フィギュアグランプリファイナル優勝・紀平梨花16歳、美しい滑り☆&またプチジョグ

(9日) JOG 6km,31分10秒,平均心拍 141

  消費エネルギー 309kcal (脂肪 62kcal

 

朝起きていきなり優勝のニュースが飛び込んで来てたから、感激は

なかったけど、ホント綺麗だね。ザギトワ♪ コラコラ! はいはい、

紀平梨花ね。いきなり世界の頂点。まだ16歳4ヶ月半(細かっ・・)。

両手を上げて素直に喜ぶ姿が女子高生っぽくて、いいね☆

 

181210b

 

顔、スタイル、仕草、喋り方、どれも日本的な可愛い女の子だけど、

スケートの演技は世界レベルの美しさ☆ 録画を何度も繰返し見た

のはこれが初めてかも。本田真凛ちゃんでさえ、1、2回見て静止画

を数枚キャプチャーする程度なのに♪ オタクか! 両手をグーに

して頬に当てる女性アスリートは珍しい。手が冷たかったと(笑)

 

181210d

 

 

      ☆       ☆       ☆

181210c

 

というわけで、マニアはテレビ朝日でグランプリファイナル2018

を見た後、現地のカナダ・バンクーバーの公式サイトに飛んだ。

IE(インターネット・エクスプローラー)だと見れないから、

Google Chrome使用。海外のサイトでよくあること。

 

日本とロシア3人ずつしか出場してないのはちょっと淋しい感も

あるね。そのせいもあるのか、会場に中国企業の広告が(ほとんど)

見当たらなかった。まさかファーウェイ大幹部逮捕で、スポンサー

撤退なんて騒動じゃないと思うけど。

 

181210f

 

実は技術点(TES)だと、3位のトゥクタミシェワとほぼ同じ。ただ、

紀平とザギトワは演技構成点(PCS:以前の芸術点に近いもの)

が高いのだ。スケートだけの芸術性だと、紀平の方が上だと思う。

特に5項目の「曲の解釈」が素晴らしい。確かに、音楽と合ってる

振り付けと演技だった。

 

(9.07+8.86+9.04+9.07+9.21)

 ×1.6(調整用の係数) = 72.40

 

181210g

 

ザギトワの演技は、点を細かく稼ぎまくってる気がして、見てて

落ち着かない。ルックスとプロポーションはモデル並みだけど♪

右膝の故障に加えて、直前に軽く捻挫したのも響いたかな。まあ、

秋田犬マサルになめてもらえば治るでしょ(笑)

 

 

     ☆       ☆       ☆

181210e

 

さて、ショートプログラム1位で迎えた紀平のフリー。いきなり最初

のトリプルアクセルで両手をついて、「試練のスタート」(実況)。

松岡修造がアナウンサーなら「失敗」と叫ぶところ♪ そのまんまか!

ストレートで熱い男なのだ。伊達公子はうるさい!とか言ってた(笑)

 

181210h

 

直後の片足スクワット(筋トレか!)・・じゃなくてトリプルアクセル

再挑戦は見事に着地。余裕がある。

 

181210i

 

トリプルルッツで片手を上げて、さらにダブルトゥループ+ダブル

ループ。美しい。。 コスチュームのせいもあるのか、手と腕の線

がしなやかに見える。

 

181210j_2

 

最後のポーズも決まった☆ 床に映ることもない(笑)。コラコラ!、

AKB48のテレビ騒動か! 大体、髪型がポニーテールだと私の

採点は「×1.2」(2割増し)になる♪ 

 

とにかく、世界一で日の丸&君が代斉唱。浅田真央以来、13年

ぶり初出場V! 金メダルおめでとう \(^o^)/

 

181210k

 

 

      ☆       ☆       ☆

最後に、湘南マラソン成功で気が抜けてサボリまくりの、単なる

小市民アスリートの走りについて。6kmだけならお遊び気分でも

走れるから、またお茶を濁して来た。でも、着実に身体は回復中。

 

ゆっくり走ると寒いから、最初からスタスタ、ハーハー。トータル

では1km5分12秒ペース。そろそろ距離も延ばさなきゃね。

気温6度、湿度50%、風速2.5m。北風が冷たかった

けど、両ポケットのカイロが暖かかった♪ お散歩か!

 

心拍計は序盤だけ乱れてたから、ちょっとだけ補正。それでは、

今朝はこの辺で。。☆彡

 

 

181210a

 

       時間  平均心拍 最大

往路(1.2 km)   6分52秒 120 135

LAP1(2.2 km)  11分20秒 141 152

復路(2.6 km) 12分58秒 150 159

計 6km 31分10秒 心拍平均141(78%) 最大159(88%)

 

         (計 1602字)

| | コメント (0)

体操の採点にもAI導入~富士通の3Dレーザーシステムとか

興奮した。PRビデオの女性ナレーターの声に♪ そこか! 昼間、

日経HPの記事を読んだ時にはまだあんまし話題になってなかった

のに、夜になって結構ニュースが拡散中。

 

181120l

 

ただ、NHKニュースウェブの動画は、リアルな演技とPC画面が

合ってない(細かっ・・)。これはヤラセか、あるいは演出の範囲か。

録画の分析なのかも知れないけど、「視聴者のみなさまに疑念を

抱かせ」るものかも。テンメイ砲の威力はゼロだから文春砲を待とう♪

 

 

     ☆       ☆       ☆

さて、そもそも昼間の時点だと、国際体操連盟HPにもニュースが

出てなかったけど、夜になった今は、ちゃんと出てる

 

FIG to Implement Fujitsu's Judging Support System

(国際体操連盟は富士通の採点支援システムを導入する)

 

フランス(?)と日本の時差の問題かな。サマータイムが無い今だと、

8時間遅れ。ここでは3Dカメラが横向きに設置されてる。原始的な

ロボットみたいな姿♪

 

181120m

 

いきなりサイト名がフランス語(Federation Internationale

de Gymnastique)だから身構えたけど、本文は英語(笑)。

こんなクセのある作りってことは、やはりフランスの香りかも♪

 

で、連盟の記事にリンクが付いてるのが、富士通の英語の開発

PRビデオ(2017年)。ナレーションの声が気に入って、何度も

再生したのに、いまだに再生回数は8000回程度 (^^ゞ 

 

それどころか、日本語ヴァージョンなんてまだ1000回にも届かず。

綺麗に作ってるのに気の毒だね。英語版の方が萌える声だと(笑)。

日本人っぽい発音だから、リスニングも楽だ。

 

 

     ☆       ☆       ☆

システムの開発は数年前から始まってたようで、6段階に分けられ

てた。まずは大会会場にも足を囲んで、

 「1: Acquisition of Top Player's Data

 (トップ選手のデータの獲得)。

 

181120a

 

 

181120b

 

レーザービームの送受信は「Pulse」(パルス)と書いてるから、

超高速で断続的に行ってるようだ。NHKは「200万か所に赤外線

のレーザーをあてて」と書いてたけど、時間が書いてないから速度

が分からない。仮に1つの演技時間中のことだとしたら、秒速

数万回。人間の目だと不可能。選手側に発信機などは不要なのか。

 

181120c

 

PC画面の左上の長方形があん馬の画像で、意外とアナログ♪

ただ、画面の右側では数値データが刻々と変化。回転数、各部の

角度、ついてる手(?)とか。

 

 

     ☆       ☆       ☆

 「2.Making Element Database

 (構成要素=技のデータベース作成)

 

これまでのマニュアルはかなりアナログ。「平成28年度男子体操

競技1種公認 ゆか 変更点 後ろとびひねり系の技は後方系の

跳躍技に含まれる。例えば、後ろとびひねり前方かかえ込み2回

宙返りひねりは・・・」。暗号文か!(^^ゞ

 

181120d

 

技を分解した図は、ラジオ体操の解説にも見える♪ 人間の小さい

イラストがレトロで可愛い。

 

181120e

 

ここでは選手は、主要な関節16コの点で表されてる。左右の手足

が3つずつ。頭と首で2つ、胴体と腰で2つ。

 3×4+2+2=16

曲がらない部分は採点に関係ないと。XYZの軸の取り方は、数学

の空間図形と同じ。

 

181120f

 

協会さまのノウハウを数値化するのが大変だったとの事。こんな

時にも顧客に「さま」を付けるのが、ビジネスの掟♪ 各種3次元?

(X、Y、Z)の数字が7ケタで高速変化。意味不明だけど、急落する

ルノーや日産の株価ではなさそう(笑)。ゴーン・ショックか!

 

181120g

 

 

     ☆       ☆       ☆

 3.Data Evaluation of Female Players

 (女子選手たちのデータ評価)

 

 4.Evaluation of Diversity

 (多様性の評価・・・環境、服装、人種などへの対応)

 

 5.Operation Test

 (作動テスト・・・)

 

 6.Overall Simulation of World Championship

 (世界選手権の全体シミュレーション・・・単なる模擬練習?)

 

データ評価とは、データ「で」評価するのか、データ「を」評価する

のか、両方かな。パソコンは流石に、Fijitsu(富士通)♪ シレーッ

とDellだったりしないのか(笑)。ノートPCは最先端に見えない。

配線のグジャグジャやダンボール箱が現場っぽくて、いいね。

 

181120h

 

意外とカメラの数は少ない。2つか3つで足りるのか。跳馬の台は、

私がごくたまに行くジムのマシンのメーカーと同じ、Senoh♪

 

181120i

 

 

181120j

 

3方向からの解析図に加えて、右上は自由に角度をコントロール

できる画面になってる。昔のPCだと、負荷が高過ぎて固まる所♪

アナログ時代に動画編集してたらHDDが悲鳴を上げてた(古っ・・)。

 

181120k

 

膝の角度133度。。 公平で正確といっても、ここまで分析されると

無味乾燥にも感じるね。さて、人間との共存になるのか。あるいは

人間のジャッジ不要になるのか。

 

 

     ☆       ☆       ☆

フィギュアスケートへの応用は直ちに出来そうだけど、モーグルを

急ぐべきかな。あの採点はすごく適当だと思う♪ 客観的なのは

タイムだけで、エアやターンの評価は超主観的。(欧米の)有名人が

出ただけで点数が出てるのは明らかだろう。

 

しかしホント、人間がどんどん要らなくなってるのを実感する。次は

体操選手がロボットになるとか(笑)。人間はもう、AI、センサー、

ロボットとかの開発やメンテナンスに特化すべき存在かも。

 

「シンギュラリティ」、人間がほぼ超えられてしまう時期を予感しつつ、

それでは今日はこの辺で。。☆彡

 

          (計 2226字)

| | コメント (0)

性別変更選手が東京五輪に出場か&週1回の多摩川、好調

(22日) BIKE 60km,2時間10分30秒,平均心拍 135 

   消費エネルギー 1303kcal (脂肪 339kcal)

 

ほとんど乗ってない「のに」自転車のタイムが急上昇したなと思った

けど、ほとんど乗ってない「から」かも(笑)。

 

最近はあまりに運動量が少な過ぎて、筋肉の疲労が溜まってない

から、階段の一段飛ばしも好調♪ 某ターミナル駅の長い昇りでも

連勝中だ(と勝手に思ってる)。下りはいずれ、大転倒で骨折か捻挫

になりそう。。

 

 

     ☆       ☆       ☆

さて、昨日(18年7月21日)の朝日新聞・夕刊は、1面トップに

話題のスポーツ担当記者・忠鉢信一が登場。

 

以前、私とやり取りしたこともある、文武両道の優秀なアスリートで、

先日のW杯、日本vsポーランドで独自の批判を公表。地味に注目

されてた。朝日のスポーツ欄の普通の記事(おそらく後輩が執筆)

とも真っ向から対立する内容だったのだ。

 

  「規範」守らぬ西野監督 世界のサッカーを敵に回した

 

辛口評論家・セルジオ越後のことをめっちゃ嫌いだと明言したらしい

乾なら、上の記事もめっちゃ嫌いだろう♪ 私は逆に、どちらも高く

評価してる。

 

で、今回の忠鉢記者の記事は、独自の内容ではないし、新しくもない

けど、やっぱり刺激的だった。

 

  性別変更選手、東京五輪に? IOCが出場規準緩和

    当事者「子どもの頃から夢」

 

 

      ☆       ☆       ☆

国際オリンピック委員会の基準緩和は2015年末から。ポイントは、

手術から2年という条件が無くなったこと。英文の決定から、該当

箇所を引用しとこう。

 

180723b

 

 To require surgical anatomical changes as a pre-condition

 to participation is not necessary to preserve fair

 competition and may be inconsistent with developing

 legislation and notions of human rights.

 

 参加の前提条件として、手術による解剖学的変化を要求する

 ことは、公平な競技を守るために必要ではないし、人権に関する

 概念や法律制定の発達と整合的でないかも知れない。

 

 

     ☆       ☆       ☆

人権はともかく、要するに身体の外見ではなく、運動能力が問題

だということ。だから、女性から男性への性別変更は問題なし。

逆に男性から女性への変更だと、血中の男性ホルモン(テスト

ステロン)の値が12ヶ月間、一定レベルを下回っていればいい。

 

180723c

 

serumは血清、nmolはナノ・モル(10億分の1モル)。場合に

よっては12ヶ月より長い期間が求められるとも注記されてる。

まあ、細かい話はまだ未知の領域だから、しばらく不確定だろう。

 

朝日がトップ写真に使ってた米国の「女性」自転車選手、ジリアン・

ベアデンについて検索してみると、すぐに男性時代の写真と名前が

載ってる英文記事がヒット。もとは「ジョナサン」ベアデンだったらしい

(Jonathan bearden)。体型は、そもそも自転車選手は

痩せてヒョロッとしてるから、それほど細くなったとも感じない。

 

しかし、ずっと女性のトップ選手達が疑問や不満を抱くのは自然な

ことだし、陸上選手の義足使用などとも関係してくる重大な話だと

思う。公平な競争とは何なのか、まだまだ議論や試行錯誤が続く

はず。日本の競技団体にはまだ規約がないらしい。

 

まあ、幸か不幸か、単なる小市民アスリートには直接関係ない♪

トップ選手の競技や結果を見る時の参考にはなるけど。。

 

 

      ☆       ☆       ☆

最後に昨日の走りについて。また1週間も間が空いた後だし、暑くて

眠いから、ゆっくり走ろうと思ってたら、意外なほど自然にスピードが

出る。気温28度、湿度85%は蒸し暑い条件だけど、風速1.5m

はラクだったかも。多摩川としては風が弱い。

 

バトルがほとんど無くても一人でラクにスイスイ走れて、トータルでは

平均時速27.6km。ただ、夏休みに入ったせいで、所々に子ども

がいたから危なかった。老人、子ども、犬とリード(ひも)には要注意。

 

それにしても異常な暑さだね。深夜なのに、まだ29度! 「猛暑夜」

(もうしょや)と呼べば滑舌の練習にもなりそう♪ ではまた明日☆彡

 

 

180723a

 

             (計 1728字)

| | コメント (0)

羽生結弦、2大会連続の金メダル!、GOE点数計算と感想♪&最後のハーフ、論外・・

JOG 21.1km,1時間52分15秒,平均心拍 155

消費エネルギー  1258kcal (脂肪 176kcal)

 

素晴らしい天才少年だね、藤井聡太・新六段☆ 将棋か!・・って

話はまた別記事にしとこう♪ 今日は可愛いユヅ君ね(笑)。ルックス

もスタイルも完璧、キャラも可愛くて、滅多にいないレベルのスター☆

大ケガの直後、66年ぶりの五輪連覇、おめでとう! 実に素晴らしい。

 

 

     ☆        ☆        ☆

普通の話はもうどこにでも書かれてるだろうから、マニアック・ブログ

は細かい所を突いて行こう。まずは技術点のジャッジごとの採点表

 

180217e

 

後半の最初、7番目の要素「4T+REP」のGOE(出来栄え点)

-2.06になってる。「4回転トゥループ 2回目」でひやっと

するミスがあったのだ。この態勢で、転倒もしないし手もついてない

のが凄い。画像はNHKのキャプチャー。著作権も肖像権も問題に

ならない引用だと考える。

 

180217f

 

180217g

 

ちなみにトウループは一番簡単な飛び方で、基礎点が低い安全策。

もう1つの4回転、サルコウ(4S)も簡単な飛び方で、今の状態では

賢明な判断だと思う。

 

GOEの計算式は、最高点(-1)と最低点(-2)のジャッジを

1人ずつ外して、7人の平均値を取るから、最初の2人を外して

 (-2-2-2-1-2-2-1)÷7 ≒ -1.72

これをさらに1.2倍で換算すると、確かに-2.06になる。

 

 

     ☆        ☆        ☆

換算の規定は技ごとに細かく決まってるらしいけど、、まだ英語でも

完全なものを発見できてない。SoV(Scale of Value)

Table、数値換算表というものならあるけど、計算が合わないのだ。

 

☆追記: 2016年改訂の国際スケート連盟の表を使うと合った。)

 

もう1つのミスは、「3Lz」、3回転ルッツ。難しい3回転という意味だ♪

日本スケート連盟が分かりやすく図解してくれてる。こちらはコケそう

には見えなかった。右足首は完治に近いってことか。

 

180217h

 

180217i

 

GOEが-1.10というのは、前と同じく最初の2人を外して、

 (-2-1-2-2-1-2-1)÷7 ≒ -1.57

これを0.7倍で換算して、-1.10にしてるようだ(追記: 確認済)。

 

 

     ☆        ☆        ☆

180217j

 

演技し終えた直後は、見られないように(?)しゃがんで滑りながら

雄叫び! 「男の子らしくて、いいね」って感じのことをマスメディア

が伝えると、LGBT関連からクレームが入るかも♪ 表現に対する

チェックが非常に厳しい時代なのだ。

 

180217k

 

世界的に有名になった、プーさんの黄色い雨♪ このプーさんも、

五輪の商標権の絡みとかあって、微妙な扱いらしい。集められた

プーさんは韓国で寄付される予定。

 

180217l

 

ケガにも関わらず、ちゃんと動いてくれた右足首を手でさすって感謝

(本人の説明)。

 

180217m

 

フェルナンデスが高得点を出した後、トップ3人が控えてる場所では、

それまで3位だった選手が退室することになる。羽生は立ち上がって

手を差し出した後、ハグして言葉もかけてた。これぞ王者の態度♪

 

180217n

 

宇野の2位、自分の1位が決定した直後も、カメラに向かって口を

大きく開けて、「ありがとうございました!」。涙の瞬間まで完璧。

スキー女子ジャンプの伊藤有希の振る舞いも絶賛しとこう♪

 

180217o

 

表彰台に飛び上がった後、両手を派手に広げて観客にアピール。

かっこつけた直後の恥ずかしそうな表情が可愛い♪ アブナイわ!

 

180217d

 

なお、羽生の構成点(プログラム・コンポーネンツ)は上の通りで、

ものすごく高い。100点満点で96.62点だった。

 

宇野のフリーも、いきなりミスした後、見事な演技だったね。

日本選手が金・銀を独占。あらためて、おめでとう!

 

 

     ☆        ☆        ☆

最後に、単なる凡人市民ランナーはレース前最後のハーフ。苦手

な快晴の朝で疲れも残ってたとはいえ、論外の出来だった。脚より

心臓がおかしくなってて、治らない。ガックシ。。_| ̄|○

 

中盤まで心拍を抑えて走った後、後半は心拍を上げて行ったけど、

最後まで1km5分ペースに到達できず。ラストなんて心拍173

まで到達してしまった (^^ゞ レースのゴールか!

 

トータルでは1km5分19秒ペース。遅っ! 気温9度、湿度

55%、風速1mの条件は、快晴だからすごく暑く感じて、終盤に

給水練習までしてしまった。フルマラソンは給水しまくりになるはず。

 

心拍計は最初の6分弱は動かなかった。絶好調の期間は終了か。

私も半月前までいい感じだったのにな・・とかボヤキつつ、それでは

今日はこの辺で。。☆彡

 

 

180217a

 

          時間  平均心拍  最大

往路(約2.4km)  13分02秒 139 153

LAP1(約2.1km) 11分39秒 150 154

  2        11分46秒 151 156

  3        11分46秒 152 156

  4        11分42秒 153 156

  5        11分12秒 158 160

  6        11分05秒 161 165

  7        11分01秒 163 166

復路(約3.7km) 19分02秒 164 173

計21.1km 1時間52分15秒 心拍平均155(86%) 最大173(96%)

 

             (計 2085字)

| | コメント (0)

全日本フィギュア2017女子フリー、構成点とか&25km走まで回復

(23日) RUN 25km,2時間07分28秒,平均心拍 150

   消費エネルギー  1361kcal (脂肪 231kcal)

 

週の最終日の今日はもう、1400字弱しか書けないから、サラッと

まとめよう。一昨日のSP(ショート・プログラム)が良かったから、

フリーもフジテレビを録画して見た。

 

やっぱり気のせいじゃない。選手によって、拍手や歓声がかなり

違ってる。私の好きな本田真凛は、会場では意外なほどフツーの

扱いで、単に演技や順位(7位)がイマイチだったからじゃないと

思う。私が応援に行くべきか♪ 演技終了直後の憮然とした表情

も可愛い。

 

171224j

 

 

     ☆        ☆        ☆

今日の新たな収穫(笑)は、横井ゆは菜(たぶん♪)、17歳。黒の

ロンググローブがセクシーで、演技の出来も良くて派手なガッツ

ポーズを連発してた。総合8位。

 

171224e

 

続く美形の白岩優奈は出来が悪くて涙顔。文字通り、頭を抱えて

しまった姿がまた可憐(いじら)しい♪ 9位。

 

171224f

 

多分、フリーで最高のスタンディング・オベーションを受けたのは、

SPで失敗した三原舞依(18歳)。いい演技で200点超えだった

けど、5位に留まった。衣装は一番キラキラしてたかも♪

 

171224g

 

 

      ☆        ☆        ☆

そして、真凜ちゃんの次くらいに私が応援してる、樋口新葉。ミス

は1回だけだと思うけど、総合4位に留まった。五輪代表は微妙

な所で、明日の発表まで落ち着かないだろうね。拳で氷を叩いた

のは、「ありがとう」という意味だと語ってるけど、私は正拳突きで

割ろうとしたんだと思う(笑)。空手の試し割りか!

 

171224h

 

一方、ある意味、一番目立ってたのは15歳の紀平梨花。トリプル

アクセルが3回入ってる世界最高難度の演技で、総合3位。笑顔

も衣装も輝いてた。ジャンプはかなり余裕があるから、4回転でも

狙えそう。身体のラインも綺麗で、アスリートっぽい脚線美☆

 

171224i

 

さらに、女王・宮原知子の演技終了後。本人よりも濱田コーチ(?)

の方が感激して、涙、涙。。このクラスの人達には優勝が分かった

のかも。今までの実績で、「構成点」(プログラム・コンポーネント)

の高さは予想できるだろうから。

 

171224l

 

構成点は、スケート技術、要素のつなぎ、身のこなし、振り付け

曲の解釈という5つの要素を採点して、係数1.6をかけて足し算

宮原は断トツに高い74点。日本スケート連盟HPより

 

171224b

 

それに対して、坂本花織は技術点でほぼ同点だったのに、構成点

67点しか取れなかったから、エーッ!て感じで悲鳴を上げてた。

総合2位で、五輪は樋口との争い。私はこれまでの実績を総合的

に見て、樋口だと思うけど、個人的趣味も入ってるかも♪

 

171224m

 

171224d

 

ちなみに紀平の構成点は62点しかなかったから、まだまだ発展

途上なんだね。最後は真凜ちゃんの芸術的スピン。美しい。。♪

 

171224k

 

 

      ☆        ☆        ☆

あぁ、もう字数オーバーだから、走りについては一言だけ。珍しく

終盤、バトルを売られてしまったので、ゆっくり走ってたのに一気に

爆発♪ トータルでは1km5分06秒ペースで、心拍も低いし満足。

気温9度、湿度60%、風速1mだった。

 

今週は計15200字で終了。ではまた来週。。☆彡

 

 

171224a

 

          時間  平均心拍  最大

往路(約2.4km)  13分13秒 132 150

LAP1(約2.1km) 11分08秒 144 151

  2        11分01秒 147 153

  3        11分01秒 148 153

  4        10分58秒 150 154

  5        10分53秒 152 155

  6        10分47秒 152 158

  7        11分14秒 152 155

  8        10分07秒 160 167

  9        10分20秒 161 164

復路(約3.7km) 16分47秒 155 162

計25km 2時間07分28秒 心拍平均150(83%) 最大167(93%)

 

               (計 1575字)

| | コメント (0)

フィギュア全日本2017・女子SP、細かすぎて伝わらない感想♪

フィギュアの後、そのままフジテレビを見てたら、来春の終了を発表

した『みなさんのおかげでした』の名物企画「細かすぎて伝わらない

モノマネ選手権」が始まった。数年ぶりに見たけど、やっぱりいいね。

4分の1くらいしか笑えないところが♪

 

・・って話じゃなくて、フィギュアね。個人的にはセーラー・マーキュリー

とヴィーナス、あと変身前の如月ハニーが好みだ♪ オタクか!

 

いや、真面目な話、どうしてフィギュア・スケート会場にはオタクっぽい

男性が少ないのかね? 選手も衣装もブリブリ(死語)の女子の試合

なのに、満員の観客の大部分は年配女性に見えた。富裕層の専業

主婦のプチ贅沢ってことか。夫は家で冷凍食品♪ だから、会場に

大きく、ニチレイの広告が出てるのだ。無理やりか!

 

171222k

 

ちなみにチケット・ピアで見ると、アリーナSS席の料金は18000円。

生放送のテレビ中継にハッキリ映ることを考えると、高くはないかも。

で、自分が映ったテレビ画面をスマホで撮って、インスタ映えとか。

 

豆粒みたいな選手しか見れなくて、テレビにも映れない4Fでさえ、

10000円。やっぱ一般庶民は、無料の地上波デジタルか。。♪

 

 

      ☆        ☆        ☆

というわけで、昨夜は走るのもサボって、家で大量の雑用をこなし

ながら、フィギュアのショート・プログラムに萌えたのだ。

 

見るのは1年ぶりくらいか。滅多に見ないけど、平昌オリンピックの

選考会でもあったし、カワイイ本田真凛の応援もしなきゃいけない♪

練習さぼってコーチに叱られてるって噂だし(笑)。いずれ天才棋士・

藤井聡太四段とのデートが文春砲に撮られそうで、私は不安だ。

CMにも2つ登場(ロッテ、読売新聞)の、人気アイドル16歳。

 

171222b

 

断トツで可愛いし、演技も結構良かったと思うけど(暫定6位)、海外

だとこの可愛さは伝わらないんだろうね。ミス・ユニバースとか見ても、

海外で人気なのは、目鼻立ちがハッキリした派手な顔立ちと大きな

体格なのだ。ハーフ(放送禁止用語?)の本郷理華の方が人気かも。

 

171222h

 

その本郷、かなりいい演技だったのは認めるけど、観客の大歓声と

スタンディング・オベーション(起立&拍手)には驚いた。女子選手と

してはベテランの21歳ってこともあるのかな。一番の盛り上がりで、

優勝っていうか、金メダルみたいなノリだった。70点超えの3位で、

感激の涙。。

 

カメラの映し方やタイミングの問題もあるだろうけど、演技終了後の

花束の数も意外だった。本田真凛が一番多いのかと思ってたら、

そうでもないように見えたし、拍手や歓声もそれほど多くもない。

可愛すぎて嫉妬されてるのかも(笑)。贔屓(ひいき)の邪推か!

 

 

      ☆        ☆        ☆

さらに細かすぎる話に向かうとしよう。私が一番感激したのは、樋口

新葉(ひぐちわかば)の入力が一発変換できることだ♪ 違うわ!

 

そうじゃなくて、ウォーミング・アップ用ルームの2階廊下を走ってた

姿だ(笑)。そこか! いや、私も高校陸上部時代、雨だと体育館の

2階廊下で走ってたもんで、懐かしかったし、親近感も湧いたわけ。

並んだイスの横を走ってる辺りが、あるあるボタン押しまくり♪

 

171222a

 

浅田真央も引退後はすぐホノルルマラソンを完走したし、樋口も

ランナーで行けるかも。宮原に続く2番手へと急成長した16歳。

小学生の行進みたいな独特の手のフリが、キュート♪ 滑走中も

たまに両手を元気よく横に振ってる。最初ミスした後は盛り返した

けど、4位で悔しそうだった。

 

171222g

 

ちなみに新葉ちゃん、控室前の通路(?)でのアップ・シーンもいい。

両足を小刻みに高速ステップさせてたから、運動神経や反射神経

も飛び抜けてるのかも。ま、みんな、超エリートだしね。

 

 

      ☆        ☆        ☆

あぁ、もう時間だから、残りは簡単に済ませよう。

 

171222c

 

セクシー賞は、木原万莉子(まりこ)20歳♪ 選曲も振り付けも、

他の選手と全く違う路線を進んでた。難病を克服したのに、全日本

はこれで卒業らしい。エロス溢れる演技で、いいね。細過ぎない

美脚も、これはこれで魅力的。

 

171222f

 

終了直後にコケそうになって自分でウケてたのが白岩優奈(16歳)。

思わずアイドル系の笑顔になってる。画面左上、リアルタイム表示の

出来栄え点を見ると、コケそうになった動作への減点は無いらしい。

 

演技中、技術点に基礎点と出来栄え点がどんどん加算されていく

のが分かって面白かった。暗算のトレーニングにいい。珠算検定

1級レベルかも♪

 

171222i

 

女王・宮原知子(さとこ、19歳)はピンクの衣装も演技も好きなのに、

画像キャプチャーし忘れたから、朝日新聞HPからお借りした。スピン

の態勢と表情、黒い衣装なら別の営みにも見えるかも♪ コラコラ!

 

氷が傷だらけなのに、よく引っかからないね。転倒したら、タイツ

かストッキングが引っかかって破れそうだけど、見たことはない。

ちなみに前田敦子との「そっくり」率(笑)。私の清き一票も含めて

71%だった。ビミョー。。

 

171222l

 

 

      ☆        ☆        ☆

171222j

 

そして最後は、ノーミスの演技でまさかの高得点を出して暫定首位。

坂本花織(17歳)のガッツポーズ。終盤は完全にノった演技でスピン

にもキレがあった。

 

佐藤伊吹(17歳?、23位)も華奢なスタイルが可愛かったし、岩元

こころ(18歳?、16位)はフツーに美人だと思う♪ ひそかにモデル

もやってるとかいう噂があるほど。

 

フリーも楽しみだね・・って感じで、今日はそろそろこの辺で。。☆彡

 

               (計 2237字)

| | コメント (0)

腹筋運動(上体起こし=シットアップ)に腰痛リスク、スチュアート教授の英語論文&休養ジョグ

(14日) JOG 10km,55分10秒,平均心拍 133

   消費エネルギー 480kcal (脂肪 134kcal

 

単なるジョグ10kmでも、走り終えた後から強烈な頭痛が発生。

どうも、また歯茎が原因みたいだ。よっぽど痛み止めを飲もうかな

と思いつつ、1時間我慢したら、ほぼ治まってくれた♪ 疲れるわ。。

 

 

     ☆        ☆        ☆

さて、ここ1ヶ月半の間、私は歯茎や歯の痛みと戦い続けてるけど、

高校時代は腰痛に苦しんで、整形外科に通ってたし、コルセットも

作った。診断名は坐骨神経痛で、イスに座ってる状態が一番不快。

 

ところがコルセットを腰に装着すると苦しいし邪魔だから、つい外して

しまう。すると今度は、母親の小言に苦しむのだ(笑)。「いくらお金

かけてると思ってるの!」。ま、ごもっともな怒りかも♪

 

で、その腰痛の原因。私はずっと、ランニングと姿勢の悪さのせい

だと思ってたけど、実は腹筋のやり過ぎだったのかも。当時、私は

最高で、500回×2セット(!)をやってたはず。足首の固定なし、

膝は伸ばしたままで反動をつける、自己流の下手なやり方。

 

これを家でやると、汗ビッショリだし床がギシギシ鳴り出すから、半年

くらい(?)で止めたと思う。ただ、陸上部の筋トレでは時々やってた

はず。ちなみに高校卒業後は今にいたるまで、あまり腰痛は感じて

ない。たまに自転車で負荷がかかると痛くなるけど、昔のしびれる

ような不快感は無くなってる。

 

 

     ☆        ☆        ☆

さて、個人的な前置きはこのくらいにして、昨日(17年12月14日)

の朝日新聞・朝刊スポーツ欄に、興味深い記事が大きく出てた。

見出しは、“「腹筋運動」 腰痛リスク”。執筆は、7年半前に私と

やり取りしたこともある優秀なアスリート、忠鉢信一記者。

 

171215b_2

 

公益性も考えて、図だけ縮小コピペで引用させて頂こう。要するに、

左側の普通の「腹筋」(上体起こし、シットアップ)は、腰の椎間板が

強く圧迫されてしまうので、腰痛の原因となる恐れがあるとのこと。

 

日本バスケットボール協会では去年から「推奨できないトレーニング

方法」として指導してるらしい。昔は医療機関で、上体起こしを勧める

こともあったけど、今はなくなってるという理学療法士の話も載ってた。

悪影響を避けるため、体力テストの項目からも外すべきというお話。

 

それに対して、上図の右側の「カールアップ」なら、より安全とのこと。

腹筋に力を入れて胸を丸めるけど、首は丸めないで、腰は自然な

角度のまま動かさない。「座る」形になるのが「シット」アップ、胸を

丸める形が「カール」アップだ。お菓子の「カール」みたいな曲げ方。

 

ハッキリ言って楽だから、体育会系のウケは良くないはず♪ 最近

の私はもっと楽して、立ったまま、たまに腹筋だけ力を入れてる。

いつでもどこでも出来るから、それなりの効果はあると思う。実際、

腹筋はキレイに割れるのだ。力を入れた時だけは(笑)。

 

 

     ☆        ☆        ☆

さて、こういった普通の感想&まとめ記事なら、昨日からネット中に

広まってるから、マニアック・ブログとしては当然、第一人者らしい

スチュアート・マックギル教授(Stuart McGill)の英語論文

を読むことになる。カナダ、ウォータールー大学。

 

どこかで聞いたような大学名だなと思って検索してみたら、アバの

ヒット曲『Waterloo』と同じだった(古っ!♪)。要するに、日本名で

「ワーテルロー」の戦いと言われるナポレオンの敗戦の地が語源。

アバの曲の歌詞だと要するに、恋愛で負けちゃったのにナポレオン

みたいに胸を張ってる私ってどうよ?♪って感じの明るいノリだ。

 

話を戻すと、マックギル名誉教授の代表的論文らしいものはネット

で無料公開されてた。2010年。

 

171215d

 

Core Training: 

Evidence Translating to Better

Performance and Injury Prevention

 

体幹トレーニング (または基幹的トレーニング) 

より良いパフォーマンスとケガの予防につながるエビデンス(根拠)

 

 

腹筋の話がメインとなってるわけではない論文だけど、例えばこの

図解の箇所は、朝日の記事と似た内容になってる。左がダメな例

で、右が良い例。どうせなら、朝日デジタルの写真みたいにスタイル

のいい美人モデルを使って欲しかったかも♪

 

171215c

 

Figure 6. The ‘‘Big 3’’ stabilization 

exercises selected to create muscle 

patterns that ensure stability in a spine 

sparing way include the curl-up (poor 

form with too much spine flexion resulting 

in disc stress is shown in (a)) (better 

form shown in (b)). Although we have 

quantified many variations and progressions, 

there are several cues for correct form.  

For example, during the curl-up, try and 

remove any motion from the lumbar spine 

and the cervical spine. Progression 

included prebracing of the abdominal wall, 

elevating the elbows off the floor, and 

breathing, to name a few.

 

この英文だけでも長いから、思い切り省略して日本語に訳すと、

 

 左写真のやり方は椎間板の圧迫につながるから、右写真の

 カールアップの方が良い。その際のポイントをいくつか挙げると、

 腰椎や頸椎を動かさないようにすること。腹筋はまっすぐに保った

 まま、肘は床から浮かせて、呼吸しながら行う。

 

肘を少し浮かせるためには、右の写真みたいにマットを敷いて、

その端から肘をはみ出させるということか。まあ、それは面倒だし、

要するに肘の力を入れないようにすればいいんだと思う。

 

普通のシットアップを途中で止める「クランチ」という腹筋運動とも

ちょっと違うので、念のため。シットアップもクランチも、椎間板に

3300ニュートン(340kg重)もの力が加わってしまうというお話

 

この辺で時間切れとなったから、唐突に止めよう♪ この種の作業

は、見た目より遥かに時間がかかってしまうのだ。ちなみにバスケ

協会には、まだ昔ながらの腹筋に近い指導写真がいくつか残ってた。

アクセスは少ないだろうけど、推奨しないのなら、削除すべきだろう。

 

 

     ☆        ☆        ☆

最後に、走りについてはほんの一言だけ。単なる休養ジョグなのに、

なぜか呼吸が苦しくて、むしろ昨日の16km走よりしんどく感じた。

まだ気管支炎が治まってないし、昨日のダメージもあったのかも。

 

トータルでは1km5分31秒ペース。気温4度、湿度55%、風速

1m。珍しく、最初から心拍計が動いてくれた。このグラフを見ると、

序盤は寒さで120以下くらいの心拍になってるのが分かる。ただし、

信号の関係でダッシュしたり止まったりして、大きく変動してるわけ♪

ではまた明日。。☆彡

 

 

171215a

        時間  平均心拍 最大

往路(1.2km)   7分14秒 113 130 

LAP1(2.2km) 13分08秒 124 130

  2       12分15秒 132 143

  3       11分11秒 143 149

復路(2.2km)  11分22秒 146 153

計 10km 55分10秒 心拍平均133(74%) 最大153(85%)

 

              (計 3095字)

| | コメント (0)

ボルダリング、正解がある数学的スポーツ&小雨呼吸困難ジョグ

(28日) JOG 16km,1時間37分39秒,平均心拍 137

   消費エネルギー 875kcal (脂肪 236kcal

 

ネットを飛び回りながら流し見した、NHK総合『東京五輪1000日前

特番 スポーツイノベーション』。衝撃的な番組だったね。まさか半年

遅れの再放送だったとは・・(笑)。そこか!

 

いや、何となく、NHKの五輪番組にしては地味だなと思ったのだ。

BS1の放送の再編集だったわけね。五輪1000日前ってことで。

まだ、あんましピンと来ないけど♪ そろそろ本気でトレーニング

しようかな。。 出場するつもりか!

 

 

     ☆        ☆        ☆

さて、番組の内容はボルダリング。東京五輪で追加競技になった

スポーツ・クライミングの中で、日本人が得意とする技術系の種目だ。

1月に開催されたジャパンカップの解説が中心。

 

正直言うと、個人的には今までほとんど興味がなかったというか、

「何、変な事やってんの?」って感じだった(失礼♪)。

 

大自然のクライミングなら、自分では全くやる気しないけど、一応理解

できる。過酷な自然との命がけの闘いとか、大自然との一体感とか、

特別な良さはあるだろう。単なる山登りとか山歩きも理解できるし、

いずれ走れなくなったら、のんびり山歩きかな・・とも思ってる。

 

ところが、スポーツ・クライミングというのは、室内の低い壁にやたら

派手な色の「石もどき」(笑)をくっつけて、チョコッと登っては降りる

だけ。まあ、テレビ映えとかインスタ映えは多少するかも知れない

けど、カロリー消費や爽快感も少なそうだし、すぐ消えるマイナー

スポーツだろうと思ってたのだ(失礼♪)。

 

 

      ☆        ☆        ☆

ところが番組によると、競技ボルダリングの場合、壁の石もどき

(ホールド)はセッター(設置者)がきっちり考えてセットしてるもので、

登り方に正解があるらしい。あぁ、ゴチャゴチャ突起が付いた一般用

の施設の壁とは違うわけね。全く知らなかった。

 

ということは、もし前の選手の成功例を見てしまうと、後の選手の方が

有利になってしまうから、他の人の登り方は見れないという話だった。

まあでも、まだ非常に歴史の浅いマイナー競技だし、本当にルール

が統一されてるのかどうか、固定されてるのかどうかは不明。

 

とにかく、選手が登る一つ一つのセッティング(「課題」)には、この

ホールドにこうやって指をかけて、こうやって足を使うというような

「正解」が想定されてるのだ。このホールドの中央の穴には、こんな

感じで凹凸があるから、この角度で力を加えるとか (^^ゞ 細かっ!

 

 

      ☆        ☆        ☆  

選手は3Dの画像解析はできないから、目と手足で探ると共に、頭

でも瞬間的に考える必要がある。「身体を使ったチェス」とも呼ばれる

らしい。持ち時間は数分だから、超早指し将棋と言うべきか。落ちて

失敗してもいいけど、試技(アテンプト)が増えると不利になる。

 

難しい登り方が想定されてる場合は、唯一の正解と言っていいだろう

けど、番組ではトップ選手が独自の「別解」を生み出す瞬間も映してた。

まあでも、あれならむしろ、数学の方が別解が多そうだね♪

 

当然、セッターの技術や判断が問われるわけで、素直な私としては、

「セッター本人は本当に登れるの?」とか思ってた(笑)。まあ、それを

競技前にやって見せたら、どこかから情報がもれるかも知れないし、

やらないんだろうね。登れなかったらヤバイし♪ コラコラ!

 

とにかく、数学的スポーツだと分かったから、数学好きの私も一度

やってみよう・・・とは思わない(笑)。チョーク(滑り止めの粉や液)

を使うとはいえ、指の爪がすぐはがれそうだから、無理!(^^ゞ

 

同じクライミングでも、時間を競う「スピード」や、高さを競う「リード」

の方が、運動量が多いからまだマシ。まあでも、自分ではやらない

だろうね。女子の美人選手がミニスカで登るんなら、観戦くらいは

してもいいけど♪ コラコラ!

 

女子優勝の伊藤ふたば選手は、大会当時まだ14歳の中学生。

ちょっと可愛いから、2020東京五輪のアイドル候補かも。。

 

 

      ☆        ☆        ☆

最後に、今日・・じゃなくて昨日の走りについて。もともと、早起きして

朝ランしようと思ってたのに、昨夜はセキュリティ設定でハマったから

パス (^^ゞ って言うか、咳でロクに寝れない夜が続いてたから、異常

な眠さが続いてて、朝ランどころじゃないわけ。

 

仕方ないから、台風22号の雨の中、また超低速ジョグ。ちょっと体調

がマシになって来たのに、走り出してみたらすぐ咳が出そうになって、

呼吸困難。これならむしろ、2日前のハーフの方がラクだったかも。

それでも、足腰の疲れは少ないから、何とか目標の16kmはクリア♪

 

トータルでは1km6分06秒ペース。遅過ぎっ! ここまで遅いとは

思わなかったな。まあでも、これで今週は、30+21.1+16で

67km☆ ゆっくりとはいえ、7ヶ月ぶりくらいの距離をこなせた。

気温14度、湿度100%、風速1m

 

心拍計は最初の13分ほど反応しなかったから、補正した。今週

は計13312字で終了。ではまた来週。。☆彡

 

 

171029a

 

         時間 平均心拍 最大

往路(1.2km)   7分31秒  123  131 

LAP1(2.2km) 13分53秒 130 135

  2       13分56秒 133 142

  3       13分40秒 136 147

  4       13分23秒 139 143

  5       13分05秒 142 147

  6       12分52秒 144 150

復路(1.6km)  9分20秒 145 153

計 16km 1時間37分39秒 心拍平均137(76%) 最大153(85%)

 

                (計 2239字)

| | コメント (0)

Polar Flow、スポーツ健康管理サイト&残暑ジョグ

(10日) JOG 10km,55分25秒,平均心拍 145

    消費エネルギー 517kcal (脂肪 109kcal

 

iPad ProをiOS11にアップデートして以来、全般的に動きが重く

なったし、何のメリットも感じないから、かなり不満が溜まって来た。

特に、よく使うブラウザのSafariと写真アプリの調子がいまいち。

元のiOS10にダウングレードしたくなるほど。

 

それはアップルの話だけど、心拍計の代表的ブランド Polar

(ポラール)も、ほぼ同じ時期にあんまし嬉しくないシステム変更を

通知して来た。

 

3年使って来た管理サイト、personaltrainer.com

を来年5月25日で終了するとのこと。その前から少しずつ機能を

縮小して行くような書き方にも見える。

 

171011b

 

 

     ☆        ☆        ☆

11年間のご愛顧とか読むと、ココログ終了のアナウンスみたいに

感じられてドキッとした (^^ゞ ちなみにココログの歴史は14年弱。

 

で、新サイト「Polar Flow」に誘導してるから試してみると、これ

またビミョーでイマイチなのだ。まあ、iOS11よりはマシかも。トップ

の写真は美人だし♪ そこか! 伏し目と開いた口、手の構えも

いい(笑)。コラコラ!

 

171011c

 

要するに、今までの「パーソナル・トレーナー」が心拍中心のスポーツ

サイトだったのに対して、新しい「フロー」(流れ)は総合的な健康管理

サイトを目指してる感じだ。確かに時代に合ってるような気はする。

 

171011d

 

睡眠も重要だし、アクティビティ(活動)という考えは特に高齢者や

障害者にとって大切だろう。休息、座っている、立ち仕事なんてもの

の強度まで記録するシステムになってる。このサイトでそこまで入力

する人はかなり少ない気もするけど、私の認識が間違ってるのかも。

 

171011e

 

 

     ☆        ☆        ☆

ちなみに普通の運動データは、パーソナルトレーナーから簡単に

転送可能。25件ずつ選択して転送ボタンをクリック。手作業だけど、

動きは軽くて速い。iOS11と違って(笑)。まだ言うか!

 

171011f

 

ユーザー名やパスワードは今まで通りでいいけど、プロフィール

も含めて、いちいち手作業入力になる。おそらく、世界中から不満

が届いてるだろう♪ 分かりにくい形で、英語の応答が出てた。

沢山の「フィードバック」に激怒・・じゃなく感謝してるとのこと(笑)。

そもそも、転送できなくなったらデータ送信をどうするのか不明。

 

171011g

 

私の最大の不満は、これまであった「トレーニング負荷(load)」

の項目が消えたこと。時間と心拍を組み合わせて、心臓の負荷を

示すもので、私はよく見てたし、毎月グラフを載せてる。ちなみに

先月は下の通り。実際のキツさとそこそこ合ってて、目安になる。

 

171001b

 

私も英語でフィードバックしようかな。

「I need training load!」とか♪

英作文のレベル、低っ!

 

 

     ☆        ☆        ☆

肝心の心拍については、グラフのデザイン(特に色)が変になってる。

昨日なら、Flowだとこうなる。変な白いモヤがかかってるし、圧縮

すると赤線が点線になってしまう。

 

171011h2

 

元のpersonaltrainerの方が遥かに見やすい。この表示

ソフトをダウンロードできるようにしてくれればいいのに。それだと

ポラールが個人情報を収集できないからダメなのか♪

 

171011a

 

ちなみに昨日の走りは単なる10kmジョグで、残暑と疲れでかなり

ひどい出来だった (^^ゞ トータルでは1km5分33秒ペース。気温

21度、湿度95%、風速1m。心拍計は最初15分ほど動かなかった

から、補正した。

 

相変わらず息苦しいけど、一昨日ほどは咳き込まなかったから、

良しとしとこうか。Polar Flowはまだこれから改良

されるだろうし、いずれまた触れるつもり。ではまた明日。。☆彡

 

 

         時間  平均心拍 最大

往路(1.2km)   6分52秒 127 138 

LAP1(2.2km) 12分58秒 140 149

  2        12分14秒 143 151

  3        11分49秒 151 159

復路(2.2km) 11分32秒 156 164

計 10km 55分25秒 心拍平均145(81% 最大164(91%)

 

                (計 1708字)

| | コメント (0)

「シンクロ」の名前が「アーティスティック」に変更された理由&強風自転車

BIKE 59.5km,2時間22分,平均心拍 128 

消費エネルギー 1200kcal (脂肪 360kcal)

 

またまた予定変更で、思いつきのネタをトッピングしとこう♪ いや、

興味本位で調べ始めたら時間を取られたから、ブログに書かないと

大損した気分になるもんで(笑)。恐るべし、ブロガー症候群。。

 

シンクロナイズド・スイミングというのは、派手な化粧とウェアの若い

女性たちが手足その他のシンクロ(同調性)を競うイメージがある。

特に、水面から下半身だけ上げる演技は結構スゴイ気もするけど、

私は不思議なほど萌えない♪ 

 

たぶん、動きが機械的だし、水中で必死にもがいてる様子が目に

浮かぶからだろう(映像もあり)。単なるスポーツとしか思えないし、

別にそれでいいと思う。違う目的なら、その種の動画は一応ある♪

コラコラ!

 

逆に女子ゴルフ(の一部)はスポーツに見えない♪ コラッ! いや、

ゴルフはやはり動きが緩やかだからだと思う。女子テニスだと、嬉しさ

も中くらいなりなのだ。一茶か!

 

 

      ☆        ☆        ☆

話を戻すと、シンクロの名前変更。「アコースティック・スイミング」(笑)

・・・じゃなくて、「アーティスティック・スイミング」ね。芸術的水泳。

中国語みたいだね♪

 

かの有名な鬼コーチ、星一徹・・じゃなくて(古っ!)、井村雅代コーチ

も、「やめてほしいなあ」と去年語ってたらしい。ロシアのコーチも決定

後に不満をもらしたそうで、私も第一印象は「ハァッ?」って感じだった。

完全な改悪だろう・・

 

ってことで、マニアック・サイトとしては当然、FINA(国際水泳連盟)

の会議の内容を英語でチェックしようとしたんだけど、これがどこにも

見当たらない。非公開なのかね? あるいは公開まで時間がかかる

のかな。公式サイトはもちろん、英語であちこち探し回ったから、もう

疲れてしまった。

 

 

      ☆        ☆        ☆

日本の報道だと、NHKは「1人で泳ぐソロの種目などが『同調性』

を意味する『シンクロナイズド』に合っていない・・」。朝日新聞は

「関係者によると、ソロや混合種目では・・そぐわないとの指摘を

国際オリンピック委員会(IOC)から受けた」(共同通信)。

 

海外のメディア(inside the games)には、国際水連の

副会長の説明が載ってた。私が見た中では、ここの説明が一番

詳しい。日本のニュースの3倍くらいの内容がある。

 

170723b

 

ダイビング競技なら確かに同調しているが、この競技については、 

アーティスティックの方がより適切な名前だと我々は感じる」。

 

最初、意味が分からなかったけど、「シンクロナイズド・ダイビング」

と比較してるようだ。なるほど、ウィキペディアの写真から考えると、

そんな気もするね。これは完全な「同調飛び込み」だろう。ちょっと、

上半身の曲げ方がズレてるけど♪ 右のコの方が萌えるかも(笑)

 

170723c

 

 

      ☆        ☆        ☆

でも、シンクロナイズド・スイミングの場合は、音楽との同調性もある

から、ソロ競技や混合でも別にいいんじゃないの・・と思ったから、

試しにYouTubeで混合の動画を見てみた。

 

おそろしく少ないのはやっぱ、男の水着姿なんて見たくないからか♪

歴史も浅いし、競技人口も少ないし。

 

混合を見て思ったのは、確かに同調してない部分がちょっと多め

かなということ。考えてみると、フツーの女子のシンクロでも、同調

してない部分はある。まあ、シンクロの内容自体が変わって来た

のかも。

 

というわけで、私の感想は一気に豹変した♪ シンクロと呼ぶより

アーティスティックと呼ぶ方が、競技全体の実態に合ってるかも。

後は慣れの問題か。

 

ちなみに私は、競技用自転車を「ロードバイク」と呼ぶ慣習にはまだ

慣れてない♪ オートバイとの区別がつかないし、明らかに「ロード

レーサー」と呼ぶ方が適切だ・・・と言っても、時代は変わらないので

あった。クロスバイク、マウンテンバイクと合わせた名前ってことか。

 

 

      ☆        ☆        ☆  

というわけで、天才子役で慶応中等部のエリート、芦田愛菜は、

水泳ができなくて補習なのであった(笑)。関係ないだろ! そう

言えば天才棋士・藤井四段も水泳が苦手らしいね♪ 

 

私の方は、高校陸上部時代、真夏にさんざん走った直後、さらに

水泳で鍛えてたら、血尿が毎日出たから中止。やり過ぎたってこと

ね。練習を・・・と書くと、まぎらわしいのか(爆)

 

あぁ、余計な事を書いてるヒマはもうない。私は今日、また一週間

ぶりに自転車。最初からやたらスピードが出ないなと思ったら、台風

の影響で(?)風が強かったのだ。

 

風速5m!、気温27度、湿度83%。おまけに曇りだったから、

涼しかったのはいいけど、タイムが5分ほど遅くなってしまった (^^ゞ

まあ、眠くてやる気もなかったし♪

 

トータルでは平均時速25.1km。遅っ! 距離表示が100m

伸びたから、タイヤの空気が抜けてたせいもあるのかも。

なお、今週は計14540字で終了。ツール・ド・フランスのレース

クイーンは美人だな・・と思いつつ、ではまた来週。。☆彡

                      (計 2047字)

 

170723a

 

170723d

| | コメント (0)

より以前の記事一覧