『マリ・クレール』記事とコース・メニュー、フランス語の和訳など~『グランメゾン東京』第4話

「今までで見てきた中で、一番幸せです」♪ 古っ! プレ・オープンの女性客が美人揃いだったのだ ♡ そのおかげで、過去最高の視聴率13.3%となった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。関係ないだろ!

        

191112a

   

華やかで目立ってたのは、左の「写真撮っていいですか」女性♪ あべまみって名前か・・と書くと、検索アクセスを5つほど稼げる(笑)。セコッ! レースクイーンは、あべみほネ。インスタで紹介してる台本もキレイ。汚さないように大切に扱って、別名でメルカリだと♪ コラコラ! 何と35歳。誘いやすいのは右の女性か。多分、好きだと思う ♡。何が?

  

191112b

   

この外国人2人も目立ってたけど、名前が分からなくて夜も眠れない♪ またか!

  

191112c

   

   

   ☆    ☆    ☆

一方、先週の眠れないネタは、ドラマ冒頭でいきなり解決♪ もう十分満足したから、チャンネル変えそうになったほど(笑)。ジビエ・コンクールの名前の三番目の単語。「CULINAIRE」(キュリネール:料理の)か。「フランス料理の国産ジビエ料理コンクール」ね。

 

191112d

  

中央には小さめの文字で、「LE JURY A DESERNE LE 1ER PRIX」(ル・ジュリ・ア・デセルネ・ル・プルミエ・プリ:審査員は1位を授与した)。なるほど。審査員は5人くらいいたけど、集合名詞だから単数扱いだと。細かっ!

   

191112e

   

プレ・オープンの張り紙に書いてたのは、「Pre-ouverture」(プレ・ウヴェルチュール:開く前)。そのまんまか!

   

台詞のフランス語はまた少なかったけど、みんな言ってたのが「Oui, chef」(ウイ・シェフ:はい、料理長)。尾花(木村拓哉)は萌絵(吉谷彩子)に、「Allez!, allez!」(アレ、アレ:さあ、早く)。

    

相沢(及川光博)は「D'accord」(ダコー:了解)と「Oh la la!」(オララー:オイオイ!、おやまあ、やれやれ)。フランス語学校Aの名物教師Pがよく大げさな身振りで叫んでた・・って、実名イニシャルか! 向こうも私のことを実名でさんざんネタにしてたらしいから、大丈夫だ。親切な奥様がちゃんと教えてくれた。「やっと最近おさまって来た」とか♪ それ以前は?!

            

そしてリンダ・真知子・リシャール(冨永愛:Linda Machiko Richard)は、栗のデザートに対して、「C'est magnific!」(セ・マニフィック:これは素晴らしい)。ちなみにウチのブログなら、「セ・マニアック」♪

    

5年前、美青年がアンジェリーナ・ジョリーへの英語インタビューで語った誉め言葉は、同語源の「magnificent」(マグニフィセント)だ・・っていうのは、一部読者へのご挨拶だったりする(笑)。エッ、読んでない? あっ、そう。

      

    

    ☆    ☆    ☆

今回、ストーリー的には、「素直に認める」ことが中心になってた。どんな相手でも、真剣に見定めて、認めるべきものは認める。

   

191112f

   

おじさん、おばさん呼ばわりされた尾花と倫子(鈴木京香)は、生意気な小娘・萌絵の能力とセンスを認めてた。ホテル・インターコンチネンタル東京ベイの徳永純司と、服部学園の瀧澤努のデザート料理監修が素晴らしいと♪ モンブランも普通の栗も私の好物だけど、100円ショップの袋入りの栗はイマイチだね。レベル低っ!

   

一方、祥平(玉森裕太)も、高圧的な尾花に反発しつつ、料理の腕で負けてることは素直に認めてた。まあ、萌絵との接近については、美優(朝倉あき)に認めてなかったけど。男と女の関係には、秘密の香りが付きものなのだ♪

  

  

     ☆     ☆     ☆

そして、グランメゾン東京「の料理」は素直に絶賛したのが、真知子。『Marie Clair』(マリ・クレール:明るく澄んだマリー、小説名が語源)の記事の主要部分を引用して、日本語に訳してみよう。

   

191112g

  

 Journal intime d'un voyage gastronomique(美食旅行のプライベート通信)

 Editeur-en-chef: Linda Machiko Richard(編集長:リンダ・真知子・リシャール)

 Grand Maison Tokyo Meguro(グランメゾン東京 目黒)

   

 Ce restaurant du cuisine francaise sait mettre parfaitement en valeur d'innombrables ingredients japonais.  (このフランス料理店は、日本の無数の素材を完全に活かしている。)

  

 Le Grand Maison Tokyo est peut-etre meme en train de batir un nouveau courant de gastronomie. (グランメゾン東京はもしかすると、ガストロノミー(美食)の新しい潮流さえ築き上げているのかも知れない。)

   

 A noter egalement que le sous-chef Natsuki Obana a ete, il y a 3 ans, a l'origine d'un incident ayant provoque une contamination et des coups et blessures a l'Escoffier de Paris. (スーシェフ(副料理長)・尾花夏樹が3年前、パリ・エスコフィユでの傷害と混入汚染による事件を引き起こしたことにも注意すべきだ。)

   

「エスコフィユ」(1話の看板画像で Escofille)の綴りを「Escoffier」(エスコフィエ)としてるのは美術さんの綴りの間違いだと思う。エスコフィエだと、実在したフランスの有名シェフと、実在する日本のお店の名前になってしまう。美術さん、反論あればどうぞ♪ ネットでは誰一人、気づいてないみたいだけど。

      

ちなみに尾花と京野(沢村一樹)が「豊富」と訳してた単語は「innombrables」(数えきれない)、「潮流」と訳してた単語は「courant」(流れ)だ。

   

   

   ☆     ☆     ☆

最後に、メニュー10品の画像と日・仏の名前も付け加えとこう。

  

191112h

  

1品目 ~Amuse~ (アミューズ:軽いオードブル的なお楽しみ料理) ジロール茸とひもとうがらしのサブレ。Releau de jambon cru au piment doux et aux girollesジロール茸と甘いとうがらしを合わせた薄肉巻き)。

  

191113i

  

2品目 ~Entree~ (アントレ:前菜、オードブル) 山羊乳のバヴァロア。Bavarois au lait de chevreそのままのフランス語)。

  

3品目 ~Entree~ アントレ 茄子と白レバーのプレッセ。Pressee d'aubergines茄子の圧搾)。写真は第2話レビューで既に掲載したから省略。

  

191113j

    

4品目 ~Entree~ アントレ モンサンミシェルのムール貝 冷製スープSoupe froide aux moules du Mont Saint-Michel(そのままの仏語)。

  

191113k

      

5品目 ~Entree~ アントレ きのことホッキ貝のヴォル・オ・ヴァン。Vol-au-vent aux palourdes japonaises日本のアサリのクリーム煮詰めパイ)。

  

  

    ☆     ☆     ☆

191112l

  

6品目 ~Entree~ アントレ 牛の胃袋のグリエ。Estomac de boeuf grille牛の胃袋のグリル焼き)。 

  

191112m

  

7品目 ~Poisson~ ポワソン(魚料理) 雲丹のグラティネ。Gratin aux oursins Viandeウニの身のグラタン)。Vが大文字になってるのは多分ミスだろう。最後に複数形のsが無いのは文法的にいいのかね? Vの前にスペースが入ってないし♪(細かっ・・)

   

ちなみに「oursins viande」という連語は、検索しても(ほとんど)出ないけど、料理監修の岸田周三(カンテサンス)&トーマス・フレベル(INUA)&服部栄養専門学校を信用すべきか。

      

191112n

   

8品目 ~Viande~ ヴィアンド(肉料理) 本州鹿ロースのロティと血液を使ったコンソメ。Roti d'aloyau de cerf sika鹿の腰肉のロースト)。

   

191112o

  

9品目 ~Dessert~ デセール(デザート) メレンゲのアイスクリーム。Meringue glacee凍らせたメレンゲ)。メレンゲとは、「泡立てた卵白に砂糖を加え軽く焼いたもの」(『ロワイヤル仏和中辞典』)。

   

191112p

  

10品目 ~Dessert~ デセール モンブラン・アマファソン。Mont-blancモンブラン:白い山)。ちなみに、アマファソンとは、「a ma facon」(私のやり方で、私が作った)という意味。日本語だと、萌絵オリジナルとか。定番に独創的アレンジを加えた時に使う言葉かも。

   

   

    ☆     ☆     ☆

あぁ、疲れた。フランス料理の10品コースというのは、前菜6種、魚、肉、デザート2種なわけか。カロリー表示はなくていいのかね? ワインも足すと1500kcalくらい行きそう♪ 私は1食抜いてダイエットした後、一気に1500kcalくらい食べてる(笑)。逆効果だろ!

  

で、来週は京野が犯人として逮捕されると♪ 早過ぎだろ! なお、真知子の記事でグランメゾンと重ねられてた「El Bulli(エル・ブリ)は2011年閉店の超有名レストラン(スペイン)。「Noma」(ノーマ)は現存する超有名店(デンマーク)。つまり、本当に大絶賛した後、最後に事件のエピソードを加えてたから、一気に突き落とした形になってた。

  

というわけで、今日はそろそろこの辺で。。☆彡

   

   

   

cf. Allez!(さあ)Bon appetit♪(召し上がれ)~『グランメゾン東京』第1話

 女(ナス)に動かされる男たち~第2話

 ジビエ(狩猟)の基本はシルヴプレ、お気に入りになること~第3話

   ・・・・・・・

 パリでキムタクが乗った電動キックボード、Lime-S(『グランメゾン』)&12km走

   

      (計 3913字)

| | コメント (0)

秋晴れに輝くティアラのパレード~令和の天皇・皇后両陛下、祝賀御列の儀

滅多にない機会だから、直接出かけようかと思ってたけど、結局はテレビのライブ中継鑑賞となった。令和の天皇陛下、皇后陛下のパレード、祝賀御列の儀。私がNHKテレビを見始めたのは、令和元年(2019年)11月10日の14時40分頃。まもなく、皇宮警察が手足を揃えて入場行進して来た。手前にはカメラマンが構えてる。

   

191111a

   

画面を見ながら、早速iPadで検索。「しゅくがおんれつのぎ」とGoogleに入力すると、候補が笑えた。私も「音列」となったのだ♪ PCだとすぐ「御列」と出たから、アップルのiOSが対応できてないのかも。嵐は前夜、歌で頑張ってた。天皇陛下がご研究する水に関連した歌詞で、皇后・雅子さまも思わず涙。

   

191111-5

   

NHKが警視庁広報課のツイッターを紹介してたから、早速アクセスしてみると、20分おきくらいに「奉祝場所」の込み具合を載せてた。便利な時代というか、情報が高速で溢れてるというか。既に、黒(満員)と赤(大変混雑)のみ。マスコット・キャラクターは、ピーポくん♪

  

191111-6

   

荷物検査もあるし、遅くとも1時間前には現地に到着してないと見れなかった感じだ。80代男性が5時から来てたらしいけど、トイレは大丈夫かね? 近くの仮設を使う度にまた検査されるし、場所取りの意味も無くなりそうだけど。以前は、ゴザを敷いて待ってたとか、スタジオで話してた♪ スマホの代わりに、お弁当と水筒持参か。

   

  

    ☆    ☆    ☆

191111b

  

トヨタの高級車「センチュリー」を改造したオープンカーには、運転手が待機。宮内庁車馬課・御料自動車操縦員の中村誠さん。車の正面には、菊のご紋のプレートと天皇旗。シートは白の本革、防弾その他の機能完備で、価格は8000万円(以上)くらい。鏡面仕上げが輝いてた。見なかったけど、「皇10」というナンバープレートも付いてるらしい。

   

191111c

  

安倍首相らが待つ中、いよいよ両陛下と秋篠宮さまご夫妻がご登場。とてもご夫婦の仲が良さそうで、フツーに笑顔でくつろいでお話されてた。

  

191111d

  

両陛下が乗車する際、秋篠宮ご夫妻はお辞儀。紀子さまもティアラを付けて、シンプルな白のドレスが美しい。運転手は白い手袋の右手で敬礼。天皇陛下がお願いしますとか挨拶したのかも。

     

191111-4

   

191111f

  

晴れてて良かった。まさに「天皇晴れ」、エンペラー・ウェザー。天照大神のおかげか♪ 助手席は宮内庁のお偉方か。大勢の職員らに見送られつつ、いよいよ一般道へ。

   

   

    ☆    ☆    ☆

191111g

  

191111h

  

191111i

  

官房長官・首相、両陛下、秋篠宮ご夫妻の順に進む隊列。陛下の前後を、厳重警戒態勢で囲む形。時速10kmの低速走行だと、白バイは二輪だから緊張するはず。レトロなサイドカーが逆にオシャレ。

   

  

    ☆    ☆    ☆

オシャレと言えば、雅子さまのティアラ。上皇后さまから譲り受けたもので、散りばめられた宝石がキラキラ、太陽の光を反射してた。0.1秒以下の光る瞬間をキャプチャーするのは難しい。実は前日に続いて、光る涙をぬぐうシーンもあったとの事

      

191111j

  

191111k

  

191111l

   

ちなみに秋篠宮ご夫妻は、後ろの車の中で静かにされてた。あくまで天皇陛下の即位の祝賀行事(国事行為)ということで。

  

191111-3

   

     

   ☆    ☆    ☆

191111r

  

最初から最後まで、至る所で祝賀演奏。最初と最後の曲が『令和』、途中が『新・祝典行進曲』。

   

191111p

  

191111q

   

青山通りは緑が豊かで、美しい。国会議事堂に向かう車列も荘厳で華やか。ドローン撮影ではなくて、固定の望遠カメラかな。

  

191111s

  

赤坂見附の複雑な立体交差はある意味、都会の象徴。もちろん、皇居は別格。紅葉というか、黄葉も美しい。

  

191111t

   

   

    ☆     ☆     ☆

観客はひたすらスマホやカメラ撮影に夢中で、スタジオのゲストも声を出して笑ってた♪ 後ろの方だと、観客の後ろ姿しか写らないはず。いずれ、こんな光景は過去のものになるのかな。目で見るだけで、撮影・記録されるようになるとか。

  

191111u

  

なぜかNHKは後で、美人ママと可愛い女の子の母子を5秒近くもアップで放映♪ カメラマンか編集さんの趣味か。ちゃんと小旗を振ってるのがエライ。大人の多くは撮影に夢中だったから。

  

191111-2

 

そう言えば、終盤のボーイスカウト・ガールスカウト(下の写真の左側)も、流石にみんな撮影せずに旗を振ってた。よく訓練・統率されてる。

   

191111v

  

自衛官だったか皇宮警察だったか、銃を胸で縦にして敬意を示す「着剣捧げ銃」も綺麗だった。ビシッと揃ってる。ここはもう一般客は入れない箇所。3時30分。本当に30分間で4.6kmだから、時速9.2km。1km6分半だから、ジョギングのペースでゆったりと。

    

191111w

   

  

    ☆    ☆    ☆

191111x

  

最後の赤坂御所まで、まったく無事に、パレード終了。笑顔で手を振り続けた両陛下をはじめとして、皆さんどうもお疲れさまです。

  

191111y

   

NHKの番組的には、政治部の美魔女解説員・岩田明子がキラキラ光ってた。以前の紅白歌合戦で、有働由美子アナがボディコン着てたような感じか♪ 杉浦友紀アナと一緒に、クラブでパラパラ踊ってそう。ちなみに民放は別映像で、テレビ東京以外は統一されてた気がする。

    

191111n

   

   

    ☆    ☆    ☆

ゲストで目立ってたのは、トライデント・・ではなく、トラウデン直美。ハーフモデルでまだ20歳なのに、象徴とは何かについて「模範解答」を示してた。原稿なしの生番組でこれだけ話せる人はなかなかいないはず。1つの文も長くて、蓮實重彦の評論の3分の1近くもあるほど♪ 全文引用すると、学生がレポートにコピペするかも。

  

191111m

     

 「憲法の授業とか、いろいろな授業で象徴性ということについて学んだりはするんですけど、専門的なことは別にして、私なりの解釈で象徴というのを考えたときに、平和を希求するというお姿、ともに歩いていこうというような陛下のお姿というのが、国民に示す、こうやって平和をつくっていこうという、そういった形の象徴なのかなというふうに感じています。

  

 もしかしたら、少し失礼な言い方になってしまうのかもしれませんが、すべての国民が天皇陛下のようなお気持ちで振舞っていたら、もう平和になるじゃないかというような、そういう意味で存在が力になるというような形で、「象徴」というふうに個人的に考えてみました」。

   

文法的に微妙な箇所があるとしても、ライブのコメントとしては90点! 明らかに優秀、賢いね♪ 慶応大学・法学部政治学科に在学中。お父さんは京都大学のドイツ語講師。トラウデン・ディーターさんでいいのかな。ルックスとスタイルにも恵まれてて、この若さと知性。今後の飛躍に期待しよう。

  

ともあれ、ブログの感想はこの辺りで終了。令和=ビューティフル・ハーモニーが美しく平和な時代になりますように。両陛下に心から祝意を示しつつ、それでは。。☆彡

   

   

P.S. ビデオリサーチの調べ(関東地区)によると、NHKの平均視聴率は27.4%(午後3時~4時)。また、1時~2時は10.8%、2時~3時は16.6%だった。前日(9日)の晩の国民祭典(NHK)は17.0%。

   

      (計 2758字)

| | コメント (0)

ジビエ(狩猟)の基本はシルヴプレ、お気に入りになること~『グランメゾン東京』第3話

寝不足で眠い。。 押しピンを関東で「画鋲」と呼ぶのが納得できなくて(笑)。そこか! いや、武蔵野調理師専門学校の玄関をロケ地にして開催された、第4回国産ジビエフランス料理コンクールのフランス語の3番目の単語が読み取れなくて、夜も眠れないのだ♪ 細かっ! クメール語もタガログ語もヒンディー語も解読に成功したのに(笑)。暇人か!

  

191105a

 

その単語だけ抜かして、「LE CONCOURS DU GIBIER DOMESTIQUE DE LA CUISINE FRANCAISE」(ル・コンクール・デュ・ジビエ・ドメスティック・ドゥ・ラ・キュイジヌ・フランセーズ)でGoogle検索しても、ドラマ情報はヒットせず。CUISINIER(料理人)、第4の(QUATRIEME)とかだと思うけどな。TVerの無料動画じゃ読み取れないから、そのためだけに高精細のブルーレイ買おうか(笑)

     

「お分かりの方、情報コメントよろしく」とか書きたい所だけど、ウチは3月のココログ・リニューアル以来、なぜかコメント入力をしにくい状況で、書き込みがどこかに消えてしまうらしい (^^ゞ。多分、木村拓哉ファンの方々の中には一目で読み取れる女性が少なくないと思うけどね。あっ、自分のツイッターに書いてくれれば、ツイッター検索で発見できるかも♪

   

私がフランス語学校に通ってた頃、クラスの生徒はほとんど女性。だから最新のクラウン仏和辞典も、パステルピンクとパステルグリーン(小型)という色使いになってる。そんな女だらけの世界にも関わらず・・と経験談を書きかけたけど、すぐ削除(笑)。小市民ブロガーは細心の配慮で地雷原を生き延びてるのであった。そう言えば『ロンバケ』の瀬名はたまに地雷踏んでたね♪

   

   

    ☆     ☆     ☆

そんな事より尾花? ハイハイ。たまたまと言うか、必然と言うか、11月2日(土曜)の朝日新聞・朝刊別刷beのトップは、キムタクへのインタビューになってた。ネット記事なら、こちら。定塚遼記者、写真は村上健。わざと男性を選んだのかな?

     

191105b

  

「勢いだけじゃない」。上手いタイトルで、いいね☆ 二つの意味を重ね合わせてるのだ。一つは、人間やタレントにとって重要なのは勢いだけじゃない、という彼の反省。もう一つは、若さという勢いが無くなっても他の勢いがあるし、木村拓哉はスターとして輝き続けてる、という取材サイドの思い。

       

発言もなかなか突っ込んだ内容になってる。「昔の自分に言いたい。なめないほうがいいよ、って。相当なめてた」。自分の演技については、「5段階の通知表なら『3』かな」。以下、記事終盤の引用。

  

 スターの宿命か、ネット上でたたかれることも多いが、自分でも評価を検索し、一喜一憂するという。「(批判を)消化はできないです。いちいち消化していたら、きっと胃薬が必要になる」。・・・「なんで俺だったんだろう・・・自分は全然その気がなかった。ジャニーさんが、そういう自分を人選したのは、なぜだったんだろう?」。。

   

   

    ☆     ☆     ☆

どれどれ。検索すると、デビューきっかけ情報が色々出るけど、親戚に勝手に写真撮られて事務所に履歴書送られたってことでいいのかな? で、肖像権の侵害で親戚を訴えたと(笑)。ないだろ! それは運命だね。「千年に一人」レベルの写真だったと♪ 橋本環奈か!

  

しかし、天下のキムタクがいまだにエゴサーチ(自分検索)してるのか。ネットの評判は見てるけど、消化はできないし、しない。大変だね。

   

実は私も、14年間・5000日の毎日更新の中で1回だけ、ネットで注目されたことがある。Yahoo!トップページのトピックスに、クリスマス恒例『明石家サンタ』の記事が載ったのだ。突然、アクセス解析が止まるほどの大量アクセスが押し寄せたから、ビビってパソコンの前に待機 (^^ゞ 当たり障りのないバラエティ記事とはいえ、当時は暴言対策システムも進んでなかったし。

     

あれは1時間だけだったと思うけど、キムタクはそれ以上の状況で30年間生き続けてると。強いね。心も、胃腸も♪ もう大ベテランの大御所になったからか、最近は何となく世間もやさしくなってる気がする。ここ半年とか。

   

   

    ☆     ☆     ☆

で、ようやく第3話のレビューに入ろうとしたら、もう時間がないと。一言でまとめれば、アメリー(マノン)はやっぱり可愛いということだ ♡ ロリか! 真面目な話、今回も私はフランス語を調べまくってた。タガログ語の半分くらい(笑)。まだ言うか! いや、かなり苦戦したもんで。

            

もちろん、台詞のフランス語は僅かで、相沢(及川光博)の「Oui」(ウイ:はい)と、「s’il vous plait」(シル・ヴ・プレ:どうぞ)、「Au revoir」(オ・ルヴワール:さよなら、ではまた)。あとは、尾花(木村)のラストの「Bien venue」(ビヤン・ヴニュ:ようこそ、よく来たね)くらいだった。

     

あっ、パソコンが突然フリーズして入力が4段落消えた! ガックシ。。_| ̄|○ 気を取り直して。。 キリッ!(`・ω・´)

   

他に料理法として、「コンフィ」(confit:漬けて保存した)、「フュメ」(この場合はfumetじゃなくてfume:燻製にした)とかも登場。フランス語の他動詞の過去分詞(受身形)だ。

   

しかし、物語の中心となる言葉はやっぱり、「ジビエ」(gibier)だった。

  

  

     ☆     ☆     ☆

鹿や猪とか、狩猟で獲った獣の肉がジビエと呼ばれて人気となったのは、日本だとここ10年くらいのような気がする。実は私の友人も仕事で扱ってるし、親戚はたまたま出没したイノシシを捕まえてさばいたらしい♪ 猪突猛進、街中で猪の突撃を受けてケガしたなんてニュースも時々見かける。

   

ジビエは今のフランス語でも、日本と同様の意味の名詞だけど、語源を数百年さかのぼると、「狩りに行く」という動詞、または「狩猟」という名詞だったらしい。下はフランス語版ウィキペディアより。そう言えば語尾が、普通の「er(ウーエル)動詞」の形になってる。

     

191105c

   

そう考えると、実は今回のドラマは、「尾花が狩りをする」ストーリーになってた。真のハンターは、尾花だ。

   

例えば、伝説の「量子」、光子・・って、違うわ! いや、自分突っ込みじゃなくて、マイクロソフトの漢字変換MS-IMEに突っ込んだわけ♪ 『ガリレオ』湯川の素粒子物理学じゃなくて、伝説の「漁師」でもなくて、「猟師」峰岸(石丸幹二)のエピソードは、峰岸が獣を罠で捕まえるというより、尾花が峰岸を料理で捕まえたわけだ。

  

そこでの基本は、捕まえる相手が動物なら、好物のエサを用意して捕獲、命や肉・血は大切に扱うこと。相手が人間なら、相手に気に入ってもらえるような物事を準備して、好きになってもらうこと。「シル・ヴ・プレ」の文字通りの意味は、「それがあなたのお気に召すならば」。相手をリスペクトする、おもてなしの精神の挨拶だ。

    

  

     ☆     ☆     ☆

尾花の料理は、捨てられてた血液まで吸着に利用して、「世界一」のプライドを持つ頑固な峰岸に「うめぇ」と叫ばせた。ちょうど、捕まえた動物が「メェ」と叫ぶようなものだ♪ ヒツジか! 無理やりだろ。

  

その料理作りの合間に、早朝6時前から相沢の実家に出かけて、お母さんを悦ばせてたのだ(笑)。ないだろ! いや、孫娘のための可愛いキャラ弁を作ってもらって、おばあちゃんも興奮したと♪ ナルトは著作権が厳しそうだから、画像は小さくしとこう。尾花がこっそり海苔を切る伏線シーンは、10秒くらいしか挿入されてなかった。

        

191105d

  

191105e

  

191105f

     

キャラ弁人気のおかげで、幼稚園で一人さみしく遊んでたアメリーちゃんも一躍、人気者に。そのおかげで、パパの相沢も、キャラ弁を学ぶためにグランメゾン東京に帰って来た。

    

ちなみに、契約が切れて出て行く時のフランス語「オ・ルヴワール」(前出、語尾のルは省略気味)は、文字通りには「再会にて(また)」という意味。だから、あの相沢のセリフも、再会を予言する伏線、フラッグとして機能してた。

 

   

     ☆     ☆     ☆

そしてもちろん、大きな流れとしては、尾花はあらためて倫子(鈴木京香)のハートを捕まえたのだ。本当は運転大好き、下手でも自分でやりたい性格をしっかり見極めた上で、コンクール本番の料理作りは倫子に任せてた。あの取って付けたような妙な運転シーンは、大切な行動を倫子に任せるための前振りだったのだ。演出は新たに山室大輔。脚本は黒岩勉のまま。

        

そうなると、倫子はますます尾花と接近。倫子のことが気になる京野(沢村一樹)としても、動かざるを得ない。ハンティングのターゲットを祥平(玉森裕太)に変えて四角関係になるのだ♪ ないだろ! でも尾花・京野・倫子の三角関係に、リンダ・真知子・リシャール(冨永愛)が加わったから、やっぱり四角関係になる。

   

気になるね。リンダとリシャールの綴り字が(笑)。そこか! Linda と Richard でいいのかな? って言うか、名前、長っ! なお、3連休の中日の第3話視聴率は、11.8%となった。それでは今日はこの辺で。オ・ルヴワ♪☆彡

   

   

  

cf. Allez!(さあ)Bon appetit♪(召し上がれ)~『グランメゾン東京』第1話

 女(ナス)に動かされる男たち~第2話

 『マリ・クレール』記事とコース・メニュー、フランス語の和訳など~第4話

   ・・・・・・・

 パリでキムタクが乗った電動キックボード、Lime-S(『グランメゾン』)&12km走

   

      (計 3768字)

  (追記35字 ; 合計3803字)

| | コメント (2)

『マツコ会議』ギャル雑誌egg読者モデルOG会&出張ラン

(2日) RUN 6.3km,29分55秒,平均心拍146(推定)

消費エネルギー310kcal (脂肪59kcal)

   

たまにしか見ないけど、軽い『月曜から夜更かし』とディープな『マツコ会議』は面白いね♪ 『マツコ会議』はTVerで無料配信してるのか。そんなこと言ってたら、テレビ動画漬けになっちゃうけど (^^ゞ

  

さて、今週は既に13800字ほど書いてるから、日曜の今日は残り1200字。令和の時代に、平成のガングロ(orゴングロ)文化をちょっとだけ振り返っとこう。と言っても、ほとんど知らないし、ルーズソックス女子高生とごちゃ混ぜになってるけど♪ 別の文化なの?

    

  

    ☆     ☆     ☆

191103a

 

大洋図書の男性向けグラビア誌が、いつの間にかギャル雑誌に変わった、『egg』(エッグ)。ガングロ(顔黒)ギャルの表紙写真が目印で、2014年の休刊時のニュースなら覚えてる。

  

191103f

   

まあでも、休刊後の復刊も珍しくなくて、『egg』も今年の春、限定的に復刊。この秋で2冊目かな? ってことで、要するに大人の事情、雑誌の宣伝のテレビ企画だ♪ 雑誌社側からプロデューサーにPRしたのかも。

  

191103b

  

191103c

  

egg出身の芸能人は、益若つばさ、今井華、ゆきぽよ。私でも名前は知ってるし、ゆきぽよはちょっと萌えるかも♪ 芸名が、いいね。旧芸名の「和泉川雅」はイジられてたけど(笑)。読み方は、いずみかわ・みやびかな。

   

191103d

   

で、今回の取材先は、カリスマ読者モデルOG会。上の4人の向かい側にも、女性1人、男性2人。みんな雑誌の写真で確認してたから、サクラではない♪ 上写真の一番手前は、youtuber主婦(?)になってる水野祐香。チャンネル登録6万弱で健闘。喋り慣れてる。

  

191103e

  

でも、ゴングロ3兄弟withUのあこ吉が最高♪ アラフォーの今でもフツーに美魔女と言うか、美人だね。これで一般家庭のママとして大人しくしてるの? 本名その他、個人情報はガードが堅そう。よく見ると20年前のガングロ時代から綺麗だけど、モテなかったと言ってた。それはバラエティー向けのコメントでしょ♪

  

それより驚いたのは、マツコが20年くらい「ご無沙汰」らしいこと(笑)。男も女も (≧▽≦)。ホント? 文春砲かFriday砲に期待しよう。見たくないけど♪ コラコラ!

   

   

     ☆     ☆     ☆

あぁ、早くも字数制限か。昨日は昼間、出張で肉体労働した後、ブログで数学記事。夜は近所で6kmだけスタスタ。寒かったからか、全く心拍計が動かなくてグラフも無いけど、足腰軽くて速かった。

  

トータルでは1km4分45秒ペース。速っ!♪ 気温13度、湿度85%、風速0.5m。なお今週は計14977字で終了。ではまた来週。。 ☆彡  

 

     

       時間 平均心拍 最大(推定)

LAP 1(1km強) 5分30秒 127 135 

 2    5分22秒 141 146

 3    4分54秒 148 153

 4    4分55秒 152 156

 5    4分38秒 154 163

 6    4分36秒 157 165

計6.3km 29分55秒 146(81%) 161(89%)

   

      (計 1222字)

| | コメント (0)

女(ナス)に動かされる男たち~『グランメゾン東京』第2話

今週はローテーション的に『まだ結婚できない男』のレビューにしようかな・・とか思ってたけど、やっぱグランメゾン東京かな。アメリーちゃんが可愛かったから♪ ロリか!

   

まず、ドラマ最後のエンドロールで外国人名を探すと、マノンとダンナが候補。「マノン フランス 子役」で検索すると、個人サイトは除いて、私の環境で6番目にヒットするのが、マノン・ディー(Manon D.)。日本とフランスのハーフ(またはダブル)か。なぜか、事務所(ジュネスモデル)HPでは現在消されてるけど、Googleだと生年月日も残ってる。5歳半ちょっとか。

   

普通の検索よりすぐ本人がヒットするのが、画像検索。あのコとお姉さんの写真だらけ♪ お姉ちゃんの名前のアメリ(Amelie)を、マノンちゃんの役名に使ったってことね。

    

   

    ☆     ☆     ☆

さて、私は男だし、料理にはうといので、このドラマを見る時の最大のポイントはロリ・・じゃなくて、フランス語になる。次が、細かい数字の計算(笑)。マニアか!

   

ところが今回、予想された事とはいえ、フランス語は激減してた。やっぱり初回のフランス・ロケが特別だったと。そんな中でも、相沢瓶人(及川光博)の娘・アメリちゃんが、食べたいものを話す台詞は「ほぼ」聞き取れた(部分冠詞?が怪しいかも♪)。ちなみに文字化け防止のため、アクセント記号は今回も省略。

  

 Je veux du steak hache.ジュ・ヴ・デュ・ステク・アシェ:私はハンバーグが欲しい)

  

191028c

  

その前に、尾花(木村拓哉)がアメリちゃんをおびき寄せた(笑)台詞は、大体こんな感じか♪

   

 Tu a aime la gelee de framboise, non?テュ・ア・エメ・ラ・ジュレ・ドゥ・フランボワーズ、ノン:君はフランボワーズ(キイチゴ)のゼリーが好きだったよね。違う?)

   

なるほど。街中で可愛いフランス系の女の子を見かけたら、しゃがみこんで目線を下げて、そう聞けば仲良しになれると♪ 不審者か! あぁ、ドラマ・レビューでこの程度書くだけでも、サイバー・パトロールの皆さんにチェックされちゃうかも(笑)。単なる軽口、言葉遊びなんで、よろしくネ!

 

保護者=父親の相沢としては、アメリちゃんが可愛いから、あと母親も喜んでたから、渋々と尾花を家に入れてたのだ。要するに、女が男を動かす形になってる。

   

   

    ☆     ☆     ☆

一方、今回まさかの大活躍となってたのは、旬の地味な野菜、茄子(ナス)♪ 冒頭のフランスのシーンで、尾花が相沢にパワハラ的暴力(投げつけ)をふるった直後、誰かがこんな感じのフランス語を話してた。ナスの前についてる「端」を表す言葉(bout?:ブ?)は聞き取れず。

  

 C'est une salade avec ・・・ aubergine.セ・チュヌ・サラダヴェク・・・オベルジン:それはナスのサラダだ)

   

ところで、こんなにナスが大活躍するドラマも珍しいはず(笑)。日本的で身近な安い食材で、旬で色も分かりやすいから。そう答えたくなるけど、『ロワイヤル仏和中辞典』(旺文社)を見ると、ナス(aubergine)という単語のすぐ上に、語尾だけ違う「auberge」(オベルジュ)という単語が載ってた。これ、「高級な田舎風レストラン」という意味があるのだ。

  

191028b

      

ドラマの中でそれに相当するイメージなのは、倫子(鈴木京香)が亡き母と経営してたレストラン。ということは、尾花のナスへのこだわりは、倫子への隠された思いのメタファー(比喩・隠喩)になってるのだ。数式で単純化すると次の通り。

    

 ナス = 高級な田舎風レストラン = 倫子

  

実際、今回の尾花と倫子の食事シーンでは、倫子がお母さん譲りの家庭料理で尾花に上を向かせて(=満足させて)、笑顔でガッツポーズ。その後、尾花は不自然なほど早めに席を立ってた。要するに、倫子との生活を意識したということ。最後にも、京野(沢村一樹)が、尾花は銀行融資より倫子のために頑張ったんだと、ほのめかしてた。

  

要するに、尾花も女に動かされた形になってる。

   

   

    ☆     ☆     ☆

ところで、フランス語のナスの語源を、英語版ウィクショナリーで調べると、 

 ナス = 卵の植物・プラント

という神秘的な等式も成立する。たぶん、玉子みたいに白いナスのイメージだろう。

  

191028a

   

こうなると、ますます意味深。相沢の場合、ナスとは、アメリちゃんを残して消えた妻だったのかも。

  

ちなみに、ウチが政治家のサイトなら、この段落は書かない。祥平(玉森裕太)の婚約者・美優(朝倉あき)の父親(都議会議員)も語ってたように、政治家とは細心の心配りが必要な職業。単なる小市民ブログでさえ、わざと遠回しの説明にしたほど。

   

    

    ☆     ☆     ☆

あぁ、フランス語に時間を取られたから、計算についてはごく簡単に♪ もっと事業計画書をきっちり映してくれれば、こっちをメインに書いたのに。倫子が悩むシーンの下図くらいしか、私の目には留まらなかった。

  

191028e

   

販売管理費に原価は入らないという説もあるし、逆に家賃が入るという説もあるけど(細かっ・・)、大勢の監修スタッフと美術さんを信用して、こだわらないことにしよう。

    

原価35%、人件費30%、水・光熱費5%、消耗品費3%、その他経費1.5%ということは、合計で約75%。

 35+30+5+3+1.5 ≒ 75%

   

客単価は25000円で、3000円の利益と言ってたから、12%の利益になる。

 3000÷25000×100=12%

  

ということは、家賃は1人あたり13%ということかな?

 全体100-販管費75-家賃13=利益12%

   

家賃は1人あたり3250円で、1日に30人の計算(9万円÷3000円)だったから、1日の家賃は

 3250×30≒10万

  

月に22日の営業で、220万円の家賃? 東京の目黒とはいえ、ちょっと高すぎるね♪ TBSに電話しようか(笑)。クレーマーか!

    

いや、税金とか考えると、家賃は本当は5%くらいか。それだと毎月80万円くらいだから、現地の相場と大体合ってそうな気がする。何とかつじつまが合ったところで、マニアは安らかに眠れるのであった♪

   

☆追記: ご指摘を受けて第1話の録画を見直すと、最後あたりで、40坪くらいで家賃50万円、安い、駅から遠い、といった会話があった。)

    

それにしても、今回の計算だと、高級レストランは別に10年もたなくても採算とれるということになる。あと、ナイフ・フォークの類を総称する「カトラリー」(英語でcutlery、フランス語だとcoutellerie)に中古品を使うという発想も意外だった。そんなに値段が違うのかね? ま、メルカリにも綺麗な商品はあるし・・と、メルカリ初心者は書きたくなったりする♪

   

   

    ☆     ☆     ☆

最後に、尾花の昔の仲間内で1人だけ突っ張ってた祥平。実は尾花の料理に一目おいて、融資の件を婚約者の父親に頼んでたらしい。

    

来週は、それが文春砲でバレて都議会で追及されて、父親が失脚する流れだ(笑)。ないだろ! あるいは、城西信用金庫だと危ないから、札幌の銀行にしろとか♪ 五輪マラソン開催地か! 銀行員役の春風亭昇太の演技はかなりビミョーだったから、座布団3枚取られるはず♪ 司会だろ!

      

真面目な話、あの厳格そうな父親も娘は溺愛してるからこそ、こっそり銀行の本店に手を回したわけだ。やっぱり、女のために男が動いてる。京野も、倫子にお金の借りがあるから動いてる。・・っていうか、ひそかに恋心もあるのかも。いずれ尾花と三角関係とか。

          

こうしてみると、若い祥平だけが、女のためには動いてない。尾花のために動いたわけで、BLファンなら空想に浸りそうなところだ♪ まあ、広い意味では、男同士の熱い関係ってことで。尾花に対する丹後学(尾上菊之助)の思いも同様。

   

高く評価する男だからこそ、ライバルとして激しい火花を散らす。これが男の子の世界なのであった。同調より競合。競い、合う。ラグビーみたいに激しく闘った後は、潔くノーサイド。敵・味方の区別なしで、仲間になるのだ。

   

   

    ☆     ☆     ☆

191028d

  

ストーリー的には結局、ナスと白レバーのプレッセ(presse:圧縮した)のおかげで、合計5000万円の融資となった。倫子の母譲りの不動産の担保価値で、4500万円。味のうまさで、プラス500万円。その原価は、500円♪ ユーチューバー相沢のレシピ本と同額。

  

個人的には、上下で挟んでる板チョコだけで満足かも(笑)。中南米のモレ(Mole:チョコレートソース)を焼いて、固めたってことかな? 味にうとい昇太なら、明治やロッテのチョコでも良かったかも♪

   

料理の素材を全部書こうと思ってたけど、多過ぎるからパスしよう。おそろしく複雑で繊細、大変な世界だね。それでは今日はこの辺で。。☆彡

  

   

  

P.S. もっとフツーに「拓哉ラブ♡」の方には、ウチと同期の桜のブログ「アンナdiary~Part2」がお勧め♪ 写真もキレイ☆

 

cf. Allez!(さあ)Bon appetit♪(召し上がれ)~『グランメゾン東京』第1話

 ジビエ(狩猟)の基本はシルヴプレ、お気に入りになること~第3話

 『マリ・クレール』記事とコース・メニュー、フランス語の和訳など~第4話

   ・・・・・・・

 パリでキムタクが乗った電動キックボード、Lime-S(『グランメゾン』)&12km走

   

    (計 3666字)

  (追記69字 ; 合計3735字)

| | コメント (2)

パリでキムタクが乗った電動キックボード、Lime-S(『グランメゾン東京』)&また12km走

(24日)RUN 12km,59分40秒,平均心拍146

消費エネルギー610kcal(脂肪122kcal)

  

尾花(木村拓哉)に失礼なことを書いてしまったかな?♪ TBSドラマ『グランメゾン東京』第1話のレビューで、「かっぱらった」と書いた、電動キックボード(またはキックスクーター)。一応、シェア・サービスだから、テレビで映ってない時にスマホで解錠&施錠したとも解釈可能。まあ、施錠されてなかったものをかっぱらった可能性の方が高いけど(笑)

  

191025c

   

放送から5日後にどうしてそんな話をしてるかというと、たまたま今、Yahoo!のトップニュースで、九州大学の実証実験が写真付きで紹介されてるから。・・っていうか、その写真の先頭の女の子が可愛くてスタイル良かったから♪ そうゆう理由か! あっ、PR用のサクラかも(笑)。それとも1年の阪上芽衣さんなのかね。いや、実名コメントが載ってるもんで。

   

   

     ☆     ☆     ☆

191025d

   

そんな事より、木村拓哉? ハイハイ♪ いや、ファンじゃなくても、アレは男の子ならちょっと気になると思う。私も子どもの頃、モーター無しの3輪車でよく遊んでたのに、近所の年上のSさんに壊されて大泣きしたのだ(笑)。実名イニシャルの実話エピソードだろ!

  

191025e

   

緑色が目立つなとは思ってたけど、欧米でサービスを展開してる会社名がLime(ライム)。いずれ日本で、Lemon(レモン)とかいう類似ベンチャーが登場するはず♪ 米津玄師か! スクーターは、Lime-S。ちなみに自転車(バイク)だと、Lime-Bと呼ばれる。米国のシェアリング系企業だから、略字も英語から。

      

191025b

  

フランスでの名前はそのまんまで、「La trottinette electrique」(ラ・トロッティネット・エレクトリック:電動キックスクーター)。場所によって料金設定は違うらしいけど、パリだと解錠に1ユーロ、乗車1分あたり0.15ユーロという今年のレポート記事があった(GQのサイト)。公共の乗り物としては、ちょっと高めかも知れないけど、半ば遊び道具だから手頃な値段。

  

右手の親指でアクセル操作、左手でブレーキ。スピードメーター付きで、最高時速は25kmくらいか(GQの実験)。ジャイロセンサーで姿勢制御されるから、運転は簡単で安定してるけど、サスペンションが無いから石畳は辛いとのこと。電気の充電は、会社とアルバイトにお任せ。

   

   

    ☆     ☆     ☆

191025f

   

乗る前には、アプリを入れたスマホでハンドルのQRコードを読み込んで、解錠(アンロック)するらしい。使用後は施錠してログアウト。証拠写真を撮るとかいう話もあった。別にキックしなくてもスタートできるみたいだけど、キックした方がスムーズとかいうお話。ただしフランス語には、キック(蹴り)という言葉は入ってない♪

  

191025h

   

垂直フレームにはライムのアイコンとロゴ。ライトも明るいね。パンクはしないのかな? 自転車好きはすぐ、パンクの心配をしてしまう♪ シェアの恥はかきすて、パンクは投げ捨てか(笑)。コラコラ! 個人情報も位置情報もバレバレだから悪いことはできない・・というのが建前。ま、実際は色々あるとは思いけど♪ 中国のシェア自転車も色々話題になってた。

   

セグウェイ同様、この電動キックボードも日本だと公道を走るのは難しい(道路交通法その他)。でも、電動アシスト自転車よりは手軽で小さいから、若者や少年少女にはウケが良さそう。まあ、ヘルメット無しとか衝突事故とか、実際に普通の道路を走るとなるとトラブルだらけだろうね。私は乗ってみたい・・っていうか、電動じゃないキックボードに乗りたくなったかも♪

    

   

    ☆     ☆     ☆

あぁ、また長くなって来たから、走りについては一言だけ。今週はもう、残り字数が少ないのだ。相変わらず体調がすぐれない中、小雨まで断続的に降り続いてたから休もうかと思ったけど、僅かな隙をついてスタート。それほど濡れなかったし、スタスタ走ってたから寒くはなかった。と言っても、公園のランナーは僅かだし、ジョギングコースは水たまりだらけ。

  

連続3日目で疲れもあるし、無理かなとも思ったけど、何とかまた5分切り成功♪ トータルでは1km4分59秒ペース。気温15度、湿度100%、風速2m。まだ電池交換してないから、やっぱり心拍データが低めに出てる気がして、プラス3の補正を行った。正直で、いいね(笑)。ではまた明日。。☆彡

   

       

191025a

      

往路(2.4 km) 12分53秒 135 146

LAP 1(2.1) 10分48秒 142 149

 2   10分30秒 150 156

 3   10分27秒 153 158

復路(3.2) 15分02秒 152 163

計12km 59分40秒 146(81%) 163(91%)

   

     (計 1927字)

| | コメント (0)

雨天に青空と光をもたらした令和の天皇陛下、即位礼正殿の儀

記事タイトルに「令和天皇」と書きかけて、ふと気になってネットで調べてみると、正式にはこの呼称は退位後のものらしい。普通は天皇陛下、あるいは今上天皇。令和という元号と組み合わせる表記自体が少なくて、あえて書く時には「令和の天皇」。朝日新聞デジタルと読売新聞オンラインでのサイト内検索でも確認できた。

   

流石は長い伝統を誇る日本の天皇制、呼び名一つでも厳格に定められてる。今日、午後1時過ぎから行われた「即位礼正殿の儀」も、非常に厳格な形式に則って行われてた。天皇「即位」の儀「礼」で、宮殿の中央、「正殿」で行われる「儀」式だから、この名前がある。

   

   

    ☆     ☆     ☆

191022a

     

滅多にない数十年に一度の祝賀行事だし、もちろんブログで扱ったこともないから、15分前からNHKテレビの「中継」を録画しながら拝見した。ちなみに「LIVE」(ライブ)ではなく「中継」♪ 私は国営放送を見たけど、民放の主要な系列もすべて、同じ公式映像を放送。珍しく、我が道を行くことが多いテレビ東京まで特番を放送してた。

   

191022g

  

NHKの瀧川剛史アナは声と語り口がいいし、上原光紀アナは華やかな顔立ちの美人♪ スタジオではなく皇居からのナレーションを担当したベテランの兼清麻美アナも、35分間、落ち着いた口調で語ってた。静かで美しい映像と音声、これぞNHKが誇る伝統的な長所。

  

一方で、公共放送としての務めも果たしてる。即位礼の放送でも、画面の上と左には大きく被災関連情報。左下にはQRコードまでつけてたほど。台風19号来襲の際の視聴率でも、他局を圧倒してた。

    

    

    ☆     ☆     ☆

さて、この日、私が一番凄いと思ったのは、式の最中、雨天に晴れ間が出たこと。明治天皇の際にもそんな事が起きたらしいけど、カラー映像は残ってないはず。日本初のカラー映画は昭和に入ってであって、カラーテレビはもちろん戦後。そこで、神秘的な奇跡を正確に記録しておこう。ちなみに私はスピリチュアル系やパワースポットの類には無縁なので、念のため♪

   

191022b

  

上は12時53分の映像。時刻の下に映ってる白くて細い線が雨だ。かなり大粒の雨が落ちてたのが分かる。天気予報も、日本気象協会、ウェザーニューズ共に、午後まで雨の予報で傘マークが並んでた。特にウェザーニューズだと、降水量も多めに予想されてた。

     

191022e

  

191022f

  

191022c

  

午後0時56分の映像だと、カメラのレンズに雨粒の丸いあとがいくつも並んでる(画像右上)。ただ、既に天気は良くなりつつあって、旗かのぼりの日影が庭の砂に並んでる。

  

191022d

  

そして1時10分、兼清アナが、青空が見えて来たことを報告。式終盤の1時24分には、日影もさらにクッキリして、風もおさまってる映像が確認できた。さすがは令和の天皇。令嬢のように美しく和やかな天気をもたらしたのであった。

    

ちなみに私は、皇居ランなら何度か行ってるけど、一般参賀はしたことがない一般市民なので、念のため。今日も、午前の行事の放送はまったく見てない。ただ、来月のパレード(祝賀御列の儀)にはちょっと興味があるし、佳子さまのストリートダンス発表会のスクープ画像なら有難く拝見♪ 要するに、日本の平凡な小市民にすぎない。

   

   

    ☆     ☆     ☆

ここからはもう、簡単にまとめて、一言だけ感想を入れとこう。画像にはすべて時刻を入れてある。

  

191022h

   

予定の13時ちょうど(午後1:00)。参列者に遅れがあったとかいう話で、式も12分ほど遅らせてる感じ。左側が秋篠宮家で、一番手前が佳子さま。緊張してるのか、大きな瞳をずっとパチパチしてた。対照的だったのが天皇陛下。ほとんど、まばたきしない涼しい目が印象的。

  

191022i

  

本来、庭にいるはずの「庭上参役者」らは、人数を減らして屋内に待機。戦国武将みたいな派手な衣装。

  

191022j

  

世界170ヶ国(180の国と地域)からの参列者は、この時点ではイスに座ってモニター鑑賞。陛下が登場してから起立したのだと思う。大小30のモニターと説明。ちなみに、トランプ大統領夫妻は来てない。5月に初めての国賓として特別扱いで来日してるから、今回の米国は少し下の担当者を派遣。NHKの中継では語られず。

   

   

    ☆     ☆     ☆

191022k

 

左の3つが鐘(鉦:しょう)。右が鼓。鐘の音と共に、侍従2人が帳(とばり)を開いて、高御座(たかみくら)の天皇陛下がご登場。午後1時12分。首を僅かに右にかしげるのは、個人的な癖なのか、あるいは伝統が関係してるのか。

  

191022l

   

御帳台(みちょうだい)では、女官2人が帳を開いて、皇后陛下のご登場。色鮮やかな十二単(じゅうにひとえ)、実は着付けが難しくて、首を適度に緩めないと失神するとか笑わせてた♪(九禮旦雄・京産大准教授)。そう言えば私も、学生服の詰襟が苦しくてホックを外してた覚えがある。

  

191021t

  

両陛下は、表から見えないように、裏側からお入りになったらしい。高御座は部品3000点(トラック8台)を京都御所から移送して組み立て。少し小ぶりで簡素な御帳台だと、2000点くらいだろうか。それにしても、映画やドラマのセットとは比較にならない本物の世界。

   

  

     ☆     ☆     ☆

191022m

   

鼓の音と共に、天皇陛下のおことば。個人的に印象的だったのは、「国民に寄り添いながら」という言葉。後で解説でも、これは今回挿入されたものだと言ってた。そもそも「寄り添う」という言葉が普及したのはここ10年くらいだと思う。

  

おことばの最初は、「さきに日本国憲法及び皇室典範特例法の定めるところにより皇位を継承いたしました」。やはり、憲法と皇室典範があってこその、象徴天皇制。形式的には法治国家なのだ。一部に、君主制ではとかいう見方もあるようだけど。

   

191022n

  

おことばに続いては、安倍晋三首相(内閣総理大臣)による祝辞、「寿詞」(よごと)。前半は、陛下のお言葉を長々と引用した文になってた。首相は深々と一礼。陛下は軽くお辞儀、約1.3m上から。

   

  

     ☆     ☆     ☆

191022o

   

そして、首相が大きく手を挙げて、万歳三唱。少なくとも最初と最後は手を挙げてる姿が映ってた。陛下や周囲の方々は手を挙げず。別室の参列者は、小泉純一郎・元首相とか、前列の日本人が挙げてたらしい(生放送では映らず)。あるいは民放のスタジオの様子とか。ちなみに私自身は、手も挙げてないし声も出さず。テレビ映像にじっと釘付けのまま。実に興味深い♪

  

191022p

  

自衛隊による祝砲(礼砲)21発。本当に砲弾を詰めてるように見えたけど、形式的な素振りかな。実弾ではないはず♪ 来賓の方々も起立したまま見守る。窓は当然、防弾ガラスか。

   

この種の大きなイベントで、テロなどの大事件が起きたことはほとんど無いと思う。どれだけ厳重な警備体制がとられてることか。ちなみに、重くて長い衣装やゲタ(履物)でつまづく方も見たことがない♪ 案外、数秒くらい放送を遅らせて、複数のカメラを素早く切り替えることで対処してるのかも。そう言えば、せき込む様子や音もない。

         

191022q

   

   

    ☆     ☆     ☆

191022r

  

午後1時32分ごろ、侍従たちと共に天皇陛下ご退場。既にお披露目した後だからか、今度は表から堂々と。秋篠宮家は頭を下げる。一見、秋篠宮の衣装の方が派手な感もあるけど、天皇陛下の黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)こそ最高クラスの装束との事。

   

もっと上なのが、午前中、皇祖神・天照大神(あまてらすおおみかみ)をまつる賢所(かしこどころ)へのご報告、「即位礼当日賢所大前の儀」で身につけた、白い束帯・帛御袍(はくのごほう)。やはり、祖先の神こそ一番格上の存在なわけか。

             

191022s

  

皇后陛下のご退場の時も、三権の長までみんな頭を下げる中、山東昭子・参院議長だけは頭を上げたまま、十二単に見とれてた♪ さすが女子目線と言うべきか。確かに、これほど豪華な衣装を見る機会はテレビでさえ稀(まれ)だから、間近の肉眼だとしっかり記憶に留めたくなっても自然なこと。

   

ちなみに紀子さまの後ろの佳子さまは深々とお辞儀してた。紀子さまと真子さまは全体的に自然にこなしてて、秋篠宮さまはやや緊張気味だったか。

   

というわけで、無事に最大の儀式も終了。両陛下も含めて、多くの人が早朝からずっと準備や行事に追われたはず。特に女性の皇族は複層的に大変だったと思う。まだこれから、夜の「饗宴の儀」もあるということで、単なる小市民としてはひたすら感心するのみ。

  

それでは今日はこの辺で。。☆彡

   

       (計 3331字)

| | コメント (0)

Allez!(さあ)Bon appetit♪(召し上がれ)~『グランメゾン東京』第1話

感動した! 「ぐらん・・」と入力しただけで、変換候補に「グランメゾン東京」が出る♪ そこか! いやぁ、フランス語とフランス料理が難しそうだから、たっぷり予習しとこうと思ったのに、全く予習ゼロ。番組タイトルまで、ドラマ初回を見ながら検索して知ったほど(笑)

   

ヒロインが鈴木京香ってことは知ってたけど、同じTBSの名作『華麗なる一族』以来、12年ぶりのタッグ?! あれは冬ドラマだったから、正確には12年半ぶり(細かっ・・)。あの頃はまだ、ネットのドラマの感想だと、ブログが主流だったのだ。ドラマ終了直後から、検索アクセスが入ってた。

    

そのブログは今、芸能人と商業情報ブログ以外は話題にもならないメディアまで「落ちぶれて」しまった (^^ゞ いまや、SNS全盛期。twitter、インスタ、etc。瞬間的な短い言葉や思いを大勢でシェアする時代。

      

現実社会だと、一旦落ちぶれたものは復活が難しいけど、ドラマなら可能♪ というわけで、ミステリアスな陰謀によって(?)一流シェフの座を奪われてしまったキムタク=尾花夏樹の逆襲を鑑賞したのであった。

   

ちなみに今、私はめまいに苦しんでる。珍しく、テレビの見過ぎで (^^ゞ ラグビーの日本vs南アフリカ戦からTBSに映って、しばらく日本シリーズを見ながらドラマを待って(意外と野球の終盤も面白かった)、いきなりフランス語だらけの序盤スタート。ちょ、待てよ♪ 古っ! とにかく、早めに切り上げて休むことにしよう。

   

   

     ☆     ☆     ☆

さて、既にあちこちで言われてそうなことだけど、「グランメゾン」というのは日本語だ♪ 正確には、和製フランス語で、和製英語の「バックミラー」や「ナイター」みたいなもの。

     

いつの間にか、グランメゾンは最高級フランス料理店を指す言葉になってるようだけど、メゾンは女性名詞だから、形容詞のグラン(grand)はグランド(grande)という女性形になる。だから、フランス語的には「グランド・メゾン」(grande maison)。

   

ただ、その文法的に正しい形に直したとしても、普通は「大きな(偉大な)家」とかいう普通の意味で、高級フランス料理店という意味にはならず。あくまで、日本における特殊なフランス語と考えた方がいい。

   

もちろん、制作サイド(脚本家・黒岩勉、演出・塚原あゆ子、他)も分かっててやってることだと思う。ドラマのストーリーにも表れてたように、「日本(人)の最高級フランス料理店」を目指してるのだから、グランメゾンでいい。他に、「グランド」と言ってしまうと、古めかしい英単語に聞こえてしまうという事情もあるかも。

   

   

     ☆     ☆     ☆

191021f

   

久しぶりに、朝日新聞・朝刊のコラムを見てみよう。19年10月20日のテレビ欄の右上には、カラーで『グランメゾン東京』の広告。「自分だけの星(エトワール:etoile)を掴め」。その少し下に、新聞記者が先に見た感想とあらすじを短く書いてる、「試写室」が載ってた。題して、「キムタク 年重ね自然体」(定塚遼記者)。

  

「落ちぶれて借金を背負う・・・。格好もきれいで、役柄の割に落ちぶれた感はなく・・・。過剰さはなくなり、年齢とともに自然体の良さが出てきた感がある。カットの切りかえの速さと凝った映像も、緊迫感やテンポの良さを生み出している」。

  

191021g

        

確かに、綺麗なフランス・ロケ映像を織り込んだこともあって、落ちぶれた感は少なかった。台所のセピア色の映像も、貧乏くささは無く、美しいシーン。流し見だと、転落人生に気づかないかも。かつての同僚、京野(沢村和樹)との関係もこじれてたのに、1話終盤で早くもコンビ復活(一応)。

   

191021d

          

同じキムタクの2012年のフジ月9『PRICELESS』第1話と比べても、反撃や逆転の前の落とし方がちょっと足りない感じはある。借金や女関連のドタバタシーンが、やんちゃ坊主の鬼ごっこに見えたほど♪ キックボード風の電動キックスクーター(?)をかっぱらって遊び廻る、痩せた少年。アマゾンで見ると、数万円くらいで色々あった。最高時速20km。

    

191021e  

        

☆10月25日の追記: 関連する別記事を新たにアップした。

  パリでキムタクが乗った電動キックボード、Lime-S(『グランメゾン東京』)&また12km走

   

   

    ☆     ☆     ☆ 

191021a

          

むしろ、そこそこ金持ちらしい倫子(鈴木京香)の方が、料理人として落ちぶれた感を醸し出してた。尾花らと違って、才能も実績もフツーのレベルだし、パリの三ツ星レストラン・「L'AMBROISIE」(ランブロワジー、実在するお店)への応募も不合格。50歳前後の「おばちゃん」で、集団面接試験でもからかわれてたし♪

   

ただしもちろん、彼女にも光る才能がある。料理を口にしただけで、素材や作り方が分かってしまう舌の能力。「メインは牛テールの赤ワインソース煮だった。中身はフォアグラ、栗、クルトン。表面だけこんがり焼いて、うまみを閉じ込めてからオーブンで弱火でじっくり通す。ソースはマリナードにミニョネットでしょ」。早口言葉か!

   

191021c

       

私の友人Kも、食べただけで素材が分かると豪語してたけど、私には牛乳と低脂肪乳の区別がつく程度か(笑)。豚肉と牛肉と鶏肉の区別もある程度なら可能♪ ある程度か!

      

ちなみにあの超高級店の名前(冠詞をのぞくと、アンブロワジ)は、特別な食べ物を意味する神話的なフランス語。別世界や別次元のメタファー(比喩)になってた。ドレスコード(服装の決まり)もお値段も厳しそう。。

   

191021b

   

   

    ☆     ☆     ☆

さて、フランス語と言えば私が好きな言葉で、ブログ記事でもたまに扱ってる。ただ、英語でさえリスニングは苦手だから、仏語を聴き取るのは大変。単語の変化が多いし、単語同士のつながり方によって、同じ単語の発音や言葉の区切りが変わってしまうのだ。

   

何とか聞き取れたのは、以下のような短いセリフくらい。長い文には苦戦。

  

 Bonjour (ボン・ジュール:こんにちは、おはよう)

 Merci ♪ (メルシー:ありがとう)

 Allez, Allez! (アレ、アレ:さあ、さあ)

 Qu'est-ce qui se passe? (ケスキスパス:どうした?)

 Oui. D'accord! (ウイ、ダコー:はい、承知しました)

 On y va! (オニヴァ:行くよ)

 Vas-y! (ヴァジ:さあ、早く)

 Tiens! (ティアン:ほら、どうぞ)

 Exactement (エグザクトマン:その通り)

 Attendez! (アタンデ:待って)

 Excusez-moi (エクスキュゼ・ムワ:すみません)

 Monsieur, s'il vous plait (ムシュー・シルヴプレ:ムシュー、どうぞ(お願いします))

 Donnez-moi une autre chance (ドネ・ムワ・ユノートルシャンス:もう一度チャンスをください)

 Alors (アロー:さて、ところで)

 laisser-moi cuisiner (レセムワ・キュイジネ:私に料理させて)

 Bonne chance! (ボンシャンス:幸運を)

 Depechez-vous! (デペシェ・ヴ:急いで)

 utiliser votre cuisine (ユーティリゼ・ヴォートル・キュイジーヌ:あなたの厨房を使わせて)

  

     

キムタクが発音に苦労する様子が可愛かった(笑)、「他に頼りにできる人がいないんです」とかいうフランス語は、惜しくも聞き取れなかった。「当てにする」という動詞「comter」(コンテ)が最後だったと思うけど。ちなみに画面の字幕では、簡単な単語だけカタカナで表示されてて、後は日本語の意味とか、「フランス語」とだけ表示するとか(^^ゞ

  

まあでも、要するに一番のポイントは、

 Allez! Bon appetit♪ アレ、ボナペティ。さあ、たっぷり召し上がれ♪

   

木村拓哉を好きなように食べて、ということだ。「おいしい・・もっと・・♡」(笑)。もちろん、キムタクのアレを存分に味わうと。何? 映像と声ね♪

   

ファン以外は、超高級フランス料理をどうぞたっぷりと。映像だけでも、ご飯のおかずになるかも♪ 和食か! 私はフランス語の聴き取りの練習に使うとしよう。フランス文化も織り込んでもらえると、いいね。

      

尾花の店の名前「エスコフィユ」(Escofille)の綴りと意味が気になって眠れそうもないけど(笑)、今日はそろそろこの辺で。。☆彡

  

  

  

P.S. 『グランメゾン東京』初回の平均視聴率12.4%となった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

  

       ・・・・・・・・・・

cf. 女(ナス)に動かされる男たち~『グランメゾン東京』第2話

 ジビエ(狩猟)の基本はシルヴプレ、お気に入りになること~第3話

 『マリ・クレール』記事とコース・メニュー、フランス語の和訳など~第4話
  

   ・・・・・・・・・・

奇跡のリターンがもたらす輝き~『ロングバケーション』第1話

 夢見る息子vs現実を見る父~『華麗なる一族』第1話

 『華麗なる一族』最終回、ドラマと原作の比較

 キムタクは素うどんかたぬきで♪~『CHANGE』第1話

 脳科学コメディーの綱渡り~『MR.BRAIN』第1話

 国際映画ドラマというチャレンジ~『月の恋人』第1話

 キムタク=木村拓哉主演ドラマ、視聴率の推移&『月の恋人』第4話   

 

 鉄の悲劇から、犬の感動物語へ~『南極大陸』第1話

 Jumpin’ Jack Flash、あやつり人形の閃き

      ~『Priceless』第1話

 制作費70分の1、SF映画に挑戦するドラマ~『安堂ロイド』第1話

 LIE STOPS HERE(嘘=夢はここにある)

      ~『HERO 2』最終回

 人生崩壊の原作から、復活ヒーローのドラマへ~『アイムホーム』第1話

 切ってつないで治す、心の穴、頭の影~『A LIFE~愛しき人~』第1話

 慢心=警護(security)は人間の最大の敵(『マクベス』第3幕)~『BG~身辺警護人~』第1話

      

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』、軽~い感想♪

 『宮本武蔵』ドラマ第二夜と原作小説(by吉川英治)、感想と比較   

 

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 木村拓哉の『全力坂 完全版』、アスリートにもお勧め☆

 SMAP×SMAP『いま僕たちに何ができるだろう』、軽~い感想♪

 『スマスマ』通常最終回、タモリのモロッコ「マラケシュ」♪&休養ジョグ

 『SMAP×SMAP』(スマスマ)最終回、

   スタッフとFAXのお花畑でさよなら・・「じゃないよな」♪

 

     ・・・・・・・・・・・・・・・

 SMAP『世界に一つだけの花』、オンリーワンという歌詞の意味ほか

 『さんま&SMAP 美女と野獣2015』、45分だけ見た感想♪

  

      (計 4184字)

 (追記104字 ; 合計4288字)

| | コメント (0)

散歩理論+山登り、婚活アプリという祝祭~『まだ結婚できない男』第2話

う~ん、やっぱり素晴らしいね☆ カフェ「BROWN CLOVER」の店員・留美役、美音ちゃん♪ そこか! 早くも出番が倍増、桑野(阿部寛)との距離も接近。エチオピアのコーヒーがイルガチェフ産かどうかなんてマニアックな質問にも即答してた。

     

191016j

  

ちょっと成長が早すぎるなと思ったら、スピンオフ動画チェインストーリー♯2.5で背景を説明。実は閉店後、有希江(稲森いずみ)と一緒に銘柄当ての特訓をしてるらしい。下は、前回、桑野にブルボンサントスとか難しい質問されたのを思い出して、バカにされたとか悔しがってる様子。回想を振り払う右手が早過ぎて、静止画に映ってない(笑)。カンフーか!

      

191016k

   

次回、新メニューとして、奈良漬け入り卵サンドが登場するのを期待しよう♪ ジェンガ・パンケーキは、一切れも抜き取れなくてゲームにならないから、ボツ!(笑)

   

    ☆     ☆     ☆

さて、ほのぼのネタに続いては、大人ネタをちょっとだけ。脚本・尾崎将也と演出・三宅喜重がかなり狙って作ってるのは明らかだ。例えば冒頭、まどか(吉田羊)と桑野の静かなバトル・シーン♪ 単なるケンカではなく、「夫婦」ゲンカになってた。

  

まず、桑野の美味しそうなバナナにまどかが喜んでキス。奥でアシスタントの香織(小野寺ずる)が羨ましそうに見つめてる♪

    

191016a

   

その後、桑野が帰る際、「陳」(チン)という看板が大きく映される。

  

191016b

   

事務所にカメラが戻ると、まどかが陶酔した表情で「チーン」と音を鳴らしてて、字幕にも出てるのだ。このドラマの字幕は、実際の音声や映像とちょっと違うから、おそらく脚本に「チーン」という音が書かれてるんだと思う。

   

191016c

  

これが単なる考え過ぎじゃないことは、つい先日の『月曜から夜ふかし』で紹介された「指輪を表すインドネシア語」の話からも想像できるし(答はこちら♪)、『まだ結婚できない男』のタイトルバックの印象的カットを見ても分かる。なぜ桑野は、「ハンモック」に包まれて気持ちよさそうにしてるのか?

  

191016l

  

「結婚」その他、ハンモックの象徴的な意味については、日本大百科全書の解説が参考になるのでお勧めしとこう。古くから、単なる寝具ではなく、特殊な含蓄を持ってたようだ。

   

そう考えると、なぜ桑野があれほど「コーヒー豆」にこだわるのかも分かって来る。色んなコーヒー豆の違いを知った上で、ただ1つのコーヒー豆、最高のハンモックを選んで安らぐ。そのための現代的な道具こそ、婚活アプリ。

  

   

     ☆     ☆     ☆

アプリの話の前に、まどかの散歩理論と山登りについて考えてみよう。弁護士にせよ、建築士にせよ、難しい資格と能力がハッキリ要求されてて、1つの山の頂上を目指してひたすら頑張るような努力が必要になる。

  

ところが結婚はちょっと違ってる。上の辺りを目指す大変な道のりという点では山登りと同じ。でも、頂上は決まってないし、1つとも限らない(離婚、再婚、内縁、etc)。結婚には、山登りと共に、散歩の要素も入ってるのだ。ナビも地図も予定もなしに、ぶらぶら気楽に歩いてる内に、綺麗な花や素敵な場所と巡り合えたりする。特に1つのものが気に入れば、それを特別扱いで大切にすればいい。

   

頭が固くて偏屈な桑野には、散歩理論は努力しないための言い訳に聞こえたようだけど、散歩をあちこちで続けるのも持久力が必要だし、偶然出会った価値あるものを逃さない偶然発見力(セレンディピティ)も試される。

    

    

     ☆     ☆     ☆

こうして、婚活アプリというものの意味が分かって来る。簡単にまとめると、山登り+散歩+お祭り(ハロウィーン)なのだ。電脳空間は経由するけど、ゲームというよりリアルライフに近い。利用者の現実に強く縛られるし、リセットや再スタートも簡単ではない。

               

表面的には「マッチングアプリ」という名前の方が好まれてるようだけど、結婚とか交際というゴールを目指して独身の男女が頑張るのだから、山登り的な婚活なのは確か。おまけに、運営会社がハッキリ1つ存在して、全体の情報を一元的にコントロールしてるから、中央集権的で山型のピラミッド構造。

   

ただ、スマホの小さくて可愛い画面を指で気軽にいじって、色んな人と知り合う作業が基本だから、散歩のようでもある。複数のアプリを使ったりすれば、今回のヨガ女性みたいな二股も可能だし、三股以上もあり。だから、大勢の人間がもつれ合う形だから、並列分散的な構造でもある。

   

そして、たまに運良く気が合う相手が見つかったら、実際に会う約束をする。ワクワク、ドキドキ♪ お化けも出るし(笑)、美味しい食べ物も付き物だし、ドッと疲れる点を考えても、ハロウィンなのだ。もちろん、お化けは自分自身かも。下の画像の桑野とか、完全にハロウィンのお化けの飾りと一体化してる。美術スタッフさん、グッジョブ!

     

191016h

      

桑野の場合、ヒルトン東京ベイの吹き抜けのラウンジ・オーで約束して、最初に近づいて来た女性(岡本美樹)はハズレだったから、目印の本、フランクル『夜と霧』旧版(みすず書房)はあわてて隠してた♪ 次のニット・ワンピースのボディコン女性と豊満な美魔女(樫森あ実&有馬ゆみこ?)は当たりだと思ったのに、どちらも桑野の横を素通りして他の男性のもとへ(笑)

  

191016i

  

ちなみにあの『夜と霧』という有名な本。原題と全く違うタイトルは、暗闇の中で存在を消し去る(連れ去る)命令のこと。著者が、悪名高きナチス・ドイツの強制収容所に無理やり収容されて解放される話だから、直後の桑野のアクシデントを示すフラッグ(旗印)として機能してた。冤罪で警察に連行された桑野を解放したのは、米軍とか連合国軍ではなく、弁護士のまどか。

  

191016m

     

警察は法律の専門家に弱いのだ・・っていうか、そもそも逮捕状とか捜査令状もなしにいきなり身柄拘束するのは変だけど♪ まあ、アレもハロウィーンの怖~いお化けってことで。案外、結婚生活というものも強制収容所の生活にちょっと似てるかも(笑)

   

    

    ☆     ☆     ☆

話を戻して、マッチングアプリ。私は流行り始めに数回、試そうとしたけど、個人情報の登録の前にすぐ撤退。今回、久々にチャレンジしてみた。

    

AppleのApp storeで一番人気だったPairs(ペアーズ)。「恋活」ね、なるほど。月9の『恋仲』みたいなネーミング♪ 何と、1000万人突破?! ドラマの視聴者数より多いかも。ほとんどのアプリが、若くて可愛い女性の写真を前面に出してるってことは、やっぱり男性がメインのお客様か。有料会員、1ヶ月4100円(税込)。オプション料はまた別。

           

191016f

   

メールアドレスを入力して、届いたメールに記載された6ケタのコード番号を入力して登録開始。一番最初から、「私は18歳以上で独身です」と告知。法的、倫理的な問題が生じるのを防止してた。性別は男と女のみ。インターネット異性紹介事業として認可されてるから、同性愛者やLGBTは他のアプリを使うのかな。

      

191016g

  

この後、生年月日を入力(後で変更することはできない)する所で撤退♪ 前もそうだった気がする。ただ、途中の利用規約はじっくり確認できた。要するに、非常に厳しいのだ。建前上は(笑)。もちろん、ほとんどの人はそんな規約なんかスルーして、無数の相手の写真や収入に注目してるはず。

  

  

     ☆     ☆     ☆

191016n

   

桑野のアプリ「MATCHING HEART」(マッチング・ハート)の場合、年収と身長の高さに釣られて、直ちに23件のメッセージが到着。フリーターのすぐ下に「ブリーダー」がいるのが笑える。このayakaって女の子、ペットショップの店員だったりして♪ ちなみにコンビニの外国人女性は山本ロザで、下町育ちのマレーシア人とかいう噂。

   

桑野はどうもスタイルの良さに目が行くようで、ヨガインストラクターのYukinoを選択。結局、二股かけられて、会う約束をキャンセルされて、最後は結婚するとかいう相手に短いメッセージ。「あばよ」♪ 古っ! そうじゃなくて、「どうかお幸せに」。

  

送信ボタンをタップする前の一瞬の間(ま)が切ない。押した後、メッセージ画面を見つめるバーカウンターには、オレンジ色のカボチャ型のライト。男のシンデレラを乗せた一夜限りの馬車は、カボチャに戻ったのであった。お別れの前、スマホを見る桑野の横で、空騒ぎするハロウィーン軍団が遠ざかっていく姿が物悲しい。。

   

191016p

   

   

     ☆     ☆     ☆

ところが、通販マゴコロショップで買って三毛猫運輸に届けてもらった本格派のゾンビの仮装のおかげか、隣の謎の女性・早紀(深川麻衣)が「売れ残りの冴えない犬」を買ってくれたらしい。元の値段の6分の1まで値下げしたおかげで。王女様が、パッとしないシンデレラ男を見つけ出してくれたと。

    

次回は身分違いの『フライデー』騒動♪ 小市民ブロガーはそんな事より、あの高級マンションの家賃が気になるのであった。広くてキレイだけど、防音性能が低いから安いのかも(笑)。それでは今日はこの辺で。。☆彡

  

  

  

cf.BROWN CLOVER、残りの半生を美しく~『まだ結婚できない男』第1話

   

      (計 3633字)

| | コメント (0)

BROWN CLOVER、残りの半生を美しく~『まだ結婚できない男』第1話

素晴らしかった☆ カフェの店員の女の子と、ジムで柔らかい身体を誇示してた女の子が♪ そこか!

  

ドラマというものは基本的に、女性視聴者向けに女性目線で作ってるものが多いけど、これは結構、男性目線を意識してるね。50過ぎまで結婚できない偏屈男の周りが、可愛いコ、キレイな女性だらけ♪ あり得ない? いや、実に面白い(byガリレオ福山)。前作のヒロイン・夏川結衣がいなくなった穴を感じなかったほど。

  

  

    ☆     ☆     ☆

191009a

  

まず、このカフェの店員はプッシュしとこう。この8月1日に柚木美音(ゆずき・みおん)から改名したばかりの、美音。スタイルいいなと思ったら、身長173cmか。まだ19歳、モデル出身の新人。画像は事務所(アオイ・コーポレーション)のプロフィールより、TGC(Tokyo Girls Collection 2018)のランウェイ。いいね! 美脚だし、可愛く整った小顔。

  

191009b

  

そして、ちょっと見だと見逃しがちな、上のシーン。ジムのストレッチとかする場所かな。奥で男性スタッフに脚を大きく広げられてる女の子を、手前の桑野信介(阿部寛)がジッと見てる。ここで、桑野の腰の前部がカメラに映ってない所もポイント♪

   

演出は三宅喜重。冒頭から、地味ながら、きめ細やかな映像を作ってた。新婚家族の家の地鎮祭で桑野がシラけさせた後、冷たい風がヒューヒュー、紙垂(しで?)に吹きつけるシーンとか(笑)

   

主要キャストの女優たちもレベルが高いし、初回の2ケタ視聴率11.5%の半分くらいは男性視聴者かも。逆に、男性キャストがビミョーだから(失礼♪)、2ケタキープは難しいかな。とりあえず、放送翌日(水曜)の昼のTVer動画ランキングでは1位になってた。

   

   

     ☆     ☆     ☆

さて、13年ぶり!の続編となった、フジテレビ・・じゃなくて関テレ『まだ結婚できない男』。ウチのブログの初期に、ちょっとだけ記事を書いた覚えがあるなと思って調べたら、ホントに一言だけの感想記事だった 

  

要するに、笑えたけど、真面目にレビューする週1本か2本のドラマとしては落選ということ。たまに見て笑って、それでおしまい。当時の私にとっては、深みがないからパスってこと。

   

ただ、昨日の夜、オンエアをじっくり見ると、思ったより隅々まで丹念に作られてることが分かった。ベテラン脚本家の尾崎将也の作品は、たまたま(?)私が見てないものがほとんどだけど、個々のセリフも全体の構成も上手いと思う。

   

   

    ☆     ☆     ☆

例えば、桑野と弁護士・吉山まどか(羊田吉・・じゃなくて吉田羊)の初対面のシーン。まどかが、「まだ結婚できない女」だともらしてしまった後、「まあ、仕事を優先させて来たからこそ、今こうやって独立して事務所を構えることができたんじゃないかとは思うんですけどね」と弁解すると、桑野が独り言のように憎まれ口を叩いた。

  

 「自分の状況を一般化することで、責任を回避しようとするパターンか」(笑)

  

センター試験の現代国語の問題に使えそうな、適度に考えさせるセリフだろう♪ 「一般」に大人は誰でも、30代は仕事を優先してしまい、結婚は遅れがちだけど、それなりの地位はつかめる。そうした一般的な状況で結婚できないだけであって、私個人の責任や問題ではない。

   

そうした責任回避の思考パターンだろうと思った桑野は、まどか本人の目の前ですぐ口にしてもめてたけど、後の展開を見ると、確かにまどか自身にも多少の責任はありそうだった。桑野の半分くらいの偏屈なキャラ♪ 個客にいちいち文句をつける弁護士は珍しいはず。ビルのはす向かいの「占い処 広尾の母」(笑)に、コミュニケーション術を教わるべきかも。

  

191009c

  

年齢非公開だけど、実年齢45歳と言われてる吉田羊。ここ数年で、むしろ若くて綺麗になってる気がする。やっぱり、恋か♪ このショットで、後ろの花の使い方とか上手い。白の洋服と、白地にピンクのお花の絵。実は桑野は、花や葉っぱが嫌いらしいのだ(笑)。自分のマンションでも神経質にイラついて、花おばさんが逃げてた♪

  

なお、吉田=まどかが使ってたモニターは、EPSON(エプソン)。繰返し、ハッキリ映されてた。契約に関する大人の事情もしっかり反映させてると。プリンターは当然、エコタンク方式か♪

   

   

    ☆     ☆     ☆

一方、まどかが家庭裁判所で担当してる離婚裁判の被告、有希江(稲森いずみ)。夫に浮気されて、離婚の申し立てをされてる気の毒な女性だけど、大変な最中になぜか、桑野に近づいていく。脚本が、桑野にモテ期到来となってるから♪

  

191009d

  

稲森いずみも、もう47歳のアラフィフなのに、上の画像なんて30代半ばで通じる美貌。頑張ってるね。このショットでも、衣装と後ろの本の色がラベンダーで統一されてる。わざわざ本を傾けてまで、薄紫色を強調。さらに、本の手前が茶色に近くて、向こう側が黄色の構成は、実は意味がある配色なのだ。

   

191009e

   

彼女が雇われ店長してるカフェ(喫茶店)の名前、BROWN CLOVER(ブラウン・クローバー)。実は、ドラマ全体や、第1話全体を象徴する名前になってた。

  

191009f2

  

写真はウィキメディアより。Robert Flogaus-Faust氏の作品。上側がキレイな黄色で、下側茶色の珍しい花なのだ。情報が少ないけど、下から徐々に変色するのかな。ラテン語の学名、Trifolium Badiumは、3葉・黄茶という意味。さっきの本の画像を45度回転して、配色の類似を確認しとこう。

    

191009i

   

くすんだ色の上に、鮮やかな色が輝く構成。これこそ、『まだ結婚できない男』のテーマだし、有希江の今後を暗示するものでもある。長い人生、これまでの半分はイマイチだったけど、今後の半分は光り輝くものにしよう。いよいよセカンドステージ。

   

家にはバリアフリーのスロープ付けて、トイレも車椅子が入るように大きくして、閉じこもり用の屋根裏部屋も用意。家が半分だけ余ったら、間仕切りつけて賃貸に出して♪ 夏には流しそうめん器を一人で組み立てて、トネルード・スライダーごっこして(笑)

  

191009k

  

  

    ☆     ☆     ☆

そのためにもまず、元気に生き続ける必要がある。ペットショップの前を通った桑野は、下手なムーンウォークみたいにバックした後(笑)、店内で前作を意識したパグ犬を見つけてじっと見てた。まるで自分みたいな、冴えない孤独な犬。

    

191009g

  

結局、買ったのかな? 35万円を11万8000円まで値下げして、それでも売れなかったら・・と考えると、金に困ってない桑野なら助けたと思うけど。

  

で、育てるのが面倒だから、隣に越してきた謎の女性・早紀(深川麻衣)に預けるとか。サングラスとマスクで変奏してコソコソしてたし、荷物が大量にあって一人で途方にくれてたし、夫か彼氏のDVから逃げて来たとか。ビミョーに可愛いなと思ったら、乃木坂の卒業生らしい。

  

実はその早紀と、住宅プロデュースの桜子(咲妃みゆ)の違いがしばらく分からなかった♪ 見たことないのに、表情や身振りが大きくて演技慣れしてるなと思ったら、宝塚の娘役出身なのか。2年前まで雪組・トップ娘役の28歳ね。道理で名前も姿も派手で華やかだと思った。彼女もいずれ、苦手だった桑野に惹かれていくとか。

  

  

    ☆     ☆     ☆

なお、番組冒頭の売れ残り情報は厚生労働省でチェックした。厚生労働白書2018年版、未婚率の推移の図表。

    

191009h

  

50歳過ぎても未婚(一度も結婚せず)の割合は、ここ30年で4~5倍に急増。2015年で、男性23.4%、女性14.1%。男の方が遥かに売れ残りやすくなってると。34年前には男女ほぼ同じく僅かだったのに、何で男だけ? 男の方が経済力があるから、一人でも生きて行きやすいってことか。女性は一人だと、出産・育児も大変だし。

 

まあ、うっかりドラマの中で「生産性」に触れたりしないように祈ろう♪ 男の桑野の自虐としても、炎上リスクが高いから。なお、まどかはGYAOのスピンオフ動画(第1.5話)で、「一人お好み焼き」のパイオニアとして活躍(笑)。今後は「道とん堀」店長と仲良く商品開発するとか。あるいは事務のアシスタントのコ(小野寺ずる)と仲良く舐め合うとか。スーパーアイスのキャラメル味ね♪

  

191009j

       

来週の予告映像のボディコン女性(ニットのミニ・ワンピース)にも期待しつつ、それでは今日はこの辺で。。☆彡   

      (計 3351字)

  

  

cf.散歩理論+山登り、婚活アプリという祝祭~『まだ結婚できない男』第2話

  

     (追記37字 ; 合計3388字)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧