« マンガ『理系が恋に落ちたので証明してみた。』を試し読みしてみた♪&小雨プチラン | トップページ | Wolfram Alpha(ウルフラム・アルファ)日本語版、高校数学の質問にすぐ応答 »

蚊を殺さなかったというオウム・麻原彰晃が・・

生活リズムも天候も乱れてるせいか、ここ数日は妙に眠い。昨日も

仕事が終わった直後から強烈に眠くて、帰宅後はすぐに寝ようと

思ってたのに、雑用をこなしてる内に変な感じで目が覚めて来た。

 

強引に横になって寝た方がいいなとか思いつつ、サッカー・W杯を

チラ見しながら、PCとiPadでオウム真理教の情報もチェック。過去

も重要だけど、もっと重要なのは現在と未来だよなと思ってたら、

麻原彰晃の三女・アーチャリーのツイッターに流れ着いてた。三女

ほどメジャーではないようだけど、次女のツイッターともつながってる。

 

あえてこの記事にリンクは付けないけど、付ける必要もないくらい、

どちらも普通に公開されてるし、更新も頻繁。他に、海賊版みたいな

動画もあふれてた。テレビの顔出し出演もしてるわけか。形容する

言葉に迷うけど、あの子ども達がそれぞれの人生を歩んでる様子は

何となく感じ取れた。。

 

 

      ☆       ☆       ☆

オウム真理教の死刑囚たちが7人同時に執行されたのが、昨日、

2018年7月6日。平成30年。平成の内に執行したいという思いも

あったとかいう報道を読んで、あれは平成の事件なのかと、ちょっと

驚いてしまった。

 

元をたどると昭和の末期、オウム神仙の会まで遡るけど、社会的な

問題が一気に拡大したのは平成に入って。違う時間尺度で見ると、

バブル末期から崩壊直後にかけての混乱・停滞期だった。偶然では

ないと思う。外的なものと内的なもの、2つの側面における狂騒の

終焉。もちろん、同じ一つの虚構的な現象と見ることも可能。

 

その後の日本経済や社会は、格差拡大その他、色々と問題はある

けど、それなりに地味に上手く持ち直してる。国内だけ見るなら、

オウムのレベルの反社会的カルト集団が現れてるわけでもない。

 

ただ、世界的にはイスラム国(IS)その他、宗教関連の問題が続く

状況だし、国内のかなり悲惨な官僚システムがオウム化してるとか

いう指摘もある。個人的確信犯によるテロみたいな殺人事件が時々

起きてることを考えても、「オウム真理教事件が終わった」などとは

言いにくい。むしろ、形が変わったと言うべきか。今のところは。

 

ちなみに公安調査庁によると、後継団体とみなされるアレフ、ひかり

の輪など計3団体の拠点は、15都道府県に35施設。信徒1650人、

保有資産11億円とのこと。ロシアにも、いまだに数千人の信者が

いるという報道もある。。

 

 

      ☆       ☆       ☆

最近のウチの傾向だと、ロシア語でロシアの報道を直接チェック

するパターンだけど、ここでは三女・松本麗華(りか)の著書

『止まった時計』(講談社)に注目してみよう。本が出たのは耳に

してたけど、読んだことはない。

 

三女たちは、麻原の家族の中では中間的な位置のようだ。麻原・

アレフに近いのが妻、遠いのが長女と四女、その間に三女・次女

といった感じの構図。

 

最も活動的な三女の単行本は2015年、文庫本が今年2018年

に出版されてる。文庫の冒頭だけなら、キンドルの電子書籍で

すぐ無料で読めた。

 

 

      ☆       ☆       ☆ 

貧乏だけど子沢山、夫婦仲は良くもないけど悪くもない、わりと

普通の高度成長期の家庭みたいな情景が写真付きで描かれた

後、興味深い話が出て来た。80年代後半で、まだ危険な集団だと

騒がれる前の段階。第一章より引用。9行のエピソードに付いた

小見出しは、「不思議な夫婦仲」。

 

 子どもの目から見ても、母が父の宗教を信じているようには 

 見えませんでした。「蚊に刺されると痒くていやだよね。でも 

 蚊も生きているんだよ」「お釈迦様によると、わたしたちは 

 死んだあと、生まれ変わるんだよ。もしかしたら、お父さんも 

 麗華も、蚊に生まれ変わることがあるかもしれない」とわたし 

 に語る父。一方、平気で蚊を殺す母。

 

 

実は、私の父親も、家の中の蚊を殺さず逃がしてたらしい。覚えて

ないけど、母親から聞いて、なるほどと思った。心優しいという感じ

はなかったけど、確かに攻撃的な性格ではなかった。たかがテレビ

に向かって文句をつけたり、将棋の攻めが強気だったりしただけだ。

私自身も、強く叱られた覚えはない。

 

 

     ☆       ☆       ☆

個人的な思い出話はさておき、蚊を殺さない麻原が人を殺す(指令

を出す)ようになり、自分自身も殺されてしまったのはなぜなのか。

 

ちなみに三女は、麻原を悪だと認めるけど、指示したのかどうかは

本人に聞くまで分からないと思ってるらしい。だからこそ度々、拘置所

に面会に行ったものの、会話は通じなかったし、最近はそもそも門前

払いとのこと。本人が応じないとかいう説明と共に。

 

90年代に入って、麻原が蚊を殺すようになったのかどうかはまだ

分からないけど、理屈上は一応説明できなくもない。

 

つまり、蚊は僅かな血を吸って、1時間ほど痒い思いをさせるだけ。

命を奪うほどの罪はないし、仮に目の前の蚊を殺したところで、蚊の

全体は不変。

 

しかし、国家は許しがたい悪だから、中枢部にダメージを与えれば、

より良い世界に近づくだろうし、彼らの魂の生まれ変わりにとっても

良いことだろう。だからこれは、立派な「ポア」なのだ・・(地下鉄サリン

の場合)。

 

 

      ☆       ☆       ☆

ここには2つの核となる考えがある。

 

 1. 非常に悪いものは、人間でも殺してよい。

 2. 肉体が死んでも、死後の存在(魂など)がより良いものへと

   高められる可能性がある。

 

この内、2番は、宗教にあまり熱心でない日本人でさえ、何となく

思ってることも少なくないだろう。ただ、それが1番と結びついて

殺人が正当化されることはほとんどない。まして、実行に移される

ことは滅多にない。

 

ただ、1番は今の日本社会で主流の考えだし、国家レベルで合法化

されてるものだ。それこそ、死刑。世界的には避けられる方向にある

けど、日本ではまだしばらく続くだろう。

 

国内の司法制度的には、今回の7人同時執行も別に問題ないのかも

知れない。もちろん、これまで特別長い時間もかけてるし、あまりに

重大な事件でもある。

 

しかし、非常に悪い人間は殺していいという考えは、直ちに自分たち

に跳ね返ることになりかねない。ある種の人たちから見れば、自分達

こそ非常に悪い人間かも知れないから。そして、まさにそれが実行に

及んだ(側面がある)のが、オウムその他の殺人事件だから。

 

 

      ☆       ☆       ☆

オウム関連だけ考えても、今回の死刑執行は、むしろ火に油を注ぐ

やぶ蛇になる可能性があると思う。殉教した聖者を神格化して、

腐敗した社会の根本的な世直しをはかる。

 

ただ、それより遥かに大きい脅威は、そうした考えを強大なAIが

インプットしてしまうことだ。醜く愚かな人間たちは消し去るのが、

世界にとっての最適解。評価関数が高い数値を与える指し手。。

 

あらゆる分野でAI・ロボット化、ネットワーク化、効率化が進む中、

そうした考えは杞憂にすぎないとかSFマンガだと笑うのは難しく

なって来た。変化のスピードは想像を絶する域に達してる。

 

まず警戒すべきは、AI・ロボットやネットを操作する一部の人間。

しかし本当に怖いのは、AI自体がその時点での人間たちを見切る

ことだろう。単なる一時的なエラー、計算間違いも含めて。

 

多様性とか共存の大切さを叫ぶのなら、悪との共存も考える必要

がある。相手から見れば、自分こそが許しがたい悪かも知れないし、

高めてあげるべき劣る魂かも知れないのだから。

 

ではまた明日。。☆彡

 

            (計 2962字)

|

« マンガ『理系が恋に落ちたので証明してみた。』を試し読みしてみた♪&小雨プチラン | トップページ | Wolfram Alpha(ウルフラム・アルファ)日本語版、高校数学の質問にすぐ応答 »

宗教」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マンガ『理系が恋に落ちたので証明してみた。』を試し読みしてみた♪&小雨プチラン | トップページ | Wolfram Alpha(ウルフラム・アルファ)日本語版、高校数学の質問にすぐ応答 »