« 友人とのんびり多摩川上流サイクリング、久々の100km | トップページ | 日本株のバブル復活はとりあえず失敗、米国株は巨大バブルの頂上付近か・・ »

春夜喜雨(杜甫)&「恋愛は幸福を殺す」(哲学者ウナムーノ)~『中学聖日記』第1話

「春夜喜雨」 杜甫

 

 好雨知時節

 当春乃発生

 随風潜入夜

 潤物細無声

    (『杜工部集』所収、761年頃) 

 

 「春夜 雨を喜ぶ」 

 好雨 時節を知り 

 春に当たりて 乃ち発生す 

 風に随いて潜かに夜に入り 

 物を潤し細やかにして声無し

 

 いい雨はちゃんと降る時を選んで降って来る 

 春になると必ず雨が降る 

 風に吹かれながら夜まで降り続けて 

 静かにほとんど音も立てず全ての物を潤す

 

  (上はドラマでの解釈。別の読み方は後述。)

 

 

     ☆       ☆       ☆

自分がお気に入りのものが、他人には気に入らないということは

よくある事。逆もまた珍しくない事で、自分が気に入らないものが、

他人の気に入るものだったりする。

 

まさかの初回視聴率6.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

に沈んでしまった、『中学性日記』・・じゃなくて『中学聖日記』。

私にとっては、好きな物だらけのドラマで、「秋夜喜劇」とか漢詩

(五言律詩)を書きたくなるほどだった♪

 

181010c

 

素朴で可愛い有村架純。優等生的で親しみやすい美少女、小野

莉奈。妖しい魅力の美熟女、羊田吉・・じゃなくて吉田羊。そのバイ

セクシャルな面でのお相手、中山咲月。そして、昔の後輩によく

似たカワイイ少年(アブナイ・・笑)、岡田健史(けんし)。上の

写真は公式インスタグラムより

 

海と山に囲まれた学校(ロケ地・静岡県立熱海高校)は私の生まれ

故郷と似てるし、子どもの頃から美人教師も大好き。そう言えば漢詩

も好きで、よく国語の授業の後にS先生を質問攻めしてた。聖ちゃん

と全く似てない中高年男性教師だったけど♪

 

今から振り返ると、先生の僅かな休憩時間を奪ってたのかも。

仰げば尊し、わが師の恩。。

 

 

     ☆       ☆       ☆

さて、かわかみじゅんこの原作マンガ『中学聖日記』第1巻を、

ebookで最後まで試し読み(期間限定)してみると、あの杜甫

(とほ)の漢詩は確かに登場してる。ただ、ドラマほどの強調では

なかった。脚本家・金子ありさのこだわりかな。いいね♪

 

というのも、思春期&反抗期の中学3年生・黒岩晶(岡田)が

新任の聖先生(有村)に対して、性愛をハッキリ向けたシーンの

描写になってるからだ。下の写真は公式サイトのあらすじより

 

181010a

 

動植物の目覚めの時期であると同時に、人間の性の目覚めでも

ある「春」。その「時節」に中学生が入った時、雨が降ってくれた

おかげで、先生の車の助手席に乗れた。突然の雨のおかげだった

点は、ドラマより原作漫画の方が明白。そして雨で身体が冷えると、

人は無意識の内に、温もりを求める。

 

その後、ドラマ第1話ラストの告白も、雨に濡れたまま車に置き

忘れてた晶の洋服(パーカー)を、聖が洗濯して翌日返したのが

キッカケ。女性らしい心遣いで、男心がキュンッとするものだ。

まあ、一部の女性は、ジェンダー(性別)による分業の固定化とか

反発しそうだけど♪

 

 

     ☆       ☆       ☆

ちなみに杜甫の唐詩の読み方。ネットでNHKの高校講座(講師・

渡辺恭子)を見ると、第二句の末尾の「発生」の意味が違ってた。

 

ドラマ(エンドロールに国語監修は見当たらず)とか、別の個人

サイトの説明によると、雨が「発生する」(=降る)と解釈されてる。

ところがNHK講座は、雨が(植物を)「発生させる」と読んでた。

 

NHKの方が、第一句の解釈にとっても自然な気はするけど、

ドラマのストーリーの流れにとっては大差ない。要するに、「春」

にふさわしい良い雨だったのだ♪ 特に関東(中学の設定は

神奈川)は、春の雨と風が目立つと思う。

 

なお、あの漢詩の出典が『杜工部集』であって、761年(ごろ)の

作だということは、本場・中国の複数のサイトやNHKの説明から

分かる。といっても1250年も前の話だから、いずれ歴史研究が

進むと訂正されるかも。

 

 

     ☆       ☆       ☆

それにしても、前クールのTBS火曜ドラマ『義母と娘のブルース』

は、最終回で19.2%もの視聴率(同上)を取ってたのに、一気に

3分の1に撃沈してしまったのは気の毒だね。裏番組が強かった

わけでもないのに。例えば、20分かぶった高橋一生主演ドラマ

『僕らは奇跡でできている』初回は、7.6%にすぎない。

 

実は私も、三連休疲れが残ってたから22時15分ごろには寝て

しまって(コラッ!)、残りは起きた後TVerの無料動画で見た。

その意味でも次の第2話の数字が気になるけど、要するにドラマ

の主たる視聴者である(中高年)女性の支持が少なかったと。

 

主役の1人、岡田健史は全くの新人だから数字を持ってないし、

実年齢19歳で15歳を演じるのは、外見的にも演技的にも大変。

有村の顔もキャラも若くて可愛いタイプで、むしろ男性視聴者向け。

 

中学の女教師と男子中学生だと設定が極端すぎて、興味より反感

や無関心の方が強かったか。マンガと比べると、テレビドラマの方

が遥かに不特定多数を相手にするから、難しい。

 

 

    ☆       ☆       ☆

私は人一倍か人二倍、思春期も反抗期も経験してる男子だから、

ドラマを見る前から自分の小・中学生時代を思い出してた。小学

2年生の時の熱心なM先生。近所でお世話になった美人お姉さん、

S先生。教え子との恋におちて行った美人教師たち(マンガの

ヒロイン・・・笑)。

 

教育実習生として中学に来てた、名前も思い出せない女子大生

の先生とは、たまたまバス停から学校まで2人で一緒に歩いた

のがいい思い出だ。何でもない会話や笑顔でも、純な少年の胸は

ドキドキ♪ 

 

マンガみたいな悲しい恋愛の最後まで夢想して、考え込んだり。

結局、お別れするんだよなぁ・・とか(笑)。その内の1つの作品は

珍しく電子書籍で全巻揃えたのに、まだ読めてない。哀し過ぎる

結末だったもんで♪ マンガだろ!

 

いや、子どもの頃は現実と幻想が融合してるのだ。やっぱり今でも

少年のままってことか。。

 

 

     ☆       ☆       ☆

最後に、子星中学校職員専用共通システムでなりすましメール

を送った真犯人はさておき、学校裏サイトで聖を攻撃してたのは

誰か。ネタバレは全く見てないけど、晶の別人格かも。少なくとも

なりすましと同じ人間(職員?)とは限らない。

 

あと、美人教師はもちろん最高だけど、美人上司もいいね♪

グローバルVedコーポレーションの原口律(吉田)は、部下の

川合(町田啓太)の婚約者となった聖と初対面。いきなり古い

名言ウンチクを説いてた。

 

 恋愛は幸福を殺し、幸福は恋愛を殺す

 

「昔の人」としか言ってないし、ネットで出典を検索するといつもの

ように、信頼できそうなサイトはなかなか見当たらない。多分、

これでいいと思うけど、本当にスペインの哲学者ウナムーノ自身

の言葉や著作(の英訳)なのかどうか、まだ確認できてない。

信頼性の低い単なるまとめ本の可能性もあるので念のため。

 

 Love kills happiness,

 happiness kills love.

  『Essays and Soliloquies』(随筆と独白)

 

181010b

 

 

    ☆       ☆       ☆

上の名言をより正確に言い直すと、愛は普通の幸福を殺す、と

なるはず。代わりに、特別の幸福をもたらしてくれる。だからこそ

原口も雄弁に語ってた。

 

 絶対あり得ない

 そう思った相手を好きになったり

 世間の常識から外れたり

 大多数の人に反対されたり

 それでも引っ張られる 堕ちていく

 ・・・ そうゆう経験 最高よ

 

現実の日本社会を見ても、不倫カップルがやがて離婚して正式

に結婚(=再婚)するパターンはそれほど珍しくない気がする。

 

最初から予想以上に厳しい反応となってるこのドラマの場合も、

最後に「普通の」幸福はあり得ない。それでも、別の幸福や最高

の悦びはあるはず。ヒロイン達が悦びの声をあげる姿をじっくり

楽しませて頂こう。想像力=イマジネーションの鍛錬も兼ねて♪

 

春の夜、喜びの雨♪ 別の意味で具体的にイメージしつつ、

それでは今日はこの辺で。。☆彡

 

 

 

cf. 『中学聖日記』、原作1巻とドラマ2話までの比較

 

           (計 3118字)   

     (追記26字 ; 合計3144字)

|

« 友人とのんびり多摩川上流サイクリング、久々の100km | トップページ | 日本株のバブル復活はとりあえず失敗、米国株は巨大バブルの頂上付近か・・ »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 友人とのんびり多摩川上流サイクリング、久々の100km | トップページ | 日本株のバブル復活はとりあえず失敗、米国株は巨大バブルの頂上付近か・・ »