« 指原の視力矯正手術ICL(埋め込み型コラマー・レンズ)&ハーフジョグ | トップページ | 文章の文字数カウントの方法 »

無駄死にさせてはいけません!、人も組織も~『BG~身辺警護人~』第8話

感動した。。 「エグッちゃん」・・じゃなくて「エッグちゃん」カラーの

コスチュームを着たキャンギャルに♪ そこか! 白が中心で、黄色

がアクセントね。

 

エッグちゃんのツイートは大量にあるのに、キャンギャルのツイートは

ほぼゼロだから、私がつぶやいとこう。無駄死にさせてはいけません。

生きてるだろ!

 

180309a

 

このコが一番可愛くて頑張ってたね♪ 松岡音々でいいのかな?

サスケフーズ会長(伊武雅刀)と沢口(間宮祥太朗)のすぐそばで

笑顔を振りまいてた。ロンバケの頃の山口智子に近いスタイルと

年齢。この細いウエストと脚を保つだけでもプロフェッショナル。

 

画像は公式動画より。非営利の個人サイトにおける限定的かつ

好意的引用なので、著作権法の許容範囲と考える。キャンギャル系

のモデルの場合、肖像権は本質的に問題とならないはず。実際、

本人ツイッターでも宣伝してた。

 

180309c

 

 

     ☆       ☆       ☆

さて、ここまでスクロールで読み飛ばすと、マニアック・レビューが

無駄死にとなるから、村田(上川隆也)に怒鳴られるはず♪

 「無駄死にさせてはいけません!」

 

もちろん、可愛いコにこだわってるだけではないのだ。ツイートの

上側にある自己PRがポイント。「プラチナム」と書かれてる。まゆ

(菜々緒)や第4話の美人花嫁(山下永夏)と同じ事務所なのだ。

というか、実は6人いたキャンギャルの内、5人がプラチナムだ

(細かっ・・)。

 

こうなると、偶然とは考えにくい。大手事務所と制作サイド(テレ朝)、

組織同士の固いつながりがあるのだろう。ウチの看板記事(笑)の

1つになってる長寿番組『明石家サンタ』だと、オスカーとフジの間に

組織のつながりが出来てる。人気者のマツコが強引にサンタガール

の仲間入りをしても、すぐ追い出されて夜食担当に回されたほど♪

 

外部組織とのつながりにせよ、自らの組織内の管理体制にせよ、

固定的な「枠」をキープするには、組織の努力・実力・実績が必要。

逆に枠が壊れそうになると、組織は意識的・無意識的に守ろうとする。

 

いま話題のメダル量産協会もそう「なのかも知れない」し、中央官庁

もそうなのかも知れない。近隣諸国で急激に友好・和解ムードが

膨らんで来たのも、そういった防衛本能の表れだろうか。。

 

 

      ☆       ☆       ☆

ちなみに官庁の文書「書き換え」疑惑に関する朝日新聞のスクープ

報道(?)は3月2日の朝。テレビ朝日のドラマの脚本に、ギリギリ

間に合ったのかも。井上由美子ではなく、監督・七高剛が脚本を

「ちょっと書き換えた」可能性もある。

 

指摘してるツイートはちょっとしか無いが、警視庁警護課係長、氷川

(宇梶剛士)は落合(エグッちゃん=江口洋介)にこう語ってた。

 

 「我々が殺したわけじゃない。

  村田が犯人に撃たれたのは事実だ。

  最後の1行をちょっと書き換えただけだ」。

 

案外、宇梶のアドリブとか。元・暴走族総長とされてるから、バイクの

2人組に襲われても大丈夫どころか、逆にバイクを引き倒すだろう♪

 

っていうか、あのバイク、ナンバープレートもそのままで片手に長い

凶器を持ってるのが分かりやす過ぎて笑えた。怪し過ぎるカメラマン

2人組も同様で、井上脚本のドラマの特徴だろう。

 

その真逆の脚本家が坂元裕二。広く一般大衆に合わせたサービス

を心がけるか、文学・芸術路線の細い道を追求するか、その違いだ。

 

 

     ☆        ☆        ☆

ところで、村田の死亡。私はどうせ病院で助かるんだろうと思ってた

から、冒頭は見ずに洗濯機をいじってた(笑)。テレビの前に戻った

後も、しばらくピンと来なかったほど。

 

まずは、ファクト・チェック(事実確認)してみよう。第8話の回想シーン

では省略されてたから、第7話でチェックする。

 

元秘書・植野(萩原聖人)

  「せめて謝ってください!」

民事党幹事長・五十嵐(堀内正美)

  「謝るのはお前の方だ! 今さらこんな騒ぎを起こして。

   死んで詫びろ!

落合  「先生!」

五十嵐  「どうした。そのために来たんだろ。 

     お前みたいな恥知らずにできるのは 

     綺麗に死ぬことぐらいだよ

村田  「待ってください、先生!

    無駄死にをさせてはいけません!」

植野  「謝れ! 謝れ、謝れ!」

 (バキューン・・)

 

 

激昂した植野が銃を撃ち始めて、島崎(木村拓哉)が撃たれそうに

なった瞬間、守ろうとした村田が撃たれた。これが事実。

 

 

     ☆        ☆        ☆

よって、氷川やメディアはフェイク・ニュース(嘘の報告)を広めてた

ことになる。

 

氷川  「被害者みずから逆上した被疑者に接触したと

    聞いております。誠に遺憾です」

 

メディア1 「勘違いボディガードの悲劇」

  2 「ヒーロー気取りのボディガード 警察の真似事して失敗」

  3 「被害者の言動が引き金に」

 

 

ただ、この時、レストランの一般客と従業員はみんな外に逃げてた。

よって、利害が対立する少数の当事者たちの証言がぶつかり合う

状況になる。芥川龍之介の名作『藪の中』状態だ。まあ、あれは9年前

にマニアック・ブロガーが真相を究明してるけど♪ 宣伝か!

 

とにかく、警察やメディアの虚偽、間違いを正すには、新たな証言か、

客観的な証拠が必要になる。今の段階では、高梨(斎藤工)が弁護士

事務所に相談しても良い返事はもらえない。人権派でもダメだろう。

 

 

      ☆        ☆        ☆

そこで、警視庁に出向いて、村田の遺品である携帯とICレコーダー

を受け取ったものの、あの場面の録音ファイルだけ削除されてた。

 

本体メモリにも、外部メモリにも無い。洋式トイレに流されたのだ♪

そりゃ、『FINAL CUT』の監視カメラ映像だろ!・・っていうのは、

一部読者へのご挨拶だったりする(笑)。ブロガーは、見た番組を

無駄死にさせてはいけないのだ。

 

軽口はともかく、私はあの場面で内心、「データの復元は?」と

つぶやいてた。ハード(機械)自体を破壊しない限り、削除データを

読み取れる可能性があるのは誰でも知ってるだろう。だからこそ、

企業も役所もPCの処分に苦労するわけだ。

 

・・・とか思ってツイッターを検索すると、ほんの僅かしかつぶやき

が無い。まだ復元はマイナーなのかね? 

 

私自身は、昔PCのハードディスクがクラッシュした時、1万円程度で

復元できると宣伝する業者にPCを送って、100万円以上の見積もり

を受けて諦めた(笑)。結局、送料しか取られてないし、誠実な内容の

メールも受け取ってるから、さほど責めるつもりはない。

 

ただ、機械的に壊れた記録メディアからデータを復元するのは大変

なんだな・・と実感できた。さて、あの壊れてないICレコーダーだと、

どうなのか。日ノ出警備保障だと、費用を負担できないということか。。

 

 

     ☆        ☆        ☆

それにしても、考えてみると村田の死は少しも「無駄死に」ではない。

主役を助けたのだから♪

 

おまけに、あの銃撃で4発中の1発を使わせてるから、その後の逮捕

にも役立ってる。前回説明したように、あれは4発しか撃てないピストル

だからこそ、3発ほど撃った辺りでSPが勢いづいてたのだ。

 

そもそも、人の死に「無駄」などない。死は、誰にでも訪れる厳粛な

運命であって、無駄も有益もないのだ。受け入れやすい言い方を

選ぶなら、すべての死に意味はある。

 

ただ、なるべく死なせない。誰かを死なせてしまった人間には責任を

取らせる。そうゆう事だ。

 

 

      ☆       ☆       ☆

ところで、死とは人間だけ、生物だけに起きるものではない。組織

にも「死」の恐れはある。

 

東京を守る警視庁の職員は4万人。日本を守る警察庁だと30万人。

大部分は警官で、1人の警官が400人ほどの命を守ってるわけだ。

 

警視庁が揺らぐと、都民1400万人の安全も揺らぐ。そう考えて、

警察が「無駄死に」(?)を避けようと考えてしまうのは自然なこと。

しかし虚偽や不正操作で守ろうとすると、逆に恥ずかしい死に近づく。

 

結局、より良い「死」を選んで、感心しない死を避ける。立原愛子

(石田ゆり子)の大臣辞職&新証言(?)は、自分の「死」によって、

政治や社会の感心しない死を避けるため。さらにご褒美で、島崎

に抱いてもらって「死ぬ・・」と叫ぶため♪ コラコラ!

 

そして落合は氷川を銃で死なせて、警視庁組織の恥ずかしい死を

防ぐのだ♪ ないだろ! いや、公式サイトの紹介で「特技は拳銃」

と書いてるし、最後にアピールしてたもんで。何か、正義の一撃が

欲しいのだ。高梨がまゆを「撃つ」とか。ある!(笑)

 

 

     ☆       ☆       ☆

なお、最終章と題した第8話の視聴率は過去最高を更新、16.4%

(ビデオリサーチ、関東地区)。村田は、無駄死にではなかった♪

 

「さらばボディガード」というテロップは、ドラマが終わるという意味

だろう(笑)。そんだけか! まあ、身辺警護課が閑散としてたから、

警護課の解散ならあるかも。で、数年後に再結成して映画化とか。

目玉焼き味のカップ麺と同様、意表を突くのが売れるポイントだ。

 

カップ麺の4分をザッキーが腕時計で誤差無し計測する時、お湯を

入れ終わった時から測ったのか、蓋と金属の重しを載せた時から

測ったのかが気になりつつ(笑)、それでは今日はこの辺で。。

 

あっ! 森友関連の財務省職員が神戸で自殺? 合掌。。☆彡

 

 

   

P.S. 3月12日の朝日新聞・朝刊によると、自殺したと見られる

    職員のご遺族は、

     「この死を無駄にしないでほしい」

    と語ったとのこと。さて、今後どのように受け止めるのか。。

 

 

cf.慢心=警護(security)は人間の最大の敵

   (『マクベス』第3幕)~『BG~身辺警護人~』第1話

 旧靴=窮屈からの自由、オーダーメイドのフットガード~第2話

 緊縛かのん、谷底へのバンジージャンプ~第3話

 ウェディング・イブ、涙は夜更け過ぎに雪へと・・♪~第4話

 捨てるな!、新たなマイウェイへの出発~第5話

 安全が一番と言いつつ、危険に向かう人間~第6話

 誤差あり!、お互いのズレを埋める謝罪と行動~第7話

 他にもあった、大切なもの~最終回

 

               (計 3849字)

     (追記 99字 ; 合計 3948字)

|

« 指原の視力矯正手術ICL(埋め込み型コラマー・レンズ)&ハーフジョグ | トップページ | 文章の文字数カウントの方法 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/66476824

この記事へのトラックバック一覧です: 無駄死にさせてはいけません!、人も組織も~『BG~身辺警護人~』第8話:

« 指原の視力矯正手術ICL(埋め込み型コラマー・レンズ)&ハーフジョグ | トップページ | 文章の文字数カウントの方法 »