« 惨敗のわりに元気良し♪、18年7月の全走行距離 | トップページ | そろそろ納豆に挑戦すべきか、甘い奴から♪&11日ぶりの多摩川 »

気温127度で人体実験した英国科学者フォーダイス達(18世紀)&プチ朝ラン

RUN 7km,36分28秒,平均心拍 135

消費エネルギー 325kcal (脂肪 81kcal)

 

台風が通過して猛暑復活。そこで今日は、背筋が凍るようなコネタ

をトッピングしよう。3倍の気温に挑戦した英国科学者の武勇伝♪

命に関わる危険があるので、良いコも、良いユーチューバーも、

決して真似しないように。

 

昨日(18年7月31日)の朝日新聞・朝刊コラム「天声人語」に、

こう書いてあった。

 

 ・・・2007年に刊行された『自分の体で体験したい 命がけの

 科学者列伝』によると、その常識を覆したのは医師や科学者ら

 9人の欧州紳士である。18世紀後半、ヒトは何℃まで暑さに

 耐えられるのか調べた。試した上限は約127度。室内に7分

 とどまることができた。

 

ちなみに現在、乾燥したサウナ風呂は90度前後みたいだから、

200年前の室温127度は限界へのチャレンジだろう。

 

 

     ☆       ☆       ☆

180801b

 

上が紀伊国屋書店HPの説明。著者はレスリー・デンディ、

メル・ボーリング。

 

180801c

 

原著は『Guinea Pig Scientists』(モルモット

の科学者たち)。米国アマゾンより。ちなみにモルモットという単語

は最近の日本であまり聞かない気がする。実験用テンジクネズミ

のことだ。「実験台になった科学者たち」と訳すと面白くないし、

訳書のタイトルは商業的に正解かも。下は中身の紹介より。

 

180801d

 

第1章、焼かれた英国紳士♪ 1770年代にはまだ、温度計は

科学的なオモチャであって、家庭には普及してなかった。人体も

まだ謎だらけ。そこで、もし人がステーキを焼けるほど熱い空気に

さらされたらどうなるか、試してみようと思った科学者たちが登場。

今なら絶対、YouTubeに動画をアップするはず♪

 

      ☆       ☆       ☆

中心になったのが、ジョージ・フォーダイス(George Fordyce)

という物理学者&医学者らしいけど、複数の人(or 仲間達)が

関わってる。別の研究書がグーグル・ブックスで公開されてて

実験の様子を伝えてた。

 

180801f

 

英国の単位(華氏)で260度とされてるから、日本の単位(摂氏)

に換算すると127度弱まで実験。湿度が低い方が有利だろうと

考えてたらしいけど、この温度の時の湿度は不明(☆追記、別の

書物でdryと明記)。あと、7分という時間は英語の検索だとなかなか

見当たらない。上でも「数分」とされてるだけだ。

 

とにかく、心拍数は2倍だけど、体温はほとんど上がらなかった

らしい。どこの体温かは不明だけど、口の中か肛門の中(直腸)かも。

表面温度ならたぶん上昇すると思う(自信も実験もない想像♪)。

 

こうした変人・・じゃなくて挑戦者たち(笑)のおかげで、体温計も

普及していったとされてるけど、ちょっと話が飛躍してるかな♪ 

まあ、英語の検索は疲れるし、今日はこのくらいに留めとこう。

既に「260度」くらい検索してしまったし(笑)。盛ってるだろ!

 

 

     ☆       ☆       ☆

最後に一言、気温「27度」の朝ランについて♪ 違った。ホントは

25度。ただ、湿度が95%もあったから、大量の汗が蒸発しない

まま流れて、すごく蒸し暑かった。夏の朝はいつもこんな感じだね。

走ると全然爽やかじゃない (^^ゞ。実際、歩いてる人が大半。

 

それでも、トータルでは1km5分13秒ペース。実は昨夜走って

から、6時間しか経ってなかったから、なかなか健闘かも♪ 心拍

は普段のちょうど2倍くらいだから、室温127度とほぼ同じ負荷。

風速は0.5mで、ほぼ無風だった。ではまた明日。。☆彡

 

 

180801a

   

         時間  平均心拍 最大

往路(1.2 km)   7分00秒 115 126

LAP1(2.2 km)  11分44秒 132 143

  2     10分43秒 141 153

復路(1.4 km) 7分00秒 151 162

計 7km 36分28秒 心拍平均135(75%) 最大162(90%)

 

             (計 1585字)

|

« 惨敗のわりに元気良し♪、18年7月の全走行距離 | トップページ | そろそろ納豆に挑戦すべきか、甘い奴から♪&11日ぶりの多摩川 »

「ランニング」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

コメント

こうした変人・・じゃなくて挑戦者たち(笑)のおかげで、体温計も普及していったとされてるけど,ちょっと話が飛躍してるかな。→ここがこの話のポイントですよね。健康だとこのような状態でも人間の体温は上がらないから、体温が高いとどこかに不具合があるはず、だから体温を測ることは大事。体温計の普及、というストーリですかね。 

投稿: gauss | 2018年8月 2日 (木) 00時13分

> gauss さん
  
こんばんは。心温かい解釈、どうもです。
少しトッピングすると、
 
体温を測るならば、
(1)平熱なら安心できる
(2)平熱でないなら健康でない(実験結果の広義・対偶)と
   分かって対策を取れる。
よって、体温を測ると必ずメリットがある
  
とかいう感じでしょうか。
まあ、この種の説明は常に、デメリットや総合評価の
問題が残るわけですが♪
  
むしろ、間接的影響の方が大きいかも知れませんね。
体温への関心が専門家の中で高まって、それが徐々に
周囲の人や器具の改良へと波及していったとか。。shine

投稿: テンメイ | 2018年8月 2日 (木) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 惨敗のわりに元気良し♪、18年7月の全走行距離 | トップページ | そろそろ納豆に挑戦すべきか、甘い奴から♪&11日ぶりの多摩川 »