« 同調圧力、大勢順応の社会実験(朝日新聞)~心理学者ソロモン・アッシュ、英語原論文 | トップページ | フルへの第一関門、28km走クリア&つぶやき(解放、愛ちゃん) »

鼻風邪で沈滞中にウルウル、女子駅伝・四つん這いの感想

鼻が痛い。チクチク、シュンシュン。。 微熱続きで、胸もちょっと

苦しいし、咳もちょっとだけ出る。とうとう昨夜は半年ぶりくらいに

パブロンを2錠だけ飲んでしまった。

 

久々に飲むと、キレイに効くね。安いのに♪ 症状は治まるし、

副作用で眠くなるから、わりとよく寝れた。エライぞ、大正製薬!

ただ、昔パブロン中毒もどきになったことだし、なるべくは我慢って

ことで。

 

鼻かぜもどきなら毎年秋の恒例行事だけど、今年は風疹が流行

してるから気を付けなきゃ! 通勤電車用にマスクつけようかな。

予防効果なら、手洗い&うがいの方が上って話もあるけど、決着

はついてない。予防接種は面倒だし、1万円くらいかかりそう。。

 

 

     ☆       ☆       ☆

体調が悪くて沈滞してると、ネットよりテレビの方が恋しくなる。

ネットはいちいちクリックとかタップしなきゃいけないし、情報が

淡泊で機械的だけど、テレビは人間っぽい映像が勝手に続いて

くれるのだ。

 

昨夜、ドラマの後に見てしまったのが、TBSテレビの映像の海賊版

動画♪ 違法だろ! いや、基本的にああいったものは見ないよう

にしてるけど、大きな話題になってるから、とうとう見てしまった。

おかげで、単なるニュースだと分からないことが分かった。

 

先日の日曜(18年10月21日)から話題の、全日本実業団対抗

女子駅伝。通称、プリンセス駅伝。試しに「プリンス駅伝」で完全

一致の検索をかけてみたら、単なる書き間違いしかヒットせず♪

やっぱり美しいプリンセス、王女さまじゃなきゃダメだと。

 

 

     ☆       ☆       ☆

で、TBS系列のライブ映像の違法動画を見て、初めて分かった

こと。思ったより遥かに速いのだ。四つん這いで歩くスピードが。

手も脚もしっかり動き続けてる。速いからこそ、ケガの出血も多め

になったわけだ。

 

181024a

 

リザルト(結果)で確認すると、第2区・3.6kmで17分09秒の

タイム。本来なら12分だったとして逆算すると、四つん這いで

約300mを6分で歩いたとして、時速3km。市民フルマラソン

終盤で歩く、大勢の一般ランナーと変わらないスピードだ。

 

そう言えば以前、ウチで両手両足、四足走行の世界記録を記事

にしたのを思い出した。100mを18秒58、時速だと19.4km

で、ものすごく速い。

 

初出場、岩谷産業の19歳、飯田怜選手。写真だと倒れ込んでる

ように見えてたけど、実際は違ってた。あれだと、後ろから歩いて

ついていくスタッフ(審判?)も見守ってしまうだろう。競技継続の

意思も伝えてるし、ルール違反ではないし、命にかかわる負傷にも

見えない。

 

悲惨さを強調したワイドショーの編集映像もイマイチ。元のLIVE

映像だけが正確に事実を伝えてる。余計なコメントもなし。沿道の

観客が意外なほど冷静なことも分かる。

 

後の騒動との対比は鮮明だし、そもそもフラフラで逆走までして

しまった三井住友海上の岡本春美選手(20歳)の方が危険だった

かも(結局、途中棄権)。

 

 

     ☆       ☆       ☆   

飯田選手は速い上に、目線がしっかりしてて、白線の上をまっすぐ

進み続けてる。

 

おそらく、白くて滑るペイントのおかげで、膝と手の摩擦が減るから

だろう。半ば無意識の内に、痛みとケガを少なくしてるわけだ。

 

そう言えば先日、渋谷スクランブル交差点でバイクが滑って転倒。

バスの下敷きになったのに、奇跡的に無事だったニュース映像が

流れてた。あれも横断歩道の白いペイントが滑るから起きた事故。

 

 

      ☆       ☆       ☆

話を戻すと、広瀬永和監督の棄権の申し出が伝わるまでタイムラグ

があったから審判は止めなかった・・とかいう報道はたぶん不正確

だと思う。

 

サンスポ(フジ『グッディ』が情報源)、読売新聞、朝日新聞も、選手

は審判員から監督の意向を聞いても止まらなかったと伝えてる。

情報伝達に5分以上もかかったと考えるより、納得できる説明だ。

 

それが本当なら、後はもう、19歳の選手の判断と生き方の問題

だろう。結果的に全治3~4ヶ月の骨折と分かったとしても。

 

もちろん、無理やり止めるためのルール改正をこれから考えてみる

のはいい。選手・監督として旭化成で活躍した宗茂は、最下位の

タイムに数分足した記録にするという案を提示してた。

 

ちなみに私が監督なら当然、棄権を強く申し出る。電話か無線で

スタッフを怒鳴りつけるはず。ただ、選手ならもちろん、四つん這い

でタスキをつなぐ。時計の秒針を気にしながら、1秒でも早く。。

 

 

     ☆       ☆       ☆

とにかく、体調不良で沈滞中の私は、YouTubeで違法動画を

見ながら、ウルウルしてしまった。飯田選手の必死の頑張りと、

中継地点でサングラスを上げて涙をぬぐう、3区・今田麻里絵

選手の姿に。

 

タスキを受け取った今田選手は、声もかけずに直ちにスタート。

一見冷たいよう態度にも思えるけど、駅伝選手として正しい行動だ。

区間15位の力走で最下位から3人抜いて、24位まで上げてた。

 

結局、岩谷産業は最終結果で21位。記録以上に、記憶に深く

刻まれるレースとなった。選手の早期の快復、チームの復活を

祈りつつ、それでは今日はこの辺で。。☆彡

 

           (計 2047字)

|

« 同調圧力、大勢順応の社会実験(朝日新聞)~心理学者ソロモン・アッシュ、英語原論文 | トップページ | フルへの第一関門、28km走クリア&つぶやき(解放、愛ちゃん) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 同調圧力、大勢順応の社会実験(朝日新聞)~心理学者ソロモン・アッシュ、英語原論文 | トップページ | フルへの第一関門、28km走クリア&つぶやき(解放、愛ちゃん) »