「ペンは剣よりも強し」~リットンの戯曲『リシュリュー』、英語原文と日本語訳

 The pen is mightier than the sword.

 ペンは剣よりも強し。

  

この有名な言葉は、英国の政治家・小説家、ブルワー・リットン

(Bulwar Lytton)の1839年の戯曲に登場する台詞だ。

語ったのは戯曲の主人公、リシュリューで、17世紀フランスの宰相。

ルイ13世に仕えた、カトリックの聖職者(枢機卿)だ。

      

戯曲の英語原題と和訳は、次の通り。

      

 『RICHELIEU ; or The CONSPIRACY』

  リシュリュー、または陰謀

     

200年近く前の本なので、著作権は存在せず、英語原文はあちこち

で転載されている。私がここで参照するのは、グーグル・ブックス

公開するヴァージョンの1つ。

   

161026b

   

1873年版の再現のようだが、英語版ウィキペディアの説明と一致し

ているので、信頼しておく。年や版による些細な違いは、専門家にお

任せしよう。日本では僅かの人数だと思うが。。

    

    

     ☆        ☆        ☆       

私がこの記事を書くきっかけになったのは、朝日新聞・朝刊の連載

コラム「折々のことば 558」での引用(2016年10月25日)。

筆者である哲学者・鷲田清一は、次のように手短に説明している。

   

 ・・・ただし「偉大なる人物の統治下では」との条件がつく。

 つまりそれは、いかなる抵抗勢力といえども統治者の

 一枚で潰せるという意味だった。

   

つまり、権力者の力を誇示する言葉だったのが、やがて権力に屈し

ない言論の精神を表す言葉へと反転した。ところが最近、また反転し

て元の意味に戻り、権力の強さを表す状況になってないだろうか。。

     

要するに、最近はジャーナリズムが権力に屈するような自粛の雰囲気

があるから、自己検証して言論を守ろうと言いたいわけで、リベラル的

立場をあらわにする鷲田らしい説明だし、朝日新聞的でもある。政権を

悪の束縛、言論を善なる自由の側におこうとする、お馴染みの図式だ。

     

ここではそうした左派の政治的主張や態度とは一線を画して、戯曲の

原書を確認してみよう。

   

よくある事だが、日本語ウィキペディアには間違いがあるので、注意

する必要がある。戯曲の確認が不十分で、英語版ウィキからの誤訳

が目立つのだ。。

    

    

     ☆        ☆        ☆

まず、日本語ウィキの誤解を正すところから始めよう。ポイントになる

台詞の紹介の直前に、こう書いてしまっているのだ。

        

 この作中で、17世紀フランス王国の宰相リシュリューは

 以下のような発言をする。

 「日付と仔細を書き込んだ許可書は・・・気前がいいわけでも、

 気ままだというわけでもないのだが、ここにあるのだ」

   

そもそもこれは、リシュリューの発言ではなく、著者リットンの序文

(PREFACE)の説明だし、英文和訳としても誤っている。戯曲の

序文の該当箇所は、以下の通り。

       

161026a

   

要するに、著者リットンは、多くの人が注目して来た許可書(ライセ

ンス:license)に、私も注目したと言いたいのだ。日本語ウィキ

は上の6行目、「has been」が「indulged」につなが

る構造もつかめていない。リシュリューの台詞だと誤解したからだろう。

      

一方、英語版ウィキの説明は、「劇はリシュリューに関するものだが、

著者はとりわけ、有名な許可書に焦点を当てたのかも知れない」とい

う感じの流れ。そして、許可書の強さが、ペンの強さという形で表現さ

れて来たということで、妥当な説明になっている。

      

    

     ☆        ☆        ☆

では本題に進もう。第二幕・第二場(ACT Ⅱ,SCENE Ⅱ)

での、リシュリューの台詞だ。陰謀=謀略に対抗するため、剣とは

別の武器として、ペンを手に取るシーン。

   

161026c

   

 Rich. (who has seated himself

 as to write,lifts the pen).

 リシュリュー (書くために座り、ペンを持ち上げる)。

   

 True,── This!

 まさにその通り。これこそ、剣とは別の武器だ!

  

 Beneath the rule of men entirely

 great The pen is mightier

 than the sword.

 完全に偉大な人々の統治のもとでは、

 ペンは剣よりも強い。

    

 Behold The arch-enchanter’s wand!

 ── itself is nothing! ──

 見よ、魔法使いの杖を! 

 それ自体は何でもないものにすぎない。

  

 But taking sorcery from 

 the master-hand

 しかし、達人の手から、魔法を手に入れるのだ。

  

 to paralyse the Caesars ──

 and to strike The loud

 earth breathless!

 独裁者たちの力を奪い取り、

 騒々しい大地をしずめるために!

  

 ── Take away the sword ──

 剣を捨てよ。

   

 States can be saved without it.

 国は、剣を使わずに救えるのだ。

   

   

     ☆        ☆        ☆

ちなみに「剣を捨てよ」の翻訳は、日本語の制約によるものであるし、

あいまいさの有効利用でもある。「敵の剣を奪い、自らの剣も捨てよ」、

という二重の意味を込めているのだ。

    

聖職者でもあるリシュリューは、ライセンスへの署名などだけで済む

のかも知れないが、そのライセンスが実効性を保つためには、どこか

で最終的に「剣」が必要になる。警察・軍隊その他、直接的な力が控え

ているからこそ、政権に関わる文字や言葉、紙が力を持ちうるわけだ。

   

一方、ジャーナリズムその他、政権以外の言論は、文字や言葉だけ

で勝負するのが本来の姿だが、最近は少し様子が変わって、半世紀

前の形を洗練させたものになって来た。つまり、穏やかな直接行動と

連動するようになっているわけだ。

  

朝日新聞が度々、学生主体の反政権デモを大きく写真入りで取り上

げているのが典型だろう。そこでは、イメージも大きな役割を果たす。

言葉とは一応別物としての、映像=心像。「カメラはペンよりも強し」

とでも言うべきか。。

   

  

     ☆        ☆        ☆   

なお、ペンの強さをエンブレム、シンボル・校章にしている学校として

有名なのが、慶應義塾と開成。この2校が、頭脳、地位、経済力とも

深く関わっているのは、興味深いことだろう。

  

ペンの強さとは何なのか。何であるべきなのか。それを探ることこそ、

思考の強さなのだ。

  

それでは今日はこの辺で。。☆彡

    

                    (計 2506字)

| | コメント (0)

ボブ・ディラン、ノーベル文学賞2016の理由(英語原文と和訳)&秋ハーフ

(12日) RUN 21.1km,1時間46分45秒,平均心拍 156

    消費エネルギー 1162kcal (脂肪 174kcal)

   

今年も日本の村上春樹は取れないだろうとは思ってたけど、まさか

の発表だった。ノーベル文学賞2016は、米国の大御所シン

ガー・ソングライター、ボブ・ディラン(Bob Dylan)が受賞。

75歳で、歌手としては初めて。

    

私は正直、名前と顔は知ってるし、現役の超大物だということも知っ

てるけど、ほとんど聞いたことがない。中学か高校の英語の授

業で、代表曲『Blowin’ in The Wind』(風に吹か

れて)を歌った程度だ。歌詞だけを詩として読んだ経験も無い。

  

161014a

   

   

      ☆        ☆        ☆        

とりあえず、公式の理由を確認しようと思って英語HPを見ると、

自然科学や経済学と違って、理由は一言しか書かれてなかった。

味のあるイラストは、ニクラス・エルメヘド(Niklas

Elmehed)の作品。著作権的には許容範囲と考える。

           

161014b

   

 ・・・“for having created new poetic

 expressions within the great 

 American song tradition”.   

 偉大なアメリカ音楽の伝統の中で、新たな

 詩的表現を創り出して来たことに対して。    

     

これだけの理由なら米国の作詞家すべてに当てはまり

そうだから、英語圏のニュースを検索。すると、公式発表では

ないけど、もう少し踏み込んだ理由が語られてたので、引用&

日本語訳させていただこう。

  

出典は英国メディアのガーディアン(the guardian)。

語り手はスウェーデン・アカデミー事務局長、サラ・ダニウス

(Sara Danius)。話の部分だけを引用。一部は省略した。

  

161014c

   

   

      ☆        ☆        ☆

 The times they are a’changing,

 perhaps

 おそらく、彼ら(アカデミー)が変わりつつある時代なのです。

 (注. a’changingという綴り方はディランの真似。)

    

 Of course he 〔deserve〕 it

 -he’s just got it

 もちろん、彼はそれに値します。彼はまさにそうなのです。

  

 he is a wonderful sampler,

 a very origianl sampler.

 彼は素晴らしいサンプラー、とても独創的な引用者です。

   

 He embodies the tradition and 

 for 54 years now he has 

 been at it,reinventing himself

 constantly,creating a new 

 identity.  

 彼は今まで54年間、伝統を体現し続け、常に自らを

 再発見し、新たなアイデンティティを創り出しています。

   

 If you look far back,...

 you discover Homer and 

 Sappho.

 皆さんが遥か昔を振り返れば、ホメロスやサッフォーを

 発見するでしょう。

  

 They wrote poetic texts that

 were meant to be listened to,

 performed,often together with

 instruments,and it’s the 

 same way for Bob Dylan.

     

 彼らは詩的な文章を、聴かれるものとして、またしばしば

 楽器と共に演奏されるものとして、書いたのです。

 そしてそれは、ボブ・ディランでも同様です。

   

   

      ☆        ☆        ☆    

要するに、文学の代表の1つは詩であって、古代ギリシャ時代から

音楽と一体化してたから、ベテラン歌手のディランが受賞しても

不思議はないという「弁明」だ。実際、「批判しないで欲しい」とも

語ってる(笑顔で)。

     

私は、基本的には良い意味の画期的な一歩、文学概念の拡張だと思

うけど、歌手を相手にするようになると、小説家の受賞は大変だろう。

     

おそらくこの授賞は、ノーベル平和賞みたいなもので、ディランの社

会問題に対する姿勢を評価したんだと思う。すると当然、立場によっ

ては厳しい見方になるわけで、選考する側もますます大変な立場に

おかれることになった。

  

日本では早くも、谷村新司とか、さだまさしが候補とか言われてるけ

ど、しばらくは無理だと思う。とりあえず来年のノーベル文学賞に注目

しよう。医学・生理学賞みたいに、「ノーベル文学・音楽賞」という名

称に変わるかも。。

   

   

       ☆       ☆       ☆

最後に、単なる一般市民の平凡な走りについて♪ まあ、走りはリズム、

リズムは音楽、音楽は文学だから、走りも文学なのだ。推移律を用いた

論法だけど、ノーベル理屈賞はもらえないと思う。無いだろ!

  

一気に秋モードになって、風邪の半歩前くらいの体調だったけど、ロー

テーションを考えて、またハーフ21.1kmをこなして来た。気温

18度、湿度70%、風速1m

   

涼しくてラクだけど、身体が温まるのにちょっと時間がかかるから、足

腰のあちこちが痛む。特に昨日・・じゃなくて一昨日は足首が痛んだ

から、序盤はペースを上げれなかった。かなりダメージが蓄積してる

から、あくまで慎重に。

   

トータルでは1km5分04秒ペース。そろそろ5分くらい切っ

とかないとヤバイね (^^ゞ って言うか、フルマラソンの申込みを

忘れないようにしないと。それでは今日はこの辺で。。☆彡

  

       

 往路(約2.4km) 12分52秒  142 153

LAP1(約2.1km) 10分53秒 151 158

  2         10分53秒  155  158 

  3         10分50秒  155 160

  4         10分49秒  157 160

  5         10分45秒  158 161

  6         10分42秒  159  163

  7         10分39秒  160  163

復路(約3.7km) 18分23秒  161 170

計 21.1km 1時間46分45秒 心拍平均156(86%) 最大170(93%)

         

                     (計 2291字)

| | コメント (0)

大統領選トランプ候補、ビデオ発言の英文和訳(一部除く)&14kmラン

(10日) RUN 14km,1時間12分53秒,平均心拍 148

    消費エネルギー 740kcal (脂肪 148kcal)

   

日本人としては、ロシアのプーチン大統領来日に合わせた、北方領土

問題の進展とかいう噂が気になる。将来的な2島返還くらいが現実的

な妥協点か。

         

まあでも、とりあえず今日は、米国大統領選の話をトッピングしとこう。

半ば、英語記事ということで。ちょっとタイミングが遅い感もあるけど、

逆にほとぼりが冷めて、ちょうど良かったかも。。

    

    

      ☆        ☆        ☆

私が共和党のトランプ候補の性的暴言を知ったのは、Yahoo!

に配信されたAFP通信のニュースを通じてのことだった。

  

 トランプ氏の爆弾映像浮上、下品な言葉で女性経験を自慢

   

こんな隠し撮り的な暴露映像をマスメディアが(ほとんど)批判無しで

利用していいのかどうかがまず気になったが、米国大統領の候補と

もなると、個人的プライバシーよりも公の知る権利の方が遥かに優先

されるということか。

   

ただ、今回の大統領選では、1年前からマスメディアのトランプ批判

が目立つし、特にここ最近は報道の中立性を気にせず、ひたすらクリ

ントン当選を目指す論調が目立ってる。バランス的に違和感を持つの

も自然だろう。

    

誤解を避けるために書いておくと、私は個人的に、黒人大統領の次は

女性大統領でもいいと思ってる。リベラルだからではなく、ごく普通の

現実的なバランス感覚として。とはいえ、今回のトランプの暴言とされ

るものがどの程度のもので、今までと比べてどうなのか、元の英語を

自分で確認してみた。

         

AFPは一部の微妙な単語をそのまま載せてたけど、私は直接的には

書かない。ただ、元の映像にはすべてテロップが出てた。ワシントン・ポ

ストが10月11日現在、HPで動画を公開中。映像的に過激なものは無

いが、言葉の一部はかなり下品なので、閲覧の際は自己責任で。中盤

までのポイント部分は、約2分間。ポストの記事タイトルは次の通り。

       

 Trump recorded having extremely

 lewd conversation about women

 in 2005

 トランプが2005年に録音された、

 女性に関する極度にわいせつな会話 

  

161011a  

   

   

       ☆        ☆        ☆

では、実際の英文と私の日本語訳を示す。くだけた日常会話で、文脈も

正確には分からないので、和訳は参考程度のものだ。ワシントンポスト

による編集にも注意が必要。話し相手の言葉はすべて省略。

       

 Donald Trump

 (ドナルド トランプ)

  

 You know and I moved on 

 her actually.

 ・・・私は実際、彼女に言い寄ったんだ。

  

 You know She was down

 on Palm Beach.

 彼女はパームビーチにいたんだよ。

  

 I moved on her

 and I failed.I’ll admit it.

 私は彼女に迫って失敗したんだ。それは認めるよ。

   

 I did try and f・・・ her.

 She was married.

 私は彼女を・・・しようとした。彼女は結婚してたんだ。

  

 ・・・(中略)・・・

 And I moved on her 

 very heavily in fact ・・・

 私は実際、本気で彼女に迫ったんだ。

   

 ・・・I moved on her like a b・・・・,

 but I couldn’t get there.

 私は尻・・みたいな彼女に迫ったけど、ダメだった。

  

 Then all of a sudden I see her,

 she’s now got the big 

 phony tits and everything.

 その時ふと気付くと、いまや彼女は大きな

 偽物の胸とか全てを手に入れてる。

   

 She’s totally changed her look.

 彼女はすっかり外見が変わってた。

  

 Look at you.You are a p・・・・.

 あぁ、カワイイ子猫ちゃん。

   

 ・・・(中略)・・・

 And when you’re a star 

 they let you do it.

 スターなら、みんな、やらせてくれるんだ。

     

 You can do anything.

 何だって出来る。

  

 ・・・Grab them by the p・・・・.

 ・・・・をつかんだり。

   

   

     ☆        ☆        ☆

移動のバスから降りた後、ドラマ撮影で共演するブロンド美人女優・

アリアンヌ・ズッカーとハグ(抱擁)して、笑顔でスタジオに向かった。

ズッカーは美脚を大胆に露出したドレスで、トランプ達も注目。ドラマ

の中では、ズッカーがトランプに接近するような台詞も入ってたらしい。

   

2005年9月だから、3度目の結婚の8ヶ月後ということになる。ただ、

話してる内容がいつのことなのかは不明。

       

おそらく会話の全体は、ある1人の既婚女性を苦労してくどき落とした

ということだと思う。最初は失敗したけど結局、成功。私はスターだから

何でも可能だという、大げさな軽口、ジョーク。

   

個人的感想としては、男性数人のバスの個人的会話より、公の場での

数々の暴言の方が遥かに問題だと思うが、これでどの程度の影響が

出るのかはまだ分からない。

   

ビデオ公開後の世論調査だと、クリントンとの差が開いたとも言われて

るけど、英国のEU離脱みたいな逆転劇も可能。注目の大統領選まで

は、残り1ヶ月。果たして、結果とその影響は。。

   

  

       ☆        ☆        ☆

一方、単なる一般市民アスリートは、3連休最後の昨日も14kmだけ

軽く流してみた。脚の疲れやダメージはあるけど、やっと秋らしい涼しさ

になってくれたから、一気に走りやすかくなった♪

    

気温17度、湿度75%、風速1.5m。トータルでは1km5分

12秒ペース。もうちょっと速くてもいいけど、右足をかばってる

し、良しとしとこう。一応、最終ラップだけは1km5分切り。妙に

人が少なかったのは、連休の最後だからかも。

     

さて、サッカー日本代表は、強敵オーストラリアに勝てるかな。今現在、

前半が終わって1-0のリード。ではまた明日。。☆彡

    

       

           時間  平均心拍  最大

 往路(約2.4km) 13分22秒  133  142

LAP1(約2.1km) 11分22秒  144  150

  2          11分17秒  148  151

  3          10分57秒  152  159

  4          10分38秒  156  162

復路(約3.0km)  15分18秒  155  164

計 14km 1時間12分53秒 心拍平均148(81%) 最大164(90%)

           

                        (計 2522字)

| | コメント (0)

大隅良典教授のノーベル医学生理学賞2016、受賞理由(英語原文と和訳)

161005a

 

今年もまた、日本人がノーベル賞を受賞した。しかも今回は単独受賞

だから、自然科学系だと1987年の利根川進教授以来、29年ぶりの

快挙☆ 名前が1人だけだから、輝きが一際目立ってる。

  

そこで、いつものように、英語の公式HPからコピペ&翻訳させて頂こう。

世界レベルの公的発表でもあるし、著作権の問題は生じないと考える。

     

下は、細胞内で自分自身の要素を食べる「自食作用」(オートファジー)

のメカニズム。左から右へと、まず膜で包んで袋にして、他のもの(リソ

ソーム)と融合して自食するプロセスを単純化して描いてる。

      

161005b

   

   

      ☆        ☆        ☆

では、プレス・リリースの最初から和訳して行こう。基本的には直訳に近い

ので、堅苦しい日本語だが、英語原文との対応関係は分かりやすいはず。

          

2つの固有名詞(ノーベル会議、カロリンスカ研究所 or 医科大)

には、スウェーデン語が使われてる箇所もある。文字化け防止のため、

アクセント記号は省略。複数形は、訳した所と無視した所がある。人名

の漢字は「大隅」が正しくて、「大隈」は誤字なので、要注意。

            

161005c

   

Nobelforsamlingen

The Nobel Assembly at Karolinska 

Institutet

      

Press Release

 2016・10・03

   

ノーベル会議

カロリンスカ研究所・ノーベル会議

  

プレス・リリース

2016年10月3日

  

The Nobel Assembly at Karolinska 

Institutet has today decided to 

award the 2016 Nobel Prize in 

Phisiology or Medicine

   to

Yoshinori Ohsumi

for his discoveries of mechanisms

for autophagy

  

カロリンスカ研究所のノーベル会議は今日、2016年

のノーベル生理学・医学賞を、ヨシノリ・オオスミ(大隅

良典氏)に贈ることを決定した。

オートファジーの様々なメカニズムを彼が発見した

ことに対して。

    

   

      ☆        ☆        ☆

161005d

  

Summary

This year’s Nobel Laureate

discoverd and elucidated mechanisms

underlying “autophagy”,a  fundamental

process for degrading and recycling

cellular components.

          

要旨

今年のノーベル賞受賞者は、細胞の要素を分解して

リサイクルする基本的なプロセスである、「オートファジー」

の下にあるメカニズムを発見し、解明した。

   

  

The word “autophagy” originates from 

the Greek words “auto-”,meaning

“self”,and “phagein”,meaning “to eat”.

Thus,autophagy denotes “self eating”.

   

「オートファジー」という単語は、ギリシャ語で自分を

意味する「オート」と、食べることを意味する「ファゲ

イン」に由来する。よって、オートファジーは自分を

食べることを示す。

  

This concept emerged during the 

1960’s,when researchers first

observed that cell could destroy

its own contents by enclosing it

in membranes,forming sack-like

vesicles that were transported to

a recycling compartment,called

the “lysosome”,for degradation.

   

この概念は1960年代を通じて登場した。当時、研究者

達は、細胞が自らの中身を破壊しうることを初めて観察

していた。中身を膜で包み、袋のような小胞(液胞)を形

成し、「リソソーム」と呼ばれる分解器官へと運ぶ。

   

  

       ☆        ☆        ☆

Difficulties in studying the

phenomenon meant that little was

known until,in a series of brilliant

experiments in the early 1990’s,

Yoshinori Ohsumi used baker’s

yeast to identify genes essential

for autophasy.

   

その現象の研究における数々の困難によって、1990

年代初頭の輝かしい実験の数々までは、ほとんどの事

が分からないままであった。この頃、大隅良典氏がパン

酵母を使い、オートファジーにとって本質的な遺伝子を

発見したのだ。

         

He then went on to elucidate the

underlying mechanisms for autophagy

in yeast and showed that similar

sophisticated machinery is used

in our cells.

           

彼はさらに、酵母のオートファジーの下にあるメカニズムを

解明し、より洗練された同種の仕組みが我々の細胞で使わ

れていることも示した。

   

   

       ☆        ☆        ☆

Ohsumi’s discoveries led to a new

paradigm in our understanding of

how the cell recycles its content.

   

大隅氏の諸発見は、細胞がどのように中身をリサイクル

するのか、我々が理解する際の新たなパラダイム(枠組み)

をもたらした。

   

His discoveries opened the path to 

understanding the fundamental

importance of autophagy in many

phisiological processes,such as

in the adaptation to starvation or

response to infection.

   

彼の諸発見は、多数の生理学的プロセスにおけるオート

ファジーの根本的重要性の理解へと、道を切り開いた。

例えば、飢餓への適応、あるいは、感染への反応。

  

Mutations in autophagy genes can

cause disease,and the autophagic

process is involved in several

conditions including cancer and

neurological disease.

        

オートファジー遺伝子における突然変異は、病気を

引き起こすことがある。また、オートファジーのプロセ

スは、ガンや神経学的病気も含め、いくつかなの条件

に含まれている。

    

    

       ☆        ☆        ☆      

ちなみに、オートファジー。洗濯機でお馴染みの「ファジー」と似て

るとか言われたこともあるそうだが、あれは「fuzzy」で、英語の綴り

も発音もハッキリ違ってる。

    

とにかく、同じ日本人として、本当に嬉しいし、誇らしい。

それでは今日はこの辺で。。☆彡

   

   

    

cf. 大村智教授のノーベル医学生理学賞2015、

      受賞理由(英語原文と和訳)&休養ジョグ

    

                       (計 2839字)

| | コメント (0)

『エンジョイ・シンプル・イングリッシュ』、10月からの後期は再放送か!

 NHK “Enjoy Simple English” will be 

 a rebroadcast from next month.

 NHK 『エンジョイ・シンプル・イングリッシュ』は

 来月から再放送になる。

   

 So there will be much

 e-money left over.

 だから、多くの電子マネーが余ってしまう。

   

      

            ☆          ☆          ☆  

サボってばっかの英作文ノルマ♪ 2つ目の文が予想より遥かに

厄介で、迷ってしまった。そもそも、「多くの電子マネー」といった

感じの言い回しがネット上に(ほとんど)見当たらないのだ。まあ、

「多くのお金」の電子版ってことで、OKでしょ。

   

未来形の「will be」は多分、英語だと現在形の「is」の方

が自然なんだろうけど、前の文で「来月から」とハッキリ書いてる

から、未来形にしといた。

  

もうちょっと、文例のデータベースが充実してくれればいいんだけど

ね。どうせ、iPadのSiriに質問しても聴き取ってくれないんだろう

し (^^ゞ 有料サービスを使えってことか。

           

「~してしまう」っていう日本語表現も、対応する英語がなかなか見

つからない。ホント、外国語の勉強は疲れるのであった。特に、作文

とヒアリング・・じゃなくてリスニング。

    

    

        ☆          ☆          ☆

とにかく、電子ブックのテキストのためにポイントを購入した直後に、

来月から再放送だと分かったわけ (^^ゞ またしてもマーシーの法則、

恐るべし。不幸は最悪のタイミングで現れる。

           

私がいい加減に受講してたから気付かなかっただけかも♪ 毎月テキ

ストは買ってるけど、ほとんど読んだことがない。中学生の頃から変わ

らずも (^^ゞ キレイな写真が付いてるわけでもないし、白黒でマンガも

無いから、チラ見で確認する程度なのだ。

           

どうも、昔から英語講座の苦手意識が抜けないね。特に、講師の指示

とテキストにプレッシャーを感じてしまうのだ。子どもか! 聞き逃した

のは1週間だけだから、私としては大健闘なんだけど。

       

それにしてもやっぱり、聴いてる人もテキスト買ってる人も少ないんだ

ろうね。ウィキペディアによると、2014年開始で、15年の後期

(=下期)には早くも、前期(=上期)の再放送になったらしい。

   

建前上は初心者レベルなのに、日本語の解説がほとんど無いから

仕方ないか。個人的にはツボの企画だけどな。スピーキングが無い

し、目をつむって居眠りしながら聴き流すだけだから♪ コラコラ!

   

   

        ☆          ☆          ☆

私は1週間分まとめてネットの「マイ語学」で聴いてるから、さっき聴

いたのは先週分(9/5~9/9)。相変わらず、1回聴くだけだと

大まかな流れが分かる程度。

   

最後のナビゲーター・肘井美佳の感想を聞いた後、もう1回全体を

聴き直すとかなり理解できるけど、なかなかそこまで出来ない(^^ゞ

1週間、5日分を2回聴くと、1時間近くも英語漬けになるもんで。

「日本なんだから日本語で話せ!」とか怒鳴りたくなる♪

      

お気に入りの月曜日、オリジナル・ショート・ストーリーだと、9/5

は「role play」が聴き取れなかった。rの発音は、「right

 now」みたいな簡単な言い回し以外は聴きづらい。

   

最後のオチらしきものも、2回聴いても分からなくて、テキストを

見てやっと納得。日本語訳付きで引用してみよう。

  

 Playing house might take away 

 Kazuyo-chan’s fears.

 おままごと遊びは、カズヨちゃんの恐れを

 取り去ってくれるかも知れない。

  

 But as for me,I’m getting 

 scared about marrying her...

 でも私の方は、彼女と結婚するのが

 恐くなってる。

   

2人の恐れを、別の単語(fear,scared)で表してる

から、対比や切り替えがピンと来なかったわけ。そもそも

scaredが聴き取れないし。。

  

 As for me,I’m getting scared

 about learning English.

 私の方は、英語の勉強が恐くなってる♪

   

   

         ☆          ☆          ☆

火曜日は2週間ぶりに(?)、肘井美佳の妙なハシャギっぷりが登

場♪ リスナーからクレームが来て止めたのかと思ってた(笑)。どうし

て日本の名所めぐりの時だけ拍手してハシャぐのかね? 旅行好きっ

てことなのか、単なる放送作家の思いつきなのか。

       

水曜は、ネコの鼻の白い点が分からなかったな。「rice」ね♪ 

鼻に「お米」をペイントして、ネズミを楽に呼び寄せると。無理だろ!

   

それ以外は分かりやすい落語だったけど、笑い声がほとんど無かっ

たのが気になった。ディレクターの趣味じゃないってことか。ベッドが

燃えてるのに、ダルイから眠り続ける父と子(笑)。シンプルなブラック・

ギャグで、私はウケた。

   

   

        ☆          ☆          ☆  

そして、肘井の本領発揮は木曜。「ジャックと豆の木」(Jack

& the beanstalk)が終わった後、「不法侵入、窃盗、

殺・・」と突っ込んでくれた(笑)。いいね♪ 雲の上に一人で残

された、巨人の親切な奥さんの立場は?

      

肘井は、大人ってイヤですねとか、自分突っ込みでまとめてたけど、

逆に言うと、童話の変な部分に気付かない子どもってイヤだね・・

ってことにもなる。私も子ども時代は、ジャックの冒険サクセスストー

リーとしか思ってなかったはず。まあ、もうちょっと巨人を悪者として

説明してたかも。悪を倒すのは善ってことで。

       

金曜のかぐや姫は、話が暗くて長いから、ちょっと付いていけなくなっ

て来た。来週は父親と闘うのかな? 大塚家具の家具屋姫か。古っ!

    

いや、あの妙なお家騒動以来、かぐや姫と聞くと反射的に大塚家具を

思い出しちゃうもんで♪ ちなみに、電子書籍が時々フリーズするけど、

画面の縦横の向きを変えるとなぜか直る。

   

beanstalkとは、bean(豆)のstalk(ストーク

=茎)。「ジャックと豆のクキ」!(笑) それでは、また明日。。☆彡

    

  

   

cf. NHKラジオ『エンジョイ・シンプル・イングリッシュ』、5分で面白い☆

    

                       (計 2411字)

| | コメント (0)

「Thunderbird are go」、英文法的にもアリ♪&背筋痛ラン

(12日) JOG 12km,1時間00分34秒,平均心拍 154

    消費エネルギー 644kcal (脂肪 103kcal) 

   

サンダーバード アー ゴー!」と、カタカナで書いた方がアクセスが多

いかな?♪ 記事タイトルはともかく、先日書いた朝日新聞ネタ(街灯

の定理)がわりとアクセスを集めてるので、もう1本、朝日で書いてみ

よう。今度は特撮&英語ネタだ。

                  

半世紀前の人気人形劇『サンダーバード』が復活したとかいうニュース

はどこかで目にしてたけど、実際にテレビで見たのは先月の末。信州

レース遠征の際、夕食前に宿の部屋でテレビをつけたら、たまたま

NHKで放映してたのだ。

       

あれくらい有名だと、世代を問わず誰でも一応知ってるし、今の目線で

見てもよく出来てると思う。ストーリー、戦闘機(1号、2号)、ロケット

(3号)、海底探査艇(4号)、宇宙基地(5号)、秘密基地、国際救助隊

の構成、主題歌、オープニング映像、そして最大のポイントは、ちょっと

天然系のブロンド美女、ペネロープ(笑)

        

その時は数分見て、他の番組にチャンネルを変更。すぐ夕食となったけ

ど、ちょっと頭に残ってたから、朝日新聞の記事に目が留まったのかも。。

   

   

        ☆          ☆          ☆

16年9月12日・夕刊の記事は、タイトルだけでもマニアックで面白い。

   

  「サンダーバードに s はあるか

   

長期企画「英語をたどって」のシリーズⅣ、第1回。執筆記者は、名前

を入力しにくい(笑)刀祢館正明・編集委員。「とねだち」と読むらしい。

Googleで「刀祢」まで入力すると、候補のトップにフルネームが出た♪

   

ちなみに「テンメ」まで入力しても、候補に「テンメイ」は出ない (^^ゞ こ

の時点で大差がついてるわけだが、以下の議論で譲るつもりはない。

  

彼は、テレビの新シリーズを見て、「サンダーバード アー ゴー」という

発音に驚いたらしい。発進する時のこの決め台詞は、英語なのか?

    

    

       ☆          ☆          ☆ 

ゴーはGOで、ほとんどの場合は動詞だけど、形容詞も一応ある。

準備完了」とかいう意味で、私の英和辞典(小学館プログレッシヴ)

でも一番最後に小さく載ってた。「用意ができて」。

  

GOが形容詞なら、直前にbe動詞のAREがあるのもいい。ただ、複

数形のbe動詞だから、主語も複数形で「サンダーバーズ」とすべきで

はないか。ちなみに新シリーズの英語タイトルでも、複数形になってる

のだ。「THUNDERBIRDS ARE GO」。

  

そこで記者がNHKに質問すると、マジメな返答が来た。「サンダー

バードという番組名が定着している」、「日本語では複数、単数を言い

かえない名詞も多い」。

   

   

        ☆          ☆          ☆  

まあ、定着したのは番組制作の後だから、制作の際の理由とか根拠とし

ては、日本語に複数・単数の区別があまり無いことに加えて、発音の問

題だろう。「サンダーバーズ」だと語尾に気合が足りないし、日テレ音楽

学院のチアガール・ユニット、「ザ・バーズ」みたいだ♪(古っ!)

       

朝日の記事では、英国出身の音楽評論家としてお馴染み、ピーター・

バラカンの意見として、サンダーバード・アー・ゴーは「だめです」、「はっ

きり言ってダサい。影響力が強い公共放送のNHKには、間違った英語を

流して欲しくないね」と書いてた。

  

しかし、バラカンというのは保守的な原理主義者であって、英国とか英

米圏を代表できる存在かどうかはビミョーな所。その点は、少し前の

「BABYMETAL」批判の際にも明らかだったことだ。彼がダサイと思っ

てるものが、欧米で人気だったりする。そもそも、「ダサい」という古い

流行語をいまだに使ってしまう時点で、言葉に対する感覚が怪しい。

      

「サンダーバード」と「サンダーバーズ」のどちらがいいか、アンケート

を取ればすぐ決着がつくはず。少なくとも今の日本だと、複数形にする

のは論外。炎上してしまうはずだ。。

   

   

         ☆          ☆          ☆

そして、刀祢館もバラカンも触れてない、決定的な論拠も示せる。実は、

「bird are」という英語表現は、代表的な英語サイトに存在するのだ♪

集合的に単数名詞を用いて、そのそれぞれのメンバーの様子は複数形

で示してる。

       

 The bird are flying around.

 The bird are singing・・

        

160914a_3

    

weblioで、完全一致の例文検索を行うと、上のような例が出る。

もちろん、「birds are」の方が普通だけど、「bird are」

もちゃんとデータベースに登録されてるのだ(10分の1)。

   

単数形の主語+複数形のbe動詞という意味では、次の例文も

参考になるだろう。

The class are all here.

    

160914b_5

    

        ☆          ☆          ☆

Googleの検索オプションを使って、「Thunderbird 

are go」を完全一致で含む英国の英語記事を探しても、一応

6ページ分の結果が出た。入力ミスもあるだろうけど、日本関連

ではなさそうな記事もある。

  

以上より、総合的な結論はこうなる。

  

 「サンダーバード・アー・ゴー」は、日本のテレビ番組制作の上で

 納得できるカタカナ英語であり、英文法的にも許容範囲である。

  

朝日の応答を待つことにしよう♪ 過去11年間、ウチでは朝日関連の

記事をかなり書いてるし、朝日新聞社からのアクセスもたまに入ってる

けど、今まで反応してくれた記者はただ1人。サッカーの忠鉢信一記者

のみだ。。

   

    

       ☆          ☆          ☆

話変わって、最後に一昨日の走りについても一言だけ。今度こそ18

kmジョグのつもりだったのに、他の用事が入ったので、スタスタと

12km走ってみた。

  

1km5分近くのペースが目標だから、JOGではなく、RUN。

何と、3ヶ月ぶりのこと・・(^^ゞ 試してみると、中盤まで意外といい

感じだったのに、終盤から背筋痛が発生。腰から上は、自転車だと

ほとんど使わないから、弱ってたらしい。背中に手を当てれば分かる

ように、二足歩行するだけでも背筋に負荷がかかってる。

  

とにかく、ラストスパートどころか腹が痛くなってしまったので、最後は

腰を前に曲げるようなフォームで帰宅。トータル1km5分03秒

となった。まだシーズン6日目だから、まあまあかな♪ 気温24

度、湿度93%、風速1m。相変わらず残暑が厳しかった。

   

で、また台風が連発?! 困ったもんだね。それではまた明日。。☆彡

   

     

         時間  平均心拍  最大

 往路(2.4km) 12分51秒  138  150   

LAP1(2.1km) 10分40秒  154  159

  2         10分39秒  159   161         

  3         10分40秒   160  167 

復路(2.9km)  15分45秒  157  169

計 12km 1時間00分34秒 心拍平均154(85%) 最大170(93%)

    

                      (計 2666字)

| | コメント (0)

「イチローを語る米メディア」について語る日本メディア&休養自転車

(15日) BIKE 31.2km,1時間14分,平均心拍 117

    消費エネルギー 500kcal (脂肪 190kcal)

 

日本が誇る野球の天才、イチロー(鈴木一朗)が6月15日、「日米通算」

で4257安打を達成。ピート・ローズが持つメジャー記録4256安打を更

新する形になった。

 

日本ではもちろん、イチローの偉業、偉大な記録を絶賛する報道が大部

分だが、米国では多少ビミョーな感じも入ってる。何とも分かりやすい話だ。

 

 

          ☆          ☆          ☆   

ローズ自身が、イチローの合算記録を評価しない過激発言を繰り返して

るし、米国としてのプライドもあるだろう。そしてもちろん、日米のプロ野球

は確かにかなり違ってる。

 

イチロー自身のコメントもビミョーで、読み方によっては、「ローズが評価し

てくれれば自分でも評価できたのに、残念・・」という感じにも解釈可能。

 

では、米国の主要メディアの反応はどうか。日本の「Full-Count」(フル・

カウント)というメディアが、米国の様子を色々と伝えてた。たまたま私の目

に留まったのは、Yahoo!に配信された記事、「イチロー日米合算に巻き

起こる議論“ローズ超え”米メディアどう伝えた?」。

 

翻訳をごく簡単にまとめたものを5つ紹介してる中で、最初におかれてる

のが代表的な米国メディア、「USA TODAY」の電子版だった。日本語の

紹介文だけ読んで、私はすぐ、ちょっと変じゃないかな・・と感じたので、直

ちに英語原文を検索してチェック。やはり、元の記事よりも微妙に日本的

で大衆的な内容に変わってる。

 

何がどう違うのか、どうズレてるのか。「イチローを語る米メディア」につい

て語る日本メディアについて、日本人ブログで簡単にコメントしとこう♪

 

 

         ☆          ☆          ☆  

まず、フルカウントの記事の該当部分を引用させて頂こう。リンクは、すぐ

消されるヤフーの記事ではなく、公式サイトの方に付けておく。

 

 米紙「USA TODAY」電子版 

 

 「その歴史的安打がこちら。いささか拍子抜けだ」と4256安打目 

 (捕手への内野安打)の動画を紹介しながらも、ローズとの比較 

 では「プレーのレベルの向 上によって、ローズが1960年代初頭 

 に対峙していた投手たちよりも、イチローが1992年から2000年 

 にかけて向かい合った投手たちのほうが良い投手 だったと議 

 論するのは妥当だ」、「ローズよりも3歳若くキャリア通算4256安 

 打を放った」などと評価。どちらも優れた選手だと結んでいる。

 

この短いまとめでは、まずイチローにネガティブな部分を2行近く引用し

た後、ポジティブな部分を4行ちょっと引用。最後は「どちらも優れた」と

無難に丸く収めてる。ただ、7行全体を見ると、イチローに多少ポジティ

ブなまとめ方と言っていい。

 

 

           ☆          ☆          ☆

一方、英語原文のタイトルは、

 

 「Ichiro is three years younger and 

  way better than Pete Rose was

  for his 4256th pro hit

 

  (イチローは、ピート・ローズがプロ4256本目のヒットを

  打った時より3歳若いし、もっと上手くやってる。)

 

これだけ読むと、イチローに好意的な記事のような気もするが、おそらく

執筆者ではなく編集者が付けたタイトルだと思う。記事本文はかなり詳し

くて、遥かに中立的なものなのだ。彼ら2人以外の選手たちに対しても。。

 

 

        ☆          ☆          ☆

本文全体は、両者それぞれの長所、優越点を書いた後、別の意味では

2人とも劣ってるという話まで書き添えてる。そして、結末は次の通り。

 

160616b

 

 The bold conclusion: Pete Rose was

 a really good player who hung around

 too long.Ichiro was a really good player

 who managed to stay viable into his 

 early 40s.Both should be credited for

 maintaining health and high batting

 averages during their best years,but

 batting averages and hit totals do 

 not in any way reflect all that goes

 into being a great hitter.

 

 

 大胆な結論: ピート・ローズは本当に素晴らしい選手で、

 あまりに長くキープした。イチローは本当に素晴らしい選手

 で、40歳台の初めまで何とか活躍し続けてる。二人とも、

 健康管理や全盛期の打率については賞賛されるべきだ

 が、打率や通算安打数は決して、偉大な打者の証しをす

 べて反映するものではない。

 

 

特に、一番最後の文は「大胆」だと思う。当の2選手どころか、騒がれて

る数字、あるいはメディアの騒ぎ方全体に対して、冷めた見方を示して

終わりとしてるのだ。

 

最初に引用した、日本メディアの伝え方と見比べると、興味深いズレが

分かるだろう。もちろん、私のこの記事が元の英文とかなりズレてるので

は?と思ったら、自分でチェックしてみることをお勧めする♪ 当然、「終わ

りなき分析」が続くわけだ。。

 

 

         ☆          ☆          ☆ 

最後に、偉業どころか、底辺をさまよい続けるだけの、小市民アスリート

の走りについて♪ 

 

昨日は、一昨日のヘロヘロ25km走の疲れもあったし、ちょっとした事情

もあって、ゆっくり短めに自転車走行。当然、ちょっと遅めのスピードとタ

イムだけど、それ以上に心拍が低いから、感触としては良かった。米紙が

書いてた通り、数字は決して、偉大な走りの証しをすべて反映するもので

はない♪

 

トータルでは、時速25.3km気温21度、湿度90%、風速1.5mで、

ゆっくり自転車で走っただけでも蒸し暑く感じた。ではまた明日。。☆彡

 

 

          時間  平均心拍 最大

 往路(2.4km)   8分31秒   101  121 

LAP1(4.2km) 10分23秒   107  124

   2         9分32秒    117  134

   3          9分34秒    120  136

   4          9分04秒    125     140

   5          8分58秒    128     139

   6          8分56秒    129  142

 復路(3.6km)   9分24秒   113  143

計 31.2km 1時間14分 平均117(64%) 最大143(79%)

 

                         (計 2489字)

| | コメント (0)

『伝説の死闘 猪木vsアリ』(テレビ朝日)、感想と英語(音声解析)

『モハメド・アリ 緊急追悼番組 蘇る伝説の死闘 猪木vsアリ』。面白かっ

た! 「世紀の凡戦」どころか、1秒も退屈しなかったし、珍しくHDDに録画

までして永久保存。

 

確かに、ルールで細かく制限されてたので、表面的な動きや派手さは乏し

い。ただ、真剣勝負の記録なのに、単純に笑えるシーンも色々あったし、

語学や文化、現代史の学習としても興味深かった。テレビ朝日さん、

Good job(グッ・ジョブ)☆ こんなに早く、2時間ちょっとの番組を

まとめるのは、大変だったはず。

 

さて、ちょうど40年前、1976年6月26日の異種格闘技戦につい

ては、2年前の2014年にDVDが発売されてるし、昨夜(16年6

月12日)の放送もそこそこ視聴率を取ってるはず。

 

今さら普通の感想を書いてもほとんど意味がないだろう。当時だけでも、

37ヶ国、14億人(?!)の視聴者と言われてるほど。日本の視聴率

だけでも、土曜の昼間の放送で38.8%も取ってる。

 

 

         ☆          ☆          ☆

そこで例によって、他の人がほとんど書かないような事を中心に、簡単に感

想記事を書いてみたい。たとえば、「イノキ ボンバイエ!」の細かい文法と

意味とか♪

 

アリの曲『Ali bomaye』(アリ ボンマイエ)が猪木にプレゼントされた

とか、最初はアリがアフリカ・コンゴで試合した時(キンシャサの奇跡)に現

地のリンガラ語で叫ばれてたとか、ボンマイエがなまってボンバイエという

発音になったとかいう話なら、あちこちに書かれてる。

 

しかし、リンガラ語bomayeの文法的解析までは、英語版ウィキ

ペディアでさえ書いてない。私はリンガラ語の英訳&仏訳サイトで翻訳し

てみた。フランス語との関連が強い言語だから、仏訳も参考になる。

 

boma」は、kill(殺す)、delete(消す)、destroy(壊す)という意味

の動詞の、二人称単数の命令形。「ye」はこの場合は、him(彼)

いう三人称の代名詞であって、それは仏訳でハッキリする。

 

160613a

 

160613b

 

結局、「ボンバイエ」=「ボンマイエ」=「destroy him」=「(お前!)

アイツをやっちまえ」、と訳せる。そう言えばアリ自身も、destroyと

いう英単語を何度か使ってた。

 

参考までに、先日アップした2本の英語関連記事へのリンクも付けとこう。

どちらも英語原文の出典付き。

 

 モハメド・アリ追悼、英語ツイートの和訳&小雨プチ自転車

 モハメド・アリのボクシング、自転車泥棒を殴るため♪&プチ自転車

 

 

         ☆          ☆          ☆

まずはマニアックな前置きを書いた所で、追悼番組に向かおう。アリの昔

の映像も若いけど、アントニオ猪木の若さがまず面白かった♪ 現在の猪

木のコメント映像と並べる形になってたから、40年の歳月の重みを感じる。

 

アリの映像で一番衝撃的だったのは、兵役を拒否した後くらいのブヨブヨの

腹。1カット、一瞬だけ写してナレーションさえ無かったことが、逆に効果的

だった。もちろん、その後は引き締めて、単なる「エキシビション・マッチ」だ

と思ってた猪木戦でさえ、いい身体に仕上げてた。当時34歳のヘビー級、

身長190cmだから、身体のコンディショニングだけでも大変なはず。

 

一方、当時33歳の猪木も、110kgくらいの体重を100kgくらいまで

落として試合に臨んだらしい。莫大な借金も抱えて、アリより遥かに本

気モードだったから、ピリピリするのは当然。猪木のそばに付き添って

た藤原喜明も、感情の起伏の激しさについて回想してた。

 

猪木本人によると、アリが何kgの重りを足につけて5km走ったとか

聞くと不安になる一方、アリがジュースをこぼして飲んだと聞くだけで

安心したとのこと♪ ちょっと可愛い反応かも。

 

ちなみに、足首に鉛入りのカバーを巻いて走るトレーニングは私もやっ

たことがあるけど、足首に鉛の棒が当たって痛いし、走りが変になるか

らすぐ止めた。ダンベルを両手に持ったランニングも、同様に撤退♪

 

 

        ☆          ☆          ☆

それにしても、アリは単純に面白いエンターテイナーで、あのビッグマウス

の減らず口と比べると、亀田興毅なんて可愛いもの。明石家さんまクラスだ

ろう♪ 後で自分のトークの録画を見るのが趣味とか(笑)。本当に口が大

きかった気もするのは、舌を出したり口を開けてるシーンが多かったからか。

 

ラップの元祖(笑)とかいう話はまた後で検証するかも知れないけど、猪木

が会見場で「ウチの会社の宣伝マンに雇いたい」と言ったのは本音だろう♪

元・新日本プロレス営業本部長の新間寿とは違う意味で、アリも非常に優

秀な営業マン、営業トークだ。

 

ペリカン(pelican)という言葉で猪木を挑発した時、わざとこの簡単な

単語を記者たちに言わせて盛り上げてたし、松葉杖をプレゼントしたシー

ンでは猪木も素直に爆笑♪ あれは広告代理店が用意したのかね? 

あるいはプロレス関連で誰かが持ってたとか。

 

猪木という名前を知る前に、アリが「東洋人」(Oriental)の挑戦者を

募ってたという話も面白いね。半分以上は単なるビッグマウスだろうけど、

米国の黒人より更に下って感覚もあったのかな。1976年だと、まだ

まだ米国と日本、欧米とアジア・極東の差は大きかったはずだし。ま、い

まだに差は大きいけど。。

 

 

         ☆          ☆          ☆

で、肝心の試合内容に入る前に、また細かい指摘を入れとこう。実況のア

ナウンサーは、ニューヨーク・ロサンゼルス・東京の三元衛星中継とか

2回言ってたけど、「生放送」とか「生中継」とは言ってなかったと思う

(調印式は別)。

 

40年前の当時、試合は昼と夜に放送されたらしくて、夜はもちろん、昼

間も実は録画中継だったという指摘がある。ハッキリしないけど、30分

遅れとか、45分遅れとかだろうか。当時はネットも携帯も無いから、バ

レる心配もほとんどない。契約は最初から米国側中心だし、正確な生放送

は、巨額のお金が動く米国だけだったのかも。

 

試合は当時の感覚だと、判定引き分けでも仕方ない気はする。猪木がマッ

トに寝転んでる時間が長いだけでも印象が良くない。立ったまま、ごくたま

にパンチを出して5発ほど左ジャブを当てたアリを評価する見方も可能。

 

ただ、今の総合格闘技とかの感覚だと、公平に見て、猪木の判定勝ちだと

思う。右足の回し蹴りが次々とアリの左足を襲って、ふくらはぎも太腿も腫

れ上がってたし、ダウンやよろけるシーンも数回あった。

 

 

         ☆          ☆          ☆

アリ側は、猪木のリングシューズにテーブを負けとか注文を出してたけど、

あんな物に意味があるのかね? 単なる時間稼ぎなのか。

 

靴の爪先にテープを貼ってもすぐはがれるから、日本側の解説者かゲスト

(石坂浩二)が、「白くペンキでも塗っとけば」とか言ってた(爆)。それ、ホン

トにやったらウケてただろうな。肌色のペンキで、足の指を描くとか♪

 

猪木の蹴りは、左足でアリの左ふくらはぎ内側を狙うものも結構効いてた。

それに対してボクサーのアリの蹴りは、チョコチョコ可愛いお遊びレベル。

 

まあでも、あの腫れた足でもフットワークは何とか最後までキープしてたね。

猪木も、フツー倒れてるはず、王者のプライドか・・とか感心してた。右足甲

を剥離骨折するほど本気で蹴って、64発中、20発くらいは当てたんだから。

 

ちなみに、アリの軽い足運びのキャッチフレーズ、

  「蝶のように舞い、蜂のように刺す

は、英語版ウィキだと、

  「float like a butterfly,sting like a bee

と書かれてる。

 

「float」(フロート=浮く)ね。今回の番組中のアリの発言だと、

dance」(ダンス)という普通の英語も度々使われてた。舞うよう

な動きより、その場駆け足するようなステップが可愛かったかも♪

コーナーのロープを使って身体を浮かせて、軽く蹴りを出す仕草も

キュートだった。

 

 

         ☆          ☆          ☆

最後に、テレ朝が音声解析か音響解析した、試合中の言葉について。時

間も無くなったから、アリ陣営の英語だけ、軽くまとめとこう。差別的なもの

や性的なものが多いけど、時代背景や文化の違い、営業用ビッグマウス

を考慮して、そのまま引用、転載させて頂く。   

 ムハマド・アリ(Muhammad Ali)

   =カシアス・クレイ(Cassius Clay)

 

 Coward in Tokyo! 東京=トキオの臆病者!   

 Come on! かかって来い!  

 One time 一発で決めてやる 

 You’ve got big threat  お前の相手は手強いぞ 

 One leg  片足野郎  Ass hole クソったれ

 Inoki girl,Inoki lady 猪木は女か  

 Sissy 意気地なし

 Fight on floor like a girl  女の子みたいに床で闘ってるな 

 Men stand up!  男なら、立て!

 You gotta get once  1回ちゃんと立ち上がらなきゃダメだろ

 Much harder  もっともっと激しく来いよ、全然効かないぞ  

 

 (セコンドの声)  

 Stay free!  動き回れ!

 Just stay back  ただ下がってろ

 You’re doing great,beautiful 立派にやってるよ。キレイだぞ。

 Just watch the knee  膝だけ注意しろ

 

 

とにかく、アリも猪木も全力を出してる姿がgreat(偉大)だった♪ 

それでは今日はこの辺で。。☆彡

 

 

P.S. 視聴率は8.5%。40年後にも4分の1の数字を取ったことに

     感心すべき所か。。

 

                       (計 3766字)

| | コメント (0)

モハメド・アリ追悼、英語ツイートの和訳&小雨プチ自転車

(☆16年6月13日の追記: 追悼番組の記事をアップ。

  『伝説の死闘 猪木vsアリ』、感想と英語 )

 

 

         ☆          ☆          ☆

(4日) BIKE 31.3km,1時間13分,平均心拍 135 

    消費エネルギー 670kcal (脂肪 181kcal)

 

デビッド・ボウイ、プリンスに続いて、格闘技界のレジェンド(伝説)も他界し

てしまった。前日に緊急入院、人工呼吸器をつけてたらしい。74歳、本名、

カシアス・クレイ(Cassius Clay)。遥かに有名な、改名後の名前は、モハ

メド・アリ(Muhammad Ali)。

 

「モハメド」という書き方が多いみたいだけど、日経は「ムハマド」と書いて

るし、ブリタニカ国際大百科事典は「ムハンマド」と書いてた。英語の普通

の発音記号を読むと、「モウハマド」に近い。

 

宗教(イスラム)が絡むから、ブロガーとしてもちょっと気を使う所ではある

が、一応、モハメドとしとこう。ちなみに、英語辞書のランダムハウスによ

ると、本当は「アリ」の発音も「アーリー」らしい。

 

アリ自身の言葉やボクシングについては、昨日(6月4日、現地時間では

6月3日)の訃報の後だけでも溢れかえってるので、他のサイトに(ほとん

ど)ない事を書いてみよう。例によって、英語情報と日本語訳。

 

今日は日曜なのに、仕事に追われてることもあって、超有名人たちの短い

追悼ツイートを4つだけ見ることにする。

 

 

         ☆          ☆          ☆

まずは、1974年の「キンシャサの奇跡」でアリに破れた元ヘビー級王者、

ジョージ・フォアマンのツイッターからの引用。

 

160605a

 

Ralph Ali,Frazier & Foreman we were

1 guy.A part of me slipped away,

“The greatest piece”

 

ラルフ・アリ、フレージャー、フォアマン、我々は1つだった。 

自分の一部が消え去ってしまった。「最も偉大な部分」が。 

 

フレージャーは有名なボクサーだが、ラルフというのは単なる別のツイッ

ター・ユーザーへの呼びかけだと思う。日本のメディアの翻訳でも外され

てた。「最も偉大」(グレイテスト)というのは、アリのキャッチ・フレーズ。

 

 

         ☆          ☆          ☆

次はある意味、アリ以上の暴れん坊、マイク・タイソンのツイート

 

160605b

 

God came for his champion.

So long great one.

 

神が彼のチャンピオン(擁護者=王者)を迎えに来た。

さよなら、偉大なチャンピオン。 

 

championという英単語の意味を二重に使ってるわけで、意外と

知的なツイートかも・・・と言うと失礼か。

 

 

         ☆          ☆          ☆

さらに、49戦49勝無敗で去年引退した、ここ最近の最強ボクサーの一人、

メイウェザー。

 

160605c

 

Today my heart goes out to a pioneer,

a true legend,and a hero by all means!

 

今日、私の心は、先駆者と共にある。

真の伝説、そしてもちろん、ヒーロー!

 

ちなみにこのツイートはインスタグラムの文章の冒頭で、「Not a

day went by ・・・」という文は、「私がジムに行く時、あなたの

ことを思わない日は1日たりとも無かった」という意味だと思う。英語も

インスタの写真も、かなりクセがあって分かりにくい。 

 

 

         ☆          ☆          ☆

そして最後はやはり、先日の広島訪問でも印象に残るアメリカ初の「黒人」

大統領、オバマのツイッター

 

160605d

 

He shook up the world,and the world’s 

better for it.Rest in peace,Champ.

 

彼は世界を揺るがした、そして、そのおかげで、

世界はより良いものになってる。

安らかに眠れ、チャンピオン。

 

 

写真は、再戦でリストンを倒した有名なシーン(1965年)で、ネットに溢れ

てる。著作権的には微妙。文章は、オバマがミシェル夫人と共に出した長

めの声明の最後あたりだ。声明の冒頭は、「Muhammad Ali

 was The Greatest.」。モハメド・アリは最も偉大だった。

 

黒人差別との闘い、ベトナム戦争の徴兵拒否、30年以上も続いたパーキ

ンソン病。。確かに、最も偉大な人物の一人かも知れない。

 

と言っても、個人的にはアントニオ猪木との異種格闘技戦のDVDさえ見て

ない(レンタル店に無い)から、まずは肝心のボクシングを拝見したいもの

だ。違法動画じゃなく、合法的な映像でじっくりと。

 

ともあれ、また一人、天才を失ってしまったことになる。謹んで、合掌。。

 

 

P.S. アリがボクシングを始めたのは、自転車を盗まれて、泥棒を殴

     りたかったからという話がある。後ほど、別記事で書く予定。

 

P.S.2 早速、別記事を追加した。

  モハメド・アリのボクシング、自転車泥棒を殴るため♪&プチ自転車

 

P.S.3 6月12日にテレビ朝日系列で、約2時間15分の追悼番組

      を放送するとのこと。20時58分~23時10分。猪木vs

      アリ戦も、全15ラウンドの全貌が分かるという話だが、

      カットが少ないことを祈ろう。

 

 

         ☆          ☆          ☆

なお、昨日の走りは自転車31kmのみ。本当は今日、多摩川に行く予定だっ

たのに、雨が降りそうだったから中止。昨日の内に、小雨がぱらつく公園で

軽く走ってみた。

 

平均時速25.7km。ま、安全第一ってことで。気温21度、湿度75%、風速

2mで、蒸し暑かった。もう、関東も梅雨入りだね。

 

今週は計16086字で終了。ではまた来週。。☆彡

 

 

            時間  平均心拍 最大

 往路(2.4km)  8分23秒   110  135 

LAP1(4.2km) 9分46秒   130  142

   2        9分17秒   133  145

   3         9分17秒   139  151

   4         9分01秒   141    151

   5         9分01秒   143    150

   6         8分51秒   143  155

 復路(3.6km) 9分21秒  130  156

計 31.3km 1時間13分 平均135(74%) 最大156(86%)

 

                        (計 2069字)

            (追記 258字 ; 合計 2327字)

| | コメント (0)

『Three Little Pigs』(三匹の子ブタ)とか&プチ自転車

(8日) BIKE 21.7km,56分,平均心拍 112 

    消費エネルギー 370kcal (脂肪 130kcal)

 

フーッ・・・英語で疲れた。。5日分、計25分だけど♪ 1日わずか5分のリス

ニング番組、『Enjoy Simple English』。遂に4月をクリアした☆ パチパ

チパチ \(^o^)/ 5月8日にネットで達成したから、1週間遅れだ。

 

週5日×4週=20日間。1日、正味だと4分だから、4×20=合計80分。

少なっ!(^^ゞ まあ、2回聴いてる日も5回くらいあるから、4×5=20分

を足して、80+20=100分♪ 変わらないだろ! やっぱ、『基礎英語』

も聴こうかな。中学1年生用の一番簡単なやつ(笑)

 

 

         ☆          ☆          ☆

で、4月最後の週。5月病の予行演習なのか、ちょっとオチが弱かったかな。

特に水曜の落語は、そこそこ聴き取ってたのに、何が面白いのか分からなく

て考え込んでしまったほど♪

 

月曜は気象予報士(weather forecaster)の女性、お天気お姉さんの話だ

けど、テキストのイラストが萌えない(笑)。そこか! 雨の予報はあってたの

に、雨が降ると道路が混んで車が進まないことに気付かなかったってお話。

まあ、最近の天気予報は、その種の生活情報も話すけどネ。

 

火曜は日本の隠れた名所。池尻大橋駅近くの目黒天空庭園(Meguro

Sky Garden)。首都高速の大橋ジャンクションの上に、2013年に出来た

庭園。主人公は、せっかく地元の人に教えてもらったけど、皆さん静かに楽

しみたいみたいだから、そっとしとこうってお話。しんみり、キレイとも言える。

 

下の写真は目黒区HPより。道なりに、らせん状の傾斜があるわけね(右下

から左上へと上昇)。体育会系の人間はこうゆうのを見ると、うさぎ跳びした

くなるのだ♪ 「重いコンダラ」を引っ張るとか(笑)。『巨人の星』か! 私の

高校の校庭には、あのコンダラがあったのだ。ローラーだろ!

 

160509b

 

 

          ☆          ☆          ☆

水曜の落語は、酒の飲み過ぎで「家がぐるぐる回ってる」(This house is

going around and around)とか言うだけの(?)、謎のオチ♪ 大昔は

こうゆうシンプルなので笑えたってことかね。

 

金曜は『王子と乞食』(The Prince and the Pauper)の現代版リメイク

版の第4話で、副社長と掃除人。これ、日本お掃除協会とかから苦情来ない

のかね♪ 

 

今回は新キャラの女の子が登場。ま、私は冷たい美人秘書の方が萌えるけ

ど(笑)。空想のトッピングで色々使えるし・・・って、使うんかい! 昔の職場

にいたよなぁ。ビシビシって感じ。あっ、仕事ぶりネ。

 

 

         ☆          ☆          ☆

そして木曜(世界の昔話・童話)が、一番興味深かった、『The Three 

Little Pigs』(三匹の子豚)。

 

欧米の言語は、こんな時にも複数形を使うんだよな。明らかな時は省略すれ

ばいいのに♪ ・・・とか言ってるから、以前、フランス語学校のテストでビシ

ビシ減点されちゃったのだ。女性形の語尾「e」とか (^^ゞ そのくらい見逃し

てくれればいいのに、P先生(笑)。実名イニシャルか!

 

一匹目の子ブタは、ワラで作った家を狼に吹き飛ばされて、食べられてしまう。

二匹目の子ブタは、木で作った家で、同様に食べられる。

 

って言うか、狼を家に入れるのを断る時の独特の英語、「not by the hair

 on my chiny chin chin」(日本語訳:ダメ!、僕のあご、あご、あごヒゲ

にかけて)を聞くと、ちょっと頬が緩んだ♪ 「マイ・チニー・チン・チン!」。そう

言えばチン・リーチンって美人女優もいたね・・・って、リン・チーリンだろ!

 

三匹目はレンガの家で、逆に狼を煙突(chimney=チムニー)から誘いこん

で、スープに煮込んで食べてしまうのだ。チニー、チン、チムニー。子供はみ

んな、こんな発音が好きってことか♪ 喋りやすいし、聞きやすいし。

 

私は子ブタ二匹を助け出すのかと思ったけど、それは『赤ずきん』だった (^^ゞ

しかしホント、昔話って残酷なものが多いね。まあ、残酷なヴァージョンの方

が語り継がれやすいのかも知れないけど。

 

下は、Leslie Brookeの挿絵。電子図書館Gutenberg(グーテンベルク)

り。著作権は消滅済み。いやぁ、狼汁より、豚汁の方が美味しいと思うけど。

あっ、狼の腹に豚が入ってるからいいのか(笑)。汁も絵もうまいと。上手い!

 

160509a

   
  

 

           ☆          ☆          ☆

最後に、昨日の走りについて。気温19度、湿度75%のわりに、風速2m

おかげで涼しく感じたから、ランにしようかと思ったほど。でも眠いから、公園

自転車1時間弱でお茶を濁した。安全に居眠り運転できるのだ♪ コラコラ!

 

今シーズン初だから、道の状況を確認しつつ、のんびり周回。9ヶ月見ない内

に、ちょっと道が良くなってた。まあでも、まだ危ないから注意しよう。妙な状況

も確認したし・・・とだけ書いとこうか。

 

僅か22km弱で、トータルの平均時速23.0km。意外と速いかも(笑)。ま

た、心拍は散歩並みの低さだし。さて、そろそろお仕事の準備しなきゃ! 

ではまた明日。。☆彡

 

 

                 時間      平均心拍   最大心拍

  往路(2.4km)    8分00秒     103     123

 LAP1(4.2km)   11分02秒     108     121

    2          10分17秒      113     125

    3          10分02秒     115     128

    4           9分39秒     119     129

  復路           7分01秒     106     121   

計 21.7km   56分  心拍平均112(62%)  最大129(71%)

 

                        (計 2220字)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧