« 深夜まで猛暑で28.5度ジョグ、『サライ』(ペルシア語sray)を歌いつつ♪ | トップページ | お盆の由来、餓鬼道に落ちた母を救う目連と釈迦~盂蘭盆(うらぼん)経・原文&盂蘭盆会 »

お盆休み前の仕事、ほぼ終了、ジョグの後はお経の解読とか♪

(12日)JOG 7km,37分18秒,平均心拍138

消費エネルギー 357kcal(脂肪 79kcal)

  

「ほぼほぼ」終了と書こうとしたけど、それはウソだから止めといた♪ 私の感覚だと、「ほぼ」は8割、「ほぼほぼ」は9割くらいなのだ。まだ9割終了とは言えない。

  

って言うか、「ほぼほぼ」って早くも死語? 聞かなくなったね。検索してみると、ウチのブログでたまに使ってたのは、2017年から18年にかけて。去年から今年にかけてはゼロだった(昨日まで)。「ほぼほぼ」って言葉自体が、ほぼほぼ死語かも♪

   

   

     ☆     ☆     ☆

ところで、「ほぼ」を漢字変換すると、「保母」になる。母を保つ。

   

たまたま今朝、朝日新聞(20年8月13日)の朝刊コラム「天声人語」を読むと、母とお盆の話だったのだ。だから、無意識の内に「ほぼ」と書きたくなったのかも。分かりにくっ♪

   

「7世紀には『盂蘭盆会』(うらぼんえ)という仏事が営まれた。もとは中国から伝わった説話。釈迦の弟子が、陰暦7月15日に食べ物を供え、餓鬼道に堕ちた亡母を救ったという」。まさに、母を保つ、いいお話。

   

   

     ☆     ☆     ☆

素直で従順なブロガーとしては、親孝行な息子だなと思うより先に、何で母は餓鬼道に堕ちたの?、と疑問を感じたのだ♪ ガキって、男の子じゃないの?(笑)。そこか!

   

で、またマニアックに、元のお経「盂蘭盆経」の原文(漢字)やサンスクリット語まで調べてたら、時間切れになって、記事にならなかったわけ(笑)。ブロガーあるあるか! まあ、いずれ書くことにしよう。あぁ、そう言えば今週は、小説レビュー書くとか言ってたのに。

  

ちなみに辞書的には、「ガキ」に男の子って意味はないらしい。新垣結衣ね♪ ガッキーか! 違った。ジャニーズ副社長ね♪ タッキーか! いや、そうじゃなくて、腹をすかせて食べ物をむさぼる子どものことね。まあ、男の子の方がガッツクから、普通は少年に使う言葉になると。

  

私も少年時代は、夕食の直前に食パン1斤、丸ごと食べてたのだ♪ ガキ! パンとハムを合わせて、1000kcal食べて、直後に夕食で1000kcalとか。っていうか、今でも少年だけど。だから寝る前に2000kcal近く食べたと (≧▽≦)

   

  

     ☆     ☆     ☆

あぁ、仕事がほぼ終わると、いつも以上に軽口を叩けるわ♪ おしゃべりか! いや、重たい話も色々仕入れてるんだけど、ちょっと今、その種の話を書くノリではないもんで。

  

で、とにかく昨夜も仕事に追われつつ、7kmだけジョグ。これで一応、1週間連続となったから、結構、頑張ってるなと思って去年と比べてみたら、去年の方が頑張ってた (^^ゞ 今年の努力、ガックシ。。_| ̄|○

    

まあ、例年なら夏は、乗鞍ヒルクライムがあるからね。今年はコロナで中止っていうか、元々エントリーしてなかったから、やっぱり気分的に緩んでる部分はある。ただ、コロナ対策の免疫力アップっていう目的が新たに出来たから、猛暑ジョグも何とか続けてるわけ。

  

前日より僅かに気温が低かったからか、意外と足は動いて、トータルでは1km5分20秒ペース。気温27度、湿度88%、風速1.5m心拍計はほぼ正常で、高過ぎる最大値だけ低めに補正した。

   

あぁ、朝からもう30度超えか・・とか溜息をつきつつ、ではまた。。☆彡   

   

   

往路(2.4km) 13分51秒 128 142

LAP1(2.1) 11分10秒 141 151

復路(2.5) 12分18秒 148 161

計 7km 37分18秒 138(79%) 161(92%)

   

        (計 1439字)

|

« 深夜まで猛暑で28.5度ジョグ、『サライ』(ペルシア語sray)を歌いつつ♪ | トップページ | お盆の由来、餓鬼道に落ちた母を救う目連と釈迦~盂蘭盆(うらぼん)経・原文&盂蘭盆会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 深夜まで猛暑で28.5度ジョグ、『サライ』(ペルシア語sray)を歌いつつ♪ | トップページ | お盆の由来、餓鬼道に落ちた母を救う目連と釈迦~盂蘭盆(うらぼん)経・原文&盂蘭盆会 »