« スパムメール等に返信・応答するとどうなるか~私の実体験&西日本新聞「迷惑メールを追う」ほか | トップページ | 五輪マスコット&フル翌日からジョグ3連発&18年2月の全走行距離 »

設楽悠太と高岡寿成、新旧マラソン日本記録のラップ比較&フル翌日からジョグ実験

(☆18年10月8日追記: 大迫傑の日本新の記事を新たにアップ。

 シカゴマラソン2018、大迫傑選手が日本新記録!、

  世界記録(キプチョゲ)や設楽悠太とのラップ比較 )

 

 

(26日) JOG 5km,37分36秒,平均心拍 115

   消費エネルギー 250kcal (脂肪 100kcal

(27日) JOG 8.3km,59分43秒,平均心拍 119

   消費エネルギー 361kcal (脂肪 139kcal

 

 

設楽悠太選手のマラソン日本新記録から、既に3日経過。今さら

という感はあるが、15年半も破られなかった高岡寿成選手の

前・日本記録と、ラップ(5kmの区間タイム)を比較してみよう。

 

既に同種の記事はネット上に出てるが、この記事は3点で違ってる。

 

まず、元の高岡のラップを英語で検索して探し回ったこと。次に、

設楽のラップを公式記録の画像で掲載してること。さらに、最後の

2.195kmのラップを5kmのラップへと換算してること。小数点

以下は四捨五入。5kmに揃えることで、40kmまでのラップとも

比較できる。

 

 

     ☆        ☆        ☆

180228b

 

残念ながら、高岡のラップは発見できてない。ハーフのスプリット

(通過タイム)だけ書かれてる上の画像の記録が一番マシなもの

だった。英語の公式サイトのリンクから飛べる、外部の準公式サイト

のようなものだ。

 

仕方ないから、日本語のウィキペディアのものを利用するが、出典

がついてないので少し注意が必要だろう。実際、ハーフのタイムを

比べても、ウィキはなぜか準公式サイトより3秒早くなってる。

 

その気になれば海賊版の動画を見て確認することは一応可能だが、

それも微妙な話だろう。一般に、古い情報(10年以上前とか)は、

ネットでも手に入れにくい。昔はネットが発達してなかったし、記録が

削除されてしまうのだ。

 

一方、設楽の場合は公式サイトで2種類確認できる。「大会記録」

と「ランナーアップデート」。ラップやスプリットは全く同じになってた

が、大会記録の方にはハーフ(中間点)のタイムも載ってた。ただ、

ランナーアップデートの方が簡潔な表示だから、そちらを引用しとく。

 

180228c

 

 

     ☆        ☆        ☆

それでは、設楽(上段)高岡(下段)の5kmラップを比較してみる。

設楽の最初のラップは、1秒遅れのスタートから計測したものだ。

 

5km   10k    15k     20k     25k    30k     35k     40km   ゴール

14:50  14:53  14:52  14:51  14:57  14:56  15:00  15:11  15:09 (06:40)

14:54  14:46  14:42  14:48  14:53  14:53  14:49  15:31  15:55 (07:00)

 

  

設楽は35kmまでほぼ一定のペースで、終盤の落ち込みも最小限。

高岡は35kmまで速かったのに、終盤のスピードが急降下してる。

 

ちなみにシカゴはフラットな周回コースだから、終盤に急な上り坂

があったわけではない。ただ、東京は最初に下ってその後平坦

だから、設楽の2時間06分11秒と高岡の2時間06分16秒は

ほぼ同等だろう。

 

さらに東京は、レース中ずっと気温7度前後で薄曇り、風も弱い絶好

のコンディション。シカゴの2002年のデータは発見できてないけど、

10月開催だし、2005年以降のスタート時の平均気温は11度。普通

は気温が上昇するから、たぶん東京の方が恵まれてたと推測できる。

 

いずれにせよ、2人とも素晴らしい走りを見せたのは確か。これを

キッカケに、日本が世界レベルに近づくのを期待しよう♪ 低迷気味

の女子マラソンにも大きな刺激になったはず。

 

 

      ☆        ☆        ☆

最後に、平凡な市民ランナーについても一言だけ。東京マラソンは

ほぼイーブンペースで走り切れたし、ダメージも過去最小だったから、

試しに翌日から走り始めてみた。お勧めしないので、念のため。自己

責任でマニアが実験してみたというお話。

 

背中からふくらはぎまで筋肉痛はあったし、心臓が弱ってたけど、

翌日の夜でも超スロージョグなら出来た。その気になれば10km

走れたし、スピードももうちょっと出せたけど、安全のためにお遊び

気分の5kmで終了。その次の日(昨日)も、8.3kmだけ極端に

ゆっくりジョギングした。

 

あまりに遅くて短いから、初日は心拍計がほとんど動かず♪ 次の

日も、途中で一度止まってしまったから、下の心拍グラフは2枚を

合成してある。早歩きレベルの低い心拍に収まった。

 

26日1km7分31秒ペース。気温5度、湿度70%、風速1m

27日1km7分12秒ペース。気温6度、湿度85%、風速1m

今夜も走る予定だけど、仕事が長引いて走れなくなるかも。

それでは今日はこの辺で。。☆彡

 

 

(26日)

        時間  平均心拍 最大

往路(1.2km)   9分20秒 103 110 

LAP1(2.2km) 16分36秒 117 124

復路(1.6km) 11分42秒 121 130

計 5km 37分36秒 心拍平均115(64%) 最大130(72%)

 

 

(27日)

180228a

 

        時間  平均心拍 最大

往路(1.2km)   8分35秒 112 120 

LAP1(2.2km) 16分17秒 117 127

  2       15分36秒 121 126

復路(2.7km) 19分15秒 121 135

計 8.3km 59分43秒 心拍平均119(66%) 最大135(75%)

 

            (計 2067字)

   (追記 80字 ; 合計 2147字)

|

« スパムメール等に返信・応答するとどうなるか~私の実体験&西日本新聞「迷惑メールを追う」ほか | トップページ | 五輪マスコット&フル翌日からジョグ3連発&18年2月の全走行距離 »

「ランニング」カテゴリの記事

コメント

また、記録が更新されました。
設楽選手と、大迫選手の比較も、是非お願いします!!

投稿: あしたの天気 | 2018年10月 9日 (火) 09時44分

> あしたの天気 さん
  
はじめまして。コメントどうもです。
大迫選手の比較記事は既に昨日アップ済み。
この記事の一番上にリンクをつけてますので、
そこからジャンプしてご覧ください shine

投稿: テンメイ | 2018年10月 9日 (火) 09時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スパムメール等に返信・応答するとどうなるか~私の実体験&西日本新聞「迷惑メールを追う」ほか | トップページ | 五輪マスコット&フル翌日からジョグ3連発&18年2月の全走行距離 »