« 数学甲子園2018予選、解き方と感想2(問題1~5、7~9) | トップページ | めまいと吐き気の中、フルへの第2関門、30km走クリア »

日常生活や仕事での「イップス」(yips)~動かない身体と心との闘い

最近は多少マシになってるけど、私は昔から(意外と)人前で緊張

するタイプで、特に身体が思うように動かなくなることが多かった。

 

よく覚えてるのは、ほとんど初体験だったシティホテルの宴会場の

アルバイト。次々とディナー料理をテーブルに出したり下げたり

する中で、苦戦したのは細かい手の動き。

 

醤油(?)か何かを若い女性客の前に出した(or 注いだ)時には、

醤油差しを持つ指が震えて、受け皿とカタカタカタとぶつかる音が

したから、女性客は笑ってた (^^ゞ 別にイヤな笑い方ではなかった

けど、そのシーンは強烈に印象に残ってる。

 

田舎から出て来て、1年後くらいの貴重な経験。それから数年経った

今でも(笑)、緊張というか力み過ぎというか、どうしても出来ない事

は数多い。

 

 

      ☆       ☆       ☆

スポーツで、精神を集中する時に緊張し過ぎて震えや硬直を起こす

ことは、イップス(yips)と呼ばれてる。yipの複数形。

 

語源的には、子犬が甲高い音でキャンキャンッ!と吠える時の

泣き声だとか説明されてるようだけど、人が失敗した時のうめき声

とはあんまし似てないと思う。

 

特に、典型的な症状とされるゴルフのパットのミスだと、紳士・淑女

のスポーツだから、せいぜい小さなうめき声とかため息が普通だろう。

私の場合は、黙って苦笑したり顔を歪めるパターン♪

 

スポーツだと、私はテニスのサーブが苦手で、特に試合だと急に

身体が固まってしまう。練習試合でもダメなくらいだから、生まれて

初めて市民レベルのシングルスの大会に出た時は、ガチガチに

なって逆に観客を集めたほど (^^ゞ 普通のストロークも振り切れて

ないから、すっぽ抜けで次々にアウトになってボロ負けだった。

 

 

     ☆       ☆       ☆

このイップスという言葉。私はかなり前の朝日新聞のスポーツ記事

で読んだと思うけど、スポーツ以外の日常生活や仕事に使う例は

ほとんど増えてない。

 

たぶん、「固まる」、「緊張しすぎ」、「壁にぶつかる」とか、「もっと

リラックスして」とか、普通の言葉で十分対応できるからだろう。

深刻な症状の場合なら、精神疾患の言葉も色々と使える。

 

ただ、私はもっと広く使われていい便利な言葉だと思うし、個人的に

自分に対してよく使ってる。たとえばここ1ヶ月半だと、書くべき数学

記事がどうしても書けなかった。能力や時間の問題より、心理的な

硬直なのだ。自縄自縛。興奮はしてない(たぶん♪)。

 

で、いざ縄がほどけて身体が動くようになると、案外スムーズに事が

進んだりする。最近、数学記事が続いてるのは主にそうゆう理由

なのだ。まあ、別の特殊な事情もいくつか絡んでるんだけど。。

 

 

     ☆       ☆       ☆

ブログ関連だと他にも、毎年恒例、各種のレジャー人口の推移記事

を今日ようやく更新できた。冷蔵庫に溜まってた物も無事に処分。

お腹は大丈夫みたいだ(今の所は・・笑)。

 

PCデータも外付けHDDにバックアップしたし、iPadもiOS12

にアップデート。放置プレイだったスマホや昔のPCも、引っ張り

出して来て使用。仕事でも、ずっと出来なかった事が少しずつ

出来るようになって来てる。

 

ただ、根本的にやる事が多過ぎて、とても処理が追い付かないし、

何から始めるべきなのか迷ってしまう。やる事も、持ち物も多過ぎ

なのだ。

 

これはこれで、イップスとは別次元の問題みたいだから、改めて

考えてみることにしよう。物事を大量に集めて放置する溜め込み症

は、「強迫的ホーディング」(Compulsive Hoarding)と

して精神障害に認定されてる (^^ゞ。病気か!

 

まあ、薬も治療も不要。単に「捨てればいい」んだけど、ときめくモノ

が多過ぎて、世界の近藤麻理恵のコンマリ片づけメソッドも通じず♪

ブログみたいに、ときめかないのに続けてしまうものもあるし。仕事

もときめかないな。

 

そういえば人生自体もあんまし、ときめかないかも(笑)。コラコラ!

ときめかなくても、人は生きる。それが天命=テンメイなのだ。

あぁ、まだ仕事しなきゃ! ではまた明日。。☆彡

 

          (計 1641字)

|

« 数学甲子園2018予選、解き方と感想2(問題1~5、7~9) | トップページ | めまいと吐き気の中、フルへの第2関門、30km走クリア »

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 数学甲子園2018予選、解き方と感想2(問題1~5、7~9) | トップページ | めまいと吐き気の中、フルへの第2関門、30km走クリア »