« 月末は1週間連続、18年8月の全走行距離 | トップページ | 残暑が緩んで涼しい隙に、ラン&ジョグとか »

さくらももこ追悼、『ちびまる子ちゃん』初体験の感想(アニメ、原作漫画)

可愛かったね。リカちゃん♪ そこか! タカラトミーの「アクア

カールみさきちゃん」CM。意味が分からなくて調べてしまった(笑)。

リカちゃんのお友達、みさきちゃんの髪の毛を、水の(アクア)

ミストでカールする商品ね。英語の勉強にもなると♪

 

180903b

 

いや、フジテレビの人気アニメを見た平成ブロガーとしては、

スポンサーがどうなってるのか気になったわけ。

 

提供のテロップ順に、SUMCO(サムコ、半導体)、AEON

(イオン)、ソニー損保、ミツウロコ(エネルギー)、タカラトミー

(首都圏の地上波放送の場合)。

 

リカちゃん以外は完全に大人向けの企業CMで、やっぱり親の

世代も含めて、大人をかなり意識した番組なのか。その点では、

国民的アニメの大先輩である後番組、『サザエさん』と同じだ。

 

 

     ☆       ☆       ☆

さて、原作者・さくらももこ(53歳)の訃報(8月15日永眠)を

受けて、内容を変更して18年9月2日に放送されたアニメ

『ちびまる子ちゃん』。視聴率は急上昇、14.3%となった(関東

地区、ビデオリサーチ調べ)。今年の最高で、4年ぶりの数字。

 

今どきのフジの番組としては、かなり高い視聴率で、北部九州や

名古屋地区も同様。

 

ただ、実は関西だと11.9%。前週の関東は5.6%、過去4週

の平均視聴率は6.6%だから、『サザエさん』と同じく、かつての

勢いはないようだ。放送が開始された1990年には最高視聴率

39.9%を記録してるほど。紅白歌合戦なみの数字。

 

私は子ども向けだと思い込んで、アニメもマンガも全く見たこと

なかったから、今回の放送はわざわざ録画しながらマジメに鑑賞。

お世辞抜きで、予想より面白かった。来週も見たくなったほど♪

折角だから簡単かつマニアックに感想を書いとこう。ネタバレに

なるので、ご注意あれ。。

 

 

     ☆       ☆       ☆

まず、番組のラストに映された追悼メッセージから。この映像は

公式ツイッターにもあるし(ファンの返信ツイートなど)、公益性

もあるので、掲載しても著作権的に許容範囲だと考える。

 

180903c

 

 『ちびまる子ちゃん』の原作者

 さくらももこ先生がお亡くなりになりました。

 心よりお悔やみ申し上げます。

 

180903d

 

 アニメ『ちびまる子ちゃん』は

 今後も続けて参りますので

 これからもよろしくお願いします。

 

180903e

 

 さくらももこ先生

 ありがとうございました

 

上手い作りだと思う。重過ぎる画像は避け、まず青空の下の風景

で2枚(まる子の学校周辺か)。最後は、さくら&ももをイメージ

させる色とデザインで、みんなの明るい笑顔を並べて、感謝の

ことば。もちろん、漢字はふりがな付きだし、分かりやすい日本語

を使ってる。直ちに番組継続を決めて告知したのもいい。

 

おばあちゃんも生きてるわけね。その右隣のたまちゃんは、家族

同様の親友ってことか。で、左下の美人が姫子、左上の可愛いコ

がかず子だと。覚えとこう♪ 

 

 

     ☆       ☆       ☆

今回の第1話は、『まる子、きょうだいげんかをする』。ほとんど

ひらがなのタイトル。

 

これは、1990年1月7日のアニメ第1回を、2011年10月

16日にリメイクした記念作品(当時、原作25周年)。原作マンガ

の3巻その17にあたるとのこと

 

まる子のモデルは原作者で、小学3年生(9歳くらい)の頃というと、

53歳の享年から見て44年前。 2018-44=1974。

大体、70年代半ばということになる。当然、携帯・スマホどころか

テレビゲームも出て来なかった。

 

お母さんが姉・さきに、魚(チイチキン)のイラスト入りノートを渡す

のを見て、まる子も欲しがる。お姉ちゃんへの露骨な嫉妬、言葉

だけじゃない本気の姉妹げんか、じゃんけんで負けた後もこっそり

嫌がらせの落書き(「バカ」♪)。おじいちゃんにねだったら、普通の

ノートに右から手書きして、「ンキチイチ」(笑)。

 

最後は結局、道端のさざんかが咲いてたのをキッカケに仲直り。

姉が優しくノートをプレゼントしてくれる。ところがそこには、まる子

が自分で書いた「バカ」の文字。綺麗で子どもらしいオチが決まった。

 

さざんかとか、寒くて人気ないアイスとか、最初の放送日が1月

だったことを知らないと季節外れに感じるかも。。

 

 

      ☆       ☆       ☆

内容的に、誰でもやることというか、年齢を問わず誰でも分かる

(懐かしい)こと。今でもある、ちょっと値段が高めのジャポニカ

学習帳への憧れとか。その意味では、時代を超えた普遍性を

持ってる。

 

朝日新聞・夕刊(18年9月1日)では明治大学教授・藤本由香里

が、「『サザエさん』と違うのは、より時代を超えた普遍性がある

こと」と語ってた(聞き手・加藤勇介記者)。昭和に限らないと。

 

それはある程度わかる気がするとして、「少女漫画は主人公の

心理描写が多いのに、主人公まる子も他の人物も等価に描く

という点で、まれな漫画」という批評はまだよく分からない。今回

私が見た範囲だと、後述する原作も含めて、明らかに主人公

(=作者)の心理描写が中心だ。

 

番組後半は、同じく原作25周年記念だった作品の再放送で、

「まる子、つづらの中身が知りたい」。原作9巻その64だからか、

タイトルの漢字が増えてるけど、全てふりがながついてた。子(こ)、

中身(なかみ)、知(し)。

 

押し入れで見つけたつづらから、おとぎ話「舌切り雀」とかミイラ

を想像しつつ、怖いもの見たさで開けてみる。すると、父・ヒロシ

のヘソクリがあって、「ヒヘ」と書かれてたとかいうオチ♪

 

このオチには解説画像までついてた(笑)。親切で、いいね・・

っていうか、舌切り雀の話が久々過ぎて覚えてなかった (^^ゞ

意地悪ばあさんがもらったつづらに、蛇や毒虫が入ってた昔話

なのか。原型は宇治拾遺物語、鎌倉時代。古っ。。 超普遍的♪

 

 

     ☆       ☆       ☆

一方、原作マンガの第1巻冒頭だけ、コミックシーモアで立ち読み

すると、いきなり目次の横に、コミックス発売への作者の喜びが

素直に描かれてた。

 

まる子とうさぎ達(&作者もも子)が歌と鈴でピョンピョンはしゃぐ

様子は、主題歌『おどるポンポコリン』のイメージにつながる。

実際、作詞は本人。作曲は織田哲郎、半年で100枚突破の

ミリオンセラー。

 

ちなみにあの大ヒット曲、今でもアニメ冒頭で使われてたけど、

歌ってたのはB.B.クイーンズじゃなくて、ゴールデンボンバー

(金爆)。ウィキペディアによると2016年からで、オープニング

にメンバー4人のアニメキャラが参加してた。子どもたちに理解

できるかどうかはともかく♪

 

話をマンガに戻すと、「その1 おっちゃんのまほうカードの巻

(まき)」の最初のコマに丁寧な説明がある。

 

 「わたしは小学校3年生の時のさくらももこです

  わたし ちいさかったから “チビ丸”に女の子だから“子”を

  つけて “ちびまる子ちゃん”なんてよばれていたの」

 

いきなりここまで説明するエッセイ漫画は珍しいかも。アニメ

だと、突っ込み系のナレーション(説明)が男性の声で入ってた

けど、マンガだとまる子=ももこ自身の声になってた。

 

 

     ☆       ☆       ☆

マンガ自体も普通に面白い内容(夏休みと宿題提出)だけど、

興味深かったのは、「おまけのページ その1 よく転ぶわたし」。

 

  転ぶと非常に痛いのだが、街の中でひとりで転んで

  痛そうな顔をして立ち上がる、というのはあまりにも

  みじめなので死ぬほど痛いにもかかわらずじつに

  さわやかな顔をして立ち上がり、心に余裕があるときは、

  目の合った通行人に「えへへっ」とほほえみまで

  ふりまいてしまう。

 

乳がんと必死に闘病中でもほとんど公けにしなかった晩年の姿

と重なる言葉だろう。「心に余裕がある」最後だったことを願う。。

 

 

     ☆       ☆       ☆

なお、朝日新聞・朝刊(18年8月30日)には、サブカルチャー

評論家の中森明夫の談話が、「さくらももこを悼む」という記事

にまとめられてる。記者は不明。

 

高度成長時代の昭和に対して、ちびまる子ちゃんは平成の作品。

バブル崩壊、阪神大震災、オウム真理教事件など、暗い話題が

多かったからこそ、身の回りにある小さな楽しみや喜びを見つけて

いったのではないかと語ってた。

 

これはもっと詳細に分析すべきことだと思うけど、基本的には

その通りだと思う。バブル後、「失われた30年」の象徴だろう。

だからこそ、この作品には人間の負の側面が多く描かれてるし、

それを温かい笑いで包み込む明るさも添えられてるわけだ。

 

なかなか表舞台に登場しなかった作者のもとへ、中森が取材

で訪れて、めいのために色紙をお願いしたら、鉛筆で下書き。

さらにペンでなぞって、消しゴムで消して渡してくれたとのこと。

これは「忘れられない思い出」になるね。

 

「あの簡単な線ですけど、こうしないと出ないんです」。

さくらももこのプロフェッショナルな心配りに感心しつつ、合掌。。

それでは今日はこの辺で。。☆彡

 

            (計 3525字)

|

« 月末は1週間連続、18年8月の全走行距離 | トップページ | 残暑が緩んで涼しい隙に、ラン&ジョグとか »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月末は1週間連続、18年8月の全走行距離 | トップページ | 残暑が緩んで涼しい隙に、ラン&ジョグとか »