« 「犯罪者は外見で判断できる」、ロンブローゾの学説と著書~『高嶺の花』第5話 | トップページ | お盆前の仕事が終わらない中、ぽちラン&つぶやき »

太田光の裏口入学報道、瀬古利彦のセクハラ疑惑謝罪&27.5度ラン

(9日) RUN 10km,50分14秒,平均心拍 151

   消費エネルギー 530kcal (脂肪 80kcal)

 

最近の習慣でつい、暑い・・と書きたくなるけど、昨日はそれほど

の猛暑でもなかったね。

 

この辺りは最高気温で32度、最低気温で24度くらいだから、夏

としては普通で、熱帯夜でもない。夜はエアコン無しで寝たし、先月

のとんでもなく暑かった時期と比べるとラクだった。

 

・・って感じのことを、この時期に毎年書いてるような気もする♪

要するに8月前半ごろ、暑さが緩む時期があるのだ。ここで油断

すると、また残暑の厳しさでダウン寸前に追い込まれることになる。

特に今年は2年ぶりの自転車レースが控えてるから、体調管理

には細心の注意を払わないと。。

 

 

     ☆       ☆       ☆

熱いと言えば、むしろ爆笑問題の太田光と嫁さんの光代社長♪

怒る、怒る。これだけ怒るともう、引っ込みがつかないから、訴訟

になるのか、あるいは和解か新潮の謝罪か。

 

ネットのデイリー新潮に続いて、雑誌の『週刊新潮』でも大きく

報じられた、太田の日本大学裏口入学疑惑。東京医大とかなら

ともかく、日大芸術学部はリスクとコストを払って裏口入学する

ほどの所でもないでしょ・・と思った人もいるはず♪ 他人事か!

 

マジメな話、私が田舎から出て来て最初の頃、ものを知らない

とか色々笑われたけど、その内の一つが「日芸も知らないの?」

って感じの突っ込みだった。

 

バイト先に出身者がいて、芸術・マスコミ系だと有名だと教えられた

のをよく覚えてる。ホテルでバイトしてる人間には、芸術関連が

すごく多かったのだ。ちょっと派手さがある仕事で、印象も時給も

場所も良くて、スケジュールの自由もきくし有名人にも直接会える。

 

 

      ☆       ☆       ☆

話を戻すと、私は週刊誌で読んだけど、トップの大きな記事だから、

新潮側もそれなりの自信は持ってるはず。まあでも、新潮が証言者

に騙されてるんじゃないかね? 人気者の太田が今さらウソの弁解

を堂々とする意味はないし、完全に逆効果のはず。18年前に裏口

を認めた発言をしたとかいう話は、ブラックジョークだろう。

 

ただ一般論として言えば、今回の東京医大に限らず、私立大学は

昔から色んなウワサがあったし、特殊な配慮については必ずしも

全否定できるものでもない。実際、朝日新聞に載ってたアンケート

(民間ネット調査、回答者103人)だと、過半数の医師が東京医大

に「理解」を示してた。話がズレるから、それについてはまたいずれ。

 

ちなみに、太田が激怒してるのは、既に亡くなってる父親が悪者

扱いされてるからだろう。34年前、1984年の真実はどうなのか、

天国のお父さんならハッキリ分かってるはず。果たして。。

 

 

     ☆       ☆       ☆

一方、マラソン界のレジェンド・瀬古利彦の方は、あっさり不適切

発言を認めて謝罪してた(セクハラとは認めず)。

 

私は『週刊文春』で読んだけど、こちらは小さな記事で内容も苦笑

する程度。ネットでは直ちに相手の名前が特定されてる。マラソン

解説後の飲み会で、テレビ局のハーフの女子アナに「毛」の色の

話をしたようで、正直、驚きはなかった。素面(しらふ)のテレビでも

好き放題喋るキャラで、60代の昭和の体育会系だから。

 

流石に今の時代だと減ってるだろうし、私自身は全く口にしない。

好きでもない。でも、世間ではさほど珍しい事ではないし、もっと

過激な例も色々知ってる。普通は単なる言葉だけで、特に悪気も

ないから、女性の多くは聞き流すし、一緒にフツーに笑うことさえ

あるのが事実。

 

とはいえ、ここ数年のMe Too的なセクハラ反対運動はパワー

を持ってるから、男としては一段と気を引き締めるべき。パワハラ

も含め、くれぐれも用心しよう。相手に何か抗議・攻撃された時点

で、もうほとんど負け試合だから。。

 

 

      ☆       ☆       ☆

最後に、昨日の走りについて。お盆前の仕事その他に追われる

中、何とか10kmだけスタスタ走って来た。昼間の気温はそれほど

高くなかったけど、夜の気温は下がらなくて、27.5度の悪条件。

 

保守的にのんびりジョギングで済ませようかと思ったけど、走り

出すと意外と足腰が元気で、勝手にストライド(歩幅)が伸びる。

あんまし無理しない程度の頑張りでも、トータル1km5分01秒

ペースに収まった。汗ビッショリのこの気温にしては、いいね♪

 

湿度85%、風速2m。たまたま晴れてた時間帯みたいで、夜空

の星がキレイだった。心拍計は後半、大幅に乱れたから補正した。

乾いてると作動しないのに、大量の汗をかくとセンサーが過剰反応

してしまうのだ。ではまた明日。。☆彡

 

 

180810a

 

         時間  平均心拍 最大

往路(1.2 km)   6分13秒 122 135

LAP1(2.2 km)  11分11秒 142 149

  2     11分02秒 150 162

  3     10分52秒 158 164

復路(2.2 km) 10分55秒 160 169

計 10km 50分14秒 心拍平均151(84%) 最大169(94%)

 

              (計 2003字)

|

« 「犯罪者は外見で判断できる」、ロンブローゾの学説と著書~『高嶺の花』第5話 | トップページ | お盆前の仕事が終わらない中、ぽちラン&つぶやき »

「ランニング」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「犯罪者は外見で判断できる」、ロンブローゾの学説と著書~『高嶺の花』第5話 | トップページ | お盆前の仕事が終わらない中、ぽちラン&つぶやき »