« 17年・検索フレーズランキング&28kmジョグ、ビミョー・・ | トップページ | 慢心=警護(security)は人間の最大の敵(『マクベス』第3幕)~『BG~身辺警護人~』第1話 »

腸の免疫コントロールと腸内フローラ(細菌)~NHKスペシャル『人体』第4集

「チョー凄い」って感じのダジャレは普通、1回か2回に留めるもの

だけど、国営放送の看板番組は何回も繰り返してた♪

 

スタッフの一部が、チョー駄洒落好きってことか。まさかマー君・田中

将大の趣味ではないと思うけど。アイドル好きのマー君は、ももクロ

卒業宣言の衝撃で頭が一杯だろうし(笑)。

 

 

      ☆        ☆        ☆       

さて、去年の秋にスタートしたNHKスペシャル『人体』第4シリーズ。

プロローグを除く過去3回を見て、やっぱり一般向けのテレビ番組だ

という思いが強まって来た。科学番組と健康情報バラエティの中間

くらいか。

 

「最新」というような売り文句がよく使われるけど、調べてみると最新

どころか数年~数十年前からある話が多いし、誇大広告みたいな

強調表現もよく使われてる。独自の素晴らしさがあるのは、CGや

画像・映像の一部くらいか。

 

学術論文の名前はほとんど見えない小さな文字で一瞬映るだけ。

例えば、食物繊維でTレグが増加するという実験は、『ネイチャー』

次の論文のようだ(本文は有料)。

 

 Commensal microbe-derived butyrate

  induces the differentiation of colonic

  regulatory T cells

 (常在細菌に由来する酪酸が、

  腸の制御性T細胞の分化を誘導する)

 

180118g

 

 

      ☆        ☆        ☆    

今までは、「腎臓」が凄い、驚きの「脂肪」と「筋肉」、「骨」に注目とか

言って来たのに、今回は「腸」こそ別格というお話(笑)。次回は結局、

「脳」が中心というフツーの話になってしまうかも♪

 

人体のすべてがネットワークを構成してるといっても、重要性には

違いがある。脳梗塞や脳出血が起きると大変だけど、腸の調子が

多少悪くても日常生活はできるし、わりと簡単に治るのも事実。腸の

神経細胞が1億個で「第二の脳」ということは、第一の脳に負けてる。

 

まあでも、前回の骨特集を見た後は牛乳を飲む量が増えたし(笑)、

今回の放送を見た後は、ビフィズス菌入りのビフィダス・ヨーグルト

でも買おうかなとか、ミルミル(古っ・・)でも飲もうかという気になる♪

われら、小市民なのであった。。

 

 

     ☆        ☆        ☆

番組冒頭は、タモリ、山中伸弥教授、マー君がトイレの個室で並ぶ

3ショットから♪ もう一人のゲスト、コジルリ=小島瑠璃子が並ぶ

方が嬉しいだけどネ(笑)。男子トイレだろ! マー君だけ目立って、

コジルリの活躍は手抜きCGへの突っ込みくらいだったもんで。

 

180118c

 

写真はすべて、NHKの公式サイトより。あちこちのページに分散

して迷路みたいになってるから見づらい構成だし、チョー重い。

 

話を戻すと、いきなりタモリが「うんこ」という言葉を発して、久保田

祐佳アナのナレーションだったか、「ウンチ」という言葉も続いた。

これ、女子アナは可愛く言ったつもりかも知れないけど、私の感覚

だとウンチの方が遥かに汚い♪ ベトッと身体につく感じがする。

 

いずれにせよ、腸が栄養分や水分を消化・吸収した後の残りかす

が排泄されるわけだけど、腸は外敵の侵入に対する免疫力も司る。

 

例えば、免疫細胞2兆個の内、7割は腸にあって、虎の穴みたいな

腸の穴で訓練されてる。わざと一部の悪玉細菌を内部に取り込んだ

後、攻撃対象として免疫細胞に教えて、全身に戦士として送り出す。

 

180118d

 

 

      ☆        ☆        ☆

この正義の戦士・免疫細胞が暴走して、病原菌やウイルスではなく

自分自身を攻撃してしまうと、重症の病に苦しむことにもなる。

 

重いアレルギー患者の体操選手・ナタシャさんの便を検査すると、

クロストリジウム菌とラクトバチルス菌が少ない。多発性硬化症の

尾崎真由さんだと、クロストリジウム菌とバクテロイデス菌が少ない。

 

180118e

 

両社に共通するのが、クロストリジウム菌で、この腸内細菌だけで

100種類もある。腸内細菌(=腸内フローラ)は100兆個で

1000種と言ってたから、ちょっとクロストリジウム菌の種類が

多過ぎる気もするけど、数え方が色々あるのかも。

 

ちなみに私が愛用するビオフェルミンのHPには、全部で数百種、

600兆個と書いてた。フローラ(flora)という言葉は、大量の細菌を

お花畑にたとえたイメージ。花(flower)の女神の名前でもある。

 

180118a

 

とにかくクロストリジウム菌がメッセージを伝えると、免疫のブレーキ

役となる「Tレグ」が腸で誕生。全身に送られて、免疫細胞の過剰な

興奮を抑制する。Tレグ(Treg=regulatory T cell

=制御性T細胞)は1995年、坂口志文氏らによって発見された。

ノーベル賞級と言ってたから、来年以降の受賞に期待。

 

180118f

 

ちなみに、クロストリジウム(clostridium)という言葉の語源

を調べると、クロストル(clostr)が紡錘形、イジウム(idium)

が小型の、という意味のようだ。形から来た名前だろう。   

 

 

      ☆        ☆        ☆

それでは、クロストリジウム菌その他、腸内細菌を上手く利用する

にはどうすればいいか。クロストリジウム菌だけでも、17種類とか

集まらないとTレグに結びつかないらしい。

 

そこで番組が注目したのは、曹洞宗・大本山、永平寺(福井県)・・

じゃなくて總持寺(そうじじ、神奈川県)。2つの大本山の内、横浜市

にある方を取材。100年前、福井県の隣の石川県から移って来た

わけね。精進料理のおかげで、若い修行僧たちのアレルギー症状

が治まってるというお話。他にもいろんな可能性が考えられるけど♪

 

精進料理のポイントは食物繊維。きのこ、木の実、海草、根菜など、

日本の食事には伝統的に繊維が多かったのに、現代の食生活では

不足しがちになってるから、アレルギー増加につながってる。それを

改善してくれるのが精進料理・・という説明だった。

 

まあ、永平寺の修行だと、栄養不足とか脚気(かっけ)の問題も有名

なんだけど♪ 都合の良い点だけを強調して、悪い点は省略する。

これが通俗的解説の一般的特徴で、十分注意すべきことなのだ。

 

ノーベル賞・山中教授や有名人の笑顔、NHKブランドで安心して

しまうのはちょっとビミョーだろう。実際、タモリはビールアレルギー

が治って山中教授とビールを飲んだらしいけど、食事に配慮した

おかげという話はしてない。自然治癒の類もあるのだ。。

 

 

     ☆        ☆        ☆

ちなみにマー君は、金持ちだし愛妻が頑張ってくれてるから、山中

教授も驚くほど豪華な食事で、修行僧より多くの食物繊維を摂取。

まあ、身長と体重も違うけど♪

 

私はたまに野菜ジュースを飲んでるから大丈夫だろう・・と思って、

成分表示を確認したら、あんまし多くなかった (^^ゞ 代わりに母乳

を飲んでビフィズス菌を増やそうか♪ コラコラ!

 

180118b

 

現在、腸内細菌や免疫細胞の働きを補う薬の開発が進んでる

とのこと。米国の大手製薬会社って、どこかね? 検索すると、

米国はベンチャーみたいなものがヒットして、他にはアステラス

(日本)とかMerck社(ドイツ)とか。

 

あっ、ヤンセン・バイオテックは米国の大手か。中堅のような気も

するけど、とりあえずこだわらないことにしよう。次回は脳の特集

で、知的芸人の代表格、『火花』の又吉直樹がゲスト。

 

それでは今日はこの辺で。。☆彡

 

 

 

cf. 腎臓、赤血球・血圧・寿命の肝「腎」かなめ~『人体』第1集

  身体の大半を占める脂肪&筋肉、

   命を守るメッセージ物質伝達~『人体』第2集

  骨(オステオ)が出す若返り物質~第3集

  ひらめきの鍵、ボーッとしてる時の脳

      (デフォルト・モード・ネットワーク)~第5集

  母と子のネットワーク、生命誕生~第6集

  ガン細胞のメッセージを逆用、健康長寿~最終回

 

                (計 3042字)

     (追記 80字 ; 合計 3122字)

|

« 17年・検索フレーズランキング&28kmジョグ、ビミョー・・ | トップページ | 慢心=警護(security)は人間の最大の敵(『マクベス』第3幕)~『BG~身辺警護人~』第1話 »

医学・医療」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 17年・検索フレーズランキング&28kmジョグ、ビミョー・・ | トップページ | 慢心=警護(security)は人間の最大の敵(『マクベス』第3幕)~『BG~身辺警護人~』第1話 »