« 「大型」で「非常に強い」勢力の台風24号&18年9月の全走行距離 | トップページ | 元NHK女子アナ代表・有働由美子、生で「うどニー」に感謝♪&ハーフ走2本目 »

本庶佑教授のノーベル医学生理学賞2018、受賞理由(免疫のブレーキ分子PD-1、英語原文と和訳)

181002a

 

本庶佑(ほんじょ・たすく)教授がノーベル医学・生理学賞受賞

ということで、いつものように英語の公式サイトに飛ぶと、いつの

間にか地味なサイトになってる。前はもっとキラキラ輝くデザイン

だったから、アクセス先を間違えたのかと思ったほど。

 

ひょっとすると不祥事を受けて控えめなデザインに変更したのか

と思ったけど、よく見ると、毎度お馴染みの受賞者イラストに

ついては、単なる表示エラーで見れなくなってるらしい。ニクラス・

エルメヘド氏の味わい深い作品だ。

 

IE(インターネット・エクスプローラー)だと映らないから、

ブラウザをChrome(クローム)に変えると、イラストが登場。

それも含めていつものように、英語の公式HPからコピペ&翻訳

させて頂こう。世界レベルの公的発表(プレス・リリース)でも

あるし、著作権の問題は生じないと考える。

 

なお、原文は遥かに長いので、以下はあくまで主要な部分のみ。

悪しからずご了承を。

 

 

     ☆       ☆       ☆

181002b

 

Nobelforsamlingen

The Nobel Assembly at

Karolinska Institutet

  

ノーベル会議

カロリンスカ研究所・ノーベル会議

 

カロリンスカ研究所のノーベル会議は本日、2018年ノーベル

医学生理学賞を、ジェームズ・P・アリソン氏とタスク・ホンジョ氏

に贈ることを決定した。

 

免疫を抑制する働きの阻害による、ガン治療法の発見に対して。

181002c_2

 

要旨

ガンは毎年、数百万の人々を死亡させており、人間の健康に

おける最大の課題の一つである。腫瘍細胞を攻撃する我々の

免疫システム固有の能力を活性化することで、今年のノーベル

賞受賞者たちは、がん治療法の全く新しい原理を確立した。

 

ジェームズ・P・アリソン氏は、免疫システムのブレーキとして

働くことで知られているタンパク質を研究した。彼は、ブレーキ

を解放することで我々の免疫細胞の束縛を解き、腫瘍を攻撃

させることの可能性を理解した。彼はそれから、この考えを、

患者治療に対する全く新しい取り組み方へと発展させた。

 

181002d

 

それと並行して、本庶佑氏は、免疫細胞上のあるタンパク質

を発見し、その機能を注意深く探求。それが、別の作動メカニズム

を用いたブレーキとしても働くことを、偶然明らかにした。彼の

発見に基づく治療法は、ガンとの闘いにおいて際立って有効

だと判明した。

 

アリソン氏と本庶氏は、ガンの治療において、免疫システムの

ブレーキを阻害する様々な戦略が利用可能だと示した。2人の

受賞者の将来性豊かな発見は、ガンに対する我々の闘いの

ランドマークとなる。

 

 

      ☆       ☆       ☆

181002e

 

181002f

 

上の右図(訳者注: 左側にあったアリソン氏の図は省略):

PD-1は、T細胞の活動を阻害する、もう一つのT細胞

ブレーキである。

下の右側: PD-1に対する抗体は、ブレーキ機能を阻害し、

T細胞を活性化させ、ガン細胞に対する非常に効果的な攻撃

へとつなげる。

 

(訳者注: APCとは、Antigen Presenting Cell。

   直訳すると抗原提示細胞で、マクロファージなどを

   指す。要するにT細胞に対して、攻撃対象である

   抗原(紫色の丸印)を教える細胞。大きな紫はガン。

 

   また、PD-1のブレーキを踏む足の役割を果たす、

   灰色の丸2つがPD-L1。ブレーキを踏めない

   ようにジャマする緑の三ツ矢マークが阻害物質、

   つまりオプジーボ。

   あと、青緑の丸印付きの棒は、T細胞のアクセル。)

 

 

181002g

 

PD-1の発見と、ガン治療法におけるその重要性

 

1992年、アリソン氏の発見の数年前、本庶佑氏は、T細胞

の表面に現れる別のタンパク質、PD-1を発見した。その

役割の解明を決意した彼は、京都大学の彼の研究所で長年

行われた一連の見事な実験の中で、その機能を詳細に探究。

 

その結果PD-1は、CTLA-4(注.アリソン氏の研究対象)

と同様に、T細胞のブレーキとして機能するが、別のメカニズム

で作動することが分かった。本庶氏や他のグループが示した

ように、動物実験において、PD-1を妨害することはガンとの

闘いの有望な戦略であることも示された。

 

181002h

 

こうして、患者の治療において標的としてPD-1を活用

する道が開かれた。臨床的な発達も続き、2012年の重要

な研究では、様々なタイプのガン患者の治療における明白な

有効性が例証された。

 

結果は劇的で、長期の寛解(症状の緩和)につながり、以前

なら根本的に治療不能と考えられた転移性ガンの患者の

一部でも治療可能となった。

 

 

     ☆       ☆       ☆

なお、PD-1のPDとは、Programmed Death

(予定された細胞死)という意味。もともとは、細胞が自ら死を

選ぶアポトーシスに関わる遺伝子を探していたので、この

名前が付けられたが、実験すると細胞死は起きなかった

らしい(朝日新聞・朝刊、18年10月2日)。

 

結局、PD-1はここ数年話題の薬「オプジーボ」(小野薬品工業)

につながって、細胞死を引き起こすどころか、人間の死を防ぐこと

になった。しかし非常に高価なため、医療財政や保険制度の死を

招く恐れはある。値段が下がった現在でも、患者1人あたり年間

1000万円かかるようだ(朝日の解説から計算した結果)。

 

ちなみにオプジーボ(opdivo)という商品名の由来は、

 optimal pd-1 nivolmab

(最適な PD-1 ニボルマブ)とのこと

ニボルマブとは一般名だが、今のところ意味や由来を発見

できてない。

 

ともあれ、本庶教授と研究グループの皆さんに拍手を送りつつ、

今日のところはこの辺で。。☆彡

 

 

 

cf. 重力波の観測 by LIGO(ライゴ)

  ~ノーベル物理学賞2017、授賞理由(英語原文と和訳)

  体内時計と遺伝子の解明

   ~ノーベル医学生理学賞2017、授賞理由

  大隅良典教授のノーベル医学生理学賞2016、

    受賞理由(英語原文と和訳)

  大村智教授のノーベル医学生理学賞2015、

      受賞理由(英語原文と和訳)&休養ジョグ

 

           (計 2409字)

|

« 「大型」で「非常に強い」勢力の台風24号&18年9月の全走行距離 | トップページ | 元NHK女子アナ代表・有働由美子、生で「うどニー」に感謝♪&ハーフ走2本目 »

医学・医療」カテゴリの記事

生物」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

コメント

本庶佑博士こそが若手研究者の見本にすべき存在であり、若手研究者が目標にすべき存在であると思う。それは研究者としての実力、実績だけではない。謙虚そのもので周囲から尊敬される人格者。研究者は視野が狭い分、どうしても高慢で偏屈、自分勝手な裸の王様になりがち。そんな姿とは程遠い本庶佑博士には感服するしかない。

投稿: 森田研究所 | 2018年10月 6日 (土) 15時00分

> 森田研究所さん
  
はじめまして。コメントありがとうございます。
本庶教授は最近の日本人受賞者の中だと
山中教授と並んで明るい人柄に感じますね。
ゴルフ仲間というのも偶然ではないでしょう。
若手支援の基金も設立するそうで、まだまだ
日本の科学界を引っ張って欲しいと思います shine

投稿: テンメイ | 2018年10月 8日 (月) 14時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「大型」で「非常に強い」勢力の台風24号&18年9月の全走行距離 | トップページ | 元NHK女子アナ代表・有働由美子、生で「うどニー」に感謝♪&ハーフ走2本目 »