« 羽生結弦、2大会連続の金メダル!、GOE点数計算と感想♪&最後のハーフ、論外・・ | トップページ | スロージョグで低心拍キープ、「チャレッソ♪」(Good job=いいね) »

将棋の天才中学生・藤井聡太、朝日杯優勝&六段昇進、棋譜の感想

今日の朝日新聞・朝刊(18年2月18日)1面はこんな感じだった。

 

180218m

 

羽生(はにゅう)の金メダルがトップに来るのは当然として、羽生

(はぶ)竜王を破って優勝した中学生・藤井聡太がここまで大きく

報じられるとは思わなかった。まあ、朝日杯だからか。毎日新聞も

似たようなレイアウトだけど、藤井・新六段の扱いが小さくなってる。

 

ちなみに羽生竜王の奥さん(畠田理恵)のツイッターを見ると

国民栄誉賞に輝くご主人の対局以上に、羽生YUZU(ユヅ)に夢中♪

正直で、いいね。

 

180218n

 

ウチでは昨日、羽生の金メダル記事を先にアップしたけど、本文の

最初は藤井六段。私のバランス感覚だと、そんな感じだ。両方とも、

ライブ中継で観戦してたけど、将棋は間(ま)が長いから、記事を書き

ながら音声を聞いてチラ見してた。

 

 

     ☆        ☆        ☆

前置きはこのくらいにして、では昨日の藤井五段(優勝後に六段

昇進)の対局内容を見てみよう。棋譜データベース「将棋DB2」

を引用させて頂く。盤面のカラーはウチのブログに合わせて設定。

 

180218a

 

後手の羽生が角道を止めて交換を拒否。私には指しにくい手

だけど、最近は普通かも。

 

180218b

 

その後、先手の藤井に角交換させた後、羽生は4四角と打つ。

これも私の感覚だと打ちにくいけど、先手が7七角と合わせるのを

取って、銀を上がらせて、桂馬の標的として狙っていくイメージか。

 

180218c

 

藤井の1七角は、4四歩で銀を攻撃するのを狙った手。角の頭から

端攻めされそうで怖いけど、好手かも。

 

180218d

 

4四で角交換になった後、藤井は1五歩から端攻め。羽生は1二歩

と我慢。まずは藤井が1ポイント獲得って感じ。

 

180218e

 

羽生も9五歩から端攻めを開始。藤井は3五歩で、桂頭を攻める。

これも怖い手で、自陣の方が危なく見えるから、私には指せない。

 

180218f

 

中央で銀交換を仕掛けた直後、藤井は銀を取る前に4三歩。手筋

とはいえ、上手い「効かし」だ。最善手が分からないけど、羽生は

同金左で、2筋の飛車の成り込みを認める決断。

 

180218g

   
この羽生の銀打ちは悪手じゃないかな・・と思ってたら、本人も

角打ちの方が良かったと語ってた。角なら、9八金と逃げることが

できない(5五銀を取られてしまう)し、藤井が玉を右に逃げて行く

のも難しくなる。

 

 

      ☆        ☆        ☆

180218h

 

藤井が飛車を成り込んで、羽生は、と金2つと桂馬で挟み撃ち。

アマチュアなら、先手が不利かも。ところが藤井は、羽生が4四金

で角道を開けた所へ、また歩を打つ。

 

180218i

 

私なら、同金下がるを選ぶけど、羽生は同玉。これはどうかね?

4四銀にも同玉で、6六角と打たれると後手が劣勢だろう。

 

180218j

 

合い駒は銀しかないから、取られてしまって、先手は持ち駒豊富。

もう、攻めは切れない。

 

180218k

 

藤井の7四歩は渋い手。私なら7四銀か7二銀と打つ。いずれに

せよ、左側に相手玉が逃げるのを防ぎつつ、直接的な攻めにもなる

手で、藤井は桂馬が欲しかったようだ。

 

180218l

 

最後は、取った桂を打って、羽生(はぶ)が投了。羽生(はにゅう)

がフリーの演技で金メダルを決める直前だったから、私はNHK

で五輪中継を観戦してた。ついでにブログをいじってたら、管理

画面の右側のニュース欄に、藤井の勝利を伝える見出しが登場。

便利というか、余計なお世話というか。。(^^ゞ

 

 

     ☆        ☆        ☆

そしていよいよ第11回・朝日杯将棋オープン戦の決勝戦。藤井

の相手は広瀬章人・八段。abemaライブ動画からの静止画

キャプチャー。

 

180218o

 

180218p_2

 

聞き手の中村桃子・女流初段が何かトボけた質問をして、解説

の谷川浩司・九段が一瞬絶句した後に苦笑したのが面白かった。

勝つと嬉しいものですか?とか、そんな感じの素朴な質問だけど、

昨日の事なのに思い出せない。若年認知症か!

 

一昨年の秋の三浦九段騒動の後、将棋連盟会長を辞任して体調

を崩してた谷川。もう回復したのかね。彼も元は天才少年。いずれ

藤井も、責任者の側に成長して、下から突き上げられることになる

のかも。運営面でも、実力面でも。

 

 

      ☆        ☆        ☆

今回も藤井が先手で、戦型は普通の角換わり相腰掛銀。4八金

と2九飛の構えが最近のものらしい。

 

180218q

 

後手の広瀬が、王を5二に寄った後、4一飛と回る趣向。結局、

これがちょっと無理だったような気もするけど、勝負はこれから。

 

180218r

 

藤井の自陣の角打ちは、羽生戦でもあったし、彼の特徴かも。8五

と3四の両方をにらむ好手だ。

 

180218s

 

それに対して、広瀬の6三玉は怖い手。ギリギリで受け切れると

判断したのかも知れないけど、藤井の攻めは鋭くて粘り強いのだ。

 

180218t

 

王手飛車から、受けた金を取って、敵陣深く金打ち。手ごまは乏しい

から、切れそうな細い攻めにも見える。

 

180218u

 

180218v

 

上の銀打ちは、6三金と受けられたら、4四銀成で飛車を取ろう

という手。

 

180218w

 

広瀬が飛車を引いて逃げた後、藤井は左の銀と桂馬を活用。強い!

藤井優勢だけど、間違えると逆転されそうな終盤。

 

 

     ☆        ☆        ☆

180218x

 

上の93手目、4四桂を広瀬はうっかりしたようで、朝日新聞も絶妙手

と書いてた。

 

ただ、要するに4筋の飛車の道を止めつつ攻める手だから、そんなに

変わった手とも思わない。もし歩が4枚あったら、4二、4三、4四、4五

と連打するのが手筋だから、桂馬で代用したわけだ。同飛と取ると、

4五歩で飛車と角の両取りの形になる。

 

180218y

 

最後は、もし馬で金を取れば、4五飛で角を取って勝ち。受ける

手はないから、広瀬は投了。パチパチパチ、600人の観客が拍手。

敗者にとっては辛い瞬間だ。

 

優勝賞金は去年と同じく1000万円かな。羨ましいね。ある意味、

羽生の金メダルを上回る金(かね)♪

 

☆追記: デイリースポーツによると今年は750万円とのこと。

    値下げしたから、朝日は書くのを避けてるのかも。)

 

長くなったから、ここで終わりにしよう。今週計15249字で制限

を僅かにオーバー。文章を削る時間がないからこのままアップ。

ではまた来週。。☆彡

 

           (計 2473字)

   (追記 55字 ; 合計 2528字)

|

« 羽生結弦、2大会連続の金メダル!、GOE点数計算と感想♪&最後のハーフ、論外・・ | トップページ | スロージョグで低心拍キープ、「チャレッソ♪」(Good job=いいね) »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 羽生結弦、2大会連続の金メダル!、GOE点数計算と感想♪&最後のハーフ、論外・・ | トップページ | スロージョグで低心拍キープ、「チャレッソ♪」(Good job=いいね) »