« 今週は残り900字、プチジョグその他 | トップページ | 数ヶ月ぶり、まったり過ごす月曜の夜♪(『逆転人生』社会的絆理論) »

天才・藤井、着物姿の師匠も撃破&リハビリジョグ

(21日)JOG 9km,47分15秒,平均心拍140

消費エネルギー 430kcal(脂肪 86kcal)

   

天才少年、まさに破竹の勢い☆ まあ、竹を破る人は見たことないけど♪ 割れやすい瓦を割って相手をビビらせる少年なら知ってる・・っていうのは、一部読者へのご挨拶だ(笑)。こんな記事、読んでない? あっ、そう。

   

初のタイトル戦となった棋聖戦では、絶好調の渡辺明・棋聖に初戦勝利。王位戦では明日(6月23日)、タイトル挑戦者決定戦。そして土曜日(6月20日)は、将棋界で最高の賞金を誇る竜王戦の決勝トーナメント進出を決定。写真は主催の読売新聞HPより縮小して借用。

  

200622j2

     

その相手となったのは、師匠の杉本昌隆八段。最近、調子はいいけど、超天才の弟子と違って、名前の変換はできない(笑)。ちなみに私の名前は一発で変換可能。登録してるから♪ 寒いわ! いや、登録しててもなぜか、時々出ないのだ (^^ゞ ま、単なる小市民だからいいけど。

   

   

    ☆     ☆     ☆

さて、将棋記事の使う棋譜(対局の記録)は、将棋db2というサイトを使うことが多いけど、このサイト、どうもちょっとビミョーになって来たようだ。著作権その他、法的に話題になってるようだし、たまに攻撃を受けてるのか、アクセスしにくいことがある。ブラウザが、IEもChromeも強い警告を発して来るのだ。危険だから引き返せと。

  

ただ、まだよく分からないから、とりあえず今日も使わせて頂こう。一応、危険防止のため、リンクは付けない。いざとなったら、例えばAbemaの動画(ライブ&録画)とかで調べる手もある。YouTubeの動画は怪しいから、基本的に使わないというか、そもそもほとんど見ない。

     

200622a

  

では、師弟対決の簡単な感想。上の27手目くらいまでは、そんなに珍しくないと思うけど、そんなにフツーでもない♪ 個人的にはもう、この局面で、初めて見たかも。先手の構えも後手の構えも、昔ながらの居飛車vs四間飛車の定跡ではない。

     

200622b

   

後手の師匠の角が、元の位置の反対側まで行ってる。先手の構えはますますグチャグチャ(失礼♪)。まあ、天才だから、これでいいのだ。これが素人の将棋なら、先手・藤井七段の構えは玉頭がスカスカに見えてしまう所。

   

   

    ☆     ☆     ☆

200622c

   

角を交換して、お互いに左側を盛り上げた後、61手目の6六角がいかにも藤井らしい角打ち。遠くから、ぼんやり打つのだ。すぐには役に立たないし、逆に角の頭を狙われそうに見えるから、なかなか打てないどころか、思いつかない。好手なのかどうかも不明で、確かこの時点でAbema動画のAI形勢判断も解説者の判断も、それほど差がついてなかったはず。

           

200622d

  

上の局面。プロ棋士の三枚堂達也・七段は、同歩より同角を主張してた気がするけど、天才少年は同歩。この後、後手の師匠の5四銀を、コンピューターは低く評価してた。後手の玉頭への反撃がキツイと読んでるわけか。

   

200622e

   

この2五桂に、解説者と聞き手の中村真梨花・女流三段は感心してた。7四に打つ桂馬を取りに行ってるのだ。普通と言えば普通の手だけど、目線が盤面の左側に行ってる状況だし、ワンテンポ遅れるから、意外と指しにくい手かも。

   

  

     ☆     ☆     ☆

200622f

   

後手はまだ桂馬を持ってるし、この7七歩の叩きとかちょっと嫌だけど、先手はどうも見切ってるらしい。先手の攻めの方が速いと。

        

200622g

  

藤井の飛車まで、意外と活躍し始める。縦と横、攻めと受け。おまけに、いざとなったら7五への転回もあり。

     

200622h

  

ここではもう、完全に勝負がついてるけど、着物姿で気合いを入れてた師匠は最後まで指し続けた。動画配信の視聴者へのサービスかな。最近はもう、いちいち動画を意識する時代になってる。人間がAIに完全に負けてる時代に、意外な人気。

      

200622i

   

最後は大差で投了。6四に合駒しても、8二銀で詰み。ちなみにこの対局も、いつものように、終盤は2人ともマスクを外してたけど、終局後はマスクで撮影に応じてた。動画のライブがあるから、途中の細部まですべて分かってしまうのだ。

  

さあ、これで明日がまた大勝負。藤井が勝つ方が盛り上がるけど、相手は永瀬拓矢・二冠だからトップ棋士。6月4日の対決は藤井の勝ちだけど、それ以外は永瀬も勝ちまくりの状態。明日も動画をチラ見しようかな。仕事中に♪ コラコラ!

   

   

    ☆     ☆     ☆

一方、単なる市民ランナーの端くれは、昨日も家で仕事に追われつつ、9kmだけ走って来た。ズーーッとパソコンに向かってるから、ちょっとした気分転換。他に、腹ごなし&免疫力アップ。

   

まだ左ふくらはぎ痛が直ってないから、軽くかばうようにして適度にコントロール。スピードが遅すぎると逆に、変な力が脚に加わってしまう。走ってる途中はそれほど痛みはなくて、トータルでは1km5分15秒ペース。まあ、距離が短いから、「JOG」扱い。

  

帰宅後、シャワーを浴びてしばらく経つと、また左ふくらはぎが痛くなって来た。ヤバイね。気を付けなきゃ! 座ったままの仕事が増えてる悪影響もあるはず。気温20.5度、湿度91%、風速2.5m。ジメッとした生ぬるい風が、わりと心地よかった♪ 心拍計は序盤、かなり低く出てたし、後半も低めだったから、大幅にプラス補正。ではまた明日。。☆彡

   

   

往路(2.4km) 13分23秒 130 144

LAP1(2.1) 11分01秒 141 152

 2(2)   10分25秒 146 158

復路     12分26秒 144 157

計 9km 47分15秒 140(80%) 158(90%)

    

     (計 2213字)

|

« 今週は残り900字、プチジョグその他 | トップページ | 数ヶ月ぶり、まったり過ごす月曜の夜♪(『逆転人生』社会的絆理論) »

ランニング」カテゴリの記事

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今週は残り900字、プチジョグその他 | トップページ | 数ヶ月ぶり、まったり過ごす月曜の夜♪(『逆転人生』社会的絆理論) »