« 残り500字、プチバトル付きハーフ走&ナイキ購入権付きバトル♪ | トップページ | 真冬のにわか雨で傘ジョグ&東京の参加案内 »

事件vs義挙、殺人vs処刑、暴力vs肉体言語~NHK『未解決事件 赤報隊』

バブル期前半、1987年の5月3日夜。朝日新聞阪神支局で男が

散弾銃を2発打ち、小尻知博記者が死亡、犬飼兵衛(ひょうえ)記者

が重傷を負った殺人事件が発生。一連の「赤報隊」事件の中で最大

の犯行だが、最初ではない。3ヶ月前の東京本社銃撃が発端だ。

 

その後、名古屋本社寮襲撃、静岡支局爆破未遂と、朝日が攻撃

された後は、中曽根康弘・前首相や竹下登・首相らも脅迫された。

言論弾圧からスタートしてるが、それだけではなく、後半は行動の

弾圧となってる。NHKの年表を参照

 

これらは、警察庁「広域重要指定116号事件」とも呼ばれてるが、

2003年にはすべて時効。その後、死刑に相当する殺人に対しては

時効なしという法改正があったが、既に時効が成立してる赤報隊事件

などには適用されない。

 

180129a

 

というわけで、この事件は影響力や知名度も含め、代表的な未解決

事件となってる。朝日新聞は繰返し紙面で扱ってるが、一昨日(18年

1月27日)と昨日(28日)は2夜連続でNHKスペシャルが取り上げた。

シリーズ第6弾、File.06。

 

一昨日の再現ドラマ(草なぎ剛主演、樋田記者役)は流し見しただけ

だが、昨日のドキュメンタリーは普通に見たので、感想を書いとこう。

ちなみに朝日HPには草彅のインタビュー記事が掲載されてた

 

 

      ☆        ☆        ☆

昨日は、一昨日とかぶる内容もかなりあったが、新たな興味深い

内容も色々あった。まず、重要な容疑者とされた右翼活動家たち

への取材。そして、「テキスト・アナリティクス」(文章分析学)による

声明文の分析。

 

先に後者から触れとこう。同志社大学・金明哲教授が2ヶ月かけて

分析したところ、8つの声明は同一人物ただ一人が書いた可能性

が高いとのこと(目出し帽の実行犯かどうかは別問題)。信頼性は

ともかく、重要な指摘だと思う。

 

文章を品詞などで細かく分解して行う統計学的分析は、数年前の

NHKの数学ドラマ『ハードナッツ』でも扱われてた(計量文献学)。

普通に声明を読むだけでも共通した特徴を感じるのは確か。例えば

私でも気づく点として、ひらがなと改行が多いし、接続詞は少ない。

 

ただし、分析の結果の信頼性がどの程度あるかについては定か

でないし、分析の具体的内容も番組やHPでは示されてない。既に

時効とはいえ、AIの活用も含め、今後さらなる研究に期待しよう。

 

 

     ☆        ☆        ☆

一方、それより本質的な問題は、この「事件」のとらえ方だ。番組

に登場した右翼関係者によると、事件というより「義挙」、暴力という

より「肉体言語」、殺人というより「処刑」とのこと。

 

興味深いというのもやや不謹慎かも知れないが、ある右翼によると、

殺人は許されないけど処刑は許されるらしい。私はこの時、「殺人

がいけないことは普通に認めてるのか」と少し安心したが、この時も

含め、番組では確か2回、「一方的」な言い分だと批判してた。

 

国営テレビ放送の看板番組としては常識的な判断かも知れないが、

考えが激しく対立してる時、相手を「一方的」と批判しても自己満足

に過ぎない。当然、直ちにその言葉は自分の側にもブーメランの

ように跳ね返って来る。相手にとっては、こちら側の正義感こそが

「一方的」なのだから。

 

激しい対立や戦争とは、一方の正義vs他方の正義の形で生じる

ことを思い出すべきだろう。

 

 

      ☆        ☆        ☆   

忘れてはいけないのは、日本その他の少数派の国々では、現在も

「死刑」が認められてるということ。極悪の人間を死なせることなら、

許容されてるのだ。

 

もちろん、長くて慎重な司法の裁判・手続きを経てのことだが、それ

をいうなら、赤報隊も犯行までに相当な時間をかけて慎重に準備

したはず。実際、類似の事件は非常に少ない。合法的かどうかを

判断基準にするとしても、死刑も憲法違反だという反論が直ちに

予想される。

 

テロを出来るだけ防ぎたいのなら、「悪い人間は殺してもいい」、

「極悪人の処刑は、殺人とは違って正しいことだ」といった考え方や

行動を根本的に議論し直すべきだろう(撤回かどうかは別問題)。

 

私はそう思うし、世界的には死刑を行わない国の方が多数派だが、

日本人の多くも含め、そう思わない人達がまだかなり多いようだ。

私も、単純な死刑即時廃止を唱えてるわけではない。

 

しかし、もし死刑実行の映像を公開すれば、おそらく一気に世論は

反転するだろう。テレビドラマでさえ死刑映像を見ないのはなぜか、

その辺りから考え直してもいい。

 

 

      ☆        ☆        ☆

さらに視野と論点を広げるなら、相手を死なせることも含めて、肉体

を攻撃することの評価が問題となる。

 

格闘技や格闘系スポーツは除くとしても、肉体による攻撃はダメで、

言論による攻撃は良いとされる考えの根拠は何なのか。いまだに

ほとんど問われてないと思う。

 

平手打ち一発と、不快な言葉の一言と、どちらがダメージが大きい

のか。体罰と暴言と、どちらが許せないのか。

 

私自身はどちらも度々受けてるが、言葉の方が遥かに許せない。

傷と怒りがいつまでも消えないのだ。少し前に海外で大きな問題に

なった宗教関連の事件だと、表現の自由にも限度があると考えた

人々は大勢いたはず(私も含めて)。ヘイトスピーチや差別発言への

激しい抗議や批判も思い出される。

 

もちろん、肉体攻撃も言論攻撃も無いのがベターかベストだと思う

が、実際の世の中では、不快な言葉が会話でも文字でも溢れてる。

それは自殺という死亡事故にもつながるのだ。耳や目を押さえても、

防ぎきることは出来ない。

 

言論や表現の自由だけを過度に強調・実行するからこそ、「我々の

行動は肉体言語だ」という反論や正当化が生じることになるのだ。

「そんなものには言論の自由は適用されない」という批判もまた、

直ちに自らに跳ね返ってしまう。相手も、「反日的言論に自由など

ない」と考えてるのだから。国全体を滅ぼすものとみなすのだから。。

 

 

      ☆        ☆        ☆

寛容さとか非暴力を本気で訴えるなら、言論や表現まで含めて一度

考え直す必要があると思うし、少なくとも朝日新聞はその辺の難しさ

を一応認識してるように見える。

 

それと同時に、攻撃に対する防御や耐性の強化も必要。例えば、

ネット(特にSNS)の使い方を学ぶのも、不特定多数からの攻撃に

対する予防として大切なのだ。慣れによる免疫にもつながる。

 

なるべく攻撃しない。そして、攻撃されてもなるべくダメージを減らす。

テロとか事件に限らず、普通の人の生活全般と深く関わるのは、

そうした素朴で基本的なことのはず。もちろん、それだからこそ、

言うは易し、行うは難しなのだが。

 

ともあれ、今日はそろそろこの辺で。。☆彡

 

 

 

cf. ロッキード事件の真相(NHK『未解決事件』5)&湾岸自転車

 

               (計 2717字)

|

« 残り500字、プチバトル付きハーフ走&ナイキ購入権付きバトル♪ | トップページ | 真冬のにわか雨で傘ジョグ&東京の参加案内 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 残り500字、プチバトル付きハーフ走&ナイキ購入権付きバトル♪ | トップページ | 真冬のにわか雨で傘ジョグ&東京の参加案内 »