« めまいと吐き気の中、フルへの第2関門、30km走クリア | トップページ | まだ仕事が終わらない中の一言つぶやき(有働、松井、ラオス) »

日テレ『イッテQ!』ラオス自転車・橋祭りのやらせ疑惑(by文春砲)、英語・ラオス語検索や現地写真など

たまたま数日前、日本テレビが月間視聴率三冠王の座から滑り

落ちたニュースが出てた。これは裏を返すと、それだけ日テレが

テレビ界の王座に君臨し続けて来たということだ。同系列の読売

新聞が世界最大の発行部数だから、両者で日本のマスメディア界

のトップをキープしてることになる。

 

181109c

 

その日テレの看板番組の1つが、『世界の果てまでイッテQ!』。

今回、8日発売の『週刊文春』11月15日号で批判された2018年

5月20日の放送は、平均で世帯視聴率19.2%。この週の「その他

の娯楽番組」部門でトップの人気を誇ってた(ビデオリサーチ調べ、

関東地区)。

 

番組内で色々ある企画の一つ、宮川大輔「世界で一番盛り上がる

のは何祭り?」がその回で訪れたのは、東南アジアのラオス。番組

公式サイトの過去記事には今でも、「年に一度の祭りとあって 町中

の人が集まって来た ・・・・・・橋祭り開幕!」と書いてある。

 

181109a

 

 

     ☆       ☆       ☆

実は上の宣伝文句は、よく読むと、完全な間違いとは言えない。

ただ、非常にミスリーディングな(誤解を招く)ものになってる。

 

181109b

 

町中の人のほとんどは、自転車で泥水の細い橋を渡る「橋祭り」

というより、それを脇に含む大規模の「コーヒー・フェスティバル」に

集まってたのに、それを伝えてないのだから。「橋祭り」とは、実は

「端祭り」だ。

 

下の写真は、文春が引用してるラオス・コーヒー協会facebook

のもの。左の端に見えるのが、橋祭りのセット。会場全体から見ると

完全な端で、番組の制作サイド(日テレ&ラオス)が今年初めて

作ったもの。日テレ公式見解も、初めての開催だと認めてる。

 

181109d

 

ちなみにコーヒー協会の写真は今現在、文春が引用したものばかり

が拡散してるから、別角度の画像も載せとこう(4月14日)。もともと

東南アジア情報の配信TVサイト「MALIMAR」の動画で、静止画

キャプチャーが出回ってるのだ。左上のロゴが同社のシンボル。

 

181109e

 

お祭りの賑わいから完全に外れてた場所なのは、一目瞭然。

実際、日テレが放置してるYouTubeの海賊版ビデオを見ると、

セットの周囲は映さないようになってて、ごく一部で階段に座る

僅かな人が目に留まる程度だった。スタッフと参加者らしき人達

ばかりが目立ってる。

 

文春によると、観客は僅か30人程度。コーヒー協会の夜の写真

が象徴的だった。

 

181109f

 

 

     ☆       ☆       ☆ 

日テレの公式見解は、次のように弁明してた。「現地のコーヒー

フェスティバルの敷地で開催されることは、事前に承知しており

ましたが、これまでにもイベントとセットで催しが行われるケースは

珍しいことではなく、意図して紹介しなかったわけではありません」。

 

明らかに意図的な撮影と編集だが、今の時点ではそう書くしか

なかったのだろう。どうせ半年近く前の単なるバラエティ番組の内容

だし、話題になるのは今だけだろうから。

 

ただ、文春はかなりの手間隙をかけた取材で裏付けてる。現地の

日本人、ラオス情報文化観光省(名前と顔出し)、駐日ラオス大使館、

在ラオス日本大使館、現地と日本(?)の制作コーディネイト会社。

「橋祭り」などラオスやビエンチャンで(ほとんど)話題になってないし、

この街にも無かった。だから直ちに、日テレ見解に反論してる

 

日テレも「現地からの提案を受けて成立した」と認めてるのだから、

直接的な関与の有無や程度に関わらず、かなり苦しいのは確か。

おまけに文春によると、参加者20人の内、10人が地元のサッカー

クラブから意図的に集められた少年達とのこと。彼らやクラブ側に

渡った賞金や賞品、紹介料はどこから出たのか、明らかだろう。

 

 

     ☆       ☆       ☆

日テレ側に残された最後の言い訳は、「東南アジアのテレビ局でも

取り上げられるなど各地で人気となっている催しとの事で、番組

サイドでも資料映像等を確認した上で、企画決定に至りました」と

いう文章。

 

国際的な話題が気になった時、私はすぐ英語で検索してるが、

今回はそれに加えてラオス語(=ラオ語、ラーオ語)でも検索。

色々と言葉を変えてググってみても、「橋祭り」の類は全く出て

来なかった。見落としがあるのせよ、ほとんど話題になってない

のは間違いない。

 

181109g

 

ラオス語での検索は、本当は方法が特殊なのかも知れない。

あまりに的外れな結果が表示されるから。下は「自転車 祭り

橋」の一例。英語からラオ語へのGoogle翻訳利用。

 

181109h

 

 

     ☆       ☆       ☆

ただ、以前記事に書いたオーストラリアの企画なら、英語圏とは

いえ、すぐ現地情報が確認できた。単なる小さな村のイベントだ。

それに対して今回は番組関連以外の情報が(ほとんど)何一つ発見

できないわけで、企画の詰めの甘さを問われても仕方ないと思う。

 

もちろん、これ自体はハッキリ言って、些細な問題にすぎない。

ただ、王者・日テレの看板番組だから、他の回や他の番組の印象

にもじわりと影響を与えかねないと思う。その意味で、同系列の

読売HPが素直に非を認めてたのは潔い姿勢だった。

 

181109i

 

テレビにせよ、ネットや口コミにせよ、メディアを扱う能力(リテラシー)

が問われる時代だと再確認した所で、今日はそろそろこの辺で。。☆彡

 

           (計 2105字)

|

« めまいと吐き気の中、フルへの第2関門、30km走クリア | トップページ | まだ仕事が終わらない中の一言つぶやき(有働、松井、ラオス) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« めまいと吐き気の中、フルへの第2関門、30km走クリア | トップページ | まだ仕事が終わらない中の一言つぶやき(有働、松井、ラオス) »