映画『アルキメデスの大戦』公式サイトの数学クイズ、「アルキメデスとの対戦」の問題の解き方(更新中)

たまたまテレビのCMで、天才数学者が戦艦大和(せんかん・やまと)と戦う映画を知りました。すぐ原作マンガを読んで、そこに書いてある計算を調べてみました。ケタ数が多くてむずかしそうに見えますが、実はカンタンな小学校の算数が多いみたいです。

   

190717a

  

そのマンガの計算について書く前に、映画の公式サイトにアクセスしたら、数学クイズが載(の)ってたので、先にそちらの解き方、考え方の記事を書きます。天才の櫂直(かい・ただし、菅田将暉:すだ・まさき)が毎週出題してるようで、今日(19年7月17日)見ると、第3問でした。

   

   

    ☆       ☆       ☆

190717c

   

上の図は問題1です。山本×山本=大里。山本×大里=嶋田(しまだ)。嶋田-大里=? 3人の名前は、やまもと、おおさと、しまだ。だからカンタンに、や、お、し、と書きなおすと、下のようになります。3人はそれぞれ、0~9の中の別の数をあらわします。

    

190717d-2

   

「や」が0や1だと、一番上の式の右も「や」になってしまいます。0×0=0。1×1=1。「や」が4以上だと、一番上の式の右が2ケタになってしまいます。

   

だから「や」は、2か3です。でも、「や」が3とすると、下図のようになって、「し」が2ケタの27になってしまいます。

   

190717e

  

だから、「や」=2。「お」=4。だから、「し」=8。というわけで、一番下の式は、8-4=? 結局、「?」=4、つまり「お」。答は大里です。

   

190717f

  

   

    ☆       ☆       ☆

190717g

    

問題2は、式の書き方がまちがってるので飛ばします。4つの式の左側にはすべて、中学で習う「√」(ルート)が必要なのに、公式サイトでは書いてません。天才も疲れてたのでしょう♪

   

たとえば、√3とは、それ自体を2回かけあわせて3になるような数(ただしプラスのもの)。小数で書くと、1.732・・・と続いて行くことは、中学でおぼえます。

       

でも、戦前には、その小数を自分で計算する方法が学校で教えられてました。このブログでは、今年の冬に、大人向けの説明の記事を書いてます。

  

√(ルート)の筆算、開平法~海軍兵学校の数学試験(算術)2

   

   

   ☆      ☆       ☆

190717h

  

続いて、問題3。これは小学校5年とか6年で出て来る、「虫食い算」です。筆算(ひっさん)の式の所々に、服を虫が食ったような穴が空いてて、数が見えなくなっています。ただし、問題1と違って、少し数が残ってます(すべて7)。

  

山本を「や」、大里を「お」、嶋田を「し」、宇野を「う」、永野を「な」と書き直すと、下のようになります。

   

190717i

   

解くためのコツは、その時々で、一番分かりやすい部分だけを見ることです。まず、下図の部分のかけ算を考えてみましょう。「や お 7 × 7 = 7 う な」。

  

190717j

  

7×7=49だから、右下の「な」は、9だとすぐ分かります。あと、「や」が1ということも分かります。「や」が0だとダメだし、2以上でもダメです(かけ合わせた数が4ケタになってしまいます)。だから、下のようになります。

      

190717k

   

なるべくネタバレにならないように、この後は来週、解答が発表された後に書くことにします。ではまた。。

   

   

   ☆     ☆     ☆

おや、今は金曜ですが、昨日の木曜日に解答が発表されたようですね。それでは、続きを書きましょう。

  

190719a2  

  

「1お7×7=7う9」。まず、「お」=0だと分かります。1はもう使ってるし、2以上だと答の3ケタ目が7にならないからです。「お」=0を使うと、107×7=749だから、「う」=4となります。

   

190719a

   

「7×し=14」だから、「し」=2。ということは、「?」=0だから、答は「お」、つまり大里です。

   

190719b

    

   

    ☆    ☆    ☆

では、問題4。問題2につづいて、なぞなぞみたいなパズルです。

  

190719c

  

数学のパズルで、このような小数が出たら、まず思いつくのは「あの数」でしょう。中学生にはカンタンだけど、小学生にはむずかしいですね。顔(つまり数字)がどのように並んでるのかを考えると、中学生以上には分かると思います。ではまた来週。。

  

(☆今、わざと途中で止めてます。)

  

       (暫定 1607字)

| | コメント (0)

秋葉原殺傷事件、加藤智大の文芸作品「人生ファイナルラップ」を読んで~NHK『事件の涙』

今日は全然違う記事を書く予定だったけど、帰宅直後にテレビを見て気が変わった。私が見たのは22時15分くらいからだから、30分番組の後半のみ。NHK『事件の涙』。たぶん、初めて見たと思う。新聞の番組欄のサブタイトルは、「平成最悪の通り魔・秋葉原殺傷」。11年前、2008年(平成20年)、加藤智大(ともひろ)、漢字変換はできない。

   

「平成最悪」ということは、それ以前だともっと悪い通り魔殺人があったということか? 今のところ、事件発生までの30年間では最悪だろうという産経新聞の記事くらいしか分からない。ウィキペディアの項目の注に、過去ログのアーカイブ(保存庫)へのリンクが付いてた。

   

ちなみに通り魔ではなく、大量殺傷なら、そのちょうど7年前の池田小事件で8人死亡してた。加藤が犯行日として6月8日を選んだのは、池田小事件を意識したものだろう。宅間守・死刑囚は、本人の望み通り非常に早く、判決確定後わずか1年で執行されてる。

   

もちろん、最多で最悪なのは、3年前の相模原事件(19人死亡)。あまりに大きな事件だからか、精神鑑定に時間がかかったからか、まだ裁判は始まってない。

   

    

   ☆     ☆     ☆

さて、NHKの番組。私が見始めたのは、昔の職場の同僚らしき男性が語るシーン。あえてここには書かないが、名前も顔もハッキリ出してた。仮名かも知れないけど、ハッキリと長めに外見を映してたから、本人が覚悟を決めてるのだろう。加藤の行為への疑問や当惑を語る一方、自身は上の身分に昇格して普通に働いてるようだった。加藤が見たら、どう感じるか。

   

死刑囚がテレビで自分の番組を見れるのかどうか知らないけど、死刑囚が文芸作品を世に出すのは別に構わないらしい(検閲がどうなのかは不明)。

   

NHKが終盤に映した画像を見て、エッと驚いた。加藤の作品らしき「ラップ」みたいな詩が映されたのだ。「人生ファイナルラップ」。番組的には、加藤に手紙を出し続けてた男性が、そのラップをネットで見て、あきれる様子が強調されてたけど、私はその内容にひかれたから、直ちに検索。

   

    

   ☆     ☆     ☆

すると、すぐにその作品の全文(らしきもの)がヒット。多分、本物だろうと思うけど、ツイッターと掲示板と個人サイトくらいしか出て来ない。信頼できそうなマスメディアはヒットしないのだ。

  

もっと探し回ると出て来るのかも知れないけど、仕方なくツイッターの画像を2つチェック。同じ内容で、「大道寺幸子・赤堀政夫基金 死刑囚表現展」応募文芸作品紹介〔2018〕と書いてる。これが去年の秋に、拡散したらしい。

   

私は元ネタの公式サイトを探してみたけど、2017年くらいまでしか情報が見つからなくて、肝心の2018年の情報はまだ発見できてない。ただ、かなり前から続いてる死刑囚関連の真摯な活動のようで、少なくともイベントのようなものは開催されたようだ。その時の配付パンフレットか展示物のコピーが拡散してるのか?

   

   

   ☆     ☆     ☆

いずれにせよ、出典が曖昧すぎるし、内容もきわどいものだから、ここでは画像は掲載しない。全文引用も避けとこう。

  

ただ、NHKも、その作品を誉めるネットのつぶやきを放映してたように、加藤のラップは一応、形が出来てるし、内容もある(良し悪しとか倫理的・道徳的評価は別)。

  

「ファイナルラップ」という言葉は、一般にスポーツの周回競技で使われるもので、例えば10周するレースの10周目とか、そのタイムを指す言葉だ。加藤はその言葉に、自らの「最期のラップ(ヒップホップ的な言葉)」という意味を重ねてる。例えば、今日が最後かと思ったら違ったとか、今週執行かと思ったらまた違ったとか、そういう毎日なんだろう。

  

ある意味、人間だれでも、毎日「ファイナルラップ」とも言える。ひょっとして終わりか・・と思ったら、また大丈夫だった♪・・という日々の連続なのだ。自分がいつ死ぬのか、ほとんど誰にも分からないはず。一部の末期患者は別として。。

   

   

   ☆     ☆     ☆

加藤のラップ(らしきもの)は、前置き(?)は別として、5つの段落(or章、節)で構成されてる。最初が、「母の夢は絵に描いた餅」となってるのは、偶然ではないだろう。母の期待が重かった、あるいは重かったと思いたい、ということ。まあ、最後の方には、「精神分析するやぶ医者」なんて言葉もあるけど。これは専門家の片田珠美への皮肉かな?

   

とにかく、第一段落は、各フレーズの最後が「チ」の音で揃ってる。ちゃんと韻(rhyme:ライム)を踏んでるのだ。私はやぶ医者ではないけど、「血」と解釈したくなるし、「チッ」という舌打チにも聞こえる。

  

第二段落は、「残りの人生あと何周?」と自問した後、「シュウ」で韻を踏もうとしてたのに、また「チ」に戻ってしまった感じだ。第三段落も同様で、「シュウ」から始まったのに、すぐ「シ」「シン」「シイ」へと変化。これは当然、「死」のイメージか。その辺りに、秋葉原事件を思わせる言葉が並んでるけど、引用は避けとこう。関係者にとっては、文芸だからといって聞き流せない、軽すぎるふざけた言葉だろうから。

   

   

    ☆     ☆     ☆

第四段落はまた「シュウ」で始まった後、今度はすぐ「イヤ」の韻を踏む。最初はタイヤで、その後は事件をリアルに描写するかのような言葉が並ぶ。ただ、私には、死刑は「嫌」と聞こえる。もっと生きたいと聞こえる。実際、第二段落から第五段落まで、先頭の句は「残り人生あと何周?」。宅間守と違って、すぐ執行して欲しいという願いは見当たらない。

   

最後の第五段落だけは、たった4つのフレーズで終了。「何周?」の後、「裁判所で決する雌雄」「二度殺される死刑囚」「それを喜ぶ一般大衆」で終了。どう読んでも、死を覚悟して諦めた人間の言葉とは思えない。実際、再審請求を出してるようだ。まあ、普通に言動を見る限り、死刑を回避できるほどの重い精神障害は感じ取れない。彼よりも遥かに怪しい死刑囚や被告は、他に何人もいる。

   

とはいえ、問題なのは、「犯行当時」の精神状況だから、その後の文芸作品は(ほとんど)関係ないのも事実。とりあえず、彼を神格化した模倣犯が続かないことを祈ろう。そのためにも、彼の知的能力に対する評価は書かないことにする。マスメディアが作品に触れないのも結局、そういった配慮が大きいのだと思う。   

        

それでは今日はこの辺で。。☆彡

   

        (計 2605字)

| | コメント (0)

初めて見た『炎の体育会TV』、スポ魂が燃える♪&10km走

RUN 10km,49分56秒,平均心拍146  

消費エネルギー 511kcal(脂肪87kcal)

   

あぁ~、やっと右腕の痒みが収まった・・じゃなくて治まった♪ 痛みの場合、収まると治まるの選択はビミョーだね・・っていう漢字の話はさておき、まだ赤い痕(あと)がハッキリ残ってるから、触らないようにしよう。モスキンパッチは貼ったりはがしたり。今はもうはがしてるけど、普段は貼りっぱなしでも何ともないのにな。

    

ちなみに、コメント入力不能問題は収まってない。それどころか、新たに問題が拡大してるほど。温厚で寛容なブロガーとサポートセンターの間で(笑)。「労多くして実り少なし」(or功少なし、益少なし)の典型っていうか、メリットがほとんど無いんだけど、言わずにはおれないのだ。

   

とにかくマニュアル対応ばっかで、しかも問題解決にほとんどつながらない。トップダウンで誰か一気に改革してくれないかね? 対応の姿勢も、マニュアルの内容も。まあ、とりあえずは、ウチのコメント欄が直ればいいって話なんだけど。。

    

    

     ☆       ☆       ☆

今夜、初めて『炎の体育会TV』なんて番組を流し見したのは、やっぱり私の物静かな心が珍しく燃えてたからだと思う♪ 新聞のテレビ欄に、「メッシ超え・・那須川天心・・富士山激走」とか書いてたから、サッカーも格闘技もランニングも好きな私としてはつい、Android携帯のワンセグをつけてしまった。

  

190706d

  

19時30分過ぎくらいだったから、サッカーが終わった後だったのか、ちょうど富士山の下り坂を激走するバトルが始まってた。上の画像は、TBS公式HPの予告動画より。番組上、覆面をかぶって正体を隠したマスクマン(箱根駅伝の高速ランナー)が、小中学生3人とハンデ付きで1000m走の勝負。

  

私が見始めたのは、1人目の男の子が本気で逃げてるシーンから。速い!・・って言うか、子どもにしてはストライド(歩幅)が強烈に大きい。撮影の上手さは割り引いて見るとしても、足腰の負担は大きいし、下りで急カーブもあるのに大丈夫かなと思ってたら、みんな平気でクリアしてた。転倒やケガは最後までゼロ。ガックシ・・_| ̄|○(笑)。コラコラ! いや、私はディレクターの本音を代弁しただけなのだ♪ 毎分視聴率を稼ぎそこねたと内心思ってるはず。 

   

最初はマスクマンがギリギリで逆転勝ち。2人目の女子中学生(1000m、3分?)も速かったけど、これはわりと余裕でマスクマンの勝利。1km3分か。私も高校陸上部時代なら練習で出してたのに・・ブツブツ♪

   

3人目の「鉄人」男子中学生に、たかが50mのハンデで負けた後、CMを挟んで(笑)覆面を脱いだマスクマン。その正体は、青山学院大で今年まで4年連続、箱根の下りを快走した小野田勇次(22歳)。ただ、観客から「小野田だ!」とかいう歓声は上がらず♪ 実力は凄くても、神野や柏原ほどの知名度は無いのであった。171cm、51kgか。やっぱ痩せてるね。

   

    

     ☆       ☆       ☆

その後は先日、亀田との「ボクシング」ルール格闘イベントで見たばっかの若き天才、那須川天心。妹と弟を連れてスタジオに来てたけど、私の目は妹に釘付け♪ 短髪の格闘ファッションであれなら、髪伸ばしてオシャレしたら可愛いと思うな。まだ16歳のプロ・キックボクサー(立ち技打撃)。収録の後の昨日、タイトル戦で判定負けしたらしい。テレビ疲れか♪

   

190706e

   

中身は4種類の競技で、サンドバッグを蹴りで移動させるレース、攻撃なしで逃げ回る試合、天井からのバトン落としのキャッチ、坂道のタイヤ引き競走♪ 『巨人の星』で、星飛雄馬が「重いコンダラ」を引っ張る姿を彷彿させる(笑)。「思い込んだら」だろ! とにかく、スポ根のスポ魂、いいね。回し蹴り連発しながらの移動も、流石に素早くてスムーズ。妹もなかなかの蹴り。

        

ちなみに、あのバトン落とし。2回目で天心は見事にキャッチ成功したけど、バトンの落下スピードを計算してみよう。初速ゼロ、空気抵抗なし、距離1.5mの自由落下として、時間tを消した公式を利用すると、

     

 v²-0²=2×9.8×1.5

 ∴ v≒5.4(m/s)

  

秒速5.4mだから、かなり速い。やっぱ、動体視力や反射神経も抜群なのか。あるいは、本当は何回も失敗してるのに編集でカットしたのか♪ コラッ!

  

実はこの番組、本来の司会は、闇営業問題で謹慎中の宮迫博之との事。今日の放送も、ちょっと不自然な感じもあったから、かなりカットしてたのかも。番組としては面白いから、続けて欲しいね。そう言えば、日テレ『イッテQ』のお祭り男、宮川大輔も出てた。あちらも、態勢が整い次第、企画を復活させるらしい。ま、ヤラセじゃなく、本物のお祭りで頑張って♪

   

   

     ☆       ☆       ☆

最後に、単なる一般小市民の走りについて。2日サボった後、今日は雨が降る前に10kmだけ。本当はゆっくり16kmくらい走りたい所だけど、今日も家でお仕事してたのだ。最近、残業代ゼロのブラック労働が多い (^^ゞ いずれ突然死で労災請求の訴訟になるかも♪

  

寝不足のせいで、やる気がない中、意外と脚は動いてくれて、トータルでは1km5分00秒。これは偶然じゃなくて、狙った数字♪ 気温22度、湿度85%、風速3mで、風が涼しかったから汗はあんましかかなかった。単にすぐ蒸発しただけではないのは、帰宅後の水分補給が僅かだったことからも明らか。

  

あぁ、でももうすぐ暑い夏だよな・・自転車も乗らなきゃいけないし・・とか思いつつ、ではまた明日。。☆彡

   

       

190706c

   

    時間  平均心拍  最大

往路(1.2 km) 6分33秒 121 136

LAP 1(2.2) 10分56秒 140 150

 2   10分50秒 151 158

 3   10分54秒 153 160

復路(1.6) 10分43秒 158 166

計 10km 49分56秒 146(81%) 166(92%)

   

        (計 2367字)

| | コメント (0)

所沢ダイオキシン騒動の産廃処理業者、里山の自然と共に復活~NHK『逆転人生』石坂典子・女社長

Googleで「所沢 ダイオキシン」と入力すると、それに続く検索候補に「ニュースステーション」と出る。令和元年の今となっては、ずいぶん懐かしい響きのあるテレビ番組。NHKでは、騒動の発端となった同業者の番組名までは出さずに、一言触れるのみ。業界の慣習と常識的な配慮ということか。

     

試しにウィキペディアにアクセスすると、久米宏、小宮悦子なんていう古い名前(失礼♪)と共に、所沢ダイオキシン問題の説明も出て来る。まだ日本でインターネットが流行り始めたばかりの20年前の騒動にしては、わりと詳しくまとめられてるけど、やっぱり分からない点が色々残る。

   

・・・とかいう話の前に、まず昨夜のテレビ番組まで戻ってみよう。NHK『逆転人生』。司会の山里亮太が、蒼井優との結婚を発表した直後の収録だったようで、番組冒頭に個人的「逆転」をイジられてた♪ 最近、月曜の仕事が長引くから、やっと一息つく22時ごろにテレビをつけると、自然とこの番組を流し見することになるのだ。

  

190702a

    

    

     ☆       ☆       ☆

かなりバラエティ色の強いドラマチックな情報番組だから、あらすじを書いてみよう。7月1日放送のサブタイトルは、「ヤマユリ咲き誇るゴミ処理場」。所沢ダイオキシン問題や環境意識の高まりの中で、産廃業者に対する抗議が強まってた頃、社長の娘の石坂典子さんが自ら跡継ぎに。

  

190702b

    

社員からは反発、辞表続き。夫からは離婚届。逆境の中、若き女社長は敷地のある辺りの里山に目を向ける。歴史を調べ、不法投棄を片付け、豊かな自然の回復に努める内に、反対派住民とも和解。みんなで里山保全に取り組む一方、会社は廃棄物のリサイクルに軸足を移して成功。今では騒動前を上回る企業へとV字回復。周囲にはヤマユリが咲き、ホタルが飛び交ってる。。

   

地味で暗めの内容だけど、私はグイグイと番組に引き込まれた。社長がちょっと美魔女系なのだ(笑)。そこか! いや、番組の演出でわざと地味な服装と髪型にしてるのに、華やかさがある。これは重要なことなのだ。

  

190702d

   

日立のビジネスコラムによると、1972年生まれで、社長になったのは2002年、30歳の頃らしい。それから17年経って47歳くらいになっても美魔女ということは、当時はフツーにアラサー美女。反発よりも好感の方が大きかっただろうと想像する。

      

実際、ここ数年で3冊出してる著書も、顔写真を強調してた。『絶体絶命でも世界一愛される会社に変える!』『産廃業者の娘、逆転を語る』『未来教室』。

   

  

     ☆       ☆       ☆

・・というか、既に華やかに活躍してる有名人なわけね。ウルウルして損した気分♪ 『ニュースステーション』その他の偏向報道(?)のせいで大逆境に追い込まれたのに、よく頑張ったなぁ、いいね・・と思ってたけど、ネットで調べるとバリバリのビジネスウーマンとして自己主張もしてるから、逆境に耐える一輪の花のイメージが大幅に変わってしまった。

    

190702c

  

上は会社HP。「石坂典子講演会」の文字がセレブみたいに大きいし、開催イベントやメディア掲載の紹介も詳しい。そもそもサイトのデザイン自体がかなり新しいタイプで、「SDGs」(持続可能な開発目標)キャンペーンとかメジャーな世界企業のノリになってる。

    

逆に言うと、NHKの番組作りは地味で健気なイメージを醸し出してて、ゴミ業者の逆転を演出する上では上手かったわけだ。私は半ば、「テレビドラマ」の脚本と演出に釣られてしまったのかも♪

   

一番気になってたのは、会社に対する訴訟がどうなったのかということだけど、会社HPの「挑戦の道のり」を読んでも、ウィキ(ニュースステーション、石坂産業)を見ても、どう決着したのか分からない。ちなみにウィキが書いてる訴訟は、農家側からテレビ朝日などへのものだから、ゴミ処理場とは別の話。ダイオキシンの濃度や基準値の話もハッキリしないまま。。

   

   

     ☆       ☆       ☆

ところで私は、ゴミ問題への関心を子どもの頃からずっと持ってる。田舎の小学生時代、道路脇に捨てられてるゴミを1人で拾い集めてたほど。ただ、なまじ計算が得意だったので、この作業を一生やってもほとんど日本の道路美化に貢献できないなと悟って、すぐ止めてしまった♪

  

それでも普段から、ゴミ収集車や作業員の様子はしっかり見てる。昔ながらの地味な収集車で、作業服に身を包んだまま走り回ってる姿には、素直に頭が下がるのだ。臭いや汚れは大丈夫なのか、心配になるほど。試しにアルバイトでも体験してみようかな。涼しい季節に数時間だけ♪ お遊び気分か!

  

190702e

   

番組でも話題になってた東京湾の埋め立てというものを検索してみると、ほとんどは新海面処理場という施設で行われてるらしい。というか、今でも埋め立てをやってること自体、ちょっと意外だった。まあ、埋め立て前の処理や減量が、昔よりは進化してるんだろうと想像する。上は東京都港湾局HPより

  

190702f

   

なるほど、お台場やレインボーブリッジから、少し南東側に位置してるわけか。私は何十回もお台場や湾岸に行ってるのに、埋め立て地なんて見たことないけどな・・と不思議に思ってたのだ。最近流行りの「可視化」「見える化」の真逆で、「不可視化」「見えない化」してるのか。せめて、理解くらいはきっちりしとこう。ありがたいというか、今後が気がかりというか。

   

小市民としてはとりあえず、ゴミの分別とリサイクルくらいは真面目に続けよう。個人的には、近所にゴミ処理施設の建設計画が浮上しても、全く反対するつもりはない・・という話を昔、友人Hとしたのを思い出した。まあ、何か補償みたいなものはちょっと欲しいけど♪ ではまた明日。。☆彡

   

       (計 2307字)

| | コメント (0)

強敵エボラと手をつないで仲良く生活、「衛生仮説」の功罪~『インハンド』最終回

2回見て初めて良さが分かるドラマというのは、時々ある。『インハンド』最終回もそのタイプ。なるほど、じっくり見直して初めて、繊細な作りの作品だと納得できた。

    

最初にTVerで軽く流し見した時は、前半の急ぎ足の展開が気になったし、中盤のタイムカプセルと出産のシーンもしっくり来なかった。村の封鎖を解除した直後、大勢の人が喜んで村に駆けつけるのを見ても、福島の重い現実を思い浮かべてしまう。放射能・放射線に関する安全性が公に確認された後でも、海水浴場はガラガラのままだったし、住人の多くも帰らないわけだ。

   

放射線被ばくによるガンは5年~10年後で、仮にかかったとしても死亡率は半分程度。それに対して、ドラマの新型エボラは感染(発症)5日でほぼ100%死ぬとされてたし、外から防護服なしで訪れた人達が、あらかじめ新ワクチンで免疫を獲得してたという設定もない。笑顔で手をとりあう姿を見ても、テレビドラマは本当にハッピーエンドが好きだなと思った程度。

   

世界的に色々な議論や問題(後述)がある「衛生仮説」の使い方も、ここまで折角、注意深く距離を取って来たのに、最後の決定的展開で突然、無条件の肯定、絶賛の形になってる。

   

ただ、別の箇所に目を向けると、吉田康弘の脚本、平野俊一の演出、美術スタッフの労作には優れた部分も多かった。既にドラマ放映から5日経ってるので、フツーの事を書いてもほとんど意味はない。誰も書かないような、細か過ぎて伝わらないマニアックな点に絞り込んで行こう。

   

   

     ☆       ☆       ☆

最終回のあらすじは、前半と後半で大きく分かれてた。前半が、新型エボラへの苦戦。後半が逆転劇で、ドラマ最終回の構成の典型パターン。新聞のテレビ番組欄には、「絶体絶命から奇跡の大逆転!!未来は僕たちの手の中に」とそのまま結末が書いてるから、もうストーリーを追う必要はない。美青年の顔だけ見てればいいのだ♪ コラッ!

   

美園(石橋杏奈)の出産がストーリーの転回点。大勢の死亡の暗闇の中で、希望をもたらす1人が誕生する。まず、美園の逆子の子ども。局所麻酔(硬膜外麻酔、腰椎麻酔)らしくて、母親の意識があるまま帝王切開して赤ちゃんを取り出すシーンには驚いた。私は小心者だから、全身麻酔をお願いしよう♪ 男だろ!

         

この時、別の希望も1人、誕生する。それは、主役としての安家・・じゃなくて高家(濱田岳)。経験のない手術に挑戦する際、紐倉が助手に回ったのは偶然ではないし、単なる親切とか友情でもない。その後の高家の大活躍へのフラッグ(旗印)、伏線になってるのだ。

  

彼が、新型エボラに感染して発症しても死なない初めての患者になったからこそ、紐倉のワクチン製造も可能になった。美園に対しては救「生」主。日本や世界にとっては、救世主。

    

  

      ☆       ☆       ☆

高家が救世主になれたのは、偶然ウイルスが突然変異で(?)弱毒化してたから。そして、母ちゃん(宮崎美子)が作った有機野菜の漬物その他を食べて育ったおかげで、免疫機能が高まってたから。

     

まず、高家に感染した、たまたま運良く弱毒化してたエボラウイルスについて。紐倉は、普通の新エボラ(ニューエボラ=ニューボちゃん)と高家のエボラの遺伝子を比較してた。下図はDNAかRNAの塩基配列で、上側の「Query」(照らし合わせるための元のデータ)と、「Takaie」(高家のデータ)を横にズラッと並べてる。

  

190626b

  

すると、まず上図の赤枠部分、125番目~127番目が異なってたのだ。普通は「CAT」(シトシン・アデニン・チミン)なのに、高家のエボラは「GTA」(グアニン・チミン・アデニン)となってる。一致してない箇所は、上下に伸びる縦線でつながれてない。他にも、335番目~337番目が異なってた(「AAA」と「TTT」)。

   

   

    ☆       ☆       ☆  

一方、人糞肥料・・じゃなくて有機野菜で育まれてた、高家の免疫機能の核心。抗血液凝固作用を発揮するらしい、NAPc2タンパク質。

   

紐倉が熟読してプリントアウトしてた医学論文に書かれてた。「Current Developments in Ebola Virus Outbreak and Treatment in West African Countries」、西アフリカ諸国のエボラウイルス大発生と治療における最近の進展

      

190626c

  

そこには、小見出しとしてこう書かれてた。「Potential Treatment for Ebola Virus Using Necator Americanus Derived Anticoagulant Protein rNAPc2 ── a study in Macaca fascicularis」。アメリカ鉤虫(こうちゅう)由来の抗凝固蛋白質rNAPc2を用いたエボラウイルス治療の可能性 ── カニクイザルにおける研究。 

   

190626d

   

これ、どうも本物の医学論文や医学研究が元ネタになってるようだ。ちなみに寄生虫監修は嘉糠洋陸・春木宏介、医療監修は林宗博。Google検索で見つけたのかも♪

  

190626e

  

190626f 

   

   

    ☆       ☆       ☆

ただし、紐倉と入谷がこだわってた肝心の「衛生仮説」というものは、一部のアレルギーに関しては認められてるようだけど、エボラどころか、そもそも信頼できそうな医学研究が少ない。そのわりに個人サイトがヒットしてしまう状況が、この仮説のビミョーさを表してる。それ自体はトンデモではないけど、トンデモ系とつながりやすい考え方。

           

英語版ウィキペディアの「Hygiene Hypothesis」(衛生仮説)の項目を見ても、最初の要約部分のラストに注意書きがあった。「The hygiene Hypothesis does not suggest that having more infections during childhood would be an overall benefit」。衛生仮説は、子ども時代により多くの感染をした方が全体的な利益となる、などとは示唆していない。もちろん、出典付きの記述。

     

要するに、どんな細菌・寄生虫・ウイルスとどのくらい、どのように触れるかがポイントだし、ある病気には有効でも、他の病気に関してはマイナスの作用を及ぼす可能性がある。おまけに長期の複雑な統計データが大量に必要だから、そもそも調査・研究するのが大変。

  

さらに、英語版ウィキは注意を促してる。衛生仮説には勘違いがしばしばあって、例えば手を洗わない方がいいとか思ってしまうのはマイナス。

  

実は、誰一人ツイートしてないようだけど、衛生仮説を唱える日本で最も有名な寄生虫学者は、藤田紘一郎という人だ。明らかに、インハンドの山Pのモデルと言っていい・・と書いとくと、1年に2つくらい検索アクセスが稼げるかも♪ 少なっ!

   

で、この有名な変わり者の学者。昔はあちこちで見かけたのに、最近見なくなったと思ってたら、薬事法違反(の手助け)の容疑で2014年に書類送検されたらしい。プロポリスの単なる健康食品が、がん細胞を死滅させるという宣伝に加担したとの疑い。不起訴にはなったものの、衛生仮説とかその信奉者に対する信頼をやや損ねる出来事だと思う。

   

   

     ☆       ☆       ☆

衛生仮説に注意を促したところで、最後は、これまた(ほとんど)ツイートが見当たらない、海外(アジア)のジャングルの「貝」について♪ 細かっ!

   

見逃しがちな最後のカットをよく見てみよう。内閣総理大臣顕彰を断った天才・紐倉(山下智久)が、嬉しそうにピンセットでつまんだ黒っぽい塊。これ、本当に貝に見えるだろうか?

     

190626a

   

初回ですぐ指摘したけど、やはりこれは日本初(?)のスカトロ・ドラマなのだ(笑)。しかもジャニーズ屈指のイケメンが主役♪ エッ、屈指じゃなくて断トツ? ハイハイ(笑)。とにかく、菜々緒の「う・こ」で始まって、海外の清流のアレで終了。エボラ退治に大活躍したのは有機野菜だし、エッジの効いたストーリーだった♪

    

フィールドワークに来たという口実で高家に会いに来た紐倉。最後のセリフは、「さあ出ておいで。小さな虫たち」♪ 貝の外見と「小さな虫」という言葉からは、アレとは別の裏の意味も解釈できるけど、示唆するだけに留めとこう。昔はそこまでズバリ書いてたけどね(笑)

   

   

     ☆       ☆       ☆

衛星・・じゃなくて衛生仮説に注意が必要だということは、言い換えると、他者と仲良く接するのはなかなか難しいということでもある。

   

瀕死の状態の高家と手をつなぐシーンで、防護服の紐倉はちゃんと手袋をはめてた。臨機応変に、多少の距離を取ったうえで、手をつなぐこと、他者とふれ合うこと。これこそ未来に向けての『CHANGE』、変化にとって重要なのだ。

   

感染したサルを山に放つ「ような」実験的行為の科学的な是非については、もう省略。「所詮 人間 猿みたいなもん」。「深く考えすぎて 答え見失う」ようではダメなのだ♪ エッ?、作詞は「Tomohisa Yamashita」なの? たまたま同姓同名の作詞家がいたわけか(笑)

    

トモあれ、カメレオンみたいに仮面だけ変えて自己防衛するんじゃなくて、自分と世界そのものの変化に向けて、強く踏み出そう。最悪のエボラを弱毒化して、ニューボちゃんワクチンに変えたように♪ それでは、今日はこの辺で。。☆彡

   

   

   

cf. 明るい未来は僕たちの手の中に~『インハンド』第1話

 失ったものを受け入れて生きていく~第3話

 右腕=助手で泣いて、笑って・・~第5話

 ドーピング・義肢・かもめのジョナサン、限界を超えた景色へ第6話

 国立感染症研究所・エボラ大惨事のシミュレーション~第10話

    

        (計 3848字)

| | コメント (0)

警察に絶望した男、絶望して警察に入った女、真逆のブルーマーダー(悲しい殺人者)~『ストロベリーナイト・サーガ』最終回

今夜は危険な賭けに初挑戦(?)してみよう。極度に疲れて眠い状況で、お酒を飲みながらドラマ・レビューを書いてみる♪ 途中で眠気をガマンできなくなるのが目に見えてるけど、1度くらい試してみてもいい。

   

『ストロベリーナイト・サーガ』11話の全話の単純平均視聴率は6.6%。第1話の延長を加味した加重平均だと6.7%。いずれにせよ、淋しい数字だけど、ドラマとしての出来は決して悪くなかったと思う。特に、個人的に初めて見た二階堂ふみの演技は、最後まで安心して見れた。見続けた人は結構満足してたんじゃないかな? まあ、私が見たのは3分の2くらいだったりする♪

    

   

     ☆       ☆       ☆

さて、私は第10話も見てないどころか、最終回(第11話)とつながってるのも知らずに、TVer(実際はFOD)の動画で最終回を視聴。エピソードタイトルも原作も知らないままだったけど、大体の流れは分かった気になれた。

   

見終わった後で、「ブルーマーダー」という言葉の意味を調べると、ウィキペディアに「ブルーマーダー」の項目があった。元警察官の殺し屋・木野(要潤)が、「青いベネチアンマスクをつけて出没することから」、ブルーマーダー(青い殺し屋)と呼ばれてるとだけ書いてる。仮面舞踏会や仮装パーティーで使うマスクを、ベネチアンマスクというわけか。

  

190624a2 

  

ただ、小説のタイトルとしての「ブルーマーダー」は当然、「blue」(憂鬱な、悲観した)という英語を意識したもののはず。普通の犯罪者たちにも悲観してるし、警察内部の悪人にも絶望して憂鬱になってる元警察官。元は警官のままスパイになってたのに、警察の上司に裏切られ、見捨てられたらしい。

  

当然、生き地獄を体験した後、ひたすら暴力団員や半グレ達を(?)殺しまくる。ただ、最後は姫川玲子(二階堂)に発見されて、逮捕された。実は末期がんというオチまでついてて、ガンテツ(江口洋介)も拍子抜けした表情。もう裁判とか死刑とか、意味がない人生なのだ。末期がんだといつ知ったのか分からないけど、案外、それなりに充実した最期かも。。

   

    

     ☆       ☆       ☆

ここで、そのブルーマーダーの過去が気になって、原作を探してみたけど、最寄りの書店には無し。仕方ないから、またAMAZONの電子書籍の無料サンプルを読んでみた(セコッ・・)。すると、誉田哲也の他の小説よりも冒頭が分かりにくい。おそらくこれも意図的なものだと思う。ブルーマーダーの具体的な人物像をぼかして、広がりを持たせてるのだ。

  

まず若い感じの男が語り手になって、ヤクザ者2人にオレオレ詐欺の手伝いをやらされてる状況が描かれる。食べ物もロクに与えられず、免許、保険証、印鑑、カード、アパートの鍵とか、全て取り上げられてる状態。このヤクザ者2人(山口、浦田)も、まるで1人しかいないように曖昧に語られてる。

   

とにかく、ドラマから考えると、この悲惨な男が岩淵時生かな? もし間違いが分かったらすぐ訂正する(☆追記:原作で確認した)。あまりにひ弱だから、元警察官のブルーマーダーとは思えないのだ。   

   

その後、ヤクザ者2人がたまたまいない時に警察が乗り込んできて、残ってた男の人生が劇的に変わり始める。ここで急に場面が変わったらしくて、「オッサン」とか「ジジイ」と呼ばれてる男の話に移行。これがドラマの茅場元組長(相島一之)かな?(☆追記:原作で確認)

   

借金取りに追われて、排泄物をおもらししてまで追い返そうとする工場経営者というのは、最終回のキャラだと茅場しか思いつかない。これも後ほど、間違いが分かったら訂正する。

   

   

     ☆       ☆       ☆

とにかく、社会の最底辺でもがいてるような2人のもとに、1人の変わった男が登場するのだ。しっかりした身体つきだけど、物腰が柔らかい。その男が、オッサンに取引を持ち掛ける。機械を使った工作を手伝ってくれたら、借金を棒引きにしてくれるとのこと。

   

もちろんオッサンは信じないけど、「最初は・・信じてはいなかった」と書いて序章が終わるから、後で信じて行動を共にしたということになる。ということは、その変わった男がブルーマーダーだろうか? これまた間違いが分かったら訂正する予定。(☆追記:確認した)

   

どれが誰かはともかく、序章で闇に生きる3人の男が紹介されてて、しかも全員、名前が分からない。おそらくこれは、3人とも広い意味でのブルーマーダー(悲観的で憂鬱な殺し屋)であることを示してる。続いてもう一人、全く別の「殺し屋」が登場するのだ。

   

   

     ☆       ☆       ☆

第一章はガラッと舞台が変わって、警察内部のお話。主役であるヒロイン・姫川玲子が登場するのは当然と言えば当然だけど、無料サンプルの最後近くに興味深い台詞があるのだ。監察医の國奥(伊武雅刀)が「姫」とおしゃべりするシーン。

  

 「本当に姫は、殺しと聞くと嬉しそうな顔をするなぁ」

 ちょっと──。

 「そんな、人聞きの悪い言い方しないでよ。別に、嬉しそうになんてしてないでしょ」

 ただ自分の専門分野の仕事が回ってきて、自然と気合が入っているだけのことだ。

   

これが表面的な言い訳に過ぎないことは、ドラマを先に見てるのですぐ分かる。実は姫川は、ある意味、殺しが好きなのだ。殺したくて殺したくて、頭の中では何度も実行してるほど。

  

ただし、ブルーマーダーと違って、殺したい相手はたった1人と言うか、むしろ2人と言うべきか。まず第一に、自分をレイプした男を自分の手で殺したい。一方、レイプされる途中で抵抗を止めてしまった自分も殺したい。

  

玲子がその思いを、岩淵&茅場コンビと人質・菊田(亀梨和也)の前で告白した時、岩淵をレイプ犯の代わりに殺したい願望と、自分が殺されたい願望とが重なり合ってたはず。実際、菊田が鎖骨を折られた状態で岩淵を投げ飛ばさなければ、玲子はピストルで岩淵と相撃ちになってた可能性がある。その少し前にも、殺される可能性は十分あった。

   

    

     ☆       ☆       ☆

結局、姫川玲子も潜在的なブルーマーダーであって、現実に殺しが起きても不思議はない。犯人を撃ち殺すにせよ、犯人に撃たれるという形で自分自身を殺すにせよ。

   

極限状況で、愛する玲子からこれほど悲しい告白を聞かされた菊田は、とりあえず、きっぱりと思いを断ち切るしかない。自分の思いや支えなど、とても届かないほど深い悲しみだし、そもそも自分は結婚相手がいるし。いや、結婚がいつなのか、どうゆう経緯なのか、私は全く知らないけど♪ 第10話で唐突に出て来た展開かな?

   

事件解決後のラストシーンは悲しいほど綺麗だった。菊田の病室にお見舞いに来た玲子が、また姫川班を作ることになったら集まってくれるかとたずねると、菊田は絶対かけつけると約束する。ただしあくまで、職場の部下として。

   

   

     ☆       ☆       ☆

190624b

      

玲子が病室を去るのを待ってたようなタイミングで、菊田の奥さんらしき女性(大塚千弘)がやって来る。玲子と妻と病室のドアの中央に「亀梨和也」のテロップを挿入した上のカットが決まってた。演出・石川淳一の狙いすましたショット。玲子を無言で見送った後、病室で明るく振舞う妻と、優しく振舞おうとする菊田の姿が涙を誘う。

   

これぞ、自分を隠して別人として振舞う仮面舞踏会=マスカレード。殺し屋ではないけど、菊田夫婦もベネチアンマスクをかけたまま新婚生活を過ごすのであった。少なくとも、しばらくの間は。。

   

あぁ、アルコールが入った状態で最後まで書けた! そうか、こんな事が出来るのか・・と思ってまた次に試したら、今度は途中で寝て毎日更新が途切れちゃうかも♪ ともあれ、今日はそろそろこの辺で。。☆彡

   

  

  

cf.不幸な精神疾患の患者の(犯罪的)行為をどう扱うか~第1話

『ストロベリーナイト・サーガ』第2・3話つぶやき&小雨ジョグ

「右では殴らない」理由、右手は愛と敬礼、殴るなら言葉で第4話

『ストロベリーナイト・サーガ』第8話、一言つぶやき

   

         (計 3217字)

| | コメント (0)

国立感染症研究所・エボラ大惨事のシミュレーション~『インハンド』第10話

驚くべき回だった。まさか、画面中央に食卓カバーがドーンと映るとは♪ そこか! 現在、フードカバーとか呼ばれてる食事用の網(小型の蚊帳)を平成ブロガーが最後に見たのは小学校低学年くらいだから、20年前か(笑)。高家(濱田岳)の母ちゃん(宮崎美子)が紐倉(山下智久)を意識して口紅を塗ってたことにも驚愕した。「いまのキミは ピカピカに光って~」。古っ!

     

・・・とか軽口を叩いてる場合じゃない。HULUオリジナルの国際英語ドラマ『THE HEAD』出演に狂喜乱舞したり、インスタグラムがなかなか更新されないとかボヤいたりしてる場合でもないのだ(笑)。僅か1ヶ月弱、投稿5件でフォロワー300万人! 美青年の拡散力、恐るべし。。 

    

   

      ☆       ☆       ☆

では、何に驚くべきか。ドラマ終盤の大きなエピソードになってる、エボラウイルス感染のお話だ。今の社会状況を考えると、マジで怖い。ガクガク、ブルブル。。

      

このストーリーは、主として脚本の吉田康弘が書いてるのかね? 朱戸アオの原作マンガの「ペルセポネの痘(あばた)編」にも、バイオテロによるウイルス感染の惨事が描かれてるようだけど、ドラマのこのストーリーはどう見ても、つい最近の世界と日本の状況を反映したものだ。

   

190618d

   

まず、朝日新聞デジタルの19年6月15日の記事から(新聞も同日夕刊掲載)。アフリカ中部のコンゴで、エボラが流行して死者1400人。しかも乱立する武装勢力によって、医師や医療施設に対する襲撃があって、エボラの封じ込めが難航してるとのこと。上の写真は、肌に接触せずに体温を測ってる様子。

   

190618c

   

上がWHO(世界保健機関)のサイトにある最近の発表(6月14日)。かたくて分かりにくい官僚的な表現で、コンゴ国内は緊急事態だけど世界的にはまだそこまで危険な状況ではない、という話が書いてある。

   

    

      ☆       ☆       ☆

ただ、日本には特殊なリスクが生じてるのだ。ドラマだと、山と田畑に囲まれた栃木県西芳賀郡相羽村が舞台になってたけど、リアルな問題は東京都で、人里離れた田舎というわけではない。

  

海外から大勢の観客が来日する東京五輪2020の前に、エボラ出血熱その他の研究を進めておこうということで、国立感染症研究所・村山庁舎に病原体が輸入されようとしてる。庁舎内にある、USB・・じゃなくてBSL(バイオ・セーフティー・レベル)4の施設。下は感染研HPより

   

190618a

  

上の写真を見ると、施設の周辺との関係が全く分からない。まるで人里離れた田舎町のようなイメージにも見える。ところが、Google Earth Proで上空から周辺を見ると、完全な街中だと分かるのだ(データはZENRIN)。

  

190618f

   

住宅も施設も道路も密集してて、すぐ近くには多摩モノレールまで通ってるから、封鎖するとなると大変だし、人の動きが激しいから多分手遅れになる。コウモリがいるかどうかはさておき、動物や鳥もいるから、すぐに都心にウイルスが運ばれて、日本中に拡散する恐れがある。

  

エボラウイルスの体外での生存期間データは少ないらしい。今のうちに日本地図を眺めて、ウイルスと感染症の伝播をイメージしとこう。たぶん、その時が来たら一瞬で大パニック。福島原発の放射能でもそうだけど、正しく怖がるのはなかなか難しいし、放射能・放射線みたいな物理的存在と違って、生物の方が複雑で厄介だ。

   

190618g 

   

       

      ☆       ☆       ☆

武蔵村山市HPには一応、「国立感染症研究所村山庁舎のBSL4施設」というページがあるけど、安全性とリスクに関する分かりやすい情報がなかなか見当たらない。単なる行政情報のお知らせに近いのだ。

  

エボラ輸入に関する朝日新聞の記事「エボラ病原体輸入 地元受け入れ了承」(5月31日・朝刊)も、第二社会面に小さめに載ってただけ。普通、目に留まらないだろう。すぐ上に福島第一原発の問題を載せてるのは、意図的な配置かも。

       

190618e

   

試しに「インハンド 感染研」でツイッター検索すると、ツイートは僅か5つ(リツイート除く)。「インハンド 国立感染症研究所」だと1つしかヒットしない。ほとんどの視聴者は、ドラマと現実の社会状況が結びついてないのだろう。

     

190618b

   

  

     ☆       ☆       ☆

そしてもちろん、番組の終わりには、お約束の言葉が映し出される。「このドラマはフィクションです 実在の人物・団体・出来事とは一切関係ありません 新型エボラウイルスは架空のものです」。

   

飛沫感染も空気感染も無くて、接触感染だけだから、マスク、手袋、防護服と隔離エリア・接触者病棟の設置で何とか対応できると。感染力と殺傷力を増幅させた米軍の生物兵器XMDP2なんて、虚構だと。

         

190618h

   

ただ、牧野(菜々緒)がギリギリで脱出した道路封鎖の状況はよく覚えとこう。想定外の出来事が時々実際に起きるということは、想定しておく必要がある。

  

超イケメンの天才が助けてくれるから大丈夫? ハイハイ♪ アフリカのエボラ終息と抗ウイルス薬の開発に期待しつつ、それでは今日はこの辺で。。☆彡

   

   

  

cf. 明るい未来は僕たちの手の中に~『インハンド』第1話

 失ったものを受け入れて生きていく~『インハンド』第3話

 右腕=助手で泣いて、笑って・・~『インハンド』第5話

 ドーピング・義肢・かもめのジョナサン、限界を超えた景色へ

   ~『インハンド』第6話

   

         (計 2138字)

| | コメント (0)

秋葉原の社長メイド・hitomiに、萌え萌えキューン♪~NHK『プロフェッショナル』

秋葉原の可愛いメイドさんたちに、萌え萌えキュ~ン♪ 大丈夫か、このブログ! いや、カリスマ・メイドのhitomi(志賀瞳、永遠の17歳・・笑)も明言してたから大丈夫のはず。画像は公式ツイッターより。

   

 「プロフェッショナルとは・・同じことを飽きることなく続けられる人。そして、そのひとつのことを磨き続けられる人がプロフェッショナルだと思います。」

  

190616a

  

ありがとう(笑)。完全な流行遅れになっても、ブログを14年間毎日続けてる私はプロフェッショナルだと♪ 磨いてないだろ! ふたつのものなら磨いてるけど。コラコラ! いや、もちろん、お仕事と歯のことね。

   

   

    ☆       ☆       ☆

さて、今週は仕事がキツくてあおられまくりだったけど、6月11日の夜、他の事をしながらNHK『プロフェッショナル』を流し見してしまった。録画しなかったのは失敗だね。大河ドラマ『いだてん』に続く、「神回」♪

   

まさに秋葉原の「神」が最初から最後までずっと出演して、ありがたい説教も拝聴させて頂くことができた。って言うか、アキバのメイドカフェって、まだ健在だったのか。最近あんまし聞かなくなってたから、もう流行遅れで廃れてるのかと勘違いしてた。

  

190616b

      

そうか、今は外国人観光客も大勢来るわけね。確かに、カリスマの後ろに外国人たちが映ってる。どこの事務所の役者さんだろ? コラッ! ハイハイ。適当にカメラを回しても外国人が4人映り込むほどの盛況だと♪ 顔もコスチュームもブリブリ(死語)にカワイイ☆ ミニワンピと白のニーハイの間の絶対領域も、いいね。

   

   

      ☆       ☆       ☆

街中にこんな制服で立つんだから、写真撮られるのは覚悟の上ってことか。それとも、単なる番組用のパフォーマンス? いや、お店のHPを見ると、細かい「ルールブック」(笑)があって、撮影は原則的に禁止事項なのだ。

   

メイドとのチェキは有料で、名刺サイズ600円。L版サイズのデカチェキは800円(全て税別)。自分の料理を写す時でさえ、ひと声かけて許可をもらうルール。

    

試しにGoogleで画像検索してみると、確かに個人サイトがほとんどヒットしない。一応あるけど、かなり厳密に制限してるみたいだから、この記事でもカフェからのコピペは入れないことにしよう。挿入画像を作った後に気づいたブロガー、ガックシ。。_| ̄|○ ページ保存もインターネット・エクスプローラーだと不能。「だと」、ね(笑)

      

実際には、初心者や外国人がうっかりルール違反することがあるはずだけど、どうするのかな。注意して、その場で画像を削除してもらうってことか。まさか突然、黒服でサングラスのお兄さん達に囲まれるとか♪ ないだろ!

   

   

     ☆       ☆       ☆

ちなみに、お店のHPもかなり細かい「サイトポリシー・個人情報保護方針」があったから、リンクも付けないことにする。お店の情報を保護するというより、ストーカーその他からメイドを守るってことだろうね。

   

まあ、NGT48の騒動でも、甘い管理体制が批判されてたし。情報保護のおかげなのか、そう言えばメイドカフェ絡みの事件はほとんど聞いた覚えがない。通い詰めるオタク男子は当然多いと思うけど、みんなマジメなわけか。まあ、AKBグループのファンもジャニーズファンも、大部分は真面目な人達とかいうお話。

  

で、お店のHPを検索してアクセスしたのはいいとして、30分以上、テンメイ・・じゃなくて店名を勘違いしてた (^^ゞ 「@ほぉ~むカフェ」を、単に「ほーむカフェ」と読んでたもんで♪ 地味な名前だなと思ってたら、@homeで「あっとほーむ」と読むのか。あぁ、お店で恥かかなくて良かった(笑)。行く気か?!

   

   

     ☆       ☆       ☆

190616c 

  

そう。実は本当に行ってみようかと思ってたのだ♪ ブログのネタにもなるし、別のネタにもなるし。もちろん、おしゃべりのネタね。「17歳」の女の子に、「おかえりなさいませ、ご主人様」と微笑んでもらえる♪ 条例違反か! いや、この会社は厳しそうだから、年齢違反も詐称もないでしょ。この動画、13万回(!)再生ってのが笑える。私だけで5回(笑)

        

あっ! キャストの求人情報を見ると、年齢16歳~(高校生可)と書いてる! それなら行かなきゃ♪ オイッ! 真面目な話、1人で行って1時間過ごすのはかなりキツそうな気がする。テレビ番組と違って、初めてで1人の男性客なんてほとんど相手にしてもらえないだろうし。イジケか! 当然、プライベートに関する質問は禁止だし。

    

まあ、「ぴぴよぴよぴよ♪ ひよこさんライス」(税別900円)を注文して、ケチャップで給仕さんにお絵描きしてもらうだけでも幸せかな。食べる前には、両手でハートマーク作って、「萌え萌えキューン」とやってもらえるらしいし(笑)。

   

あれをやると本当に美味しくなるとかいう、オタクの検証結果もネットで発見(爆)。そうか、やっぱ本当に効くのか♪ でも、注文前に発音練習が大変そう♪ 「萌え萌えピンクカレー♡」(同)の方がまだ言いやすいかも。

   

   

      ☆       ☆       ☆

ちなみに、番組でも何度も繰り返してた「萌え萌えキュ~~ン」。ヒトミさんの考案みたいに説明されてたけど、元ネタは人気マンガの『けいおん!』とか言われてる。ポーズ付きでメイドカフェに導入したのが彼女ってことか。

  

最初は萌え萌えポーズどころか、ちょっとギャル系の彼女自身がなかなかお店で受け入れてもらえなかったらしい。ほぉーっ。素人には分かりにくいけど、元々はもっと特殊な人達限定の世界だったわけか。ゴスロリともまた別なのかな?

    

やっぱり自分で実際にお店に行かなきゃダメか(笑)。追加や延長はそもそも無いそうで、チェキやゲームを含めても、税込でたかが3000円程度(?)で済む感じだ(交通費は別)。運が良ければステージも見れると。

  

  

    ☆       ☆       ☆

いまや取締役(執行役員)とか社長と書かれてるhitomiさんにも、スケジュールを見て日時を選べばチラッと会えるかも。独特のアニメ系の声と話し方がカワイイね。実は結婚して、子ども1人を保育所に預けて仕事してるとの事。プロフェッショナル!

  

190616d

      

先に「予習」として、単なるグッズ販売のほぉ~むショップに行ってみようかな。ワクワク、ドキドキ。恥ずかしっ! 照れとかちょっとした恥ずかしさの先に、非日常の世界が開けるとのこと。有難い教えだ♪ 毎晩寝る前に3回唱えるべき。

      

本当に行って、ブログには書かないかも(笑)。個人情報保護の世の中なのだ。なお、今週は計14333字で終了。ではまた来週。。☆彡

   

        (計 2632字)

| | コメント (0)

『いだてん』第22話は神回♪、いつの間にか脚フェチドラマに&プチラン

RUN 8km,40分05秒,平均心拍139

消費エネルギー 377kcal(脂肪90kcal)

   

仕事に追われまくりの状況もようやく一段落。久々に『いだてん』を再放送でチラ見してみた。3週間前にチラッと見た程度で、1ヶ月以上マジメに見てない。今日も正直言って、視聴率がテンメイ・・じゃなくて低迷のままらしいし、ブロガーとして義理で見てやろうかって感じだった♪ 上から目線か!

   

ところが全く想定外のマニアックな内容で、録画しなかったのを後悔。実に面白い! 水泳と東京五輪の話になってる頃かな・・と思ってたら、女子テニスと脚フェチのドラマ(笑)。そう来たか。

  

190615b

   

実は、上の日刊スポーツの記事は月曜日に読んでたのだ。大河ドラマ史上最低の平均視聴率6.7%(関東地区、書いてないけどビデオリサーチか)を記録したけど、「神回」だと絶賛されてるとかいうお話。大げさだなと思ってたけど、ホントだった♪ これだけディープな「神」だと、一般の視聴率は取れないね(笑)

     

    

     ☆       ☆       ☆

で、神の中身。いつの間にか、金栗四三(中村勘九郎)が女学生の「パパ」になって、援助交際してるのだ(笑)。コラコラ! いや、女子スポーツの援助ね。100年前だと、女子が体育とか体操に打ち込むのは大変だから、熱いサポートが必要になる。今の金額だと、週1の1ヶ月で20万円くらいか♪ まだ言うか!

   

で、可愛い女子たちは、マラソンというかランニングもやってたけど、テニスにも打ち込んで、ウェアの手作りまでしてる。そうだね。昔はAMAZONも楽天もZOZOも無いどころか、スポーツ用品店もスポーツウェアもほとんど無かったと。まあでも、生地とミシンと技術は一応あったわけか。

    

テニスウェアはミニのスコートの方がいいのに・・とか思ってたら、黒の袴の強敵が突然登場。単なるライバルの悪役じゃなくて、女子陸上界のレジェンド・人見絹枝(ひとみ・きぬえ)☆ 五輪800mの銀メダリストとして、名前は高校陸上部時代から知ってたけど、元はテニス選手で巨体だったのか。細い絹糸のイメージだったのに♪

  

ウィキペディアには身長170cmと書いてて、ゴツくてイカツイ写真(失礼♪)も掲載されてる。筋肉質の細い脚とか、男子のマラソン選手みたいだね。当時だと、女らしくないとか色々言われて大変だったかも。ドラマでもそう描かれてた。

    

    

     ☆       ☆       ☆

その後、人見が走るのかと思ったら、脚に触ろうとした金栗を蹴飛ばして終了♪ 長身女性の蹴りのシーンだけで、マニアには神回だと(笑)。

   

順番をよく覚えてないけど、その後は確か金栗のカワイイ教え子が参加して、女子スポーツ大会か陸上競技大会がスタート。ハードルがなかなか上手いなと感心してたら、突然、女子がスタート地点で「黒靴下」を脱ぎ始めた♪ 金栗のセクハラ&パワハラ命令で、脱ぎたてのソックスをプレゼントしたと(笑)

       

いや、そうじゃなくて、素足の方が走りやすいから脱いだらしい。ふ~ん、そんなもんかね? 史実なのか、宮藤官九郎の脚本のフィクションなのか。

      

当時の靴の素材だと、素足で履いて走り回ったらマメが出来そうだけどね。短距離レースの一発だけなら大丈夫なのか。まあ考えてみれば、私も小学校の時には、素足に靴とか、単なる裸足で走ることがあった。でも、やっぱり足が痛かったと思う。

   

   

     ☆       ☆       ☆   

とにかく、痛いとかいうより、当時としては女子が人前で素足を見せることがタブーだったわけね? 実はその点もまだ未確認なのだ。たかが、ふくらはぎを見せる程度でも「おてんば」とかディスられて、バッシングされたのか。

   

足袋以外だと、黒のタイツというか、ストッキングみたいな靴下を履いてたわけ? 長さはどうなのかね。太腿までのサイハイなのか、膝までのニーハイなのか、膝下のハイソックスなのか。細かっ! パンストはまだ無いはず。

   

別に私が個人的にこだわってるだけじゃなくて、ドラマでも靴下脱ぎプレイが大騒ぎになってたのだ。パシャパシャと写真を撮られて、文春砲や『Friday』の餌食に♪ 無いだろ! ハイハイ。文春が1959年、フライデーは1984年に創刊だと。ほんじゃ、あのカメラマン達は新聞社?

    

で、その後、大問題になって、女が素足を見せるなという意見に対して、四三が言い返す。女は悪くない! 男が目隠ししろ! なるほど、女子をかばうと見せかけて、巧みなレトリックで目隠しプレイを要求したと(笑)。当時の日本にSMプレイとかボンデージとかあったのかね? 今後の研究課題としとこう♪ 縄の緊縛ならあったと思うな。

   

あぁ、あんまし書いてると、ウチのサイト評価が下がるかも知れないから、このくらいにしとこうか (^^ゞ 実は最近、Google(とYahoo!)の評価がちょっと上がってる感じで、全体的に検索アクセスが増えてる。とにかく、ソックス・フェチも狂喜乱舞の神回だったのであった♪ それで、ドラマのロゴ(横尾忠則)はニーハイなのか。なるほど、納得!

   

190615c   

   

      ☆       ☆       ☆

おっと! 深夜に突然、雷と大雨が襲って来たから、ササッと終わりにしてPCの電源を落とそう。6月の深夜に雷雨? 大丈夫か、地球!

   

私は今夜、雨が止むタイミングを見計らって、8kmだけ走って来た。その間は全く雨は無しで、そのまま天気が回復するのかと思ったら、帰宅後にまた雨。運が良かったというか、最新情報を細かくチェックした甲斐があったというか。

   

一応、チョコチョコと走り続けてるから、疲れがあるかと思ったけど、意外と足腰は問題なし。いい感じにストライド(歩幅)を保てて、トータルでは1km5分01秒ペース。失敗した。心拍計を最後まで見てたら、5分切ってたのに。

   

気温17度、湿度100%、風速1mの気象条件は、たかが8kmだとちょうど良かった。湿度のわりには、汗も流れず。心拍計はまたちょっと変な動きだったけど、一応ずっと動き続けてくれた。しかし、早くも6月が半分終わったのか。ロクに走ってないのに・・とか苦笑しつつ、ではまた明日。。☆彡

    

190615a

   

     時間  平均心拍  最大

往路(2.4 km) 12分37秒 128 144

LAP 1(2.1) 10分25秒 143 152

復路(3.5) 17分03秒 145 158

計 8km 40分05秒 139(77%) 158(88%)

    

       (計 2544字)

| | コメント (0)

東京五輪の聖火ランナー、試しに応募してみようか&小雨よろよろハーフ走

(11日)RUN 21.1km,1時間49分29秒,平均心拍 150

 消費エネルギー 1165kcal(脂肪198kcal)

   

いよいよ東京五輪2020まで残り1年☆ 一般人の聖火ランナーなんてものは全く注目度ゼロだけど、一生に一度あるかないかだし、自分自身の思い出や話のネタにはなる。走行距離は約200mか。チャンスは色々あるみたいだけど、どれか応募してみようかな。。

   

190611b

   

・・・と思ってたら、私の大好物のコカコーラが応援キャンペーンを始めるらしい。萌え萌えキュ~ン♪ 秋葉原メイドの『プロフェッショナル』か! いや、本当に萌える企画だ。いいね!

   

   

     ☆       ☆       ☆

10本くらい買わなきゃダメなのかと思ったら、1ポイントってことは1本? それじゃ、応募者が多過ぎて、当選確率がゼロに近い低さってことか。良くないね♪

  

190611c

    

お一人様1回限りの応募? ほんじゃ、家族や知り合いの名前を使わなきゃいけないのか(笑)。コラコラ! いや、他人を利用するのはダメだね。自分のハンドルネームを増やす方が潔い態度♪ オイッ!

   

まあ、要するにコカコーラとしては、とりあえずアプリ「Coke ON」のダウンロードを増やしたいってことでしょ。で、ゲーム感覚のアプリ使用で自販機の売り上げが増えればいいと。既に1400万ダウンロード突破? スタンプが15個たまると1本無料になるから? 歩くだけでもスタンプが溜まるらしい。

  

    ☆       ☆       ☆

・・ってことは、普通にお店で買った商品をアプリのカメラ機能で写す時も、GPS機能で位置情報を把握されてるってこと? 「このAppは使用中に限らずあなたの位置情報を利用する場合がある」。

   

あぁ・・、私はこうゆうのが超~苦手なのだ。以前、ポケモンのアプリもそこで使用を諦めた。自分のその時々の正確な居場所を一般企業に教えるの? 携帯会社とGoogleの位置推測だけで十分なんだけど。

   

・・と思う個人情報保護派の人間は今、かなり少数派らしい (^^ゞ 性的少数者ばっか特別扱いするんじゃなくて、情報的少数者にも優しい社会になって欲しいね。う~ん、他の会社のキャンペーンにするか、あるいは五輪参加標準記録を突破しようかな♪ ないだろ! いや、コカコーラも「キミ色で、走れ」と言ってるし。

   

   

     ☆       ☆       ☆

というわけで、キミ色で走って来た。要するに、一般ピープルの遅い走りってことね(笑)。何と、3週間ぶりのハーフ走。別に走る気がないわけじゃないんだけど、最近は仕事もプライベートも忙しいし、梅雨にもなったから、なかなか走れない。

   

実は今日も、各種最新情報から小雨まじりになるのは分かってたから、どうしようかな・・と思ったけど、サボリ過ぎだから雨覚悟でスタート。途中から本当に雨が降って来た。ま、シャワーみたいで、別に寒くも冷たくもなかったけど、顔に当たる雨がうっとうしいのは確か。あと、雨が降り出した途端、公園の人が減るのも淋しい。

   

まあ、それでも何とか重い脚を引きずって保守的に完走。トータルでは1km5分11秒ペース。ビミョー・・(^^ゞ ちょっと脚の付け根が疲れてて、キックが弱いからストライド(歩幅)が狭かったのだ。気温19度、湿度80%、風速1.5m。心拍計は珍しく最初から最後まで問題なし。

      

明日もキミ色に(ゆっくり)走りたいけど、またビミョーな天気予報だな。家で大人しくお仕事しようか・・とか思いつつ、今日は早くもこの辺で。。☆彡

   

        

190611a 

      

     時間  平均心拍  最大

往路(2.4 km) 12分51秒 135 150

LAP 1(2.1) 11分09秒 146 152

 2    11分12秒 149 152

 3    11分05秒 150 155

 4    11分01秒 152 157

 5    11分03秒 153 156

 6    11分03秒 154 157

 7    11分09秒 154 159

復路(3.7) 18分56秒 153 163

計21.1km 1時間49分29秒 150(83%) 163(91%)

   

       (計 1585字)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧