« Java初級編2~プログラミング学習アプリ・Progate3 | トップページ | 通信速度が急激に遅くなったと思ったら、低速制限200kbps以下・・ »

「Black Friday」(ブラック・フライデー)、英語版ウィキペディアの語源説明

amazon(アマゾン)の日本初開催が派手に宣伝されてると思ってたら、メールでも別の会社から宣伝が来たし、今日は新聞のチラシでもイオンが黒い広告を出してた♪ ハロウィーンのオレンジ色に続いて、ブラック・フライデーの黒色まで日本に定着しそうな勢い。下はイオンのブラック・パンダ(笑)

   

191122b

   

このブラック・フライデーという妙な言葉。日本のハフィントンポストが珍しく(笑)詳しい記事を載せてると思ったら、米国版ハフの翻訳だった♪ 語源は、小売業が黒字になるなんて俗説ではない、と小見出しでいきなり書いてる

  

191122c

 

 

やっぱり、米国の英語情報が基本になるのに、日本のウィキペディアなんて、日本のあちこちの新聞の短い寄せ集めみたいな記事になってた。そこで、英語版ウィキを見てみると、流石の詳しさで、最初から驚かされるのだ。

   

   

     ☆     ☆     ☆

実は、「Black Friday」と呼ばれるものは、昔から多数あるらしい。私がすぐ思いつくのは、戦前の大恐慌の発端になった株式市場の大暴落だけど、他にも候補者がズラッと並んでる。

   

191122a

   

その中で、shopping(買い物)のブラック・フライデーの項目を見ると、リンクや注も含めてやたら詳しい♪ 好きなんだね。とても全部は相手にしてられないから、言葉の起源だけ軽く見てみよう。ちなみに下図はそのまた一部にすぎない。

   

191122d

   

何世紀も前から、ブラックという形容詞が色々使われて来たけど、米国の歴史で最も有名なのは1869年。金価格の暴落騒動。米国ハフもこれを最初に挙げてた。

   

ただ、買い物関連の「ブラック・フライデー」の最初に関しては、英語版ウィキと米国ハフはちょっとだけ違ってる。米国ハフはまず、1950年代~60年代にフィラデルフィアの交通警察が、小売店関連のひどい混雑を表したとしてた。

   

191122e

   

   

    ☆     ☆     ☆

英語版ウィキは、それより僅かに前と思われる1951年と52年のメディア記事を先に挙げてる。サンクス・ギビングデー(感謝祭、11月の第4木曜日)の翌日・金曜日、労働者たちが4連休にするために病気になった(笑)ことを指してたらしい。

  

これなら、「ずる休み金曜日」だから、確かにブラック・フライデー♪ マジメな日本人の感覚なら、ブラック労働者。ただ、欧米は日本より適当、アバウトな社会だから(失礼♪)、フツーのことなのかも。

  

米国ハフは、この話を後回しにしてるけど、全体的には英語版ウィキとほぼ同じ説明になってる。英語版ウィキの方がもちろん先に書かれてるし、遥かに詳しいから、ハフの記者Casey Bondがウィキを「参考にした」と考えるのが自然かも。そもそもハフの記事には出典が非常に少ない。

   

   

    ☆     ☆     ☆

まあ、証拠はないから、ケーシー・ボンド氏からクレームが来るかも知れないけど(笑)、ありがちな事だ。日本のサイトでも、日本版ウィキをこっそり使ってることが非常によくある。私の場合は、堂々とすべて名前を挙げて、リンクを付けて引用、参照してるから問題ない♪

  

とにかく結論としては、「ブラック・フライデーの語源=労働者たちのずる休み金曜日」ということで。それに続いて、交通警察にとって人混みが大変な金曜日。いずれにしても、ネガティブな意味だ。もちろんその後、業界はポジティブで明るいものへと、イメージ戦略を展開して成功してる。

    

ただ、日本でどうかな? ハロウィーン狂想曲も早くも足踏み状態みたいだし・・とか思いつつ、私も買い物したくてたまらない(笑)。ともあれ、今日はそろそろこの辺で。。☆彡

   

         (計 1656字)

|

« Java初級編2~プログラミング学習アプリ・Progate3 | トップページ | 通信速度が急激に遅くなったと思ったら、低速制限200kbps以下・・ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Java初級編2~プログラミング学習アプリ・Progate3 | トップページ | 通信速度が急激に遅くなったと思ったら、低速制限200kbps以下・・ »