« お正月モード完全終了、また僅かな走り&つぶやき | トップページ | 不機嫌ランで心拍170バトル&つぶやき »

ピンクのニーハイ回転ロゴ♪、マン島・三脚巴(トリスケリオン)~NHK大河『いだてん』第1話

素晴らしかった。ピンクのニーハイ回転ロゴが♪ そこか! 私が

予習してなかったからかも知れないけど、まさかNHK大河ドラマ

で突然こんな脚フェチ映像がクルクル登場して来るとは。。

 

190108a

 

82歳の大御所美術家、横尾忠則作。明治時代に足袋を履いてた

マラソンとギャップがあり過ぎて、意味が分かるまで0.8秒くらい

かかった♪(細かっ・・)。実は1ヶ月前くらいにポスターが公表

されてたらしい

 

190108c

この組み合わせのデザインなら全く素通りかも(笑)。中村勘九郎

に失礼だろ! 色と(相対的)大きさ、動きによって、ドラマの

タイトルバック冒頭は遥かにインパクトがあったのだ。

 

あっ、ご本人のtwitterだと2ヶ月も前に公表してた! 高齢

でもやっぱり、いまやSNSの利用は当然だと。 

 

190108d

 

 

     ☆       ☆       ☆

私はビックリ・・という感覚が強かったけど、リアルライブの配信

記事が「怖い」という感想を伝えてたから、早速ツイッター検索。

怖いというより、似てるとかパクリ?とかいうツイートの方が遥かに

多かった。

 

一番流布してるのは、マン島の「三脚巴」紋章との類似の指摘。

下はウィキペディアより。言われれば確かにそっくりのデザイン

だけど、これだと何とも思わない♪ 武装した男性兵士の足に

見えるし、全裸じゃなくてTバックふんどしも付けてるから(笑)。

漢字の「韋駄天」のイメージか。

 

190108b

 

三本の脚が巴(ともえ)状になってるから、三脚巴。英語だと、

「トリスケリオン」(triskelion)。「tri」が三、「skelion」

が脚という意味だ。巴を示す英単語は無いらしい。そのまま英語

にした tomoe は除いて♪

 

とにかく、マン島の旗はたかが1932年の採用だけど、三脚巴

のデザインは6000年ほど前から世界各地にあったとのこと

(英語版ウィキ)。大御所アーティストの横尾は当然、意図的に

利用して独自のアレンジを施したわけだろう。五輪エンブレム騒動

とは違って、ドラマロゴの撤回とか変更は必要ないと思う。

 

私は文字入力と画像入力(カラー、白黒)の両方で、画像検索も

かけたけど、三脚巴もヒットしなかったし、めぼしい類似作品は

見当たらず。せいぜいサイハイ・ストッキングで検索した下の画像

みたいなものしか出て来ない。まあ、権利に関わるこの程度の

チェックは、ご本人かスタッフが直ちにやってるのかも。

 

190108e

 

 

     ☆       ☆       ☆

一方、タイトルバックの画像もなかなか面白かった。例えば、主役

である金栗四三(中村)の扱い方。

 

190108f

 

まるでミニチュアセットの街で怪獣が暴れるようなCG合成は、

この後10パターンくらい連続。昭和の特撮の初期を意識したもの

だろうと想像する。実際、ドラマ冒頭、ウルトラQの冒頭みたいな

効果音が目立ってたのだ。実際、ちょっとだけツイートも出てた。   

ちなみに、スタッフロールに円谷の文字は無かった気がする♪

タイトルバック画、山口晃。タイトルバック製作、上田大樹。

カラフルな現代風浮世絵みたいなイラスト、いいね! 屋根の上

の走り幅跳びは、失敗して落ちそうだけど♪

 

190108g

 

 

      ☆       ☆       ☆

おっと、物語の話をする前に早くも時間が無くなってしまった (^^ゞ

脚本家の宮藤官九郎には熱烈なファンが多いけど、普通に見ると

序盤は話が分かりにくかったはず。

 

例えばビジネスジャーナルだと、編集部の記事のタイトルは、

 「NHK大河『いだてん』が理解不能・・・時代が次々入れ

  変わり&登場人物多過ぎでゴチャゴチャ」。

 

これ、気になるポイントを過不足なくまとめてる♪ 要するに、

メインのストーリーはしばらくの間、100年前の金栗のマラソン

だけど、そこに50年前の東京マラソンの話とか組み込んでた

から、予習してないと分かりにくかったのだ。年代の違いは、白い

テロップの文字で一瞬映すだけ。ナレーションの音声も無い。

 

意図的なものだろうけど、どちらの時代でも似た感じの足袋姿

のランナーが映ってて、ますます混乱する。当然、金栗だろうと

思ってしまう所だけど、実際は違う(はず)。東京五輪の前には

金栗はもう70歳くらい。足袋でスタスタ走る体力はないだろう。

金栗じゃなくても、その頃、走るのに足袋は使わないと思う。

 

テクニックを使いたいのなら、例えばこんな感じのハメこみ映像

だと混乱しない。街頭テレビの中で古今亭志ん生(ビートたけし)

が落語をやってて、そこから寄席の舞台映像につないでた。背景

の「オリンピック招致成功」と「浅草新世界」の看板もさり気ない。

演出は井上剛。

 

190108h

 

 

     ☆       ☆       ☆

個人的には、英語とフランス語の聴き取りが面白かった。

 

 「Malheuresement, on va s'abstenir.」

  マロローズマ~ン、オン ヴァ サブストゥニール

 残念ながら、辞退させて頂きます

 

嘉納治五郎(役所広司)は、「オン ヴァ・・・」と話して辞退

しようと思ってたのに、観客用の巨大なスタジアムのポスター

とか見せられて、「オウケシマス」(お受けします)。仏語の「ル」

の発音が面倒だったか(笑)。ここ、もうちょっと発音が似た言葉

にできればもっと良かったと思う。気づく人は少ないだろうけど♪

 

時間が無くなったので、その後の嘉納の英語や招致演説の

英語は省略。

 

「富久」(とみきゅう)という落語は、「富」くじが当たった「久」蔵が

走り回る話。浅草と日本橋(または芝)で発生した火事のせいで、

2往復(以上)走るようだ。休憩付きのハーフマラソン(21km)

くらいか♪

 

 

      ☆       ☆       ☆

最後に、「ドランドの悲劇」と呼ばれてた1908年のマラソン

のエピソード(炎天下でフラフラ、助けられてゴールした後、失格)

は、確かに世界的に有名だけど、「ドランドの悲劇」といった言い方

は英語圏でほとんど見当たらない。

 

イタリア語圏では多少あるけど、悲劇というより、劇的な成功物語

と思われてる感がある。金メダルはく奪による、それ以上の栄光。

写真はイタリア語のウィキ。日本語ウィキの絵と比べて、悲壮感

が少ない。

 

190108i

 

クドカンの脚本以外に、日本のいくつかのサイト(ほとんど個人

サイト)が「ドランドの悲劇」と書いてるのは、元をたどると日本語

ウィキペディアの記述(初出2007)に影響されてる可能性がある。

読売新聞の記事も電子書籍のコラムも、その後だ。

 

ただし、ウィキで出典に挙げてる英語サイトをチェックすると、

 「The tragic sight of Dorando」(ドランドの悲劇的な光景)

という表現が一度使われてるのみ。そもそも履歴を調べると、出典

をつけた編集者と最初に書いた編集者は別人。英語版ウィキや

イタリア語版、仏語版、ドイツ語版を見ても、悲劇という表現は

使われてない。

 

スポーツ史考証の真田久、大林太朗は、分かっててOKした

わけか。明らかに「ドーハの悲劇」に似た言葉で、日本人には

分かりやすいし♪ もちろん、内容的には後の円谷幸吉の悲劇

を暗示する伏線にもなってる。

 

次回からいよいよ金栗がメインになるらしいから、もう一度見て

みるつもりだ。ニーハイ回転ロゴ♪ そこか! ではまた明日☆彡

 

 

cf. コネタで楽しむドラマ、綾瀬はるかの

  自転車走力とか♪~『いだてん』第2話

          (計 2875字)

|

« お正月モード完全終了、また僅かな走り&つぶやき | トップページ | 不機嫌ランで心拍170バトル&つぶやき »

映画・テレビ」カテゴリの記事

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お正月モード完全終了、また僅かな走り&つぶやき | トップページ | 不機嫌ランで心拍170バトル&つぶやき »