« 週末で残り166字、アプリ「囲碁ウォーズ」で「普通」のAIに3連勝♪ | トップページ | 暴露本と火事、トランプ大統領の「炎と怒り」&休養ジョグ »

骨(オステオ)が出す若返り物質~NHKスペシャル『人体』第3集

今回も勉強になった。「さよなら」の博多弁は、「バイバイばい」(笑)。

次に九州旅行する時に使ってみるばい♪ 現地でキョトンとされたら、

タモリがNHKで言ってましたよ、と説明するとか。

 

ちなみに九州は一度だけ船旅で行ってる。車で大分の由布院(or

湯布院)から熊本の阿蘇までドライブして、すごく印象が良かった。

一部の観光地を除けば♪ コラコラ!

 

真面目な話、高原のど真ん中の温泉は、素晴らしい景色を遥か遠く

まで見渡せて感動。「今まで生きて来た中で一番幸せな温泉です」。

古っ!

 

木村佳乃が精子を見慣れてるのにも驚いた(笑)。35歳で第一子

出産だけど、妊活については信頼できそうな情報が見当たらない。

自転車に乗ってるとも言ってたけど、これもネット情報は特になし。

日常生活用のママチャリのことかな?

 

 

      ☆        ☆        ☆

さて、前回からちょっと間が空いた後の、NHKスペシャル『人体』。

お正月に関連番組をやってるのをチラッと見て、「あぁ、次は石原

さとみがゲストか♪」と楽しみにしてたのに、あれは単なる再放送

だったわけか (^^ゞ 私が見てない、シリーズ最初のプロローグに

石原が出たらしい。

 

180108e

 

とにかく、2018年1月7日放送の第3集。画像はすべてNHK公式

サイトより。左から、久保田祐佳アナ、山中伸弥、タモリ。以上3人

が進行役で、ゲストは左から木村、石田明(ノンスタイル)、藤井隆。

関係ないけど、久保田祐「子」アナは別人。

 

サブタイトルは、「“骨”が出す!最高の若返り物質」。題名だけで、

番組が想定してる視聴者の年齢層が分かってしまう♪

 

今回の内容なら、別に「最高の若返り」とまとめる必要はないはず。

要するに、全身の200本の骨から出るメッセージ物質が、4つの力

記憶力、免疫力、精力、筋力)を生み出すという一般的な話なのだ。

高齢がターゲットの実験は1つしか登場しなかった気がする。

 

180108a

 

 

      ☆        ☆        ☆

まず登場したメッセンジャー(伝達係)は「オステオカルシン」。語源を

調べると、オステオ(osteo)が、カルシン(calcin)が

カルシウム。下は英語版ウィクショナリーの説明。古代ギリシャ語

で骨を表す単語オステオンが由来。

 

180108g

 

それなら骨カルシウムと直訳した方が分かりやすいのに♪ 骨基質

Glaタンパク質という呼び名もある。30年ほど前から話題になってた

ようだ。

 

180108b

 

まだマウスの実験レベルだけど、脳の海馬に到達すると記憶力

が生まれるとのこと。

 

まあ正確には、この物質が脳に届かなければ記憶できない、と言う

べきだろう。センター試験の数学の問題なら、必要条件であるが

十分条件ではない、とか答える所。この種の話では、それら二種類

の条件が混同されがちだし、その他多くの条件が省かれて単純化

されてしまうのだ。

 

オステオカルシンは、筋肉だとエネルギー効率を高めるし、精巣

だと男性ホルモン(テストステロン)を通じて精力増強に役立つとの

こと。タモリと石田が妙に食いついてたけど、お上品な女子アナは

笑顔でスルーしてた♪

 

 

      ☆        ☆        ☆

一方、免疫力に関わるとされる物質が、オステオチ・・・じゃなくて、

オステオポンチン」(Osteopontin)。これもかなり前から

話題になってたもので、新発見ではない。

 

180108c

 

単なる知的好奇心で、この言葉の後半の文字を入れ替えた言葉が

どの程度ツイートされてるのか調べようとしたら、ツイッター検索で

はじかれてしまった(笑)。検索できないのだ。ヘェ~~ッ! 妙な所

が厳しいんだね。代わりに「オステオ」で検索したら、つぶやきが少し

だけヒット。まあ、民放の情報バラエティなら倍あったはず。倍ばい♪

 

真面目な話に戻ると、語源的には「ポンチン」は橋という意味。つなぐ

役割があるからだと、英語版ウィキペディアが説明してた。それなら、

物質名は「骨ブリッジ」とした方が分かりやすい。

 

ちなみに、細かくて正確な情報を伝える「山中メモ」によると、この

物質は状況によって働きが異なる可能性があるとのこと。この辺り

は流石、NHKとノーベル賞受賞者なのだ。視聴者の多くはスルー

してそうだけど♪

 

 

      ☆        ☆        ☆

そして最後は、骨を作るのを止めるブレーキ物質「スクレロスチン

(Sclerostin)。これが一番新しいようだけど、10年ほど前には

論文になってた。なぜか番組では企業名を隠してたけど、世界最大

の製薬会社アムジェンが薬を開発中。

 

180108d

 

語源的には、硬くする(sclerose)物、という意味だと思う。役割と

逆のような感もあるけど、骨が増え過ぎる症状と関係する物質と

いうことか。症例はごく僅かで、しかも南アフリカの一部地域に集中

する「硬結性骨化症」の患者には、これが欠如してるらしい。骨を

作るのを全く止めないから、骨を作り過ぎてしまう。

 

逆に、スクレロスチンが多過ぎると、骨量(骨の密度)が減ってしまい、

骨粗しょう症の要因になるらしい。

 

では、なぜスクレロスチンが増え過ぎるかというと、骨に対する衝撃

が少ない生活が関わってるとされてた。番組冒頭に登場した自転車

選手コールドウェルの場合、幼い頃から自転車以外の運動を避けた

ために、スクレロスチンが増えて、骨量が減少。

 

 

      ☆        ☆        ☆

自転車をやってる男性とランニングをやってる男性を比較すると、

ランニングの方が骨量が多かったらしい。

 

正確には、骨量が少ない人の割合が3分の1だったということ。私は

ランニング中心で自転車にも乗ってるから、この話は興味深かった。

後で元の英語論文を読んで、別記事を書くかも。とりあえず要約の

発見はすぐ出来たけど、全文はなかなか読めないようになってた。

 

180108f

 

 

山中教授はここでも、自転車はもちろん優れた運動だとフォロー

してたけど、あの人もランナーとして有名な人だったりする。骨が

大好きだと話してたから、骨作りのために走ってるのかも♪ タモリ

は、自転車のタイヤを三角形にすれば衝撃が増えると主張(笑)。

実際には回転しないから衝撃は僅かだし、転倒して骨折しそうだ。

 

なお、オステオカルシンは骨芽細胞から、オステオポンチンは骨芽

細胞その他から出るけど、スクレロスチンは骨細胞から出るようだ。

骨細胞は、骨を作る骨芽細胞と、骨を壊す破骨細胞のバランスを

取って骨を作り替えてる現場監督とのこと。

 

大人の場合、3年~5年で全身の骨が入れ替わることで、疲労骨折

を防いでる。あと、骨はカルシウムの貯蔵庫だから、骨を壊したり

作ったりすることによって、カルシウム貯蔵量を調節。なるほどネ。

 

それでは今日はこの辺で。。☆彡

 

 

 

cf. 腎臓、赤血球・血圧・寿命の肝「腎」かなめ~『人体』第1集

  身体の大半を占める脂肪&筋肉、

    命を守るメッセージ物質伝達~『人体』第2集

  腸の免疫コントロールと腸内フローラ(細菌)~第4集

  ひらめきの鍵、ボーッとしてる時の脳

      (デフォルト・モード・ネットワーク)~第5集

  母と子のネットワーク、生命誕生~第6集

  ガン細胞のメッセージを逆用、健康長寿~最終回

 

                (計 2751字)

      (追記 105字 ; 合計 2856字)

|

« 週末で残り166字、アプリ「囲碁ウォーズ」で「普通」のAIに3連勝♪ | トップページ | 暴露本と火事、トランプ大統領の「炎と怒り」&休養ジョグ »

医学・医療」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週末で残り166字、アプリ「囲碁ウォーズ」で「普通」のAIに3連勝♪ | トップページ | 暴露本と火事、トランプ大統領の「炎と怒り」&休養ジョグ »