表札を出してない家、防犯や個人情報保護が理由で増加中か

今日は全然違う記事を書く予定だったのに、つまらないミスで書けなくなっ

てしまった (^^ゞ まあ、コネタは色々溜まってるから、代わりに表札問題

にしとこう。

 

何となく表札を出してない家が増えてるような気がするな・・・と思うように

なったのは、5年以上前かな。例えば、ウチの近所を歩いてる途中、ちょっ

と目立つ家があると、表札をチラッと見たくなるけど、無い家がたまにあ

る。決して多くはないけど、逆に「誰?」とか「なぜ?」とか、気になるのだ。

有名人だからかな、とか。

 

だからと言って、わざわざ調べるのも妙な話だし、ネットで検索したら、逆

に自分の情報が検索サイトにもれてしまう (^^ゞ 既に、私の検索履歴は

検索サイトで蓄積されてるはず。ま、多過ぎて分析しにくいだろうけど(笑)。

数えたことはないけど、多分、1日平均で30回は検索してると思う♪

 

 

        ☆          ☆          ☆

で、ハッキリと情報を与えられたのは一昨年だったかな。知人が不動産

屋に聞いた所によると、最近の首都圏だと表札は出さない人が増えてる

とのこと。出てない、と言うより、意識的に出さない。特に、集合住宅(マ

ンション、アパートなど)で顕著な傾向らしい。ということは、法律上の義

務も無いということだろう。実際、検索しても法律は発見できない。

 

この話を聞いてすぐ思ったのは、配達の仕事も大変だよなってこと。郵

便、宅配便、新聞。私も年賀状や新聞配達のバイトをした経験があるけ

ど、ポスト(郵便受け)も含めて、表札がしっかり出てる家は安心して配

達できた。何も出てないと、毎日の配達でもしっくり来ないし、苗字だけの

表札も逆に不安が増す。つまり、下の名前が違う家に誤配してるんじゃ

ないかなと思ってしまうのだ。

 

朝日新聞の16年1月23日・朝刊には、「表札を出していますか?」とい

う記事が掲載されてた(別刷be)。木村尚貴記者は前文(リード)で、こう

書いてた。

 

  記者が昨年末に引っ越したマンションは、玄関前に表札を出して

  いるのはざっと1割ほどにとどまっています。表札は消えゆく運命

  なのか──。そう思って尋ねた質問ですが、どっこい8割超の人

  が表札を出しているという結果に。「表札を出さないのはマナー

  違反」という意見も目立ちました。

 

 

         ☆          ☆          ☆

回答者数2159人で、「表札を出していますか?」という質問に「はい」と

答えた人が84%。「いいえ」が16%。ということは、「その他」とか変則的

特殊な回答をした人は0%ってことだから、それだけでもこのアンケート

はかなり特殊だろう。Yes、No、きっちりした人がほとんどなのだ。

 

回答者は固定的なモニターであって、しかも大部分は自分から積極的に

モニターになった人だろうから、分かりやすい回答をしてくれる。それ以上

に重要なのは、前から指摘してることだけど、朝日のbeのモニターは中高

年(特に高齢者)が多いということ。実際、今回の記事で意見を掲載された

11人の平均年齢は、60歳なのだ。

 

2015年における日本人の平均年齢は46歳らしいから、モニターの年

齢分布はかなり高齢側にズレてる。それが、非常に高い表札提示率に

つながったんだろう。

 

高齢者にとっては表札は当たり前だし、おそらく一戸建ての率も高いは

ず。一戸建ての場合は、なぜか表札率が高いのだ。朝日の記事でも、

マイホーム購入で誇らしく思って表札を出したという人の意見が載って

た。表札に限らず一般に、人は自信のあるものは堂々と人前に出す傾

向がある。地位、収入、学歴、スタイル、スポーツ、等々。。

 

 

         ☆          ☆          ☆

ちなみに、表札を出してない理由は何か。朝日の調査(選択肢付き)や

ネット情報を見渡すと、要するに防犯が第一で、次が広い意味での個人

情報保護(知られたくない)。

 

「ダイレクトメールや訪問販売が増える」(朝日の理由・第3位)というの

は、表札との関係がイマイチよく分からない。でも、表札の値段が高い

とか、デザインが気に入らないというのはホホーッ・・と思った。試しにア

マゾンで見ると、安いのは1000円ほど。ちょっとオシャレな物は5000

円~10000円くらいみたいだ。

 

あと、ストリートビューで(?)自分の家の表札が読めてしまったから、出

さない方がいいと思うようになったという方もいらっしゃった(朝日)。どれ

どれ・・・と思って、数年ぶりにストリートビューをチェック。なるほど、表札

まで見えてしまう一軒家が少なくないね。わざわざGoogleに連絡してボ

カしてもらうのも面倒だし、逆に不自然だし。ストーカーに狙われる恐れ

のある人(特に女性)なら、なおさら出したくないだろう。

 

 

          ☆          ☆          ☆

ちなみに朝日によると、江戸時代に表札を出してたのは、武家、医師、

狂言師など(出典は歴史学会『郷土史大辞典』)。一般の家に普及した

のは明治以降、郵便制度が整ってかららしい(1871年以降)。

 

結局、少なかった表札が普通になって、また減り始めたことになる。統計

は見つからないけど、ネット情報から考えても、ここ10年くらいで減ってる

のは事実だと思う。

 

ふと思ったのは、そう言えばブログもtwitterも「表札」を出してない人が

多いなということ♪ ハンドルネームやペンネームは、表札もどきって感

じだろう。そう考えると、表札を出してるFacebookの利用者に高齢者が

増えてるというのも納得できるのだ。平成少年ブロガーはもちろん、フェ

イスブックなんてものには興味ない。他人のはたまに見るけど、ログイン

しないと見れないサイトが多いしね(特に個人サイト)。

 

実は私も、偽名でFacebookを始めようとしたことがあるけど、罪の意識

に苛まれて、登録手続きの途中で止めた。良心的な行動で、いいね♪

それでは、今日はこの辺で。。☆彡

 

                                (計 2341字)

| | コメント (0)

1回1時間より長ければ、エアコンはこまめに消した方が節電になる(数学的証明)

  It is rumored that it doesn’t pay to turn off 

  an air conditioner frequently.

  エアコンをこまめに消すのは損だ、と噂されている。

 

  Whether you make a profit or take a loss 

  depends on the length of rest time.

  得するか損するかは、休止時間の長さによる。

 

 

           ☆          ☆          ☆

朝っぱらから強烈な地震で目が覚めてしまった (^^ゞ 軽い荷物が1つ、上

から落ちたけど、実害は無し。

 

それはさておき、マトモな数学記事がご無沙汰になってるけど、なかなか

時間を作れない。仕方ないから、社会的関心の高そうなコネタを数学的に

解決してみよう。エアコンの冷房を使う季節はもう終わりだけど、いずれ暖

房の時期になる。家庭によってはかなりの金額になるようで、楽して料金

を下げたいのは当然のこと♪

 

設定温度を控えめにするとか、扇風機と併用するとかいう話は誰でも思い

付くこととして、問題はエアコンを使う時間だろう。かなり前から、「こまめに

消すと逆に損」という話は耳にしてた。

 

私がそうゆう話を聞くと、「短く消すと損、長く消すと得、時間の長さによる」、

と内心すぐ思うわけだが、世の中ではどうしても極端な話、面白い話になり

がちだ。こまめに消すより、つけっ放しの方が得とか。正確な定量的分析よ

り、定性的想像に向かうのだ。。

 

 

          ☆          ☆          ☆   

今回、この記事を書こうと思ったのは、専門家までビミョーなたとえ話をして

たから。J-CASTの記事によると、パナソニックの広報担当者が、自動車

の燃費にたとえたらしい。「つけっ放しにすれば、高速を走る車のように、

燃費もよくなることがあります」。

 

もちろん、誰にでも分かりやすいイメージを持ち出しただけなんだろうけど、

私なら直ちに、「問題は燃費じゃなくてガソリン代」、と突っ込みたくなる所♪ 

燃費が悪くても、つまり、ガソリン1リットル当たりの走行距離が短くても、

エンジンを止めてる時間がほとんどならガソリン代は安くなる。

 

前置きはこのくらいにして、本題に入ろう。結論から言うと、大まかな目安

として、1回1時間以上なら、こまめに消した方が得になる。もう少し正確に

言うなら、1回1時間より長く消せば、電力量(=電力×時間)が減る

 

ただし、室温やエアコンの機械的ダメージについては考えないので、念の

ため。何度も長く消せば暑くなるし、エアコンの負荷も大きくなるはず。それ

では、簡単なモデルを作って、図と計算で証明しよう。

 

 

         ☆          ☆          ☆

情報源によって基本データが多少違ってるけど、東京電力allabout

NEWSポストセブンの話を総合すると、つけた直後の30分(=0.5時間)

が900W、その後の安定時が300Wと考えておけば十分だろう。

 

それぞれの電力の数字が変わっても、以下の計算方法は同様だ。実際の

消費電力の変化はもっと連続的で滑らかな変化で、一番正確に説明して

る東電のグラフが参考になる。正確には、最初の30分ほどの電力を時間

積分するわけだ。 ∫(電力)dt ということで、以下の話では省略。

 

さて、「こまめに消す」という時の頻度がよく分からないが、つけっ放しとの

違いさえ分かればいいので、とりあえず1日に3回、同じ時間だけ消すこと

にしよう。たとえ、消す時間の長さが違っても、平均すればいい。

 

 

         ☆          ☆          ☆  

150912a

 

 

グラフの上側が、こまめに1日3回消す場合で、下側がつけっ放しの場合

(連日)。縦軸が電力(ワット数)、横軸が時間。斜線の面積が電力量で、ほ

ぼ電気料金だと考えてもいい。従量制の料金の単純計算だ。

 

1回の消す時間を x とすると、1日あたり、

  (こまめに消す場合の電力量)

       =(300W以下の面積)+(300W~900Wの面積)

       =  300(24-3x) + 3(600×0.5)

       = 8100-900 x (Wh) ・・・・・・単位はワット時

 

一方、 (つけっ放しの電力量)=300×24=7200 (Wh)

 

(こまめに消す場合)<(つけっ放し)、という不等式を解くと、

  8100-900 x <7200   ∴ x > 1

 

したがって、1時間より長く消せば節電になる。1時間なら無意味。1時間

未満なら損(浪費)。現実的には室温の問題も考えて、1回1時間半前後

が最適解(ベスト)だろうと推測する。家の作りや気温などで変わるはず。

あまり長く止めると次につけた時の電力量が上がるという問題も生じる。。

 

 

         ☆          ☆          ☆

次に、1日3回ではなく、1日に a 回消すとすると、

  (こまめに消す場合)=300(24-ax)+a(600×0.5)

               =7200+300a(1-x)

 

  (こまめに消す場合)<(つけっ放し)、を解くと、

      7200+300a(1-x)<7200

   ∴  a(1-x)<0

   a>0より、1-x<0   ∴ x > 1

 

やはり、得するための条件は、1時間より長く消すこと。面白いことに、消す

回数の a は、3でも4でも関係ないのだ。実は、900Wと300Wという設定

を変えても、xの範囲が変化するだけで、aは関係ない。

 

 

        ☆          ☆          ☆   

それは変だと思うかも知れないが、aが関係ないのは、損得の分かれ目

(経済学的には損益分岐点)についてのこと。もちろん、消す時間が1時間

より長い場合、消す回数aが増えれば電力量は減る。

 

ただし、aには一応、条件がある。初動時間と休止時間の足し算が24時間

以下だから、 

    a×0.5 +a x ≦ 24    ∴ a(x+0.5)≦24

 

以上から、「得するためには、消す回数は15回以下」という結論も導ける。

数学好きなら、この15という数字は簡単に出せると思うが、穴埋めテストな

ら「16」回以下と書いてしまう人が多いはず。24÷(1+0.5)というのが典

型的な誤答。16未満の自然数だから、15以下だ。

 

あと、記述試験で満点の答案を書くのはなかなか難しいので、高校生以上

の腕試しとしてお勧めしとこう♪ 不等式2つをどう扱うか、論理的能力と表

現力が問われる。

 

ちなみに、ここに書いた話を日常会話で持ち出しても、冷たい反応が返っ

てくるだけ。「ほぼ必ず損」なので、くれぐれもご注意あれ(笑)。あくまで、

マニアックサイトの中での理屈なのだ。それでは、今日はこの辺で。。☆彡

 

                                  (計 2522字)

| | コメント (0)

アルミ断熱シートの保温効果&中途半端ハーフ走

RUN 21.1km,1時間39分02秒,平均心拍153

        

昨日の「大人記事」はプチヒットになったね♪ どうもまた、美青年のファンサ

イトから団体ツアーを頂いたようだ(笑)。まあしかし、普段は検索アクセスが

入りそうにない記事だから、長い目で見た時の効率はビミョーかも。そこへ行

くと、意外なほどコンスタントにアクセスを稼ぐのが、実は数学記事なのだ。

ま、書くのに時間がかかるから、最近はなかなかアップできてないけどね。

        

さて、この冬は妙に寒いし、寒くなった時期も早かったから、暖房費がかなり

かさんでる。9月下旬まで熱さでヒーヒー言ってたのに、ホント、異常気象だよ

な。先日も朝日新聞に載ってたけど、やっぱり世界的に変らしい。ま、それと

CO2(二酸化炭素)増加の関係は、ちょっとビミョーな別の話になるけど、こち

らとしても対策は考えるべきだろう。

    

と言っても、金も手間もかけたくないから、思い付きでアルミシートを2枚買っ

て来た。160cm×90cmで、1枚105円(笑)。エライぞ、100円ショップの

勝ち組、ダイソー☆ 漢字だと「大創」と書くんだね。「大きく創る」。中国地方

のちっぽけな会社が、僅か20年ほどで文字通り「大きく創」られたわけだ。

全国2600店舗か。流石は王者、素晴らしい。ちなみにキャンドゥは約800

店舗みたいで、中部地方中心のセリア(約1000店)に抜かれて3位との事。

      

    

          ☆          ☆          ☆

とにかく、210円を投資したアルミ保温シート。保温っていうのは、商品に書い

てあった言葉だけど、使い方によっては保冷にも使えるわけだ。銀色に光る

面が熱を反射するから、冬に温度の高い室内へ向ければ保温、夏に温度の

高い屋外へ向ければ保冷になる。

   

私は今まで、夏のアルミ(車のフロントガラスやボトル用)しか知らなかったけ

ど、たまたま田舎で布団の下にアルミシートを敷いて寝たことがあって、その

保温効果を実感したのだ。そう言えばアウトドアで使ってるのを見かけるね。 

         

そこで、買って来た2枚のシートを、大きな窓と玄関の戸に立てかけてみた。

この2ヶ所は、手で触るとすごく冷たいから、かなり熱が逃げてるのは間違

いない。で、結果は、室温で1~2度くらい上がったと思う♪ 大した事なさそ

うな数字だけど、1月上旬の東日本の平均気温は、平年より1.4度低いら

しいから(朝日・12日朝刊)、ちょうど相殺できるのだ。

             

    

          ☆          ☆          ☆

まあ、暖房の使い方とか屋外の気温によっても違うから、ハッキリしたことは

言えないけど、二ヶ所とも温度計を置いて時々チェックしてるし、体感的にも、

温かくなったのは間違いない。おまけに、貼り付けたんじゃなくて単に置いた

だけだから、取り外しも簡単に出来る。安さと手軽さを考えると、ハイ・コスト

パフォーマンスだろう。

          

これ、今年の夏にも使ってみようかな。銀色の面を屋外に向けて窓に置くだ

けで、結構な断熱効果を発揮してくれそうだね。何なら、屋根から壁全体に

垂らすとか♪ そりゃ、変だろ。ま、欠点としては、面積が大きいから、ちょっ

とジャマな点くらいかな。と言っても、軽いし、すぐ畳めるけどね。

     

試しにネットで見ると、酷暑対策や節電で、数年前から話題になってたらしい。

かなり流行遅れだったかも (^^ゞ 私以上に遅れてる方、今からでもお試しあ

れ。ちなみに、間違えて小さいアルミシートを買わないように♪ いや、実は

私自身が間違えそうになって、レジに行く直前に気付いたわけ(笑)。

   

私も追加でまた買おうかな。もっと値段が高くて厚みのあるシートなら、遥か

に効果が高いかも。アウトドア・ショップより、ホームセンターやカー用品店の

方が安そうな気がするね。。

        

    

           ☆          ☆          ☆

最後に、今日の走りについて。出来ればまた、25km走をやりたかったんだ

けど、疲れと寝不足が溜まってるし、急用が入ってちょっとバタバタしたせいも

あって、ハーフ21kmで妥協。って言うか、あまりにダルイからサボリそうに

なってしまった。年末年始で生活がグチャグチャになったから、軽い睡眠障害

みたいな感じで、大アクビを連発してる状況なのだ。

          

走り出してみると、やっぱり脚が重いし、変な寒さも感じる。体調不良で37

度前後の微熱が出てる感じだ。これはもう、完走に徹してゆっくり走ろうと思っ

てたら、中盤から一気にペースアップするはめに。公園では非常に珍しい、

4人バトルになったわけ♪ こうなると、みんな「男の子」だから、自然にペー

スアップ。私も戦闘モードにスイッチ・オンで、スパートしてブッちぎってやろ

うかと思ったほど(笑)。そりゃ、男の子すぎるだろ。

   

ま、流石に長くは続かなくて、少しずつバラけちゃったんだけど、おかげで後

半だけ目が覚めて、普通の走りになった。ただし、居眠りモードの前半と合わ

せると、中途半端なペースだね。トータルでは1km4分42秒ペース。ま、完

走が目標だったから良しとしよう。

    

明後日は、強い低気圧がやって来る予報になってるから、明日また走らなきゃ

いけないのかね。他にやる事一杯あるのに。。ま、明日、最新の天気予報を見

て考えるとしよう。三連休って言っても、個人的には働きっぱなしってイメージ

かも (^^ゞ それでは、今夜はこの辺で。。☆彡

      

   

  往路(2.45km)   12分39秒  心拍133  

  1周(2.14km)   10分31秒     147     

  2周            10分17秒     150         

  3周           10分10秒      153    

  4周            9分59秒      155    

  5周           9分46秒      157

  6周           9分24秒      161

  7周           9分42秒      160

  8周(1.22km)   5分47秒       156

 復路           10分49秒      156

計 21.1km 1時間39分02秒 心拍平均153(83%) 最大166(ゴール時)

              

                                       (計 2297文字)

| | コメント (0)

夏用の涼感敷きパッド(しじら織り&クールテックス)、使ってみると・・

雑用JOG 1.3km,8分程度

    

セコイ! 普通、こんな僅かな小走り、記録しないだろ・・・と自分で思いつ

つも、何となく記事トップにデータを書きたくなったわけ。一種のデザイン

のだ。もちろん私は、本当の事しか書かない。

         

さて、今日はまず、朝のボヤキから入ろう。いや、これも小市民ブロガーと

して書きたいのだ♪ やり場のない些細な怒りのお話。朝っぱらから、近

所で工事もどきが始まって、窓を開けてたから凄まじい騒音が聞こえて来

たわけ。寝るどころじゃなくて、「いい加減にしろ~~っ!」と内心怒鳴りつ

つ、こっそり窓からチェック。工務店の人が複数の機械を使って何かやって

る。暑いから、早い時間帯に始めちゃったってことかね。う~ん、ならぬ堪

忍、するが堪忍。温厚で寛容な小市民は、ひたすらガマンなのだ。

   

で、とにかく朝早くから、文字通り叩き起こされたから、いつも以上に眠い

てこと。頭の回転が遅くて、記事の準備にも時間がかかってしまった。とい

う訳で、今夜はこの辺で。。まだダメ? あっ、そう♪ ほんじゃ、簡単に寝

具レビューしとこうか。「テンメイ ドラマ レビュー」って感じの検索は時々

入るから、どなたかウケ狙いで「テンメイ 寝具 レビュー」と検索してくだ

さると、私はアクセス解析を見ながら笑うだろう。。♪

         

          ☆          ☆          ☆ 

さて、今回、涼感敷きパッドを買ったキッカケは、他の商品の買い物だ。他

のものを買った後、送料や手間を考えると、ついでに敷きパッドも買っちゃ

え!ってことになったわけ♪ だから、マニアックな私としては、買う前にそ

れほど吟味はしてない。そうは言っても、ネットで1時間程度はかけてる。

      

前から、夏の暑さ対策グッズには興味を持ってたけど、寝具類で涼しいと

されてるものは、どうも信じられなかった。エアコン、冷蔵庫、扇風機みた

いに電気エネルギーを使うわけじゃないから、熱の伝達(つまり身体から

の吸収)の速さと、水分蒸発の速さを売りにするしかない(打ち水の原理)。

でも、そんな事ならスポーツ用の高機能ウェアで試してるから、「ヒンヤリ」

するはずはないと思ってた。商品のイメージ画像みたいに、氷みたいな触

り心地あるはずはない

    

実際、あちこちで使用者の感想やクチコミ、「レビュー」を読んでも、冷たい

感触は無いというのが圧倒的多数派。ただ、寝心地がいいと言ってる人は

それなりにいらっしゃるから、話のタネにもなるし、自分で試してみることに

決定。商品が一杯ある中で、私の目に留まった言葉は、「しじら織り」だった。

        

聞いたこともないけど、凹凸があってゴワゴワして夏のステテコとかに使わ

れてると言われれば、大体の見当はつく。当然、触り心地は気持ち良くな

いだろうけど、通気性速乾性は期待できそうだ。すると、暑がりで汗かき

の私にとっては、汗が乾いて少し涼しく感じるかも知れない。。

      

         ☆          ☆          ☆

という訳で、今日届いたその商品。同じ物や、同じ素材が、色んな店で売ら

れてるけど、要するに「大津毛織」という会社が作った「クールテックス」とい

う素材がポイントだ。「cool tex」だから、涼しい布地(textile)だと自信を持っ

てるんだろう。その素材が、敷きパッドの表生地に使われてて、綿50%、

レーヨン50%(裏生地はポリエステル80%、綿20%。中わたはポリエス

テル100%)。

         

一応、あちこちにクールテックスの測定データも載ってて、熱の移動とか水

分の蒸発に優れてるって事になってる。ま、そんなものは、条件を少し変え

るだけで変わってしまうはずで、自動車の燃費データと似たようなもんだろ

う。単なる参考データであって、真に受ける気にはならない。ただ、素材の

効果が発揮されるまでに、一定の時間(数時間とか)がかかることは読みと

れた。つまり、ちょっと触るよりも、一晩寝た方がよく分かるってことだ。

       

とにかく、一応ほんの少しは期待してるから、ワクワク・ドキドキ、箱を開けて、

早速触ってみる。なるほど、全くヒンヤリとはしない (^^ゞ これだと、すぐ返

却する人もいるだろうね。「接触冷感」は大げさだろう。ま、私としては、その

点は最初から分かってたから、布地の性質として「織り込み」済みなのだ♪

問題は全体的な使用感にある。縫製は前評判通り、値段の安さのわりに

しっかりしてた。見た目の色合いは、ネットで見るより地味だったけど、ま

あそれはよくある事で、良しとしよう。

     

とりあえず、上半身が裸の状態で、座ったまま背中に敷いてみた。やっぱり

少しもヒンヤリ感は無いけど、サラッとした感じは確かにあるし、思ったほど

ゴワゴワ感はなくて、寝心地は良さそうだ。「汗でべたついても体に毛羽が付

きにくい」って売り文句も、その通りみたいな気がする。う~ん、大ヒットでな

いのは間違いないけど、ハズレってこともないだろう。たかが3000円弱

出費なら、まあまあの商品かも。

    

最終的な評価は当然、実際に寝た後で下すことになる♪ それでは、今か

ら実際に寝てみて、翌朝に追記することにしよう。ちなみに、今夜はもう走

らないけど、早起きして走る予定だ。あと、そうそう。昨日のスマスマ関連記

には、レディー・ガガ検索アクセスかなり入ってる。やっぱ、人気ある

んだね。あれは私も認めよう。メイクは認めないけど♪ ではまた。。☆彡

   

   

P.S. さて、翌朝の感想。わりとイイ☆ 最低気温26度の熱帯夜で、エ

     アコンを使わずに、暑がりの私がそれほど暑いと思わなかった。

     窓からの送風機代わりって意味もあって、小型扇風機は使ったけ

     ど、途中で止めようかなと思ったほど(実際は止めず)。

      

     背中の触り心地とか、改善の余地はあるけど、たかが3000円

     弱程度で、ひと夏の寝苦しさがちょっとラクになるんなら、安い買

     い物だろう。エアコンより身体に良さそうだし、節電にもなる。ただ

     し、素材の原理を考えると、汗をあまりかかない人には向いてな

     いかも知れない。とりあえず、私としては70点で合格だ☆

   

     なお、一部の方は、このパッドの上にシーツを敷いてらっしゃると

     かいうウワサだけど、それじゃ意味がないので念のため♪ 当然、

     肌に直接、しじら織りのクールテックス素材を接触させるのが正解。

        

                                 (計 2527文字)

| | コメント (2)

サーキュレーターと扇風機の違い

蒸し暑い。。この辺りだと、今日が今年最悪じゃないかな。気温34度は

前にもあったけど、同時に湿度90%近くってのは覚えがない。ホントは

物理学の記事の続編を書こうと思ってたんだけど、こう暑いと書くのも読

むのもダルイだろう。ってことで、前置きに言い訳した後は、軽~い日記

でお茶を濁すことにする♪

                

部屋の中の温度が場所によって違うのは、今では常識だろう。特に、夏

の冷房、冬の暖房は、この差を拡大するから、サーキュレーターとか小型

扇風機で空気を循環させて、温度を均一にしていくわけだ。

                         

これを、効率のいい冷暖房と呼ぶことがよくあるけど、正確に言うと、

屋全体、人間全員にとっては効率がいいってこと。人、2人なら一ヶ所

に集中させる冷暖房の方が効率がいい。冷蔵庫という機械を考えれば

すぐ分かることだろう。場所を狭く限定した方が効率よく冷やせるってい

う、当たり前の話だ。エアコンで言うと、微風で送風口を下向きにして、

すぐ下に座るのが一番効率がいいだろう。冷たい空気がストンと下に落

ちて来てくれる。。

           

・・って感じのウンチクをすぐコネる辺りが、半ば理系人間の証しなのよ♪

こうゆう理屈は、一般に女性ウケが悪いから、男としては要注意なのだ。

私もこれまでの人生で、何度も冷たい視線を浴びながら、人間を磨いて

きた。実生活では遠慮するようになったからこそ、逆にブログでは理屈が

多くなるのだ。ネットなら、聞き手は意外に少なくない。

      

        ☆          ☆          ☆       

で、何の話かって言うと、サーキュレーターと扇風機の選択ね。今夜はた

またま用事があったから、ついでに渋谷のY電機の家電売り場へ寄って

みた。先日ここでパソコンを買った時に、大量のポイントをもらってるし、

渋谷は私にとって第二の故郷みたいな場所だから、時々懐かしくなるの

だ。目の保養にもなるしね♪ そこかよ!

                               

さて、売り場に行くと、サーキュレーターと扇風機は同じエリアに並べてあっ

て、あまり区別されてない。そう言えば私も、形と目的の違いは知ってるけ

ど、機能や値段の違いは分からない。

         

そこで色々チェックすると、サーキュレーターというのは部屋全体の空気を

循環させるものだから、風を特定の方向に真っ直ぐ送るように出来てるら

しい。たとえば冷房なら、エアコン(あるいは窓)に近い場所に置いて、斜

め上に向かって冷風を飛ばすようにするとか。扇風機より威力が強めで、

上下に伸びた首が無く、コンパクトだ

                  

それに対して扇風機は、すぐそばの人間に風を送るものだから、威力は

あまり強くなくてもいい。また、顔や首に風を送るために、上下に伸びた首

がある。こんな感じで色々考えながら見てたんだけど、問題はパワー(主

に消費電力=ワット数)と値段のバランスで、なぜかサーキュレーターの

方が値段が高めなのだ。販売数がかなり違うって理由なのかね。

      

それ以上に気になったのが、サーキュレーターの重さ。同じ消費電力なら、

扇風機よりハッキリ重かった。長時間使うから、安定性を重視したってこと

なのかね。イマイチ納得できないな。

                

ともかく、気分的にはサーキュレーターが欲しかったんだけど、高いし重い

から、小型扇風機でガマンすることに決定。先日のPC購入の際、試しに

値切ったらかなり安くなったから、今回も一応駄々をこねてみると、またか

なり安くしてくれた♪ しかも、ちゃんとポイントで清算可能。エライぞ、Y電

機! 流石は業界の勝ち組だね☆

                         

と言う訳で、サーキュレーターより小型扇風機の方が割安だってお話だ。

今、早速使ってみて、効果を実感してる最中♪ ま、値段や重さを考えず

に、デザインとパワーだけ考えるのなら、サーキュレーターかな。名前も

オシャレだし、エコっぽいしね。

ではまた。。☆彡

       

       

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.この記事は、サーキュレーターの代わりに扇風機を使うかどうか

    を考える内容だけど、ネットを見ると、扇風機の代わりにサーキュ

    レーターを使うかどうかを考える方もいらっしゃるようだ。上の記事

    から分かるように、これはお勧めできない。イメージ的にも変だか

    ら、デザインの趣味を除くとデメリットだらけだろう。

    ただし、基本は同じく「電気の風車」だから、あちこち探せば、扇風

    機の代わりになるサーキュレーターもあるのかも知れない。。     

| | コメント (0)

空気に配慮する時代~空気ソムリエと化学物質過敏症

ソムリエという言葉はフランス語(sommelier)で、英和辞典や英仏のウィキペディア

を見ると、古くは荷物を運ぶ動物(馬とか)を扱う人間のことを指してたようだ。その

後はもちろん、レストランなどのワイン係を指す言葉として、日本でもお馴染みに

なっている。ワインに酔い知れる客を、乗馬みたいに上手く扱う専門家って意味か

ね♪ 例えば、来月スタートの日本テレビのワイン・ドラマ『神の雫』だと、主人公・

神咲雫(亀梨和也)と恋愛関係になりそうな紫野原みやびが、ソムリエ見習いとい

う設定になってるようだ(亜樹直の原作より)。

                  

その後、女性ランナーとしても有名なモデル・長谷川理恵が「野菜ソムリエ」なるも

のを名乗り始めた時は驚いたけど、今回は遥かに驚かされた。「空気ソムリエ」!

ほとんどギャグだね♪ 実際この情報を仕入れたのはエキサイト=Excite のコネタ

ページだから、半ば冗談のお遊び記事だろうと思ったわけ。ところが、あれこれ調

べてるうちに、名前はともかく内容的には結構重要な仕事だなと思うようになった。

     

空気ソムリエとは、空気をキレイに保つためのアドバイザー、あるいはその資格

を指す言葉で、NPO法人・空気ソムリエ協会が資格認定している。目指す人は、

建築とかリフォーム関連の人が中心のようで、一般家庭や店舗、施設などの快

適な空間作りを手助けしてるようだ。エキサイトの記者が、協会代表の伴氏に頼

んでデモンストレーションしてもらった所、わずか3分で「ホントにすごく清々とした

空間が生まれましたよ。逆に、その部屋から出ると、それまでニオイを感じてな

かったほかの部屋がくさく感じるほど」とのこと。話半分ととか、暗示の効果を差し

引くとしても、それなりの能力は期待できそうな気がする。

    

ちょっと気になったのは、資格を取るのに必要な費用だ。12月14日現在、公式

HPには掲示されてないけど、ネットで検索すると、12日に開催されたばかりの

セミナーの参加者募集広告が見つかった。認定試験受験料26250円、月会費

18900円(年会費226800円)、すべて税込。まあ、巨額のマネーが動く不動産

業界としては手頃な費用なのかも知れないけど、普通の人が趣味で取るにはちょっ

と高い気がするね。この会費をいつまで払う義務があるのか、明記されてないの

も引っ掛かる。

             

やっぱり、目新しい資格商法の一つに過ぎないかなとか思ってたら、たまたま開

いた朝日新聞・朝刊の生活面に、関連する記事が載ってるのが目に留まった。

「あなたの安心」シリーズの一つで、8日からの短期連載、「空気中の化学物質」

だ。住宅の建材や塗料、家具、防虫剤、排ガスなどから、空気中に様々な化学

物質が出ていて、一部の人達が苦しんでるとのこと。

    

この「化学物質過敏症」については、医学界も厚生労働省もまだきっちりした対

応は取ってないものの、90年代から新築住宅で問題視され始めた「シックハウス

症候群」の原因物質の一つ、ホルムアルデヒドについては、2003年改正の建築

基準法などで規制されてるらしい。石綿=アスベストの深刻な被害とかを考えても、

やっぱり空気の専門家というのはもっと増えていい気はするね。大気汚染とか公

害よりも身近なレベルで、建築と医学の双方に精通した専門家が必要だろう。

                     

水道水より遥かに高価なミネラルウォーターがこれだけ普及してる実情を見ると、

水よりもっと身近な空気にコストをかける時代になって来たのかも知れない。酸素

バーは流行らなかったし、空気ソムリエという資格が流行るかどうかも分からない

けど、身近な環境問題とか健康問題の一つとして、空気について考えるのは重要

なことだろう。その意味で、空気ソムリエの話はいいキッカケになったと思う。

ではまた。。☆彡

| | コメント (2)

フェンスやカメラで守られた「要塞の街」が増加中

ここ数年はどんどん忙しくなって、新聞やテレビを見る時間が激減してるんだけど、

今日は連休2日目ってことで、ゆったりと朝日新聞朝刊を手に取った。どうせまた

金融危機関連の記事が1面トップだろうと思ったら、いきなりキレイで爽やかなカラー

写真と共に、興味深い見出しが目に飛び込んで来た。「囲われた街 買う安心」

     

「ルポにっぽん」シリーズの記事として、1面と2面合わせてかなり詳しく書かれた

ルポルタージュは、内容的にもなかなかインパクトがあるものだ。写真は兵庫県

芦屋市に出来た、日本初とされる「ゲーテッド・コミュニティー」(要塞の街)、ベル

ポート芦屋のもので、2mほどの黒いフェンスの向こうには白い建物と緑が見え、

高級車が門(電動ゲート)をくぐっていく。まだ極端に簡単な説明しか載ってない

ウィキペディアによると、日本ではゲート・コミュニティーとも呼ばれるようだ。1区

画400~1000平方メートルの土地は1億~3億円。「ベルポート」(=美しい港)

の名前の通り、船の繋留施設が隣接している。

          

広大な敷地は、フェンスと赤外線センサー、監視カメラ数十台に守られ、正面

ゲートは数人の警備員が24時間態勢でガードを固める。英語のウィキペディア

を見ると、この種のものは特に「guard-gated community」と呼ばれてるそうだ。

確かに、ゲートがガードされてないとあまり意味がないようにも思えるけど、実際

世界中で色んなタイプのゲーテッド・コミュニティーがあるらしい。

          

現在の日本だと、周辺相場より1000万円ほど高いだけのマザーヴィレッジ岐阜

とか、マスタービューレジデンス(東京・世田谷)。まだ建設中なのに完売の「広尾

ガーデンフォレスト」(渋谷区、先のとがった剣先フェンス使用)、「グローリオ蘆花

公園」(世田谷、警備首位のセコムグループ)、ゲートが未完成の「ブランシャール

の森」(軽井沢)等々。急に日本にも「囲われた街」が出来てきたのは、治安悪化

と格差拡大が背景にあるようだ。

                

日本の治安が、全体的に見て本当に悪化してるかどうかについては異論もある

けれど、一般市民の日常的感覚としては、間違いなく悪化してるだろう。別の言

い方をすれば、世界との差が縮んでいる。それなら、既に世界的にはかなり普及

してる居住形態が日本に輸入されても、特に不思議ではない。米国では、06年

で2000万人が住んでると推計されているから、人口3億人の約7%にも達して

るわけだ。日本はまだ、上に書いたすべての戸数を合わせても約1500にすぎ

ないから、まだしばらくは増え続けるだろう。

                      

ちなみにウィキによると、実質的なゲーテッド・コミュニティーと言えそうな街は、実

30年も前から日本に既に出来てたそうだ。現在、人口15000人、千葉県の

ユーカリが丘。そう言えば、この街に住んでる人を一人だけ知ってるけど、いかに

も無菌培養の富裕層みたいな上品さを漂わせている方だ。なるほど、と改めて納

得した。。

            

           ☆          ☆          ☆

さて、こういった隔絶された街が増えていく状況をどう見るべきか。新聞には、全

体的な社会政策への無関心とか、格差拡大の当然視、「他者」とじかに接したり

相互理解する機会の減少など、問題点が挙げられている。ウィキには、内部の

問題が外部に発覚しにくいという話もあった。個人的には、一番気になったのが、

肝心の安全をキープできるかどうか、ガードの持続性や経済性の問題だ。

            

ベルポート芦屋のHPを見ると、管理費が月に5万~10万程度、修繕積立金が

5000円~10000円程度で、富裕層にとっては問題ない金額にも見える。ただ、

逆にこの程度の金で街の安全が本当に確保できるのかどうか。運営母体と居住

者の長期的な能力が重要だろう。特に東京だと、戸建てではなくマンションだから、

管理に問題が生じると、意見の違いで非常に厄介なことになるはずだ。

     

他にも、外から見た時に、逆に目立ち過ぎてる気がしてしまうのは、単なる考え過

ぎとも言えないだろう。実際、たまたま今日13日に、愛知県豊橋市で気になる事

件が起きている。全国初の「110番通報できる自動販売機」の防犯カメラが壊さ

れて、スプレーで「監視社会」と落書きされたのだ。そうでなくても、格差や監視が

広まりつつあることへの不満が、社会の中に溜まっている。世界的に見た時の実

情がどうなっているのか、今後の報道にもちょっと注目しておきたい。

                     

それにしても、金融危機とか恐慌への不安が連日のように報道される中、全くの

別世界が築かれつつある辺りが、現実の世の中の興味深い所ではある。私も、

宝くじの1等が当たったら、冷やかしで下見くらい行ってみようかな。ま、宝くじな

んて買ってないけどね♪ 当たらんだろ!

ではまた。。☆彡

| | コメント (2)