« 誤差あり!、お互いのズレを埋める謝罪と行動~『BG~身辺警護人~』第7話 | トップページ | 「多摩川花火 秋開催に好意的」というニュースを見て&超スロージョグ16km »

「小保方晴子日記」の感想12~『あの日』出版、米誌『ニューヨーカー』記事、告発と事情聴取

中央公論社の雑誌『婦人公論』の「小保方晴子日記」については、

過去11本もの記事を書いてるし、別にコネタ記事も1本ある。

 

私は彼女のファンでも擁護者でもないし、STAP細胞の存在を確信

してるわけでもない。ただ、いろんな意味で珍しいほど興味深い騒動

だと思う。

 

そもそも科学や研究の不正など、他にもっと巨大なものが少なからず

あるし、それらはもっと普通の追及を受けてるだけなのだから。

 

先日のNHKスペシャルの研究不正も、世間的には全く話題になって

ない。また、法務省の犯罪白書を少し見るだけで、話題にならない

無数の犯罪が日常茶飯事になってることもすぐ確認できる。

 

もちろん、ちょっと可愛くて若い女性がちょっと変わった服装に身を

包んでることも、さほど珍しくはない。Googleで「割烹着

 コスプレ」の画像検索をするだけで、小保方さん以外の女の子が

多数ヒットするのが現実だ。。

 

 

     ☆        ☆        ☆

さて、私は連載開始から10本続けて記事を書いた後は、自粛して

来た。ただ前回の11本目の記事から4ヶ月経ったし、著書『あの日』

(講談社)の出版という大きな出来事もあったので、今日は12本目

を軽く書くことにする。

 

今までの感想は次の通り。短いコメント記事も含まれてるので、念の

ため。他に、日記とは別のSTAP関連記事も色々ある。

 

初回 第2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回 11回

 

パブロン飲んで低心拍スロージョグ&仏陀の馬の名前とか♪

 

 

     ☆        ☆        ☆

今週の火曜(2月27日)に発売されれた、『婦人公論』2018年

3月13日号では、前回に続いて4ページに増量した小保方日記が

掲載された。普段は3ページだから、やはり手記の出版は特別の

出来事ということか。

 

・・・と思って読んでたら、日記の最後の近況報告に、書籍化の告知

があった♪ なるほど、宣伝も兼ねて力を入れてたわけね。

 

アマゾンで検索すると、3月20日発売だからもうすぐだ。ちなみに

『あの日』の評価は相変わらず、トータルでは高い。ただ、一般社会

だとほとんど話題にならなくなってるから、過去の人とか、「あの人」

はいま・・といった感じだろう。

 

180303a

 

連載だけでも面白い『日記』に、大幅加筆して書籍化してるから、

内容の心配はしてない。ただ、売れゆきは落ちるはず。

 

『あの日』の発行部数を検索すると26万部という情報が最高みたい

だから、電子書籍も合わせて現在30万部前後だろうか。『日記』の

単行本は5万部で成功だと思うけど、はたして。。

 

 

     ☆        ☆        ☆

話を戻すと、今回の連載は2016年1月下旬から2月中旬までの

日記(の要約)で、サブタイトルは、

 「重版、『ニューヨーカー』、事情聴取」。

 

手記はヒットして重版に。米国の高級誌『ニューヨーカー』で記事掲載。

そして、告発をめぐる警察の事情聴取。そのまんまの分かりやすい

サブタイトルだ。

 

私はこれまでの日記をすべて読んで来たが、仮に話半分としても、

おそろしく時間と手間をかけてることに驚く。10万字の最初の原稿

を1ヶ月で書き上げた後、延々と、周囲からチェックを受けたり自分で

書き直したりしてるのだ。

 

法的問題(訴訟リスクなどへの配慮)については、個人的な弁護士団

からも度々チェックを受けてるし、講談社の弁護士とも相談してる。

事実確認も、自分と編集者とで細かく行って、出版直前までどころか、

出版直後になってもまだチェックしてるのだ。紙の本なら重版で訂正

できるし、電子書籍なら簡単に修正可能。

 

ちょっと共感したのは、何か言葉を修正する時、元の語句と同じ字数

にしてレイアウトの崩れを防ぐ作業を面白がってること♪ これ、一般

ブロガーの私もよくやってるし、わりと好きなのだ。

 

特にウチの場合、6年半前からは記事の字数を末尾に付けてるから、

訂正で字数が変わると面倒。というわけで、なるべく字数を変えない

ようにチョコチョコ数合わせすることになる。クロスワードパズルの

面白さにちょっと似てるかも。

 

 

      ☆        ☆        ☆

苦労の甲斐があって、『あの日』は出版直後に二度、重版決定。

まもなく、三度目の重版も決定。広告に顔写真を載せるのを拒否

した小保方さんも、好調な売れ行きには素直に喜んでた。編集者

が喜ぶ姿が嬉しかったのかも。

 

印税の話は避けてるけど、税抜き価格1400円の10%として、

1冊140円。30万部で4000万円くらいだろうか(原稿料は有無も

含めて不明)。魔女狩りレベルの叩かれ方で、病院通いを続けつつ

必死に書いたにしては、高くない報酬だと思う。亀の水槽を大きな

物に買い替えたのが精一杯かも♪

 

研究者としての報酬を(しばらく)失ったことまで加味すると、むしろ

安過ぎる感もある。年収500万円を5年失うだけで、2500万円

の損失。家族や親友の苦労も大変だったはず。

 

ちなみに前回の記事には自虐的な軽いジョークもあった。写真の

代わりに、宣伝用の自筆の言葉を書く練習をした後、姉の家で(?)

捨てようとしたら、怒られたらしい♪ 「小保方晴子」なんて手書き

されたゴミが見つかったら大変だと。

 

まあ、私でさえゴミの中身をチェックされた事があるから、杞憂とも

言えない。監視社会がどれだけ安全なのか知らないけど、息苦しい

のは確かだ。先日参加した東京マラソンのセキュリティの厳しさにも

驚いた。。

 

 

     ☆        ☆        ☆

続いて、米誌『ニューヨーカー』(NEW YORKER)の

記事について。ハーバード大学からの再三の協力要請があった

から、小保方さんも取材に応じたらしい。

 

その記事については特にコメントしてないけど、日本語より英語の

やり取りの方が気楽だと書いてた。日頃から、米国ドラマの動画を

見たり、英語のオーディオブックを使ったりして、英語力を鍛えてる

ようだ。それなら、英語圏のどこかの研究所に再就職すればいい

と思うけど、メンタル的にまだ無理なのかな。

 

『ニューヨーカー』の記事は今でもネット上で無料公開されてて、1本

の記事としてはかなり本格的で中立的。特に誰の味方も批判もして

ないもので、日本の週刊誌記事とは全く違ってる。ハーバード大学

からの協力要請も理解できる上品な内容だ。

 

180303b

 

 

     ☆        ☆        ☆

女性ライターのダナ・グッドイヤー(Dana Goodyear)が

書いた記事は、URLだと「the-stem-cell-scandal」

(幹細胞スキャンダル)となってるけど、本文では、

「THE STRESS TEST」(ストレス・テスト)。

 

このテストは、日本だと金融機関で有名だろう。要するに、非常に

強いストレス(負荷)を与えて、それでも大丈夫かどうかを確認する

ことだ。

 

しかし、その記事のイラストから結語までを見ると、もっとポジティブで

広い意味をもたせてることが分かる。要するに、強い負荷をかけると

より良い方向への動きが生じることがある、という話なのだ。

 

そもそもSTAP細胞とは、S(刺激)によってP(万能性)を獲得すると

されるものだった。細胞研究の世界にも、この騒動で強い刺激が

加わったし、トラウマ(心的外傷)も生じたから、何かポジティブな

動きの登場に期待しよう。そんなニュアンスの終わり方になってた。

 

 

     ☆        ☆        ☆

時間も字数も無くなって来たので、事情聴取については一言だけ。

 

小保方さんを被疑者とする告発は受理されなかったものの、被疑者

不詳の告発が事務的に受理されたから、警察から参考人としての

事情聴取があったそうだ。告発者は、面識もないし、神戸の理研とも

関係ない人らしい。

 

くれぐれも内密に・・という話だったのに、2日続けてマスコミに

追われるハメになって、『あの日』を出版した講談社や編集者にも

厳しく問い詰められる。彼女が内緒にしてたのは、講談社の週刊誌

がかつて不快な記事を掲載してたからだった。『週刊現代』か、

『FRIDAY』のことかな。

 

ちなみにその後、週刊現代が小保方さんに好意的な記事を掲載

してるのを読んだ覚えがある。事の良し悪しはともかく、実社会とは

そうゆうものだろう。

 

それにしても、講談社や警察に対する不満のような事まで書いて

大丈夫なのか。彼女の今後が気になりつつ、今日はこの辺で。。☆彡

 

                (計 3298字)

|

« 誤差あり!、お互いのズレを埋める謝罪と行動~『BG~身辺警護人~』第7話 | トップページ | 「多摩川花火 秋開催に好意的」というニュースを見て&超スロージョグ16km »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 誤差あり!、お互いのズレを埋める謝罪と行動~『BG~身辺警護人~』第7話 | トップページ | 「多摩川花火 秋開催に好意的」というニュースを見て&超スロージョグ16km »