« ゲーム『みんなのオセロ』、弱いAIに圧勝して自己満足♪ | トップページ | 寒くて雑に走ってたら右膝に激痛、歩くハメに・・&つぶやき »

『中学聖日記』、原作マンガ1巻とドラマ第2話までの比較

テレビドラマと原作マンガ、原作小説との比較は度々行って来た

けど、いつもながら似て非なるものだと思う。ドラマと脚本の違い

よりも、遥かに差が大きい。

 

もちろん、ドラマの物語の大きな流れやキャラクター・舞台設定は

かなり原作に似てるし、逆に小さな要素(台詞、小道具、個別の

エピソードなど)も色々と一致してる。

 

ただ、ドラマには別の要素やキャラが入ってるし、元々あった要素

でもつなぎ方が大幅に違って来る。そしてもちろん、ドラマの場合は

俳優というリアルな人間の存在が大きいし、音楽をまじえた連続的

映像なのだ。

 

そもそも私も、主演が可愛い有村架純じゃなかったら見てないと

思う♪ レズ&バイセクシャルの吉田羊、優等生美少女の小野

莉奈の制服姿だけだと、ちょっと物足りない。

 

女教師と男子中学生の恋愛というテーマも、あり得ないどころか、

逆にそれほど強いインパクトは受けなかった。発覚や報道が極端に

少ないだけだろうと想像する。今年8月に北海道で話題になった

けど、マスメディアの扱いは奇妙なほど小さい。これが男性教師と

女子中学生だと、もっと大きく報道されるはずだ。。

 

 

     ☆       ☆       ☆

さて、予想外というか、予想以上の低視聴率が話題のTBSドラマ、

『中学聖日記』。初回からいきなり6.0%(ビデオリサーチ調べ、

関東地区)という数字で心配したけど、第2話では6.5%と微増。

何とか踏ん張った形になった。

 

原作となってる、かわかみじゅんこの少女マンガ第1巻(祥伝社)

が、10月24日まで無料配信されてたので(ebook)、今週末

が最後の機会だと思って試し読み。第2巻の最初の18ページ

(無料部分)もついでに拝読。

 

色んな意味で面白かったから、記事にまとめとこう。ドラマの今後

の展開に関わるネタバレは少ないと思うけど、先に自分で試し

読みしたい方は今すぐebookをご覧あれ。25日からは税別

600円、ちょっと高めの価格設定かも。。

 

 

     ☆       ☆       ☆

ストーリー的には、原作の第1巻&第2巻冒頭と、ドラマの2話

までがほぼ対応。

 

聖先生(有村)の自宅前で、男子中学生・晶(岡田健史)と婚約者・

勝太郎(町田啓太)が鉢合わせもどきになるまで。ただ、マンガ

200ページと映像90分の比較だから当然、ドラマの方が情報量

が多い。それに合わせて、登場人物も増えるのが普通。

 

今現在、原作にはないのにドラマに入ってる話は沢山ある。火事、

運動会(体育祭)、聖と先輩・千鶴(友近)のつながり、勝太郎の

女上司・律(吉田)&若きレズパートナー(中山咲月)、るな(小野)

と晶の花火大会デート、両家の顔合わせ、盗撮など。

 

あと、晶の母親・愛子(夏川結衣)が聖と親しげに話すシーンは、

原作にはない。原作だと、母は最初から厳しい表情で、なぜか

息子と聖先生との関係もすぐに気づいた感じだ。ケータイを買う

約束をいきなりキャンセルしてた。

 

 

     ☆       ☆       ☆

原作はあくまで少女マンガ、女性マンガで、基本的に若い女子

が読むものだから、表紙はキレイで可愛い男子中学生の絵に

なってた。第1巻から第4巻まで全て。キャラ的にも、まだまだ

子供のあどけなさが溢れてる。

 

ドラマの場合、晶を演じる岡田が19歳の新人で、キリッとした

顔立ちだから、中学生らしく見えないという感想や批判はその

通り。同じTBSで1999年にヒットした松嶋菜々子『魔女の条件』

だと、相手役の滝沢秀明が演じたのは17歳の高校生だった

けど、むしろ滝沢の方が可愛く見えるほど。顔、声、話し方とか。

 

ただ、プロデューサーその他、制作サイドは、わざと中学生に

見えない岡田を選んだのかも。というのも、20年前と違って今は

犯罪に厳しい時代だし、特に幼い少年少女の性に関しては極度

に厳しい社会になってる。昔は無かったSNSも普及してるから、

すぐに炎上っぽい騒ぎになってしまう。

 

逆に、許容度が一気に上がってるのが性的少数者とか同性愛。

特に女性同士のレズは、全くマイナーだってものがメジャーに

なって来た。そう考えると、ドラマで新たに導入したのも頷ける。

もちろん、タレント事務所やCMスポンサーその他、大人の事情

は絡むとしても♪

 

 

      ☆       ☆       ☆

同じ理由で、ヒロイン・聖の描き方も決定的に違ってる。ドラマだと、

晶とは距離を取ってるし、逆に勝太郎との関係が深い。

 

ところが原作マンガだと、聖は最初から晶に魅かれてるのだ。

無意識的な好意の描写が、第1巻p.32(そのに・第2話)で

早くも登場。

 

勝太郎からのラブラブのメールを読んで、すぐ返信しなきゃと思い

つつ、聖は居眠りし始める。その時、聖の心の中に、晶の顔が

浮かんでしまうのだ。

 

・・・え 何で黒岩くんの顔が・・・」と聖が思った途端、遠くの自宅

のベッドで横になった晶がピクッと動く。シンクロニシティ(同時性)

というものか。大人の男子としては、勝太郎が可哀想・・と同情

してしまうのであった♪

 

 

     ☆       ☆       ☆

続いてp.50-51(そのさん・第3話)。国語の授業中に晶と

目が合った聖は、軽くどもった後、顔を赤らめてクルッと後ろ

(黒板側)を向く。「やだ 何してんの 私」。

 

その日の夜、帰り道で流れ星を見た聖はつぶやく。

 「校務員さんもいん石に当たって亡くなったのよね ・・・

  私も道歩いてて降ってきたいん石に当たって

  死んじゃったりして

 

原作の場合、この事故死は事実とされたままだし、今年は無数

のいん石が降って来てみんな死ぬというウワサと同時に、聖が

着任する。

 

いん石との衝突は、単なる禁断の愛の比喩じゃなくて、本当に

誰か死んでしまうのかも。メインの2人は少なくともしばらく大丈夫

だろうから、先にるなが自殺するとか。

 

ドラマの最後は、聖だけ死ぬような描き方で終わるのが無難かも。

あるいは死にかけて何とか生き延びるとか。マンガと違って不特定

多数の大人が見るテレビドラマの場合、禁断の愛の責任を大人だけ

に背負わせる方が自然。うっかりハッピーエンドにしてしまったら、

子育て女性のツイッターで大炎上かも♪

 

 

     ☆       ☆       ☆

ドラマでは分からなかったことが、原作を読んで初めて分かったと

いうこともある。

 

例えば、晶が聖を平手打ちしたシーン。ドラマだと思春期&反抗期

の男子中学生の暴力に見えたけど、原作だとカワイイお遊びに

見えるのだ。小さい1コマで、「ペち」と叩いてるだけ。おまけに

晶は自分でキョトンと驚いてて、全く怖さや迫力がない。

 

叩いた状況も、ドラマだと聖が過剰に晶の面倒をみようとしてた

けど、原作だとあの聖のセリフはない(後のシーンで登場)。

 

直前にるなから、聖のことが好きなんじゃないかと嫌味を言われた

後、動揺した状況で聖に「キレイな顔してるわね」と言われたから、

反射的に行動で無理やり否定しただけなのだ。

違う、オレは聖ちゃんのことなんて好きじゃない!。

 

適当に軽口で応答するか、むしろ自分を叩くべきなのに、目の前の

他人を叩いてしまう辺りが中学生だろう。まあ、同レベルの大人も

たまに事件になってるけど。

 

るなが晶にバッグをぶつけたのは、直前の告白を無かったことに

するため。雨の車内で晶が言った気がする「手遅れ」という台詞

は、未熟な女教師が男子中学生に不用意に接近してしまった

ことに対しての言葉。そういった点も原作はハッキリ示してた。

 

 

      ☆       ☆       ☆

最後に、ドラマならではの優れた点で、まだ(ほとんど)指摘されて

ないもの。それは映画的な情景描写だ。

 

2回見て、テレビドラマというより映画に近いなと思ったら、演出の

塚原あゆ子は公開中の有村の映画『コーヒーが冷めないうちに』

の監督だった。ドラマが本業みたいだけど、たまたま今は映画的

な表現にこだわってるのかも。

 

広角レンズによる(?)歪んだ映像の意図的な多用もそうだろう

けど、台詞なしで1分10秒もつないだ第2話の鉢巻シーンは

テレビだと珍しい。繊細なピアノのBGMと、晶がこぐ自転車

を交えながら、聖と鉢巻、夕陽を映し続けるのだ。

 

自転車の車種はおそらくGIOS(ジオス)のLIEBE(リーベ)。

恋愛、愛するという意味のドイツ語が名前。

 

181020b

 

るなが体育祭のピンクの鉢巻をおねだりした時、晶がどうしたのか

すぐには映さない。しばらく後、晶の暴走をたしなめた聖が車に

乗ろうとすると、ドアミラーに結んだ鉢巻が風に揺れてる。名前は

数秒間見えないけど、最後はしっかり撮影。「3-1 黒岩」。

狙いすました光の反射の使い方も上手い。

 

シーンの直前には、聖が晶の母親に、鉢巻を「好きな人に渡す」

のが流行ってると話してた。ここで、「好きな人にもらう」とは言って

ない辺り、脚本・金子ありさの巧みな技なのだ。ポイントは、るな

が晶に「もらう」ことじゃなく、晶が聖に「渡す」ことだから。たった

一つの、自分の思いを。。

 

181020c

 

 

     ☆       ☆       ☆

というわけで、ここまではドラマもマンガも真面目に見て来たけど、

今後も見続けるかどうか、ちょっとビミョーな部分はある。まあ、

個人的に昔から判官びいきではあるから、ドラマが叩かれれば

叩かれるほど応援したくなるかも♪

 

でも、もうちょっと有村架純の漢詩かサービスショットが欲しいかな

・・とか期待しつつ、今日はそろそろこの辺で。。☆彡

 

 

 

cf. 春夜喜雨(杜甫)&「恋愛は幸福を殺す」

  (哲学者ウナムーノ)~『中学聖日記』第1話

 

           (計 3721字)

|

« ゲーム『みんなのオセロ』、弱いAIに圧勝して自己満足♪ | トップページ | 寒くて雑に走ってたら右膝に激痛、歩くハメに・・&つぶやき »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゲーム『みんなのオセロ』、弱いAIに圧勝して自己満足♪ | トップページ | 寒くて雑に走ってたら右膝に激痛、歩くハメに・・&つぶやき »