日テレ『イッテQ!』ラオス自転車・橋祭りのやらせ疑惑(by文春砲)、英語・ラオス語検索や現地写真など

たまたま数日前、日本テレビが月間視聴率三冠王の座から滑り

落ちたニュースが出てた。これは裏を返すと、それだけ日テレが

テレビ界の王座に君臨し続けて来たということだ。同系列の読売

新聞が世界最大の発行部数だから、両者で日本のマスメディア界

のトップをキープしてることになる。

 

181109c

 

その日テレの看板番組の1つが、『世界の果てまでイッテQ!』。

今回、8日発売の『週刊文春』11月15日号で批判された2018年

5月20日の放送は、平均で世帯視聴率19.2%。この週の「その他

の娯楽番組」部門でトップの人気を誇ってた(ビデオリサーチ調べ、

関東地区)。

 

番組内で色々ある企画の一つ、宮川大輔「世界で一番盛り上がる

のは何祭り?」がその回で訪れたのは、東南アジアのラオス。番組

公式サイトの過去記事には今でも、「年に一度の祭りとあって 町中

の人が集まって来た ・・・・・・橋祭り開幕!」と書いてある。

 

181109a

 

 

     ☆       ☆       ☆

実は上の宣伝文句は、よく読むと、完全な間違いとは言えない。

ただ、非常にミスリーディングな(誤解を招く)ものになってる。

 

181109b

 

町中の人のほとんどは、自転車で泥水の細い橋を渡る「橋祭り」

というより、それを脇に含む大規模の「コーヒー・フェスティバル」に

集まってたのに、それを伝えてないのだから。「橋祭り」とは、実は

「端祭り」だ。

 

下の写真は、文春が引用してるラオス・コーヒー協会facebook

のもの。左の端に見えるのが、橋祭りのセット。会場全体から見ると

完全な端で、番組の制作サイド(日テレ&ラオス)が今年初めて

作ったもの。日テレ公式見解も、初めての開催だと認めてる。

 

181109d

 

ちなみにコーヒー協会の写真は今現在、文春が引用したものばかり

が拡散してるから、別角度の画像も載せとこう(4月14日)。もともと

東南アジア情報の配信TVサイト「MALIMAR」の動画で、静止画

キャプチャーが出回ってるのだ。左上のロゴが同社のシンボル。

 

181109e

 

お祭りの賑わいから完全に外れてた場所なのは、一目瞭然。

実際、日テレが放置してるYouTubeの海賊版ビデオを見ると、

セットの周囲は映さないようになってて、ごく一部で階段に座る

僅かな人が目に留まる程度だった。スタッフと参加者らしき人達

ばかりが目立ってる。

 

文春によると、観客は僅か30人程度。コーヒー協会の夜の写真

が象徴的だった。

 

181109f

 

 

     ☆       ☆       ☆ 

日テレの公式見解は、次のように弁明してた。「現地のコーヒー

フェスティバルの敷地で開催されることは、事前に承知しており

ましたが、これまでにもイベントとセットで催しが行われるケースは

珍しいことではなく、意図して紹介しなかったわけではありません」。

 

明らかに意図的な撮影と編集だが、今の時点ではそう書くしか

なかったのだろう。どうせ半年近く前の単なるバラエティ番組の内容

だし、話題になるのは今だけだろうから。

 

ただ、文春はかなりの手間隙をかけた取材で裏付けてる。現地の

日本人、ラオス情報文化観光省(名前と顔出し)、駐日ラオス大使館、

在ラオス日本大使館、現地と日本(?)の制作コーディネイト会社。

「橋祭り」などラオスやビエンチャンで(ほとんど)話題になってないし、

この街にも無かった。だから直ちに、日テレ見解に反論してる

 

日テレも「現地からの提案を受けて成立した」と認めてるのだから、

直接的な関与の有無や程度に関わらず、かなり苦しいのは確か。

おまけに文春によると、参加者20人の内、10人が地元のサッカー

クラブから意図的に集められた少年達とのこと。彼らやクラブ側に

渡った賞金や賞品、紹介料はどこから出たのか、明らかだろう。

 

 

     ☆       ☆       ☆

日テレ側に残された最後の言い訳は、「東南アジアのテレビ局でも

取り上げられるなど各地で人気となっている催しとの事で、番組

サイドでも資料映像等を確認した上で、企画決定に至りました」と

いう文章。

 

国際的な話題が気になった時、私はすぐ英語で検索してるが、

今回はそれに加えてラオス語(=ラオ語、ラーオ語)でも検索。

色々と言葉を変えてググってみても、「橋祭り」の類は全く出て

来なかった。見落としがあるのせよ、ほとんど話題になってない

のは間違いない。

 

181109g

 

ラオス語での検索は、本当は方法が特殊なのかも知れない。

あまりに的外れな結果が表示されるから。下は「自転車 祭り

橋」の一例。英語からラオ語へのGoogle翻訳利用。

 

181109h

 

 

     ☆       ☆       ☆

ただ、以前記事に書いたオーストラリアの企画なら、英語圏とは

いえ、すぐ現地情報が確認できた。単なる小さな村のイベントだ。

それに対して今回は番組関連以外の情報が(ほとんど)何一つ発見

できないわけで、企画の詰めの甘さを問われても仕方ないと思う。

 

もちろん、これ自体はハッキリ言って、些細な問題にすぎない。

ただ、王者・日テレの看板番組だから、他の回や他の番組の印象

にもじわりと影響を与えかねないと思う。その意味で、同系列の

読売HPが素直に非を認めてたのは潔い姿勢だった。

 

181109i

 

テレビにせよ、ネットや口コミにせよ、メディアを扱う能力(リテラシー)

が問われる時代だと再確認した所で、今日はそろそろこの辺で。。☆彡

 

           (計 2105字)

| | コメント (0)

『題名のない音楽会』参加企画、オーケストラと夢をかなえる音楽会~夢響(本番・前後編)

大失敗した。後編の録画がたった2分で切れてる。リモコンかHDD

に手が当たったのかな。TVerの動画配信も無いし、メモと記憶と

前編の録画で補うことにしよう。

 

181027b

 

テレビ朝日の長寿番組、『題名のない音楽会』視聴者参加企画

については、2週間前に予選の記事をアップした。

 

 オーケストラと夢をかなえる音楽会~夢響(オーディション編

 

今回は、その後2週にわたって放映された本番の前編と後編に

ついて、感想をまとめとこう。前の記事で既に、出場者・出演者に

ついては書いてるし、個人的に急な仕事が飛び込んで来たので、

今日はごく簡単に。子どもも含めた素人の出演者たちなので、

念のため全員、苗字は省略しておこう。

 

181027a

 

 

     ☆       ☆       ☆

では前編(10月20日放送)から。冒頭のまとめ映像の左上から

右下に向けて、順番に登場してた。327組から選ばれた10組。

平均倍率33倍の超難関。

 

181027c

 

これが本番の演奏順なのか、番組編集上の順番なのかは不明。

いずれにせよ、前編も後編も女性が先で、特に若いピアニストを

1番に持って来てる。華やかなツカミってことか。終盤はしっとり

サクソフォン。ラストの祝砲はバズーカ砲ってことで♪

 

演奏は東京シティフィルハーモニック管弦楽団。指揮は藤岡幸夫。

東京オペラシティ・コンサートホールで18年8月22日に収録。

ぶっつけ本番という話だけど、本当なのかね。少なくとも、客席の

ご家族たちの応援団はリハーサルがあると思うけど♪

 

 

     ☆       ☆       ☆

181027d

 

オープニングは神奈川県・萌夏(もか)さん、高校3年生、18歳。

チャイコフスキー作曲、ピアノ協奏曲・第1番・第1楽章。誰でも

聞き覚えのある華やかなメロディーだけど、曲名は覚えてなかった。

 

プロを目指して4歳から毎日練習ってことは、14年間か。私の

ブログは13年間連続だから、ちょっと負けてると。大きな身振り

と白いドレス以上に、お父さんの感涙が目立ってて笑えた♪

大物新人ピアニストの反田恭平が演奏で涙ぐんでたけど、彼の

ピアノも素晴らしい。YouTubeのPR動画で感動。。

 

181027e

 

2番手は神奈川県、恵美子さん、56歳。スーパーの青果売り場

のオカリナ奏者。『故郷』は練習の最初にいつも使うテーマ曲。 

小学校の雑誌の付録でオカリナを知ったとのこと。そんな大きな

付録が付いてたのかね。台紙を組み立てるタイプかな。

 

181027f

 

3番は北海道の隼大(はやと)君、小学4年生、9歳。カワイイ(笑)。

コラコラ! 立派な衣装で堂々と『にじ』を歌ってた。夢はミュージカル

俳優か。大物っぽい雰囲気を醸し出してるし、劇団四季もありかも。

 

181027g

 

4番目は長崎県・五島列島の廉太郎君。中学3年生、15歳。

ダンボール箱でも何でもパーカッションはできると伝えたいそうで、

自作の曲は「Boxing Dreams」。ボクシングとボックス(箱)

の夢を掛け合わせたと。私はあの小さな音をしっかり拾うマイクの

性能に感心した。お父さんが優しくてしっかりした感じで、いいね♪

 

181027h

 

最後は福岡県から来た親子。浩一郎さんと郁弥君。お父さんは

市民楽団を立ち上げて指揮してるらしい。サックスを吹く息子とは

「最後の共演」と紹介されてたけど、上京後もいくらでも出来ると

思うけど♪  放送作家の台本ってことか。それより、本来の指揮者・

藤岡氏の立場は?(笑)

 

 

     ☆       ☆       ☆

続いて、ほとんど録画できてなかった後編。仕方ないから、冒頭の

紹介映像からキャプチャーさせて頂こう。

 

181027i

 

1番目、前編から数えると6番目は、埼玉県の茉央(まお)ちゃん、

小学3年生、8歳。「スケルツォ」。予選より緊張してたかも。

 

『のだめカンタービレ』のDVDを100回見てるのが凄い♪ そこか!

っていうか、テレ朝の番組でフジのドラマを宣伝する所も凄い(笑)。

1日10時間の練習! 手の炎症に気を付けて。

 

181027j

 

2番目は真由美さん、65歳。ノドを痛めて30年間、地道に練習

した後、ドリアンみたいな声がメロンになったと♪ 最高の音域で

歌うコロラトゥーラ・ソプラノは見事だった(歌劇『魔笛』)。旦那さん

も音楽に詳しいのか、専門的感想を一言話してた。皆さん、ご家族

の温かい理解とサポートがあるのが素晴らしい。

 

181027k_2

 

3番目は、東京都の香織さん、43歳。どんぐりの葉で草笛。喉と

唇の締め加減で2オクターブ出せるとのこと。尺八の藤原道山

だったか、毎回楽器が違うという指摘をしてて、なるほどと思った。

案外、造花というか造葉だったりして♪

 

181027l

 

4番目は熊本県、悟史君。大学1年生、19歳。車椅子に乗った

ままサクソフォン吹くのは難しそうだけど、いい曲といい演奏に

感動した。真島俊夫作曲、『シーガル』(Seagull=かもめ)。アルト

サクソフォンと吹奏楽のためのバラード。本人も、プロの上野

耕平も目をウルウルさせてた。

 

181027m_2

 

そして、10番目。大トリを務めたのは、拓也くん、高校2年生、

17歳。ウェーバー作曲、『ファゴット協奏曲』。縁の下の力持ち

的なマイナー楽器、ファゴットの魅力を伝えたいってことで、

確かにそんな楽器は私も知らなかった。後ろのオーケストラにも

2人存在。

 

ミニ・バズーカみたいな筒が迫力だし、価格の高さも迫力ある♪

落ち着いた声だし、賢そうで、いいね。応援団の声も揃ってた。

息子さんより練習してるかも(笑)。

 

 

cf. 公式HPの紹介、前編のページ、後編のページ

 

 

     ☆       ☆       ☆

というわけで、この程度書けば十分だろう。元ヤマハ音楽教室の

生徒で、合唱団にも年末だけ、なんちゃって的に参加してた私と

しても、何かまたやりたいな。せめてキーボードのアプリとか(笑)

 

・・とか思いつつ、仕事とブログとスポーツに追われる日々なので

あった。ではまた明日。。☆彡

 

              (計 2300字)

| | コメント (0)

『中学聖日記』、原作マンガ1巻とドラマ第2話までの比較

テレビドラマと原作マンガ、原作小説との比較は度々行って来た

けど、いつもながら似て非なるものだと思う。ドラマと脚本の違い

よりも、遥かに差が大きい。

 

もちろん、ドラマの物語の大きな流れやキャラクター・舞台設定は

かなり原作に似てるし、逆に小さな要素(台詞、小道具、個別の

エピソードなど)も色々と一致してる。

 

ただ、ドラマには別の要素やキャラが入ってるし、元々あった要素

でもつなぎ方が大幅に違って来る。そしてもちろん、ドラマの場合は

俳優というリアルな人間の存在が大きいし、音楽をまじえた連続的

映像なのだ。

 

そもそも私も、主演が可愛い有村架純じゃなかったら見てないと

思う♪ レズ&バイセクシャルの吉田羊、優等生美少女の小野

莉奈の制服姿だけだと、ちょっと物足りない。

 

女教師と男子中学生の恋愛というテーマも、あり得ないどころか、

逆にそれほど強いインパクトは受けなかった。発覚や報道が極端に

少ないだけだろうと想像する。今年8月に北海道で話題になった

けど、マスメディアの扱いは奇妙なほど小さい。これが男性教師と

女子中学生だと、もっと大きく報道されるはずだ。。

 

 

     ☆       ☆       ☆

さて、予想外というか、予想以上の低視聴率が話題のTBSドラマ、

『中学聖日記』。初回からいきなり6.0%(ビデオリサーチ調べ、

関東地区)という数字で心配したけど、第2話では6.5%と微増。

何とか踏ん張った形になった。

 

原作となってる、かわかみじゅんこの少女マンガ第1巻(祥伝社)

が、10月24日まで無料配信されてたので(ebook)、今週末

が最後の機会だと思って試し読み。第2巻の最初の18ページ

(無料部分)もついでに拝読。

 

色んな意味で面白かったから、記事にまとめとこう。ドラマの今後

の展開に関わるネタバレは少ないと思うけど、先に自分で試し

読みしたい方は今すぐebookをご覧あれ。25日からは税別

600円、ちょっと高めの価格設定かも。。

 

 

     ☆       ☆       ☆

ストーリー的には、原作の第1巻&第2巻冒頭と、ドラマの2話

までがほぼ対応。

 

聖先生(有村)の自宅前で、男子中学生・晶(岡田健史)と婚約者・

勝太郎(町田啓太)が鉢合わせもどきになるまで。ただ、マンガ

200ページと映像90分の比較だから当然、ドラマの方が情報量

が多い。それに合わせて、登場人物も増えるのが普通。

 

今現在、原作にはないのにドラマに入ってる話は沢山ある。火事、

運動会(体育祭)、聖と先輩・千鶴(友近)のつながり、勝太郎の

女上司・律(吉田)&若きレズパートナー(中山咲月)、るな(小野)

と晶の花火大会デート、両家の顔合わせ、盗撮など。

 

あと、晶の母親・愛子(夏川結衣)が聖と親しげに話すシーンは、

原作にはない。原作だと、母は最初から厳しい表情で、なぜか

息子と聖先生との関係もすぐに気づいた感じだ。ケータイを買う

約束をいきなりキャンセルしてた。

 

 

     ☆       ☆       ☆

原作はあくまで少女マンガ、女性マンガで、基本的に若い女子

が読むものだから、表紙はキレイで可愛い男子中学生の絵に

なってた。第1巻から第4巻まで全て。キャラ的にも、まだまだ

子供のあどけなさが溢れてる。

 

ドラマの場合、晶を演じる岡田が19歳の新人で、キリッとした

顔立ちだから、中学生らしく見えないという感想や批判はその

通り。同じTBSで1999年にヒットした松嶋菜々子『魔女の条件』

だと、相手役の滝沢秀明が演じたのは17歳の高校生だった

けど、むしろ滝沢の方が可愛く見えるほど。顔、声、話し方とか。

 

ただ、プロデューサーその他、制作サイドは、わざと中学生に

見えない岡田を選んだのかも。というのも、20年前と違って今は

犯罪に厳しい時代だし、特に幼い少年少女の性に関しては極度

に厳しい社会になってる。昔は無かったSNSも普及してるから、

すぐに炎上っぽい騒ぎになってしまう。

 

逆に、許容度が一気に上がってるのが性的少数者とか同性愛。

特に女性同士のレズは、全くマイナーだってものがメジャーに

なって来た。そう考えると、ドラマで新たに導入したのも頷ける。

もちろん、タレント事務所やCMスポンサーその他、大人の事情

は絡むとしても♪

 

 

      ☆       ☆       ☆

同じ理由で、ヒロイン・聖の描き方も決定的に違ってる。ドラマだと、

晶とは距離を取ってるし、逆に勝太郎との関係が深い。

 

ところが原作マンガだと、聖は最初から晶に魅かれてるのだ。

無意識的な好意の描写が、第1巻p.32(そのに・第2話)で

早くも登場。

 

勝太郎からのラブラブのメールを読んで、すぐ返信しなきゃと思い

つつ、聖は居眠りし始める。その時、聖の心の中に、晶の顔が

浮かんでしまうのだ。

 

・・・え 何で黒岩くんの顔が・・・」と聖が思った途端、遠くの自宅

のベッドで横になった晶がピクッと動く。シンクロニシティ(同時性)

というものか。大人の男子としては、勝太郎が可哀想・・と同情

してしまうのであった♪

 

 

     ☆       ☆       ☆

続いてp.50-51(そのさん・第3話)。国語の授業中に晶と

目が合った聖は、軽くどもった後、顔を赤らめてクルッと後ろ

(黒板側)を向く。「やだ 何してんの 私」。

 

その日の夜、帰り道で流れ星を見た聖はつぶやく。

 「校務員さんもいん石に当たって亡くなったのよね ・・・

  私も道歩いてて降ってきたいん石に当たって

  死んじゃったりして

 

原作の場合、この事故死は事実とされたままだし、今年は無数

のいん石が降って来てみんな死ぬというウワサと同時に、聖が

着任する。

 

いん石との衝突は、単なる禁断の愛の比喩じゃなくて、本当に

誰か死んでしまうのかも。メインの2人は少なくともしばらく大丈夫

だろうから、先にるなが自殺するとか。

 

ドラマの最後は、聖だけ死ぬような描き方で終わるのが無難かも。

あるいは死にかけて何とか生き延びるとか。マンガと違って不特定

多数の大人が見るテレビドラマの場合、禁断の愛の責任を大人だけ

に背負わせる方が自然。うっかりハッピーエンドにしてしまったら、

子育て女性のツイッターで大炎上かも♪

 

 

     ☆       ☆       ☆

ドラマでは分からなかったことが、原作を読んで初めて分かったと

いうこともある。

 

例えば、晶が聖を平手打ちしたシーン。ドラマだと思春期&反抗期

の男子中学生の暴力に見えたけど、原作だとカワイイお遊びに

見えるのだ。小さい1コマで、「ペち」と叩いてるだけ。おまけに

晶は自分でキョトンと驚いてて、全く怖さや迫力がない。

 

叩いた状況も、ドラマだと聖が過剰に晶の面倒をみようとしてた

けど、原作だとあの聖のセリフはない(後のシーンで登場)。

 

直前にるなから、聖のことが好きなんじゃないかと嫌味を言われた

後、動揺した状況で聖に「キレイな顔してるわね」と言われたから、

反射的に行動で無理やり否定しただけなのだ。

違う、オレは聖ちゃんのことなんて好きじゃない!。

 

適当に軽口で応答するか、むしろ自分を叩くべきなのに、目の前の

他人を叩いてしまう辺りが中学生だろう。まあ、同レベルの大人も

たまに事件になってるけど。

 

るなが晶にバッグをぶつけたのは、直前の告白を無かったことに

するため。雨の車内で晶が言った気がする「手遅れ」という台詞

は、未熟な女教師が男子中学生に不用意に接近してしまった

ことに対しての言葉。そういった点も原作はハッキリ示してた。

 

 

      ☆       ☆       ☆

最後に、ドラマならではの優れた点で、まだ(ほとんど)指摘されて

ないもの。それは映画的な情景描写だ。

 

2回見て、テレビドラマというより映画に近いなと思ったら、演出の

塚原あゆ子は公開中の有村の映画『コーヒーが冷めないうちに』

の監督だった。ドラマが本業みたいだけど、たまたま今は映画的

な表現にこだわってるのかも。

 

広角レンズによる(?)歪んだ映像の意図的な多用もそうだろう

けど、台詞なしで1分10秒もつないだ第2話の鉢巻シーンは

テレビだと珍しい。繊細なピアノのBGMと、晶がこぐ自転車

を交えながら、聖と鉢巻、夕陽を映し続けるのだ。

 

自転車の車種はおそらくGIOS(ジオス)のLIEBE(リーベ)。

恋愛、愛するという意味のドイツ語が名前。

 

181020b

 

るなが体育祭のピンクの鉢巻をおねだりした時、晶がどうしたのか

すぐには映さない。しばらく後、晶の暴走をたしなめた聖が車に

乗ろうとすると、ドアミラーに結んだ鉢巻が風に揺れてる。名前は

数秒間見えないけど、最後はしっかり撮影。「3-1 黒岩」。

狙いすました光の反射の使い方も上手い。

 

シーンの直前には、聖が晶の母親に、鉢巻を「好きな人に渡す」

のが流行ってると話してた。ここで、「好きな人にもらう」とは言って

ない辺り、脚本・金子ありさの巧みな技なのだ。ポイントは、るな

が晶に「もらう」ことじゃなく、晶が聖に「渡す」ことだから。たった

一つの、自分の思いを。。

 

181020c

 

 

     ☆       ☆       ☆

というわけで、ここまではドラマもマンガも真面目に見て来たけど、

今後も見続けるかどうか、ちょっとビミョーな部分はある。まあ、

個人的に昔から判官びいきではあるから、ドラマが叩かれれば

叩かれるほど応援したくなるかも♪

 

でも、もうちょっと有村架純の漢詩かサービスショットが欲しいかな

・・とか期待しつつ、今日はそろそろこの辺で。。☆彡

 

 

 

cf. 春夜喜雨(杜甫)&「恋愛は幸福を殺す」

  (哲学者ウナムーノ)~『中学聖日記』第1話

 

           (計 3721字)

| | コメント (0)

なりたい女性が急増?、レースクイーン業界~『マツコ会議』

土曜夜のバラエティ番組、日テレ『マツコ会議』を見るのはこれが

ほとんど初めてだ。前に数回たまたまチラ見した程度か。

 

今回、私が見た理由は、単にレースクイーン好きってだけじゃ

ない。番組でも最初に触れた通り、世界では今年、F1のレース

クイーン(グリッドガール)の廃止が話題になったばかりで、日本

のレースクイーン天国もそろそろ危ないかもと心配されてるほど。

 

MeToo運動やフェミニズムの嵐が吹き荒れる世の中では、女性

の性の商品化とか男性の引き立て役のような仕事は攻撃される。

そうした非難の声は、少なくとも日本では少ないのに、SNSや

一部メディアなどが増幅してるのだ。

 

それなのに「今なりたい人が急増!」とか宣伝してるから、なんで?

と思ったわけ。理由はカンタンだった。番組スポンサーがトヨタで、

社長がレースクイーン好きだからだ(笑)。そうゆう理由か!

 

 

     ☆       ☆       ☆

181015a

 

現役レースクイーンが集まるサーキットってことで、栃木のツイン

リンクもてぎと日テレをつないで放送。普通、RQというとスーパー

GTというシリーズが中心だけど、今回はその1ランク下くらいの

スーパー耐久シリーズ(おそらく第5戦)で取材してた。

 

181015b

 

いきなり超大物、トヨタの豊田章男社長が登場。妙に面白い人

だからタレントの物真似かと思ったら、本物らしい(笑)。ただ、私

の視線はひたすらの右側の女の子に集中。わりと地味目の

OGURA CLUTCH(小倉クラッチ)のレースクイーン。

 

181015c

 

社長の右側で微笑むこのコ、全く知らなかったけど、miku

(ミク)という名前でSNSも色々やってた。ツイッターは既に番組

のキャプチャー画像だらけ♪ 社長が前に一歩出て小顔に見せて

くれてるらしいけど(笑)、フツーに美人で可愛いね。小さい芸能

事務所に所属してるからか、個人営業みたいな売り込みしてた。

 

あっ、ブログで生年月日を公開してる! 30歳? 写真より

映像の方が若く見えるね。全然OK♪ 頑張って!

 

 

     ☆       ☆       ☆

181015d

 

レース終了後、76人のRQを集めて、質問&アピールタイム。

みんな、露出癖でレースクイーンになったらしい(笑)。意外と

芸能界進出を狙ってるコは少なくて、21人。3分の1未満。

 

目立ってたのがD’station。最初に、レースクイーンを踏み台

にすると豪語してウケてたのは、宮本りお(20歳)でいいのかな。

合ってたら、若いね。あのコだけ♪ 雑誌『popteen』モデル

の実績あり。かなりメリハリのあるスタイルだと。

 

下の写真は林紗久羅で、月収40~50万と豪語してたけど、

仮に本当なら例外中の例外。多くは日当1~3万円のはずで、

昔からあんましお金にならないと言われてる。28歳のベテランで

口も達者だから、別格なのかも。フレッシュ・エンジェルズとして

イベント活動もしてるからか。

 

181015e

 

下のコは目力(めぢから)の強さでマツコ・デラックスのお気に入り。

デスメタルのボーカルを長くやってて、一家言持ってた♪ シャウト

はやっぱ、女の子っぽいね。aym(ayumu=アユム)でいい

のかな。25歳。身長170cm。「邪悪」な名前のバンドを計画中。

 

181015f

 

この日、一番の抜き所(笑)はここかな。多分、録画や無料動画

でリピートしてる人がいるはず♪ 台本通りのヤラセにも見える

けど、いいね。助けてる女の子のニーハイブーツ(笑)。そっちか!

いや、ホットパンツ&太腿までの編み上げコスチュームもエロイ。

 

181015g

 

VシネマのADをやってた迫力ボディの橘花美咲、26歳。ここ

には書きにくい作品タイトルを次々に話してた。いや、書くと検索

サイトのAIロボットに誤解されちゃうもんで♪ ケンちゃんとか、

透明人間とか。ハイヒールは15cmくらいの高さかも。

 

それにしても、わりと年齢が上のコばっか前面に出てるのは、何と

なく力関係みたいなものが働くからかね? 偶然にしてはみんな

そう。S耐はちょっとお姉さんが多いのかな。今後の研究課題に

しよう♪

 

 

      ☆       ☆       ☆

で、番組ではVTRを別に作って、ネットで動画公開するらしい。

期待せずに見たら、意外と中身があった。放送1日後で再生回数

13万回。

 

181015h

 

上のWeds Galsは、ヌーブラで?胸を盛ってることを誇示♪

BカップをDカップに見せてるとのこと。そうゆう時代か。まあ、

こっそり豊胸されるよりマシかな。う~ん、ビミョー。。

 

181015i

 

正統派の可愛いコスチュームで人気のチーム、エンドレスは

まさかの手作りおにぎりを公開。結構、マジで握ってた。まあ、

マイクを奪い合ったり、やさしく握ったり、色々サービスしてると♪

 

181015j

 

バレエの本格派、MOTUL Lilyの七瀬莉砂(25歳)はトイレ

でジャージに着替えてゴミ捨て (^^ゞ 掃除、洗濯もこなすとの

こと。可哀想な気もするけど、本人はリラックスできるのかな?

 

181015k

 

最後はステージでオリジナル曲を披露するD’stationガール

たち。まあ、カメコ(カメラ小僧)の中高年男性には人気みたい

だけど、ここ数年はRQからメジャーになったコはほとんどいない。

一番の成功者は菜々緒かな。おのののかはあんましRQって

イメージはないし。。

 

 

     ☆       ☆       ☆

ちなみにレースクイーンと結婚したドライバーが豊田社長の横で

笑ってたし、往年の名ドライバー星野一義の長男、一樹もレース

終了後はレースクイーンを激しく攻めてるらしい♪ トヨタ社長は

どうなのか、文春砲に期待しよう。

 

というわけで、日本のRQ業界はもうしばらく大丈夫そうな気も

するね。一安心したところで、今日はそろそろこの辺で。。☆彡

 

            (計 2227字)

| | コメント (0)

『題名のない音楽会』参加企画、オーケストラと夢をかなえる音楽会~夢響(オーディション編)

(☆18年10月27日の追記: 本番の記事を新たにアップ

  『題名のない音楽会』参加企画~夢響(本番・前後編) )

 

 

     ☆       ☆       ☆

おめでとう☆ 面白かった~、箱根駅伝予選会♪ そっちか!

いや、土曜の朝10時ごろというのは、普段まったくテレビ見ない

時間帯だから、ついでに日テレも流し見したわけ。

 

単なる日本の学生大会の予選会なのに、地上波テレビで2時間

も放送。大勢の観客や応援が集まって盛り上がってる。有名校の

トップ選手なら名前も顔も走りもハッキリ紹介されるし、「無名」の

選手も大勢テレビ出演できる。

 

ある意味、ちょっと羨ましいね。まったく「無名」の一般人ブロガー

&三流アスリートとしては♪

 

 

     ☆       ☆       ☆

その「無名」という特徴を前面に押し出してるのが、『題名のない

音楽会』という題名のある音楽会♪ わかりにくっ! 英語で

「UNTITLED CONCERT」(タイトルの無いコンサート)という

タイトルも付いてる。人文系でよくある、ヒネった言葉遊びだ。

 

矛盾的に自己言及するアートとしては、シュールレアリズム(超

現実主義)の画家、ルネ・マグリットの絵画「イメージの裏切り」

が有名だ。喫煙用のパイプを描いた下に、「これはパイプでは

ない(Ceci n'est pas une pipe)」と書き添えてる。これ

はやがて、哲学者フーコーの論考にもつながった。

 

話を『題名のない音楽会』に戻そう。番組名やテレビ局を変えつつ、

54年(!)も続いてる長寿番組だ。国民的アニメ『サザエさん』より

長いのか。1964年というと、まだテレビ放送も始まってない(笑)。

自己矛盾だろ! そうじゃなくて、東京五輪の年に開始されたと。

 

ただ、私にとっては、「題名しか知らない音楽会」♪ 高校の選択

科目は音楽だし、Y先生と友人Hと一緒に民間の合唱団でハレルヤ

を歌ったこともあるから、別にクラシック音楽が苦手なわけじゃない。

友人Sの家でステレオを聴きながら名曲のレポートを書くのも好き

だったし、ヤマハ音楽教室時代には演奏会の舞台にも立ってる。

 

それがいつの間にか、すっかりご無沙汰になってしまった。今回、

友人の勧めでこの番組を見たのは、クラシックを思い出すいい機会

かも。美人お嬢様の演奏家も多いし(笑)。そうゆう動機か!

 

 

     ☆       ☆       ☆

で、一番気に入った音楽は出光興産コンサートの合唱『ふるさと』♪

CMの唱歌だろ! 「過去」の曲なのに、「みらい」を奏でる音楽会

とされてる。これもまた、過去と未来の矛盾的対立を弁証法的に

止揚、アウフヘーベンしたものだ。小池百合子のヘーゲル哲学か!

 

いや、わざわざ曲の記事も書いてて結構読まれてるけど、『故郷』は

不朽の名曲だし、個人的に泣けるのだ。うさぎを追った山の経験も、

小鮒を釣った川の経験もないのに(笑)。昆虫追いし、かの山。小魚

釣りし、かの海。忘れがたき、ふるさと。3週間前にも帰省したばかり。

 

CMはともかく、番組の「劇場支配人」は石丸幹二。『アルジャーノン

に花束を』の科学者だ・・っていうのは、一部読者へのご挨拶だ♪

古っ! 結構、あちこち顔を出してる有名人だね。芸大卒、劇団四季

を経て独立。単なるタレントじゃない、本物のアーティストだ。その横

にはテレビ朝日アナウンサー、松尾由美子。

 

ゲストはまずギタリストの村治佳織。久々に見たけど、いつの間にか

40歳の人妻。手の麻痺や病気はもういいのかな。もう一人のゲスト

は、サクソフォン奏者・上野耕平。全く知らなかったけど、若くて可愛い

かも♪ アブナイわ! これまた、私がコンプレックスを感じる芸大。

 

ちなみにこの2人が選ばれてるのは偶然じゃないと思う。実は共に、

スポンサーの名前が付いた「出光音楽賞」受賞者なのだ。村治が

1994年、上野が2017年。どちらも、メジャー進出を出光に支え

られた形だからこそ、今回の企画にふさわしいわけだ。

 

 

      ☆       ☆       ☆

で、本題のオーディションについて。無名の演奏者がオーケストラ

との共演という夢をかなえる企画、「夢響」(ゆめきょう)の出場者

を募集したのが今年の6月まで。6月後半には全国4会場で審査。

応募者327組。

 

“審査基準はズバリ!あなたの『熱意』です”なんて建前(笑)が

HPに書かれてるけど、実際の選出ポイントは色々紹介されてた。

要するに、技術の上手さや熱意は当然として、多様性、目新しさと

バランス。インスタ映え・・じゃなくてテレビ映えを配慮したわけか。

楽器、性別、年齢を考えつつ。

 

東京会場はテレビ朝日で、147組参加、4名通過。倍率37倍だ。

各会場での通過者人数はあらかじめ決めてなかったのか、HP

には記載がない。

 

通過者の名前などを、このブログにどこまで書くかはビミョーな

判断だけど、大人については苗字と年齢、子どもについては下の

名前と年齢・学年だけにしとこう。募集ページを見ても、個人情報

の取り扱いについての規約は大まかに書かれてるだけなのだ。

 

で、東京の合格者4人。まず、ピアノの萌夏(もか)さん、17歳

(高3)。音量・表情・身振りも豊か、実家も豊かそう♪ 審査員の

尺八奏者・藤原道三が直接電話で合格を知らせた時、家でパパ

が泣いてる様子が映ってたのだ。恵まれた家庭環境だね。

 

続いて、ピアノの茉央ちゃん、8歳(小3)。称賛すべき超絶技巧♪

ダジャレか! さらに、草笛(!)の飯島さん、42歳・女性。そして、

オカリナで『故郷』を演奏して、村治佳織も聞き入ってしまった葛貫

さん、56歳、スーパーのおばちゃん・・じゃなくて女性♪ お店の

仲間たちの様子が興味深かった・・とだけ書いとこう。

 

181013a

 

 

     ☆       ☆       ☆

続いて、兵庫会場。兵庫県立芸術文化センター。大阪と神戸の間

に位置する西宮市で、69組から2組選出。倍率35倍!

 

審査員長の上野耕平がガラ携で自ら電話。まず、声楽の白樫さん、

64歳・女性。30年もの間、人前で歌わずにレッスンした、自称

「おばあちゃん」。

 

もう1人は、バズーカ砲愛(笑)・・じゃなくてファゴット愛が溢れる

拓也くん、16歳・高2。低くて味わい深い音を出す、オーボエに

似た高価な木管楽器。英語だとbassoon(バスーン)、

うつす角度によってバズーカに見えるとネットで好評♪ ファゴット

は独語やイタリア語の発音。

 

美しい音色を多くの人に聴いてもらいたいとか熱弁する様子に、

上野は若いのにエライ!と感心してた。頭も家庭も良さそうで、

いいね。ソファーベッドも柔らかそうで♪

 

181013b

 

 

     ☆       ☆       ☆

さらに北海道では、札幌市生涯学習センター・ちえりあで20組が

挑戦。ピアニストの反田恭平が選んだのはただ一人、声楽の

隼大(はやと)くん、9歳・小4。自然な歌い方で、顔も可愛いね♪

 

181013d

 

最後に福岡。福岡市男女共同参画センターに26組が参加、3組

通過。倍率は9倍で、なぜか低めだ。

 

上野が電話したのは、サクソフォン、悟史くん、19歳・大学1年。

指揮&サックスの父子・武富さん、郁弥(ふみや)くん(46歳、16歳・

高2)。そして何と、ダンボール箱奏者(!)の廉太郎くん、14歳・中3。

 

181013c

 

全体で男女5組ずつになったのは性別バランスへの配慮か。応募者

より参加者の合計が少ないのは、書類選考と辞退があったからかも。

ともあれ、来週はいよいよ東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

との共演。乞うご期待。。☆彡

 

             (計 2892字)

     (追記57字 ; 合計2949字)

| | コメント (0)

春夜喜雨(杜甫)&「恋愛は幸福を殺す」(哲学者ウナムーノ)~『中学聖日記』第1話

「春夜喜雨」 杜甫

 

 好雨知時節

 当春乃発生

 随風潜入夜

 潤物細無声

    (『杜工部集』所収、761年頃) 

 

 「春夜 雨を喜ぶ」 

 好雨 時節を知り 

 春に当たりて 乃ち発生す 

 風に随いて潜かに夜に入り 

 物を潤し細やかにして声無し

 

 いい雨はちゃんと降る時を選んで降って来る 

 春になると必ず雨が降る 

 風に吹かれながら夜まで降り続けて 

 静かにほとんど音も立てず全ての物を潤す

 

  (上はドラマでの解釈。別の読み方は後述。)

 

 

     ☆       ☆       ☆

自分がお気に入りのものが、他人には気に入らないということは

よくある事。逆もまた珍しくない事で、自分が気に入らないものが、

他人の気に入るものだったりする。

 

まさかの初回視聴率6.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

に沈んでしまった、『中学性日記』・・じゃなくて『中学聖日記』。

私にとっては、好きな物だらけのドラマで、「秋夜喜劇」とか漢詩

(五言律詩)を書きたくなるほどだった♪

 

181010c

 

素朴で可愛い有村架純。優等生的で親しみやすい美少女、小野

莉奈。妖しい魅力の美熟女、羊田吉・・じゃなくて吉田羊。そのバイ

セクシャルな面でのお相手、中山咲月。そして、昔の後輩によく

似たカワイイ少年(アブナイ・・笑)、岡田健史(けんし)。上の

写真は公式インスタグラムより

 

海と山に囲まれた学校(ロケ地・静岡県立熱海高校)は私の生まれ

故郷と似てるし、子どもの頃から美人教師も大好き。そう言えば漢詩

も好きで、よく国語の授業の後にS先生を質問攻めしてた。聖ちゃん

と全く似てない中高年男性教師だったけど♪

 

今から振り返ると、先生の僅かな休憩時間を奪ってたのかも。

仰げば尊し、わが師の恩。。

 

 

     ☆       ☆       ☆

さて、かわかみじゅんこの原作マンガ『中学聖日記』第1巻を、

ebookで最後まで試し読み(期間限定)してみると、あの杜甫

(とほ)の漢詩は確かに登場してる。ただ、ドラマほどの強調では

なかった。脚本家・金子ありさのこだわりかな。いいね♪

 

というのも、思春期&反抗期の中学3年生・黒岩晶(岡田)が

新任の聖先生(有村)に対して、性愛をハッキリ向けたシーンの

描写になってるからだ。下の写真は公式サイトのあらすじより

 

181010a

 

動植物の目覚めの時期であると同時に、人間の性の目覚めでも

ある「春」。その「時節」に中学生が入った時、雨が降ってくれた

おかげで、先生の車の助手席に乗れた。突然の雨のおかげだった

点は、ドラマより原作漫画の方が明白。そして雨で身体が冷えると、

人は無意識の内に、温もりを求める。

 

その後、ドラマ第1話ラストの告白も、雨に濡れたまま車に置き

忘れてた晶の洋服(パーカー)を、聖が洗濯して翌日返したのが

キッカケ。女性らしい心遣いで、男心がキュンッとするものだ。

まあ、一部の女性は、ジェンダー(性別)による分業の固定化とか

反発しそうだけど♪

 

 

     ☆       ☆       ☆

ちなみに杜甫の唐詩の読み方。ネットでNHKの高校講座(講師・

渡辺恭子)を見ると、第二句の末尾の「発生」の意味が違ってた。

 

ドラマ(エンドロールに国語監修は見当たらず)とか、別の個人

サイトの説明によると、雨が「発生する」(=降る)と解釈されてる。

ところがNHK講座は、雨が(植物を)「発生させる」と読んでた。

 

NHKの方が、第一句の解釈にとっても自然な気はするけど、

ドラマのストーリーの流れにとっては大差ない。要するに、「春」

にふさわしい良い雨だったのだ♪ 特に関東(中学の設定は

神奈川)は、春の雨と風が目立つと思う。

 

なお、あの漢詩の出典が『杜工部集』であって、761年(ごろ)の

作だということは、本場・中国の複数のサイトやNHKの説明から

分かる。といっても1250年も前の話だから、いずれ歴史研究が

進むと訂正されるかも。

 

 

     ☆       ☆       ☆

それにしても、前クールのTBS火曜ドラマ『義母と娘のブルース』

は、最終回で19.2%もの視聴率(同上)を取ってたのに、一気に

3分の1に撃沈してしまったのは気の毒だね。裏番組が強かった

わけでもないのに。例えば、20分かぶった高橋一生主演ドラマ

『僕らは奇跡でできている』初回は、7.6%にすぎない。

 

実は私も、三連休疲れが残ってたから22時15分ごろには寝て

しまって(コラッ!)、残りは起きた後TVerの無料動画で見た。

その意味でも次の第2話の数字が気になるけど、要するにドラマ

の主たる視聴者である(中高年)女性の支持が少なかったと。

 

主役の1人、岡田健史は全くの新人だから数字を持ってないし、

実年齢19歳で15歳を演じるのは、外見的にも演技的にも大変。

有村の顔もキャラも若くて可愛いタイプで、むしろ男性視聴者向け。

 

中学の女教師と男子中学生だと設定が極端すぎて、興味より反感

や無関心の方が強かったか。マンガと比べると、テレビドラマの方

が遥かに不特定多数を相手にするから、難しい。

 

 

    ☆       ☆       ☆

私は人一倍か人二倍、思春期も反抗期も経験してる男子だから、

ドラマを見る前から自分の小・中学生時代を思い出してた。小学

2年生の時の熱心なM先生。近所でお世話になった美人お姉さん、

S先生。教え子との恋におちて行った美人教師たち(マンガの

ヒロイン・・・笑)。

 

教育実習生として中学に来てた、名前も思い出せない女子大生

の先生とは、たまたまバス停から学校まで2人で一緒に歩いた

のがいい思い出だ。何でもない会話や笑顔でも、純な少年の胸は

ドキドキ♪ 

 

マンガみたいな悲しい恋愛の最後まで夢想して、考え込んだり。

結局、お別れするんだよなぁ・・とか(笑)。その内の1つの作品は

珍しく電子書籍で全巻揃えたのに、まだ読めてない。哀し過ぎる

結末だったもんで♪ マンガだろ!

 

いや、子どもの頃は現実と幻想が融合してるのだ。やっぱり今でも

少年のままってことか。。

 

 

     ☆       ☆       ☆

最後に、子星中学校職員専用共通システムでなりすましメール

を送った真犯人はさておき、学校裏サイトで聖を攻撃してたのは

誰か。ネタバレは全く見てないけど、晶の別人格かも。少なくとも

なりすましと同じ人間(職員?)とは限らない。

 

あと、美人教師はもちろん最高だけど、美人上司もいいね♪

グローバルVedコーポレーションの原口律(吉田)は、部下の

川合(町田啓太)の婚約者となった聖と初対面。いきなり古い

名言ウンチクを説いてた。

 

 恋愛は幸福を殺し、幸福は恋愛を殺す

 

「昔の人」としか言ってないし、ネットで出典を検索するといつもの

ように、信頼できそうなサイトはなかなか見当たらない。多分、

これでいいと思うけど、本当にスペインの哲学者ウナムーノ自身

の言葉や著作(の英訳)なのかどうか、まだ確認できてない。

信頼性の低い単なるまとめ本の可能性もあるので念のため。

 

 Love kills happiness,

 happiness kills love.

  『Essays and Soliloquies』(随筆と独白)

 

181010b

 

 

    ☆       ☆       ☆

上の名言をより正確に言い直すと、愛は普通の幸福を殺す、と

なるはず。代わりに、特別の幸福をもたらしてくれる。だからこそ

原口も雄弁に語ってた。

 

 絶対あり得ない

 そう思った相手を好きになったり

 世間の常識から外れたり

 大多数の人に反対されたり

 それでも引っ張られる 堕ちていく

 ・・・ そうゆう経験 最高よ

 

現実の日本社会を見ても、不倫カップルがやがて離婚して正式

に結婚(=再婚)するパターンはそれほど珍しくない気がする。

 

最初から予想以上に厳しい反応となってるこのドラマの場合も、

最後に「普通の」幸福はあり得ない。それでも、別の幸福や最高

の悦びはあるはず。ヒロイン達が悦びの声をあげる姿をじっくり

楽しませて頂こう。想像力=イマジネーションの鍛錬も兼ねて♪

 

春の夜、喜びの雨♪ 別の意味で具体的にイメージしつつ、

それでは今日はこの辺で。。☆彡

 

 

 

cf. 『中学聖日記』、原作1巻とドラマ2話までの比較

 

           (計 3118字)   

     (追記26字 ; 合計3144字)

| | コメント (0)

元NHK女子アナ代表・有働由美子、生で「うどニー」に感謝♪&ハーフ走2本目

(2日) RUN 21.1km,1時間47分28秒,平均心拍 149

   消費エネルギー  1112kcal (脂肪 189kcal)

 

元NHKの看板女子アナ、有働由美子というと、個人的には

紅白歌合戦の司会くらいしか見てないんだけど、ネットや雑誌

で話題になってるのはよく読んでる。

 

アラフォーで別に美人でもないのに(失礼♪)、かなり好感度が

高いらしい。私もわりと好きで、評価してた。美人じゃないっていう

のは、本人も周囲もネタにしてることだけど、あの年にしては仕草

や表情もカワイイし、即興のトークが面白い。早口なのに聴き取り

やすくて、声質が柔らかい。

 

そして、下ネタも全然大丈夫・・っていうのは何となく感じてたけど、

国営放送を出て民放にデビューした途端、「生で爆発」♪ 男性

が生で自分に爆発してくれることに、生放送で感謝して、マツコ

や視聴者を爆笑させたのだ。

 

恐るべし、元NHK看板アナ。恐るべし、資本主義&自由主義♪

(マツコの民放解説)。社会主義の国営放送とは違うのであった。

 

 

     ☆       ☆       ☆

181003b

 

さて、まずは夜23時からの番組、『news zero』(小文字

へと変更)。私はオープニングの音楽と映像、「ゼロ~~」の

音声が好きだったのに、18年10月1日から全く変わってた。

有働に合わせて女子モードを狙ったのかな。

 

181003c

 

パステル系のオレンジ、ピンク、イエロー、グリーン、白を前面

に押し出したデザインで、この赤血球みたいな粒々は今のところ

「ベーグル」(bagel、ドーナツ型のパン)と呼ばれてるらしい。

私には献血CMに見えちゃうけど♪

 

 

     ☆       ☆       ☆

181003d

 

オープニングの前、番組の一番最初は、有働が一人で登場。

かなりガチガチに緊張した感じで、マジメに挨拶し始めた。ただ、

自分のデビュー日に日本人がノーベル賞を取ったことについての

一言はユニーク。

 

 「ありがとう・・は変だな。エーッと、すみません。

  本当にうれしいです」(笑)

 

このニュースで「ありがとう」と言った女子アナは多分、有働ただ

一人のはず♪ 「みんなで会話」しましょうっていうアピールの

時の両手の仕草も彼女らしくて、前任キャスターの村尾信尚

ではありえないもの。

 

181003e

 

ちなみに私は、村尾も好きだったけど、官僚出身の日テレの

キャスターにしてはリベラル色の政治的主張を強めに出してた

のがちょっと気になった。有働はもうちょっと中立的になると思う。

 

 

     ☆       ☆       ☆

この後、有働らしさがよく出てたのは、櫻井翔との打ち解けた挨拶

とか、iPS山中伸弥教授とのやり取りとか。有働さんのデビュー日

に登場できて光栄ですとか、世界の山中がいきなり笑顔で挨拶して

くれるなんて、彼女ならではのこと。

 

年収2億円とか予想されてるのは、そうした人脈も含めた評価。

2日目の昨夜は、タモリとも打ち解けすぎた様子を見せてた♪

生き方がティッシュペーパーみたい!とか、わざとタモリを叱り

つけて、「いいね」と喜んでもらってたのだ。SもMもいけると(笑)。

いや、私の想像の中だと、有働はドMになってるもんで。

 

181003f

 

そして、エンディングでは、巨大な円形モニター(CGではなく

本物らしい)の横で深々とお辞儀。一人だけ、テーブルに顔が

つくくらいまで丁寧に挨拶した後、生放送で『月曜から夜ふかし』

に出演。といっても、準備か休憩があったみたいで、登場する

までしばらく時間が空いてた。

 

ちなみにエンディングのテーマ曲も、椎名林檎の『獣ゆく細道』

に変更。まだ耳になじまないし、有働の柔らか路線とも合ってない

気がする。前の安室奈美恵『Finally』の方が、心地よく眠り

に誘ってくれてた。

 

 

     ☆       ☆       ☆

で、『夜ふかし』。マツコ・デラックスや村上信五(関ジャニ∞)に、

化粧なしだとオオサンショウウオみたいな顔(笑)とか、意外と年齢

なりの人だとか言われた後、『ゼロ』と同じ服装で登場。早速マツコ

にイジられてた。

 

ちょっと地味というか、落ち着き過ぎてる感はあったかも。一応、

シースルーで女性らしいラインのドレスではあるけど。ま、無難な

スタートを狙ったってことで。

 

そしてウケたのが、「うどニー」のシーン♪ 「ウドニー」とか「有働

ニー」とか書かれてるみたいだけど、字幕は「うどニー」だった。

 

沖縄の通俗的な実態を紹介する中で、ある男性が、自分の嫁で

「オ ・ ニー」してるとか、思い切り下ネタを語りまくった。VTRを

見た後、マツコだったか、有働をオカズにすることを「うどニー」

と命名。有働は「Me Too」的にセクハラ抗議するどころか、

直ちに自分から下ネタに便乗。

 

  もし、うどニーをしてくださる方がいたら、

  本当にすごいことですよね♪ ・・・49ですよ

 

早速、ツイッター検索をかけてみると、数百ものつぶやきを発見♪

ほとんど好意的で、全然OKというツイートも結構あった。ちなみに

私はまだ試してない(笑)。「まだ」か! いや、うどうがニーハイを

履いてくれれば、何とか「うどニー」成立なんだけど。

 

181003g

 

紅白のゴールドのボディコンとか、ボツになったセーラー服の衣装

とか、画像検索してみようかな・・と思った視聴者もいるだろう♪

他人事か! 街のオバチャンが有働だと分からなかった上の写真

でも何とかなるかも。とにかく、今後の有働の活躍に乞うご期待。

政治家への転身は10年後でも大丈夫。写真集なら今のうちかも。

 

 

P.S. 初回視聴率は10%でほぼ倍増・・というのは日テレと

  同系列のスポーツ報知の記事だが、スポニチによると前4週

  平均9.3%と比べて微増とのこと。『夜ふかし』9.2%

  も深夜番組として高視聴率ではあるけど、特別高かったわけ

  でもないようだ(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 

 

      ☆       ☆       ☆

最後に、昨日の走りについて一言だけ。うどニーのし過ぎで疲れて

・・じゃなくて、土曜の自転車疲れがいまだに太腿に残ってて、序盤

から苦戦。心拍計のストラップベルトを自転車用にキツく締め過ぎ

てたこともあって、胸も呼吸も苦しい。

 

すぐ止めそうになりつつ、静かな腹式呼吸でごまかして、ハーハー

ゼーゼー。何とかギリギリ、ハーフ21kmを走り切れた。トータル

では1km5分06秒ペース。前回の1本目より4秒遅いけど、

気温は前より4度高いし、まだ2本目のハーフ。良しとしとこう♪

 

気温19度、湿度75%、風速1m。最初の10分は心拍計

が反応しなかったから、データは補正した。ではまた明日。。☆彡

 

 

181003a

 

        時間 平均心拍 最大

往路(2.4 km)  12分50秒 134 141

LAP1(2.1 km) 11分04秒 140 148

  2     10分54秒 145 155

  3     10分49秒 147 153

  4     10分57秒 150 155

  5     10分54秒 152 156

  6     10分48秒 153 159

  7     10分57秒 153 158

復路(3.7 km) 18分15秒 154 163

計21.1km 1時間47分28秒 心拍平均149(83%) 最大163(91%)

 

           (計 2766字)

| | コメント (0)

日テレ『安室奈美恵 引退SP』、軽~い感想♪&多摩川3週間ぶり

(17日) BIKE 60km,約2時間20分,平均心拍 135 

   消費エネルギー 1270kcal (脂肪 381kcal)

 

2018年9月16日の引退から2日後に放送された日本テレビ

『安室奈美恵 引退SP!』。思い出すね。平昌オリンピック♪

リオだろ! 書く前に念のために調べて良かったわ(笑)。

 

 I’ll be your hero 私はあなたのヒーローになる

   (作詞 Ryosuke Imai ・ SUNNY BOY)

 

そうか、『Hero』はリオ五輪のテーマ曲(NHK)だから、もう

2年前なんだ。ピョンチャンは、「夢を追う君へ~~~♪」の

『サザンカ』(SEKAI NO OWARI)だった。

 

 

    ☆       ☆       ☆  

まあでも、小学校時代から芸能界入りの「夢を追う君へ」も、

途方も無いプレッシャーがあったはず。実は中卒のまま勝負した

のかな。学歴より、職歴と実力だと。

 

40歳までトップを走り続けて、見事に金メダル取れたね♪ 最後

のツアーのテーマは、「1人オリンピック」。ライブの冒頭(?)、

本気でステージの端から端まで走ってた。

 

180919a

 

市民ランナーの端くれとしては、ブーツのハイヒールが折れない

ことに驚いた♪ そこか!

 

いや、前傾姿勢、腕ふり、右脚の上げ方、左足の蹴り出しに注目した。

ライブで持久力も精神力も鍛えられてるし、スタイル良くて体脂肪率

もかなり低そう。引退後は東京マラソンとかいいかも。身長158cm

とか157cmとか。女性の平均くらいだけど、思ったより高いのか。

 

 

     ☆       ☆       ☆

デビュー当時は、沖縄出身ってことで空手の真似事みたいなことも

やってた。あの2つのシーンだけリピートしてる男性視聴者も多い

・・ってことはないか。ブーツで男を蹴るシーンが無かったし♪

コラコラ! そうじゃなくて、ファンの大半は女性だしね。

 

何でだろう? 媚びない姿勢って言っても、衣装と化粧とルックス

は男ウケも良さそうなのに。「ピンクは着ない」けど♪ 10代の

コギャルのイメージが残ってるからかな。男子禁制って感はある。

 

ライブの男女比の正確な数値は見当たらないけど、私が観客全体

をチェックすると、3対7か2対8くらいに見えた。男性も意外といる

わけか。私も行ってみようかな♪ 引退だろ!

 

いや、紅白歌合戦だけ一時的に復活とか、あり得なくもないから。

視聴率も稼げるし。実際、1998年の産休明け復帰では瞬間最高

視聴率64.9%! 今回の番組でも、日テレなのにNHK紅白の

映像が多かったほど。

 

個人的にツボの曲は、初めて知った『DO IT FOR LOVE』。

愛のために「それ」をする。漠然とした物事や状況を表す代名詞

イットには、ちょっとエロチックな意味合いも含まれてる。ただ、

ライブの最後に歌われてたのは、ファンへの感謝って意味だろう。

 

「ア~ア~ア~アア~」とか歌詞で検索したら曲名が出た(笑)。

Like we do it for love, love」。サビの語尾「ラブ」の母音

アを超高音で伸ばしてたわけか。作詞SUNNY BOY。

先頭の「ライク」は、音とイメージ優先の歌詞だから訳しにくい。

私たちは愛のためにするの・・みたいな♪」と訳すとか(笑)。

 

 

    ☆       ☆       ☆

私が見始めたのは21時20分頃から。ジンクスは信じないけど、

ライブの着替えの時、ブーツは左足から履くとか話してた。

 

実は食べるのが大好きで、豚骨ねぎラーメンにラー油もたっぷり

入れるし、テレビのドラマやバラエティ見ながらお菓子もバリボリ♪

それでも太らないってことは、運動量が多いわけか。超人気者だし、

あちこち移動するだけでもカロリー消費は増える。

 

小室哲哉の話が出ないのはともかく、息子の話もなし。年を取る

につれて美人になって来たのに、整形のウワサもあんまし無し。

あぁ、書くこと一杯あるのに、もう時間が無いから終わりにしよう。

 

ウチ的に絶対落とせないのは、「美青年」のサプライズ出演♪

日テレの男性アナウンサーが、一番盛り上がってたとか紹介

してた(笑)。それは安室に失礼だけど、ホントだったりして♪

 

 

     ☆       ☆       ☆

180919c

 

山P=山下智久とのコラボに、揃ってウチワをあげてたのは

Pファンの皆さんかな?♪ 知ってたのか、あるいはアムロちゃん

ファンのノリが良かったってことか。美青年、何気にあちこち活躍

してる気がするね。

 

180919d

 

コラボの成功の直後、安室は両手を上げて無邪気に笑顔。自分

から手を差し出して握手してた。その後、礼儀正しい美青年は

当然、しっかりお辞儀して退場。

 

なお、番組の最後は日テレ系の動画サービスHULUのライブ

の宣伝(笑)・・・じゃなくて、浴衣で花火を楽しむ安室の姿。

そして『NEW ZERO』につながって、番組のファイナルに

テーマ曲『Finally』が流れるのであった。最後に、やっと、遂に。。

 

 

P.S. 視聴率は関東地区で15.0%(ビデオリサーチ調べ)。

    関西、名古屋、北部九州もほぼ同じだった。

 

 

     ☆       ☆       ☆

この記事の最後は、3週間ぶりの自転車について一言だけ。気温

も低くて、意外とそれなりに走れたけど、汗が流れ落ちて困った。

9月中旬の曇り空とはいえ、ボトルの給水はまだ必須。

 

 

連休で空いてる多摩川サイクリングロードを軽く流して、トータル

では平均時速25.7km。気象条件は、気温22.5度、湿度

95%、風速2.5m。これで「やっと」記事終了。Finally。

 

ちなみに、私はまだ安室の半分の期間しか活動してないから、

ブロガー引退はできない。目指せ、25年♪ ないだろ!

ではまた。。☆彡

 

 

180919b

 

         (計 2208字)

| | コメント (0)

バブル末期、夕陽のようなオレンジ色の恋~『東京ラブストーリー』第1話(再放送)

昨日(2018年9月14日)から関東ローカルで再放送が始まった

フジ月9ドラマの名作、『東京ラブストーリー』。14年ぶり、7回目。

10月8日から織田裕二と鈴木保奈美の共演で始まる新・月9

『SUITS/スーツ』の前宣伝ということだ。

 

平成ブロガーの私としては、ビデオでサラッと見て以来だから、

懐かしさもあって、珍しく夕方の放送を録画。巻き戻しまでしながら

きっちり見たのは正解だった♪ こんな事までしたのは、9年前の

『ロングバケーション』再放送以来か。

 

 奇跡のリターンがもたらす輝き~『ロングバケーション』第1話

 

試しに、同じ時間帯の関東以外の放送を調べると、名古屋は

ゴルフ、大阪は『BOSS』、九州は『医龍4』。関東だけがラブラブ

のバブルになってた♪

 

 

     ☆       ☆       ☆ 

『東京ラブ』は元々良く出来たドラマだし、今の目線で見ると希少

価値もある。これほど恋愛を真正面から前面に押し出すドラマは

ちょっと覚えがないし、もう不可能かも。

 

最近はそもそも恋愛の人気が落ちてるから、恋愛ドラマも不人気。

本数も視聴率も減少してるし、数少ない作品も恋愛以外の要素が

かなり入ってる(月9が典型)。仕事、家族、生活、スポーツ、etc。

飛び抜けた才能や特殊な背景を持った主人公も非常に多い。

 

『東京ラブ』はほとんど全て、普通の社会人と学生の恋物語で、

それは第1話の冒頭からすぐスタートしてた。1話のエンディング

も延々と2ショット、2人だけで甘くときめく夜の東京・渋谷のシーン。

 

現代では一部で、「人はやがて恋愛しなくなる」といった予想まで

ささやかれてるほど。国宝どころか、世界遺産に指定してもいい♪

とりあえず1本、記念にレビューしとこう。後は最終回か。ネタバレ

になるので、ご注意あれ。

 

 

     ☆       ☆       ☆

『東京ラブ』の原作については、2年前に続編が発表されたので、

当サイトでは7000字超の長編レビューもアップしてある。ドラマ

の話もそれなりに含まれてる。

 

 柴門ふみ『東京ラブストーリー』、第1巻

   &続編「After 25 years」

 『東京ラブストーリー』、25年後の特別編(クリアアサヒ)

 

今回あらためて気づかされたのは、原作とドラマの違いの大きさ。

基本的な設定や非常に大まかな流れは似てるけど、具体的な話

の展開や台詞・映像は、原作マンガと大幅に違ってた。脚本家・

坂元裕二や演出家(今回は永山耕三)たちの実力と個性だろう。

 

坂元裕二は現役の人気脚本家だし、ひょっとすると続編のドラマも

スペシャルで作られるかも。今回の再放送と新ドラマ『SUITS』

への反応、後は織田と保奈美の意欲次第か。

 

 

    ☆       ☆       ☆

では、ドラマ第1話の内容について、映像を引用しながら具体的

に感想、解説を書いていこう。非営利の個人サイトにおける限定的

引用なので、著作権の問題は生じないと考える。肖像権には別に

配慮。タレントの顔はほとんど判別できないよう配慮する。

 

180915a

 

先に、レビューのタイトルの冒頭に書いた「バブル末期」という

言葉について、株価のグラフで確認しとこう(日経平均)。赤い丸

が、ドラマの放送が始まった91年1月。延々と「失われた20年

(or 30年)」の底這いが続いて、再び上がって来た右端が現在。

 

『東京ラブ』の放送時期は、鋭い右上がり(バブル景気)が頂点に

到達して、かなり下がった所だけど、普通はこの辺り(90年代初頭)

までバブル期に含めるから「バブル末期」だ。

 

興味深いことに、現在の株価はちょうど赤丸の水準まで回復。

ただしと言うか、だからこそ、また危険性が指摘され始めてる。

 

とはいえ、今の日本は格差が拡大、景気がいいのは一部の勝ち組

のみ(大企業、富裕層)で、バブル的な華やかさは無いし、右肩

上がりの強気の成長イメージも薄らいでしまった。。

 

 

     ☆       ☆       ☆

最初は羽田空港で、ヒロインの赤名リカ(鈴木保奈美)が永尾完治

(織田裕二)を出迎えて、「カンチ」と呼ぶシーン。原作とは全く別物。

 

緑色の公衆電話をカンチが使う時、テレビ画面上部に「この作品は

1991年に制作されたものです」とテロップが出たのが笑えた♪ 

まあ、外国だといまだに日本は芸者・忍者・侍のイメージがある

みたいだから。ちなみにドラマ全体で、固定電話と公衆電話は重要

な役割を果たしてる。カンチは仕事用にポケベルも持ってた。

 

180915b

 

上がドラマのオープニングで映されるタイトルバック冒頭。普通、

主要人物は真ん中に置くけど、ここでは「東京ラブ」という4文字

の真下に位置。原作の最初とちょっと似てる。

 

本放送との違いは知らないけど、最初からグレー、灰色の背景で、

2人も黒い影。その中で、「東京ラブストーリー」の文字だけ赤く

控えめに輝いてる。小田和正の主題歌『ラブストーリーは突然に』

も切ないメロディー。歌詞の最初も、「雨」「たそがれ」。

 

180915c

 

そこから夕陽のオレンジ色に染まった瞬間が上図。2人の間に、

オレンジ色のハートっぽい形を作ってる。顔は映ってないけど、

長い髪を後ろで編んでる女性のシルエットは、ヒロインの赤名リカ

(鈴木保奈美)には見えない。第1話なら、むしろ関口さとみ(有森

也実)。左はカンチ=永尾完治(織田裕二)に似た感じ。

 

180915d

 

次の瞬間、2人は顔を少し離して、向こうから夕陽が差し込む。

細かいテクニックで、別れの美しさの象徴とも解釈できる。この時、

さとみ的な三つ編みの髪が背中に溶け込むから、カンチとリカの

別れのようにも見えて来る。

 

180915e

 

その後、波紋のような映像加工で2人は周囲に消えて行く。ただ、

その後も抱き合う影として最後まで登場。オレンジ色にライトアップ

された東京タワーの前。噴水のそば。水の映像は、涙にも見えた。

 

 

     ☆       ☆       ☆

その後、さとみが勤める幼稚園(or保育園)で、同僚のときこ(?、

水島かおり)に高校時代の思い出を話すシーンも細かい技。さとみ

が見つめてる子どもの絵が、心理描写になってるのだ。画面右上

の「SUITS」の宣伝ロゴは意外と気にならない。自動スルー♪

 

180915f

 

身長差がある2人の男の子に挟まれて、女の子が微笑んでる。

3人が少しずつ離れてるのもポイント。さとみの意識的には、この

時点でこの距離感が幸せだけど、内心はそうでもないと分かって

来るし、左右に揺れ続けることになる。

 

180915g

 

これは最後の決定的シーン。石を投げる「水切り」遊びでカンチ

に勝った三上(江口洋介)は、2人きりのバーで告白っぽいボヤキ

を口にした。すると、さとみも告白めいた言葉で応答。

 

店を出た三上が、「一番ずるいのは関口、お前じゃないのか?」と

責めながら、さとみにいきなりキス。赤信号の横断歩道の向こう

には、カンチがリカを連れて来てる。望遠レンズは、三上とさとみ

の間に、カンチとリカを挟んで撮影。

 

180915h

 

ズームアウトで、向こう側のカンチとリカを映す。基本テクニック

とはいえ、ここまで形を決めた映像は珍しい。カンチの目は三上

とさとみに釘付け。ところが、リカは横のカンチをじっと見つめる。

四角関係がキレイに描かれてた。

 

 

      ☆       ☆       ☆

そして一番最後。落ち込むカンチに、リカは星空を見ながら元気

づける。淋しくても、眠れなくても、みんな見上げた星空は1つ

なんだ♪

 

ちなみにこの直前、さとみは三上に、全く別の話をしてた。みんな

星みたいに、変わらない距離でいられたらいいな。。 一体感を

大切にするリカ、適度な距離感を大切にするさとみ。

 

いずれにせよ、一つになった男と女はいずれ必ず離れる。さとみ

は三上から逃げ去った。「あたしの事なんか好きじゃないくせに。

いけないよ、いけないよ・・」。三上が医大の長崎尚子(千堂あきほ)

に手を出す様子も見せつけられてた。

 

180915i

 

そして代々木公園・イベント広場の有名なシーン。渋谷駅から

公園通りを登り切った所にある開放的な空間を、貸し切り状態

にして撮影。スタッフの皆さん、お疲れ様♪

 

さとみにフラれた感じのカンチ(左)と、彼への思いを真っすぐに

ぶつけるリカ(右)。2人は細い線の上に立ってるけど、その間に

太い線が横切ってる。これも狙いすました構図で、ありそうで無い

シャープな映像。この幾何学的で無機質な構図と距離があるから

こそ、ベタベタに熱いやりとりも馴染むことになる。

 

 何か これじゃいつまでたってもかえれないね

 そんな夜もあるよ

 うん じゃあさ こうしよう せえので一緒に後ろ向くの

 OK

 せえの

 (クルッ スタスタ カンチが振り返るとリカが見てる)

 ずっりーな!

 カンチ♪ 何? カンチ・・ 何だよ カンチ・・・ 何・・   

 カンチ! (スタスタ、リカが抱きついてメリーゴーランド1周)

 好き♡ あっ、言っちゃった 悔しいな

 何言ってんだ

 おやすみ♪ (右のほっぺにチュッ♪ キスしてスタスタ帰る)

 ちょっと待てよ!

 

  

     ☆       ☆       ☆

満面の笑みで帰るリカと、取り残されたカンチを映して、「つづく」。

鈴木保奈美の演技と台詞回しはスゴイと感心した。キュンキュン

する可愛さだね。原作のリカとはかなり違うし、現実にも絶対いない

タイプだけど(笑)。

 

熱すぎるほどの思いは、昼間の太陽。やがて夕暮れが訪れて、

オレンジ色の輝きと共に沈んでいくのだ。80年代に「日は昇る」

と言われた日本が、90年代から沈んで行ったように。。

 

先日、『高嶺の花』最終回レビューで世界の太陽の画像を探すと、

「sunset」(日没)が人気なのが判明。それはやっぱり、人間とか

生命が有限だからではないか。人生全体が沈む夕陽だから、その

一瞬のきらめきに美しさを見出すのではないか。。

 

ちなみに原作者・柴門ふみも語ってた。「恋は必ず終わる」と、

漫画第1巻で早くも(あとがき)。愛は残るかも・・とのこと。

 

ともあれ、AIやロボットどころか数十年後の人類にも理解されない

ドラマだろうな・・とか思いつつ、私は大満足だった。いいね! 

トレンディドラマとかラブストーリーというより、極限の観念(=理念)

を具象化した恋物語だろう。

 

それでは今日はこの辺で。。☆彡

 

                (計 3977字)

| | コメント (0)

黄色い高嶺の花は、純潔な太陽の光~『高嶺の花』最終話

放送開始前にたまたま、峯田和伸がカツラだったという記事を

読んだから、直人の髪型ばかりが気になってしまった最終回♪

 

結果的には平均視聴率2ケタ復活。初回を上回る自己最高の

11.4%を記録。動画や録画も含めると総合15%は超えてる

だろうから、今の時代としては一応、成功だろう。全話の加重平均

でも9.5%だから、ほぼ10%。

 

かなり実験的なドラマでオリジナル・ストーリーなのに、これだけの

視聴率を取ったのは、やっぱり日テレと石原さとみの人気と実力か。

お花のドラマでの成功、メイン・スポンサー「花王」も満足だろう♪

 

 

     ☆       ☆       ☆  

テレビドラマの世界では相変わらず、キャスト(役者)と物語(言葉

の流れ)が話題の中心になってる。しかし、スタッフが作り上げた

映像も綺麗だし、面白かった。最終回の演出は大塚恭司。       

 

スルーされがちだけど分かりやすい映像としては、脇役同士の

恋愛の結末が挙げられる。なな(芳根京子)が月島流や父=家元・

市松(小日向文世)に別れを告げ、龍一(千葉雄大)の「ストーカー」

(笑)になる場面。「高嶺の花」というものを象徴する、映像の文法。

 

180913b

 

180913c

 

180913d

 

再会からハグ(抱擁)まで一貫して、ななが「高い」位置にいる。

伝統ある華道・月島流の家元の(2番目の)正妻の実子で、姉・

もも(石原)との生け花勝負(俎上)にも勝利した、美しいお嬢様。

 

兄・兵馬(大貫勇輔)に負けて華道界から撤退、牧場の見習いと

なった龍一(庶子=妾の子)にとっては、「高嶺の花」。それでも

2人は、上と下から歩み寄る。ロケ地は先日のNHK『ブラタモリ』

でも扱われた那須、野ヶ原ファーム。Facebookで告知してた

 

ちなみに画像は、非営利の個人サイトのレビューにおける限定的で

好意的な引用なので、著作権の問題は生じないと考える。肖像権

には別に配慮、顔はほとんど判別できないようにしてある。

 

 

     ☆       ☆       ☆

ところで上の牧場の映像。色合い的には、緑というより黄緑に近い。

直人がわざわざ遠出して、骨折してまで摘み取った「高嶺の花」の

黄色が混ざってるように見えるのだ。そういえばあの時も、花の黄色

が周囲の緑と混ざるようになってた。『アルジャーノンに花束を』に

似てるかも・・というのは、一部読者へのご挨拶♪

 

180913e

 

この花、私は最初、ドラマ独自の造花だろうと思ったけど、念の

ために画像検索してみたら、GoogleのAIが出した「最良の

推測結果」は「gagea」。キバナノアマナという花だ。

 

ただ、花びらの反りが足りないから調べ直すと、どうも黄色のユリ

が一番近いと思う。

 

「黄色いユリ」(yellow lily)の花言葉は、「陽気、偽り」。

陽気はともかく、偽りという意味は最終回に合ってない。そこで

「ユリ」のイメージを調べると、純潔といった意味が目立ってる。

特に白百合なら、聖母マリアの象徴らしい。

 

180913f_2

 

純潔を守ってそうな「あの方」、直人や、ももの実の父・高井(升毅)

の象徴としてユリを使うのなら、自然なことのようだ。ももや石原

さとみの象徴としてはさておき♪ ただ、高嶺の花の本質は、

イエローという中性的で目立つカラーの方なのかも知れない。

 

そこで改めて、新流派承認のための俎上(そじょう)を振り返って

みよう。「共依存」ではなく自分の足で立って愛し合いたい、ももの

長大かつ抽象的な演説の全文を。。

 

 

     ☆       ☆       ☆

 その方は 私が哀しいといえば 愛ある証しと答えてくれました 

 怒っていたら もっと怒っていいと言ってくれました 

 その方は 分け隔てなくすべての土地を照らす 太陽なのです 

 こんな時代に いつでも優しくあり続けることがどれほど困難か 

 自分の価値観を固定せず ひとの価値観をすべて受け入れる 

 聡明で高潔な魂 

 

 花は 花はただ その日差しに顔を向けています 

 一番綺麗な顔を太陽に向けています 喜びに満ちて

 

 ならば私も花になりましょう

 そこに太陽を あの方を思い浮かべましょう

 花が素直に ただ太陽を向くように

 私もあの方に顔を向ければよいのです

 あなたの暖かな日差しに感謝をして

 愛と喜びに満ちて

  

 私はお花 私のお花は何の邪気もない ありのままの私 

 その求愛にございます 

 たとえこの思いがかなわずとも 何の痛みもございません 

 あなたこそが太陽だと 

 唯一無二の日差しであると今わかるのです 

 今になって お慕い申し上げております

 

 

     ☆       ☆       ☆

この言葉。もちろん直接的には、もも自身が花で、直人が太陽だと

いう意味になってる。

 

実際、演説の途中で度々、直人の暖かさを表す映像が入ってた。

花をとるために骨折した足と包帯。入院中も送り続ける自転車少年・

宗太(舘秀々輝)への激励(LINEメッセージ)。

 

一方、演説の直前、ももは高井にたずねた。母以外の女性を好きに

なったことがあるか? 高井がありませんと答えると、ももは語った。

 

 全力であなたの人生を肯定してあげる

 お父さんの人生を

 

もれなく付いて来る(笑)金さん・銀さん(正司照枝・花江)の話から

考えても、お花はももの母、太陽はももの父・高井を表してるのだ。

それがすぐ分かったからこそ、こっそり立ち聞きしてた高井は涙を

流してた。お花はむしろ、もも「と」母と言うべきかも。

 

 

     ☆       ☆       ☆    

「今になって」、ももは父の有難さに気づいたのだ。別の太陽である

直人への思いを通じて。逆に高井の気持ちとしては、自分はお花

という側面もあるはず。家元の妻・千恵子という太陽に遠くから

「求愛」し続けてたのだから。「たとえ思いがかなわずとも」。

 

180914d

 

そして、この太陽こそ、黄色が表す代表的な意味の一つなのだ。

イラストはキッズ@niftyより。太陽を追うと言われる夏の花、

ひまわり(sunflower=太陽の花)も黄色。

 

英語版ウィキペディアで「Yellow」の項目を見ると冒頭、太陽光

はイエローだと書いてる。物理的には太陽の表面温度によるもの。

 

他に、可視光線の色の連続的変化(スペクトル)の中央あたりに

黄色があるからだろう。そう言えば、虹の七色の中心で目立つのは

黄色と緑だった。

 

180913h

 

 

     ☆       ☆       ☆

直人と黄色の関係は、調べてみると結構、面白かった。くまの

プーさん(ディズニー版)が濃い黄色だし、自転車店の周辺を

よく見ると、黄色が散りばめられてる。

 

店の脇にある「風間輪店」の看板、のぼり(旗)の文字、ガラスの

「サイクルショップ カザマ」の文字、玄関の花など。日に焼けてる

けど、店先を上から覆ってる古いビニール(?)も、元は黄色だった

感じだ。そして最後、直人のシャツは薄い黄色になってる。

 

180913g 

 

ももと黄色は、ドラマの終盤で全体的に重ねられてた。ちっちゃい

女の子のシャツも黄色、最後の巨大な「完」の文字も黄色。公式

サイトのストーリーで全話の写真を見ても、10話だけ黄色だった。

キレイに色を統一してるのがよく分かる。

 

180913i

 

180913j

 

180913k

 

 

     ☆       ☆       ☆

最後に、この物語の一番奇妙な点について。ある意味、回収されて

ない伏線と言えるのは、自転車少年の宗太は何だったのかという事。

 

取って付けたような浮いたキャラクターとエピソードだし、日本

一周したようには見えないのに、下町商店街では盛大なお出迎え。

ただし、横断幕に「日本一周達成」のような祝辞はなし。

 

自転車屋だからチャリンコ少年が出てもいいと、軽く流してもいい。

ただ、先週も書いたように、ファンタジー(幻想)とか夢と考える方が

個人的にはしっくり来る。

 

脚本家のファンタジーの挿入と考えるのが自然かも知れない。

ただ、あくまで作られた物語の内部で考えると、直人のファンタジー

だと解釈できる。夢の中での分身、「もう一人の自分」。

 

どこまでが夢なのかは微妙で、私は母親が死んだ後の全体が

夢だと考えるのが一番筋が通ってると思う♪ だからこそ、死んだ

母親が度々、重要な言葉を投げかけて来てたのだ。

 

夢の中でのマザコン(マザーコンプレックス=母への複雑な思い)

の象徴表現こそ、宗太とその母の抱擁。「おかえり」、「俺もう

大丈夫だから」の言葉と共に、壮大で甘美な夢は終了。夢オチ。

 

 

     ☆       ☆       ☆       

実際、最後の直人は一人で自転車をいじってた♪ あぁ、楽しい夢

だった・・とニヤつきながら。そして、部屋に戻ると待ってるのは、

母の遺影と位牌のみ。これからまた、冴えない独身アラフォー男の

リアルな一人旅が続くのであった。。

 

時間も字数も無くなったから、そろそろ終わりとしよう。実はさっき、

入力した記事が1回消えてしまったのだ。まるで夢のように。

 

千秋(香里奈)が直人をオープンカーで送って来たシーンを見て、

そう言えば物語も『やまとなでしこ』と似てるな・・とか思いつつ、

それでは今日はこの辺で。。☆彡

 

 

 

cf. 傷つけられた時に哀しむ人は、愛の人、いい女です

     ~『高嶺の花』第1話

  後ろ生けと鏡に映るもう一人の自分、力学の意味~第2話

  「犯罪者は外見で判断できる」、ロンブローゾ~第5話

  生け花の形と様式、天・山・海・心と流れ菱(神宮流)~第6話

  アレント『責任と判断』と、心理学のゲイン・ロス効果~第7話

  エリアス『時間について』と、子どもの頃の自分~第9話

 

            (計 3615字)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧