土中の餓死でミイラ化した遺体、「即身仏」をたどって~朝日新聞・夕刊

2014年12月3日から、朝日の夕刊で5回連載された短期シリーズ、「即身仏

をたどって」。朝日新聞デジタルでたまたま見るまで、紙面では気付かなかっ

たが、読むと小学生の頃の思いが鮮やかに甦って来た。畏怖と妖しい好奇心。

 

ちょうどその頃、幼心に、「みんな、いずれ死ぬんだな・・・」という事を理解して、

寝る前に「みんな、いつまでも生きて行けますように・・・」とかお祈りすることも

あった。一方、どうせ死ぬなら自分で厳かに死にたいという思いもあって、その

際の極限的なモデルが即身仏(そくしんぶつ)だったのだ。キッカケは忘れたが、

故郷の書店の宗教関連コーナーで何度か立ち読みした気がする

 

「コトバンク」で『世界大百科事典』第2版の説明を読むと、即身仏とは、「即身

成仏した行者のことであるが、通常その遺体がミイラ化して現存するものをい

う。・・・」と書いてある。ところがウィキペディアには、「即身仏と即身成仏は全く

別物である」と書いてある。

 

ウィキの間違いや出典の怪しさについては、これまでも度々具体的に指摘し

て来たし、この即身成仏の項目も、『岩波仏教辞典』だけを出典とした非常に

短い説明に過ぎない。ただ、朝日の即身仏の記事でも、おそらく意図的に「即

身成仏」という言葉を避けてるので、ここでも一応、別扱いとしとこう。個人的

には、おそらく『世界大百科』の方が妥当だろうと思う。総体的かつ相対的に。

 

 

           ☆          ☆          ☆

朝日の記者・川戸和史を即身仏へと向かわせた理由は、何とも文系的で漠

然としたものだ。── 社会全体の死が、ありふれた平穏なものになっていく

中で、悲しみ方、悼み方、社会保障の考え方なども変わっていくだろう。そうし

た変化への「考えを深めるには、何か対極から照射する強い光のようなもの

が必要だ」 ──。

 

現代の死生観の圏外から光を放ってくれそうなものこそ、即身仏。山形県の

日本海沿岸、庄内地方に集中して残ってるらしい。木の実や草の根を食べる

「木食」(もくじき)の苦行で腐らない肉体を作り、最後は土の中に埋まって餓

死。1000日後とか、しばらく経ってからミイラ(広義)として掘り出されるとのこ

と。ちなみに狭義のミイラは、遺体に人工的な防腐処理を施したもので、後で

登場するお寺、大日坊のHPでは、即身仏との違いを強調してた。

 

連載第1回「『やさしい』と女、『できない』と男」では、唯一、2体が並ぶ海向寺

が舞台。忠海と円明海、江戸時代の2体を目にした様々な反応を挙げてるが、

男である私はやはり、自分には「できない」というのが第一感。ということは、

「できるだろうか」と直ちに自問してるわけだ。女性にとってはあくまで他人で

あって、自分とは別物なのだろう。

 

掲載写真では、ちょうど仏様が見えない角度になってるが、画像検索すると

大量にヒットするから、必ずしも撮影禁止ではないのだろう。まあ、カメラやネッ

ト程度で有難みが薄れるような存在ではないはず。

 

キリスト教徒らしい外国人が「これは自殺だ」と叫んだとか、外国の宗教学者

が「これは宗教じゃないね」と語ったという話は、型にはまったものだが、本音

だろう。自殺と呼ぼうが自死と呼ぼうが、要するに自分から死んでるわけで、

自分が死んで神や仏になるという発想のない人には、非常に奇妙に見えても

不思議はない。

 

ちなみにキリスト教や仏教と自殺の関係については、以前、記事を書いてる。

 

  釈尊は自殺について価値判断せず~朝日新聞「自殺と宗教・上 仏教」

  罪の改釈、教義への柔らかい挑戦~朝日「自殺と宗教・下 キリスト教」

 

 

          ☆          ☆          ☆

連載第2回「誰と対面しているのか」は、本明寺にある現存最古の即身仏、本

明海をめぐって。元は下級の武士で、最後は修行で足腰が弱って、村人たち

が境内の縦穴に入れたとか。現代なら、自殺幇助の罪に問われる恐れもある

行為だ。禁止されたのは、明治維新の後らしい。

 

即身仏は、生前も死後も、周囲の人達と密接な関わりを持ってる。そもそも死

後、即身仏として掘り出すのは必ず周囲の人。それどころか、本当は病死な

のに、手術で内臓を取り出して即身仏にした例もあるらしい(南岳寺の鉄竜

海)。他の例でも、本当に土中で自ら餓死したと実証された即身仏は無いとの

こと。結局、即身仏とはそれ自体で存在するものではなく、周囲との関係性の

中で成立するものなのだ。

 

なぜ即身仏になるのかという、本人に対する問いは、なぜ即身仏を求めるの

かという、周囲に対する問いと不可分のもの。もちろん、この場合の周囲には、

現代の我々や記者も含まれることになる。その意味で、「誰と対面しているの

か」と問われれば、「仏様とわれわれ」だと、ひとまず答えるしかない。

 

そして、その場合の「と」という並立助詞の前後は、決して切り離せないわけだ。

客体と主体のようによそよそしい二項対立ではない。。

 

 

          ☆          ☆          ☆

第3回は、「超越者は座り続ける」。月山の注連寺にある即身仏のスター、江

戸後期の鉄門海をめぐるお話。この寺での経験をもとに、森敦が小説『月山』

を執筆。翌年(1973年)に芥川賞。小説に鉄門海は登場しないものの、即身

仏をめぐる怪しげな話が登場するので、月山ブームで観光客が集まったらしい。

 

戦後、森と親交のあった太宰治を含めて、若者の自殺が増加。モーリス・パ

ンゲは『自死の日本史』で、「遅れてきた特攻」と語る。森にも自殺への思い

があったが、大義を持った自殺に対する疑問もあったので、即身仏に対する

斜に構えた態度が小説に表れたのではないか。視線は注ぐものの、真正面

から見つめることはない。

 

そう、記者は言いたいのだと想像するが、記者の文章自体が何とも曖昧な

のだ。「研ぎ澄まされた作家の感性を森は無意識の自己韜晦(とうかい)に

包み込んだように思えてならない」。こうした文自体が、記者の側の韜晦、自

分をつつみ隠すことになってる。

 

とにかく、小説や月山のブームが過ぎても、武士殺し、艶話、男根切除、片目

摘出などの派手な伝説が学問的にほぼ否定されても、鉄門海は超越者として

静かに座り続けるのであった。。

 

 

P.S. 2015年6月3日、NHK『歴史秘話ヒストリア』で、鉄門海がドラマ仕

      立てで紹介されたらしい。

 

 

           ☆          ☆          ☆

時間も字数も無くなって来たので、後は簡単に。第4回「歴史の闇はこの世の

興味」では、大日坊の即身仏、江戸の百姓だったという真如海をめぐるお話。

 

明治維新による廃仏毀釈(神仏分離)や火災などで、歴史の闇に沈んだ実態

が、観光ブームで再び勢いを取り戻す。メディア、観光客、寺に対して、記者

は冷めた態度を遠回しに示してるが、新聞記事そのものにも「この世の興味」

を超える深みがさほど感じられない。

 

その点は、最終回(第5回)、「生きる者だけの権力なのか」を読むと、より明確

になる。元々、金融・財政政策担当の論説委員だったという記者は、「即身仏

をたど」る前から、答えらしき持論を用意していたようだ。6体目、国内最後と言

われる即身仏、観音寺(庄内の南の新潟県)の仏海(~1903)をめぐって色々

書いた後、終盤に次のような話を持ち出す。

 

── 江戸も今も、大衆は愚かな支配層、権力に対して、哲学者ニーチェの言

うルサンチマン(怨恨)を抱く。そしてその思いは、即身仏をめぐる伝説に使われ

ることもある(生前の武士殺しとか)。

 

ただ、今は昔と違って、哲学者フーコーの言う「生の権力」を国民が支持する。

高齢化社会を支えるため、無理な国債発行でマネーを脹らませ、かろうじて

社会保障を保っている。しかし、国債という名の膨大な借金を背負うのは、現

在の生ではなく、未来の生。やがて、この先送りシステムは破たんし、「生」の

仮面をかぶった「死と差別の権力」が台頭するのではないか ──。

 

 

          ☆          ☆          ☆

こうした記者の考えは、平凡とはいえ、重要な議論であるのは確か。けれども、

それを即身仏とつなげる論理が、連載ラストの次の文章だけだと、あまりにイ

メージ的、人文的、あるいは詩的なつぶやきに聞こえてしまうのだ。

 

   「神仏に祈るほかない時代が残した即身仏に『メメント・モリ(死を想え)』

    といわれた気がするだけでも、人生に幾ばくかの含みが加わるように

    思える。」

 

政治・経済は、芸術ではない。テレビ朝日の『朝まで生テレビ』とかなら、田原

総一朗が強い口調で問い詰めそうだ。

 

  「頭が良過ぎて、何を言いたいのか分からない。要するに、十分な社会保

  障を諦めて、即身仏みたいにシンプルに死んで国債を減らせってこと? 

  アベノミクスの無理な金融緩和も危ないから、衆院選の投票にも気を付け

  ろってこと?」。

 

即身仏や飢饉みたいに、一人で自然の中で餓死するのは無理だけど、生と

死のシステムにかなり無理があるのも事実。だからと言って、民主主義の多

数決を基本にすると、システムを変えるのも非常に難しい。

 

多くの人は、今生きてる自分たちの生活を豊かにしたいのだし、不自由な状

況になると高度な医療や介護が欲しくなる。グローバル化社会の中、日本だ

け清貧の思想でやって行こうとすると、貧し過ぎて清らかでない状況になるリ

スクもある。実は、即身仏になれなかった失敗例も多いそうだ。。

 

 

          ☆          ☆          ☆

とりあえず、われわれが出来るのは、目の前にある食べ物を大切にいただく

こと。任された仕事を誠実にこなすこと。出来る範囲で、助け合うこと。必ず来

る死を想いつつ、生を有難く享受すること。そういった当たり前の事だろう。

 

未来の生も含めて、他の生に過度の重荷を負わせることなく、いかにして、ど

の程度まで、自らの生を豊かにするか。そして、どのように死ぬのか。いかに

して、社会が決定を行うのか。これらを真剣に考え続ける生きた存在こそ、ミ

イラ化した死体とは無関係の、身近な「即身仏」かも知れない。あるいは、現

実的な「即身成仏」の方向かも知れない。

 

なお、以上に登場した6体の上人、高僧を安置する5つの寺はいずれも、月山

のすぐそばにある湯殿山信仰を担う真言宗の寺。ウィキの「ミイラ」の項目によ

ると、他に全国で12体あるそうだ(西生寺の弘智法印を最古とするなら11体)。

 

それでは今日はこの辺で。。☆彡

 

                                    (計 4104字)

| | コメント (0)

生き仏様の千日回峰行&一般人のゴロゴロ過ごした夜

ホーッ・・・酒井雄哉(さかい・ゆうさい)師が死去か。歯肉がんとの事。。有

名な生き仏さまで、子供の頃からお名前もお顔も覚えてたし、素直に自然

に頭を下げたくなる方だった。滋賀県大津市にある、天台宗総本山・比叡

山延暦寺で、荒行の「千日回峰行」を2度も達成した「大阿闍梨」(だいあ

じゃり)。要するに「規範となる師(阿闍梨)の中でも、大いなる僧侶」のこと。

 

聖地・比叡山の千日回峰の説明は、似たようなものがあちこちに書かれ

てるから、わざと語り口を変えてみよう。情報は、天台宗HPなどより。

 

7年間にわたって合計1000日、真っ暗な山の中とかを1人で30km歩き

回るのが基本パターン。笠、白装束(しろしょうぞく)、草鞋(わらじ)履きとい

う、出で立ち。3年目まで毎年100日、4年目と5年目は100日、6年目は

100日、7年目は200日。

 

   (100×3)+(200×2)+100+200 = 1000(日)

 

ウィキペディアその他には、実際は975日で残り25日はその後の人生の

分、といった感じの話が書いてるけど、どうして25日という日数なのか、あ

と、25日分を何年目から差し引くのか、その情報は見当たらない。多分、

7年目が175日(=200-25)なんだろう。

 

 

         ☆          ☆          ☆

6年目は京都への往復が加わって1日約60km、7年目の前半の100日

は京都の巡礼が加わって1日約84km。

 

これ、ランニングでもウォーキングでもなく、あくまで仏教の修行だから、重

くて動きにくい衣服を身につけて礼拝しながらゆっくり進むわけで、平均時

速4kmキープでも21時間もかかってしまう(84÷4=21)。睡眠時間は

僅か2時間しかないというお話。それを100日間。。

 

睡眠と言えば、凄いのが5年目完了後の「堂入り」。足かけ9日間(時間的

には7日半)、断食・断水・不眠・不臥、ひたすら座って真言(=呪文、サンス

クリット語だとマントラ)をとなえ続ける、究極の荒行だ。半日でも大変な事を、

9日。。医学、生物学的にも、生きてるのが不思議なほど。歩いてる時には、

好きな阪神タイガースのことを考えたりすることもあったそうだけど、この時

ばかりはそんな余裕は無いだろう。4日目くらいからは、死斑や死臭が出た

と語ってる(朝日新聞デジタル)。

 

千日回峰をやり遂げた満行者は、延暦寺の記録によると僅か47人。2回

達成した人は、記録の残る1571年の焼き打ち以降、3人しかいないそう

で、その内の1人が昨日亡くなった酒井師なのだ(他の2人の名前は不明)。

生き仏様から、本物の仏様になられたということで、信者でない私としても、

自然に合掌。。

 

なお、千日回峰は比叡山以外でもあるようで、福岡県・求菩提山では、山

田龍真が「1000日連続」で達成したと、龍王院HPに書いてあった。1986

年、満行とのこと。吉野・金峯山寺でも、柳澤眞悟師が達成。143日連続×

8年(足かけ)、1日48kmの山道。。修験道の世界、畏(おそ)るべし。。      

 

 

 

          ☆          ☆          ☆  

一方、単なる凡人の私は昨日、休日出勤と睡眠不足で疲れ果てて、仕事を

終えた後しばらくボーッと過ごしてしまった (^^ゞ 些細な買い物に1時間くら

い歩き回ったり(「1時間回街行」♪)、超久々に携帯シューティング・ゲーム

のGLADIUS(グラディウス)をやったり。今頃ようやく、やり方が少し分かっ

て来た。200円くらい(?)でダウンロードしたから、元を取らなきゃ!(笑)。 

 

で、フラフラした状態で21時半に帰宅して、テレビをつけると、美青年が畳

の上でゴロゴロしてたのだ(爆)。可愛いね♪ 元々、「天然」がちょっと入っ

てる「天然・智くん」なんだから、そこをもっと強調してドラマを作った方がい

いかも。

 

『金田一耕介vs.明智小五郎』は、ほとんど見る気はなかったけど、朝日新

聞の朝刊のコラム「試写室」は読んでて、ちょっとオチが気になってたのだ。

「金田一ばかりが目立つなぁと思っていたら、とんでもないところで明智現

る」(おそらく女性の記者・江戸川夏樹)。ロクに見てないどころか、音声さ

え聞き流してたけど、「とんでもないところで」明智が現れるシーンはたま

たま見た。まさか、金田一の下から出て来るとは。。かぶりものかよ♪

 

あの後、さらにもう1回か2回、そのパターンが続くんじゃないかと思って

待ちかまえてたのに、あれで終わりだったね。一番最後に、美青年のお

風呂のシーンくらいサービスしても良かったかも・・・と思ってる、そこの貴

女(あなた)! それは自分の想像力を鍛えて補うのだ♪

 

1000日間、ひたすら想像の修行を続ければ、別次元の世界に到達でき

るだろう。ま、元の世界に帰って来れなくなりそうだけど(笑)。ちなみに私

の「ブログ回峰行」は、もう少しで3000日になる。達成しても、ほとんど感

心してもらえないだろうけどネ (^^ゞ

 

あっ、そうそう。昨夜は、同期の桜ブロガーに祝辞&激励メールを送ったん

だった♪ 「病克服行」を既に3年続けたことになる。あと数年頑張れば、め

でたく満行だろう。それでは、今朝は手短にこの辺で。。☆彡

 

 

P.S. 2015年10月21日、延暦寺一山・善住院住職、釜堀浩元さんが

     最大の難関「堂入り」の行を終えたとのこと。戦後13人目で、この

     時点で「当行満阿闍梨」の称号が与えられる。残りは2年。。

 

                                   (計 2176文字)

| | コメント (0)