« 小学校『5、6年の楽しいプログラミング ドリルの王様』、問題と解き方3 | トップページ | 違法な(?)新手の高利貸し、給料ファクタリング(factoring)&プチラン »

日赤医療センター(東京)の医師をかたるチェーンメール、見分ける方法&プチラン

(14日) RUN 12km,58分34秒,平均心拍152

消費エネルギー620kcal(脂肪99kcal)

   

この話は身内が関係することでもあるから、ブログには書かないつもりだった。でも、今もまた熊本県副知事が謝罪したとかいうニュースが出てるし、今後の参考にもなるから、一応書いとこう。

  

日本赤十字医療センターHPにも、トップページに注意が出てる。サーバーに負荷を与えたくないので、あえてリンクは付けないけど、下の画像にはアドレスも入ってるし、私が偽の画像を作ってもマイナスにしかならない。「med」が医療、「jrc」が日本赤十字を表してる。もちろん本物だ。

   

重要 当センター医師を騙(かた)る新型コロナウイルス感染症に関するチェーンメールについて」(4月10日)。

    

200415a

   

   

   ☆     ☆     ☆

他の人に回してくださいとか拡散希望とか書いてある、いわゆる「チェーンメール」というものは、私は一度も送ってないし、あまり受け取ったこともない。それでも全部合わせると、10通近くは来てるかも。

   

その内、ごく親しい友人たちから来たものについては、すぐにおかしいことを見破って、ネット検索でチェーンメールだと確認。その友人たちに軽く注意した。悪気はないし実害もそれほどないと思うけど、社会を混乱させる偽情報であって、社会人が回すものではない。友人たちもすぐ認めて、素直に謝って来た。

    

今でもハッキリ覚えてるのは9年前、3.11東日本大震災の時。複数のチェーンメールが来たけど、そもそも社会が大混乱してる時にチェーンメールを回すこと自体が不自然だし、内容的にもおかしかった。それでも、念のためにネットで根拠を確認して、思った通り偽メールだなと確信した。まず、すぐ変だと気付くこと。そして、調べること。この2段構えが基本。

   

   

    ☆     ☆     ☆

では具体的に、私が今回受け取ったメールのどこがどう変だったのか。

   

もちろん、「拡散希望」というだけでもおかしいし、SNS全盛の今どき、メールを回すという発想もやや不自然。しかし、他にも色々あった。

   

まず、ドクターからと書いてるのに、ドクターの名前がない。本物の緊急メールを大病院の医師が回すのなら、名前と所属・部署、メールアドレスくらい書くだろう。あと、電話番号、専門など。

   

諸事情で書けないのなら、せめて名前の頭文字だけとか。それさえ書けないのなら、もはや拡散させる内容ではなくて、内部告発の専用窓口とか、新聞社、雑誌社に送るべき内容だ。病院内にも窓口はあるだろうし、病院外にもあるはず。私の職場にももちろんある。

      

次に、メールの中に目新しい内容がほとんど無い。NHKテレビのニュースで普通に毎日伝えてるような内容に、感情的な言葉を少し加えた文面だから、誰でも書けてしまう。具体性も足りないし、わざわざ一般に拡散する意味もよく分からない。例えば、何らかの医療器具が足りないのなら、一般人の間で情報を拡散するのではなく、医療の世界の内部で回すべきだろう。

  

そしてメールの末尾。「このメッセージを出来る限りの家族や友人にシェアしてください。時間がもうありません。よろしくお願いします」。時間がもうないと言いつつ、いつ送信したのか、日付けや時刻さえ書かれてないのだ。タイムリミットの記載もなし。大勢に拡散するには数日~2週間くらいの時間がかかるから、元の日時がいつなのかは重要な情報。

   

というわけで、あまりに明らかなチェーンメールだから私は調べることさえせずにスルーした。その後、ニュースで何度か出てたから、ホラ、やっぱり・・という感じだ。

  

ただし、災害時には、本物の重要な拡散希望メッセージもあるから、それは見逃してはいけない。例えば台風や河川の氾濫の時、ごく一部の家が孤立して見捨てられてしまうことは実際ある。その場合は、本当に命がけの緊急事態だから、ツイートにせよメール・LINEにせよ、具体的に日時や写真などが付いてるはず。何事にも例外はあるので、念のため。。

  

  

    ☆     ☆     ☆

最後に一言、昨日の走りについて。最低でも14km走る予定だったのに、急に予想外の用事が入って、12kmが精一杯(細かっ・・)。12kmなら、飛ばせば1時間以内で終わるから、気分的にも時間的にもラクなのだ。

  

公園に行くと、やっぱり普段とは違う皆さんがいらっしゃるから、ある意味、微かな連帯感を味わえる。全く知らない者同士でも、コロナ自粛の中、ちょっとでも身体を動かそうと思って公園に集まってると。ひょっとすると、人が少ない時間帯を選んで。

   

抜く時には数mの距離を空けるから、ちょっと遠回りになるけど、加速・減速のリズムとメリハリは生まれる。やる気がなかったわりにはスピードが出て、トータルでは1km4分53秒ペースで終了。3周目だけなら1km4分40秒。ちょっと膝を痛めたかも (^^ゞ

      

気温10度、湿度40%、風速3m。心拍計は最初と最後だけ動かなくて、後はほぼ正常だった。新年度の仕事が本格的に忙しくなって来て、ちょっとピリピリしてる中、今日は早くもこの辺で。。☆彡

   

      

往路(2.4km) 12分51秒 137 149

LAP1(2.1)10分13秒 152 159

 2   10分10秒 157 162

 3    9分58秒 158 168

復路(3.2) 15分22秒 154 166

計 12km 58分34秒 152(87%) 168(96%)

   

      (計 2196字)

|

« 小学校『5、6年の楽しいプログラミング ドリルの王様』、問題と解き方3 | トップページ | 違法な(?)新手の高利貸し、給料ファクタリング(factoring)&プチラン »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小学校『5、6年の楽しいプログラミング ドリルの王様』、問題と解き方3 | トップページ | 違法な(?)新手の高利貸し、給料ファクタリング(factoring)&プチラン »