はじめてのメルカリ♪、登録と購入手続きの感想&14km走

RUN 14km,1時間09分36秒,平均心拍148

消費エネルギー713kcal(脂肪135kcal)

  

フーッ・・、心地よい疲れ♪ 時代の最先端を行ってる気分になれて、いいね(笑)。遅っ! いつから始まったんだっけ? どれどれ。ウィキペディアを見ると、2013年か。ってことは、6年遅れの初体験だけど、何か?♪

   

ネットの個人売買というものは、ヤフオクと個人同士の取引を合わせて、今まで7回くらい経験してる(少なっ・・)。イメージ的には、まあまあかな。変な商品が届いたことはないし、やり取りで凄く嫌な思いをしたこともないけど、かなり気を使うし、相手に自分の住所と実名を知られるのが一番気になった。ヤフオクだと落札まで時間もかかるし、値段も上がって行くし。

    

あと、どれも凄く重要なものではなかったから、すぐ使わなくなったのだ (^^ゞ 捨てるのも勿体ないから、放置プレイで単なるお荷物。ちょっと使って終わりのパターンが大部分というか、全部というか♪ 今回はちゃんと使って元を取る予定。まだ商品は届いてないけど。

   

   

    ☆     ☆     ☆

さて、メルカリを使ったキッカケは、単なる偶然♪ 先日、仕事帰りにある商品をお店で見て、その場で買おうとしたんだけど、クレジットカードを持って来てなかった。アマゾンでクレジットカード使った方がポイント還元でお得かな・・とかセコイ事を考えて、買わずに帰宅。いや、お金の問題じゃなくて、ポイント還元をネタにブログ記事を書こうと思ったわけ(笑)

    

で、帰宅後にGoogleで商品検索すると、確か「amazon」と入力したはずなのに、検索結果にメルカリの商品も写真付きで登場。半額以下だったから、試しにクリックして商品の写真を見ると、かなりキレイそうな感じで、売り手の人もいい人みたいだ(単なるイメージ♪)。ブログ記事のネタにもなるし(笑)、清水の舞台から飛び降りる思いで初体験。

    

パソコンでやろうかなと思ったけど、メルカリをPCで使うのもどうかと思って、iPadでアプリをダウンロード。重くて遅い! 本格的ゲームや知識系ならともかく、単なる取引アプリで170MB近くもいるのかね? セキュリティの問題か。かんたん売買フリマアプリ・スマホ決済。評価だけで24万件! ☆(星)4.0コなら、まずまずか。

      

191026b

     

とにかくアプリで登録すると、誕生日や電話番号(SMS認証用)、届け先の住所・氏名は必要だけど、全体的にちょっとゆるい感じはある。アプリのデザインも明らかに若い女性がターゲットの可愛いもので、うるさい注意書きは目立たない。性別は「任意」で、無回答という選択肢も用意されてた。さすがLGBTその他、多様性の共存の時代。

  

191026c

  

   

    ☆     ☆     ☆

登録は簡単に終わって、そのまますぐ取引へ。あらためてメルカリ内で商品検索すると、ずいぶん一杯出て来た。なるほど、やっぱりアレは需要も供給もあるんだね。って言うか、愛用せずに手放す人が多いと♪ ま、私も他人のことを言える立場ではない。

  

一番上に最安値の商品が出て来たけど、ちょっと不満。すでに売り切れ(SOLD OUT)の商品を見ると、遥かに安い値段でも取引されてたから、どうしようかな・・とか思いつつ、結局は最初に見た相手を選択。いい人そうだし、いい商品みたいだから(単なるイメージ♪)。相手の評価やプロフィールは参考にしたけど、情報量は僅か。それより、商品の説明文と写真が決め手。

  

191026d

       

新品の定価(標準小売価格)から6割引き以上の値下げになってた。アマゾンの中古品と比べても、送料込みの値段ならメルカリの方が安い。オークションじゃないから、即決ですぐ購入完了。とりあえず初回は、クレジットは使わずにコンビニ支払いにしといた。手数料100円はいいとして、わざわざすぐにコンビニまで行くのがダルイ。自分の評価に関わるから (^^ゞ

  

191026e

       

購入直後と支払い直後には、相手に取引メッセージを送信。昔のヤフオクだと、チャットみたいな特設ページでやり取りした覚えがあるけど、メルカリはメールみたいな感じだ。

  

191026g

      

定型文が薄いグレーで書き込まれてるから、見ながら書き込もうとすると、入力し始めた瞬間に定型文が消える (^^ゞ そのまま送信ボタンをタップすればいいのかも知れないけど、空(から)メールになる恐れがあるからビミョー。しばらく待つと、相手から返信メッセージが届いた。すべて、アプリのマイページを使用。

   

  

    ☆     ☆     ☆

ちなみにメルカリのアプリ、ログアウトが出来ないらしい。情報を盗まれてる気がするけど、イチイチ削除する気はしない。あと、自分のアイコン画像の入れ方が、ネット情報を参考にしてもなかなか分からなかった。プロフィール編集のページで、名前(ハンドルネーム)や紹介文の辺りをクリックした後、画像をタップ(長押し?)すると、画像挿入用ページが出るような気がする

   

これだけ手間ヒマかけたんだから、せめてあと2、3回は使わないと元が取れないね♪ 要らない物でも無理やり買っちゃおうか(笑)。コラコラ! 自分で売るのは、まだしばらく様子見ってことで。過去にも全く経験がないし。

   

リアルな文化祭で、お客さんの女の子たちにアクセサリーを売って回ったのは面白かった・・って話は、またいずれ♪ とりあえず、らくらくメルカリ便(クロネコヤマトの宅急便)の匿名配送を待つことにしよう。ゆうゆうメルカリ便だと、日本郵便だから色々と細かい部分で違いがあるらしい。初心者は学ぶことだらけだけど、慣れれば速くてカンタンだと思う。

   

191026f

  

  

    ☆     ☆     ☆

最後に一言。今日の走りについて。16km走の予定だったのに、また時間がなくなって14kmが精一杯。おまけに、昨日1日休んだのに調子がイマイチで、1km5分切りはあきらめかけた。そこへ、ちょうどいいスピード(1km4分半)で引っ張ってくれるランナーが登場したから、しばらく追走して時間短縮。ラッキー、ラッキー♪

  

トータルでは1km4分58秒ペース。気温17.5度、湿度85%、風速1mはちょっと蒸し暑く感じた。相変わらず体調はイマイチで、風邪の半歩手前。心拍計は、苦労してセンサーの電池を交換した直後なのに、どうも数値が低く出てる気がするから、ちょっとだけプラス補正。まあ、呼吸が荒いだけで、心臓はあんまし負荷がかかってないのかも。それではまた明日。。☆彡

  

191026a

      

往路(2.4 km) 12分55秒 134 149

LAP 1(2.1) 10分45秒 142 150

 2   10分33秒 149 156

 3   10分25秒 153 159

 4   10分00秒 159 163

復路(3.0) 14分58秒 156 166

計14km 1時間09分36秒 148(82%) 166(92%)

   

      (計 2707字)

| | コメント (0)

Googleアカウント復元の方法、審査時間&体調不良ラン

(22日)RUN 12km,59分25秒,平均心拍148

消費エネルギー623kcal(脂肪112kcal)

     

それにしても、ネットの世界は落ち着きがない。本・雑誌・新聞・書類、紙の世界はフツー、古びていくとか、行方が分からなくなるだけで済む。ところがネットだと、削除・ロック・リニューアルとかで、アクセスが不可能になってしまう。

  

そんな中、意外なほど安定してるのは、ニフティのメール。システム変更は多少あったけど、今までずっと使い続けて来て、大きな問題や不満はない。仕事その他、実名の重要なやり取りは基本的にニフティメールで行ってる。

  

ただ、諸々の事情で他のアカウントを使うことも少なくないし、ハンドルネームを使う時はニフティ以外のメールシステムを使うことがほとんど。そうすると、いろんな問題が生じて来るのだ。

    

今回のトラブルの発端は、昔のgoo無料メールの終了。その後、引っ越し先のexcite無料メールも終了して、さらにgoogleのgmailに引っ越したあたりで、グジャグジャになってしまった (^^ゞ パスワード、用途、複数の名前の使い分けとか。。

   

   

   ☆     ☆     ☆

パスワードを忘れて、探し回るのも面倒だから、放置プレイにしてたグーグル・アカウントが1つあった。私が検索でGoogleにアクセスすると、状況によってはそのアカウント名だけが表示されてたけど、最近それが消えてしまったのだ。

    

アレッ、ついに削除されちゃったの? 一応、仕事関連のメールも入ってるから心配になって、復元手続きを試みた。ブログのネタにもなるし♪ そうゆう理由か!

  

191023i

   

「アカウント復元、このGoogleアカウントで覚えている最後のパスワードを入力してください」。思い出すのがダルイから、とりあえず「別の方法を試す」をクリック。すると、連絡用に登録してある別のメールアカウントに「確認コード」が送信された(らしい・・♪)。

  

191023b

  

ところがその別のアカウントを見ると、たまたま今アクシデントが発生してるからなのか、メールが届いてない。迷惑フォルダにも入ってないから、再びやり直し (^^ゞ

   

 

191023c

   

「本人確認ための追加情報が必要です」。確認「の」ための、だろ!とか、助詞の不足ミスに突っ込んでるヒマはない(笑)。「もう一度試す」。

   

   

    ☆     ☆     ☆

今度は一生懸命、最後のパスワードを思い出して、うろ覚えのまま入力。すると、合ってたのかどうかは表示されずに、アカウント開設の時期を問われた。「作成したのはいつですか?」。

  

191023e2

  

これも、うろ覚えのまま大体の時期を入力。数ヶ月くらいズレてたかも。ただ、何とか合格したようで、連絡先をあらためて質問された。

  

191023f

  

すると、連絡先のアドレスに直ちに「確認コード」が到着。それを入力。

  

191023g

  

これにて、復元手続きはほぼ終了。更新の通知は「3~5営業日以内」とされてたのに、実際はちょうど2日で復元通知が来た。あんまし使ってなかったからかも。後はパスワードを再設定して、ログイン。あった、あった! 元のまま、すべての情報は保存されてた(多分)。

    

まあ、できればサプライズの嬉しいメールとか来てたらもっと良かったけど(笑)。そうゆうのって、やっぱりスパムメールしか無いね♪ 現実はドラマや映画と違って厳しいのであった。ネガティブ・サプライズも無かったから、プラス・マイナスゼロで良しとしとこう。これぞ、小市民の思考パターン。

   

   

    ☆     ☆     ☆

あぁ、これだけ入力しただけで、どっと疲れてしまった。ボーッとしてるから、途中で1回、個人情報を消さないまま画像を掲載してたほど (^^ゞ。あぶない、あぶない。

      

微熱があって、身体(特に頭)が重いのだ。動きが少ないから、体重も重いはず (^^ゞ そんな中でも、刻々と迫る湘南フルマラソン。仕方なく、昨日は12kmだけ走って来た。丸2日休んだ後だから、ホントは16kmとかの予定だったのに。

  

ただ、超久々の鼻呼吸ジョグにしようと思ってたら、意外と足腰は動いて、序盤から自然に「RUN」ペース。ノドや肺の炎症が気になりつつ、口呼吸でハーハーしながら、ボチボチのタイムで帰宅した。珍しく、最初から心拍計が動いてくれたことにも満足。まあ、動くのが当たり前だけど♪

  

  

    ☆     ☆     ☆

スピードが激しく上下する中、トータルでは1km4分57秒ペース。まさかの5分切り!とか喜んでる場合じゃない (^^ゞ 気温14.5度、湿度90%、風速1mの条件は、微熱でちょうどよく感じた。半袖1枚、短パン。

    

珍しく、心拍データの補正はなし。そう言えば、ポラールのサイトへのデータ送信も珍しく一発で成功。いや、本来当たり前だけどネ♪ それでは、また明日。。☆彡

   

       

191023a

      

往路(2.4 km) 12分54秒 132 146

LAP 1(2.1) 10分30秒 149 157

 2   10分27秒 152 158

 3   10分31秒 154 163

復路(3.2) 15分04秒 156 164

計12km 59分25秒 148(82%) 164(91%)

   

       (計 2013字)

| | コメント (0)

ツイッターなど、SNS人口の推移~『レジャー白書』2019

ネット全盛の今、今年も例年通りに出版された大型本、『レジャー白書』2019。まず、日本生産性本部と全国の図書館・公的機関などに感謝しよう♪

   

大量の統計(的な)データが無料でネット公開されてるし、かなり正確な統計調査の細かい数値を追う人も少ない現在、128ページの統計本を7700円(消費税込)で買う個人というのはほとんどいないと思う。10年ほど前には、1.5倍くらいのページ数で、価格は半額くらいだったから、個人が買ってたかも知れないけど、最近はもう、毎年継続が心配になるほど。

   

昔は訪問留置法だった調査方法も、2009年からはインターネット調査に移行。いずれ、2年に1回の隔年調査になっても不思議はないし、仕方ないと思う。

   

   

    ☆     ☆     ☆

というわけで、当サイトではごく一部の数字データだけを引用させて頂いてる。実際の本には、全体を網羅する多数のデータや分析・解説もあるので、念のため。

   

今回は、2012年から調査対象になった、わりと新しい項目、「SNS、ツイッターなどのデジタルコミュニケーション」に着目してみよう。

  

「SNS、ツイッターなど」という書き方はそもそも珍しいと思う。わざわざツイッターだけ別扱いに書いてるということは、SNS=ソーシャル・ネットワーク・サービスの代表を、フェイスブック(facebook)やミクシィ(mixi)と考えてるということか。ブログはたまに旧式SNSとして扱われてるけど、普通はSNSとは別扱いのはず。

            

2019年現在だと、ライン(LINE)を除いて、一番ユーザーが多いSNSはツイッター(twitter)で、次はインスタグラム(instagram)だと思う。ラインは、ごく個人的な狭い空間でのやり取りに使われるメール、チャットとしての側面が強いから、広く社会に情報発信するソーシャルという印象は薄い。ユーチューブ(YouTube)も、動画ポータルサイトの印象が強い。

     

その意味でも、日本で一番ソーシャルなのはツイッターだろう。私自身はブログに専念してるから、ツイッターは非公開のアカウントでごくたまに遊ぶだけ。インスタはちょっと開設したいなと思ってる所だ。一般公開はしないだろうけど、ブログ記事のネタとして♪ ティックトック(TikTok)は、自分でやらないどころか、数本見ただけだ。

   

   

     ☆     ☆     ☆

191019a

   

では、『レジャー白書 2019』の参加人口データを見てみよう。前年である2018年までのデータが掲載されてる(調査は19年1、2月)。1年で1回以上の参加者の数だから、あまりアクティブではないユーザーも多く含まれてるはず。

  

元の数字は以下の通り。12年、2510万人。13年、2230万人。14年、2770万人。15年、2330万人。16年、2280万人。17年、2280万人。18年、2620万人

   

もともと、他の調査データを知ってる人なら、少な過ぎると感じるはず。ネットのあちこちに、それぞれのSNSのユーザーを数千万人とする報告がある。レジャー白書だと合計2000万人台に留まってるから、少なくともLINEやYouTube(閲覧してコメント書き込みとか)は入ってないはず。質問項目の書き方から、ツイッターだけだと誤解した回答者もいたかも。

    

ただ、他の各種調査や情報開示と違って、レジャー白書40年もの歴史を持つ包括的な統計調査。年代や性別にも配慮して集めた3000人規模のデータだから、ちょっと頭に入れる価値はあると思う。例えば、他の場所で書かれてる遥かに多い数字は、何らかの理由で日本社会の実態とあってない可能性がある。1人で複数の端末やアカウントを利用してる場合を重複カウントとしてるとか。

   

   

     ☆     ☆     ☆

なお、性別、年齢別のデータを見ると、女性が少し多めで、年代的には20代~40代が中心。まあ、予想通り、イメージ通りのデータとなってた。

  

2014年の数字が奇妙に多いのは、他のレジャー項目でも見られることで、何か特殊な統計的事情があったのかも(データの集め方、集まり方が少し違ったとか)。ただ、女性のSNS人口がハッキリと増えてるから、日本で2014年に始まったインスタグラムの影響はあったはず。

   

「今でもそうだろうけど(データによってバラツキがある)、当初は圧倒的に女性がメインだったから」と書いたところで、念のために男女別の参加率の推移をみると、むしろ2014年は男性の方が伸びてた (^^ゞ 2018年のSNS人口も急増してることを考えると、むしろサッカーW杯の影響が強いのかも。

    

ともあれ、今日のところはこの辺で。。☆彡

   

      (計 1891字)

| | コメント (2)

Internet Archive、ウチの記事まで保存♪&秋モードのハーフ走

(6日)RUN 21.1km,1時間47分53秒,平均心拍149

消費エネルギー1125kcal(脂肪191kcal)

   

あぁ、世界陸上もいよいよ終わりか。あんまし真面目に見てないけど、結構BGV(バックグラウンド・ビデオ)としてチラ見してた。お祭り人間の哀しい性(さが)なのだ♪ 今この瞬間も音だけ聞いてる所。ブログ書きつつ、ラジオ英語講座を聴きつつ(笑)。ながら族か!(死語)

  

ながらと言えば、私がよくやってるのは、ブログを書きながらアクセス解析をチラ見すること。春のココログのリニューアル以降、コメントがほとんど入らなくなってるから、アクセス解析くらいしか楽しみがないのだ。どこの誰かは知らないけど、世界中からアクセスは入り続けてる。おかげ様で、明け方の4時、5時台でも途絶えることはない。

   

   

    ☆     ☆     ☆

アクセス解析を見るのは、万が一のトラブルに備える意味もある。過去14年間、ネガティブな炎上は一度もないけど、ちょっとだけ危ない雰囲気になったことなら2、3回あった。その内の1回の記事に書いてた内容はその後、全く触れなくなってる (^^ゞ あえて何かは書かないことにしようか。プライベートでは、ネタにして喋ってるけど♪

   

191007b

  

さて、上は昨夜のアクセス数の推移(青がページビュー)。20時台だけ急増してるから、何事かと思ったら、海外から大量アクセスが入ってた。全く読まずにデータ保存だけしてるようなアクセスだったから、Internet Archive(インターネット・アーカイブ=ネットの資料保存所)をチェック。やっぱり昨夜、ウチの記事を収集してくれてた♪ ほとんど誰も使わないだろうけど(笑)

  

191007c

  

本やビデオ、音声も保存されてるけど、一番有名なのはウェブページの保存コーナー、「Wayback Machine」(ウェイバック・マシン)だろう。さかのぼりマシン。いつの間にか、3800億ページ(!)も保存。よくサーバーとかクラウドのお金を払えるもんだね♪ っていうか、よく数えたね。適当な数字かも(笑)。コラコラ!

   

191007d

   

2005年の10月21日から保存してるってことは、本当の初期からってこと。ここ数ヶ月は来なくなってたのに、久々に10月6日に来たらしい。間が空いたのは、リニューアルの悪影響かな?

    

試しに昨日の保存をちょっとだけ見たら、完全にそのまま保存してくれてた。無断転載だけど、小市民ブロガーはちょっと嬉しいのであった。日本の国立国会図書館は、まだほとんどウチを保存してくれてないもんで・・とか書いとくと来てくれるかも(笑)

   

   

    ☆     ☆     ☆

一方、小市民の走りの方は、気温が一時的に下がってくれたおかげでペースアップ。今シーズンのハーフ4本目で、ようやく秋モードの走りになった。

  

最初は足腰がギクシャクしてたけど、気温が低めで風が涼しかったから、全然ラク♪ ごく自然に、1km5分ペースまで上昇。まあ、この程度で「上昇」とか言ってる場合じゃないけど (^^ゞ 心拍はあんまし上昇してない。

    

実は、走る前に、心筋梗塞で倒れた人のニュース記事を読んだから、怖かったわけ♪ ビビラーか! 3分以内にAED使わないとヤバイらしい。たった3分? AEDをリュックに入れて走ろうか(笑)。何kgあるのかね? 小型・軽量で低価格なら、本当に自分で持っててもいいかも。生命保険や医療保険よりは実用的♪

  

  

   ☆     ☆     ☆

で、今シーズンだと一番マシな走りで帰宅。トータルでは1km5分07秒ペース。よく考えるとビミョー。。(^^ゞ タイムより、膝が7回くらい(?)痛んだのが気になった。ペースが上がると、負担も増えると。

  

気温19度、湿度80%、風速3m。心拍計は最初の11分ほど動かなかったし、途中もちょっとだけ変だったから、補正した。まあ、心拍は意外なほど低めだったと思う。そろそろ止まるのかも(笑)。オイオイ! ではまた明日。。☆彡

   

      

191007a

       

往路(2.4 km) 13分09秒 134 145

LAP 1(2.1) 11分08秒 144 151

 2    11分06秒 146 155

 3    10分56秒 149 155

 4    10分53秒 150 157

 5    10分50秒 152 155

 6    10分39秒 154 157

 7    10分32秒 156 159

復路(3.7) 18分40秒 153 159

計21.1km 1時間47分53秒 149(83%) 159(88%)

   

      (計 1772字)

| | コメント (0)

AMAZONフェイク・レビュー(上げ、下げ)の不正売買&12km

(2日)RUN 12km,1時間02分11秒,平均心拍143

消費エネルギー610kcal(脂肪128kcal)

  

遂にNHK『クローズアップ現代+』でも特集されたから、ようやく日本でも規制の動きが出て来るかな。ウチでも前から控えめに書いてた、アマゾンのやらせレビューの問題。

  

191003b

         

ハッキリした証拠はなくても、あまりにおかしい不正レビュー(らしきもの)が大量についてる。そうした商品の多くは、中国製で割安に見えて、商品の外見も広告も普通に見えるもの。フェイク・レビューを付けてる人には、日本人もかなり混ざってると思う。日本語が自然で、やや長めだから区別できるのだ(ある程度)。

    

以前はもっと、中国からのレビューと思われるものが多かった気がする。典型的なのは、名前が中国人で、日本語が不自然で短くて、評価がやたら高いか、逆に奇妙なほど低いものだ。日本の一流メーカー品に対する「下げレビュー」らしきものも度々見て来た。ただ、圧倒的に多いのは星5つ(最高点)の「上げレビュー」。

   

   

    ☆     ☆     ☆

私はテレビで放送する前に、NHKオンラインのニュース記事を読んでた。「“やらせレビュー”のリアル」。『クローズアップ現代』の内容の半分くらいを先取りする内容。

  

191003c

   

まずは、書いてる本人の取材。ネット(SNS)でレビュアー募集を知って、まず自費で商品を購入して高くレビュー。すると、商品代金と報酬が送られて来るらしい。数百円の報酬は安くても、商品が手元に残るから、それをメルカリやヤフオクで売れば儲けになる(0円転売、ちょっと面倒)。

      

正直、こうした人間は在宅起訴でもいいから実刑(少なくとも罰金刑)にして欲しい気もするけど、日本では法律が整備されてないらしい。募集した会社の側だけは、景品表示法に触れる可能性があるけど、実際に罰を受けたというニュースは覚えがない。米国や中国では、法的な処罰があるとのこと。間に入るレビュー売買ブローカーはどうなのかね?

   

   

     ☆     ☆     ☆

『クローズアップ現代』では、中国での取材とか、業者との中国語のやり取りとか映してて、流石はNHKだなと感心。罪悪感はないのかとたずねて、相手のブローカーの若者(大卒後3年とか)が逆ギレしてたのには苦笑 (^^ゞ

   

一方、「下げレビュー」の攻撃で大損した日本人経営者は、気の毒としか言いようがない。これは営業妨害で懲役刑でもいいと思うけどね。下げレビューを削除するために、削除する業者と契約した人は、ちょっとビミョーだけど、正当防衛でいいような気もする。

   

サクラ(やらせ)をチェックするサイト、「サクラチェッカー」にアクセスすると、信頼性の高い商品と低い商品が具体的に挙げられてた。高い商品の1位は、私が先日見た商品♪ ヤマハの発電機で、ちょっと値段が高い商品。実際のアマゾンでは、この半額くらいの発電機が色々と並んでた・・とだけ書いとこう(笑)

     

191003d

  

逆に、信頼性の低い商品も、第2位は私が前に見たものだ・・とだけ書いとこう♪ 高機能なのに安すぎると思ってた。

   

   

    ☆     ☆     ☆

まあ、とりあえずは自衛が一番。一人一人、自分が気を付けると。レビューの評価が高すぎるもの、高い評価が多過ぎるものは怪しい。逆に、評価が低すぎるもので一流ブランド品だと、むしろ良い商品の可能性もある。低すぎる物より、レビューが少ない一流品はざらにあって、これもむしろ好意的に見ていいと思う。

   

私もそうだし、番組でも言ってたけど、多くの人は本来、レビューなんてしないのだ。いい商品だったら、満足して使っておしまい。まあ、マニアック・ブロガーは記事のネタにすることもあるけど♪

   

ちなみにウチで今まで紹介した商品だと、例えばアマゾンの皮膚保護クリーム「Protect J1」(またはS1)は自信を持ってお勧めできる。リピート(2回目の購入)もして、走る時いつも使ってるのだ。好みや相性はさておき、安いワセリンとはハッキリ品質が違ってた。試しにサクラチェッカーを使うと、やっぱり高評価で、合格のハンコ付き♪ ちょっとずつ塗れば1年もつ(笑)。セコッ!

        

191003e

    

   

     ☆     ☆     ☆

最後に、その信頼できるクリームを使った昨日のランニングについて。「サクラ度0%」の超高評価(笑)。それを自分で前から見抜いてた私も高評価 (^^)v 自分で言うか!

  

191003f

   

昨日の場合だと、私は太腿の内側と、両足の親指の爪と、右くるぶしの下に塗ってた。爪に塗ると、ソックスの破れ(穴あき)をかなり防止できてお得♪ あと、たまに足指の上側に塗って摩擦を防ぐこともある。逆に、足の下はダメ! 靴の内側の底にしみて、足裏が滑ってしまうから(経験者は語る (^^ゞ)。

       

で、前日の10kmに続いて、14kmランのつもりだったのに、準備が遅れて12kmに短縮(毎度おなじみ♪)。わりと暑く感じたし、調子もよくなかったけど、何とか「RUN」ペースで完走。トータルでは1km5分11秒ペース。気温22度、湿度80%、風速1m

  

心拍計は最初の7分近く動かなかったから、そこだけ補正。呼吸が乱れてしんどかったわりに心拍は低かった。ではまた。。☆彡

    

      

191003a

   

往路(2.4 km) 13分07秒 133 147

LAP 1(2.1) 11分14秒 139 146

 2    11分08秒 144 150

 3    10分47秒 149 152

復路(3.2) 15分55秒 149 158

計12km 1時間02分11秒 143(79%) 158(88%)

   

       (計 2200字)

| | コメント (0)

USBメモリーの規格、USB3.1(Gen1)はUSB3.0と同じ転送速度!

騙された・・っていう小市民の個人的なお話の前に、世界のトップ企業Googleについて。

  

190927a

  

21歳のお誕生日、おめでとう!\(^o^)/ ・・と書いとくと、ウチの検索ランクが上がるかも(笑)。ブロガーの打算か!

   

このGoogleトップページのホリデーロゴは、98年の創設当時の写真をモチーフにしたデザインだね。L版の♪ 細かっ! いや、アメリカの写真にL版ってサイズがあるのかどうか知らないけど(笑)。また今度、記事のコネタにしようかな。右下の日付けが笑える。昔は日付入り写真が多かったね。

  

写真の中身もなかなか渋い。大きくて重くてジャマな、CRTモニター。接続はすべて有線で、タコ足配線のグチャグチャ。外付けの本体かストレージか知らないけど、左側の入れ物が平たいのも笑える♪ そうそう。昔は平たいストレージが多かった。で、その初期設定が大変だったのだ。モデムやルーターの設定も大変だったね。今はほとんど電源入れるだけ。ラク過ぎて、人間知性が退化しそう。。

   

   

    ☆     ☆     ☆

上図のL版写真の周りを彩ってるのは、Googleの普通のロゴに使われてる4色。青、赤、黄、緑。実は上の水玉や星のマークの色、ちゃんと計算されてるようだ。

  

普通のロゴでは、青が2回(G、g)、赤が2回(o、e)、黄色が1回(o)、緑が1回(l)、使われてて、先頭は青。黄色は緑より先。ということは、4色の重要性をまとめると、青、赤、黄、緑の順になる。

  

一方、今回のホリデーロゴの水玉や星の色だと、青9コ、赤8コ、黄5コ、緑3コ。同じく、青、赤、黄、緑の順になってるのだ。順位付けの場合の数は、4P4=4×3×2×1=24通りあるから、偶然の一致とは思えない。

   

やっぱりこの超巨大企業は、遊び心あふれる理数系集団だね。才能的には、まだしばらく世界の先端を走り続けそうな感じ。ただ、最近は強大すぎて、欧米や日本で厳しい目が注がれてるから、10年後にどうなってるかは読めない。まあ、ウチのブログよりは長続きするはず(笑)。比較が変だろ!

   

   

    ☆     ☆     ☆

おっと、そんな話じゃなくて、USBメモリーね。ハイハイ。先日の記事で書いたように、コンビニでの書類・書籍スキャンというのが結構使えることが分かったから、コンビニ用に新たなUSBメモリーを買うことにした。

   

というのも、今持ってるのは16GBほぼ一杯にデータが保存されてて、それをどこかに移し替えるヒマがあったら、新しいのを買う方がラクだと思ったから。ネットで某チェーン店の品揃えを見ると、一番容量の小さい8GBなら税込600円台で複数の商品が並んでる。その程度の値段なら、データの移し替えの手間より割安。

  

そう思って、仕事帰りにお店に入ると、やっぱり新型iPhoneの周りに人が群がってるから、私もちょっとだけイジって来た♪ 画面の上部の切り欠き部分は、意外と気にならないかも。ホームボタンの代わりの操作が分からなくて、1分くらいイラついたけど(笑)。流行遅れか!

   

で、いよいよUSBメモリーの8GBコーナーへGo! 50種類くらいある中、一番安い怪しげなブランドでも1000円くらい。全体的には1500円以上の商品が多くて、ソニーなんて2000円台になってる。高っ! 話が違う!

  

クレームをつけたくなったのを我慢して(笑)、その場でHPを見直したら、600円台の商品は全て在庫なしだった (^^ゞ 釣られてしまった私の負けか。ガックシ。。_| ̄|○ 消費者庁にチクってやろうか♪ クレーマーか!

   

   

    ☆     ☆     ☆

どうせ1500円くらい出すんなら、いっそ16GBにしようかなと思って調べたら、8GBとあんまし値段が変わらない (^^ゞ 意味不明。ほんじゃ、32GBも変わらないのかと思ったら、それだとハッキリ高くなる。要するに、16GBが定番でお得な売れ線ってことか。

  

190927d

   

というわけで、16GBの1500円ほどの有名メーカー品に決定(日本のエレコム=ELECOM)。スライド式じゃなくて、キャップを跳ね上げるタイプ。当初の予算の2倍以上! おまけに、安いのが無いなと思って探し回ったから、時間とエネルギーも浪費。

   

せめて、USBの規格は最新に近いUSB3.1(Gen2:第2世代)にしようと思ったけど、見当たらなかったから、USB3.1(Gen1:第1世代)で妥協。

  

Gen2とGen1の違いくらい些細なもんだろ・・と調べずに買った後、念のために調べたら、全然違ってたわけ (^^ゞ Gen1は名前だけ違ってて、スピードは以前と同じなのだ! またやられた。分かりにくっ。。

  

    

     ☆     ☆     ☆

このUSB3.1っていう規格。転送速度が速くて素晴らしい・・って感じの誉め言葉だけ書いてるサイトも結構ある。その中には、明らかに広告の商品を買わせよう、クリックさせようとしてるものも見受けられた。マイナス点や注意書きなしで長所だけ強調、後は関連商品のバナー広告だらけのページ構成なのだ。

     

もちろん、USB3.1の中で、速いのはGen2だけだと書いてるサイトもあるけど、一般人には分かりにくいと思う。一応、世代の違いがあることだけ知ってた私でも、お店で探すと、Gen2はなかなか発見できず。だから仕方なしにGen1を買ったら、ひと昔前のUSB3.0と全く同じで、名前が新しくなっただけだったのだ。

   

日本の個人サイトやウィキペディアより、世界標準の英語版ウィキペディアを確認しとこう。「USB3.0」の項目。

  

190927b

  

USB3.1は、前から存在してたUSB3.0の転送速度にもなる。USB3.1 Gen1という新たな名前(ラベル、レッテル)を付けて。一方、以前より高速のモードもあって、こちらはUSB3.1 Gen2と呼ばれる・・。

    

直訳ではないけど、大体そんな感じのことが書かれてる(項目の別の場所でも同様の説明、下図参照)。つまり、「USB3.1だから、予定より高くてもいいか」と思った私は、間違ってたのだ (^^ゞ ガックシ。。_| ̄|○ まあ、以前から持ってたのより小さくて軽くて新しいから、良しとしよう。メーカーはたまたま同じだったから安心。既に使用開始、問題なし。

  

190927c

  

  

    ☆     ☆     ☆

仕方ないから、せめてブログ記事にして元を取ろうとしてるわけ♪ と言っても、ウチは広告なしだから、1円にもならないどころか、時間と労力の損だけど(笑)

  

ちなみに、Gen2のUSBメモリーをAmazonで検索してもヒットしない。USBメモリーだと容量が小さいから、3.1 Gen2の高速は必要ないのかも。Gen2で実質的にヒットするのは、HDD、SSD、ケーブル、ケースがほとんど。

  

あっ、そうそう。書き忘れてたけど、そもそも私はつい最近まで、パソコンでUSB2.0のポート(端子)を使ってたんだった (^^ゞ 道理でやたら遅いわけだわ。10倍も速いUSB3.0のポートが反対側にあるのを忘れてた。初心者か!

         

ってことで、記事はこのくらいにして、寝る前に世界陸上で美人選手を探すとしよう。そうゆう見方か! ではまた明日。。☆彡

  

     (計 2864字)     

| | コメント (0)

Googleサーチ・コンソール~自分のサイトへの検索アクセスのデータ分析

私も毎日利用中のココログ(ニフティのブログ)で、「GoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールが利用できるように・・」という告知が出たのは、19年8月27日。

   

個人的な第一感は、そんな事よりコメント入力がほとんど出来ないトラブルを直して欲しい、という思いだった。意味不明なカタカナ言葉を2つ並べて勧誘されるより、ずっと使って来たコメント入力の復旧の方が遥かに重要だ。丁寧な説明も見当たらない。

    

一応、リンクをたどってGoogleにアクセスしてみたけど、最初の画面で迷って撤退 (^^ゞ 試行錯誤もいいけど、ちょっと下手な操作をするだけで悲惨な目に遭うことも時々ある。例えば、iCloudやiOSのメール、あるいはMicrosoftのone driveは、かなりの失敗を経験した。

   

それでも、サーチコンソールの方は、前から気になってた検索アクセスに関する具体的な情報を与えてくれそうなので、8月末に一応登録。数日後にアクセスして分析を見ると、面白かったから、簡単に記事を書いとこう。

    

    

     ☆     ☆     ☆

サーチ・コンソール(search console)とは訳しにくい英語だけど、直訳すると検索制御盤とか、検索制御卓。要するに、読者が行う検索をサイト管理者が把握して、適切な対策を取るためのシステムだ。別に将棋盤とか食卓みたいな板があるわけじゃない♪ 単なるネット上のサービスやサイトのこと。

     

グーグルとしては、サイトの側で奇妙な小細工みたいな対策(SEO:検索エンジン最適化)を取るのは歓迎しないけど、読者の実状や要求に合わせてサイトの質を上げるのなら歓迎らしい。

  

昔は、読者がどんな検索ワード(1つの単語)やフレーズ(2単語以上の組合せ)でアクセスして来るのか、サイトの管理人には分かった。だから私も多少、参考にしてたし、単にアクセス解析を見てて面白かったのだ。

   

ところが数年前から、僅かな例外を除いて、ほとんど検索情報が入らなくなってしまった。この過剰な個人情報保護(?)のリバウンドみたいなものが、今回の動きだろうか。要するに、一人一人のアクセスに関しての情報は与えないけど、全体をまとめたデータなら与えてくれるというわけだ。

   

グーグルその他がビッグデータを独占してるという批判への配慮もあるのかも。。

    

    

   ☆     ☆     ☆

190909j

  

ココログのリンクをたどると、まず上の画面になる。正確には、「ドメイン」というタブが選択された状態になってたから、「URLプレフィクス」タブへと切り替えて、自分のブログのURLを入力。

   

190909k

  

すると、ここにアクセスした私がそのサイトの「所有権」を持ってるかどうか、チェックが始まる。あなたは、なりすましじゃなく、本物の管理人ですか?、ということ♪

   

確認の方法は色々あるけど、ココログの場合、上の「HTMLタグ」という記号列をコピーして、ブログ側に埋め込む。設定→外部連携→Google Search Console 所有権タグ。私はブログパーツ(古っ・・)の追加作業で慣れてたから、すんなりクリア。

  

190909l

   

   

    ☆     ☆     ☆

190909a

   

確認がすぐ終わると、数日間待つようにとかいう指示が表示されるから、数日待ってまたアクセス。最初のまとめ画面(サマリー)で「検索パフォーマンス」をクリックとかタップした直後が、上の画面。数字は消してある。

   

190909b

   

今現在(9月8日の深夜)、8月31日から9月5日までの分がデータ処理されてるらしい。登録以前には遡れないってことか(当たり前かも)。直近のデータ分析には3日間ほどかかると。

   

   

    ☆     ☆     ☆

上段に並んだ4つの項目は、管理人にとって興味深いし、特に右側3つは初めて見た。

   

クリック数」とは、Googleの検索画面でウチの記事へのリンクをクリック(またはタップ)した数。この数は、前からブログのアクセス解析で分かってた。

   

その右側の「表示回数」とは、Google検索でウチの記事へのリンクが表示された回数(まだ画面に映っただけ)。インプレッションとも呼ばれて、GoogleのAIロボットによるウチの評価が反映するし、ネットの流行とウチの記事が合ってるかどうかも関係する。細かい分析だと、スクロールなしで見える表示かどうか、そこまで扱うらしい。

   

検索する人は普通、検索順位と短いまとめ情報を見て、クリックするかどうか決めるはず。だから、表示された記事がどのくらいクリックしてもらえるかどうか、「クリック率」が重要な成績評価となる。それが3番目の項目、「CTR」(Click Through Rate)。

  

ある専門サイトによると、2%を超えると良い方とされてたけど、ウチは5.9%。ホントに喜んでいいの?(^^ゞ 16人に1人しかクリックしてくれないのに・・とも思ってしまうけど、4番目の項目「平均掲載順位」を見て納得。15.4位だと、あんましクリックしてもらえないのは当然。特にスマホ検索だと、ほとんど無理かも。

  

ちなみに、ウチの検索ランクが非常に高い検索を見ると、例えば下のようなフレーズ。見事1位(!)に輝いてる三角関数の数学記事は、自信のある労作だから嬉しいね♪ ロボット君、高評価ありがとう☆ 時々、あちこちのサイトでも紹介して頂いてる。

   

190909d

   

      

     ☆     ☆     ☆

クリック数の1位から順に、クリック率(CTR)を見ると、やっぱりかなり高いのが分かる。白夜行なんて13年半前のドラマなのに、今でも地味な人気を保ってるらしい。まあ、人気継続については、普通のアクセス解析でも分かってたけど。

   

Windowsの致命的エラー「critical process died」や、数学基礎論の「ペアノの公理」も大健闘。「バッテリー リフレッシュ」は不動の人気♪ ちなみに「クエリ」(query)とは、質問・問い合わせや要求を表すIT用語で、ここでは要するに、検索する時の入力語句のこと。

       

   190909c

   

記事のエラー(?)の診断は、ゼロになってる。5390分のゼロ♪

     

190909e

  

ただ、「モバイル・ユーザビリティー」(スマホでの使いやすさ)で4つだけ「エラー」という指摘(?)が入ってたから、試しに調べてみたら、問題ないと表示された (^^ゞ 意味不明。。

   

190909h

   

具体例は下の通り。昔の記事だから、改行の表示がおかしいけど、コンソール的にはOKらしい。「このページはモバイルフレンドリーです」。「このページは、モバイルデバイスでの使い勝手に優れています」。これ、11年前の記事だから、パソコンの読者しか気にしてなかったけど♪

             

190909g

       

190909f

   

   

    ☆     ☆     ☆

というわけで、今後は時々、グーグル・サーチ・コンソールでブログをチェックして、更なる向上を目指すとしよう。いずれ、「Googleアナリティクス」にも挑戦。まあ、1円の儲けにもならないけど♪ そう言えば、先日のウィキペディアの編集者も、儲からないどころか赤字だと自嘲してた。

   

たかが趣味、されど趣味。って言うか、ブログ道の修行は険しく果てしないのであった♪ ではまた。。☆彡

  

      (計 2813字)

| | コメント (0)

日本語版ウィキペディアと編集者・さえぼー~『マツコの知らない世界』

さえぼー(本名・北村紗衣)とは、日本語版ウィキペディアの編集者(ウィキペディアン)の一人である。年齢は、「高校生から40歳まで」(出典:マツコの印象・・笑)。外見はちょっと萌え系でカワイイが、実はフェミニストで左派の女性学者で、「優しいリアクション」ができない♪ 近著の目次だけ見ると、「腐女子」もカミングアウトしてるのかも。

    

190904c

    

そうか。いやぁ、惜しい人を失くしてしまった(笑)。コラコラ! 赤いロング・スカートはいて、前髪ぱっつんのビミョーに可愛い顔だし、天然まじりのアニメ&ネットおたくかと思ったら、そうゆう事だったか。だから、マツコも冒頭いきなり、「もうちょっと優しいリアクション」を要求してボヤいたと♪ あの鋭いツッコミは、台本じゃなくてアドリブだと思う。

  

190904e

  

靖国反対、原子力撤廃、天皇制廃止論。リベラルとか言うより、古典的な左派3点セットを、堂々とウィキで自己アピール♪ ウィキの編集は単なる趣味で、本来は、東京大学大学院・修士課程修了、イギリス留学、現在は武蔵大学人文学部・准教授。「ふらんす」なんてマイナーな雑誌の項目を書いてるくらいだから、フランス語も得意なんだろうと想像。

  

批評書も最近、出版したばかり。『お砂糖とスパイスと爆発的な何か──不真面目な批評家によるフェミニスト批評入門』(書肆侃侃房:しょしかんかんぼう)、amazonより

   

190904h

      

下手に近づくとバッサリ斬り捨てられるから、男性ファンの皆さん、ご期待あれ(笑)。そっちか! 多分、今回の放送で全国に数百人はファンが出来たと思う。元々、本名でウィキの項目もあった。私もテレビだけ見てたら、うっかりファンになってたかも知れないけど、直ちにウィキペディアで調べたおかげで助かった。ありがとう、ウィキ! さすが、世界一のネット百科事典♪

   

   

    ☆     ☆     ☆

まあ、番組的には、そうゆう尖った部分は一切出さずに、明るく楽しく進めると。これぞテレビ・バラエティの世界。大人の社会。小市民ブロガーも気を取り直してと。。

      

さて、今夜というか、日付け変わって昨夜(19年9月3日)は、今まで数回しか見てない、『マツコの知らない世界』をマジメに鑑賞。カニカマが好きなのだ(実話・・笑)。そっちか! 

    

いや、私自身はウィキ目当てだったけど、制作サイドとしてはやっぱ、カニカマをおしてるわけね。そもそも、食べ物ネタが多い番組らしい。公式ホームページの今回の紹介もカニカマだらけで、ウィキは単なるおまけ扱い (^^ゞ

  

そう言えば、前に私がたまたま見た回も、タピオカ好きの女子大生がメイン。やっぱ、食べ物と可愛い女の子の組合せが最強か。今回はちょっとヒネリを加えた構成に変えてみたと(笑)。オイッ!

   

    

    ☆     ☆     ☆

で、本来の本題である、ウィキペディア。さえぼーの解説を英語版ウィキでチェックしてみると、確かに現在、304の言語で作られてることになってた。「・・all 304 languages for which official wikipedias have been created・・」。まあ、彼女は英語版を日本語版に翻訳するプロジェクトみたいなことをやってるプロだから、当たり前か♪

  

2019年6月の国別・月間アクセス数ランキングというのは、元のデータらしきものを自分でダウンロードしようとしたら、恐ろしく重そうだったから一時撤退♪ 本当はどこかに軽いまとめがあるはず。ウィキの言語じゃなくて、アクセスした人が住んでる国のことらしい。1位、アメリカ、30億。2位、日本、10億。3位、ドイツ、9.9億。

  

あっ、かなり近いデータなら発見! 「Page views by country」, Jun 2019, Monthly。国別の順位はピッタリ同じ。ただ、これはウィキペディア以外のウィキも含めた「All wikis」の数字だから(?)、番組の数字より少し多くなってる。ブラウザがIEだとページを上手く操作できなくて、Chromeを利用。

   

190904g

      

2018年 閲覧数が多かったキーワード」というのは、やっぱりテレビ的に編集してたんだろうね。「米津玄師 大坂なおみ 中村倫也 今日から俺は!! 半分、青い。 ポプテピピック オーバーロード(小説)」。私も、米津、大坂、中村、半分はウィキを見てる♪ 米津を見たのは確か、紅白歌合戦の前(笑)。流行遅れか!

  

実際のランキングは下の通り(多分♪)。1位の「苦行」は、番組で扱っても笑いを取れたと思う。それよりマニアックに、「ポプテピピック」を選んだと。まあ、このウィキの項目を読んでも、何でこんな名前なのか分からなかったけど。漫画&アニメの登場人物2人の名前(ポプ子、ピピ美)を合体させて、語感を可愛くアレンジしたってことかな。

  

190904f

   

   

     ☆     ☆     ☆

おっと、やっぱりウィキペディアというのは、ついつい時間を取られてしまう♪ 最後は、荒らしが書き換えた「高輪ゲートボール駅」の項目をチェック(笑)。過去の履歴から発掘。高輪ゲートウェイ駅という正式名称に対する抵抗が、奇妙なほど強かったのだ。

      

190904d

   

「ゲートボールは、お年寄りの楽しみである」(爆)。まあ、ウィキが、こんな荒らしの編集合戦までちゃんと記録して公開してるのはエライと思う。予算は、寄付だけで足りるのかね? 広告つけてもいいと思うけど。どうせ、公正で正確な説明なんてみんな求めてないだろうから♪ 何しろ、基本的には誰でも編集できる無料の百科事典で、厳しい刑罰もないのだ。

  

それにしても、ウィキの内情ってものは、もうちょっと知りたいな・・とは思う。ウィキの中で、「ウィキ」自体の項目を調べるとしようか(笑)。ま、一般にネットの裏側には、広大な暗闇が広がってるのだ。深入りするとリスクも高まるから、小市民としては、恐る恐る触れるように注意しよう。

  

なお、最も有名で(?)秀逸な記事、「地方病(日本住血吸虫症)」はこちら。長っ! ではまた。。☆彡

   

       (計 2402字)

| | コメント (0)

ビットコイン要求詐欺、英文迷惑スパムメール「The decision to suspend your account」の全文・日本語訳

昔は大量のスパムメールがあちこちのアカウントに届いてたけど、最近は激減。プロバイダー側で早めにブロックしてくれてるようで、ニフティもGmailもソフトバンク携帯メールも、ほとんどスパムが来なくなってる。Yahoo!メールだけは、衛星放送が無料で見れるとかいうメールのみ延々と来てるけど、迷惑メールフォルダに溜まるだけだから気にしてない。

    

たまに来る迷惑メールは、クリックとかタップ無しで読める部分だけチェックしてるけど、全く面白くないものばかり。おかしな日本語のメールとか見ると、返信して指導したくなる♪

   

そんな中、久々に本格的な英文迷惑メールが届いたから、まずネットで危険性を確認。それほど危険でもない、単なる詐欺メールみたいだったから、試しに本文をチェック(☆お勧めはしない☆)。ちょっと面白かったので、記事にしとこう。去年くらいから始まってるようだけど、今現在、日本語のネット情報はまだそれほど多くない感じだ(ツイッターは除く)。

  

なお、逆検索を避けるため、英文の入力は最小限にとどめる。日本のアドレスに対して、英語のみの長文メールを送ってることから考えて、送信者は日本語を意識してない可能性が高い。意識してれば、英文から日本語へのグーグル翻訳くらいするのが自然だろう。英文をコピペしてボタン押せば、一瞬に(ちょっと変な)日本語になるんだから。。

  

   

     ☆     ☆     ☆

190723a

  

件名「あなたのアカウントの一時停止を決定。支払いを待つ」。こんにちは。親愛なる・・・・・(メールアドレス)のユーザーへ。

  

我々は、遠隔操作ソフトをあなたの端末にインストールしました(注.your と書くべき所でyouとしてあるので、原文をコピペする際にミスしてるのかも)。現在、あなたのメール・アカウントもハッキングされています。  

  

190723b

  

パスワードを変更しましたか? 素晴らしい対応ですね! でも、私のソフトは、そのような動きを全て認識します。私はパスワードをアップデートしてるんですよ! 私はいつも、一歩先を行ってます。

   

190723c

  

そうゆう訳で・・・私はあなたのシステムから、すべての信用情報をダウンロードしてますし、証拠となる情報もいくらか手に入れました。あなたがマスター・・(オナ・・)してる録画ビデオを見つけた時は、最高に面白かったです。

   

  

    ☆     ☆     ☆

190723d

  

私は、エターナル・ブルーという脆弱性攻撃プログラムの改変を、ポル・サイトに仕掛けていました。そしてあなたは、私の悪意あるコード(トロイの木馬)をOSにインストールしてしまったのです。

   

190723e

   

あなたがポ・ノビデオのプレイ・ボタンをクリックした瞬間、私のトロイの木馬型ウイルスがあなたのデバイスにダウンロードされたのです。インストールの後、あなたが自・する度に前面カメラが撮影。さらにそのソフトは、あなたが選択したビデオと同調するのです。

   

190723f

  

現在既にソフトウェアは、あなたのSNSやメールアドレスの連絡先情報を全て獲得しています(注.harvestを間違ってharvrestと入力してるらしい)。集めたデータやあなたのお楽しみのビデオを消す必要があるのなら、ビットコイン(暗号通貨)で600米ドル、私に送ってください。

  

  

    ☆     ☆     ☆  

190723g2  

  

これが私のビットコイン・ウォレット(保管場所)です。この手紙を読み終えた後、48時間だけ待ちます。あなたの取引の後、私はあなたのデータ全てを削除します。

   

190723h

  

支払いが無い場合は、あなたの気晴らし行為を写したビデオを、あなたの同僚、友人、親戚すべてに送ります!

  

P.S. このメールに返信しないでください。送信者のアドレスはフェイクで、私を匿名に留めるためのものにすぎないからです。あと、今後はもっとご注意あれ! 安全なサイトだけを訪問してください。バイバイ。。

  

   

   ☆     ☆     ☆

私は端末の前面カメラというものをほとんど使ったことがないけど、そう言えば遠隔操作で撮影される恐れがあるわけか。

   

今後は自分で「気晴らし」撮影に利用しよう♪ コラコラ! まあ、気晴らししたい人は、カメラレンズを隠してお楽しみあれ。レンズを守るためにも(笑)

  

ではまた明日。。☆彡

   

        (計 1714字)

| | コメント (0)

iCloudに画像アップロードできないトラブル連発、バックアップ設定のエラーとサーバー障害か

昨日の午後くらいか? 右腕を変な虫に刺されたようで、丸1日以上経っても凄まじく痒い (^^ゞ 伝家の宝刀、「モスキンパッチ」(貼るかゆみ止め)も珍しく全く効かないどころか、貼ると余計に痒くなってる気もする。

   

おまけに最近は毎週、月曜と金曜の仕事が長引いて、今日なんて帰宅後もついさっきまで仕事してたほど。外は大雨でプチジョグさえ論外だし、今日は手抜きデジタル記事でお茶を濁しとこう♪ と言っても、「それそれ!」って感じで、関心を持つ人はかなりいると思う。Apple、iOS、iPad、iPhone関連のメジャーな話だから。

    

   

     ☆       ☆       ☆

さて、私は情報マニアで収集癖もあるから、毎日、大量の情報を集めて保存し続けてる。ちょっと気になる程度の情報でも、すぐ保存してるのだ。後で読むことは少ないけど、無くはない。「ネット上に残ってるから保存は不要」という考えは間違いだ。特にマスメディアの情報は、短期間(数週間~1年程度)で読めなくなったり削除されたりすることが多い。

 

3年3ヶ月前にiPad Proを買ってからは、iPadでネット情報のスクリーンショットを撮ることが非常に多い。機械的にかなり負荷がかかってる感じだから、すぐ壊れるかと思ったら、意外なほどしぶとく動き続けてくれてる♪

   

もちろん、スクリーンショットは普通、数MBの重い画像ファイルになるから、無料アプリで圧縮する。自分のプライベートの撮影写真も同様。それでも、溜まるとすぐに「iCloudが一杯になりました」とか表示が出て、有料の容量追加に誘導される。大した金額でもないけど、データ量を制限することも大切だから、あえて支払い契約を拒否してる。

   

だから、いつも無料の5GB制限の直前くらいでキープ。新しいデータが増えたら、古いデータをPCに保存して、iPadからは削除。この繰り返しの毎日だ。

   

    

     ☆       ☆       ☆

たまにウッカリ、5GBをフルに使ってしまうと、しばらくiCloudは使えなくなる。なぜか、ファイルを色々削除しても、数時間~半日程度アップロードできなくなる。PCで直接iCloudのサイトにアクセスしてファイル削除したり、アプリを再起動したり、iPad全体を終了して再び起動したり、無駄なエネルギーを費やすハメになる。

   

それでも今まではほとんど何とかなって来たのに、先日、さんざんファイルを削除して1日近く待ってもダメなことがあった。iCloudの容量を数百MB(メガバイト)空けてしばらく待っても、いっぱいですとか言って来るのだ。

   

まあ、いざとなったら、iPadのLightning端子とPCのUSBをコードで接続して、直接ファイル移動すればいいんだけど、何となく気になるし不便だから、3時間くらい悪戦苦闘。ようやく原因を特定できた。ほとんど見ることもない場所にトラブルが生じてた。

     

190705b2 

      

設定→ユーザー名→iCloud(ストレージ情報を読み込めませんと表示)→ストレージを管理、と進んで行くと、「iCloudストレージ」の様子が表示される。

    

そこで、iCloudにバックアップされるアプリとデータ量が並んでて、私が選択してない重いアプリが入ってたのだ。それだけでもう4GB以上だから論外。iPadはどうも、写真アプリよりその激重アプリを優先しようとして、停止してたらしい。そのアプリを外した途端、iCloudへの写真アップロードが回復♪

    

それにしても、どうしてそんなエラーが生じたのか? 考えられる理由は2つ。直前に行った、iOSのバージョンアップ(12.3.1)のエラー。あるいは、これまた直前にあった、画面にちょっとだけ液体を落とすミス。実際その直後、ちょっと操作不能になったから、予想外の設定変更が起きた可能性はある。

    

    

      ☆       ☆       ☆

で、ムダな手間暇をかけた数日後、7月4日23時~5日8時くらいだろうか。iCloudのアップロードが途中で停止。アレッ?と思って、またアプリを再起動したり、iPadを終了して電源を入れ直したり、ルーターの電源を入れ直したり。

  

iCloudの容量には余裕があるのに、色んなことをやってもダメだから、ツイッターで「iCloud」を検索。すると、出た、出た。世界中の色んな不満ツイート♪ なまじアルファベットだけで検索したから、色んな言語のつぶやきがズラッと並んで、その中にちょっとだけ日本語も混ざってる。要するに、iCloudのサーバーダウンということだろう。

   

そこで、普通のウェブ検索をかけてみると、信頼していいのかどうか分からないけど(失礼)、そのものズバリのリアルタイム情報サイトがヒットした。その名もずばり、「ダウンディテクター」(障害発見器:downdetector)。ICloudに限らず、あちこちのメジャーなサイトのダウン状況を刻々と報告してるらしい。

  

190705a

   

グラフの右端、23時~2時くらいの間に、障害報告の数(?)が急増してる。「報告なし」と書いてるのは、私がたまたまカーソルを別の時刻に当てたせいで、実際は「報告、大量にあり」の状況だったのだ。その後のグラフを見ると、翌朝には落ち着いたようだけど、その後も断続的におかしな状況が報告されてた(私は実感なし)。

  

というわけで、バックアップ設定のエラーと、サーバー障害(?)が続いて、iCloudで無駄な時間を費やすハメになったのだ。まあ、今日も含めて、普段はフツーに動いてくれてるから良しとしよう。有料契約はまだせずに粘るけど♪

  

窓から豪雨の音を耳にしつつ、それでは今夜はこの辺で。。☆彡

   

         (計 2286字)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧