« 不幸な精神疾患の患者の(犯罪的)行為をどう扱うか~『ストロベリーナイト・サーガ』第1話 | トップページ | 明るい未来は僕たちの手の中に~『インハンド』第1話 »

世界のコンマリ片付け、NHKスペシャルにときめきを感じたけど料金が高い&好調10km

(14日) RUN 10km,47分49秒,平均心拍 153

消費エネルギー 520kcal(脂肪 83kcal)

  

近藤麻理恵。。 オォーッ、一発変換できた。私の実名は何回入力しても学習しないのに(笑)。マイクロソフトの担当者さん、聞いてる? 自分で登録しろって? 面倒だから自動化して♪

  

190415b

   

いまや世界のkonmari(コンマリ)になってるらしい彼女。日付変わって昨夜はNHKスペシャルで特集。驚いたのが、本人はちょっとしか出演しなくて、弟子みたいな、こんまり流片付けコンサルタントが中心だったこと。こんまり教の高弟たちか。アメリカ在住の教祖も、せっかく日本から取材に来てるんだから、もうちょっと映ってもいいと思うけど。

  

190415c

        

まあ、それはNHK側の方針の問題かな。一般人の人生やり直しに焦点を当てたと。私がコンマリをテレビで見たのは初めてだと思うけど、あんなにハキハキスラスラ力強く喋るとは意外。アメリカで成功する内に変わったというか、ビジネスウーマンとして成長したのかね。顔や外見全体みたいに、ふんわかホンワリ系なのかと思ってた。

    

    

      ☆       ☆       ☆

番組では、3人の一般女性が登場。片付けられない病の患者を、こんまり片付けカウンセリングで治療するような感じだ♪ 物が散らかる、捨てられないのには、それなりの個人的理由がある。うつ病、ひきこもりの過去、不安とか。それらを優しく「うん、うん」と傾聴して、ちょっとだけアドバイス。玄関から片付けましょうとか、実家に戻ってみましょうとか。

     

具体的には、服(衣類)、本、書類、小物の順番で、最難関の思い出グッズがラスト。その場のときめきがあるかどうかで捨てるか残すか決める。そう言われても、やっぱりみんな、なかなか捨てれない様子だった。捨てるにしても、かなり時間がかかる。結局、短い人で半年。長い人は9ヶ月でも終わらなかったのかな。そもそも、片付けた後も問題で、無理して頑張ってもすぐリバウンドしそうな気もする。

   

190415d

   

上は英語の公式サイト。「Tidy your space,transform your life」。空間を整えて、生活を変えましょう。「spark joy」(ときめく)という英語表現は、それほど前面に押し出してない感じだった。日本のコンサルタント達のサイトを見ても、どうも「ときめき」にこだわらなくなってる感じで、そう言えばテレビでもあんまし強調されてなかった。

    

    

      ☆       ☆       ☆

テレビを流し見しながら、私も「コンマリ」メソッドの真似事でお片付け♪ 番組や片付け自体には、多少のときめきを感じたけど、小市民が一番気になったのは料金の問題だ。大体、NHKの番組は料金とか具体的な話を避ける傾向がある。プロに半年以上もアドバイスしてもらったら、かなりの金額になってしまうはず。

    

検索してすぐヒットするコンサルタント達のサイトを見ると、時給6000円~10000円。1日5時間で3万円~5万円とか。交通費や宿泊費が別に加わると、数十万円以上になるから、トランクルームや貸倉庫を借りて荷物を移動した方が手っ取り早い気もする♪

   

まあ、それだと、人生のやり直しとか、過去と向き合って折り合いをつける体験にはならないけど。いずれにせよ、大量の荷物をすぐ手軽に片付ける魔法なんてものは無い。買う量を減らして、捨てる量を増やす。結局、そういった基本の持続がポイントか。写真を撮って現物を捨てるというのも、テンメイ・メソッドの一つだ。撮影した画像を縮小したり保存したりするのが面倒だけど♪

    

    

     ☆       ☆       ☆

あぁ、また長くなって来たから、強引に記事を片付けよう。昨日、うっかり5000字近くも書いてしまったし (^^ゞ

  

さて、昨日はまたレース直前の朝練ってことで、起きるだけで大変だから、走るのは10kmだけ♪ 少なっ! まあでも、最近にしてはスピードを出してるから、あんましラクしてる感じもない。

  

前日の土曜と同様、日曜の公園も大量の人でごった返してたし、ランナーも大勢いて刺激になった。男子大学生にも結構抜かれてしまった。一瞬すぎて、付いて行く気もせず (^^ゞ ストライド(歩幅)が違うんだよな。

  

それでも私も意外と健闘して、トータルでは1km4分47秒ペース。徐々に4分半に近づいて来たし、心拍的にはまだちょっと余裕がちょっとある。キツイのは呼吸だけ。気温18度、湿度40%、風速3mは、風が強くて日差しが弱かったから、それほど暑くもなし。

  

とはいえ、僅か10kmで汗ビッショリになって、帰宅した後も額から汗がポタポタ。心拍計は最初の5分ほど異常に低い値になってたから、補正した。ではまた明日。。☆彡 

    

  

190415a    

    

    時間  平均心拍  最大

往路(2.4 km) 11分40秒 144 153

LAP 1(2.1) 10分02秒 155 159

 2    10分08秒 158 161

復路(3.3) 15分59秒 159 163

計 10km 47分49秒 153(85%) 163(91%)

    

        (計 2017字)

|

« 不幸な精神疾患の患者の(犯罪的)行為をどう扱うか~『ストロベリーナイト・サーガ』第1話 | トップページ | 明るい未来は僕たちの手の中に~『インハンド』第1話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不幸な精神疾患の患者の(犯罪的)行為をどう扱うか~『ストロベリーナイト・サーガ』第1話 | トップページ | 明るい未来は僕たちの手の中に~『インハンド』第1話 »