« 「分割数」の計算、数学者ラマヌジャンとスープ豆20粒の分け方627通り(朝日新聞・天声人語) | トップページ | 因縁のレース用シューズでハーフ走、呼吸困難から巻き返し♪ »

作家・本谷有希子のコラム「間違う日々」、笑える♪(朝日新聞)

昨日の記事で、まさかの時間と字数を費やしてしまったから、今日

はもう軽~い記事で済ませよう。

 

朝日新聞ネタの連発になるけど、本谷有希子のコラム「間違う日々」

は面白い♪ 漫画家・伊藤理佐の緩いコラム「オトナになった女子

たちへ」と共に、いつも楽しみだ。・・とか言いつつ、いつも読んでる

わけでもなかったりする(笑)

 

 

      ☆        ☆        ☆    

本谷のコラムは月曜の朝刊・文芸欄に連載中。かなり前からたまに

読んでたはずだけど、名前までは覚えてなかった。最初に思い切り

ウケて名前を覚えたのは、17年9月18日。タイトルは、

 “「しない」ことを「やって」いた”。

一部、引用しよう♪

 

  別に用があるわけではないのにスマホを弄(いじ)くってしまう。

 この事態に危機感を覚えた私は、画期的なアプリを教えて

 もらった。なんでもスマホを触らないでいるぶんだけ、画面上

 に植えた苗木が、立派な大木に成長するという。木を集めて

 森も作れる。

  私は夢中になった。・・・・・・人からスマホを借りる機会は

 みるみる増えた。・・・・・・これでは何の意味もないことに、

 ようやく気がついたのである。

  私は周りの人々に、木を育ててくれないかと懇願した。

 

 

ここで私は爆笑!☆ まず、他人のスマホを借りるのが軽いオチ

で、その無意味さに気づいた直後、周りの人に木を育ててもらうと

いうのが本当のオチだ♪

 

 

       ☆        ☆        ☆  

171220a

 

ちなみにこのアプリ、検索すると「FOREST」(森)という名前で、

240円という強気の価格。カテゴリが「仕事効率化」というのが

また笑える。販売元はShaokan Pi、アプリ評価は高い。iPad

でAppStoreを検索すると、最初出なかったけど、iPhone用

のアプリを探したら出て来た。そうゆう仕組みだったのか (^^ゞ

 

なお、コラムのタイトルは、二重の読み方が可能。普通に読むと、

 スマホを「しない」ことを「やって」いた

 

ただ、下のヒネった読み方の方が話の本質を突いてる♪

 スマホ断食を「しない」ことを(ウッカリ)「やって」いた

 

他にも断食ソフトは色々あるようだけど、そもそもスマホを止める

ためにスマホアプリを使うという発想自体がギャグだろう。

 

 

     ☆        ☆        ☆

で、この本谷有希子。私は昨日まで、「ほんたに」と読んでたけど、

もとやゆきこ」と読むらしい・・・とか書いとけば、「ほんたにゆきこ」

の検索アクセスを3つくらい稼げるかも♪ 少なっ! ほんじゃあ、

「本谷有紀子」っていう変換ミスも入れとこうか(笑)。コラコラ!

 

ウィキペディアによると、鶴屋南北戯曲賞(2007年)、岸田國士

戯曲賞(2009)、野間文芸新人賞(2011)、大江健三郎賞

(2013)、三島由紀夫賞(2014)、芥川龍之介賞(2016)。

 

凄い受賞歴なのに、全く知らなかった私も凄いかも♪ 自慢か!

もう38歳だけど、童顔で可愛いアラフォー。演出家、女優、声優も

こなして、女の子の母親でもあるわけね。スーパーウーマンか。

これだけ華やかに目立つ活躍してると、大変な部分もあるかも。

 

 

     ☆        ☆        ☆

続いて、2週間前(17年12月4日)のコラム、

 “「閉」ボタン、押し続ける”。

 

  信じられない話を聞いてしまった。エレベーターの「開」ボタン 

 を押すと本当に延長するが、「閉」ボタンはただの暇つぶしに 

 飾りとして付いているだけだという話だ。 

  ・・・・・・これまで繰り返してきた無駄に、私は気が遠くなり 

 かけた。そして「もう二度と押すものか」と心に決めたその翌日、 

 私は未練がましく・・・・・・指を伸ばさずにいられないのである。

 

 

これは私も意表を突かれたから早速調べてみると、ニューヨーク・

タイムズが1年前に書いた話のようだ

 

 「閉じるボタンを押すと気持ち良くなるかも知れないが、

 少しも早くならないだろう」。

 

171220b  

 

少なくとも、昔の日本のエレベーターでは、閉じるボタンに意味は

あった。実際、押して遊ぶ感心しない子供もいたわけだ(誰?♪)。

ただ、最近は確かに、押してもすぐ閉じない気はしてた。

 

そこで念のため、日本エレベーター協会HPもチェックしてみたけど、

そんな話は書いてない。当たり前か♪ どなたかお暇な方、電話で

厳しく問い合わせて、結果を発表して頂きたい。ボタン工事談合事件

に発展するかも。リニア工事か!

 

 

      ☆        ☆        ☆

あぁ、もう時間だから、12月18日の「募金の瞬間 心の声が」に

ついては、ちょっと引用するだけに留めよう。

 

 いっそ「親切する気持ち良さを売ります」と募金箱に書いて

 くれれば、後ろめたさも薄れるのに。   

 

まあ、大活躍で印税が余ってるだろうから、「親切する気持ち良さ」

をたっぷり買って頂きたい。親切しない気持ち悪さをタダで買う人々

のためにも♪

 

嫉妬する後ろめたさをタダで買いつつ、それではまた明日。。☆彡

 

              (計 1940字)

|

« 「分割数」の計算、数学者ラマヌジャンとスープ豆20粒の分け方627通り(朝日新聞・天声人語) | トップページ | 因縁のレース用シューズでハーフ走、呼吸困難から巻き返し♪ »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「分割数」の計算、数学者ラマヌジャンとスープ豆20粒の分け方627通り(朝日新聞・天声人語) | トップページ | 因縁のレース用シューズでハーフ走、呼吸困難から巻き返し♪ »