« 世界選手権優勝のオセロ、日本発祥ではなく英国のゲーム「Reversi」?&10km走 | トップページ | 鉄道ネタにワクワク♪&1本目の25km走、微熱でヘロヘロ・・ »

うつ発病から1年、回復に向かう将棋のプロ棋士~先崎学『うつ病九段』

たまたま今日、2018年10月17日、昨年春から大注目の

将棋界の天才児・藤井聡太七段が新人王のタイトルを獲得した。

 

まだ16歳、あどけない顔つきの高校1年生で、プロ棋士という

より将棋大好き少年といったイメージの方がピッタリ来る。羽生

竜王以来かそれ以上、数十年に一人の逸材と言われるほど。

 

スマホ使用疑惑事件で大揺れだった将棋界と日本将棋連盟は、

彼の活躍をはじめとして、ネットの動画配信、SNS、映画、漫画

などのおかげで、倍返しの人気を獲得。一部の女流棋士たちは、

ちょっとしたアイドル的扱いにもなってる。

 

こうしたV字型の盛り上がりの中で、まるで逆行するかのように、

うつ病の谷底に沈んでいた将棋指しが1人いた。先崎学・九段、

現在48歳。羽生世代の有名棋士で、今回の著書でも同期の

大棋士を「羽生」と呼び捨てにしてるのが目立つ(同学年)。

 

スマホ騒動の火消しにも尽力したらしい先崎が、将棋界から2年

ほど遅れてV字回復を目指す姿を描いたのが、『うつ病九段』

(文藝春秋)だ。副題は、「プロ棋士が将棋を失くした1年間」。

すぐ読み終えた友人から頂いたので、さっそく拝読。簡単に感想

その他をまとめてみよう。

 

ちなみに私も田舎の少年時代は微かにプロを夢見たことがあるし、

このブログには精神医学関連の記事も多い。個人的にも身近な

話だった。

 

下は奥様の囲碁棋士、穂坂繭・三段のツイッターより。『週刊現代』

の「泣けるインタビュー」と、2人で1年前から経営する囲碁将棋

スペース「棋樂」もPR。

 

181017a

 

 

     ☆       ☆       ☆

この本を知ったのは、先月の朝日新聞の書評欄(9月29日朝刊)。

「売れてる本」(7月刊行で28000部)として、タレント精神科医・

香山リカが好意的にレビューしてたのを読んでたのだ。題して、

「発病から詳述した“心の良書”」。

 

このレビュー・タイトルには、香山自身の考えも少し反映されてる

と思う。反論というほどではないけど、著者・先崎とは微妙にズレた

見解で、わりと普通のものだ。

 

本文後半で香山はこう語る。「著者は何度も繰り返す。『うつ病は

脳の病気』」。その後で香山は、心やそのふれ合いも大切だと

強調。おまけにタイトルに「心の良書」と書いてるわけだ。「脳の

良書」ではなく♪

 

181017b

 

上は先崎が精神神経科に1ヶ月間(17年7月末~8月末)入院

した、慶応大学病院。「綺麗という一言・・・看護師さんたちも

綺麗」で、先崎が「顔で面接をしてるんですか?」とたずねたら、

そうなんですよ、分かります?」と即答されたそうだ(笑)。

美女は金と力のある場所に集中する。古今東西、変わらぬ真理♪

 

 

     ☆       ☆       ☆            

話を戻そう。先崎は心の揺れ動きや微妙なひだをわかりやすい

言葉で記録してるが、脳の具体的な話や写真・図解はないし、

薬の名前も作用メカニズムの話もない。脳の病気を引き起こした

のは心のストレスでは?、といった本質的な問いかけもない。

 

にも関わらず、彼が「脳の病気」だと繰り返すのは、基本的に兄の

精神科医(先崎章、埼玉県総合リハビリテーションセンターか)の

影響だし、現代精神医学の主流(の強調)とも言える。

 

先崎の数ヶ月前に同じ文藝春秋社から出た、歴史学者・與那覇潤

の『知性は死なない 平成の鬱をこえて』も、その路線で学術的

に論じた著作。

 

薬と休養(休職、入院)で脳の機能を回復させれば治る、あるいは

実生活が可能な程度に緩和されるというのが、「うつ病(大うつ病

性障害)」の標準的考えだ。正確には、軽症は別として、中等症・

重症のうつ病に対するもの(日本うつ病学会・治療ガイドライン)。

 

脳内物質セロトニンを、SSRI(選択的セロトニン再取込阻害薬)

で実質的に増やせばいい、とか。商品名なら、ルボックス、パキシル、

ジェイゾロフトなど。もともと自分の脳にあった物質を、薬の助けで

有効活用する。改良版のSNRIなら、トレドミンとか。

 

 

     ☆       ☆       ☆

ただ、医学以外の社会的現実もあるようだ。それほど具体的には

強調してないものの、心の病、精神の病に対する偏見のようなもの

を感じてるらしい。こちらには薬物療法は効かない。

 

ここ20年ほど、有名人が続々と告白する時代になってるが、まだ

近寄りがたい雰囲気は残ってるし、閉鎖病棟や拘束に限らず、

治療の現実の問題も報道されてる。ヨーロッパの先進的で共生的

な動きに対する、日本の現場の遅れも指摘される。

 

先崎は本の末尾近くでこう語る。もちろん、かなりの実績とプライド

を持つ自分自身に跳ね返ることも承知の上で。

 

 「医者や兄は、今は理解がある世の中だし、精神病なんて 

  ものは昔のことばであるという。だが、実際はそんなに 

  単純なものではあるまい。 

  ・・・偏見がある・・・。他者に優越感を持つことによって 

  快感を得る人間が多いことを知っている」。

 

 

     ☆       ☆       ☆

「精神病」という言葉は伝統的に、重くて治りにくい病(分裂病=

統合失調症など)を意味して来た。

 

だから医学の世界ではここ数十年、その言葉を避け、「精神疾患」、

「精神障害」といった言葉に置き換えてる。やわらかい表現なら、

「心の病」。

 

しかし、まだ一般社会では、この使い分けが理解されてない。

 「うつ病 → 精神病 → 治らない・リスクが高い・遺伝する」

といったネガティブ思考で、うつ病を必要以上に恐れる傾向は

残ってる。だから、うつ病患者を何となく遠ざけることにもなる。

 

より正しくは、

 「うつ病 → 精神疾患

     → かなりの場合、治療と周囲のサポートで実生活可能

と言うべきだろう。

 

もちろん、寛解(症状の緩和・軽減)の後、再発のリスクはあるし、

退院後の通院・服薬も含め、完治までの道のりは大変だろうが。

 

先崎の兄が、「必ず治ります」、「必ず安定します」と短い断定を

繰返すのは、身近な家族だからこその愛情、思いやりであって、

プラセボ(偽薬)的な心の効果はあったらしい。

 

ちなみに「躁うつ病(双極性障害)」は、「うつ病」と微妙に異なる

別の病とされ、もう少し困難なので、一応分けて考えるべきだ。

 

 

     ☆       ☆       ☆

181017c

 

とにかく、回復期(たぶん末期)に入った先崎は、兄の勧めで、

1月半ばから3月末にかけて本書を執筆。春から、将棋連盟

などの仕事と、上の写真の「気樂」で頑張ってるらしい。これも

奥様のツイッターより。東京都杉並区、西荻窪駅から徒歩1分。

 

将棋の公式戦の最初は、6月半ばの順位戦(B級2組)だろう。

さすがに初戦も含めて苦戦中、現在までの成績3勝6敗

なってるけど、それよりまず、心と身体をしっかり立て直して

欲しい。

 

家庭にも、棋士仲間(特に後輩たち)にも恵まれてるようだから、

気樂のベランダから見える景色のように、青空が広がることを

期待しよう。ひょっとすると、著書の続編もあるかも。闘病中に

親身になってくれた弟弟子、中村太地王座との共著『この名局を

見よ! 20世紀編』(マイナビ出版)は7月末出版。気樂HPより。

 

181017d

 

181017e

 

 

    ☆       ☆       ☆

それにしても、凄いのは藤井聡太七段&新人王。正直な先崎は、

ふざけんな、ふざけんな、みんないい思いしやがって」と、本の

帯みたいに悔しがってるかも♪ 

 

2014年の厚労省・患者調査によると、うつ病関連(躁うつ病込み)

総患者数は110万人。医療機関に行かない人も含めると、実態

もっと多いはず。健全な嫉妬や焦りも、うつから抜け出すパワー

やエネルギーに出来るだろうと祈りつつ、そろそろこの辺で。。☆彡

 

 

 

cf. うつ病の診断基準と抗うつ薬~NHK『ためしてガッテン』

  大胆かつ繊細な試論~香山リカ『雅子さまと「新型うつ」』

  携帯連絡が返って来ない時の認知療法スキル(技)

     ~朝日新聞「100万人のうつ」

 

           (計 3074字)

|

« 世界選手権優勝のオセロ、日本発祥ではなく英国のゲーム「Reversi」?&10km走 | トップページ | 鉄道ネタにワクワク♪&1本目の25km走、微熱でヘロヘロ・・ »

「心と体」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界選手権優勝のオセロ、日本発祥ではなく英国のゲーム「Reversi」?&10km走 | トップページ | 鉄道ネタにワクワク♪&1本目の25km走、微熱でヘロヘロ・・ »