« 旧靴=窮屈からの自由、オーダーメイドのフットガード~『BG~身辺警護人~』第2話 | トップページ | 残り500字、プチバトル付きハーフ走&ナイキ購入権付きバトル♪ »

「世界は人間なしに始まったし、人間なしに終わるだろう」~人類学者レヴィ・ストロース『悲しき熱帯』、フランス語原文

今週はもう14000字書いてしまったので、土日で残り1000字しか

ない♪ 今日はついさっき、日テレ『NEWS ZERO』で村尾

信尚キャスターが語った人類学者の言葉の原文を記事にしよう。

 

 「世界は人間なしに始まったし、人間なしに終わるだろう

 

レヴィ=ストロースの1955年の主著『悲しき熱帯』第9章(最終章)

の結論に書かれた有名な文で、フランス語原文は次の通り。仏語

ウィキクォートからの引用。「et」(そして)が切れ目だ。

 

 Le monde a commencé

 sans l’homme

 et il s’achèvera sans lui.

 

 

     ☆        ☆        ☆

「終わる」と訳されてる代名動詞「s’achever」は、完成する、

自らを完結させる、という意味が基本。核兵器や戦争で破滅して

しまうというようなネガティブな意味に留まらず、多少ポジティブな

ニュアンス含む単語だ。

 

普通に読むだけなら当たり前の言葉だし、「人間」(l’homme)

の代わりに、他のほとんどの単語を入れても正しいことになる。

 

文脈、意図その他、詳しくは以下の原書をご覧あれ。元の出版社

はプロン社。英訳の1つは無料公開されてる

 

 Claude Lévi-Strauss

 “Tristes Tropiques” (Plon)

 

 

P.S. 18年3月11日の朝日新聞・朝刊「折々のことば」(鷲田

   清一)では、この言葉をもたらすような視線について、

   「世界の中で自分が占める位置を知るために、

   人類は自らの背後にもう一つの眼をもつ必要がある」

   と説明。

 

   こうした眼はのちに、世阿弥の「離見の見」(りけんのけん)に

   ならって、レヴィストロースが「はるかなる視線」と呼んだとの事。

 

   フランス語で検索してみると、日本人研究者 Ito Aya の

   論文(研究ノート)が見つかった。ここ5、6年で発表された

   新しいもので、regard éloignéZeami を論じてる。

 

             (計 572字)

     (追記 252字 ; 合計 824字)

|

« 旧靴=窮屈からの自由、オーダーメイドのフットガード~『BG~身辺警護人~』第2話 | トップページ | 残り500字、プチバトル付きハーフ走&ナイキ購入権付きバトル♪ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旧靴=窮屈からの自由、オーダーメイドのフットガード~『BG~身辺警護人~』第2話 | トップページ | 残り500字、プチバトル付きハーフ走&ナイキ購入権付きバトル♪ »