羽生結弦、2大会連続の金メダル!、GOE点数計算と感想♪&最後のハーフ、論外・・

JOG 21.1km,1時間52分15秒,平均心拍 155

消費エネルギー  1258kcal (脂肪 176kcal)

 

素晴らしい天才少年だね、藤井聡太・新六段☆ 将棋か!・・って

話はまた別記事にしとこう♪ 今日は可愛いユヅ君ね(笑)。ルックス

もスタイルも完璧、キャラも可愛くて、滅多にいないレベルのスター☆

大ケガの直後、66年ぶりの五輪連覇、おめでとう! 実に素晴らしい。

 

 

     ☆        ☆        ☆

普通の話はもうどこにでも書かれてるだろうから、マニアック・ブログ

は細かい所を突いて行こう。まずは技術点のジャッジごとの採点表

 

180217e

 

後半の最初、7番目の要素「4T+REP」のGOE(出来栄え点)

-2.06になってる。「4回転トゥループ 2回目」でひやっと

するミスがあったのだ。この態勢で、転倒もしないし手もついてない

のが凄い。画像はNHKのキャプチャー。著作権も肖像権も問題に

ならない引用だと考える。

 

180217f

 

180217g

 

ちなみにトウループは一番簡単な飛び方で、基礎点が低い安全策。

もう1つの4回転、サルコウ(4S)も簡単な飛び方で、今の状態では

賢明な判断だと思う。

 

GOEの計算式は、最高点(-1)と最低点(-2)のジャッジを

1人ずつ外して、7人の平均値を取るから、最初の2人を外して

 (-2-2-2-1-2-2-1)÷7 ≒ -1.72

これをさらに1.2倍で換算すると、確かに-2.06になる。

 

 

     ☆        ☆        ☆

換算の規定は技ごとに細かく決まってるらしいけど、、まだ英語でも

完全なものを発見できてない。SoV(Scale of Value)

Table、数値換算表というものならあるけど、計算が合わないのだ。

 

☆追記: 2016年改訂の国際スケート連盟の表を使うと合った。)

 

もう1つのミスは、「3Lz」、3回転ルッツ。難しい3回転という意味だ♪

日本スケート連盟が分かりやすく図解してくれてる。こちらはコケそう

には見えなかった。右足首は完治に近いってことか。

 

180217h

 

180217i

 

GOEが-1.10というのは、前と同じく最初の2人を外して、

 (-2-1-2-2-1-2-1)÷7 ≒ -1.57

これを0.7倍で換算して、-1.10にしてるようだ(追記: 確認済)。

 

 

     ☆        ☆        ☆

180217j

 

演技し終えた直後は、見られないように(?)しゃがんで滑りながら

雄叫び! 「男の子らしくて、いいね」って感じのことをマスメディア

が伝えると、LGBT関連からクレームが入るかも♪ 表現に対する

チェックが非常に厳しい時代なのだ。

 

180217k

 

世界的に有名になった、プーさんの黄色い雨♪ このプーさんも、

五輪の商標権の絡みとかあって、微妙な扱いらしい。集められた

プーさんは韓国で寄付される予定。

 

180217l

 

ケガにも関わらず、ちゃんと動いてくれた右足首を手でさすって感謝

(本人の説明)。

 

180217m

 

フェルナンデスが高得点を出した後、トップ3人が控えてる場所では、

それまで3位だった選手が退室することになる。羽生は立ち上がって

手を差し出した後、ハグして言葉もかけてた。これぞ王者の態度♪

 

180217n

 

宇野の2位、自分の1位が決定した直後も、カメラに向かって口を

大きく開けて、「ありがとうございました!」。涙の瞬間まで完璧。

スキー女子ジャンプの伊藤有希の振る舞いも絶賛しとこう♪

 

180217o

 

表彰台に飛び上がった後、両手を派手に広げて観客にアピール。

かっこつけた直後の恥ずかしそうな表情が可愛い♪ アブナイわ!

 

180217d

 

なお、羽生の構成点(プログラム・コンポーネンツ)は上の通りで、

ものすごく高い。100点満点で96.62点だった。

 

宇野のフリーも、いきなりミスした後、見事な演技だったね。

日本選手が金・銀を独占。あらためて、おめでとう!

 

 

     ☆        ☆        ☆

最後に、単なる凡人市民ランナーはレース前最後のハーフ。苦手

な快晴の朝で疲れも残ってたとはいえ、論外の出来だった。脚より

心臓がおかしくなってて、治らない。ガックシ。。_| ̄|○

 

中盤まで心拍を抑えて走った後、後半は心拍を上げて行ったけど、

最後まで1km5分ペースに到達できず。ラストなんて心拍173

まで到達してしまった (^^ゞ レースのゴールか!

 

トータルでは1km5分19秒ペース。遅っ! 気温9度、湿度

55%、風速1mの条件は、快晴だからすごく暑く感じて、終盤に

給水練習までしてしまった。フルマラソンは給水しまくりになるはず。

 

心拍計は最初の6分弱は動かなかった。絶好調の期間は終了か。

私も半月前までいい感じだったのにな・・とかボヤキつつ、それでは

今日はこの辺で。。☆彡

 

 

180217a

 

          時間  平均心拍  最大

往路(約2.4km)  13分02秒 139 153

LAP1(約2.1km) 11分39秒 150 154

  2        11分46秒 151 156

  3        11分46秒 152 156

  4        11分42秒 153 156

  5        11分12秒 158 160

  6        11分05秒 161 165

  7        11分01秒 163 166

復路(約3.7km) 19分02秒 164 173

計21.1km 1時間52分15秒 心拍平均155(86%) 最大173(96%)

 

             (計 2085字)

| | コメント (0)

全日本フィギュア2017女子フリー、構成点とか&25km走まで回復

(23日) RUN 25km,2時間07分28秒,平均心拍 150

   消費エネルギー  1361kcal (脂肪 231kcal)

 

週の最終日の今日はもう、1400字弱しか書けないから、サラッと

まとめよう。一昨日のSP(ショート・プログラム)が良かったから、

フリーもフジテレビを録画して見た。

 

やっぱり気のせいじゃない。選手によって、拍手や歓声がかなり

違ってる。私の好きな本田真凛は、会場では意外なほどフツーの

扱いで、単に演技や順位(7位)がイマイチだったからじゃないと

思う。私が応援に行くべきか♪ 演技終了直後の憮然とした表情

も可愛い。

 

171224j

 

 

     ☆        ☆        ☆

今日の新たな収穫(笑)は、横井ゆは菜(たぶん♪)、17歳。黒の

ロンググローブがセクシーで、演技の出来も良くて派手なガッツ

ポーズを連発してた。総合8位。

 

171224e

 

続く美形の白岩優奈は出来が悪くて涙顔。文字通り、頭を抱えて

しまった姿がまた可憐(いじら)しい♪ 9位。

 

171224f

 

多分、フリーで最高のスタンディング・オベーションを受けたのは、

SPで失敗した三原舞依(18歳)。いい演技で200点超えだった

けど、5位に留まった。衣装は一番キラキラしてたかも♪

 

171224g

 

 

      ☆        ☆        ☆

そして、真凜ちゃんの次くらいに私が応援してる、樋口新葉。ミス

は1回だけだと思うけど、総合4位に留まった。五輪代表は微妙

な所で、明日の発表まで落ち着かないだろうね。拳で氷を叩いた

のは、「ありがとう」という意味だと語ってるけど、私は正拳突きで

割ろうとしたんだと思う(笑)。空手の試し割りか!

 

171224h

 

一方、ある意味、一番目立ってたのは15歳の紀平梨花。トリプル

アクセルが3回入ってる世界最高難度の演技で、総合3位。笑顔

も衣装も輝いてた。ジャンプはかなり余裕があるから、4回転でも

狙えそう。身体のラインも綺麗で、アスリートっぽい脚線美☆

 

171224i

 

さらに、女王・宮原知子の演技終了後。本人よりも濱田コーチ(?)

の方が感激して、涙、涙。。このクラスの人達には優勝が分かった

のかも。今までの実績で、「構成点」(プログラム・コンポーネント)

の高さは予想できるだろうから。

 

171224l

 

構成点は、スケート技術、要素のつなぎ、身のこなし、振り付け

曲の解釈という5つの要素を採点して、係数1.6をかけて足し算

宮原は断トツに高い74点。日本スケート連盟HPより

 

171224b

 

それに対して、坂本花織は技術点でほぼ同点だったのに、構成点

67点しか取れなかったから、エーッ!て感じで悲鳴を上げてた。

総合2位で、五輪は樋口との争い。私はこれまでの実績を総合的

に見て、樋口だと思うけど、個人的趣味も入ってるかも♪

 

171224m

 

171224d

 

ちなみに紀平の構成点は62点しかなかったから、まだまだ発展

途上なんだね。最後は真凜ちゃんの芸術的スピン。美しい。。♪

 

171224k

 

 

      ☆        ☆        ☆

あぁ、もう字数オーバーだから、走りについては一言だけ。珍しく

終盤、バトルを売られてしまったので、ゆっくり走ってたのに一気に

爆発♪ トータルでは1km5分06秒ペースで、心拍も低いし満足。

気温9度、湿度60%、風速1mだった。

 

今週は計15200字で終了。ではまた来週。。☆彡

 

 

171224a

 

          時間  平均心拍  最大

往路(約2.4km)  13分13秒 132 150

LAP1(約2.1km) 11分08秒 144 151

  2        11分01秒 147 153

  3        11分01秒 148 153

  4        10分58秒 150 154

  5        10分53秒 152 155

  6        10分47秒 152 158

  7        11分14秒 152 155

  8        10分07秒 160 167

  9        10分20秒 161 164

復路(約3.7km) 16分47秒 155 162

計25km 2時間07分28秒 心拍平均150(83%) 最大167(93%)

 

               (計 1575字)

| | コメント (0)

フィギュア全日本2017・女子SP、細かすぎて伝わらない感想♪

フィギュアの後、そのままフジテレビを見てたら、来春の終了を発表

した『みなさんのおかげでした』の名物企画「細かすぎて伝わらない

モノマネ選手権」が始まった。数年ぶりに見たけど、やっぱりいいね。

4分の1くらいしか笑えないところが♪

 

・・って話じゃなくて、フィギュアね。個人的にはセーラー・マーキュリー

とヴィーナス、あと変身前の如月ハニーが好みだ♪ オタクか!

 

いや、真面目な話、どうしてフィギュア・スケート会場にはオタクっぽい

男性が少ないのかね? 選手も衣装もブリブリ(死語)の女子の試合

なのに、満員の観客の大部分は年配女性に見えた。富裕層の専業

主婦のプチ贅沢ってことか。夫は家で冷凍食品♪ だから、会場に

大きく、ニチレイの広告が出てるのだ。無理やりか!

 

171222k

 

ちなみにチケット・ピアで見ると、アリーナSS席の料金は18000円。

生放送のテレビ中継にハッキリ映ることを考えると、高くはないかも。

で、自分が映ったテレビ画面をスマホで撮って、インスタ映えとか。

 

豆粒みたいな選手しか見れなくて、テレビにも映れない4Fでさえ、

10000円。やっぱ一般庶民は、無料の地上波デジタルか。。♪

 

 

      ☆        ☆        ☆

というわけで、昨夜は走るのもサボって、家で大量の雑用をこなし

ながら、フィギュアのショート・プログラムに萌えたのだ。

 

見るのは1年ぶりくらいか。滅多に見ないけど、平昌オリンピックの

選考会でもあったし、カワイイ本田真凛の応援もしなきゃいけない♪

練習さぼってコーチに叱られてるって噂だし(笑)。いずれ天才棋士・

藤井聡太四段とのデートが文春砲に撮られそうで、私は不安だ。

CMにも2つ登場(ロッテ、読売新聞)の、人気アイドル16歳。

 

171222b

 

断トツで可愛いし、演技も結構良かったと思うけど(暫定6位)、海外

だとこの可愛さは伝わらないんだろうね。ミス・ユニバースとか見ても、

海外で人気なのは、目鼻立ちがハッキリした派手な顔立ちと大きな

体格なのだ。ハーフ(放送禁止用語?)の本郷理華の方が人気かも。

 

171222h

 

その本郷、かなりいい演技だったのは認めるけど、観客の大歓声と

スタンディング・オベーション(起立&拍手)には驚いた。女子選手と

してはベテランの21歳ってこともあるのかな。一番の盛り上がりで、

優勝っていうか、金メダルみたいなノリだった。70点超えの3位で、

感激の涙。。

 

カメラの映し方やタイミングの問題もあるだろうけど、演技終了後の

花束の数も意外だった。本田真凛が一番多いのかと思ってたら、

そうでもないように見えたし、拍手や歓声もそれほど多くもない。

可愛すぎて嫉妬されてるのかも(笑)。贔屓(ひいき)の邪推か!

 

 

      ☆        ☆        ☆

さらに細かすぎる話に向かうとしよう。私が一番感激したのは、樋口

新葉(ひぐちわかば)の入力が一発変換できることだ♪ 違うわ!

 

そうじゃなくて、ウォーミング・アップ用ルームの2階廊下を走ってた

姿だ(笑)。そこか! いや、私も高校陸上部時代、雨だと体育館の

2階廊下で走ってたもんで、懐かしかったし、親近感も湧いたわけ。

並んだイスの横を走ってる辺りが、あるあるボタン押しまくり♪

 

171222a

 

浅田真央も引退後はすぐホノルルマラソンを完走したし、樋口も

ランナーで行けるかも。宮原に続く2番手へと急成長した16歳。

小学生の行進みたいな独特の手のフリが、キュート♪ 滑走中も

たまに両手を元気よく横に振ってる。最初ミスした後は盛り返した

けど、4位で悔しそうだった。

 

171222g

 

ちなみに新葉ちゃん、控室前の通路(?)でのアップ・シーンもいい。

両足を小刻みに高速ステップさせてたから、運動神経や反射神経

も飛び抜けてるのかも。ま、みんな、超エリートだしね。

 

 

      ☆        ☆        ☆

あぁ、もう時間だから、残りは簡単に済ませよう。

 

171222c

 

セクシー賞は、木原万莉子(まりこ)20歳♪ 選曲も振り付けも、

他の選手と全く違う路線を進んでた。難病を克服したのに、全日本

はこれで卒業らしい。エロス溢れる演技で、いいね。細過ぎない

美脚も、これはこれで魅力的。

 

171222f

 

終了直後にコケそうになって自分でウケてたのが白岩優奈(16歳)。

思わずアイドル系の笑顔になってる。画面左上、リアルタイム表示の

出来栄え点を見ると、コケそうになった動作への減点は無いらしい。

 

演技中、技術点に基礎点と出来栄え点がどんどん加算されていく

のが分かって面白かった。暗算のトレーニングにいい。珠算検定

1級レベルかも♪

 

171222i

 

女王・宮原知子(さとこ、19歳)はピンクの衣装も演技も好きなのに、

画像キャプチャーし忘れたから、朝日新聞HPからお借りした。スピン

の態勢と表情、黒い衣装なら別の営みにも見えるかも♪ コラコラ!

 

氷が傷だらけなのに、よく引っかからないね。転倒したら、タイツ

かストッキングが引っかかって破れそうだけど、見たことはない。

ちなみに前田敦子との「そっくり」率(笑)。私の清き一票も含めて

71%だった。ビミョー。。

 

171222l

 

 

      ☆        ☆        ☆

171222j

 

そして最後は、ノーミスの演技でまさかの高得点を出して暫定首位。

坂本花織(17歳)のガッツポーズ。終盤は完全にノった演技でスピン

にもキレがあった。

 

佐藤伊吹(17歳?、23位)も華奢なスタイルが可愛かったし、岩元

こころ(18歳?、16位)はフツーに美人だと思う♪ ひそかにモデル

もやってるとかいう噂があるほど。

 

フリーも楽しみだね・・って感じで、今日はそろそろこの辺で。。☆彡

 

               (計 2237字)

| | コメント (0)

腹筋運動(上体起こし=シットアップ)に腰痛リスク、スチュアート教授の英語論文&休養ジョグ

(14日) JOG 10km,55分10秒,平均心拍 133

   消費エネルギー 480kcal (脂肪 134kcal

 

単なるジョグ10kmでも、走り終えた後から強烈な頭痛が発生。

どうも、また歯茎が原因みたいだ。よっぽど痛み止めを飲もうかな

と思いつつ、1時間我慢したら、ほぼ治まってくれた♪ 疲れるわ。。

 

 

     ☆        ☆        ☆

さて、ここ1ヶ月半の間、私は歯茎や歯の痛みと戦い続けてるけど、

高校時代は腰痛に苦しんで、整形外科に通ってたし、コルセットも

作った。診断名は坐骨神経痛で、イスに座ってる状態が一番不快。

 

ところがコルセットを腰に装着すると苦しいし邪魔だから、つい外して

しまう。すると今度は、母親の小言に苦しむのだ(笑)。「いくらお金

かけてると思ってるの!」。ま、ごもっともな怒りかも♪

 

で、その腰痛の原因。私はずっと、ランニングと姿勢の悪さのせい

だと思ってたけど、実は腹筋のやり過ぎだったのかも。当時、私は

最高で、500回×2セット(!)をやってたはず。足首の固定なし、

膝は伸ばしたままで反動をつける、自己流の下手なやり方。

 

これを家でやると、汗ビッショリだし床がギシギシ鳴り出すから、半年

くらい(?)で止めたと思う。ただ、陸上部の筋トレでは時々やってた

はず。ちなみに高校卒業後は今にいたるまで、あまり腰痛は感じて

ない。たまに自転車で負荷がかかると痛くなるけど、昔のしびれる

ような不快感は無くなってる。

 

 

     ☆        ☆        ☆

さて、個人的な前置きはこのくらいにして、昨日(17年12月14日)

の朝日新聞・朝刊スポーツ欄に、興味深い記事が大きく出てた。

見出しは、“「腹筋運動」 腰痛リスク”。執筆は、7年半前に私と

やり取りしたこともある優秀なアスリート、忠鉢信一記者。

 

171215b_2

 

公益性も考えて、図だけ縮小コピペで引用させて頂こう。要するに、

左側の普通の「腹筋」(上体起こし、シットアップ)は、腰の椎間板が

強く圧迫されてしまうので、腰痛の原因となる恐れがあるとのこと。

 

日本バスケットボール協会では去年から「推奨できないトレーニング

方法」として指導してるらしい。昔は医療機関で、上体起こしを勧める

こともあったけど、今はなくなってるという理学療法士の話も載ってた。

悪影響を避けるため、体力テストの項目からも外すべきというお話。

 

それに対して、上図の右側の「カールアップ」なら、より安全とのこと。

腹筋に力を入れて胸を丸めるけど、首は丸めないで、腰は自然な

角度のまま動かさない。「座る」形になるのが「シット」アップ、胸を

丸める形が「カール」アップだ。お菓子の「カール」みたいな曲げ方。

 

ハッキリ言って楽だから、体育会系のウケは良くないはず♪ 最近

の私はもっと楽して、立ったまま、たまに腹筋だけ力を入れてる。

いつでもどこでも出来るから、それなりの効果はあると思う。実際、

腹筋はキレイに割れるのだ。力を入れた時だけは(笑)。

 

 

     ☆        ☆        ☆

さて、こういった普通の感想&まとめ記事なら、昨日からネット中に

広まってるから、マニアック・ブログとしては当然、第一人者らしい

スチュアート・マックギル教授(Stuart McGill)の英語論文

を読むことになる。カナダ、ウォータールー大学。

 

どこかで聞いたような大学名だなと思って検索してみたら、アバの

ヒット曲『Waterloo』と同じだった(古っ!♪)。要するに、日本名で

「ワーテルロー」の戦いと言われるナポレオンの敗戦の地が語源。

アバの曲の歌詞だと要するに、恋愛で負けちゃったのにナポレオン

みたいに胸を張ってる私ってどうよ?♪って感じの明るいノリだ。

 

話を戻すと、マックギル名誉教授の代表的論文らしいものはネット

で無料公開されてた。2010年。

 

171215d

 

Core Training: 

Evidence Translating to Better

Performance and Injury Prevention

 

体幹トレーニング (または基幹的トレーニング) 

より良いパフォーマンスとケガの予防につながるエビデンス(根拠)

 

 

腹筋の話がメインとなってるわけではない論文だけど、例えばこの

図解の箇所は、朝日の記事と似た内容になってる。左がダメな例

で、右が良い例。どうせなら、朝日デジタルの写真みたいにスタイル

のいい美人モデルを使って欲しかったかも♪

 

171215c

 

Figure 6. The ‘‘Big 3’’ stabilization 

exercises selected to create muscle 

patterns that ensure stability in a spine 

sparing way include the curl-up (poor 

form with too much spine flexion resulting 

in disc stress is shown in (a)) (better 

form shown in (b)). Although we have 

quantified many variations and progressions, 

there are several cues for correct form.  

For example, during the curl-up, try and 

remove any motion from the lumbar spine 

and the cervical spine. Progression 

included prebracing of the abdominal wall, 

elevating the elbows off the floor, and 

breathing, to name a few.

 

この英文だけでも長いから、思い切り省略して日本語に訳すと、

 

 左写真のやり方は椎間板の圧迫につながるから、右写真の

 カールアップの方が良い。その際のポイントをいくつか挙げると、

 腰椎や頸椎を動かさないようにすること。腹筋はまっすぐに保った

 まま、肘は床から浮かせて、呼吸しながら行う。

 

肘を少し浮かせるためには、右の写真みたいにマットを敷いて、

その端から肘をはみ出させるということか。まあ、それは面倒だし、

要するに肘の力を入れないようにすればいいんだと思う。

 

普通のシットアップを途中で止める「クランチ」という腹筋運動とも

ちょっと違うので、念のため。シットアップもクランチも、椎間板に

3300ニュートン(340kg重)もの力が加わってしまうというお話

 

この辺で時間切れとなったから、唐突に止めよう♪ この種の作業

は、見た目より遥かに時間がかかってしまうのだ。ちなみにバスケ

協会には、まだ昔ながらの腹筋に近い指導写真がいくつか残ってた。

アクセスは少ないだろうけど、推奨しないのなら、削除すべきだろう。

 

 

     ☆        ☆        ☆

最後に、走りについてはほんの一言だけ。単なる休養ジョグなのに、

なぜか呼吸が苦しくて、むしろ昨日の16km走よりしんどく感じた。

まだ気管支炎が治まってないし、昨日のダメージもあったのかも。

 

トータルでは1km5分31秒ペース。気温4度、湿度55%、風速

1m。珍しく、最初から心拍計が動いてくれた。このグラフを見ると、

序盤は寒さで120以下くらいの心拍になってるのが分かる。ただし、

信号の関係でダッシュしたり止まったりして、大きく変動してるわけ♪

ではまた明日。。☆彡

 

 

171215a

        時間  平均心拍 最大

往路(1.2km)   7分14秒 113 130 

LAP1(2.2km) 13分08秒 124 130

  2       12分15秒 132 143

  3       11分11秒 143 149

復路(2.2km)  11分22秒 146 153

計 10km 55分10秒 心拍平均133(74%) 最大153(85%)

 

              (計 3095字)

| | コメント (0)

ボルダリング、正解がある数学的スポーツ&小雨呼吸困難ジョグ

(28日) JOG 16km,1時間37分39秒,平均心拍 137

   消費エネルギー 875kcal (脂肪 236kcal

 

ネットを飛び回りながら流し見した、NHK総合『東京五輪1000日前

特番 スポーツイノベーション』。衝撃的な番組だったね。まさか半年

遅れの再放送だったとは・・(笑)。そこか!

 

いや、何となく、NHKの五輪番組にしては地味だなと思ったのだ。

BS1の放送の再編集だったわけね。五輪1000日前ってことで。

まだ、あんましピンと来ないけど♪ そろそろ本気でトレーニング

しようかな。。 出場するつもりか!

 

 

     ☆        ☆        ☆

さて、番組の内容はボルダリング。東京五輪で追加競技になった

スポーツ・クライミングの中で、日本人が得意とする技術系の種目だ。

1月に開催されたジャパンカップの解説が中心。

 

正直言うと、個人的には今までほとんど興味がなかったというか、

「何、変な事やってんの?」って感じだった(失礼♪)。

 

大自然のクライミングなら、自分では全くやる気しないけど、一応理解

できる。過酷な自然との命がけの闘いとか、大自然との一体感とか、

特別な良さはあるだろう。単なる山登りとか山歩きも理解できるし、

いずれ走れなくなったら、のんびり山歩きかな・・とも思ってる。

 

ところが、スポーツ・クライミングというのは、室内の低い壁にやたら

派手な色の「石もどき」(笑)をくっつけて、チョコッと登っては降りる

だけ。まあ、テレビ映えとかインスタ映えは多少するかも知れない

けど、カロリー消費や爽快感も少なそうだし、すぐ消えるマイナー

スポーツだろうと思ってたのだ(失礼♪)。

 

 

      ☆        ☆        ☆

ところが番組によると、競技ボルダリングの場合、壁の石もどき

(ホールド)はセッター(設置者)がきっちり考えてセットしてるもので、

登り方に正解があるらしい。あぁ、ゴチャゴチャ突起が付いた一般用

の施設の壁とは違うわけね。全く知らなかった。

 

ということは、もし前の選手の成功例を見てしまうと、後の選手の方が

有利になってしまうから、他の人の登り方は見れないという話だった。

まあでも、まだ非常に歴史の浅いマイナー競技だし、本当にルール

が統一されてるのかどうか、固定されてるのかどうかは不明。

 

とにかく、選手が登る一つ一つのセッティング(「課題」)には、この

ホールドにこうやって指をかけて、こうやって足を使うというような

「正解」が想定されてるのだ。このホールドの中央の穴には、こんな

感じで凹凸があるから、この角度で力を加えるとか (^^ゞ 細かっ!

 

 

      ☆        ☆        ☆  

選手は3Dの画像解析はできないから、目と手足で探ると共に、頭

でも瞬間的に考える必要がある。「身体を使ったチェス」とも呼ばれる

らしい。持ち時間は数分だから、超早指し将棋と言うべきか。落ちて

失敗してもいいけど、試技(アテンプト)が増えると不利になる。

 

難しい登り方が想定されてる場合は、唯一の正解と言っていいだろう

けど、番組ではトップ選手が独自の「別解」を生み出す瞬間も映してた。

まあでも、あれならむしろ、数学の方が別解が多そうだね♪

 

当然、セッターの技術や判断が問われるわけで、素直な私としては、

「セッター本人は本当に登れるの?」とか思ってた(笑)。まあ、それを

競技前にやって見せたら、どこかから情報がもれるかも知れないし、

やらないんだろうね。登れなかったらヤバイし♪ コラコラ!

 

とにかく、数学的スポーツだと分かったから、数学好きの私も一度

やってみよう・・・とは思わない(笑)。チョーク(滑り止めの粉や液)

を使うとはいえ、指の爪がすぐはがれそうだから、無理!(^^ゞ

 

同じクライミングでも、時間を競う「スピード」や、高さを競う「リード」

の方が、運動量が多いからまだマシ。まあでも、自分ではやらない

だろうね。女子の美人選手がミニスカで登るんなら、観戦くらいは

してもいいけど♪ コラコラ!

 

女子優勝の伊藤ふたば選手は、大会当時まだ14歳の中学生。

ちょっと可愛いから、2020東京五輪のアイドル候補かも。。

 

 

      ☆        ☆        ☆

最後に、今日・・じゃなくて昨日の走りについて。もともと、早起きして

朝ランしようと思ってたのに、昨夜はセキュリティ設定でハマったから

パス (^^ゞ って言うか、咳でロクに寝れない夜が続いてたから、異常

な眠さが続いてて、朝ランどころじゃないわけ。

 

仕方ないから、台風22号の雨の中、また超低速ジョグ。ちょっと体調

がマシになって来たのに、走り出してみたらすぐ咳が出そうになって、

呼吸困難。これならむしろ、2日前のハーフの方がラクだったかも。

それでも、足腰の疲れは少ないから、何とか目標の16kmはクリア♪

 

トータルでは1km6分06秒ペース。遅過ぎっ! ここまで遅いとは

思わなかったな。まあでも、これで今週は、30+21.1+16で

67km☆ ゆっくりとはいえ、7ヶ月ぶりくらいの距離をこなせた。

気温14度、湿度100%、風速1m

 

心拍計は最初の13分ほど反応しなかったから、補正した。今週

は計13312字で終了。ではまた来週。。☆彡

 

 

171029a

 

         時間 平均心拍 最大

往路(1.2km)   7分31秒  123  131 

LAP1(2.2km) 13分53秒 130 135

  2       13分56秒 133 142

  3       13分40秒 136 147

  4       13分23秒 139 143

  5       13分05秒 142 147

  6       12分52秒 144 150

復路(1.6km)  9分20秒 145 153

計 16km 1時間37分39秒 心拍平均137(76%) 最大153(85%)

 

                (計 2239字)

| | コメント (0)

Polar Flow、スポーツ健康管理サイト&残暑ジョグ

(10日) JOG 10km,55分25秒,平均心拍 145

    消費エネルギー 517kcal (脂肪 109kcal

 

iPad ProをiOS11にアップデートして以来、全般的に動きが重く

なったし、何のメリットも感じないから、かなり不満が溜まって来た。

特に、よく使うブラウザのSafariと写真アプリの調子がいまいち。

元のiOS10にダウングレードしたくなるほど。

 

それはアップルの話だけど、心拍計の代表的ブランド Polar

(ポラール)も、ほぼ同じ時期にあんまし嬉しくないシステム変更を

通知して来た。

 

3年使って来た管理サイト、personaltrainer.com

を来年5月25日で終了するとのこと。その前から少しずつ機能を

縮小して行くような書き方にも見える。

 

171011b

 

 

     ☆        ☆        ☆

11年間のご愛顧とか読むと、ココログ終了のアナウンスみたいに

感じられてドキッとした (^^ゞ ちなみにココログの歴史は14年弱。

 

で、新サイト「Polar Flow」に誘導してるから試してみると、これ

またビミョーでイマイチなのだ。まあ、iOS11よりはマシかも。トップ

の写真は美人だし♪ そこか! 伏し目と開いた口、手の構えも

いい(笑)。コラコラ!

 

171011c

 

要するに、今までの「パーソナル・トレーナー」が心拍中心のスポーツ

サイトだったのに対して、新しい「フロー」(流れ)は総合的な健康管理

サイトを目指してる感じだ。確かに時代に合ってるような気はする。

 

171011d

 

睡眠も重要だし、アクティビティ(活動)という考えは特に高齢者や

障害者にとって大切だろう。休息、座っている、立ち仕事なんてもの

の強度まで記録するシステムになってる。このサイトでそこまで入力

する人はかなり少ない気もするけど、私の認識が間違ってるのかも。

 

171011e

 

 

     ☆        ☆        ☆

ちなみに普通の運動データは、パーソナルトレーナーから簡単に

転送可能。25件ずつ選択して転送ボタンをクリック。手作業だけど、

動きは軽くて速い。iOS11と違って(笑)。まだ言うか!

 

171011f

 

ユーザー名やパスワードは今まで通りでいいけど、プロフィール

も含めて、いちいち手作業入力になる。おそらく、世界中から不満

が届いてるだろう♪ 分かりにくい形で、英語の応答が出てた。

沢山の「フィードバック」に激怒・・じゃなく感謝してるとのこと(笑)。

そもそも、転送できなくなったらデータ送信をどうするのか不明。

 

171011g

 

私の最大の不満は、これまであった「トレーニング負荷(load)」

の項目が消えたこと。時間と心拍を組み合わせて、心臓の負荷を

示すもので、私はよく見てたし、毎月グラフを載せてる。ちなみに

先月は下の通り。実際のキツさとそこそこ合ってて、目安になる。

 

171001b

 

私も英語でフィードバックしようかな。

「I need training load!」とか♪

英作文のレベル、低っ!

 

 

     ☆        ☆        ☆

肝心の心拍については、グラフのデザイン(特に色)が変になってる。

昨日なら、Flowだとこうなる。変な白いモヤがかかってるし、圧縮

すると赤線が点線になってしまう。

 

171011h2

 

元のpersonaltrainerの方が遥かに見やすい。この表示

ソフトをダウンロードできるようにしてくれればいいのに。それだと

ポラールが個人情報を収集できないからダメなのか♪

 

171011a

 

ちなみに昨日の走りは単なる10kmジョグで、残暑と疲れでかなり

ひどい出来だった (^^ゞ トータルでは1km5分33秒ペース。気温

21度、湿度95%、風速1m。心拍計は最初15分ほど動かなかった

から、補正した。

 

相変わらず息苦しいけど、一昨日ほどは咳き込まなかったから、

良しとしとこうか。Polar Flowはまだこれから改良

されるだろうし、いずれまた触れるつもり。ではまた明日。。☆彡

 

 

         時間  平均心拍 最大

往路(1.2km)   6分52秒 127 138 

LAP1(2.2km) 12分58秒 140 149

  2        12分14秒 143 151

  3        11分49秒 151 159

復路(2.2km) 11分32秒 156 164

計 10km 55分25秒 心拍平均145(81% 最大164(91%)

 

                (計 1708字)

| | コメント (0)

「シンクロ」の名前が「アーティスティック」に変更された理由&強風自転車

BIKE 59.5km,2時間22分,平均心拍 128 

消費エネルギー 1200kcal (脂肪 360kcal)

 

またまた予定変更で、思いつきのネタをトッピングしとこう♪ いや、

興味本位で調べ始めたら時間を取られたから、ブログに書かないと

大損した気分になるもんで(笑)。恐るべし、ブロガー症候群。。

 

シンクロナイズド・スイミングというのは、派手な化粧とウェアの若い

女性たちが手足その他のシンクロ(同調性)を競うイメージがある。

特に、水面から下半身だけ上げる演技は結構スゴイ気もするけど、

私は不思議なほど萌えない♪ 

 

たぶん、動きが機械的だし、水中で必死にもがいてる様子が目に

浮かぶからだろう(映像もあり)。単なるスポーツとしか思えないし、

別にそれでいいと思う。違う目的なら、その種の動画は一応ある♪

コラコラ!

 

逆に女子ゴルフ(の一部)はスポーツに見えない♪ コラッ! いや、

ゴルフはやはり動きが緩やかだからだと思う。女子テニスだと、嬉しさ

も中くらいなりなのだ。一茶か!

 

 

      ☆        ☆        ☆

話を戻すと、シンクロの名前変更。「アコースティック・スイミング」(笑)

・・・じゃなくて、「アーティスティック・スイミング」ね。芸術的水泳。

中国語みたいだね♪

 

かの有名な鬼コーチ、星一徹・・じゃなくて(古っ!)、井村雅代コーチ

も、「やめてほしいなあ」と去年語ってたらしい。ロシアのコーチも決定

後に不満をもらしたそうで、私も第一印象は「ハァッ?」って感じだった。

完全な改悪だろう・・

 

ってことで、マニアック・サイトとしては当然、FINA(国際水泳連盟)

の会議の内容を英語でチェックしようとしたんだけど、これがどこにも

見当たらない。非公開なのかね? あるいは公開まで時間がかかる

のかな。公式サイトはもちろん、英語であちこち探し回ったから、もう

疲れてしまった。

 

 

      ☆        ☆        ☆

日本の報道だと、NHKは「1人で泳ぐソロの種目などが『同調性』

を意味する『シンクロナイズド』に合っていない・・」。朝日新聞は

「関係者によると、ソロや混合種目では・・そぐわないとの指摘を

国際オリンピック委員会(IOC)から受けた」(共同通信)。

 

海外のメディア(inside the games)には、国際水連の

副会長の説明が載ってた。私が見た中では、ここの説明が一番

詳しい。日本のニュースの3倍くらいの内容がある。

 

170723b

 

ダイビング競技なら確かに同調しているが、この競技については、 

アーティスティックの方がより適切な名前だと我々は感じる」。

 

最初、意味が分からなかったけど、「シンクロナイズド・ダイビング」

と比較してるようだ。なるほど、ウィキペディアの写真から考えると、

そんな気もするね。これは完全な「同調飛び込み」だろう。ちょっと、

上半身の曲げ方がズレてるけど♪ 右のコの方が萌えるかも(笑)

 

170723c

 

 

      ☆        ☆        ☆

でも、シンクロナイズド・スイミングの場合は、音楽との同調性もある

から、ソロ競技や混合でも別にいいんじゃないの・・と思ったから、

試しにYouTubeで混合の動画を見てみた。

 

おそろしく少ないのはやっぱ、男の水着姿なんて見たくないからか♪

歴史も浅いし、競技人口も少ないし。

 

混合を見て思ったのは、確かに同調してない部分がちょっと多め

かなということ。考えてみると、フツーの女子のシンクロでも、同調

してない部分はある。まあ、シンクロの内容自体が変わって来た

のかも。

 

というわけで、私の感想は一気に豹変した♪ シンクロと呼ぶより

アーティスティックと呼ぶ方が、競技全体の実態に合ってるかも。

後は慣れの問題か。

 

ちなみに私は、競技用自転車を「ロードバイク」と呼ぶ慣習にはまだ

慣れてない♪ オートバイとの区別がつかないし、明らかに「ロード

レーサー」と呼ぶ方が適切だ・・・と言っても、時代は変わらないので

あった。クロスバイク、マウンテンバイクと合わせた名前ってことか。

 

 

      ☆        ☆        ☆  

というわけで、天才子役で慶応中等部のエリート、芦田愛菜は、

水泳ができなくて補習なのであった(笑)。関係ないだろ! そう

言えば天才棋士・藤井四段も水泳が苦手らしいね♪ 

 

私の方は、高校陸上部時代、真夏にさんざん走った直後、さらに

水泳で鍛えてたら、血尿が毎日出たから中止。やり過ぎたってこと

ね。練習を・・・と書くと、まぎらわしいのか(爆)

 

あぁ、余計な事を書いてるヒマはもうない。私は今日、また一週間

ぶりに自転車。最初からやたらスピードが出ないなと思ったら、台風

の影響で(?)風が強かったのだ。

 

風速5m!、気温27度、湿度83%。おまけに曇りだったから、

涼しかったのはいいけど、タイムが5分ほど遅くなってしまった (^^ゞ

まあ、眠くてやる気もなかったし♪

 

トータルでは平均時速25.1km。遅っ! 距離表示が100m

伸びたから、タイヤの空気が抜けてたせいもあるのかも。

なお、今週は計14540字で終了。ツール・ド・フランスのレース

クイーンは美人だな・・と思いつつ、ではまた来週。。☆彡

                      (計 2047字)

 

170723a

 

170723d

| | コメント (0)

卓球・団体戦の数学的解説、ABC対XYZ方式&2年ぶりの荒川遠征

(19日) BIKE 91km,3時間27分,平均心拍 137 

     消費エネルギー 1900kcal (脂肪 494kcal)

 

100mに続いて、200mも3連覇したボルト。確かに飛び抜

けた実力と実績だけど、幸運の手助けもあるね♪ 本人もイマイチだと

認めてるように、どちらも世界一の飛び抜けた走りというわけではなかっ

た。まあ、運も実力の内と言うし、実力があってこそ運が役立つのも確か。

 

あとは、ドーピングさえ発覚しなければ、彼は伝説として生き続ける。ちな

みに英国メディアのテレグラフによると、彼はおそらく世界中で最もドラッグ・

テストを受けたアスリート。それでも今まで発覚してないということは、問題

ない可能性が高いと言えなくもない。

 

ただし、北京・ロンドンでボルトと共に400mリレーを連覇したジャマ

イカのカーター選手には、今年に入って陽性反応が出てるのだ。自転車

ロードレースの帝王、アームストロングの名声が一気に地に落ちたのも、

かなり後になってからだった。。

 

 

        ☆          ☆          ☆

一方、昨日たまたま目に付いたのが、日刊ゲンダイの記事

 「男子卓球、後がない第4試合で水谷を“使わなかった”なぜ?」。

 

私も、女子も含めて卓球・団体戦の順番はどうなってるのか、ちょっと気

になってたけど、調べるのが面倒でそのままにしてたのだ。ランキングと

調子を考えて、監督が決めるのかと思ったら、数学的な理屈もあるらしい。

半ば、論理的な選択なのだ。

 

そうなると、マニアの血が騒いで来る♪ ネットのおおまかな情報ではとて

も満足できないから、しっかりした根拠と論理に基づいて、自分で具体的

に詳しく考えたくなるのだ。以下の説明は、他のサイトとはほとんどカブら

ないだろう。少なくとも中盤以降は。。

 

 

        ☆          ☆          ☆   

まず、日本卓球連盟のpdfファイルから、表を引用させて頂こう。これとほ

ぼ同じものがゲンダイにも載ってた。日本オリンピック委員会HPのロンド

ンの説明にもある。

 

160820d2

 

まず、コイン・トスかクジで選択権を取ったチームの監督が、ABC型

かXYZ型を選ぶ。ゲンダイによると、ほとんどの場合はABCを

取るとのこと。

 

おそらく、一番強い選手を早めにシングルスで2回使うのに好都合だか

らだろう。今回の男子・決勝の場合、選択権を取った中国はABCを

選択。第1試合と第4試合、2つのシングルスで世界最強の馬龍(マー・

ロン)が勝って、金メダルを獲得できた。ダブルスと合わせて3勝1敗。

 

馬龍を第2、第4で使うよりも、第1でいきなり先勝して、しばらく休

んだ後、第4で再戦する方が有利。そんな感じの対戦カード戦略か。

 

 

        ☆          ☆          ☆        

一方、日本はXYZだったから、個人戦で銅メダルを取ってる水谷が

シングルスで2回登場するには、第1と第5か、第2と第5しかない。

今回は第4試合で決着がついてしまったので、好調の水谷が第5

試合に出る機会は無くなってしまった。

 

宝の持ちぐされのようにも感じられるが、私が監督でも同じオーダーに

したと思う。もし水谷を、第1と第3、または第2と第3で使うと、失礼

ながら力が劣る日本の残り2人(丹羽孝希、吉村真晴)でシングルス

を3試合することになるから、金メダルの可能性は低くなってしまう。

 

ちなみに、ITTF(国際卓球連盟)の世界ランキングを見ても、水谷

は5位前後。他の2人は20位前後で、ハッキリ差があるのだ。。

 

 

        ☆          ☆          ☆

さて、ここまでは、単なる卓球の戦略の話に近い。ここからが本題♪

ゲンダイは、団体戦の方式について、こう説明してた。

 

  「これは全選手が2試合に出られて、シングルスで同じ選手が

   対戦しないためのシステム」

 

私はこれを読んですぐ、直感的に「条件が足りない」と思った。正確に言

うと、必要条件ではあるかも知れないが、十分条件にはなってないだろう

と感じたのだ。

 

実際、その直感は正しかった。それだけが条件なら、別の方式でも可能

だからだ。具体例を1つだけ示しとこう。

 

 第1試合  A 対 X

  2     A 対 Y

  3    BC 対 XY

  4     B 対 Z

  5     C 対 Z

 

 

       ☆          ☆          ☆   

ただ、これだとAとZが、疲れるシングルスを2試合続けて行うことに

なる。また、ABCチームが最強のAをいきなり2試合出すと、すぐ2勝

となる確率が高いから、心理的に優位すぎるとも言える。

 

そこで例えば、第2と第4を入れ替えてみると、次のようになる。

 

 第1試合  A 対 X

  2     B 対 Z

  3    BC 対 XY

  4     A 対 Y

  5     C 対 Z

 

ここで、Y、Zは単なる記号だから、反転させてZ、Yと書き直してみると、

 

 第1試合  A 対 X

  2     B 対 Y

  3    BC 対 XZ

  4     A 対 Z

  5     B 対 Y

 

実はこれこそ、実際の中国vs日本戦の対戦表なのだ。Aが馬龍、

Yが水谷だ。

 

 

        ☆          ☆          ☆

もちろん、これではまだ数学の解答としては不十分。都合のいい筋道

を1つ示したに過ぎない。

 

ただ、後はもう、同種の議論を数十通りほど行えば、完成する。そこで、

少し見方を変えて、そもそも選手の順番の決め方は何通りあるのか、

「場合の数」を計算してみよう。

 

ABCチームで、特定の選手A(例えば最強メンバー)が5試合中、

どの2試合に出るのかは、

  5C2 =5×4/(2×1)=10通り。

 

その内、Aがダブルスに出ないのは、何試合めに出るかで表示するなら、

以下の6通り。

  (1,2),(1,4),(1,5),(2,4),(2,5),(4,5)

 

このそれぞれに対して、特定の選手B(例えばランキング2番手)の

出場の仕方は、ダブルスは絶対で、後は残り2試合のシングルスの

どちらかだから、2通り。

 

一方、Aがダブルスに出る場合、Aの出場の仕方は

  (1,3),(2,3),(3,4),(3,5)

 

このそれぞれに対して、Bの出場の仕方は、残り4試合(シングル

ス3、ダブルス1)の中から2試合を選ぶのだから、

  4C2 =4×3/(2×1)=6

 

最後の1人であるCの出場の仕方は、A、Bが決まれば自動的に

決まる。残りの2試合だ。

 

以上より、ABCチームの出場順の決め方は、

  6×2+4×6=36通り

 

 

         ☆          ☆          ☆

さらに、3人を異なる個人として区別するのを止めた場合、つまり、

例えば「A,A,(BC),B,C」と「B,B,(AC),A,C」を同じパターンと

見る場合、出場の仕方は全部で僅か6通りに絞られる。カッコ内はダブル

スのペア。

 

あえて説明を省略するので、皆さん、お試しあれ♪ 私はいざとなったら、

100通りくらいまではシラミつぶしに書き並べて解く人間だ(笑)。

書いてる内に、法則性が分かって来る。

 

6通りの内、シングルスの2試合連続を避けて、しかも早めに2

試合できるパターン(第1と第4、または、第2と第4)こそ、実際の

五輪のABC型なのだ。

 

そこから相手のXYZ型を決める議論も、省略しとこう。シングルスで

同じ対戦が2度生じないことを考えると、実際の五輪のXYZ型に決定

する。現実の議論の過程はともかく、数学的・論理的にはほぼ解決した♪

 

それにしても、ダブルスを廃止したわりに、団体戦でもダブルスの比重

が小さいのは、ちょっと淋しいね。テニスもそうだけど、扱いの小さいダ

ブルスは、実は見てて面白いと思う。。

 

 

         ☆          ☆          ☆

最後に、昨日の走りについて。私は普通の人より1週間遅れのお盆休み

だから、2年ぶりに荒川遠征してみた。

 

いや、正直、往復がダルいけど、台風連発で雨続きだから、月間

1000km走行達成のためには仕方なかったわけ。下は荒川の入

り口、葛西橋。相変わらず、柵がジャマ!♪ ま、おかげでオートバ

イの暴走とか、かなり防げるんだけど。

 

160820b

 

信号を守りつつ、平日の都心を通過するには1時間かかるし、ブレー

キパッドがちびてしまう♪(セコっ!)。いや、お金とか握力の問題じゃな

く、交換に手間ヒマかかるのが嫌なのだ。特に、自分でやる場合、微妙

な当たり具合の調整が面倒。。

 

下は心拍数のグラフ。最初と最後が激しく変化してるのは、信号を守っ

て往復した証拠♪ エライぞ!

 

160820a

 

 

         ☆          ☆          ☆

荒川の河川敷自体は、多摩川より遥かに広くて走りやすいんだけど、

この日はたまたま複数の台風(卵も含む♪)のせいで、いつも以上の強

風が吹き荒れてた。スタート直後から、止めて帰りそうになったほど(^^ゞ

 

下は、柵を越えたスタート地点辺り。ここが下りになってるのは、ちょっと

嬉しい。まあ、帰りは登りだったりする。ずっと下りなら楽なのに(笑)

 

  160820c

 

向きがコロコロ変わる台風の風のせいで、本来の力を発揮できず(笑)、

荒川の50kmだけの平均時速も28.2kmに留まってしまった。遅っ!

ま、とはいえ、誰にも抜かれてないけどネ♪ ちなみに荒川マラソンの

スタート地点辺りは水溜りだらけで、走りにくくなってた。

 

帰りはもう、ひたすら暑さのガマン大会。平均すると、気温28度、

 

湿度80%、風速4mくらいだけど、荒川だけなら気温30度、

風速6mくらいのはず。実際、ピンポイント天気予報であちこち

確認しても、そうなってた。トータルの平均時速26.4km

最大心拍は165。

 

あぁ、凄まじい雨が降って来たし、雷も鳴ってるね。たまがわ花火大会

は中止かな? ホント、レース前なのに天気が悪くて困るよなぁ・・とか

ボヤキつつ、それではまた明日。。☆彡

 

                     (計 3668字)

| | コメント (0)

美誠(みま)パンチとテニスの思い出♪&多摩川

(16日) BIKE 59.6km,2時間10分,平均心拍 145

     消費エネルギー 1299kcal (脂肪 273kcal)

 

あぁ、ここに来て急に天気が悪くなって、困ったね。。「集中して自転車に

乗ろうと思った時に限って、天気は悪くなる」。またしても、マーフィー

の法則、恐るべし。。♪ 来週の前半まで、どうしようかな。。

 

・・って話じゃなくて、「みまパンチ」ね。まあ、ほとんど誰も知らない言葉

だろうけど♪ どうも、朝日新聞が勝手に流行らせようとしてる言葉らし

い。卓球・女子団体で銅メダルに輝いた15歳の伊藤美誠(みま)の、

「ねこパンチ」みたいな変則フォアハンドのこと。

 

円を描いて手を振るのが普通の打ち方だけど、みまパンチは押し出す

ように打つ。ボクシングにたとえると、フックじゃなくて、ジャブ。朝日新聞

デジタルの動画からキャプチャーさせて頂こう。フェンシングではない(笑)

 

160818a

 

 

         ☆          ☆          ☆

肘を伸ばしてラケットを前に出すフォームで、これだけだと球のスピード

が出にくいはずだけど、相手の速い球に対するカウンターなら十分速く

なる。おそらく、相手にとってはコースも読みにくいだろう。

 

これに限らず、伊藤は色んなユニークな打ち方を試してるらしいし、朝日

新聞と同系列の日刊スポーツは、伊藤のユニークなキャラもクローズアッ

プしてた。

 

中一で、大阪のエリート私塾、関西卓球アカデミーに入門した頃から、

普通の子とは全く違ってたとの事。

 

   「卓球は練習中に相手を重んじる風潮がある。一定の

    コースでラリーをしている時にはコースを変えない、と

    いう暗黙のルールがあった。しかし、伊藤はチャンス

    ボールが来れば容赦なく決めにいった」

 

 

         ☆          ☆          ☆

これは、広い意味での「みまパンチ」と言える♪ ニコニコ笑いながら自由

に繰り出す、この痛烈な変則パンチを浴びて、泣きだす子もいたし、みん

な一緒に練習したがらなかったらしい(笑)。目に浮かぶようだネ。

 

KY(空気が読めない)の極致とも言えるけど、中国人コーチもいたから、

別に相手に不自由しなかったのかも。やがて、試合の実績と共に認めら

れるようになって、あっと言う間に銅メダル獲得。まさに卓球界の革命児。

ちょっと、体操の内村が若い頃に似た感じ。

 

 

         ☆          ☆          ☆

さて、この話を読んで思い出したのが、自分のテニスの初心者時代。そう

言えば私のフォアハンドも、スイングと言うより手を前に押し出すような不

格好なものだった (^^ゞ ビデオ録画をチェックした時は、かなりショック。。

 

要するに、確実にボールをラケットの面に当てて返そうとしてたわけ。そ

のおかげで、見た目や試合結果はともかく、練習のラリーだけはよく続い

てた。相手が上手くて、しかも親切な場合は♪ 女の子だと、余計に気合

が入って長続きする。長い方が悦ばれるのだ(笑)。コラコラ!

 

ところが、上級者の友人K(超久々の登場♪)を誘って練習すると、さっ

ぱりラリーが続かない。私の甘いボールを、容赦なくビシビシ決めて来る

のだ (^^ゞ 泣きだすことはないけど、最初は「ハァッ?」って感じだったし、

決められたボールを遠くまで拾いに行くのがまた腹立たしい♪

 

 

         ☆          ☆          ☆    

ところが、実は私も別の場所では似たような事をやってた (^^ゞ 女性3人

と一緒にダブルスのゲームをたまに楽しんでたんだけど、1人が私より下

手で、甘い球を打って来るから、つい私がビシッと決めてしまう♪

 

すると、わりと上手い勝気な女性が私に注意して来た。練習なんだから、

仲良くラリーを続けるべきだとかいうご指摘。ところが、実はその下手な女

性が時々ビシッと打ってたから、私はその真似をしたにすぎない。

 

そう、私が反論すると、勝気な女性は「・・・さんに失礼でしょ!」

とか言い返して来た (^^ゞ いや、あなたが最初に僕に文句つけて来た

んだけどね・・とは流石に私も言わなかったけど、ちょっとピリピリ

した雰囲気。他の2人はオロオロ(笑)

 

 

          ☆          ☆          ☆   

で、とりあえずダブルスを再開すると、私のパートナーが後ろから甘い球

を打った時、勝気な女性は前衛の私にぶつけるようにビシッと打ち返して

来た。これはもう、やり返すと子供のケンカになるから、苦笑いしてお互い

終了。で、しばらくして、こっそりブログに書き込むとか(笑)

 

ちなみに、仮にその場にいた人がこの記事を読んでも分からないはず。

その程度の配慮はちゃんとしてるので、念のため。私の身内が読んでも、

絶対に分からない。

 

その後、すごく上手い人と一緒にダブルスをする機会があって、試しに

前衛にいるその人に向かって打ちこんでみたら、しっかりブロックされた♪

何だ、ということは、上のレベルなら別に打ちこんでもいいってことでしょ。要

するに、相手と状況に応じてってことね。

 

とにかく、単なる一般人の小市民が型破りなことを色々やっても、せい

ぜい雰囲気がビミョーになったり、ブログのネタになったりするだけなの

だ♪ 自由奔放な型破りで大成功するのは、ほんの一部の人だけ。そ

の淋しい現実を強調しとこう。。

 

 

cf. 卓球・団体戦の数学的解説、ABC対XYZ方式&2年ぶり荒川遠征

 

 

         ☆          ☆          ☆

一方、平凡なアスリートの走りについて。お盆休み前の仕事を徹夜で終

えた直後、8月16日は、また多摩川で60kmだけ稼いで来た。

心身の疲労が溜まりまくりだから、安全第一の保守的な走り。まだこれ

から、来週の前半までたっぷり走り込まなきゃいけないし。

 

で、のんびり走ってたら、またロードバイクが妨害♪ 責任転嫁か! と

ろとろ走ってるから、河川敷から土手に上がる短い登りで追い抜いたら、

すぐ抜き返して来て、後ろの私を気にしながら必死に逃げ始めた。まる

で、追いかけてくれと言わんばかりに(笑)。で、心拍数は下のようになっ

ちゃったわけ。超久々のレッドゾーン全開!

 

160818b

 

最大心拍は176! 97%まで到達した後、一気に下に落ち込

んでるのは、向かい風を強烈に受けて、胸のセンサーが乾いてしまっ

たからだと思う。時々ある、一時的エラー。

 

 

        ☆          ☆          ☆       

ちなみに勝負は引き分けと言っとこうか♪ その気になれば追い抜け

たけど、危ないし、そもそも本気のバトルを楽しむようなコンディション

じゃなかったから、追走のまま終了。それでも、私が付いて来たことに

驚いた様子だった。スピードの数字を書くのは自粛ってことで(笑)

 

トータルでは平均時速27.5km気温25度、湿度90%、

風速2.5mで、日射しもあったから暑く感じた。また走ってる途中に

虫に刺されたし (^^ゞ マジで痒いわ! それでは、また明日。。☆彡

 

                      (計 2639字)

| | コメント (0)

リオ五輪・体操、ベルニャエフの会見(英語)に金メダル☆&低速多摩川

(11日) BIKE 59.4km,2時間14分,平均心拍 127 

     消費エネルギー 1080kcal (脂肪 346kcal)

 

インパクトあったね。可愛い奥さん♪ そこか! 初めて見た千穂さん。

日体大の1学年後輩で、全日本クラスの体操選手だったのか。

内村が大逆転で金メダル取った瞬間の、奥さんの驚きの表情はリアル

だった。映像に背を向けて、ママに抱きついてる3歳の長女・斗碧(と

あ)ちゃんの姿も(笑)。1歳の次女・千翠(ちあ)ちゃんは横で寝てた

子かな。朝日新聞の記事だけ読んでも、奥さんの自然体の受け答えは

好感持てる。

 

これなら内村も安心して、1人でリオに行けるね。治安の問題もあるし、

応援には来なくていいと言ったらしい。ま、日本に残ってコナミで応援して

くれたおかげで、テレビその他のメディア対応も出来た。奥さんにも金メ

ダルをあげたい♪ お嬢さまっぽい髪型まで、私の好みだし(笑)

 

 

         ☆          ☆          ☆

一方、真面目な話をするなら、男子・個人総合で銀メダルのヴェルニャ

エフ(Verniaiev)が、いいね☆ 若くて可愛いイケメンだし♪ 

オイオイ、そっちもか! 日本の報道で「ベ」ルニャエフと書いてるのは

凄く引っ掛かる。

 

いや、それより、最後の鉄棒の演技で内村に大逆転された後の記者会

見が素晴らしかったって話。審判が王者・内村に同情(sympathy)して、

有利な採点になってたんじゃないか、とか聞かれた時、内村本人はもち

ろん否定。

 

それに続いて、逆転されたヴェルニャエフも、それはムダな質問だとか言っ

てフォローしてくれたのだ。別の質問への応答の中で、わざわざ思い出し

て。スポーツマンらしくて潔くて、いいね♪

 

 

         ☆          ☆          ☆

で、そんな日本語情報はいまどきネット中にすぐ溢れ返るから、マニアッ

ク・ブロガーとしては当然、原文を探して世界中を飛び回ることになる♪

原文になった途端、ネット情報は数千分の一くらいに激減するのだ。

 

過去、度々成功して来たこのチェック、今回は珍しく失敗。正確な全文は

英語だと見つからなかった。おそらく、どこにも無いんだと思う。

 

理由は4つ考えられる。まず、本人の言葉おそらくロシア語かウクライ 

ナ語だったから。インタビュー動画は全体的に日本語同時通訳が入って

るけど、冒頭の言葉はロシア系に聞こえた。

 

2番目の理由は、ウクライナは今、内戦その他で五輪どころじゃない状

況だから。実際、『ウクライナ・トゥデイ』(英語)とか見ても、五輪の扱い

は大きくないし、ツイッターは政治・社会の話がほとんどなのだ。

 

3番目の理由は、海外だと日本ほどの体操人気は無さそうだから。実際、

会見の中で、競泳の王者・フェルプスの名前を挙げて、内村と比較する

話があった。要するに、どっちも偉大なのに扱いは大差ということだ。私

ならフェルプスより内村だけどな。

 

4番目は、日本にとって有利な言葉、日本人にとって嬉しい言葉にすぎな

いから。日本でだけ特別に評価されるのは当たり前。客観的で冷めた見

方をするなら、そうゆう事だろう。本人のインスタグラムにも、日本語や日

本人の感謝・祝辞コメントが目立ってる。。

 

 

        ☆          ☆          ☆

というわけで、英語の全文は無さそうだし、ロシアとウクライナの緊張関

係を考えると、ロシア語やウクライナ語でもおそらく無いと想像する。

 

ただ、断片的な英語ならあちこちにあった。例えば、『Wall

Street Journal』(ウォール・ストリート・ジャーナル)によると、

 

  All the questions are completely 

  superfluous here...

  (ここでの全ての質問は全く不要なものだ。

 

無駄と訳されてたのは、英語だと「superfluous」だろう。「ここでの

全ての」という言葉が何を示してるのかは、前後の文脈が無いと不明。

 

一方、『yahoo.com』だと、上の英文と似た文の前に、

こう付け加えられてた。

 

  We all have feeling,but we know the

  scores are fair.

  (我々は皆、感情を持ってるが、

   我々はスコアが公平なものだと知っている。)

 

さらに、『Sports illustrated』(スポーツ・イラストレイ

ティド)にはこうも書かれてた

 

  Kohei has had higher scores in the past.

  (航平は過去、もっと高い点数を取ってる。)

 

現在完了形だから、要するに、内村の現在の実力も過去と同様、今回の

高得点にふさわしいと認めてるわけだ。

 

 

       ☆          ☆          ☆

元々、演技の構成点の内、難度=Dスコアにおいて、内村の方が

0.6点上。さらに完成度(Eスコア)で0.4点上だったから、

合計で内村が1点上回ったから、0.901点差を逆転。それ

ほど不思議な話でもない。

 

ジャッジの詳細は英語の公式サイトにも見当たらないけど、難度につい

ては、内村の手放し技が大きかったらしい。アッキーナ(寒っ!)じゃなく

てカッシーナがG難度、コールマンがF難度。

 

この内村、東京五輪まではやりたいとも言ってるらしいけど、個人総合

は(?)ヴェルニャエフに譲るような報道もある。奥さんも、この4年でか

なり内村が年を取ったとか語ってたから、東京五輪は団体メンバーかな。

年齢的には4年後に31歳だから、まだ大丈夫そう。

 

とりあえず、種目別でギックリ腰を悪化させないように祈ろう。帰国後、

カワイイ奥さんに金メダルをプレゼントするためにも。。♪

 

 

        ☆          ☆          ☆

最後に一言、昨日の走りについて。新たな祝日「山の日」にちなんで、山

に登って来たと書きたい所だけど、そんな余裕無し。毎年、お盆休みの直

前はバタバタあおられるし、今年は五輪にも時間を取られてるのだ (^^ゞ

野次馬・・じゃなくてアスリートの端くれとしては、スルー出来ないわけ。

 

で、妥協点はワンパターンの多摩川。6日連続の練習ってことで、かなり

疲労が溜まってるから、中盤から一気に減速してしまった。気温26度、湿

度70%、風速2m、曇だから、真夏としては走りやすい条件だったのに。

 

それでも去年より速いってことは、よっぽど去年は遅かったってことか (^^ゞ

まあ、底打ちで、今年は急回復の予定♪ とか言いつつ、自転車のことより

皮膚炎の痒みの方が20倍も気になってたリする。塗り薬がイマイチ効かな

いから、爪でバツ印つけようかな(笑)。子どもか!

 

トータルでは平均時速26.6kmとなった。遅っ! いや、まあ、分

かりやすい言い訳が別にあるんだけど、ちょっと書けないわけ♪

そろそろ時間なので、また明日。。☆彡

 

                      (計 2645字)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧