管支炎で呼吸困難、大正製薬「アスクロン」の効き目&超スロー傘ジョグ2本 | トップページ | 東洋大教授「ウルトラマン症候群」(毎日新聞)&気管支炎ジョグ25km »

『陸王』第1話、人間本来のミッドフット着地走法は底の薄い裸足感覚の靴で

ドラマ好きのランナーとして一応、初回の2時間SPを見てみたTBS

『陸王』。マラソン・ドラマと言うより、老舗の足袋屋復活ドラマに近い

印象だった。

 

池井戸潤原作の日曜劇場は、『半沢直樹』も『下町ロケット』も全く

見てなくて、今回もあくまで、マラソンとシューズが目当て。

 

勧善懲悪、地味な努力による逆転劇や成功、素朴な人情。こうした

ものはノンフィクションや身の回りの現実なら好きだけど、ドラマや

映画、文学といったフィクションで扱われるのは正直かなり苦手だ。

派手な音楽(服部隆之)。説明的で起伏の激しいベタな脚本(八津

弘幸)。わかりやすい演出(福澤克雄)。

 

素直な私ならむしろ、悪役銀行員やライバル企業のアトランティス

を応援する♪ それこそ本物の逆転、驚きの創造だ。

 

 

     ☆        ☆        ☆

ただ、ある程度の視聴率は取るだろうなと思ってたら、初回視聴率

は14.7%で、まずまずの好発進。あの路線には固定客が多いと

いうことか。あるいは、きねや・・じゃなくて、こはぜ屋の女性従業員

の平均年齢の成功かも♪ まさか50歳代半ばの設定とは。。

 

見どころの一つ、豊橋国際マラソンは、本物の現役ランナーらしい

サイラス・ジュイがわざとスピードを緩めて、茂木選手(竹内涼真)に

抜かれたシーンが笑えた♪ 役者じゃないから、あれはあれでOK。

ケニア出身、31歳。フルマラソンのベストは2時間09分10秒。

東京マラソン2011で5位に入賞した時の記録。

 

2015年から2016年にかけて、ドーピング疑惑で資格停止処分

受けてるけど、風邪薬という主張が認められたのかな。すぐ復活

して、ゴールデンタイムのテレビに起用されてるほどだから。

 

 

    ☆        ☆        ☆

さて、ランナーにとって気になるのは、10年ほど前から一部で地味な

話題になってる、裸足感覚のランニングシューズと走法だろう。

 

私はドラマを見てる途中、すぐにマラソン足袋のモデルを検索して

みたが、ヒットするのは個人サイトばかりで、「きねや足袋」らしいと

いった感じの事が書かれてる。過去の経験上、情報の信頼性が低い

ので、実際にきねやHPにアクセスしてみると、なぜか『陸王』関連の

記事が読めない状況。アクセス集中でサーバーがダウンしたのか?

 

しばらく後でアクセスすると、ちゃんと読めた。

 

171017a

 

 「小説及び2017年10月15日放映開始のドラマ『陸王』に

 登場する足袋シューズは弊社きねや足袋の“ランニング

 足袋 きねや無敵”をモデルにしたものではありません。」

 

かなり断定的に、ウワサを否定してる。原作者の池井戸潤も、取材

でお世話になったけどモデルではないと何度かツイート。ちなみに、

きねやの「無敵」は、楽天やamazonで5500円くらいで売ってた。

アマゾンのレビューの評価は高いけど、身の回りで見た覚えは無い。

 

ただ、きねや足袋がドラマの「足袋協力」であることはエンドロール

で確認できたし、「無敵」以外の新しいきねやランニング足袋との

関係は不明(近日発売らしい)。きねやの側で、『陸王』を少し意識

する可能性は一応あると思う。トレール(山道)ラン用に、「山王」を

売り出すとか♪ ないだろ!

 

 

     ☆        ☆        ☆

ドラマの中ではまず、こはぜ屋四代目・宮沢(役所広司)が大きめの

スポーツ用品店で、はだし感覚のランニング・シューズを見つける。

 

驚いたことに、なぜかここだけ実在する企業、Vibram社のファイブ・

フィンガーズ(5本指シューズ)を使って、店員のセリフにも出てた。

ところがエンドロールには名前がない。複雑な大人の事情だろうか。

日本の代理店的な会社では、ドラマに取り上げられたと報告してた

 

171017d

 

ドラマに戻ると、宮沢はその後、小さなスポーツショップに行って、

有村(光石研)の理論的指導を受ける。まとめるとこんな感じの内容。

 

 ── 最近、ランナーのケガが増えてるのは、単にブームで人数

 が増えただけではない。流行の分厚いソール(靴底)と踵のせいで、

 踵から着地するヒール着地になってしまい、衝撃を受けてるからだ。

 

 それに対して、人間本来の走りはミッドフット着地走法。足の真ん中

 で足裏全体を使って着地するから、衝撃を吸収できるしエネルギー

 効率も良い。

 

 そもそも、人類の歴史でホモ・サピエンスが生き残ったのは、長距離

 を走れて狩りに向いてたから。それはミッドフット着地のおかげだと

 最近の研究で言われてる。逆に、短距離しか走れなかったホモ・

 ネアンデルターレンシスやホモ・フロレシエンシスは滅びた ──

 

 

      ☆        ☆        ☆

上のような、ドラマの脚本・セリフ通りの情報は、日本のサイトを検索

しても全くと言っていいほどヒットしない。ごく一部の情報によると、

原作小説にそれに近い記述があるようだけど、ちょっと違う感もある。

後で原作をチェックしてみたい。

 

ただ、仮に池井戸潤が小説『陸王』でそう書いてるとしても、それが

学問的に正しいかどうか、根拠があるかどうかは別問題だ。

 

私は英語でかなり検索をかけてみたけど、ぴったり来る学術情報は

一つも発見できない。リーバーマン教授(Daniel Lieberman)

の『Nature』レター論文(2010年)が可能性として考えられる。

ただ、そこに書いてあるのなら、誰かが引用してる方が自然なのに、

そうした引用は見当たらない。

 

171017b

 

 

     ☆        ☆        ☆

断片的に似た話なら、あちこちの情報にあるから、それらを原作者

か脚本家がつなぎ合わせて創作したのかも。いずれにせよ、10万年

前とかの人類の祖先がどのように走ってて、それが生存競争とどう

関係あるのか。かなり大まかな仮説の域を出ないはずだ。

 

今現在でさえ、走法の論争はある。ミッドフット着地やフォアフット

着地だと、ふくらはぎやアキレス腱の負担が増えてしまうリスクが

ある点は、リーバーマン教授も認めてることだ。

 

実は、ビブラム社の5本指製品、ファイブ・フィンガーズには、米国で

訴訟が起きてて(健康効果の誇張)、2014年に和解案を提示した

というニュースもある。

 

株式非公開で、会社情報もあまり公開してないので、注意は必要

だろう。アシックスやミズノ、ナイキ、アディダスとは違う。ちなみに

ニューバランスは非公開とのこと。。

 

 

     ☆        ☆        ☆

171017c

 

なお、裸足ランのバイブルとなってる『BORN TO RUN』(走る

ために生まれた)の英語原書で、書籍内検索もやってみたけど、

ドラマとほんの少し似た話がヒットした程度だ(アマゾンとグーグル、

両方とも)。

 

アトランティス社のモデルは、私の愛するアシックスとか、ネットで

言われてるけど、大手企業でシューフィッターを置いてて、有力選手

に靴を提供してるというだけ。

 

その程度の類似なら他の社でもあるし、「ア・・ス」という名前や「村」

がつく有名人(三村仁司)に注目するなら、アディダスも同様。原作者

がモデル企業を挙げてるわけでもない。

 

個人的には、試しに足袋タイプのシューズを履いてみたい気もある

けど、指の股の靴ずれが痛そうだし、外見とソックスも気になる。

シューズの内側に、普通の足袋を履くのは目立ち過ぎるだろう♪

 

どうもこの種の話は、一部の人の趣味や一時的流行のような気が

する。自然派と新しもの好きに、原点回帰をトッピングした感じか。

私は今後も、アシックス派として走り続けるつもり♪

 

それでは今日はこの辺で。。☆彡

 

 

 

cf. 裸足の原始的ランニングと現代人

    ~『BORN TO RUN』(朝日GLOBE)

 

                 (計 3017字)

|

« 気管支炎で呼吸困難、大正製薬「アスクロン」の効き目&超スロー傘ジョグ2本 | トップページ | 東洋大教授「ウルトラマン症候群」(毎日新聞)&気管支炎ジョグ25km »

映画・テレビ」カテゴリの記事

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気管支炎で呼吸困難、大正製薬「アスクロン」の効き目&超スロー傘ジョグ2本 | トップページ | 東洋大教授「ウルトラマン症候群」(毎日新聞)&気管支炎ジョグ25km »