« 家族の病状悪化、ノートPC持参で帰省&リハビリジョグ | トップページ | 短距離「いだてん」三島弥彦、東京帝大・法科は無試験入学か&プチラン連発 »

上林暁『花の精』全文と、ノヴァーリスのメルヘン「ヒヤシンスと花薔薇」(in『ザイスの学徒たち』)

小説、映画その他、物語的な作品には、「劇中劇」という構成が

ある。その劇全体の中に、別の劇が入れ子状に組み込まれた形

のことで、去年大ヒットした映画『カメラを止めるな!』もそのタイプ

らしい。私はまだ見てないが、様々なレビューや感想から明らかだ。

 

劇中劇というより、「作品の中に作品がある」という方が一般的な

説明だから、「作中作」という言葉も一応あるけど、ほとんど見聞き

することはない。英語だと、「劇中劇」が「play within a play」、

「作中作」が「story within a story」となる。

 

今回、あらためてレビューする上林暁(かんばやし・あかつき)の

短編私小説『花の精』も、文学性の高い劇中劇、作中作の形に

なってる。

 

ただ、その複雑な構成は、今年のセンター試験の問題文だけだと

全く分からない。本文全体と、別の200年前の古典を読むことで、

初めて小説の文学性が十分に理解できたのだ。

 

ちなみに1ヶ月前にアップしたセンター記事は、既にかなりアクセス

を頂いてる。原文を手に入れにくいことに加えて、一見地味な日記風

の断片に、深い味わいと奥行き、拡がりを感じた人が多いのだろう。

 

 妻と再会できた夜、月見草の花畑

  ~上林暁『花の精』(2019センター試験・国語)

 

 

      ☆       ☆       ☆

まず、前の記事の主張を短くまとめとこう。

 

 小説内で作者が探しに行く月見草とは、単なる草花ではなく、

 最愛の妻のこと。庭師に引き抜かれて激怒したのは、月見草

 が妻の代わり、象徴だから。

 

 多摩川辺りの美しい花畑に出かけて月見草 を手に入れた

 作者は、妻と再会できたのだ。その点は問題文だけでも解釈

 できるから、問5の正解は①ではなく、むしろ③がベター。

 

 さらに、問題と別に上林暁について調べると、妻は精神病院に

 入院していた。よって「花の精」というタイトルは、「妻の精神」

 をも暗示している。

 

 

     ☆       ☆       ☆

上の私の主張は、本文全体を読んで確認したいと書き添えて

おいた。実はセンター後すぐ全文を読んで、読解の正しさを確認

していたが、今日まで新たな記事の追加が遅れてしまった。

 

理由の一つは、作品が予想以上の奥行きを持っていたから。

まさか200年前のドイツ幻想文学と深く明確に関係しているとは

思わなかった。そこに自然哲学・詩的思想も含まれていたのだ。

 

上林暁の『花の精』の中で、センター試験や妻との関係を考える

上で重要な箇所を引用してみる。出典は『上林暁全集三』(筑摩

書房)。初出は前の記事の推測通り、『知性』昭和15年9月号。

その後すぐ、第四創作集『野』に再録(昭和15年10月刊)。

画像は筑摩HPより

 

 「私は今、妹に三人の子供の世話をさせながら、淋しい 

 生活を送っている。妻はいないのである。・・・「錠と鉄格子 

 のある病院」・・・に、私の妻はもう半年近くも寝起きして 

 いるのである。

 

 ・・・こう書いて来れば、なぜ私が庭の月見草に心を託して 

 いたのかが判るであろう。私は自分の悲しい心を紛らそう 

 と思って、月見草に心を託していたのである。」

   (『全集3』p.107-108。字体は現代風に変更。)

 

190226d

 

 

なぜ、引き抜かれてしまった月見草にこだわるのか。その理由が

はっきりと序盤で明示されているのだ。全23ページ中の8ページ

目から9ページ目。

 

 

      ☆       ☆       ☆

一方、センター試験の問題文は、15ページ目から22ページ目

だから、小説の後半部分。しかも、最後を省略してある。実はその

最後に、劇中劇、作中作の形が締めくくられているのだ。末尾の

段落を引用しておこう。

 

 「それにしても、私が月見草の精を求めて、多摩川べりの

 鄙(ひな)びた是政まで出かけたのは、もとの月見草が

 失われた日読んだ、ノヴァリスの「ヒヤシンスと花薔薇」

 の影響ではないかと、ふと疑ってみるけれど、それが

 真実であるかどうか、自分にもよく判らない。」

 

 

ノヴァリス(Novalis、ノヴァーリス、ノバーリス)は、

ドイツの詩人、小説家(1772-1801)。自然や宇宙全体を統一的

にとらえて、自分・自我との一致を主張する世界観の持ち主。

下の画像は英語版ウィキペディアより

 

190226c

 

その彼の代表作の影響は、上林のリアルな生活内での「真実」か

どうかはさておき、作品的にはほぼ真実として扱われている。作品

の最後を締めくくっているし、作品の最初(3ページ目)でも触れて

いたからだ。

 

ということは、小説全体の中に含まれつつ、小説全体と並行

(パラレル)な位置づけにもなっている。最初の部分を引用して

みよう。庭師に月見草を引き抜かれて、内心では激怒しながら、

口にはできない状況。

 

 「私は縁側の硝子戸を手荒く閉め、また寝ころがって、

 さきから読みかけの、ノヴァリスの「ヒヤシンスと花薔薇」

 (原名「ザイスの学徒」)という小さな読本を取り上げた。」

 

 

      ☆       ☆       ☆

この小さな読本というものは、ネットで検索しても出て来ない。

ただ、「ヒヤシンスと花薔薇」などと訳される短い挿話を含んだ

小説『ザイスの学徒たち』なら、日本語訳もドイツ語原文

英訳も公開されている。もちろん、著作権は消滅済みだ。

 

画像はアマゾンより、現行のドイツ語本『Die Lehrlinge

zu Sais』の1つ。ザイスとは、女神と関連する地名。

 

190226b

 

自然と人間の関係について色々と思い悩む学徒(ノヴァリス

自身か分身とも言える)に対して、仲間が元気づけようと話し

かけるシーン。幻想的童話、メルヘンが7ページほど語られる。

小説『ザイスの学徒たち』は未完だが、メルヘン部分は完結

しており、評価されているようだ。

 

国立国会図書館デジタルコレクションから冒頭あたりを引用

する。作者の表記はノヴーリスで、『青い花 ザイスの学徒』。

小牧健夫訳、青木書店。

 

190226a

 

 「・・・僕は君に童話を一つ話そう。聞きたまえ。 

 ずっと昔の事だが、はるか西の国に一人の血気盛りの 

 青年がいた。大そう気立のいい男だったが、またよほど 

 変り者だった。・・・洞窟や森林が一番好きな居場所で、

 そこにいるときはひっきりなしに鳥や獣や、樹や岩と話 

 をした・・・。」

 

 

ヒヤシンスという青年が、ある男に誘われるようにして、花薔薇

という少女と別れ、一人で天の女神などを探しに旅立つ。途中で

様々な自然と触れ合った後、遂に目的地にたどり着くと、意外で

神秘的な結末が待っていたのだ。

 

以下は上林暁『花の精』で引用された部分(全集3、p.104)。

月見草を引き抜かれている間、そうとは知らずに座敷でノヴァリス

を読んでいるシーンだ。

 

 「 「・・・彼は天つ少女の前に立ち、軽やかな面紗を 

 とると、花薔薇がその腕に倒れかかってきた。愛する 

 ものの再会の神秘と、あこがれの発現とを、はるかな 

 楽の音がとりまき、すべての無関係なものをこの 

 霊しい地から追い出した。云々。」

 

 そこまで読むと、僅か四頁ばかりだったのでもう一度 

 読み返し、若々しい亢奮で頬がほてるように感じながら 

 本を伏せ、どれ、どんな具合になったのかと思いながら、 

 庭を見に起き出したのであった。」

 

 

     ☆       ☆       ☆

突然、愛する女性=花と別れて、自然の中に旅立った男が手に

入れた女神は、実はというより結果的に、元の愛する女性=花

であった。

 

このメルヘン、劇中劇が『花の精』全体を表しているのは明らかだ。

上のメルヘンのまとめと、下の『花の精』のまとめを比較してみよう。

 

突然、妻と別れ、代わりとなる花も引き抜かれた男が、自然の中

に旅立った男が手に入れた花は、結果的に、妻との再会の感情

をもたらすものであった。。

 

上林は、帰りの駅の待合室でサナトリウムの建物を見かけ、

近づいてじっくり見ながら病院の妻を思い出し、涙があふれそう

になっていた。

 

誘った男は、『ヒヤシンスと花薔薇』だと「年寄りの魔術師」の男。

『花の精』だと、「友人のO君」。執筆当時38歳くらいの上林が、

美しい青年と自分を重ね合わせているのは、ナルシシズム=

自己愛と共に、軽いユーモアによるものだと想像する。実際の

自分を知る読者たちからのツッコミを誘う、ボケなのだ。

 

 

     ☆       ☆       ☆

なお、2つの作品は、男女の恋愛のみを賛美しているのではない。

どちらも、自分と自然の関わりや自分探しの側面も描いているし、

男同士の友情も感じ取れる。

 

実際、『ヒヤシンス』の話を語り終えた直後、「学生たちは互に

相擁」している。『花の精』では、センター試験の問題文の後、

彼とO君はおでん屋で一杯酒を飲んで、「月見草をO君と頒け、

手を挙げあって別れた」。

 

小説だけ読むと、ノヴァーリスよりも上林の方が、愛する女性

=妻への思いが強いようにも思える。ただ、実はノヴァーリス

は若い頃、10歳ほど年下の少女と婚約した後に死別している

らしい(コトバンクの解説より)。

 

やはり人間の心が本質的に向かうのは、動物、植物、自然、宇宙

とかより、人間ということか。異性愛とまでは限定しないにせよ。

あるいは、ある存在が魅かれるのは、同種で少し差異がある存在

ということか。

 

そう抽象化すれば、磁石のN極とS極が引きつけ合うのと統一的

にとらえることもできるだろう。話が大き過ぎて飛躍していると

思うのが普通の感覚かも知れないが、ノヴァーリスの思想は遥か

に大掛かりで抽象的、神秘的な統一的世界観のようだ。

 

フィヒテ他、ドイツ観念論やロマン主義との関係も気になりつつ、

それでは、今日はこの辺で。。☆彡

 

          (計 3770字)

|

« 家族の病状悪化、ノートPC持参で帰省&リハビリジョグ | トップページ | 短距離「いだてん」三島弥彦、東京帝大・法科は無試験入学か&プチラン連発 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 家族の病状悪化、ノートPC持参で帰省&リハビリジョグ | トップページ | 短距離「いだてん」三島弥彦、東京帝大・法科は無試験入学か&プチラン連発 »