« 早め早めに、お盆明けの仕事、遠征準備、東京マラソン・エントリーとか | トップページ | 遠征直前、ほんの一言つぶやき »

ハンナ・アレント『責任と判断』と、心理学のゲイン・ロス効果~『高嶺の花』第7話

前回7.8%まで落ちた『高嶺の花』の平均視聴率が、第7話で

9.9%までV字回復(ビデオリサーチ、関東地区)。第二章入り

だからか、新たに香里奈が登場したからか。少なくとも、難しい本

のおかげではないようだ♪

 

「高嶺の花 香里奈」でツイッター検索すると、リツイートを除いて

60ほどヒットしたけど、「高嶺の花 アレント」だと1つ、「高嶺の花

 責任と判断」だと2つだけ。まあ、一瞬しか映ってないし、作家も

内容もお堅い硬派なものだから当然か。

 

180824b

 

図書館の哲学書コーナーで、メガネっ娘看護師・千秋(香里奈)が

直人(峯田和伸)に譲り渡した本は、『責任と判断』(筑摩書房)。

著者は最近ごく一部で話題の女性思想家、ハンナ・アレントだ。

画像は公式無料動画から限定的にキャプチャー引用させて頂いた。

 

今夜は個人的に、遠征の準備に追われてほとんど時間が無い

状況だけど、マニアック・ブロガーの「責任」を最低限果たすべき

だと「判断」♪ ごく簡単に触れとこう。

 

 

      ☆       ☆       ☆

180824a

 

上の画像は0.1秒くらいしか映ってないが、美術スタッフさん

が周到に準備してるのは明らかだ。まず、中央に話題の著者

アレントの本を置いて、その左にはプラトン、アリストテレスと

いう誰でも知ってそうな古代哲学者の名前を並べてる。

 

おまけに、アレントの遺稿集の書名は『責任と判断』。その左には

『プラトンの弁明』。逆に右側には、『善と悪』。これらは、予定以上

の茶番劇となってしまった、もも(石原さとみ)との結婚式についての

直人の思いを表す言葉なのだ。

 

もちろん看護師である千秋にとっても、医療現場での責任と判断は

大切だけど、彼女は微笑んで直人に譲った。台本にそう書いてる

から(笑)・・じゃなくて、巧妙な逆ナンパでもなくて、直人の方が

その本を必要としてそうに見えたからだろう。

 

 

     ☆       ☆       ☆

直人は結婚式の前から、新婦ももの奇妙な狙いを理解、許容

してた。

 

つまり、ドタキャンで直人を裏切ることで、ももは月島流の華道に

再び打ち込める(と思ってる)。「もう一人の自分」(兵馬=大貫

勇輔の言葉なら、空蝉=うつせみ)も再び見えるようになる(と

思いたがってる)。

 

本当に上手くいくかどうかはともかく、直人はももが花を生ける

のを手伝おうとしてたのだ。池のカエルが、画家モネが水連の絵

を描くのを手伝うように(脚本家・野島伸司の分かりにくい比喩♪)。

 

 

     ☆       ☆       ☆

ところが、実際の直人は、最後の決定的瞬間で致命的失敗を

してしまう。ももへの愛や未練が衝動的にこみあげてしまって、

ももの心に自分を印象付けるような表情をしてしまった。それが、

「笑うところじゃない」所での妙な笑顔。

 

まさかの笑顔を、冴えない男が最悪の状況で見せる。すると、

プラスのものが、マイナスの状況でさらに際立つことになる。

だからプラス・マイナス効果と言えば分かりやすいのに、(特に

日本の通俗的な)心理学用語では、「ゲイン・ロス」とか呼ぶらしい。

 

gain(獲得)とloss(喪失)のコントラスト=比較で生じる認知的

バイアス。そう言うと理屈っぽくて、秋保(高橋ひかる)や芽衣

(田畑志真)が嫌がるから、直人は「ギャップ萌え」という言い方

もしてた。誉め言葉(ゲイン)を、怖い先生(ロス)からもらうと

嬉しい。

 

それなら、秋保じゃなくて、なな(芳根京子)がミニスカ&ニーハイ

のコスプレをした方がゲイン・ロスになると思うけど、それは無し♪

だからと言って、龍一(千葉雄大)と母・ルリ子(戸田菜穂)の浮気

の目撃で心が壊れたななが、裸足で地面をフラフラ歩いても、

ギャップ萌えは生じないのであった。まあ、その程度の理論だ。

 

 

     ☆       ☆       ☆

ストーリーの流れに戻ると、基本的にはももが加害者、直人が

被害者であって、フツーの感覚なら、直人が「責任」を感じたり、

「弁明」する必要はない。

 

ところが直人は、頭でっかち・・じゃなくて頭脳優秀で心優しい

自転車屋さんだから、自分の責任を重く受け止めてしまう。俺が

悲しそうな表情を見せてれば、ももは真っすぐ華道の世界に戻れた

のに、何と罪深い笑顔を見せてしまったんだ。。

 

違う言い方をするなら、直人はフラれる瞬間の「判断」を誤った

ことになる。「ここは哀しむべきだ」と判断すべき時に、「ここは

微笑むべきだ」と判断してしまったのだ。これは個人的で直接的、

基礎的な考えであって、一般的な知識やテクニックで受験問題を

解くような思考とは違ってる。

 

 

      ☆       ☆       ☆

こうした点こそ、アレントの政治思想が問題にしてた事の一部

なのだ。

 

彼女はドイツのユダヤ人で、ナチス政権が成立した後、米国に

亡命。ナチズムや旧ソ連のスターリズムなど、全体主義について

考える時、一部の悪者(ヒトラー、アイヒマンら)や悪徳に責任を

負わせてしまうのでなく、大衆の普通の考えや行動も問題とした。

あるいは、強制収容所の悲劇にユダヤ人自身も関与してるとか。

 

だからこそ、現在の社会だと、特に左派=リベラルが全体主義

的・排他的で危険な動き(?)を批判する時の手がかりにもなる。

 

つまり、一部の悪役(例えばトランプ大統領、安倍首相など)は

結構フツーの人間とも考えられるし、逆に一般大衆とか多数の

有権者も平凡で些細な悪とも考えられるわけだ。悪の「凡庸さ」

(陳腐さ)。

 

もちろん、批判する側の自分自身も反省すべきだけど、そうした

姿勢はあまり見当たらない気がするとまで言うと、言い過ぎか♪

ただ、直人が悪役のももを責めずに自分を責め続けるのに対し、

アレントを持ち出す人間の姿勢はかなり違ってると感じる。

 

 

      ☆       ☆       ☆

ひょっとすると、アレント自身も直人みたいに、自分の責任と判断

を問い続ける人だったのかも知れない。

 

180824c

 

英語の原書、『RESPONSIBILITY AND JUDGEMENT』

(HANNAH ARENDT)の表紙では、アレントがたばこの

煙をくゆらせてる。

 

180824d

 

映画『ハンナ・アーレント』でもタバコを強調。重過ぎる歴史と

現実に対する自分たちの責任を真面目に考え続けると、タバコ

でも吸わないとやってられなかったのかも。

 

ちなみに彼女の死は1975年だから、まだ嫌煙権とか受動喫煙

の問題は今ほど騒がれてなかったはず。だから、タバコについては

「責任」を感じる必要はないと「判断」したとしても、罪は少ない。

現代から見た印象、イメージが少し落ちる程度か。

 

本当は英語の論文を読んだり、もっと色々準備してたんだけど、

ここでもう時間だから、スパッと記事を終わるべきだと判断した。

ではまた明日。。☆彡

 

 

 

cf. 傷つけられた時に哀しむ人は、愛の人、いい女です

     ~『高嶺の花』第1話

  後ろ生けと鏡に映るもう一人の自分、力学の意味~第2話

  「犯罪者は外見で判断できる」、ロンブローゾ~第5話

  生け花の形と様式、天・山・海・心と流れ菱(神宮流)~第6話

  エリアス『時間について』と、子どもの頃の自分~第9話

  黄色い高嶺の花は、純潔な太陽の光~最終回

 

               (計 2746字)

     (追記 46字 ; 合計 2792字)

|

« 早め早めに、お盆明けの仕事、遠征準備、東京マラソン・エントリーとか | トップページ | 遠征直前、ほんの一言つぶやき »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早め早めに、お盆明けの仕事、遠征準備、東京マラソン・エントリーとか | トップページ | 遠征直前、ほんの一言つぶやき »