« チコちゃん「靴に小石が入るのは足にあった靴だから」、怪しい説明♪&雪の前にジョグ | トップページ | 『頭脳王2020』謎解き問題(1次予選)、答えの考え方とヒント&プチラン »

「Hot Dog」(ホットドッグ=熱い犬)という英語の語源(NHK『チコちゃん』漫画家説はほぼ間違い)

まだ5歳のチコちゃん(笑)を叱るのが大人げないのは分かってる。

NHK『チコちゃんに叱られる』が面白いのも事実だし、デーブ・

スペクターの英語を聞けただけでも貴重な番組だ。ホントに英語

を喋れるのか♪

 

でも、質問を送った岩手県「ぜんぜん分からねー」ちゃん(5さい)

のためにも、昨日の小石の記事に続いて叱っとこう。

 「ボーッと説明してんじゃねーよ!」♪

 

以下、番組の説明がほとんど間違いと思われることを説明しよう。

結果的にたまたま正しい可能性は一応あるけど、NHKの根拠

はほとんど信頼できないのだ。「小石」の説明も、科学的・論理的

におかしかったし。

 

 チコちゃん「靴に小石が入るのは足にあった靴だから」、

  怪しい説明♪&雪の前にジョグ

 

 

     ☆       ☆       ☆ 

さて、ホットドッグの話(ダックスフントの綴りが分からなかった

漫画家がドッグと書いたとする説明)の最後には、逃げ道が用意

されてた。漢字まじりの一瞬の映像だけ。とても5歳の子どもが

注目するとは思えない。

 

190210a

 

ホットドッグの名前の由来については、諸説あります。

ご紹介したのは、監修してくださった専門家の見解です。

 

5さいのしつもんには、つぎのようにかくべきだろう。

 

「ホットドッグはなぜドッグか、いろんなかんがえがあります。

 ここでは、おもしろいのをひとつだけはなしました。

 あとは、じぶんでしらべてね♪」

 

 

     ☆       ☆       ☆   

ところで、上の「専門家」とは誰か? エンドロールには監修者の

名前が出てなかったから、普通に考えると、映像も台詞もあった

唯一の教育者、筑波学院大学の大島愼子(ちかこ)学長だろう。

 

190210c

 

ホットドッグがドッグなのは・・・

 実はダックスフントだったけど

 つづりがわからずドッグと書いてしまったから

       (解決「済」のハンコ付き♪)       

 

しかし、今回(2019年2月8日)の番組を除くために、

 「大島愼子 ホットドッグ -チコちゃん」(チコちゃんを除く)

でGoogle検索すると、ヒットするのはただ1つ。

 

雑誌『食品工業』2011年11月15日号のコラム、

「食にまつわるエトセトラ(29)」

のみだ(「まるわる」という誤字まで出て来る♪)。ホットドッグの

専門家とは思えない。そもそも、あんまし食べないらしいし(笑)

 

 

     ☆       ☆       ☆  

ドイツや食文化に詳しいという話だったけど、実はそのドイツの

ウィキペディアも、例の漫画の説明をハッキリ否定してるのだ。

もちろん、英語の各種情報でも同様。

 

190210b

 

Der Name “Hotdog” stammt nicht ・・

von dem Cartoonisten ・・ Dorgan ・・.」  

 ホットドックという名前は、漫画家タッド・ドーガンに

 由来するのではない。

   (注. ドイツ語はホットドッ「ク」と発音)

  

実は、番組内で大島学長は、犬(ダックスフント)やそれに似た

ソーセージの話はしたけど、漫画家の話はしてない。

 

編集でカットされたかも知れないけど、ディレクターか演出が示した

のを笑って黙認しただけか、NHKが勝手に映像と情報をつぎはぎ

して構成したのかも。

 

 

     ☆       ☆       ☆

190210d

 

番組の漫画説が直接的に根拠とか証拠としてたのは、ホットドッグ

とソーセージの団体のHPだった。

 「National Hot Dog and Sausage Council」。

 全米ホットドッグ&ソーセージ協議会

 

番組では、その一文を強調してた。

 「Not sure how to spell "dachshund"

  he simply wrote "hot dog!"

 (タッド・ドーガン)はダックスフントの

 つづりがよくわからず簡単にホットドッグと書いた

 

ところがこの説明の最初には、「Some say」と付いてる。

つまり、「こう語る人達もいる」。その後、(しかし)歴史家が

漫画を発見できてないと書いた後、代わりの説明が続く。

 

 

     ☆       ☆       ☆

要するに、英語原文の流れ、文脈は、

 「1901年の新聞マンガに由来すると言う人達もいるけど、

 そのマンガは発見できない。

 実は1890年代からホットドッグという言葉は使われてた

となってるのだ。

 

この流れの最初だけ、否定する前の部分をミスリーディングな

(誤解を招く)形で引用してたのが番組とテロップ。

 

ダメ押しとして、その右側についてた英文も引用しとこう。

 

190210e_2

 

 真実を見つけよう。

 悪名高き、ニューヨーク・ジャーナルの漫画家

 タッド・ドーガンの物語?

 

 「そんなものは忘れてしまいなさい」

 と、ホットドッグの歴史家ブルース・クレイグ教授は語ってる。

 

制作スタッフ(や専門家)は、すぐ右横にあるこの文を見落とした

のだろうか? あるいは。。 もし見落としたとしても、元の文章の

文脈だけで明らかなはずだが。。

 

 

     ☆       ☆       ☆

一番詳しくて出典もしっかりしてる英語版ウィキの説明によると、

実は「Hot dog」という言葉1880年代にはあったけど、最初は

ソーセージを意味してたらしい。

 

それより前に、「dog」だけでもソーセージという意味も持ってた

から、ドイツ移民による文化の持ち込みは必要なかったかも。

 

190210f

 

それが1890年代の大学などで、パンに挟まれたソーセージ

指す言葉になったようだ。学生たちは雑誌『ホットドッグ・プレス』

をマニュアルにして生活してた・・はずない(番組内のコネタ♪)。

上の引用の終盤、ドーガンのマンガは「一つの神話」とされた

後、否定されてる。

 

 「熱い、ダックスフントに似たソーセージパン」から

 「ホット ドッグ」へ。

米国の都会や若者の文化なら、自然な簡略化、俗語化だろう。

 

「ボーッと説明してんじゃねーよ」と言われる前に終わりとしよう。

なお、今週計14631字で終了。ではまた来週。。☆彡

 

           (計 2281字)

|

« チコちゃん「靴に小石が入るのは足にあった靴だから」、怪しい説明♪&雪の前にジョグ | トップページ | 『頭脳王2020』謎解き問題(1次予選)、答えの考え方とヒント&プチラン »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チコちゃん「靴に小石が入るのは足にあった靴だから」、怪しい説明♪&雪の前にジョグ | トップページ | 『頭脳王2020』謎解き問題(1次予選)、答えの考え方とヒント&プチラン »