« 中国マラソン(馬拉松)女子選手、国旗騒動&心臓・ふくらはぎ痛リハビリジョグ | トップページ | 休日出勤前の朝ラン&賃貸不動産おとり広告 »

「Ghosn with the wind」、ゴーン逮捕と共に統合去りぬ?&リハビリ朝ラン2

JOG 10km,52分03秒,平均心拍 145

消費エネルギー 521kcal (脂肪 104kcal

 

カリスマ経営者の代表がいきなり逮捕。関係者は大変だろうけど、

私は「ゴーン」の綴り字「Ghosn」を見て、「ラッスンゴレライ」を

思い出してしまった♪ 普通にローマ字読みすればゴッスンだから。

 

お笑い芸人コンビの8.6秒バズーカーが、「ラッスンゴレライ」の

リズム芸で大ブレークしてから、もう4年。彼らは見事なまでに、

テレビから消えてしまった。まさに、“風と共に去りぬ”。

 

この名画のタイトル。英語は「Gone with the wind」。

これをもじった言葉が、英国FT(フィナンシャル・タイムズ)の

HPに載ってた。「Ghosn with the wind」。

無粋を承知で日本語に「直訳」すると、「風と共にゴーン去りぬ」。

1週間で1300円の有料プレミアム情報だから、あっさり断念♪

 

181122b

 

 

     ☆       ☆       ☆

ところで、カルロス・ゴーンを取り巻く「風」。つまり、突然の逮捕劇の

背景やキッカケ・原因となったものについて、色んな情報が飛び

交ってる。

 

日本とヨーロッパ(英国含む)で見方は多少違うようだけど、共通

してるのは、単なるゴーンの個人的不正の問題ではないという点。

 

要するに、会長ゴーンが仏・ルノーと日産の統合(merger)を

進めようとしたから、日産の幹部(西川社長ら?)がクーデターを

起こして阻止したというような話になってる。

 

181122c

 

すると当然、ゴーンの不正情報の信頼性にも疑問が生じて来る。

フランス側が慎重な態度を保ってるのは、さほど不思議でもない。

 

 

     ☆       ☆       ☆

ほとんど漫画というか、劇画コミックみたいな筋書きだけど、実は私も

逮捕直後の社長の記者会見を見て、変な感じを受けてた。

 

まだ有罪確定どころか、詳細も不明の段階で、カリスマ的なトップを

冷たく突き放すような話し方だったし、しばらく前から独自の調査を

してたという点も気になった。暗に、我々が内部告発したと言ってる

ようなもの。

 

今日(18年11月22日)の朝日新聞・朝刊では、ルノー・日産・

三菱の統括会社「ルノー・日産B・V」が紹介されてる。税制面の

優遇のためにオランダにおかれてると言われる謎の会社で、ここ

のトップはルノーのCEO。つまり、ゴーンらしい。

 

かつて日産はルノーに支援されたけど、現在の業績は日産の方が

上。ところが今でも、出資比率や議決権の面で、ルノーが上の立場を

保ってる。それだけでも不満なのに、ルノー主体で統合(あるいは

吸収合併)されるのは耐え難い。。

 

そう思った日産側が仕掛けた壮大なワナということか? 謎の統括

会社には、陰の謀略で対抗だと。

 

部外者としてはとりあえず、中立のポジションで見守るとしよう。正直、

ゴーンは顔つきと名前の発音でちょっと損してると思うし♪ ちなみに

ラッスンゴレライは、今でもしぶとく営業で稼いでるそうだ。。

 

After all, tomorrow is another day !

結局、明日は明日、また別の風が吹くんだから。。 (映画ラスト)

 

 

     ☆       ☆       ☆

一方、単なる日本の3流市民アスリートは、今朝も眠い目をこすり

つつ、リハビリランをこなして来た。

 

昨日のジョグでまた悪化したかと心配してたけど、実際はちょっと

回復。とはいえ、左ふくらはぎはまだ何もしなくてもジンジン痛む

状況だし、心臓もおかしい。すぐ心拍が上がってしまうから、フル

マラソンには最悪。おまけにここ数日、珍しく腰痛にも苦しんでる。

 

それでも適度に流す感じで、トータルでは1km5分12秒。ジョグ

でいいと思ってたのに、自然にランのペースにはなった。まあでも、

本番まであと10日しかないのに、こんなんで大丈夫かね?(^^ゞ

 

気温13度、湿度70%、風速1m。気分と同じく、どんよりした

天気だった。心拍計は最後だけおかしくなったけど、補正はなし。

電池切れが近づいてるからかも。ともあれ、今日はこの辺で。。☆彡

 

 

181122a

 

        時間  平均心拍 最大

往路(1.2 km)   6分47秒 122 133

LAP1(2.2 km)  11分47秒 139 149

  2      11分13秒 147 157

  3      11分05秒 154 158

復路(2.2 km) 11分11秒 153 161

計10km 52分03秒 心拍平均145(81%) 最大161(90%)

 

          (計 1755字)

|

« 中国マラソン(馬拉松)女子選手、国旗騒動&心臓・ふくらはぎ痛リハビリジョグ | トップページ | 休日出勤前の朝ラン&賃貸不動産おとり広告 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ランニング」カテゴリの記事

コメント

天使テンメイ様、こんにちは。

ゴーン氏が日本にやってきた時、キッドは水木しげるの「悪魔くん 千年王国」を想起しました。

悪魔サタンの子孫がやったきたのだなあと。

およそ五十億円の申告もれ容疑にしがない悪魔は安売りカップヌードル五千万個か…消費するのに五万年かかるなとふと思いました。

フランスの夕刊紙「ル・モンド(世界)」はゴーン退陣を画策した「日産」の陰謀を仄めかしているようですが…基本的におフランスはフランス万歳なのですな。

ちなみに「ル・モンド20世紀の百冊」でマーガレット・ミッチェル「風と共に去りぬ」(米国)は38位でした。

1位はカミュの「異邦人」でございます。

まあ報道も商売ですからねえ。

愛国心あふれる読者にアピールしなければなりません。

平穏そうに見える世界の裏側で戦争は続いているのでございますね。

風とともに去っていくゴーン氏が思い描くふるさとはパリなのかベイルートなのかはたまたリオ・デ・ジャネイロか。

それともこちらかもしれませんね。

テンメイ様のご活躍を地獄の底から応援しております

投稿: キッド | 2018年11月22日 (木) 19時22分

> キッドさん
  
おはようございます。ご無沙汰でした
ご復活、おめでとうございます♪
  
いきなり悪魔のお話から再スタート。
さすがは物語のプロ、形が出来てますね(笑)。
   
  
で、『悪魔くん』。全く知らない作品だから、
画像検索とウィキで調べてみました。   
顔は、元祖・悪魔くんとゴーンが似た感じでしょうか。
『悪魔くん 千年王国』は絵がマイルドになってます。
  
ウィキをどの程度信じていいのか分かりませんが、
「・・天才的頭脳を持つ少年で、貧富の格差がない
平和な世界を創造しようとしている。一般的な倫理の
枠にとらわれず、目的のためなら手段を問わない面が
ある。あまりの頭の良さゆえにクラスメートから
『悪魔くん』とあだ名されている」。
  
なるほど。ゴーンにかなり似てるかも。
って言うか、一応、人間なんですか♪
    
・・とか書いてるとフランス・メディアに誤解されそう。
「日本人の中には、ゴーン氏を人間と思ってない
人さえいるらしい」とか(笑)。
   
フランスの皆さん、私は昔からフランスびいきですよ。
よろしくね
もちろん日産ミス・フェアレディも大好きです♪

    
50億円だと、1コ100円の安売りカップヌードルが
5000万個。
5000000000÷100=50000000。
  
1日に3コ食べると、1年に約1000コ。
3×365≒1000。
   
よって、全部食べるのにかかる年数は、5万年。
50000000(コ)÷1000(コ/年)
  =50000(年)。
  
流石、ブログ界の悪魔くん☆
単なる人間くんは最初、「計算合ってるの?」と
思っちゃいましたよ
  
      
フランスのメディアの伝え方は、
既に日本でもかなり報道されてますね。
原文を翻訳する記事を書こうと思ってたのに、
タイミングを逃して、アクセス数稼ぎに失敗♪
なぜか『フィガロ』と是枝監督の記事に地味な
アクセスが入ってますが、皆さんすぐお帰りでしょう。
   
確かに、おフランスはフランス万歳ですが、
日本も日本万歳。アメリカも中国も同様。
   
「ル・モンド 20世紀の100冊」、面白いご指摘。
まあ、フランス人に対して記憶に残る本をたずねたもの
だから、当然フランスの本が中心になるでしょう。
元の選択肢の200冊自体がフランス中心だろうし。
  
ちなみにこのルモンド人気投票、英語でやり直す
企画がネットで公開されてます。
1位は英国のオーウェル『1984』、118人。
やっぱり英語万歳♪
4位が『異邦人』。26位が『風と共に去りぬ』。
    
https://www.goodreads.com/list/show/
11432.Le_Monde_s_100_Books_of_the_Century
 
  
僕はこの騒動、かなりモメると予想してます。
金、人脈、権力絶大。日産側も弱みがあるだろうし。
  
そもそも日産は不正だらけの大企業ですからね。
たとえ司法取引の類で表面的に片付いたとしても、
これだけの騒動の影響は長引くはず。
うっかりパンドラの箱を開けちゃったかも。。
  
大阪万博の誘致活動の不正が暴かれるとか♪
そう言えば、東京五輪の誘致の疑惑もありました。  
   
日本は今、韓国やロシアとの関係で疲れてるし、
フランスまで敵に回すのは避けたいところ。
東京地検や裁判所の「忖度」も見どころです。
   
  
ところでゴーンは、ブラジル、フランス、レバノン
の多重国籍で、多言語を使えるとのこと。
最近ウチに来る宅配業者も南米系(?)で、ドアを
開けないと日本人の声に聞こえます。応対も問題なし。
    
東京五輪、実質的な移民政策もあって、ますます
語学力、コミュニケーション力が重要になりますね。
さて、自分の力を伸ばすのがいいか、
AIくんやロボットくんの進歩を待つ方が効率的か♪
   
「迷った時はしんどい方を」が僕のポリシーですが、
これは迷わずAIくんを選びたくなります(笑)
フツーの人間くんの限界でしょう。
   
ともあれ、今後のマイペースのご活躍にも期待してます
ではまた。。

投稿: テンメイ | 2018年11月24日 (土) 10時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中国マラソン(馬拉松)女子選手、国旗騒動&心臓・ふくらはぎ痛リハビリジョグ | トップページ | 休日出勤前の朝ラン&賃貸不動産おとり広告 »