« 灘中学校2020年入試、算数の図形問題の解き方、考え方 | トップページ | 全記事一覧(2020年1~3月) »

国際陸連(IAAF)が世界陸連(WA)に名称変更&20年1月の全走行距離

(1日) RUN 14km,1時間09分34秒,平均心拍148

消費エネルギー700kcal(脂肪133kcal)

  

ナイキ厚底シューズ問題の結論を「IAAF(国際陸連)」の英語HPで読もうとしたら、WA(世界陸連)に変わってた (^^ゞ そうなの?! JAAF(日本陸連)の立場は?♪ 19年6月に決定して、10月が移行期間で、11月からは完全に名称変更したと。

      

200202c

   

World Athletics modifies rules governing competition shoes for elite athletes

世界陸連はエリート選手の競技シューズに関する規則を変更する

   

ニュースなんかより、この陸連らしくないオシャレなデザインが気になる(笑)。っていうか、このロゴは何をデザインしてるのかね? 後で調べてみよう・・と書きつつ調べないことが多かったりする♪ コラコラ!

  

あっ、簡単に見つかった。エライぞ、マニアック・ブロガー! ほとんど検索アクセスは入らないだろうけど(笑)。要するに、WとAと陸上トラックのカーブ(曲線部)をデザインしてるのか。Aには見えないけどね。まあ、形より、オレンジの色使いがキレイで斬新。グッジョブ!

   

   

    ☆     ☆     ☆

で、今さら感があるけど、厚底シューズドーピング論争のとりあえずの結論。

  

200202d

  

底の厚さは40mmを超えてはいけない。プレートは1枚を超えてはいけない(細かい決まりは省略♪)。スパイクシューズの場合は、スパイク装着用のプレートなら追加してもよい(その他省略)。

  

流石に細かいけど、これでも抜け道や突っ込みは色々可能だと思う。大体、40mm以下の底と1枚のプレートだけでも色んな事ができそうだね。

  

とりあえず、これまでのナイキ・ヴェイパーフライはOK。記録もそのままだと。しかし、女子マラソンのコスゲイの世界新はあまりに早過ぎると思うけどな。。

   

   

    ☆     ☆     ☆

一方、エリート界と無縁の一般市民ランナーは、昨日もイマイチやる気がない中、14kmだけスタスタ走って来た。久々に寒かったからか、1日休んだだけなのに、意外と疲れが少なくて好感触の走り。その気になれば、まだまだスピードは出せたと思う。その気になれよ!♪ 左足の親指の爪、右膝の痛みもほぼ問題なし。

  

トータルでは1km4分58秒ペース。狙い通りの5分切りで、心拍も低くて、ランニングフォームも腰高でキレイだった(と思う)。気温6度、湿度50%、風速2m。最後だけ心拍計が動かなくなったから、ちょっと補正。

   

    

往路(2.4km) 12分45秒 133 146

LAP1(2.1)10分33秒 145 154

 2   10分36秒 150 157

 3   10分29秒 154 158

 4   10分32秒 154 159

復路(3.0) 14分40秒 155 159

計14km 1時間09分34秒 148(84%) 159(88%)

   

   

   ☆     ☆     ☆

最後に、1月の全走行距離は、

  

 RUN 201km ; BIKE 0km

    

ギリギリでラン200kmは少ないけど、ペースは上がって来たし、もう湘南のひどいダメージは綺麗に消えた。ってことは言い訳できないから、もっとレベルアップしなきゃ!

   

自転車はいまだにパンクを直してないから、乗りたくても乗れないのだ (^^ゞ 乗鞍以降、丸5ヶ月もパンクしたまま♪ 自転車屋で修理してもらおうかな(笑)。ド素人か!

  

なお、今週は計14074字でちょっとだけ少なめに終了。まあでも数学記事2本(特に1本目)は手間ヒマかかってる。ラテン語に苦戦したもんで。あぁ、今月からポラールの負荷の折れ線グラフが無くなったから淋しいね・・とか思いつつ、ではまた来週。。☆彡

   

      

200202a

  

200202b

   

     (計 1490字)

|

« 灘中学校2020年入試、算数の図形問題の解き方、考え方 | トップページ | 全記事一覧(2020年1~3月) »

ランニング」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 灘中学校2020年入試、算数の図形問題の解き方、考え方 | トップページ | 全記事一覧(2020年1~3月) »