ドラマ原案、イプセンの戯曲『民衆の敵』のあらすじ&英語・ノルウェー語原文

今季(17年・秋)は珍しく、2つも連続ドラマを見始めたが、どちらも

すぐ、記事を書く気がしなくなった。過去12年間で初めてのこと。

『陸王』は単純だし、『民衆の敵』は脚本のバランスがビミョー。共に、

萌え要素はゼロ♪

 

とはいえ、私は一応ランナーだし、月曜の夜は気が緩む時だから、

どちらのドラマも大部分は流し見し続けてる。全く見なかったのは、

『陸王』が1回で、『民衆』は2回くらいか。

 

 

     ☆        ☆        ☆

『民衆』の最近のストーリーは妙に暗くて重いものに変質して来たな

と思ってたら、朝日新聞の寸評が目に留まった。朝日は普通、フジ

月9には冷たい反応かほとんど無視なのだが、今回は意外なほど

好意的にプッシュしてる。記者でなくライターだからか(和田静香)。

 

171212a_2

 

コラム名は「TVがぶり寄り」、タイトルは、「民衆の真の敵とは?」。

 

 ・・・回を重ねるにつれ、見る側が試されるすごいドラマだなぁ

 と感じている。・・・ドラマは後半にきてガラリと変わる。・・・

 主人公は、社会を替えるには権力こそが大切で・・・市長選に

 立候補、当選する。当然、操り人形にしたい派閥に利用され、

 信頼は失墜して孤立する。

 

  ドラマのタイトルは、腐敗を正そうとした男性が民衆に敵の

 烙印を押される、イプセンが19世紀に書いた政治が大罪の

 戯曲と同じ。

 

全く知らなかった私は意表を突かれて、直ちに戯曲(演劇の台本)の

英語原文と英語版ウィキペディアをチェック。真っ直ぐな正論過ぎて、

私の趣味ではないけど、ちょっと興味深かったのも事実だから簡単に

まとめとこう。

 

 

      ☆        ☆        ☆

第8話の視聴率(関東地区、ビデオリサーチ)が5.3%で、最低記録

を更新したと伝えられた今日、ネットで「民衆の敵 原作」を検索すると、

かなりの数のサイトがヒットする。

 

しかし、原作というほどの関連でもないので、むしろ「原案」というべき

だろう。ただし、公式サイトのイントロダクションを見ると、イプセンの

戯曲には触れてなかった。題名だけ借用した、オリジナル脚本だと

言いたいわけか。

 

171212b

 

上は元のノルウェー語の原書で、中央に著者の名前(HENRIK

IBSEN:ヘンリック・イプセン)、一番下には1882年と書いてある。

インターネット・アーカイブで公開中、著作権は消滅済みのはず。

 

題名の『EN FOLKEFIENDE』をGoogle翻訳

すると、「AN ENEMY OF PEOPLE」。つまり、

「民衆の、1人の敵」。

 

1つを表す不定冠詞が付いてるので、「民衆という敵」と解釈する

のは難しそうだ。要するに、主人公のことで、戯曲ならストックマン

(男性医師)。ドラマなら、佐藤智子(篠原涼子)。

 

ちなみに、原題を語順までそのまま直訳すると、

「AN PEOPLEENEMY」(民衆・敵)だから、専門

レベルだと、いくつかの解釈が可能なのかも。。

 

 

      ☆        ☆        ☆

それでは、英語版ウィキのあらすじ(5部構成)をまとめてみよう。

主人公以外の登場人物の名前を入れると、逆に分かりにくいだろう

から、省略する。

 

 第1幕 ストックマン夫妻の自宅の夕食会に、兄弟でもある市長、

     新聞編集者が集まる。街の温泉(健康浴場)が汚染されてる

     という噂について話してる時、噂を裏付ける手紙が届く。

     編集者は新聞記事を書くことに同意。ストックマンは、自分

     が街の救世主だと信じる。

 

 第2幕 ストックマンの家で、編集者との連帯関係が深まる。編集者

     としては、汚染問題を街の政治腐敗をあばく出発点にしたい。

     そこへ市長が来訪。街の破壊につながるわがままで、大きな

     視野を持ってないから、もっと穏やかな方法を勧める。しかし

     ストックマンが拒否したので、市長は、彼と家族に悲惨な結果

     が生じるだろうと言う。

 

 第3幕 新聞社では議論の末、行政の闇の暴露はマイナスの効果

     が大き過ぎて疑問だと、態度変更。ストックマンは、それなら

     自分一人で戦おうと決意。街の集会を開いて情報を広めよう

     と考える。彼の妻はリスクを感じつつも、彼のそばに寄り添う。

 

 第4幕 ストックマンは集会で、汚染情報や、街のリーダーの腐敗、

     街全体の堕落について語る。街の人々は侮辱されたと感じ、

     怒りの声が響き渡る。やがてストックマンは「民衆の敵」という

     烙印を押され、街から追放される。

 

 第5幕 家の窓は割られ、娘は学校から追放される。浴場ビジネス

    の利権を獲得した義父からもアドバイスされたが、ストックマン

    は無視。正しい事を行うのに必要なのであれば、「民衆の敵」と

    しての役割を引き受けようと決心する。

 

 

       ☆        ☆        ☆

あらすじを見た所で、ポイントとなる箇所だけ、英語の原文で読んで

みよう。ここでは、電子図書館グーテンベルクを利用した

 

まず、ストックマンの告発に民衆が激怒する場面。第4幕の終盤。

日本語訳は一番下のみ。

 

171212c

 

 The whole crowd(shouting).

  Yes,yes! He is an

  enemy of the people!

  He hates his country!

  He hates his own people!

 

 群衆全体(叫びながら)

   そうだ、そうだ! 彼は民衆の敵だ!

   彼は自分の国を憎んでる!

   彼は自分の国の民衆を憎んでる!

 

 

ちなみに、ノルウェー語原文は次の通り。単語も文法も英語に

ちょっと似てるので、雰囲気は感じ取れる。

 

 「Han er en folkefiende!

彼は である 一人の 民衆の敵

 

171212d

 

 

      ☆        ☆        ☆

最後に、戯曲のラスト。翻訳は中盤から。

 

171212e

 

 Dr.Stockmann. 

  Yes.(Gathers them round him, 

  and says confidentially:) 

  It is this,let me tell you ─ 

  that the strongest man in the 

  world is he who stands most 

  alone.

 

 Mrs.Stockmann 

  (smiling and shaking her head)

  Oh,Thomas,Thomas!

  

 Petra (encouragingly,as she 

  grasps her father’s hands). 

  Father!

 

 

 ストックマン 

  それは、こうゆう事だよ。 

  世界で最も強い男とは、ほとんど一人で立ってる男なんだ。

 

 ストックマン夫人 

  (笑いながら、頭を振って) 

  あぁ、トーマス、トーマス!

  

 ペトラ

  (父の手を握って、激励しつつ) 

  お父さん!

 

 

ノルウェー語のポイント(世界で最も強い男・・・)は、

 den staerkeste mand i verden,

det er han,som star mest alene.

 

171212f

 

 

      ☆        ☆        ☆

最後の最後は、女性2人の愛情溢れる言葉で締めくくってる。

悲劇か喜劇かはともかく、古き良き時代のヒーロー物語。

 

現代日本だと、ドラマでも現実でもあり得ないだろう。むしろ、身近な

女性2人に冷たく非難されて、思い切り凹んで淋しい終了とか♪

 

実は元の戯曲も、真面目な正論というより、シニカル(皮肉)な笑い

を誘うコメディのような気がする。

 

ともあれ、ノルウェー語が意外と読みやすいのを確認したところで、

今日はそろそろこの辺で。。☆彡

| | コメント (0)

日馬富士引退、モンゴル・メディアのHPをグーグル翻訳で読む(英訳・日本語訳)

日馬富士、やはり引退。。 本人としてはまさかの展開で、心残り

だろうね。記者会見にも、反省や謝罪と共に、悔しさや無念さが

溢れてた。

 

追い打ちをかけるように、記者の側でスマホや携帯の着信音が鳴り

響いてたというウワサがある。もし、わざとやったジャーナリストが

いるのなら、そちらも謝罪すべきだろう。「礼儀と礼節」として。

 

 

      ☆        ☆        ☆

前にも書いたが、暴力をふるったから引退は当然といった考えは、

話を単純化し過ぎてる。同じ体罰でも平手打ち数発なら、これほどの

大騒ぎにはならないはず。そもそも彼らは、本番でも練習でも激しく

ぶつかり合うプロの格闘家なのだ。

 

単なる口ゲンカをちょっとハミ出した程度なら、何ともない個人的な

揉め事。むしろ、車のスピード違反の方が危険行為だが、その処罰

は僅かな罰金と減点、講習程度であって、日常茶飯事にすぎない。

 

武器を使って病院レベルの大ケガ(?)をさせたとされたから、警察

沙汰で引退に追い込まれてしまう。殴った際の細かい経緯も大きな

問題ではない。最大のポイントは、どの程度の殴り方、叱り方だった

かということ。

 

そこがハッキリしないまま引退というのはおかしな話だけど、警察側

の情状酌量とか相撲協会・親方などの立場を考えると、仕方ないの

だろう。少なくとも、日本人と日本社会の感覚では。。

 

 

      ☆        ☆        ☆

一方、モンゴル人やモンゴル社会の感覚だと、どうなのか。私は

以前から、日本のメディアが伝える現地の様子に不自然なものを

感じてた。一言でいうなら大げさで、日本とモンゴルの対立を煽る

ような報道が目立つ気がする。

 

そこで、引退届や記者会見からほぼ半日経った29日の深夜(日本

時間)、現地のメディアを色々とのぞいてみた。

 

英語版ウィキペディアの「Media of Mongolia」

(モンゴルのメディア)という項目を見ると、そこそこのメディアへの

リンクが張ってある。国の報道局、新聞、テレビなど。

 

171130e

 

 

私は上から順に、次々とアクセスしてみたが、日馬富士のニュース 

はなかなか見当たらない。ニュースのタイムラグ(時間差)が数時間

あるだろうし、HP更新の時間的間隔の問題もあるだろうけど、各々

速報を競うほどの大事件ではないらしいのが分かる。日本との

温度差、関心の差は、想像以上に大きいみたいだ。

 

なぜかアクセスできないサイトも目立つ中、ようやく一つ見つけた

のが、「NEWS.mn」。後半の「.mn」というのは、モンゴルの

国別ドメインだから、要するに「ニュース」という名のメディアになる。

あるいは、「モンゴル・ニュース」ということか。会見直後の速報だ。

 

 

     ☆        ☆        ☆

171130f

 

もちろん私に、モンゴル語の知識は全くないから、見出しも単語

も分からなくて、最初は写真が頼りになる。最初の「ハルマフジ」

という言葉の綴り(アルファベットみたいな表音文字)は、言われて

みればなるほどと納得。

 

続いて、マイナーな国や言語を機械翻訳する際の基本は英語訳

だから、レベルアップしたとか去年話題になってたGoogle翻訳を

使ってみた。

 

171130a_2

 

私は、英文和訳に関しては、世間が絶賛するほどには評価して

なかったけど、このモンゴル語の英訳にはちょっと感心した。正直、

ほとんど期待してなかったから、大体読めて意味が分かるだけでも

十分満足なのだ。

 

 HARUMAFUJI: YOKZUNA SHOULD

 REALIZE HIS RESPONSIBILITY

 日馬富士: 横綱はその責任を果たすべき

 

「ヨコヅナ」ではなく「ヨクヅナ」となってるけど、他は文字も内容も

問題なし。「第70代横綱」が「The 70th anniversary・・」

(70回記念)となってるし、「気持ち」(?)が「psychology」

(心理学)となってるけど、無料で瞬時のAI翻訳だから許容範囲だ。

 

171130b

 

引退は自分で決めたこと、周囲への感謝などもすぐ読み取れる。

「church」(教会)とは、相撲協会の訳というより、相撲界という

意味か。最後の「appreciation and appreciation」

は、「感謝とおわび」の誤訳だろうと想像する。

 

記事全体の書き方は全く平静で中立的。日本へのあからさまな

批判は感じられない。

 

 

     ☆        ☆        ☆

171130c

 

英訳に比べて、モンゴル語の日本語訳はまだまだのレベル。記事

タイトルからして、かなり問題がある。そもそも横綱の責任とは、

引退と後輩指導のことを指してるのだから、「認識すべき」と訳すと

意味がズレてしまうのだ。英語の「realize」なら巧みな翻訳。

 

人の名前、日時(14日は間違いで、正しくは14時)など、本当に

基本的なことさえ訳せてないから、やっぱりモンゴル語を読む際は

英訳を使うべきだと確認できた。まあ、次にいつ使うかは別として。

 

171130d

 

 

     ☆        ☆        ☆

とにかく、これで次の焦点は、警察・検察の捜査や、貴ノ岩と貴乃花

親方の出方に移る。おそらく白鵬もかなり責任を感じてるだろうけど、

流石に白鵬まで引退することはないだろうし、その必要も多分ない。

まさかの可能性は一応、ないとは言い切れないが。。

 

私としては今夜、日本とモンゴルの違いや、その遠さを具体的に

実感できただけでも納得できた。それでは、また明日。。☆彡

 

               (計 2157字)

| | コメント (0)

重力波の観測 by LIGO(ライゴ)~ノーベル物理学賞2017、授賞理由(英語原文と和訳)

171005a

 

2017年のノーベル賞は、最初の3賞で日本人が受賞しなかった

ので、日本のメディア報道はかなり小さくなってしまった。これが本来

の自然な扱いかも知れないが、年に一度の学問の祭典としては、

ちょっと寂しい感もある。後はノーベル文学賞狙いか。

 

ただ、今年のノーベル物理学賞の業績は、今後の科学の歴史に

残ると思う。少なくとも50年くらい。あるいは、新たな発見や理論に

よって、今回支持されたアインシュタインの一般相対性理論が否定

されてしまうまでは。

 

171005b

 

イラストの作者はお馴染み、ニクラス・エルメヘド(Niklas

Elmehed)。許容範囲の引用と考える。左から、レイナー・

ワイス(Weiss、85歳)、バリー・C・バリッシュ(Barish、

81歳)、キップ・S・ソーン氏(Thorne、77歳)の3氏。

 

賞の1/2がワイス氏(ウェイスという表記もあり)に授与されてる

から、中心人物として特別に評価されてるようだ。

 

 

     ☆        ☆        ☆ 

では、プレスリリース冒頭、授賞理由の英文を日本語に訳してみる。

ほぼ直訳。主要部分である前半だけ扱うので、全文は英語公式

サイトを参照。医学・生理学賞よりシンプルな英文だと思う。

 

171005c

 

The Royal Swedish Academy of

Sciences has decided to award

the Nobel Prize in Physics 2017

 

スウェーデン王立科学アカデミーは、2017年ノーベル物理学賞

を、次の3氏に贈ることを決定した。

 

with one half to Rainer Weiss

LIGO/VIRGO Collaboration

 

半分は、レイナー・ワイス氏に。ライゴ/バーゴ共同研究。

 

and the other half jointly to

Barry C.Barish

LIGO/VIRGO Collaboration

and Kip S.Thorne

LIGO/VIRGO Collaboration

 

そして、もう半分は、バリー・C・バリッシュ氏(同上)と、キップ・

S・ソーン氏(同上)に。

 

“for decisive contributions to the

LIGO detector and the observation

of gravitational waves”

 

“ライゴ検出器と重力波の観測に対する決定的な貢献に対して。”

 

 

171005f

 

(注. 上図は添付資料の一部。ブラックホールの合体で生じた

  重力波を、4kmの線2本が直交する観測装置ライゴでとらえる。

  2方向に分かれたレーザーが重力波で僅かにずれて干渉する。

  3000km離れた地点に2つ設置して、場所の影響を除去。

 

  なお、ライゴ観測所は天文台と表記する場合もあるが、イメージ

  的にはむしろ、装置とか検出器に近い。)

 

 

     ☆        ☆        ☆

171005d

 

Gravitational waves finally captured

 

重力波が遂にとらえられた

 

On 14 September 2015,the

universe’s gravitational waves

were observed for the very

first time.

 

2015年9月14日、まさに初めて、宇宙の重力波が観測された。

 

The waves,which were predicted

by Albert Einstein a hundred

years ago,came from a collision

between two black holes.

 

アルバート・アインシュタインによって100年前に予言されていた

その波は、二つのブラックホールの衝突から到来した。

 

It took 1.3 billion years ago

for the waves to arrive at the

LIGO detector in the USA.

 

その波が米国のライゴ検出器に到達するまで、13億年を費やした。

 

 

171005e

 

(注. 上図も添付資料の一部。ブラックホールの衝突時に、

   重力波の振幅が最大になってる。)

 

 

     ☆        ☆        ☆

The signal was extremely weak

when it reached Earth,but is

already promising a revolution

in astrophysics.

 

その信号は、地球に届いた時、極度に弱かったが、天文物理学

における革命を既に約束している。

 

Gravitational waves are an 

entirely new way of observing

the most violent events in

space and testing the limits

of our knowledge.

 

重力波は、宇宙で最も激しい出来事を観測する全く新しい手段で、

私たちの知識の限界を試している。

 

LIGO,the Laser Interferometer

Gravitational-Wave Observatory,

is a collaborative project with

over one thousand researchers

from more than twenty countries.

 

ライゴ(レーザー干渉計・重力波観測所)は、20ヶ国以上の

国から1000人以上の研究者を集めたプロジェクトである。

 

Together,they have realised a

vision that is almost fifty

years old.

 

力を合わせて、彼らはほとんど50年前からある構想を実現した。

 

The 2017 Nobel Laureates have,

with their enthusiasm and

determination,each been invaluable

to the success of LIGO.

 

2017年のノーベル賞受賞者たちはそれぞれ、熱意と決断力を

もって、ライゴの成功にとって計り知れない貴重な存在だった。

 

Pioneers Rainer Weiss and Kip

S.Thorne,together with Barry C.

Barish,the scientist and leader

who brought the project to

completion,ensured that four

decades of effort led to

gravitational waves finally

being observed.

  

開拓者のレイナー・ワイス氏とキップ・S・ソーン氏は、プロジェクト

完結リーダーである科学者バリー・C・バリッシュ氏と共に、40年の

努力を重力波発見へと確実に導いた。

 

 

それでは今日はこの辺で。。☆彡

 

 

 

cf.「重力波」観測の英語論文、要約(アブストラクト)の日本語訳

  体内時計と遺伝子の解明

   ~ノーベル医学生理学賞2017、授賞理由

 

                (計 2708字)

| | コメント (0)

体内時計と遺伝子の解明~ノーベル医学生理学賞2017、授賞理由(英語原文と和訳)

171003a

 

今年(2017年)のノーベル生理学・医学賞は、残念ながら日本人

研究者ではなく、米国人だった。総選挙や米国乱射事件と重なった

こともあって、メディアの扱いはかなり小さくなってるが、内容は身近

で分かりやすい。約24時間周期の体内時計のメカニズム解明だ。

 

そこで今回も、英語の公式HPからコピペ&翻訳させて頂こう。世界

レベルの公的発表でもあるし、著作権の問題は生じないと考える。

 

親しみやすくて味のあるイラストは、今年もニクラス・エルメヘド

(Niklas Elmehed)の作品。許容範囲の引用と考える。

左から、ホール氏(Hall)、ヤング氏(Young)、ロスバシュ氏

(Rosbash)の3人。

 

171003b 

 

cf. 大隅良典教授のノーベル医学生理学賞2016、

        受賞理由(英語原文と和訳)

   大村智教授のノーベル医学生理学賞2015、

     受賞理由(英語原文と和訳)&休養ジョグ

 

 

      ☆        ☆        ☆

英文和訳の前に、プレス・リリース(報道機関向けの発表)の

イラストを使って、話の大枠をつかんでおこう。もちろん、本当は

もっと複雑なシステムとプロセスだ。

 

171003e

 

上から時計回り(=右回り)に、1、2、3・・・と6つの細胞の絵

が並んでる。日経サイエンスの解説を参考にすると、大体、上半分が

昼間、下半分が夜間のようだ。

 

まず、1番から。昼の間に、核の中で、時計遺伝子(長くつながった

ギサギザの一部)から、メッセンジャー(伝令)の働きをするリボ核酸、

mRNA(ミミズ1匹みたいな絵)が作られる。次に2番。mRNAから、

PERタンパク質(ひもの塊みたいな絵)が作られる。

 

3番は夜で、PERが核の中に移動。4番で、PERが遺伝子の働き

をブロック(阻害)。5番で、新たなPERが作られなくなる。6番は

朝で、PERが分解されて消滅。また1番に戻って循環する。

 

 

     ☆        ☆        ☆

では、授賞理由の英文を日本語に訳す。pdfファイル冒頭の主要

部分のみ。

 

171003c

 

Nobelforsamlingen

The Nobel Assembly at Karolinska 

Institutet

 

ノーベル会議

カロリンスカ研究所・ノーベル会議

 

The Nobel Assembly at Karolinska 

Institutet has today decided to 

award the 2017 Nobel Prize in 

Phisiology or Medicine

  jointly to

Jeffrey C.Hall,Michael Rosbash

and Michael W.Young

for their discoveries of molecular

mechanisms controlling the

circadian rhythm

 

カロリンスカ研究所のノーベル会議は今日、2017年のノーベル

生理学・医学賞を、ジェフリー・C・ホール氏、マイケル・ロスバシュ氏、

マイケル・W・ヤング氏に合わせて贈ることを決定した。

概日リズムを制御する分子メカニズムの発見に対して。

 

171003d

 

SUMMARY

要旨

 

Life on Earth is adapted to

the rotation of our planet.For

many years we have known

that living organisms,including 

humans,have an internal,biological

clock that helps them anticipate

and adapt to the regular rhythm

of the day.

 

地球上の生命は、私たちの惑星の循環に適合している。昔から

私たちは、人間も含めた生物が、体内に生物学的な時計を持って

いることを知っていた。その時計は、生物が1日の規則的リズム

を予期し、適合することを手助けしているのだ。

 

But how does this clock actually

work? Jeffrey C.Hall,Michael

Rosbash and Michael W.Young

were able to peek inside our

biological clock and eluciade its

inner workings.

 

しかし、この時計は実際、どのように作動するのか? ジェフリー・

C・ホール氏、マイケル・ロスバシュ氏、そしてマイケル・W・ヤング氏

は、私たちの生物学的時計の内側を垣間見て、その内なる働きを

明らかにできた。

 

Their discoveries explain how 

plants,animals,and humans

adapt their biological rhythm

so that it is synchronized with

the Earth’s revolutions.

 

彼らの発見は、植物、動物、そして人間が、どのようにして、それらの

生物学的リズムを地球の回転に同調させるのかを説明する。

 

 

    ☆        ☆        ☆

Using fruit flies as a model

organism,this year’s Nobel

laureates isolated a gene that

controls the normal daily

biological rhythm.They showed

that this gene encodes a

protein that accumulates in the

cell during the night,and is

then degraded during the day.

 

生物のモデルとしてショウジョウバエを利用することで、今年の

ノーベル賞受賞者たちは、通常の1日の生物リズムを制御する

遺伝子を分離した。彼らは、この遺伝子がコード化するタンパク質が

夜間に細胞内で蓄積して、昼間には分解されることを示した。

 

Subsequently,they identified

additional protein components

of this machinery,exposing the

mechanism governing the self-

sustaining clockwork inside

the cell.We now recognize

that biological clocks function

by the same principles in cells

of other multicellular organisms,

including humans.

 

続いて彼らは、細胞内で自己保存する時計の動きを支配する

仕組みを明らかにし、この装置の別のタンパク質成分を同定した。

私たちは今や、人間も含め、他の多細胞生物の細胞内でも

同じ原理で生物時計が機能することを認識している。

 

 

     ☆        ☆        ☆

With exquisite precision,our

inner clock adapts our

physiology to dramatically

different phases of the day.

The clock regulates critical

functions such as behavior,

hormone levels,sleep,body

temperature and metabolism.

 

見事な正確さで、我々の体内時計は我々の生理を、一日の内で

劇的に異なる様相へと適合させる。その時計は、行動、ホルモン・

レベル、睡眠、体温、代謝など、決定的に重要な機能を調節する。

 

Our wellbeing is affected when

there is a temporary mismatch

between our external

environment and this internal

biological clock,for example

when we travel across several

time zones and experience

“jet lag”.

 

例えば、私たちがいくらかの時間帯を横切る旅行をして、時差を

経験する時など、外的環境と内的な生物時計の間にズレがある時、

私たちの健康は害される。

 

There are also indications that 

chronic misalignment between 

our lifestyle and the rhythm 

dictated by our inner timekeeper

is associated with increased 

risk for various diseases.

 

私たちの生活様式と体内のタイムキーパーが刻むリズムとのズレは、

様々な病気リスクの増大と関連しているという指摘もある。

 

 

以下、省略。なお、今日(3日)はノーベル物理学賞、明日は化学賞

が発表される予定。日本人の受賞に期待しつつ、ではまた。。☆彡

 

 

 

cf. 重力波の観測 by LIGO(ライゴ)

  ~ノーベル物理学賞2017、授賞理由(英語原文と和訳)

 

                 (計 3539字)

| | コメント (0)

京都大のダウン症向け新化合物「アルジャーノン」(ALGERNON)、英語論文の和訳(米国『PNAS』抜粋)

様々な意味で、現実と虚構の境界が揺らいでる現代社会だが、昨日

(2017年9月5日)、京都大学が発表した新物質「アルジャーノン」

には驚いた。

 

当サイトでも2年前、山下智久主演の連続ドラマ『アルジャーノンに

花束を』のドラマ・レビューを書いてるからだ。原作は米国の小説、

『Flowers for Algernon』(Daniel Keyes)。

知的障害の新しい治療法を試すと、ネズミも人間も最初は上手く行く

ものの、結局失敗する悲劇で、半世紀前の当時としてはSFだった。

 

170906a

 

 

      ☆        ☆        ☆

ダウン症だけでなく、アルツハイマー病やうつ症状、パーキンソン病

などへの応用も期待される、新しい化合物。なぜ、この命名なのか。

アルジャーノンは、悲劇の実験用ネズミの名前だ。ネズミの名前の

由来となってる詩人のアルジャーノンも、悲劇的人生を送ってる。

 

小林亜希子・医学研究科助教や萩原正敏・同教授による説明は、

今のところネット上に見当たらない。わりと詳しい地元紙・京都新聞

HPの記事にも無し。

 

ただ、itmediaの取材によると、京大学・広報課は、

 「『アルジャーノンに花束を』は、研究グループも知っていると

  思うが、特別なぞらえたわけではない」

と応答したとのこと。

 

しかし、この形式的で短い応答を、そのまま真に受ける人は少ない

だろう。小説・ドラマでお馴染みの名作『アルジャーノン』を、「多少」

意識して命名したとみなすのが自然。同じ京大・山中教授のiPS細胞

も、アップルのiPodを遊び心で意識した名前だと認めてる

 

ただ、今回は文芸ではなく科学の分野の研究だし、『アルジャーノン』

という過去の作品は、人間と実験ネズミの悲劇だったから、医薬品

関連の名前の由来として認めるのは避けた。知名度は利用して、

負のイメージは切り離した。命名の理由と公式説明については、

そう考える方が納得できる。

 

ちなみに、当サイトの『アルジャーノン』記事を5本だけ挙げとこう。

ドラマ、化学、数学、文学、哲学、一通り揃えてある。

 

 ママ、お利口になるから嫌わないで・・~第1話

 Yesterday Once More♪~最終回

 新薬ALGの原料キサンチンの化学式C5H4N4O2と構造式

 x² のフーリエ級数展開~第5話、咲人(山P)が書いた数式

 ダニエル・キイス『アルジャーノンに花束を』と、

    哲学者プラトン『国家』洞窟の比喩

 

 

     ☆        ☆        ☆

さて、今日の当サイトの記事は、現地の米国時間で9月5日に発表

された英語の学術論文の日本語訳がメインだが、その前に最低限

の基礎知識をまとめとこう。

 

ダウン症のほとんどは、21番の染色体が2本ではなく3本あること

が原因とされる(医薬品会社MSDの説明)

 

この過剰な状態(21トリソミー)によって、

 大脳の神経幹細胞の増殖が低下 → 神経細胞の供給が減少

   → 大脳の発達が不十分 → 知的障害など

という流れが生じてしまう。下図は京都大のpdfファイルより。

 

170906b

 

京大の新物質アルジャーノンは、染色体の上の遺伝子DYRK1A

を阻害して、上の悪い流れを断ち切り、認知機能を改善するものだ。

 

170906c

 

 

      ☆        ☆        ☆

では、電子媒体の科学雑誌『PNAS』(Proceedings

 of the National Academy of Sciences:

米国科学アカデミー紀要)の、Early Edition(早版)

を読んでみる。

 

170906d

 

2017年9月5日の更新で、確かに京大の論文が掲載されてた。

簡単な説明と添付資料は、登録なしの無料公開となってるので、

直訳してみよう。テレビドラマの新薬と同じ「ALG」という略号が

使われてた。

 

170906e

 

170906i

 

 

     ☆        ☆        ☆

Prenatal neurogenesis induction

therapy normalizes brain 

structure and function in

Down syndrome mice 

 

出生前の神経新生を促進する治療が、ダウン症マウスの

脳の構造と機能を正常化する

 

 

170906g

 

   意義

 ダウン症は21番染色体のトリソミーで引き起こされるので、

 現在、ダウン症の出生前診断が可能となっている。

 にも関わらず、ダウン症と診断された胎児の両親には、

 2つの選択肢しかない。

 妊娠を中絶するか、重い障害を持つ子どもを育てるか。

 

 我々はそうした両親に三つ目の選択肢を供給するために、

 新しい化合物「アルジャーノン(Altered 

 generation of neurons:神経細胞

 発生の改善)」を開発した。 

 

 アルジャーノンによる母マウスの治療は、薄い皮質板など、

 脳の形態の異常を妨げた。注目すべきことに、これらの

 子マウスは、治療してないダウン症の子マウスと比較して、

 より正常な認知行動を示した。

 

 アルジャーノンは、ダウン症だけでなく、多数の神経発達

 障害の治療をもたらす潜在能力を持っている。

 

 

     ☆        ☆        ☆

Abstract(抜粋)は専門的すぎるので、一部を省略して和訳する。

 

170906h

 

 21番染色体のトリソミーによるダウン症(DS)は、知的障害の

 発生原因として、最も一般的なものである。出生前診断が可能に

 なったが、神経認知的な障害の治療法は無かった。

 

 我々が新たに同定した成長促進物は、DYRK1Aを阻害する

 能力を持ち、神経細胞増殖の欠陥を救うことが分かった。

 アルジャーノンと名付けた、この化合物の経口投与は、神経

 幹細胞の増殖を回復させ、新生ニューロンを増加させた。

 

 さらに、母マウスへのアルジャーノン投与は、異常な皮質形成

 を阻害し、ダウン症の子マウスの異常行動の発達を妨げた。

 

 これらのデータは、アルジャーノンによる出生前治療によって、

 ダウン症の神経発生形質を妨げられることを示唆している。

 

 

      ☆        ☆        ☆

以上、非常に明るい見通しの研究発表となってる。文芸作品の

『アルジャーノンに花束を』と違って、ハッピーエンドとなることを期待

しよう。もちろん、治療しないという選択肢も十分可能だ。その点は、

他の障害や病気でも同様。

 

ただ、安全性が確認されれば、中絶という選択肢よりは良いと思う。

なお、新物質の詳細は無料情報には書かれてないが、添付資料で

♯688」と呼ばれてるような気がする。

 

それでは今日はこの辺で。。☆彡

 

                   (計 2549字)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5分聴くだけの英語講座『エンジョイ・シンプル・イングリッシュ』、2年目突入♪

アハハ!(^o^) ナビゲーターの肘井美佳はやっぱ面白いね♪

チョコチョコっと喋る内容がいいのだ。

  

見た目より 心のイケメン 肘井目線」(?)。

よく覚えてないけど、昨日(17年4月4日)の英語の放送後に、

そんな感じのビミョーな川柳を付け加えた後の自虐っぽいコメント

に、ヒネリが入ってた。

  

 「お後がよろしくなくても、また来ます」?(笑)

      

   

     ☆        ☆        ☆

ちなみにこれ、日本でいう「3本の矢」のお話を英語で流した後の

コメント。イソップ寓話、『棒の束』(The Bundles

 of Sticks)。3人の兄弟が仲良く力を合わせる大切さ

を伝える教訓話だけど、「肘井目線」はかなり違う場所を見てた。

   

3人が、誰が一番イケメンか(who was the most

 handsome)を争ってた時点でダメらしい。まあ、そんな

ごもっとも過ぎる事を言う女性に限って、実際はシレーッとイケメン

を選ぶもんだけど♪

     

って言うか、肘井は独身でいいのかな? 試しにネットで色々

飛び回ると、ハッキリした情報は見当たらず。2014年2月の段階

では独身で、まだ予定も無いとブログに書いてあった。私の1年後

くらいに始めてるベテラン・ブロガー仲間だったのか。

     

3月公開の映画『...and LOVE』にも出演してるわけね。

杉原杏璃原作・主演。マイナーな映画(失礼♪)だけど、よく見ると

あの古坂大魔王(=ピコ太郎)も出演してるらしい。何でさっぱり話

題になってないのか不思議かも。。

   

170405a

   

     

     ☆        ☆        ☆

さて、前置きが長くなったけど、NHKラジオ『エンジョイ・シンプル・

イングリッシュ』(Enjoy Simple English)の受講

が2年目に入ったのだ♪ パチパチパチ☆ 去年度の火曜の肘井

みたいな大げさな拍手(笑)。分かりにくっ!

      

NHKの英語講座は中学以来、10回近くチャレンジしてると思うけ

ど、丸1年間続いたのは初めてかも (^^ゞ あるいは、中学2年か

3年で1回だけ成功してるとしたら、8年ぶりくらいか(笑)。

  

まあ、去年10月~今年3月は、4月~9月の再放送だったから、

実質的にはまだ半年しか続けてないとも言える。あと半年、頑張っ

て、実質的な1年継続にしなきゃ!

   

   

      ☆        ☆        ☆   

今回のチャレンジが続いてる理由は、大きく分けて3つある。まず、

1日にたった5分、簡単な面白話を聴くだけでいいってこと。自分で

喋る必要がないのは凄くラク♪

    

似た広告は、新聞とかで見掛けるけど、NHKのラジオ講座は基本

的に無料。テキスト無しでも大丈夫だし、テキスト有りでもたかが

1ヶ月500円ほどだ。しかも毎回、よく出来たお話になってる。

     

特に、去年は月曜日のオリジナル・ショート・ストーリーが良かったの

に、なぜか今年度は無くなってしまった。多分、来年度の放送で再利

用するんじゃないかな♪ この番組に限らず、NHK語学講座にあり

がちなパターンだ。

     

次に、インターネットで再放送を聴けること。実は、私が本物のラジ

オで放送当日に聴いたのは、今日・・・じゃなくて昨日が半年ぶりく

らいだ♪ このブログ記事に書くために聞いてみただけ(笑)。そう

ゆう理由か! 

   

普段は翌週、ネットのストリーミング再放送をiPadで聴いてる。

本放送から1週間以上遅れちゃうけど、時事ネタじゃないからOK。

リピートや前に戻る操作が簡単なところもGood♪

   

   

      ☆        ☆        ☆

で、1年続いた理由の3つ目が、肘井美佳のコメントの面白さ。フ

ツーのことも多いけど、5回に1回くらいは面白いことを喋ってる。

放送作家の台本だけじゃなくて、自分で考えたのも多いんじゃない

かな。

  

例えば、去年度の最後の放送とか。現代版かぐや姫のお話の最終

回で、米国の両親のもとに飛んで行きそうになってたカグヤは最後

に撤回。愛するバツイチ子持ち男性に、一緒に暮らしたいと自分か

ら告げて、ハッピーエンド。

   

そのキッカケはどうも、男の娘アヤの仮病らしい(笑)。カグヤが

乗ってたヘリコプターをドクターヘリみたいに使って、おまけに父親

も乗せてプロポーズの場を作り上げたのだ。『コードブルー』か!

・・っていうのは一部読者へのご挨拶♪

   

英語の放送では、仮病とまでは語られてないけど、最後に急病

で眠ってるはずのアヤが笑って終了だったから、肘井が直ちに

突っ込み。

  

 「アヤ~~~、恐ろしいコ!♪」(笑)

    

    

     ☆        ☆        ☆

ちょっと前の『ジャックと豆の木』(Jack and the

 Beanstalk)のコメントも良かったね。

 「窃盗、不法侵入、殺・・・」 (^^ゞ 

   

多分、一度「殺人」と喋って、ディレクターに注意されたから、録り

直しは「殺・・・」で止めたんだろう♪ 

   

ちなみに「豆の木」の英単語「beanstalk」は、豆の茎という意味

だけど、「豆ストーキング」という意味にもなってることに今気付い

た。豆を利用して、巨人に忍び寄るお話ってことか。

   

   

     ☆        ☆        ☆

単なるダジャレの類も、直後のビミョーな空気や乾いた笑い声がいい

のだ。直近だと、怒りを抑えるのは難しいって話の後で、

 「船乗りの方は得意みたいですよ。イカリをしずめる♪

  

私はうっかり、声を上げて笑ってしまった。ちょっと恥ずかしい (^^ゞ

半年間分のコメントをメモしときゃ良かったね。この番組、ネット上で

も情報が少ないから、新年度が始まった今、ウチの去年の記事

地味なアクセスが集まってる♪

  

とにかく、今年ももう4月分のテキストを購入したから、頑張って続け

ることにしよう。ブログにももっと感想を書くことにしようかな。ちなみ

に私は電子版のテキストを使用。個人的には、紙の本より全然いい

と思う。探す手間が要らないし(笑)、見開き2ページのイラストが、

切れ目無しに表示されるし。

  

170405b_2

          

上図は『ジャックと豆の木』、絵は木曜日担当の北村美紀。もちろ

ん、1ページずつ読むことも可能だし、iPadやスマホなら文字の

拡大も超簡単だ。静止画キャプチャーにアップルペンシルで書き

込みすることも出来るし、印刷も可能。

       

実はさっき初めて、テレビでフランス語の番組も見たけど、それは

また別記事に書くことにしよう。習うより慣れよ!

That’s all for today.

今日のところはこの辺で。。☆彡

   

   

   

cf. NHKラジオ英語講座

   『エンジョイ・シンプル・イングリッシュ』、5分で面白い☆

        

                   (計 2535字)

| | コメント (0)

米国の論理パズル~大学院入学テスト「GRE」のサンプル問題(英語)

(☆11日後の追記: 少しレベルの高い新記事を追加した。

  「GRE」2~言語的推論の問題(読解、数学の応用) )

   

   

     ☆          ☆          ☆

これから書く記事内容とは直接関係ないけど、私はここ最近、色々

な用事に追われてる内に、10年に1回も無いような失敗をしてし

まったらしい。

   

ついさっき気付いて、事後処理に追われるハメになってる。普通の

人の感覚だと大した事ないだろうけど、個人的には大ショック。これ

から夏に向けて数ヶ月は引きずることになりそうだ。

    

というわけで、今夜はマニアックな数学系記事をじっくり書いてる

場合ではない。ただ、こちらも以前から先延ばしにしたままのこと

だから、最低限の内容をアップしとこう。またいずれ、追加の記事

を書くと思う。既に、もう少しレベルの高い問題を扱った英語論文

を発見してある。

          

この種の話を日本語で書いてもアクセスは僅かだろうけど、私自

身が興味を持ってるし、勉強にも脳トレにもなるから構わない。

    

     

     ☆        ☆        ☆

さて、このブログは総合サイトだから、理数系の記事もかなり入っ

てて、論理パズル系の記事も10本くらいある。特に、朝日新聞・

土曜朝刊の別刷beに時々載ってる「推理」については丁寧に解説

して来た。

   

それと似た問題が、米国の大学院に入るためのテスト「GRE

Graduate Record Examinations

:大学院進学適性試験)に出てるという話を聞いて、検索をかけ

ると、ピッタリ来る問題がなかなかヒットしない。    

    

英語版ウィキペディアと日本語ウィキのごく簡単な情報によると、

GREには2002年まで、「Analytical Ability

 section」と呼ばれるセクションがあって、論理パズル

みたいな問題などで分析能力をチェックしてたようだ。

   

ところが2002年10月、制度や問題形式が変更されたらしい。

その後は、常識などを含めた総合的な推論能力を問う問題と、

算数・数学の問題に分かれて、純粋な論理的問題の類はほぼ

消えたのかも知れない。

   

とにかく、とりあえず今日は、制度変更前の問題らしきものを僅か

に発見できたので、それを紹介&解説してみよう。正直、出典が付

いてないし内容も乏しい商業サイトではあるけど、以下のサンプル

問題についてはおそらく信頼していいと思う。

    

 cf. GradMentor(Crack GRE Test)

   

   

     ☆        ☆        ☆

以下、日本語訳はかなり大まかな直訳なので、悪しからず。問題

を理解して解くだけなら、この程度の和訳で十分だと思う。明らか

な入力ミスがあるので、私の判断で修正した。解答は私が執筆。

    

170323a

     

あるゲームにおいて、6コのカップが逆さまになって、一列に並

んでる。それぞれの下には、1コのボールが隠されてる。カップ

には1から6まで、番号が付いてる。ボールはそれぞれ1色で

塗られてる。ボールの色は、緑、マゼンタ(赤紫)、オレンジ、紫、

赤、黄色。ボールは、以下の条件を満たすように隠されてる。

    

   

170323b_2

   

紫のボールは、オレンジのボールよりも小さな数のカップに

隠されてる。赤のボールはマゼンタのすぐ隣に隠されてる。

緑のボールは5番のカップの下に隠されてる。

  

   

     ☆        ☆        ☆

170323c

  

問1. 1番から6番までの色としてあり得るのは、次のどれか?

 (A) 緑、黄色、マゼンタ、赤、紫、オレンジ

 (B) マゼンタ、緑、紫、赤、オレンジ、黄色

 (C) マゼンタ、赤、紫、黄色、緑、オレンジ

 (D) オレンジ、黄色、赤、マゼンタ、緑、紫

 (E) 赤、紫、マゼンタ、黄色、緑、オレンジ

   

   

(解答) 緑は5番だから、(A)(B)は論外。

 また、赤はマゼンタの隣だから、(E)もあり得ない。

 さらに、紫はオレンジより小さい番号だから、(D)も不適。

 一方、残った選択肢の(C)はすべての条件を満たしている。

 よって、あり得るのは(C)。 ・・・答

   

   

(補足) もちろん(C)は「あり得る(could be)」順番であって、

論理的には単なる十分条件。つまり、必要条件ではない。別の

可能性(十分条件)としては、例えば「紫、赤、マゼンタ、オレンジ、

緑、黄色」が挙げられる。

   

   

     ☆        ☆        ☆

170323d

   

問2. もしマゼンタのボールが4番のカップの下にあるなら、

   赤のボールが隠れたカップの番号は、

 (A)1 (B)2 (C) 3 (D)5 (E)6

   

  

(解答) 4番のマゼンタの隣にある赤は、3番か5番のはず。

 この内、5番は緑だから、赤は残る(C)3番。 ・・・答

  

  

(補足) この答えは、論理的には単なる必要条件である。

 全ての条件を満たすためには、紫、オレンジ、黄色の順番

 も絞ることになる。

  

 ちなみに、朝日新聞・beのパズル「推理」の答えは全て、

 必要十分条件となってる。

   

   

     ☆        ☆        ☆

中学生以上の普通の日本人が、日本語の問題文を読むなら、あ

まりの簡単さに驚く所だろう。米国の大学院の入学テストなのに、

小学校の算数レベルだから。中学の入試問題としても簡単。

   

ただ、時間はあまり無いのでスピードが要求されるし、この前後に

載ってる他の問題は、これほど簡単な論理パズルではない。興味

のある方は上のリンクに飛んでお試しあれ。それらを英語で読ん

で解くのは、結構大変だと思う。英語圏以外からの留学生にとって

は、問題の理解だけでも難関だろう。

    

あと、「アメリカの大学は、入るのは簡単、出るのは難しい」という

のは、よく聞く話。大学院も似たようなものなのかも知れない。

   

    

     ☆        ☆        ☆

私は以前、米国の超有名大学に留学してた日本人に、あちらの数

学の教科書みたいな本(たぶん高校生用)を見せてもらったことが

ある。日本なら、明らかに小学校4年とか5年レベルの問題が並ん

でたけど、その人は難しくてよく分からないと言ってた。ちなみに、

文系の話なら、かなり難しくても分かるらしい人だ。

    

もちろん、米国人より日本人の方が賢いとは言いにくいし、活躍し

てるとも言いにくい。教育や学力のレベルや良し悪しを総合的に

判断するのは、意外なほど難しいことだと思う。理系と文系の溝も

かなりある。

    

だからこそ、日本の教育界も試験制度も延々と揺れ動いてるの

だろう。なお、GREの運営は、1949年からETS

(Educational Testing Service: 

教育試験サービス)が行ってる。

     

今日のところは、この辺で。。☆彡

   

    

   

cf. パズル「推理」、小学生向けの解き方2(朝日be、難易度5)

  『アインシュタイン式 子供の論理脳ドリル』、問題の解き方

          

                   (計 2517字)

       (追記 56字 ; 合計 2573字 )

| | コメント (8)

「ペンは剣よりも強し」~リットンの戯曲『リシュリュー』、英語原文と日本語訳

 The pen is mightier than the sword.

 ペンは剣よりも強し。

  

この有名な言葉は、英国の政治家・小説家、ブルワー・リットン

(Bulwar Lytton)の1839年の戯曲に登場する台詞だ。

語ったのは戯曲の主人公、リシュリューで、17世紀フランスの宰相。

ルイ13世に仕えた、カトリックの聖職者(枢機卿)だ。

      

戯曲の英語原題と和訳は、次の通り。

      

 『RICHELIEU ; or The CONSPIRACY』

  リシュリュー、または陰謀

     

200年近く前の本なので、著作権は存在せず、英語原文はあちこち

で転載されている。私がここで参照するのは、グーグル・ブックス

公開するヴァージョンの1つ。

   

161026b

   

1873年版の再現のようだが、英語版ウィキペディアの説明と一致し

ているので、信頼しておく。年や版による些細な違いは、専門家にお

任せしよう。日本では僅かの人数だと思うが。。

    

    

     ☆        ☆        ☆       

私がこの記事を書くきっかけになったのは、朝日新聞・朝刊の連載

コラム「折々のことば 558」での引用(2016年10月25日)。

筆者である哲学者・鷲田清一は、次のように手短に説明している。

   

 ・・・ただし「偉大なる人物の統治下では」との条件がつく。

 つまりそれは、いかなる抵抗勢力といえども統治者の

 一枚で潰せるという意味だった。

   

つまり、権力者の力を誇示する言葉だったのが、やがて権力に屈し

ない言論の精神を表す言葉へと反転した。ところが最近、また反転し

て元の意味に戻り、権力の強さを表す状況になってないだろうか。。

     

要するに、最近はジャーナリズムが権力に屈するような自粛の雰囲気

があるから、自己検証して言論を守ろうと言いたいわけで、リベラル的

立場をあらわにする鷲田らしい説明だし、朝日新聞的でもある。政権を

悪の束縛、言論を善なる自由の側におこうとする、お馴染みの図式だ。

     

ここではそうした左派の政治的主張や態度とは一線を画して、戯曲の

原書を確認してみよう。

   

よくある事だが、日本語ウィキペディアには間違いがあるので、注意

する必要がある。戯曲の確認が不十分で、英語版ウィキからの誤訳

が目立つのだ。。

    

    

     ☆        ☆        ☆

まず、日本語ウィキの誤解を正すところから始めよう。ポイントになる

台詞の紹介の直前に、こう書いてしまっているのだ。

        

 この作中で、17世紀フランス王国の宰相リシュリューは

 以下のような発言をする。

 「日付と仔細を書き込んだ許可書は・・・気前がいいわけでも、

 気ままだというわけでもないのだが、ここにあるのだ」

   

そもそもこれは、リシュリューの発言ではなく、著者リットンの序文

(PREFACE)の説明だし、英文和訳としても誤っている。戯曲の

序文の該当箇所は、以下の通り。

       

161026a

   

要するに、著者リットンは、多くの人が注目して来た許可書(ライセ

ンス:license)に、私も注目したと言いたいのだ。日本語ウィキ

は上の6行目、「has been」が「indulged」につなが

る構造もつかめていない。リシュリューの台詞だと誤解したからだろう。

      

一方、英語版ウィキの説明は、「劇はリシュリューに関するものだが、

著者はとりわけ、有名な許可書に焦点を当てたのかも知れない」とい

う感じの流れ。そして、許可書の強さが、ペンの強さという形で表現さ

れて来たということで、妥当な説明になっている。

      

    

     ☆        ☆        ☆

では本題に進もう。第二幕・第二場(ACT Ⅱ,SCENE Ⅱ)

での、リシュリューの台詞だ。陰謀=謀略に対抗するため、剣とは

別の武器として、ペンを手に取るシーン。

   

161026c

   

 Rich. (who has seated himself

 as to write,lifts the pen).

 リシュリュー (書くために座り、ペンを持ち上げる)。

   

 True,── This!

 まさにその通り。これこそ、剣とは別の武器だ!

  

 Beneath the rule of men entirely

 great The pen is mightier

 than the sword.

 完全に偉大な人々の統治のもとでは、

 ペンは剣よりも強い。

    

 Behold The arch-enchanter’s wand!

 ── itself is nothing! ──

 見よ、魔法使いの杖を! 

 それ自体は何でもないものにすぎない。

  

 But taking sorcery from 

 the master-hand

 しかし、達人の手から、魔法を手に入れるのだ。

  

 to paralyse the Caesars ──

 and to strike The loud

 earth breathless!

 独裁者たちの力を奪い取り、

 騒々しい大地をしずめるために!

  

 ── Take away the sword ──

 剣を捨てよ。

   

 States can be saved without it.

 国は、剣を使わずに救えるのだ。

   

   

     ☆        ☆        ☆

ちなみに「剣を捨てよ」の翻訳は、日本語の制約によるものであるし、

あいまいさの有効利用でもある。「敵の剣を奪い、自らの剣も捨てよ」、

という二重の意味を込めているのだ。

    

聖職者でもあるリシュリューは、ライセンスへの署名などだけで済む

のかも知れないが、そのライセンスが実効性を保つためには、どこか

で最終的に「剣」が必要になる。警察・軍隊その他、直接的な力が控え

ているからこそ、政権に関わる文字や言葉、紙が力を持ちうるわけだ。

   

一方、ジャーナリズムその他、政権以外の言論は、文字や言葉だけ

で勝負するのが本来の姿だが、最近は少し様子が変わって、半世紀

前の形を洗練させたものになって来た。つまり、穏やかな直接行動と

連動するようになっているわけだ。

  

朝日新聞が度々、学生主体の反政権デモを大きく写真入りで取り上

げているのが典型だろう。そこでは、イメージも大きな役割を果たす。

言葉とは一応別物としての、映像=心像。「カメラはペンよりも強し」

とでも言うべきか。。

   

  

     ☆        ☆        ☆   

なお、ペンの強さをエンブレム、シンボル・校章にしている学校として

有名なのが、慶應義塾と開成。この2校が、頭脳、地位、経済力とも

深く関わっているのは、興味深いことだろう。

  

ペンの強さとは何なのか。何であるべきなのか。それを探ることこそ、

思考の強さなのだ。

  

それでは今日はこの辺で。。☆彡

    

                    (計 2506字)

| | コメント (0)

ボブ・ディラン、ノーベル文学賞2016の理由(英語原文と和訳)&秋ハーフ

(12日) RUN 21.1km,1時間46分45秒,平均心拍 156

    消費エネルギー 1162kcal (脂肪 174kcal)

   

今年も日本の村上春樹は取れないだろうとは思ってたけど、まさか

の発表だった。ノーベル文学賞2016は、米国の大御所シン

ガー・ソングライター、ボブ・ディラン(Bob Dylan)が受賞。

75歳で、歌手としては初めて。

    

私は正直、名前と顔は知ってるし、現役の超大物だということも知っ

てるけど、ほとんど聞いたことがない。中学か高校の英語の授

業で、代表曲『Blowin’ in The Wind』(風に吹か

れて)を歌った程度だ。歌詞だけを詩として読んだ経験も無い。

  

161014a

   

   

      ☆        ☆        ☆        

とりあえず、公式の理由を確認しようと思って英語HPを見ると、

自然科学や経済学と違って、理由は一言しか書かれてなかった。

味のあるイラストは、ニクラス・エルメヘド(Niklas

Elmehed)の作品。著作権的には許容範囲と考える。

           

161014b

   

 ・・・“for having created new poetic

 expressions within the great 

 American song tradition”.   

 偉大なアメリカ音楽の伝統の中で、新たな

 詩的表現を創り出して来たことに対して。    

     

これだけの理由なら米国の作詞家すべてに当てはまり

そうだから、英語圏のニュースを検索。すると、公式発表では

ないけど、もう少し踏み込んだ理由が語られてたので、引用&

日本語訳させていただこう。

  

出典は英国メディアのガーディアン(the guardian)。

語り手はスウェーデン・アカデミー事務局長、サラ・ダニウス

(Sara Danius)。話の部分だけを引用。一部は省略した。

  

161014c

   

   

      ☆        ☆        ☆

 The times they are a’changing,

 perhaps

 おそらく、彼ら(アカデミー)が変わりつつある時代なのです。

 (注. a’changingという綴り方はディランの真似。)

    

 Of course he 〔deserve〕 it

 -he’s just got it

 もちろん、彼はそれに値します。彼はまさにそうなのです。

  

 he is a wonderful sampler,

 a very origianl sampler.

 彼は素晴らしいサンプラー、とても独創的な引用者です。

   

 He embodies the tradition and 

 for 54 years now he has 

 been at it,reinventing himself

 constantly,creating a new 

 identity.  

 彼は今まで54年間、伝統を体現し続け、常に自らを

 再発見し、新たなアイデンティティを創り出しています。

   

 If you look far back,...

 you discover Homer and 

 Sappho.

 皆さんが遥か昔を振り返れば、ホメロスやサッフォーを

 発見するでしょう。

  

 They wrote poetic texts that

 were meant to be listened to,

 performed,often together with

 instruments,and it’s the 

 same way for Bob Dylan.

     

 彼らは詩的な文章を、聴かれるものとして、またしばしば

 楽器と共に演奏されるものとして、書いたのです。

 そしてそれは、ボブ・ディランでも同様です。

   

   

      ☆        ☆        ☆    

要するに、文学の代表の1つは詩であって、古代ギリシャ時代から

音楽と一体化してたから、ベテラン歌手のディランが受賞しても

不思議はないという「弁明」だ。実際、「批判しないで欲しい」とも

語ってる(笑顔で)。

     

私は、基本的には良い意味の画期的な一歩、文学概念の拡張だと思

うけど、歌手を相手にするようになると、小説家の受賞は大変だろう。

     

おそらくこの授賞は、ノーベル平和賞みたいなもので、ディランの社

会問題に対する姿勢を評価したんだと思う。すると当然、立場によっ

ては厳しい見方になるわけで、選考する側もますます大変な立場に

おかれることになった。

  

日本では早くも、谷村新司とか、さだまさしが候補とか言われてるけ

ど、しばらくは無理だと思う。とりあえず来年のノーベル文学賞に注目

しよう。医学・生理学賞みたいに、「ノーベル文学・音楽賞」という名

称に変わるかも。。

   

   

       ☆       ☆       ☆

最後に、単なる一般市民の平凡な走りについて♪ まあ、走りはリズム、

リズムは音楽、音楽は文学だから、走りも文学なのだ。推移律を用いた

論法だけど、ノーベル理屈賞はもらえないと思う。無いだろ!

  

一気に秋モードになって、風邪の半歩前くらいの体調だったけど、ロー

テーションを考えて、またハーフ21.1kmをこなして来た。気温

18度、湿度70%、風速1m

   

涼しくてラクだけど、身体が温まるのにちょっと時間がかかるから、足

腰のあちこちが痛む。特に昨日・・じゃなくて一昨日は足首が痛んだ

から、序盤はペースを上げれなかった。かなりダメージが蓄積してる

から、あくまで慎重に。

   

トータルでは1km5分04秒ペース。そろそろ5分くらい切っ

とかないとヤバイね (^^ゞ って言うか、フルマラソンの申込みを

忘れないようにしないと。それでは今日はこの辺で。。☆彡

  

       

 往路(約2.4km) 12分52秒  142 153

LAP1(約2.1km) 10分53秒 151 158

  2         10分53秒  155  158 

  3         10分50秒  155 160

  4         10分49秒  157 160

  5         10分45秒  158 161

  6         10分42秒  159  163

  7         10分39秒  160  163

復路(約3.7km) 18分23秒  161 170

計 21.1km 1時間46分45秒 心拍平均156(86%) 最大170(93%)

         

                     (計 2291字)

| | コメント (0)

大統領選トランプ候補、ビデオ発言の英文和訳(一部除く)&14kmラン

(10日) RUN 14km,1時間12分53秒,平均心拍 148

    消費エネルギー 740kcal (脂肪 148kcal)

   

日本人としては、ロシアのプーチン大統領来日に合わせた、北方領土

問題の進展とかいう噂が気になる。将来的な2島返還くらいが現実的

な妥協点か。

         

まあでも、とりあえず今日は、米国大統領選の話をトッピングしとこう。

半ば、英語記事ということで。ちょっとタイミングが遅い感もあるけど、

逆にほとぼりが冷めて、ちょうど良かったかも。。

    

    

      ☆        ☆        ☆

私が共和党のトランプ候補の性的暴言を知ったのは、Yahoo!

に配信されたAFP通信のニュースを通じてのことだった。

  

 トランプ氏の爆弾映像浮上、下品な言葉で女性経験を自慢

   

こんな隠し撮り的な暴露映像をマスメディアが(ほとんど)批判無しで

利用していいのかどうかがまず気になったが、米国大統領の候補と

もなると、個人的プライバシーよりも公の知る権利の方が遥かに優先

されるということか。

   

ただ、今回の大統領選では、1年前からマスメディアのトランプ批判

が目立つし、特にここ最近は報道の中立性を気にせず、ひたすらクリ

ントン当選を目指す論調が目立ってる。バランス的に違和感を持つの

も自然だろう。

    

誤解を避けるために書いておくと、私は個人的に、黒人大統領の次は

女性大統領でもいいと思ってる。リベラルだからではなく、ごく普通の

現実的なバランス感覚として。とはいえ、今回のトランプの暴言とされ

るものがどの程度のもので、今までと比べてどうなのか、元の英語を

自分で確認してみた。

         

AFPは一部の微妙な単語をそのまま載せてたけど、私は直接的には

書かない。ただ、元の映像にはすべてテロップが出てた。ワシントン・ポ

ストが10月11日現在、HPで動画を公開中。映像的に過激なものは無

いが、言葉の一部はかなり下品なので、閲覧の際は自己責任で。中盤

までのポイント部分は、約2分間。ポストの記事タイトルは次の通り。

       

 Trump recorded having extremely

 lewd conversation about women

 in 2005

 トランプが2005年に録音された、

 女性に関する極度にわいせつな会話 

  

161011a  

   

   

       ☆        ☆        ☆

では、実際の英文と私の日本語訳を示す。くだけた日常会話で、文脈も

正確には分からないので、和訳は参考程度のものだ。ワシントンポスト

による編集にも注意が必要。話し相手の言葉はすべて省略。

       

 Donald Trump

 (ドナルド トランプ)

  

 You know and I moved on 

 her actually.

 ・・・私は実際、彼女に言い寄ったんだ。

  

 You know She was down

 on Palm Beach.

 彼女はパームビーチにいたんだよ。

  

 I moved on her

 and I failed.I’ll admit it.

 私は彼女に迫って失敗したんだ。それは認めるよ。

   

 I did try and f・・・ her.

 She was married.

 私は彼女を・・・しようとした。彼女は結婚してたんだ。

  

 ・・・(中略)・・・

 And I moved on her 

 very heavily in fact ・・・

 私は実際、本気で彼女に迫ったんだ。

   

 ・・・I moved on her like a b・・・・,

 but I couldn’t get there.

 私は尻・・みたいな彼女に迫ったけど、ダメだった。

  

 Then all of a sudden I see her,

 she’s now got the big 

 phony tits and everything.

 その時ふと気付くと、いまや彼女は大きな

 偽物の胸とか全てを手に入れてる。

   

 She’s totally changed her look.

 彼女はすっかり外見が変わってた。

  

 Look at you.You are a p・・・・.

 あぁ、カワイイ子猫ちゃん。

   

 ・・・(中略)・・・

 And when you’re a star 

 they let you do it.

 スターなら、みんな、やらせてくれるんだ。

     

 You can do anything.

 何だって出来る。

  

 ・・・Grab them by the p・・・・.

 ・・・・をつかんだり。

   

   

     ☆        ☆        ☆

移動のバスから降りた後、ドラマ撮影で共演するブロンド美人女優・

アリアンヌ・ズッカーとハグ(抱擁)して、笑顔でスタジオに向かった。

ズッカーは美脚を大胆に露出したドレスで、トランプ達も注目。ドラマ

の中では、ズッカーがトランプに接近するような台詞も入ってたらしい。

   

2005年9月だから、3度目の結婚の8ヶ月後ということになる。ただ、

話してる内容がいつのことなのかは不明。

       

おそらく会話の全体は、ある1人の既婚女性を苦労してくどき落とした

ということだと思う。最初は失敗したけど結局、成功。私はスターだから

何でも可能だという、大げさな軽口、ジョーク。

   

個人的感想としては、男性数人のバスの個人的会話より、公の場での

数々の暴言の方が遥かに問題だと思うが、これでどの程度の影響が

出るのかはまだ分からない。

   

ビデオ公開後の世論調査だと、クリントンとの差が開いたとも言われて

るけど、英国のEU離脱みたいな逆転劇も可能。注目の大統領選まで

は、残り1ヶ月。果たして、結果とその影響は。。

   

  

       ☆        ☆        ☆

一方、単なる一般市民アスリートは、3連休最後の昨日も14kmだけ

軽く流してみた。脚の疲れやダメージはあるけど、やっと秋らしい涼しさ

になってくれたから、一気に走りやすかくなった♪

    

気温17度、湿度75%、風速1.5m。トータルでは1km5分

12秒ペース。もうちょっと速くてもいいけど、右足をかばってる

し、良しとしとこう。一応、最終ラップだけは1km5分切り。妙に

人が少なかったのは、連休の最後だからかも。

     

さて、サッカー日本代表は、強敵オーストラリアに勝てるかな。今現在、

前半が終わって1-0のリード。ではまた明日。。☆彡

    

       

           時間  平均心拍  最大

 往路(約2.4km) 13分22秒  133  142

LAP1(約2.1km) 11分22秒  144  150

  2          11分17秒  148  151

  3          10分57秒  152  159

  4          10分38秒  156  162

復路(約3.0km)  15分18秒  155  164

計 14km 1時間12分53秒 心拍平均148(81%) 最大164(90%)

           

                        (計 2522字)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧