« 謎のふわふわ生き物、「ケサランパサラン」、あるいはケセランパセラン♪(姫路市立動物園) | トップページ | サッカー・ロシアW杯、日本vsコロンビア戦(2-1)~サランスク&キンテロ(NHK解説・早野♪) »

大阪で初の震度6弱、大地震に思うこといろいろ・・

今日は全然違う話を書くつもりだったけど、やっぱり地震について

書いとこう。大阪とはいえ、地震は自身の話でもあるから。もちろん、

友達もかなり住んでるメジャーな地域。

 

意外なことに、1995年の阪神淡路大震災よりも震度が上だった

らしい大阪。震源が真下で、わりと浅めだったからか(深さ13km)。

想定されてる首都直下地震の関西版。

 

ちなみに、気象庁の「震度6弱」という表現は、ちょっとまぎらわしい。

どうしても、「震度6」のイメージが強くなってしまう。実際は、計測

された震度が5.5以上6.0未満ということだから、5.8とかなのだ。

 

話題の「デマ」ではない証拠として、気象庁へのリンクを張った上で、

表も引用しとこう。計算方法自体はここには示せない。非常に細かい

加速度データと、大学2~3年レベルの数学が必要なので。

 

180619a

 

 

      ☆       ☆       ☆

さて、地震発生時の映像を見ると、一瞬で強烈な揺れが来て、行動

を考える余裕がないことがわかる。すぐに何かする必要があるのだ。

 

安全な場所に避難するとか、車を安全に道路脇に止めるとか。電車

ならともかく、車の操作は難しくて微妙。動画を見ると、CGで加工して

遊んでるみたいにグニャグニャ動いて見えたほど。

 

あらためて総務省・消防庁の防災マニュアルを見ると、こんな感じだ。

確率的には、寝てる時に被災する可能性が一番高いはず。

 

 屋内 寝てる時 布団にもぐり込むか、ベッドの下に入る

     お風呂 鏡やガラスに注意 浴槽ならフタをかぶる

     職場  窓ガラスから離れる OA機器の落下に注意

    エレベーター 最初に停止した階で降りるのが原則だが、

            その階の状況にも注意

 

 屋外 住宅街 塀などの倒壊や、落下物に注意

    オフィス街・繁華街 窓ガラスやタイル、看板に注意

    車の運転 急ブレーキは厳禁! ハンドルをしっかり

         握り、ゆっくり道路の左側へ停車して待機。

         避難する場合、車のキーはつけたまま。

         車に乗っての避難は止める。

 

180619b

 

これ、やっぱり一番難しいのは車じゃないかな。キーを付けたまま

避難するのは抵抗あるし、車に乗らずに避難といっても、足の悪い

高齢者など、足の遅い幼児などもいるから難しい。急ブレーキも、

自分がかけなくても、前の車がかけたらどうしようもない。車列の

誰か一人が急ブレーキをかけるだけで、連鎖的に広がってしまう。

 

 

      ☆       ☆       ☆

一方、死亡が確認されてる4人のうち、2人が塀の倒壊によるもの。

女の子の場合、わざわざ塀のそばを通れと指示が出てたのに、塀

が建築基準に合ってなかったとか言われてる。

 

子どもにはどうしようもない事だけど、せめて大人は塀からちょっと

距離をとるくらいの心構えが欲しいね。特にブロック塀とか、高い

壁・看板とか。

 

物理的リスクと違って、情報に関しては、リテラシー(取扱い能力)

を高めるしかない。私は全くやらないけど、リツイートというものの

危なさがまだまだ周知徹底されてないと思う。

 

そもそも、単なるリツイートでも、最低限の責任は取らされる可能性

がある。例えば、誰か被害者の要請に応じて、住所・氏名などが

公開されるとか。

 

 

       ☆       ☆       ☆

メディアも、いちいちシマウマが逃げたなんてツイートを画像付きで

報道しなくてもいいと個人的に思うけど、やっぱり信じて動揺する

人が多いのかね? ライオンやワニならともかく、シマウマ?。。

 

あと、単なる不正確な情報、間違った情報まで、「デマ」という強い

言葉でいちいち非難するのは良くない。本物の意図的デマの悪質性

まで薄れてしまうから。

 

外国人がコンビニ襲撃とかいう話は「デマ」と呼んでいいとして、

京セラドームの屋根のヒビなんて話は、単なる見間違いのうっかり

ツイートじゃないかな。事実誤認とかいうのも大げさ過ぎる。とにかく

そもそも、思ったことをつぶやき過ぎるし、真に受け過ぎるのだ。。

 

 

      ☆       ☆       ☆

・・・なんて話をブログで書いてるヒマがあったら、私もペットボトルの

水くらい入れるべきだろう。

 

大きなペットボトルをズラッと用意してるのはいいけど、逆に多過ぎて

水の入れ替えが面倒だから、最近はサボリ続けてる。・・とか書いてる

ヒマがあったら、すぐ給水! 保存食もいつの間にか食べてしまって、

ほとんど無くなってるし。トイレットペーパーだけは溜め込んでる。

 

ともあれ、関西の方は余震その他、今後もしばらくご注意あれ。

次はいよいよ首都圏直下地震か、あるいは南海トラフか。これは

デマではなくて、以前から確率統計的に予想されてるリスクへの

心構えの話だ。

 

 

     ☆       ☆       ☆

最新2017年版、30年以内に主要都市で震度6弱以上が

発生する確率(正確には「超過確率」)は下の通り。地震調査研究

推進本部のpdfファイルより

 

 水戸81%、千葉85%、 都庁47%、 横浜81%、静岡69%

 名古屋46%、 京都13%、 大阪56%、 神戸45%・・・

 

180619c

 

これから30年以内に、首都圏で何もない確率の方が遥かに低い

とされてるし、普通みんなもそう「考えてる」はず。それに備えてるか、

リスクを実感してるかは別として。

 

大阪は昨日、的中してしまった形だ。それでは、また明日。。☆彡

 

             (計 2067字)

|

« 謎のふわふわ生き物、「ケサランパサラン」、あるいはケセランパセラン♪(姫路市立動物園) | トップページ | サッカー・ロシアW杯、日本vsコロンビア戦(2-1)~サランスク&キンテロ(NHK解説・早野♪) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 謎のふわふわ生き物、「ケサランパサラン」、あるいはケセランパセラン♪(姫路市立動物園) | トップページ | サッカー・ロシアW杯、日本vsコロンビア戦(2-1)~サランスク&キンテロ(NHK解説・早野♪) »