突然現れたデスクトップのフォルダ「Removable Storage Devices」、削除方法を探す間に消滅&台風ジョグ

(6日) JOG 7km,37分27秒,平均心拍135

 消費エネルギー 346 kcal (脂肪 80kcal)

   

記事タイトルに、「アレ?と共に去りぬ」と書こうと思ったけど、長過ぎるから止めた♪ 「Gone with the Question」。英語じゃ、ダメだね。

    

今現在、Googleの検索オプションで「アレ?と共に去りぬ」の完全一致検索をすると、15件ヒットするけど、?を入れた記事はゼロ。世界初の表現なんだけどな♪

  

『風と共に去りぬ』は子どもの頃、テレビで一度見ただけだから、じっくり見直したいと思って格安DVDまで買ったのに(500円とか♪)、どこかへ行ってしまったのだ。引っ越しと共に去りぬ(笑)。脇役の美人令嬢が好きだったのに。そこか!

        

アッ!、字幕版がプライム・ビデオで無料になってる! これは見なきゃ損かも。今後の視聴課題としとこう♪ また、それか! 画質が悪いとかレビューされてるけど、もともと悪い画質で見た映画だし、英語のリスニングの勉強にもなるからOK。しかし、有料なら高画質になるの? (^^ゞ 恐るべし、アマゾン商法。。

   

   

     ☆     ☆     ☆

で、アレ?と思う間もなく消えてしまったのは、謎のフォルダ、「Removable Storage Devices」(リムーバブル・ストレージ・デバイシズ)。英語の直訳とネット情報から考えると、取り外し可能な記録メディア全般の情報を扱うフォルダか。

   

200907a

   

昨夜、突然、初登場。その直前に私が行った、わりと珍しい操作と言えば、インターネット・アーカイブで古いpdfファイルにアクセスして保存したことか。別に怪しい情報でも何でもない、ひと昔前のデジタル記事で、正直、期待ハズレの内容だった。

    

保存したけど削除しようかな・・とか思いつつ、PCのデスクトップ画面に戻ると、妙なフォルダが出来てた。しかし、リムーバブル・ストレージだから、2日前にバックアップで使った古めの外付けHDDが原因(or遠因)かも。あるいは、3日前に使った残量僅かのUSBメモリーとか。

   

とにかく、すぐ削除しようと思って右クリックしたけど、「削除」という項目が表示されない。プロパティも出ず。慌てて検索すると、毎度お馴染みのマイクロソフトのフォーラム(質問・応答のページ)で、すぐアンサー(答)を発見。珍しく(笑)。コラコラ! いや、今まで役に立たないことが多かったもんで。何で公式の回答を載せないのかね?

     

200907b

   

デスクトップアイコンの表示を無効化して、再起動して、再び有効化? 面倒だし怖いな・・と思いつつ、デスクトップ画面に戻ったら、もう消えてたのだ (^^ゞ 私がスクリーンショットを撮ってなかったら、見間違いとか、幻扱いされてたかも♪

  

しかし、どうも最近、小さいトラブルが増えて来たね。まだ、買って3年半しか経ってないWindows10ノートPC。そろそろMacを買えってことか。例のコロナ特別定額給付金10万円を使い果たさない内に♪

    

   

     ☆     ☆     ☆

一方、昨夜は、出張先でも台風10号の影響で変な天気だった。急に雨が降り出したり、止んだり。ピンポイント予報やレーダーを使っても、なかなか先が読めない。

  

九州の一部地域みたいな被害はなかったものの、走るのは止めようかな・・とか思いつつ、近くのコンビニへ行ってみると、雨どころかキレイな月が夜空に輝いてる♪ さっきまで雨降ってたのに!

   

急いで着替えて走り出して、7kmだけジョグ。気温が低めの時間帯のはずだったのに、実際は27.5度。暑っ! 天気も気温も急変したのだ。これが台風の威力。生暖かい風を受けつつ、前日の疲れが残った脚で適当に流して、トータルでは1km5分半ジャスト

  

湿度85%、風速3.5m心拍は、全体的にはちょっと高めに、最大値は低めに補正した。出張で生活リズムが乱れてるからなのか、胸に変な負荷を感じたから気を付けよう。ではまた明日。。☆彡

   

   

       時間 平均心拍 最大

LAP 1(2.1km)12分18秒 120 132 

 2   10分55秒 137 147

 3   10分11秒 141 153

 4(0.8km) 4分04秒 146 158

計 7km 37分27秒 135(77%) 158(90%)

   

        (計 1729字)

| | コメント (0)

Yahooで迷惑メール扱いされてた「リンクされている Google アカウントのセキュリティ通知」、偽物でなく本物

さっき、このブログ(ニフティのココログの一つ)にログインしようとしたら、「ただいま混み合っています」とか表示されてしまった。昔はよくあったけど、最近としては珍しいエラー表示。

           

もう一度試すと、管理ページに入れたけど、先日ちょっとしたリニューアルがあったばかりだし、早めに今日の分の記事をアップしとこう。

  

偶然の一致かも知れないけど、最近どうも周囲がざわついてるのだ。リニューアルした途端、人気ブログランキングの順位が大幅に変化したし、アクセス数の急減が止まらないし(時々、数分~15分くらい検索アクセスが停止してる感じ)、Yahoo!からは個人情報関連の連絡メールが増えてる。

  

おまけに昨日は、仕事で不愉快な事があって、いまだにモヤモヤ激怒中。これは全然関係ない話かも♪

    

   

     ☆     ☆     ☆

さて、無料で加入したYahoo!メールはいつの間にか、有料契約(サブスク)になってるけど、正直あんまし使ってない。アマゾンプライムみたいなものか♪ まあ、一応安定してるアカウントだし、今さら止める気にもなりにくい。ニフティのメールもサービス全体も、ちょっと不安だし。

  

で、先日、久々にヤフーのメールをiPadでチェックすると、大量に溜まった迷惑メールの中に4通、ビミョーに怪しげな通知が来てた。その内、2通は送信元が明らかに変だから、すぐ完全に削除。

     

200903a-co

     

ところが、3通目がビミョーだったのだ。「リンクされている Google アカウントのセキュリティ通知」。From を見ると、Google から来たとされてるし、発信元のアドレス(URL)、「accounts.google.com」も本物に見える。?マークで説明を読んでも役に立たず(いつものように♪)。

     

何となく高性能っぽいYahoo!のフィルターが迷惑メール扱いしてるし、すぐクリックとかタップする気にはなれないけど、本当のセキュリティ通知の可能性もある。開封するのもリスク、開封しないのもリスク。

   

やや広い意味での、ダブル・バインド(二重拘束)か。ディレンマ(両刀論法)との違いはまた、今後の研究課題としよう♪ また先延ばしか!

  

   

     ☆     ☆     ☆

とにかく、iPadだと、微妙な操作や複雑な操作をしにくいから、端末をパソコンに変更して再度チャレンジ。

  

200903b-co

  

件名で検索すると、明らかなスパムという感じの検索結果にはならなかった。そこで次に、メールの詳細ヘッダーを調べると、Return-Path(リターン・パス:戻る道、経路)の所は、「・・・@gaia.bounces.google.com」となってる。

  

ガイア・バウンシズ。地球(の女神)の跳ね返り?(笑)。見た途端、グーグルのふりをしたフェイクかと思って、またメールを完全削除したくなった。

    

そこをグッと我慢して、また検索してみると、ハッキリした情報は見当たらなかったけど、やっぱり必ずしもスパム扱いにはなってない。文面やロゴ、デザインも、本当っぽい気がする。

   

200903c

  

あなたの Google アカウントに新しい Apple iPad デバイスからのログインがありました。本人によるログインであるかを確認するために、このメールをお送りしています。」、「アクティビティを確認」。

   

  

     ☆     ☆     ☆

私のiPad Proは、「新しい・・デバイス」ではないけど、文章は日本語としておかしくない。

   

放置してただけで、もともと8月に届いてたメールだから、もし大量スパムなら、もっとネットで批判や警告が流れてると思う。

  

「アクティビティを確認」の青いバナーに矢印(ポインター)を当てると、表示されたリンク先は「https://accounts.google.com/AccountChooser?Email=・・・・・・」

    

過去の経験上、これは本物のお知らせだろうと判断。気合いでクリックすると、Yahoo!からも警告 (^^ゞ 「ご確認ください! あなたがアクセスしようとしている下記のリンク先は Yahoo! JAPAN のサイトではありません。IDやパスワードを要求するサイトにご注意ください」。

  

200903g-co

  

念のため、ここでもURLを確認した後、先頭は「https」で「s」付きだし、ひるまずにクリックで前進。

   

   

     ☆     ☆     ☆

すると、「本人であることの確認」。フィッシング詐欺か? 入力には注意しようと思いつつ、次へをクリックして、gmailのパスワードだけ入力。

    

200903d

  

すると、「本人確認が完了しました」。「お使いのアカウントの保護を目的としています」。いやぁ、偽物との区別が難しくて、むしろ余計に怖いんだけど (^^ゞ

    

200903e

  

この後、どうしたか覚えてないけど、「セキュリティ診断を受ける」をクリックしたのかな? 報告が出て来た。「Apple iPad での新しいログイン」。

  

このアクティビティに心当たりがあるという回答をすでにいただいています」というのは、今行ったばかりの操作のことかね。別に、「心当たりがある」とは回答してないけど♪ あぁ、英語の翻訳の問題もあるのかも。

   

200903f

   

   

     ☆     ☆     ☆

というわけで、いま一つスッキリしないまま、問題は一応解決。ちなみに、ビミョーな迷惑メールの4通目は、「あなたの AppleID はリセットされ、一時的にロックされています」という件名。

  

これはよくあるスパムだし、本文も日本語になってない変な文章だから、あっさり削除。そもそも件名の最初に「警報」なんて大げさなことを書いてる時点で、逆に怪しい♪ 元の英語(?)は、alarm なのか、alert なのか、あるいは warning なのか。

  

とにかく、デジタルの世界はややこしくて疲れるのであった。それでも離れられない世界的なデジタル依存症、恐るべし。それでは今日はこの辺で。。☆彡

   

         (計 2340字)

| | コメント (0)

コロナのテレワークで話題のZoom、ようやくアカウント作成、サインアップ(登録)成功

「今ごろ、ズーム?」って突っ込み、どうもどうも♪ もちろん、職場では春から勧誘が来てたけど、自分の動画をネットに上げることに抵抗感が強かったから、丁重にお断り。

   

人事の評価が大幅に下がったかも。「協調性、社交性に欠ける」、「新しいチャレンジを回避」、「ICTに消極的」(笑)

  

いや、別に絶対イヤってこともない。ただ、ZOOMなんてものが日本で一般に話題になり始めたのは、コロナが一気に拡がった3月から。どうせ最初はゴタゴタで混乱するだろうし、こっちもテレワークで色々忙しいから、しばらく様子見したってこと。

  

結果的に、正解だった。リアルタイム動画なしでも十分大変だったから、これでZoomとか、マイクロソフトのTeamsとか始めてたら、悲惨なことになってたはず。

  

じゃあ、どうして始めたかっていうと、気分転換に無料オンラインツアーを体験しようとしたら、Zoomが必要だったから(笑)。遊びか! まあ、どうせ仕事でも、近いうちに強制的に使わせられることになるんだろうし。テレビ電話としても、Skype(スカイプ)とかよりいいとかいうウワサもある。

  

   

     ☆     ☆     ☆

ところで、zoomというと、こんなアプリやサービスより遥か昔から、日本の自動車会社MAZDA(マツダ)のキャッチフレーズになってる。

  

「zoom-zoom-zoom」。子どもの英語で、車遊びをする時にブーブーと言うような言葉らしい。子どもの頃の、動くことに対する憧れや、夢中になった感じを強調する言葉。調べてみると、2001年の第35回東京モーターショー辺りから使ってるらしい。

  

「米国のzoomは、マツダのズーム・ズーム・ズームとは関係ない」と書こうとして、念のために英語版ウィキペディアその他で調べたら、実はかなり中国との関係があるし、マツダのブランドメッセージとも関係あるのだ。

  

200809l

 

この子ども向けの絵本が社名の由来らしい。サッチャー・ハード(Thacher Hurd)作、『ZOOM CITY』。amazonより。子どもが世界を動き回るイメージだから、マツダと同じ発想。60ヘェ~~くらいか♪ 個人の様子をビデオカメラでズームアップするなんていう、平凡な意味ではない。

    

犬というより、ワンコ2匹が可愛いね。運転もナンバープレートも道路交通法違反だけど(笑)

    

   

     ☆     ☆     ☆

・・・って感じの話なら、山ほどあるIT系まとめサイトにもまだ書いてないはず♪ これがマニアック・ブログというもの。ここからは、まとめサイトとちょっと似てる話になってしまうけど、単なるまとめじゃなくて個人的な感想を中心にしよう。

   

200809a

  

まず、App Storeで検索すると、zoomという名前のアプリはかなり多い。ただ、一番最初に載ってて、一番インストール者数が多いものを選ぶと、ZOOM Cloud Meetingsになる。こんな所にも、複数形の「s」。

  

いきなり英文で、画像の下の説明も英文だらけ。まあ、のべ10万人のほとんどが読んでないだろうけど♪ っていうか、まだ10万人しかいないのか。企業や学校が中心だからかね? 評価は4.5。やたら高い数字が、逆に心配かも。

     

ちなみにzoomの利用者数とか登録者数を調べると、正確な情報は見当たらない。基本的にはまだ非公開だから、あんまし多くないんだろうね。

     

その代わりに、色んなミーティングのユーザー数の合計(重複を含むから人数が多い)を春に発表。批判を受けて訂正に追い込まれたらしい♪ まあ、気持ちは分かるけど、単純なミスとかいう言い訳はちょっと恥ずかしい。正直に、「人数を多く見せようとしてしまい、申し訳ございません」とか言う方が潔い・・と思うのは、日本の一般市民の感覚にすぎないのかも。

  

  

    ☆     ☆     ☆

200809b

  

データはたかが60MBで、あっさりダウンロード成功。ここからの登録が問題。インスタグラムは何回やってもエラーで失敗になった。サインアップとサインインを並べるのは、デザインや語感重視の英語的発想で、日本人の初心者にはやさしくないね。はじめての人の登録と、登録済みの人のログイン、とか書き分ける方が親切。

  

200809c

  

いきなり、「検証のために、誕生日を確認してください 2020/08/09」なんて表示されたから、止めそうになった♪ 年齢確認のために入力してください、とか書く方が分かりやすい。多分みんな、適当に入力してると思う(笑)。他人事か!

   

200809d

  

メールアドレスと名前(名・姓の順)を入れると、メールはすぐ到着。「アクティブなアカウント」ボタンをクリック、またはタップ。

   

このボタンの名前もちょっと変。元の英語を調べると、「Activate your zoom account」とか「Accivate Account」らしい。つまり、正しい日本語訳は、「アカウントをアクティブにする」。機械翻訳の素朴なミスか。

  

  

     ☆     ☆     ☆

200809e

  

学校の代わりにサインアップしていますか?」と聞かれたら、いいえで先に進むようにと、あちこちに書いてる。そうすると、素直で従順なブロガーは、「はい」を選びたくなるけど(笑)、当然、学校関連の情報の入力を要求されるらしいからパス。学校の代わりということにすると、ちょっとメリットもあるらしい、とかいうお話。

    

200809f

  

今回、一番つまづいたのが上の画面。「システムダイアログが表示したら、開くをクリックしてくださいを実行してください」(笑)。かなり精度の低い翻訳ソフトだね。

  

もちろん、適切な日本語訳は、「・・・表示されたら、『開くをクリックしてください』ボタンを押してください」とかだろう。

  

まあ、それはいいとして、ここで何も起きないまま、5分以上待ったけどダメ。Wi-Fiルーターのランプは激しく動いてるから、何かデータをやり取りしてるんだろうけど、ちょっと遅すぎる。ネットで調べても役に立たず。

  

200809g

  

右下にあったAIの仮想アシスタントも役に立たず。普通のヘルプだと、「アクセス数が増加し、大変つながりにくくなっています」とか、「お探しのページが存在しません 英語のみに対応」とか言って来る (^^ゞ じゃあ、英語を表示すればいいのに。

     

200809h

  

  

     ☆     ☆     ☆

そこで、ブラウザの画面はもうあきらめて、アプリの画面でテストのミーティングを試してみた。前の画面の「Zoomクライアント」とは、普通のアプリのことかな? とかにく、私がビデオカメラもマイクも拒否したからなのか、何も映らない♪

     

200809i

  

ホストがまだミーティングに参加していません」と書いてるから、いずれ参加して来るのかと思ってしばらく待ったけど、待ち人、来ず(笑)。正月のおみくじの小吉か! 要するに、自分でホスト(幹事、主催者)の役をやらなきゃ、誰もやってくれないと。

   

200809m

     

200809j

  

そこで改めて、新規ミーティングから、私がホストのマイミーティングを開催する手続きを実行。3人以上で40分の時間制限ね。それ以上なら、有料契約に「今すぐアップグレード」しろってことかな? タイムゾーンの初期設定はやっぱり、米国時間。

   

200809k

  

最後は渋々、iPadの「設定」の「プライバシー」から、カメラとマイクを許可。あぁ、映った、映った。ウチの天井が(笑)。汚れてるわけじゃなくて、天井には照明が当たらないから、暗く写るだけ。

   

   

     ☆     ☆     ☆

本当に使う時には、バーチャル背景設定を使ったり、カメラと顔の距離を遠ざけたりして、キレイに見せたいね。いずれ、自分のスマホとiPadとパソコンで楽しくミーティング実験してみよう♪ 一人遊びか!

      

女性ならフルメイクでオシャレして・・とか、職場のマニュアルにうっかり書くと、セクハラ扱いになるから要注意(笑)。逆に、すっぴん見せて、とかもセクハラになると、先日の朝日新聞に書いてた♪

   

他にも、パワハラ呼ばわりされる例が色々あるから、特に男性や管理職はご用心(笑)。先進諸国の現代社会は、地雷だらけのサバイバル・ゲームなのであった。何とか、生き残るぞ! 

  

なお、今週はいつの間にか大幅に制限字数オーバー、17611字で終了。ではまた来週。。☆彡

   

      (計 3246字)

| | コメント (0)

iPadのSafari、重い「書類とデータ」60GBを削除したい&27度プチジョグ

(6日) JOG 7km,38分41秒,平均心拍137

 消費エネルギー 360kcal(脂肪 79kcal)

    

何じゃ、こりゃ~~~! 久々に松田優作ごっこをやりたくなった♪ 古っ!

   

清水の舞台から飛び降りる覚悟でiPad Proを購入して、早くも4年4ヶ月が経過。この間、毎日使いまくりだけど、大きなトラブルは無いというか、僅かというか。少なくとも、パソコンのWindowsみたいに、OSを再インストールするハメになったことは無いし、貴重なデータが消えたことも無い(自分の些細なうっかりミスは除いて)。

    

正直、2年持てばいいかと思って買ったタブレットだから、この好調さは嬉しい誤算だ。これならいずれ、新しいiPadやMacブック、iPhoneとか買ってもいいなと思ってた。

   

しかし、これはダメだね。データ保存用のストレージ128GBの半分が、無意味なデータで埋められてて、しかもOSを初期状態に回復しないとどうにもできないとかいうウワサもあちこちで見かけた。せめて、それが使えるんならまだしも、全く役に立たないデータで60GB?! そりゃ、変だよ。アップルさん♪ 聞いてない? あっ、そう。

   

   

     ☆     ☆     ☆

200807a

 

気付いたのは、つい先日。iPadのデータをiCloud経由でパソコンに移動すると遅いし、アップルに情報収集されそうだから、最近はUSBコードで直接転送することが多い。

  

で、パソコンのエクスプローラーの画面を見ると、iPadのストレージの容量が表示されるんだけど、どんどん少なくなって、残り10GBくらいまで来てしまった。

  

そりゃ、おかしいだろと思って、「設定」から「iPadストレージ」を調べたら、Safariの所で上のように表示されてる。「書類とデータ」、61GB! 何じゃ、そりゃ?

  

  

     ☆     ☆     ☆

まず自分で消そうと思ったけど、消し方が分からない。Safariを削除して入れ直す方法も分からず。そこでネットを見ると、私ほど溜め込んでる人はほとんど見当たらなかったけど、やっぱり「書類とデータ」の重さは問題となってる。

  

削除や利用が可能な「一時キャッシュ」とも違う何かがどんどん溜まるらしい。特に画像が多いサイトを見ると溜まるとかいうウワサ。なぜ? その蓄積画像がオフラインで見れるわけでもないのに。

      

Webサイトデータやリーディングリスト、履歴を消せとかいう話はあちこちに書かれてるけど、少なくとも私の場合、そんなものは焼け石に水。「履歴とWebサイトデータを削除」のボタンを押す気もせず。量が少な過ぎて、やる気もしない。巨大な「書類とデータ」だけが邪魔なのだ。

   

   

     ☆     ☆     ☆

200807b

   

そこで、自分でインストールしたブラウザのChromeを見ると、「書類とデータ」なんてほとんど溜まってないし、ちゃんと「Appを取り除く」「Appを削除」といったボタンも表示される。これをサファリに付けて欲しいんだけど。

   

単なるネット閲覧用ブラウザとしてなら、Safariの方が使い慣れてるし、特にブックマークや履歴が使いやすい。文字の拡大・縮小機能やデザインも、サファリの方が上。

   

しかし、こうなった以上、もうSafariは使いにくいね。とりあえず、基本的にブラウザはChromeにしてみよう。Chromeならそんな妙な事態は起きないだろうし、いざとなったらアプリごと削除して、入れ直すだけ。それにしてもストレージの半分が不要なゴミ? あり得ないから、それだけ捨てる方法ももうちょっと探してみようか。。

  

  

     ☆     ☆     ☆

一方、今週の私は、お盆休み前の仕事に追われてる所。一昨日も夜中までズーーッと仕事してたから、走りたかったのに走れず。昨日も夜中までズーッと仕事してたけど、流石に3日連続でサボるわけにはいかないから、7kmだけ走って来た。

   

実は今、仕事以外にも走しにくい事情がある。走ると、足の虫刺されがシューズとこすれてメチャクチャ痒いのだ (^^ゞ モスキンパッチと厚手のランニング用ソックスを使っても、やっぱり痒い。・・とか思ってたら、昨夜は走り出した途端にまた何か変な虫にふくらはぎを刺されて、一旦、止まったほど。蚊・ダニ・ノミ・ブヨではないから、話題の「ヌカカ」とか?♪

    

とにかく痒いし、梅雨明けで昨夜は気温が27度もあったから、僅か7kmのジョグでも汗ビッショリ。帰宅後にiPadをいじってたら、画面に汗がボトボト落ち続けて困ったほど。エアコンを30度設定にしてるからかね?(笑)。いや、電気代がもったいないんじゃなくて、身体の健康のため。あと、エアコンに負荷をかけて壊れたら悲惨な夏になるから。

   

結局、トータルでは1km5分32秒ペース。2日休んだ直後なのに、脚も重くて、ダメな走りだった。湿度77%、風速2.5mくらいじゃ、気温の高さはカバーできず。心拍計は久々に最初の5分、まったく反応しなかったから、補正した。ちゃんとセンサーは濡らしてたんだけどね。

  

あ~、まだしばらく仕事が終わらない・・とかボヤキつつ、それでは今日はこの辺で。。☆彡

   

   

     時間  平均心拍  最大

往路(1.2 km) 7分15秒 116 131

LAP 1(2.2) 12分51秒 134 142

 2    11分21秒 144 155

復路(1.4) 7分14秒 148 158

計 7km 38分41秒 137(78%) 158(90%)

   

      (計 2169字)

| | コメント (0)

画像付きリツイートで著作権・著作人格権の侵害が問われる(最高裁判決)&プチジョグ

(22日)JOG 7km,38分24秒,平均心拍133

消費エネルギー 353kcal(脂肪 88kcal)

   

やっぱり4連休の人が多いんだね。昨日からアクセス数が一気に減ってる (^^ゞ 5連休ってことなのか、あるいは、準備とか下調べで忙しいのか。

  

私は出張前で、今日も明日も休みじゃないのだ。それどころか、寝不足で免疫力が大幅に低下中(単なる想像と実感♪)。今さらコロナウイルスごときに負けてる場合じゃないから、「気合い」抗体を大量に分泌しよう♪ 悪しき精神主義か!

   

   

    ☆     ☆     ☆

さて、毎日更新ブロガーは常に、デジタル情報、ネット状況に目を光らせてる。例えばウチが15年前にスタートした頃は、新聞、ネット、テレビ、ブログなどのメディアの画像を転載することは基本的に避けてた。

  

ところが、伝統的マスメディアでさえ、よその画像をかなりハッキリ転載する時代になって来たし、YouTubeの海賊版動画でさえ、短いものなら放任されることも多くなった。

   

それなら、全く非営利の個人ブログが、出典を明記してリンクも付けた上で、十分小さな縮小コピペを関連記事に載せるくらいは許容範囲だろう。そう考えるようになって来たのだ。

   

例えば、下の朝日新聞(20年7月22日・朝刊)の記事とかなら、公益性も十分ある。デジタル版の記事へのリンクも付けとこう。筆者は阿部峻介記者。ネットでここまで配慮した引用は非常に少ないのが現実。

      

200723a

   

   

     ☆     ☆     ☆

ただ、今回のこの最高裁判決はちょっと気になる。他人のツイートをリツイートする時に、ツイッターの仕様によって自動的に「転載厳禁」という文字と著作者名の部分がカットされてると、権利侵害で責任を問われるというのだ。とりあえずは、アカウントの投稿者のメールアドレスの開示を命令。リツイートでは著作権は問われず、「著作者人格権」の侵害とのこと。

      

200723b

  

私はもともと、興味深いツイートが、よそのサイトやツイッターに転載されてるのを見た時には、基本的に元のツイートを見るように心がけてる。ちょっと面倒だけど、習慣とネットリテラシーの問題。

  

そもそも綺麗すぎる画像や有料の素材には近づかない。特に、相手がプロの個人の場合、こだわりを持ってる場合が多いので、見るだけに留めるのが無難だ。明らかに拡散を許容してる場合を除けば。

   

権利問題とは無関係に、ツイッターの写真を見る時には、やっぱり一度クリック、タップした方がいい場合が多い。自動的にトリミング(部分カット)されて表示されてる画像と、クリックやタップで見れる画像との差はかなり大きいのだ。自動で正方形にカットしてあるインスタグラムの写真でも、もちろん、その違いはあるけど、ツイッターの方が差が大きいと思う。

       

ちなみに私自身が個人的な画像を載せる時は、そもそも大きい画像は(ほとんど)載せないので、クリックやタップを要求することはない。ただ、今後は試しにサムネイル(小さい紹介画像)も入れるかも。普通の画像でも、クリックやタップで大きくしようとしてる人が時々いるので。。

   

   

     ☆     ☆     ☆

とにかく時間がないので、・・・っていうか、今も仕事中なので(コラッ!)、早くもその話は終了。最後に昨日の走りについて。

  

また、夜中まで仕事に追われてたから、サボろうかな・・とか思いつつ、雨が止んだ一瞬をついて公園へ。とにかく蒸し暑くて、全然さわやかじゃない走りだけど、最低限の7kmだけジョグ。7kmをほぼ毎日走ると、月間200kmになるから、これが一つの基準になってるわけ。でも、今月はもう苦しいな。。

  

トータルでは1km5分29秒ペース。これも、5分半という基準を無理やりクリアした数字♪ 最後だけ、時計を見ながら飛ばすことになるから、急激に心拍が上がる。で、心停止でブログ更新も停止と(笑)。オイオイ!

  

気温24.5度、湿度99%(!)、風速2m。たぶん、本当は湿度100%だと思う。公園の緑が雨を溜め込んでるから、異常なムシムシ感だった。だからこそ、心拍計は完全に正常に作動。あぁ、「就職が決まっ」たわけじゃないけど、髪を切~~って来なきゃ♪・・とか思いつつ、ではまた明日。。☆彡

   

       

     時間  平均心拍  最大

往路(1.2 km) 7分15秒 117 133

LAP 1(2.2) 12分38秒 129 140

 2    11分25秒 141 153

復路(1.4) 7分05秒 148 159

計 7km 38分24秒 133(76%) 159(91%)

   

      (計 1822字)

| | コメント (0)

iPadでのkindleアプリのクラッシュ、回避する方法&プチジョグ

(16日)JOG 7km,38分36秒,平均心拍132

消費エネルギー 333kcal(脂肪 97kcal)

       

あまりの忙しさで、Amazonの「サブスク」(有料の期間契約)はほとんど使わないまま。お金だけ自動的に支払い続けてる (^^ゞ 日経だけでも、無料期間中に無理やり解約しといて良かったね♪ どうせ読むヒマは無かった。

     

アマゾンはもう、これまで無料お試しとか格安期間とかで得してた分は、吹っ飛んでるはず。見事に釣られてしまったか。多分、世界中でこんなおいしい契約者が大勢いるから、アマゾンとかネットフリックスは好調なんだろうね。

   

アマゾン・プライムは丸4ヶ月間くらい、何も使ってない。キンドル・アンリミテッド(電子書籍読み放題)はたま~に使ってるけど、元は取れてないはず。特にここ1ヶ月は、ほとんど使ってなかった。

   

   

     ☆     ☆     ☆

そこで、一瞬だけヒマが出来た金曜の夜、久々にiPad Proのkindleアプリを起動したら、数秒でグシャッと消えてしまう。まさに、クラッシュ。砕け散るような強制終了が続いて、アプリを終了して立ち上げ直しても、iPad全体を再起動してもダメ。ちなみに私のOSは、iPad OS 13.5.1。

      

珍しいっていうか、こんなトラブルは過去4年ちょっとでほとんど覚えがない。端末の「設定」を見ても役に立たないから、App Storeでアプリのページを見ると、やっはり最近、クレームがかなり書き込まれてる。1ヶ月くらい前の(?)アップデートで障害が発生したようだ。その後、またアップデートしたけど直らず。

     

Wi-Fi接続なしで、既にダウンロード済の書籍を見るだけなら大丈夫だから、あきらめて後はもう、kindle cloud reader(ブラウザで閲覧するクラウド・システム)にしようかと思った。

   

ところが、たまたまトラブル対策を発見したのだ。まあ、どの程度、一般性のある方法なのか分からないけど、私の場合はこうやればWi-Fiも使えた。

  

 ① Wi-Fiをオフにした状態で、iPadを再起動。

 ② オフのまま、kindleを立ち上げて、ライブラリ(保存場所)のページに進む。

 ③ 少し様子見した後、Wi-Fiをオンに。

  

これで、新規のダウンロードも出来た。7分くらい使うと、またクラッシュしたけど、もうダウンロードは済んでるから、WiFiをオフにして使えばOK♪

  

  

    ☆     ☆     ☆

要するに、アプリを立ち上げてすぐワイファイに自動接続する際に、何か問題が発生してるらしい。ホーム(?)画面の左上、鐘のマークに赤いマークが付いたら、もうダメ。お知らせかお勧め情報の自動ダウンロードが原因かな?

    

まあ、既に開発元もバグ修正に取り組んでると思うから、すぐ直るかも知れないけど、こんなトラブル回避もあるらしいってこと。アプリの削除&再インストールなんて、やらなくて良かった。コンテンツのダウンロードも面倒だし、それでも直らないっていう報告もあったし。

       

ちなみにキンドル・クラウドリーダーは、ページをめくる度に情報にアクセスしてるみたいだから、使い心地は良くない。あくまであれは、非常手段だろう。端末のストレージが一杯に近い時なら、いいね。

   

   

   ☆     ☆     ☆

一方、昨日・・じゃなくて一昨日は、深夜まで仕事に追われてたけど、途中で気分転換も兼ねて、7kmだけ軽くジョギングして来た。雨が途切れた瞬間に走り出して、終盤はまた雨。ただ、身体が温まってるから、むしろシャワーみたいで気持ち良かった♪

   

前日と前々日にチョコッと真面目に走った後だったから、トータルでは1km5分31秒ペース。狙いより、1秒オーバーか(細かっ・・)。気温19.5度、湿度90%、風速2m。心拍はほぼ補正なしで、最大値の異常な値を削っただけ。

  

あぁ、寝不足をガマンして起きてると、ついお菓子をバリボリ食べちゃうから、もう寝よっと♪ 子どもか! いや、子どもは大袋の一気食いなんて出来ないでしょ(笑)。っていうか、たまにそれをやって、母親に怒られてたのであった。そう言えば、父親に怒られた記憶はほとんど無いな・・とか、思い出に浸りつつ、ではまた明日。。☆彡

   

      

     時間  平均心拍  最大

往路(1.2 km) 7分00秒 119 133

LAP 1(2.2) 12分28秒 128 141

 2    11分50秒 138 150

復路(1.4) 7分18秒 141 156

計 7km 38分36秒 132(75%) 156(89%)

   

        (計 1810字)

| | コメント (0)

誹謗・中傷・暴言コメント問題、ブロガーの実状と感想&湿度99%ジョグ

(26日)JOG 11km,1時間00分15秒,平均心拍138

消費エネルギー 565kcal(脂肪141kcal)

   

今日まで全く触れてなかったけど、『テラスハウス』事件のニュース記事は最初から気になってて、全体の8割は読んでると思うし、ご本人のツイッターもちょっと拝見。痛々しい赤い写真が、目に焼き付いてる。インスタはほとんど見れなかったけど、女子プロレスラーとしての活躍を伝える記事もいくつか読んだし、ウィキペディアも目を通した。

    

・・・と書いた所で初めて気付いたけど、そう言えば肝心の(?)ツイッターの過激な返信コメントを全く読んでない。別に今回に限らず、誰かのツイッターを見る時、返信まで読むことはほとんどないのだ。

    

ツイッターの場合、興味深い返信があれば、アカウントの持主本人がリツイートやコメントで紹介してるから、わざわざこちらで意識的に読む必要がないっていう事情もある。ただ、無意識の内に不快なものを避けた面もあるかも。

   

   

     ☆     ☆     ☆

まあでも、各種の記事から、木村花がどんな事を言われたのかは十分想像できる。親の国籍に対する差別発言も少なくなかったはず。たぶん、番組の視聴者の年齢層が低いというのも関係してるんだろうと思う。抑制する力がまだ弱いから、ストレートに悪意をぶつけて来る。

                 

そもそも、ある程度以上の年代の大人なら、SNSでの異常な攻撃は自分に跳ね返ってくる可能性が高いことくらい分かってるだろう。下手すると、何万倍にもなって。実際、今回攻撃をしかけたアカウントは続々と消えたと言われてるし、それだけで済まない恐れもある。掲示板経由でも、やり過ぎると訴訟で素性も暴かれてしまう。実際、少し前に話題になってた。

    

ウチはブログだし、去年春のシステム変更による障害でほとんどコメントが入らなくなってるから、最近は感じの悪いコメントはほとんど見てない。調べる気にもならないけど、去年の夏だったか。某ジャニーズ・タレントの女性ファンらしき読者が一言、名無しで、「ヒマですね」とだけ書き込んで来たのを覚えてる程度か。

   

このタレントのファンがこんな感じの悪いコメントを書いて来たのは初めてのことで、私は激怒した。ただ、暴言というほどのものでもないし、事情はすぐ分かったから、少しは納得できる。

    

要するに、たまたまその頃、その記事が検索サイトの上位にランクされたようで、軽いノリの検索が増えてたのだ。そこへ突然、妙にマニアックな記事が出てきたら、何これ?って感じで捨て台詞の一つも吐きたくなるだろう。

  

・・・と落ち着いて考えるのが大人というもの♪ ただ、そんな冷静な態度でいられるのは、数も程度も大した事ないからだろう。今回の彼女みたいな悲惨な状況になったら、心穏やかではいられないはず。

   

まして彼女は22歳の若さで、もともと気分の波も大きめだったとか言われてる。しかし、テラハ出演もSNSも止めて、プロレスに専念するって選択肢はなかったのかね。契約の問題もあるのかな。猫だけ助けたって話が、涙を誘う。自分も一緒に逃げれば良かったのに。。

   

      

     ☆     ☆     ☆

15年近く毎日更新してるウチのブログで過去、誹謗中傷とか意図的な攻撃みたいな感じの悪質なものはほとんど無い。全部で数コくらいか。

        

ただ、暴言といえる程度のコメントなら、1年平均で4コ~5コくらい。計70個くらいは入ってると思う。大体、数ヶ月に1コで、ほとんどは単発で終わるから、何とかガマンできてる。途中までは、コメント欄で言い返すことも多かったけど、それを相手が読むことはほとんど無かった(推定)。捨て台詞を1回書き込んで、すぐ消えるだけ。

   

そんな中でも、いまだに思い出すだけで頭に血が上るコメントがいくつかある。圧倒的に激怒した最悪コメントは、おそらく、小学生か中学生が書き込んだもので、あまりに幼すぎて最初は意味が分からなかったほど。しばらくジッと見て、ようやく最大級の侮辱だと理解。

      

5年ほど経った今でも、凄まじく腹が立つくらいだから、その時は正直、本気で探し出してやろうかと思った(・・とだけ書いとく)。ところが幸い(?)、それは海外のマイナーな国からのコメントだったから、それで終了。文化の違いも関係してたのかも。ただ、そのコメント1つだけで、その国のイメージはもの凄く悪くなった。

   

   

     ☆     ☆     ☆

何度も書いてるけど、私がドラマや映画をレビューする時、長めで難しめの文章にしてるのは、暴言対策の意味もある。暴言の大部分は、短い感情的な言葉だから、長くて難しめの文章なら、あまり読む気にならないはず。コメント欄は一番下だから、そこまでスクロールするだけでも面倒だ♪ 意味が分かりにくい曖昧な表現も、時々わざと混ぜてる。

      

基本的に今、大勢の人が求めるのは、短くて簡単で早いものだ。その極みがツイッターとインスタ。反射的に書いて、一目で見れるもの。

    

それ自体は別にいいけど、不特定多数のやり取りまで極端に軽いノリになってるのは微妙な問題で、今話題のクソリプ防止もいいけど、そもそもSNSをやらないという判断や選択がもっとあっていい。私自身、ツイッターは非公開のまま遊んでるだけ。特にタレントの場合、事務所やマネージャーがもうちょっとコントロールできないものかね?

   

   

     ☆     ☆     ☆

とにかく、こうした残念な事件を目にする度に思うのは、政治家の強靭さ♪ 特に、ハッキリ言って、首相とか大統領に対する暴言は今回の比じゃない。

    

何億倍、何兆倍もの誹謗中傷、罵詈雑言が、あらゆるメディアを通じて、何年間も公然と大合唱で続くのだ。まるで自らを正義の批判だと思い込んでるような素振りで、延々と続ける集団イジメ。

     

その中で、新型コロナウイルスにも負けず、ロクに睡眠も取れず、大変な仕事をやり続ける。恐るべきたくましさだなと本気で感心する。変な話、損得だけだと、全くわりに合わない仕事だろう。タレントへの暴言を批判する声ばかりで、政治家への暴言を批判する声は全くないのも妙な話だ。誰もダブル・スタンダード(二重基準)の異常な不均衡に気付かないのかね?

   

話を戻そう。ともあれ今後、あんな化学物質がまた使われることがないよう祈りたい。周囲の被害や警察・消防・医療も大変なはず。あの気体の名前で検索すると、すぐ支援サイトがヒットするのが僅かな救いか。とりあえず、合掌。どうぞ安らかに。。

  

  

    ☆     ☆     ☆

おっと・・、ほんの少し感想を書くだけのつもりだったのに、つい入り込んでしまった (^^ゞ やっぱ、気にしてるんだね。温厚で寛容な私といえども♪ 実はここに貼り付けようかと思って、画像まで用意してたけど、寸前で止めといた。ならぬ堪忍、するが堪忍。

   

というわけで、忍耐力を養うためにも、また11kmだけ走って来た。「RUN」ペースのつもりだったのに、脚が重いし蒸し暑くて、序盤からさっぱりダメ。ジョギングさえ途中で止めて、歩きたくなったほどで、トータルでは1km5分29秒ペース。遅っ! 公園はやっぱり、「疎です」になって来た。みんな、古い生活様式に戻りつつあるのだ。

  

気温19.5度、湿度99%、風速1m。湿度のせいなのか、心拍計はほぼ正しい数値だと思うから、補正なし。よし、これでまたブログ更新は追いついたぞ♪ ではまた明日。。☆彡

   

      

往路(2.4km) 13分32秒 127 144

LAP1(2.1) 11分43秒 136 142

 2   11分43秒 141 146

 3(2) 10分56秒 143 149

復路(2.3) 12分22秒 147 155

計11km 1時間00分15秒 138(85%) 155(89%)

  

      (計 3087字)

| | コメント (0)

「ライブ配信」サービスと「LIVE動画」は違うのか?♪&プチラン

(26日) RUN 10km,51分23秒,平均心拍144

消費エネルギー 520kcal(脂肪104kcal)

   

テレビ番組の動画(TVerその他)を除くと、私はあんまし動画というものを見ない。一応、大人気ユーチューバーとかタレントのゲーム実況とか、話題になってるものはたまに見るけど、面白いと思うことが少ないのだ。ハッキリ言って、テレビで天気予報(のお姉さん)を見てる方がいいかも♪(コラッ!)

   

例外としては、数ヶ月に1回くらい見るAbema(アベマ)の将棋中継とか。2年前、天才少年・藤井聡太が29連勝した時のキャプチャー画像を確認すると、左上に小さく「LIVE」と書いてある。「生」放送だから、今時なら「ライブ」とか「LIVE」と表示するのがフツーだろう。NHKプラスも、同時配信のニュースなら「LIVE」と表示してある。

     

200427a

   

この記憶があったから、私は当然、Abema(の業務の一部)も「ライブ配信」サービスだと思ってた。ところが、たまたま見かけたネット調査では、選択肢にも入ってなかったのだ (^^ゞ 専門機関のMMD研究所だから、その世界ではわりとフツーの考えなんだろうけど、エッ?、ライブ配信って何なの?

  

200427b

  

上の選択肢の中で、私が確かに見たことあるのは、ニコニコ生放送、SHOWROOM、FRESH! LIVE。あと、YouTube LIVEも見たような気がする。1分くらいしか見てない本田翼のゲーム実況がそうだったかな? いずれにせよ、将棋以外だと、どれもほとんど見たことない。ちなみにフレッシュ・ライブは数学甲子園だった。

  

        

     ☆     ☆     ☆

それなりに世の中について行ってるつもりだった私は、激しく・・じゃなくて、ちょっと動揺♪ 早速、Googleで検索してみると、「そういえば『ライブ配信』は『動画』と何が違うのか。」というダイアモンドの記事がトップでヒット。

     

200427c

      

執筆者は飯田祐基、株式会社ライバー取締役会長、ファウンダー。人名も社名も顔もまったく知らない (^^ゞ これはヤバイかも。。

  

その記事によると、定義は「PCやスマホから、映像と音声をリアルタイムに、(あまり)遅延なく届けること」。その後、「リアルタイムの相互通信」とか、「ライブ配信の動画との最も大きな違いは、『相互性』があるということです」と書いてる。

  

それなら定義の最後は、「・・・届ける相互通信」とすべきだと思うけど(細かっ・・)、まあ良しとしよう。とにかく相互性がポイント。ライバー(配信者)とユーザーとの間で繰り広げられるリアルタイムのコミュニケーション。

   

  

    ☆     ☆     ☆   

そう言えば、石原さとみの彼氏・前田裕二が創ったショールームでは、配信者のジャニーズ・キャラに対して、視聴者のファンから続々とギフト(贈り物のイラスト映像)が投げ込まれてた。ジャニーズもそれに直ちに反応(ほとんど似たような言葉の反復だけど♪)。 

   

でも、それを言うなら、ニコニコ生放送と似たようなコメント機能はアベマだってある。私はほとんど消して見てるけど♪ ほんじゃ、アベマのLIVE動画だって、「ライブ配信」じゃないの?

   

英語だとおそらく、「live streaming」が近い表現だと思うけど、それに対応する日本語のウィキペディアの項目名は「ライブ動画配信サービス」で、そこにはアベマも入ってる。

  

ということは、「ライブ配信」と「ライブ動画配信」はちょっと違うサービスなの?(^^ゞ IT業界の言葉遣いについてくのは疲れるわ。まあ、「面倒くさいからテレビの生放送だけでいいや」とか書いたりすると、時代に落ちこぼれ扱いになるんだろうから、書かないことにしよう♪ 書いとるわ!

  

薄々感じてたけど、ホントに落ちこぼれだったのか。「彰、ショック!」(笑)。野ブタか! いまだにブログなんてやってる旧人類、ガックシ。。_| ̄|○

   

   

     ☆     ☆     ☆

気を取り直して、最後は時代を問わず続けられてるスポーツ、ランニングについて一言だけ。

 

昨日は、ドラマレビューでドッと疲れた後、用事に追われて走る時間が無かったけど、2日連続で休むと免疫力が落ちそうだから、新型コロナ対策として10kmだけ軽く走って来た。正直、お散歩気分♪

   

ただ、6日連続で走った後、1日休むとちょっと脚が回復してて、その気になればかなりスピード出せたかも。なれよ!(笑) いや、帰宅後にまた面倒な用事があったから、体力・気力を温存。トータルでは1km5分08秒ペース。暑かったわりにはボチボチかな。気温15度、湿度70%、風速2.5m。上はもう1枚しか着てない。

   

心拍計は相変わらず低めになってたから、プラス6で補正した。それにしても今年の春はにわか雨が多くて走りにくいな・・とか思いつつ、ではまた。。☆彡

   

      

往路(2.4km) 13分11秒 137 149

LAP1(2.1)10分57秒 144 150

 2   10分41秒 149 158

復路(3.3) 16分35秒 147 160

計 10km 51分23秒 144(82%) 160(90%)

   

      (計 2042字)

| | コメント (0)

日赤医療センター(東京)の医師をかたるチェーンメール、見分ける方法&プチラン

(14日) RUN 12km,58分34秒,平均心拍152

消費エネルギー620kcal(脂肪99kcal)

   

この話は身内が関係することでもあるから、ブログには書かないつもりだった。でも、今もまた熊本県副知事が謝罪したとかいうニュースが出てるし、今後の参考にもなるから、一応書いとこう。

  

日本赤十字医療センターHPにも、トップページに注意が出てる。サーバーに負荷を与えたくないので、あえてリンクは付けないけど、下の画像にはアドレスも入ってるし、私が偽の画像を作ってもマイナスにしかならない。「med」が医療、「jrc」が日本赤十字を表してる。もちろん本物だ。

   

重要 当センター医師を騙(かた)る新型コロナウイルス感染症に関するチェーンメールについて」(4月10日)。

    

200415a

   

   

   ☆     ☆     ☆

他の人に回してくださいとか拡散希望とか書いてある、いわゆる「チェーンメール」というものは、私は一度も送ってないし、あまり受け取ったこともない。それでも全部合わせると、10通近くは来てるかも。

   

その内、ごく親しい友人たちから来たものについては、すぐにおかしいことを見破って、ネット検索でチェーンメールだと確認。その友人たちに軽く注意した。悪気はないし実害もそれほどないと思うけど、社会を混乱させる偽情報であって、社会人が回すものではない。友人たちもすぐ認めて、素直に謝って来た。

    

今でもハッキリ覚えてるのは9年前、3.11東日本大震災の時。複数のチェーンメールが来たけど、そもそも社会が大混乱してる時にチェーンメールを回すこと自体が不自然だし、内容的にもおかしかった。それでも、念のためにネットで根拠を確認して、思った通り偽メールだなと確信した。まず、すぐ変だと気付くこと。そして、調べること。この2段構えが基本。

   

   

    ☆     ☆     ☆

では具体的に、私が今回受け取ったメールのどこがどう変だったのか。

   

もちろん、「拡散希望」というだけでもおかしいし、SNS全盛の今どき、メールを回すという発想もやや不自然。しかし、他にも色々あった。

   

まず、ドクターからと書いてるのに、ドクターの名前がない。本物の緊急メールを大病院の医師が回すのなら、名前と所属・部署、メールアドレスくらい書くだろう。あと、電話番号、専門など。

   

諸事情で書けないのなら、せめて名前の頭文字だけとか。それさえ書けないのなら、もはや拡散させる内容ではなくて、内部告発の専用窓口とか、新聞社、雑誌社に送るべき内容だ。病院内にも窓口はあるだろうし、病院外にもあるはず。私の職場にももちろんある。

      

次に、メールの中に目新しい内容がほとんど無い。NHKテレビのニュースで普通に毎日伝えてるような内容に、感情的な言葉を少し加えた文面だから、誰でも書けてしまう。具体性も足りないし、わざわざ一般に拡散する意味もよく分からない。例えば、何らかの医療器具が足りないのなら、一般人の間で情報を拡散するのではなく、医療の世界の内部で回すべきだろう。

  

そしてメールの末尾。「このメッセージを出来る限りの家族や友人にシェアしてください。時間がもうありません。よろしくお願いします」。時間がもうないと言いつつ、いつ送信したのか、日付けや時刻さえ書かれてないのだ。タイムリミットの記載もなし。大勢に拡散するには数日~2週間くらいの時間がかかるから、元の日時がいつなのかは重要な情報。

   

というわけで、あまりに明らかなチェーンメールだから私は調べることさえせずにスルーした。その後、ニュースで何度か出てたから、ホラ、やっぱり・・という感じだ。

  

ただし、災害時には、本物の重要な拡散希望メッセージもあるから、それは見逃してはいけない。例えば台風や河川の氾濫の時、ごく一部の家が孤立して見捨てられてしまうことは実際ある。その場合は、本当に命がけの緊急事態だから、ツイートにせよメール・LINEにせよ、具体的に日時や写真などが付いてるはず。何事にも例外はあるので、念のため。。

  

  

    ☆     ☆     ☆

最後に一言、昨日の走りについて。最低でも14km走る予定だったのに、急に予想外の用事が入って、12kmが精一杯(細かっ・・)。12kmなら、飛ばせば1時間以内で終わるから、気分的にも時間的にもラクなのだ。

  

公園に行くと、やっぱり普段とは違う皆さんがいらっしゃるから、ある意味、微かな連帯感を味わえる。全く知らない者同士でも、コロナ自粛の中、ちょっとでも身体を動かそうと思って公園に集まってると。ひょっとすると、人が少ない時間帯を選んで。

   

抜く時には数mの距離を空けるから、ちょっと遠回りになるけど、加速・減速のリズムとメリハリは生まれる。やる気がなかったわりにはスピードが出て、トータルでは1km4分53秒ペースで終了。3周目だけなら1km4分40秒。ちょっと膝を痛めたかも (^^ゞ

      

気温10度、湿度40%、風速3m。心拍計は最初と最後だけ動かなくて、後はほぼ正常だった。新年度の仕事が本格的に忙しくなって来て、ちょっとピリピリしてる中、今日は早くもこの辺で。。☆彡

   

      

往路(2.4km) 12分51秒 137 149

LAP1(2.1)10分13秒 152 159

 2   10分10秒 157 162

 3    9分58秒 158 168

復路(3.2) 15分22秒 154 166

計 12km 58分34秒 152(87%) 168(96%)

   

      (計 2196字)

| | コメント (0)

日経新聞・電子版、2ヶ月無料の春割に申し込み、はたして解約で脱出できるか♪

今日はまず、常連読者の方々に訂正&お詫びしとこう。トップページ上段に手作業で付けてる記事リンクが1つ間違ってて、まるで突然ブログが閉鎖されたみたいな画面が表示されてた♪

  

200325a

  

これ、他のココログ(ニフティのブログ)が急に削除された時に私も見て来た画面だから、自分でドキッとしてしまった。あれっ、ウチが削除されてしまったのかと♪ まあ、一応データは保存してあるから、たぶん復元できるとは思うけど。

  

200325b

   

上が入力データ(html)で間違ってた箇所。2日前の睡眠不足記事のリンク付けで、URLを入力するべき所が、記事タイトルになってた。間違いを認めて、原因を調査して公表。良いサイトだね♪

   

   

   ☆     ☆     ☆

さて、良いサイトと言えば、ある意味、日本経済新聞HPもいいと思う。財界寄りなのは仕方ないとして、左・右にあまり偏らずバランスが取れてる政治的姿勢がいいし、最新のリアルな経済を具体的にとらえてて、朝日や読売とは全然違う独自路線を貫いてるメディア。

   

だからこそ、最近は聞かなくなってるけど、「社会人になったら日経新聞」なんて言い回しもあった。これ、歴史的にはおそらく、「学生・若者は朝日」とかいう古い考えとコントラスト(対比)をなすものだと思う。

   

朝日の記事は奇妙なほど大学入学試験で使われて来たらしいし、親のスネをかじってる間は、左の革新ポジションから社会・政治批判、学生運動。でも、自分が実社会で金を稼ぐようになったら、変革・反対だけでは通じない。企業や家庭の保守・維持も必要だし、社会の中心を見ようと。『いちご白書をもう一度』の歌詞とも重なる(昭和レトロ♪)。

   

で、平成ブロガーの私としても、そろそろ大人の階段を登る必要があるので(遅っ・・)、日経HPは時々アクセスしてたし、職場で紙の日経新聞を開くこともあった。

   

200325c

      

ところが、日経HPは無料で読める部分が少なくなってるのだ。例えば今現在アクセスランキング5位になってる面白そうな記事「山崎パン株急騰のナゾ 背後にヘッジファンド危機」なんてものを読もうとしても、本文は5行しか読めない。下側に、「電子版の記事が今なら2カ月無料」なんて勧誘広告が表示されてしまう。電子版創刊10周年、営業PRも活発。

  

200325e

         

今までは5行でガマンして来たけど、流石にそろそろ10行は読まないと社会人になれない♪ というわけで、清水の舞台から飛び降りる覚悟で、電子版の無料体験に申し込んだ。釣られてしまったかも。ヤマザキの白いお皿キャンペーンにつられて、皿の代金の何倍ものパンを買うようなものか♪

   

   

    ☆     ☆     ☆

実は以前にも何度か、無料体験を申し込もうとしたことがある。ところが、今までは確か無料期間は1ヶ月だけだったし、必須の入力項目が細か過ぎるから、いつも途中で撤退してたのだ。

   

職業、業種、職種、役職、お勤め先従業員規模、すべて必須。おまけにすぐ下には、任意とはいえ、世帯年収の入力欄まである。普段使ってる朝日新聞デジタルだと、こんな細かい入力は無かった。さすが、人権の朝日。個人情報のやり取りには敏感なのだ。敏感すぎる時もあるけど♪

   

まあでも、丸2ヵ月も無料で読めるのなら、金額にして9000円弱もお得。その程度の個人情報の提供は許容範囲かも。何を書いても、内容の真偽のチェックまではしないだろうし(コラコラ!)。

   

  

     ☆     ☆     ☆

で、遂にクレジットカードの番号まで入力してしまったから、元を取るしかない(まだ無料だけど♪)。直ちに、フツーのアプリと、紙面をそのままの表示形式で見れるビューアーを、両方ダウンロード。

   

AppleのAppStoreで検索すると、ダウンロード数・・じゃなくて評価数の差が2ケタもあるのに驚く。フツーの日経電子版アプリは3.1万で、星4.5個の高評価。ところが紙面ビューアーは僅か501件で、星2.3個の低評価。

  

同じ日経アプリなのに極端な違いがあるのは、紙面ビューアーだけは有料会員専用だからだろう(私みたいな無料体験も含む)。お金を払うと目線が厳しくなるし、そもそも有料契約してまで読むような人は無料契約者より意識が高いはず。

    

朝日のビューアーと比較すると、一長一短というか、朝日に負けてる感はある。日経の短所は、ちょっと重くて遅いし、ダウンロードして丸ごと保存する機能もない点。あと、記事のリンクをタップして他の記事にジャンプすることも出来ない。

(☆追記:その後、保存できたので、朝日と互角。)

  

200325d

   

ただ、朝日に勝ってる点は、1ヶ月前まで読めること。今現在だと、2月25日の分まで閲覧可能。ちょうど新型コロナの感染が世界で本格化して、株価が急落し始めた時期まで読める。あれからまだ1ヶ月なのか。。

   

朝日は2週間だけで、その前の分をダウンロードしてても自動的に削除されてしまう。まあ、通信機能を遮断すれば、昔の分も保存可能だけど、それだと新聞アプリの意味がない。

   

   

     ☆     ☆     ☆

ともかく、2ヶ月間は無料で読ませて頂こう。まあ、朝日も購読してるし、今春はコロナでごたごたしてるし、そんなに日経を読む時間はなさそうだけど。

  

今のところ、無料期間中に解約して逃げる予定だけど、アマゾン・プライムもキンドル読み放題も結局つかまってしまった♪ サブスク(期間ごとの有料使用契約)というものは一般に、使えばそれなりの価値はあるし、解約も面倒になるのだ。案外、ズルズルと本当の有料会員になってしまうのかも。

  

ちなみに例の山崎パンの急騰。ヘッジファンドの不人気株で、空売りのポジションだったのに、コロナによる相場全体の急落で余裕がなくなって、空売りの買い戻し(アンワインド)をしてるとかいうお話。

   

逆に、今までヘッジファンドが買ってた日野自動車とかは売り払うことになるし、もともと相場全体も急落してるから、下がることになる。ただ、下げの方は当たり前のことで、あまり目立つ動きでもない。やっぱり、なぜか上がるから面白いのだ。

  

そう言えば最近、山崎パンは買ってないから、久々に買ってみようか。本物のパンを、100円くらいで♪ それでは今日はこの辺で。。☆彡

   

     (計 2484字)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧