« 小学校『5、6年の楽しいプログラミング ドリルの王様』、問題と解き方2 | トップページ | 布マスク(cloth face mask)の有効性、米国CDC(疾病管理予防センター)が再評価か&プチラン »

ポットの熱湯で足を火傷・・&プチラン

(2日) RUN 10km,52分20秒,平均心拍141

消費エネルギー506kcal(脂肪116kcal)

   

NHK『ニュースウォッチ9』を見てたら、海外の女性患者が、まるで肺にガラスが入ってるみたいだとか動画で話してた。

  

肺にガラス? 妙な比喩だなと思って、「lung glass corona」で英語のニュースを検索したら、納得。どうもあちらでは、新型コロナウイルスに感染した肺の様子を「ground glass」(すりガラス)と描写することがあるらしい。

  

割れた破片が刺さってチクチク痛むという意味ではなくて、病院の検査で画像撮影した時、本来なら黒く映るはずの肺が、白くて不透明な色に見えるという意味。そこから、本物のガラスで肺が密閉されて呼吸できないようなイメージも生じてるのかも。

   

私の場合、2年前に呼吸困難で病院に行ってるから、吸っても吸っても酸素が入った気がしない苦しみやしんどさはよく分かる。頑張って呼吸し続けないと、すぐに窒息死しそうな不安。寝れないのも辛かった。横になる姿勢が苦しいから、わざわざ座椅子なんてものを引っ張り出して来て「起座呼吸」。座ったまま浅い眠りで我慢、我慢。辛い夜は長かったな。。

   

  

    ☆     ☆     ☆

で、先日もまた別の苦しみを味わったのだ。生きてるとホント、色んな事があるね。まさかポットで沸かしたての熱湯を足にこぼすとは思わなかった (^^ゞ 子どもか! たぶん、そんな初歩的なミスは小学校以来だと思うけど、忘れてるだけかも♪

  

あまりに意外すぎて、ソックスを脱ぎ始めるまで数秒間かかったほど(遅っ・・)。右足の前側で、一部は軽い水ぶくれみたいになってしまった。熱くて足を冷やし続けたから、しばらく寝ることも出来ず。氷を買いに行こうかと思ったけど、冷水で間に合わせた。

   

こうなると、靴を履くのも辛いし、お風呂やシャワーも熱いから避けたくなる。せめて睡眠くらいは何とかとりたいと思って、まずバファリンを1錠だけ飲んだ後、アルコール度数3度の弱い酎ハイで寝酒。2日くらい経って、ようやく落ち着いた。

  

何でお湯なんて浴びたかっていうと、寝不足でボーッとしてたから。やっぱり、ここに来てどうも神経がピリピリ興奮して、眠りが浅くなってる。コロナより、他のアクシデントに注意した方がいいかも。交通事故とか、一人で階段から転落するとか(数回経験あり♪)。。

  

   

    ☆     ☆     ☆

そんな落ち着かない中でも、10kmだけスタスタ走って来た。最近はもう、身体の免疫力アップが主たる目的。治療薬も治療方法もないから、自分の免疫力、抵抗力だけが頼りだ。今のうちに、「呼吸筋」の持久力も上げといた方がいいし。

   

とはいえ、火傷が完治してないし、2日前のハーフ走の疲れも残ってたから、序盤は単なるジョギングモード。徐々にペースアップして、トータルでは1km5分14秒。復路は速かったし、ぎりぎり「RUN」ペースとしとこう♪ 外出自粛ってことなのか、かなり人が少なくて淋しかった。花見客はまたゼロ。本当に1組もいない。

  

気温9.5度、湿度45%、風速3m。北風が強かったから、ちょっと厚着して走ったらちょうど良かった。やっぱり風の影響は強いね。ちなみに、なぜか3月1日のデータが大幅に間違ってたから修正した(古っ・・)。

  

1世帯あたり2枚、合計1億枚の布マスク配付がどうでもいいと思ってる人達は、欲しい人にタダで譲れば?、とか思いつつ、ではまた明日。。☆彡

   

      

往路(2.4km) 13分29秒 131 146

LAP1(2.1)11分33秒 137 148

 2   10分56秒 145 153

復路(3.3) 16分22秒 151 162

計 10km 52分20秒 141(81%) 162(93%)

   

      (計 1515字)

|

« 小学校『5、6年の楽しいプログラミング ドリルの王様』、問題と解き方2 | トップページ | 布マスク(cloth face mask)の有効性、米国CDC(疾病管理予防センター)が再評価か&プチラン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小学校『5、6年の楽しいプログラミング ドリルの王様』、問題と解き方2 | トップページ | 布マスク(cloth face mask)の有効性、米国CDC(疾病管理予防センター)が再評価か&プチラン »