« 生け花・華道の形と様式、天・山・海・心と流れ菱(京都・神宮流)~『高嶺の花』第6話 | トップページ | 最後はジム、今シーズンの自転車トレーニングは早くも終了♪ »

アジア競技大会(インドネシア・ジャカルタ)、バスケットボール選手の国外買春と刑法、『日本選手団としての行動規範』など

週末が信州遠征でつぶれるから、早め早めに色々済ませとく必要

がある。ブログも日付け変更直後に更新していこう(なるべく♪)。

 

時間に追われる中、マニアック・ブロガーがついハマったのが、

アジア競技大会のバスケットボール4選手の買春(かいしゅん)

問題。

 

インドネシア相場で1人120万ルピア(約9000円とか9090円)

という料金が高過ぎる・・って話じゃなくて、何が根拠で何の罪なのか

という点を調べてると、ズブズブとネットをさまようことになってしまう

(ちなみに日刊スポーツによると、現地の有名店なら3万円とか)。

 

いつもの事ながら、ある程度以上突っ込んだ内容になると、ネット

の情報は一気にゼロに近づくのだ。逆に言うと、ネットに溢れる

情報のほとんど全ては、かなり表面的なものに過ぎないし、間違い

や不正確なものも多い。

 

 

     ☆       ☆       ☆

まず、日本の刑法・第3条「国民の国外犯」を見わたすと、今回の

事例に適用されそうな規定は見当たらない。強制わいせつとか

強制性交とか、今回とは少し違うものばかり並んでる。第2条も

おそらく無関係。

 

180821c

 

そもそも国内でも、買春自体を取り締まる法律がないという説明も

ある(弁護士ドットコム)。18歳未満の児童ならば処罰するとか、

あくまで条件・限定つきの取り締まりなのだ。

 

インドネシアの法・司法制度については、信頼できそうな情報・

サイトがほとんど見当たらないので、とりあえずスルー。弁護士の

岸郁子・法務委員長が「日本と同じく違法の可能性が高い」とだけ

語ってるけど、現地警察からの接触はないそうだし、なぜ日本で

違法と考えるのかも不明。18歳未満だろうと想定してるのか?

 

(☆朝の追記: 朝日新聞の18年8月21日朝刊によると、

     「ジャカルタ特別州の条例で買春などの行為は

      禁錮刑または罰金刑に相当するが、現地警察

      からの聴取は受けていないという」とのこと。)

 

インドネシアだと、法という建前と実際の処罰の違いが大きいのは

容易に予想できるから、法律だけ英語で検索してもあまり意味が

ないだろうし、ジャカルタの風俗・歓楽街、「ブロックM」(Blok M)

とかの実情を調べるのも大変だ。

 

下は公式HP(?)の「girl」紹介。リンクは付けないけど、地名と

街の名を英字でつないでドットコム。お勧めはしないし、あくまで

自己責任で。

 

180821d

 

 

      ☆       ☆       ☆

というわけで、マスメディアの報道が「公式ウェア」と「行動規範」

をポイントに挙げてる理由が分かる。公式ウェアを着たまま歓楽街

で遊んだのがルール違反だと。つまり、とりあえずはあくまで今回

のアジア大会の日本選手団行動規範がポイントなのだ。

 

ところが、ハッキリ決められてるらしいその行動規範を工夫して検索

しても、なかなか現物(pdfファイルなど)は発見できない。ようやく

昨年末の暫定版らしき「関係資料集/事前調査報告書」なら発掘

 

180821b

 

 日本代表選手団としての行動規範  

 第2条(または第2項)「責任ある行動」

   競技を離れた場でも社会の規範となる行動を心がける。

 第3条「規律ある行動」

   我々は全てに規律ある行動をとらなければならない。

 

上の条項はデイリースポーツが書いてる次の説明文と合ってる。   

“行動規範にある「アジア競技大会への派遣は国費で賄われる。

競技を離れた場でも社会の規範となる行動を心掛ける」に抵触した”。

ということは、大会まで変更されずに適用されたということか。

 

 

     ☆       ☆       ☆

それにしても、そもそも発覚の発端は何なのかね。朝日新聞の記者

のスクープみたいな書き方もされてるけど、他社だと(いつものように)

スクープ扱いしてない。

 

Me Too運動その他、最近の時代の雰囲気や一部流行が無ければ

ほとんどスルーされた行動だろうし、相手もお金目当てのプロで、

現地感覚なら普通に仕事しただけのはず。

 

もちろん私自身は全くその気はないし、誘惑されてもキッパリ断って、

空気が読めない人間扱いされると思う♪ 実際、多少似たケース

なら過去にあった。

 

法とか倫理・規範とかいうより、まず性病その他の病気や闇トラブル

が怖いし、そんな巨大なリスクをおかしてまでお金で買った女性と

ホテルに行く気は全然しない。ただ、これはあくまで個人的な生き方

の問題だ。

 

 

      ☆       ☆       ☆

永吉佑也(27歳、京都ハンナリーズ)、橋本拓哉(23歳、大阪

エヴェッサ)、佐藤卓磨(23歳、滋賀レイクスターズ)、今村佳太

(22歳、新潟アルビレックス)。Bリーグ4選手が今後どうなるのか、

冷静かつ中立的に見守りたいと思う。

 

帰国後の謝罪の記者会見は、日テレ『ZERO』で少し見た限りだと、

潔い態度に見えたし、空港でも顔も姿も隠してない。現地ですぐ行為

を認めたのも事後処理として正しかった。もちろん、事前の備えと

行動が一番問題ではあるけど。

 

あぁ、全然違う話の短い前置きとして書くだけのつもりだったのに、

もう時間が来てしまった。潔く、スパッと終わりにしよう。

ではまた明日。。☆彡

 

               (計 2039字)

|

« 生け花・華道の形と様式、天・山・海・心と流れ菱(京都・神宮流)~『高嶺の花』第6話 | トップページ | 最後はジム、今シーズンの自転車トレーニングは早くも終了♪ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生け花・華道の形と様式、天・山・海・心と流れ菱(京都・神宮流)~『高嶺の花』第6話 | トップページ | 最後はジム、今シーズンの自転車トレーニングは早くも終了♪ »