「小保方晴子日記」(婦人公論)、初回・特別編の感想

このブログ記事はカテゴリー設定に迷う。「書籍・雑誌」はいい

として、芸能・アイドル、社会、科学、色々と候補がある中、一応、

文化・芸術としておいた。少なくとも初回の内容は有名人の日記

だったから、妥当だろう。

   

170122a

   

上の画像は雑誌『婦人公論』の公式HPより。右端だけ見ると、

“新連載 小保方晴子日記 「あの日」からの記録”の扱いは大

きいように見えるが、表紙を見ると、左下に微妙な大きさの文字

で名前が書かれてるだけ。

  

実際に雑誌の目次を見ても、計2ページの内の2ページ目に、

微妙な大きさで書かれてた。

   

    

     ☆        ☆        ☆

こうした、小保方さんの「扱い」の問題はどうでもいい事ではな

く、決定的に重要な事だ。

   

STAP騒動の核心は、自然科学のあり方などではない。科学的

な不手際や不正など、昔からどこにでもある話なのに、少し目立

つ若い女性研究者ということで、途方も無く大きな魔女狩りになっ

てしまい、非常に優秀な男性研究者まで失う結果になったわけだ。

         

今回、ツイッター検索もかけてみたが、小保方さんのこの日記を

めぐるツイートは意外なほど少なかった。リツイートを除くと、た

かが30程度。

  

おそらく今現在の彼女にとって、これは良いことだと思う。というの

も、そもそも日記連載の初回のタイトルが、「記者さん、引越し、

雪だるま」。相変わらずメディアに追いかけ回されて、引越しする

ハメになった話からスタートしてるのだから。。

    

   

      ☆        ☆        ☆

さて、1月6日の発売から半月が経過した、『婦人公論』2017

年1月24日号の記事。

     

初回は特別編として、連載が決定して最初の原稿を送るまでの

半月(11月10日~24日)の話であって、流し読みするなら

肩透かしの印象もある。料理中心の簡単な記録が15日間続く。

    

しかし、丁寧に読むと非凡なものも感じるのだ。繊細さ、思考力、

意志。どこまでライターや編集者の手が入ってるのかは分からな

いが、今回は元の日記に近いと思う。

     

170122b

   

本人撮影の小さな写真から推測すると、上の「TWO

 YEARS DIARY」のような2年用の日記帳に手書き

してるらしい。楽天の国際版ページより

   

   

      ☆        ☆        ☆

記者さん、引っ越し、雪だるま」と、4文字×3でまとめたタイ

トルは、「小雨、のち、晴れ」ということだ。冴えない状況から、

色々あって、明るく楽しい状況になって来たということ。

    

うつとPTSD(心的外傷後ストレス障害)の栄養療法を続ける

状況でも、記者たちは家まで来て、ドアを叩く。耐え切れず、

夜中に引っ越して、途中、何度も車を乗り換えた。

   

そんな中でも、支えてくれる友人・知人たちとのつながりはかなり

あるようで、その点だけならむしろ恵まれてる部類かも知れない。

  

去年、瀬戸内寂静との対談を掲載した『婦人公論』の横山編集長

から連絡があって、11月20日に久しぶりの外食(コース料理)を

楽しみながら、新連載K相談。出来事の見方が変わるかも、とい

う言葉に心を動かされ、友人たちの励ましも受けて、11月

24日に最初の原稿を送る。

     

最後に勇気を与えてくれたのは、白く美しい雪。「白」はここ数年、

彼女が最も好きな色かも知れない。雪だるまは本当に自分で作っ

たそうだ。

    

    

     ☆        ☆        ☆

料理とは、「日常的な実験」をも表すもの。だから、金目鯛に包

丁を入れる時、特別な思いも浮かび上がったわけだ。

  

お金も設備も試料も不要、厳しい批判を受けることなく、気晴らしに

もなる実験。頭と身体の適度な運動になるし、成功の喜びや失敗

の哀しさも適度にあるので、有意義な活動だ。

       

ここで今週も字数制限15000字に到達したから、唐突に終わりと

しよう♪ 次回以降、「あの日」からの日記も楽しみだ。

ではまた。。☆彡    

                     (計 1504字)

   

  

P.S. 日付け変更後、翌週の追記♪ 小保方さんが一気に

    読み終えた本は、澤田瞳子の芸術小説『若冲』。300

    年前、江戸時代の奇才の絵師・伊藤若冲(じゃくちゅう)

    を描いてるようで、彼女らしい読書かも。

   

  

cf. 小保方晴子日記2、涙の逃避行にも笑いあり♪

           &リハビリ6・7、腰痛との闘い

   小保方晴子日記3、わずか650字の感想

   

          (追記 154字 ; 合計 1658字)

| | コメント (0)

宮木あや子『校閲ガール』、『ア・ラ・モード』、サンプル本だけの感想♪

「こうえつ」と聞いて私が最初に思い出す漢字は、「光悦」だ♪ 江戸時

代の代表的な芸術家で、作家・吉川英治の代表作『宮本武蔵』でも

重要な役割を果たしてる。それが頭にあるから、「こうえつガール」と

聞くと、光悦と付き合いのある有名な芸者=芸妓(げいぎ)、吉野太夫

(よしのだゆう)を思い出すのだ。。

    

・・・っていう妙な書き出しは、実はもうすぐドラマになる宮木あや子の

小説、『校閲ガール』の内容と結び付いてる。画像はKADO

KAWAストアより。可愛いイラストは、茶谷怜花。これ、確かに、

主演女優・石原さとみのイメージに近いかも♪

      

161003a

   

校閲ガールのお仕事は色々あるけど、分かりやすいものの1つは、原

稿を素早く細かく見て、「校閲」と「光悦」のような漢字の間違いを発見、

訂正すること。ワープロ、パソコンの普及で変換ミスが増えてるから、そ

の作業の重要性は増してるはず。あと10年くらいは、機械だけだと無

理だと思う。柔軟で文系的・総合的な、人間の頭脳が必要だ。

     

私自身は、そばに派手で可愛い校閲ガールがいてくれるわけでもな

いから、ブログ記事の漢字で迷った時は、自分で変換候補の右側に

出る漢字の説明を読んだり、ネットで調べたりしてるのだ。

  

   

       ☆        ☆        ☆

さて、最近たまたま連続ドラマの情報が目に入ったから、アマゾンの

本の紹介ページで「なか身!検索」しようとしたのに、『校閲ガール』

にはその機能が設定されてない。

  

あきらめかけて、ふと思い出したのが、kindle読み放題の無料

体験で時々使ってた、「サンプル本」のダウンロード。不思議なこと

に、『校閲ガール』も『校閲ガール ア・ラ・モード』も、キンドル・

アプリ用のサンプル本だけは簡単に手に入る

    

下の画像は、iPad用アプリの端末画面。文字中心の本のサンプ

ルだと、ダウンロードも閲覧時の動きも軽い。逆に、キレイな写真

中心の雑誌とかだと重く感じる。通信&端末の環境もあるかも。

       

161003b

   

これって要するに、kindleを普及させたいアマゾンから出版社

(KADOKAWA)の側に代金が支払われてるのかね? 

   

事情はともかく、20ページほど無料で合法的に立ち読み・・・

じゃなくて座り読みできるんだから、有難いシステム♪ まあ、貴重

な時間というコストはかけることになるから、適度に賢く使う必要はあ

る。店員の冷たい視線を浴びるのが快感(笑)という方は、本屋の立

ち読みでどうぞ。

      

kindleにせよ、フツーの書店にせよ、やっぱり図書館よりは身近で便

利だと思う。特に、最近の人気小説とか雑誌の場合だと。。

    

   

       ☆        ☆        ☆

で、本題の小説。第1作は、角川・・・じゃなくてKADOKA

WAの雑誌『ダ・ヴィンチ』の公式サイトで2013年に連載。少し

補足して、2014年に発売したらしい。ということは、当時なら

大部分がネットで無料公開されてたわけだ。ただし、1章ごとに

1ヶ月限定って感じで。

  

小説の一番最初は、是永是之の小説『黒と赤』の原稿(初校)が

斜めにおかれた画像。校閲者の苗字のサインがひらがなで「こうの」

と書かれてる。この是永という小説家は、どうも後で登場するらしい

けど、サンプルの中では出てこなかった。

   

(☆追記: 第2章ですぐ登場、「ぜえいぜえ」と読まれてた♪)

      

画像で修正してる箇所が、いちいち笑える♪

   

 霞ヶ浦に「麺した」 → 「面した」

 村制が「排紙された」 → 「廃止された」

 村おこし事業を「健闘」 → 「検討」

  

かなりレベルが低い作家ってことね♪ この程度の作業なら、私もす

ぐに分かるから光悦ボーイになれるかも・・・とか書くと、「校閲

ボーイ」と直されてしまう(笑)。他人にやられると、ちょっとカチンと来

るかも。いや、そういった感情的な問題は、小説にも書かれてるのだ。

      

原稿の画像の最後に、「要再校」というハンコが目立ってるのは、「再

び校閲する必要あり」という意味。それだけ、ひどい原稿ということの

強調表現だ♪

   

    

      ☆        ☆        ☆

ストーリー的には非常に軽くて明るいノリだから、そうゆう作家なのか

と思ったら、実は宮木あや子には二面性があるらしい。重い「A面」

と、軽い「B面」。この小説はB面だと、自分でブログに書いてた♪

  

それを言うなら、ウチのこのブログにもA面、B面、エロ面(笑)、色々

ある。読者は多分、A面の方が多いから、B面その他の文章にとまどっ

てるかも♪ 「振れ幅が大きい」という表現は、読者に教えて頂いた。

   

話を戻すと、「悦子の研修メモ その1」の次、小説・第1話の冒

頭は、本郷大作(鹿賀丈史)の小説への突っ込み校閲からスタート。

   

同僚・米岡が横から、「エロミス。ムラムラしちゃったの?」とかセクハラ

して来たから、イライラしちゃった悦子は、「うるせえガラスルーペぶつ

けんぞ」と怒鳴る♪ 虫眼鏡、使ってるんだ。

  

この宮木が書いた台詞に、カドカワの校閲係が「うるせえ、ガラ

ス・・」と句読点を入れると、宮木はキレて小説のネタにするはず(笑)

      

「エロミス」という言葉(エロ・ミステリー)を説明抜きに書いてるのも、もち

ろん意図的なこと。この小説のあちこちに、意味がわかりにくい言葉が

入ってるから、読者は常に言葉に敏感になる。つまり、読者が自然に、

校閲者の視点に立てる仕掛けになってるのだ。

   

  

      ☆        ☆        ☆     

私も実は、校閲「する」ことも「される」ことも経験してる人間だから、言葉に

対して細かく配慮する感覚は分かる気がする。それは12年目に入っ

たブログ運営にも活かされてるのだ・・とかまとめちゃうと、キレイ事

すぎるかも。聞いてない? あっ、そう♪

    

ちなみに、この「する」と「される」の対比は、シリーズ2作目の小説

『ア・ラ・モード』で出て来るものだ。撮影する編集者と、撮影されるモ

デルの対比で、される側が上から目線で使う対比みたいな描き方。

   

これ、どうだろ? 私的にはいい勝負だと思うし、平均的な生涯収入

だと、する方が上だと思うけど♪ 女子目線だと違うのか。。

     

   

      ☆        ☆        ☆

ヒロインの河野悦子(こうのえつこ)が景凡社で校閲部に回された理

由は、「名前が校閲っぽいから」(笑)。完全にダジャレとか言葉遊び

の世界だけど、さすがに、「校野閲子」って名前は避けたわけね♪

   

でも、景凡社は明らかに、ケイブンシャのパロディ(笑)。違うわ!

怪獣百科辞典の老舗じゃなくて、光文社をもじってるわけね。

女子大生雑誌『JJ』でお馴染みの。

      

だから、悦子のお気に入りのファッション誌『Lassy』は、光文社

の『CLASSY』のこと・・・と書くと、「SSY.」と訂正されてしま

う(笑)。

   

最後の「.」は、デザインとして後から加えたものらしい(by ウィキペ

ディア)。って言うか、「モーニング娘。」の真似かも♪ 小説に出て

来る別の雑誌『C.C』は、『JJ』と小学館『CanCam』の融合。

       

とにかく、悦子としては、早くファッション誌の部署に移動したいか

ら、わざと乱暴な言動で反感を買うようにしてるらしい。で、これから

何か、作家・本郷との間で事件が起きそうな時に、サンプルは終了

してしまった (^^ゞ 

   

ここで購入すると私の負けだから、ガマンするしかない。本屋の立ち

読みまで♪ 買えよ! あぁ、悦子みたいな驚異的な記憶力さえあれ

ば、立ち読みだけでも済むのに。いや、速読力も必要か。店員のプレッ

シャーへの忍耐力も。。(笑)

   

   

        ☆        ☆        ☆      

残念ながら、ここでもう時間となった。まだニフティのシステムが不安定

だし、明日は月曜だから、強引に止めよう。

  

作者の宮木は、スピンオフ的な短編集らしい2作目、『ア・ラ・モード』

の方が面白いと力説してたけど、サンプルだけ読んだ私の感覚だと、

1作目の方が面白かった。まあ、その後の物語の展開がポイントって

ことだろう。3作目の『トルネード』はまもなく発売。

       

一応、『ア・ラ・モード』に登場するフランス語だけ解説しとこうか。

「redactrice en chef adjointe」。一語ずつ直訳すると、

「編集者 としての 長 補佐的」。つまり、「副編集長」。

「レダクトリス アン シェフ アジョイント」。

   

小説では、悦子の仲間・森尾登代子(ドラマでは後輩、本田翼)が

フランス語の名詞を受け取った後、フツーに会話の中で「副編集長」

と言い換えてる。この語学力に、相手が驚いて見直すのだ。水戸黄

門の印籠を見た時に♪

               

とりあえず、私にとって、『校閲ガール』の第一印象は良かった♪ 

後は、石原さとみが可愛く映されてるかどうか(笑)。結局そこか!

それでは今日はこの辺で。。☆彡

   

   

   

P.S. ただちにドラマ・レビューをアップした。

   時は親切な友達、きのうを物語に・・

       ~『地味にスゴイ! 校閲ガール』第1話

  

cf. 補う技術、シール・付箋・ファッション、そして愛~第2話

   是永是之『犬っぽいっすね』内容&外見も大切~第3話

   

                      (計 3473字)

           (追記 55字 ; 合計 3528字)

| | コメント (0)

アマゾン読み放題「キンドル・アンリミテッド」、無料体験の感想

「Kindle Unlimited」(キンドル・アンリミテッド)

なんて分かりにくい英語のサービス名、私なら付けないけど、そうゆう時

代なのかね? 直訳の「キンドル無制限」とか、誰でも分かる「アマゾン

読み放題」じゃダメなのか♪

 

160903b

 

そうは言っても、先日の朝日新聞の記事タイトルはこうなってた。分かり

やすくて、いいね。

 

 アマゾン読み放題、人気本消える 利用者多すぎが原因か?

 

 

      ☆          ☆          ☆

元々、16年8月3日にサービスが開始されて以来、私はずっと

気になってたんだけど、「人気本消える」とまで書かれちゃ、試さないわ

けにはいかない。洋書120万冊、和書12万冊。消される前に見なきゃ、

損だろう。案外、アマゾンの依頼で、朝日が「釣り」記事を載せたのかも♪

 

ちなみに、どうして人気本が消えるかというと、電子書籍のダウンロー

ド数に応じて出版社に利用料の一部を配分するし、年内はさらに、一

部の出版社に上乗せ料金まで支払うから。税込の月額980円でも安い

のに、無料体験30日間もあるから、巨大企業アマゾンでも苦しいらしい。

 

それにしても、本に限らず、音楽とかビデオとか、こんな料金でよくやっ

て行けるもんだね。たぶん、実際の1人あたりの支払い料金はかなり上

なんじゃないかな。私もつい、無料体験中に有料本をクリックしそうになっ

たし (^^ゞ 先日、記事にしたU-NEXTなんて、オッ!と思う映画の大部

分は、別料金の作品だった。。

 

 

         ☆          ☆          ☆

とにかく、試しに登録してみると、予想以上に、私が読みたい本が無い

(^^ゞ 「サービス開始から1週間ほどで漫画やグラビア系の写真

集など」が除外され始めたらしいから、もう遅かったのかね?

 

漫画のリストは、サラッと見渡してパス♪ もちろん、大量にあるから、

探せば気に入るものもあるだろうけど、探すのが大変。検索も使いにく

いのだ。読み放題の本だけを検索したいのに、別料金の本とゴチャマゼ

で、しかも1-Click(ワン・クリック)で購入になる。サインインした

後だけ、読み放題検索ができるということかも。

 

160903a

 

何か読もうとするたびに、こんな感じの英語だらけの場所をクリックするこ

とになるんだけど、間違えて下のバナーボタンに振れてしまう人もいると

思うな。特に画面が小さいと、「読み放題で読む」と「今すぐ買う」は密着し

てるはず。

 

まあ、下のボタンをクリックすると何が起きるのか、私は幸い、まだ経験し

てないけど♪ 操作ミスに備えて、逃げ道が用意されてるのかね? 

 

 

        ☆          ☆          ☆

話を戻すと、コミックはめぼしい物がすぐには見当たらないからパスして、

写真集をチェック。これまた、見たい本はすぐには見当たらない。

 

そんな事を言ってると、ブログの記事が書けないから(笑)、検索で何とか

探し出すことに成功。PCとiPad Pro、両方それぞれアプリをイ

ンストールして、ダウンロードした写真集を見比べてみた。専用の端末は

不要。もちろん、スマホでもOK。

 

写真集は数十MBから200MBくらいのデータ量で、時間帯に

よって(?)、かなり重く感じることもあったけど、まあこんなもんか。

 

それより、写真の見え方の違いが激しかった。旧式のVista

PCで見るより、iPad Proで見る方が遥かにキレイだ。

比較になってないほど。縦横それぞれ1.4倍、つまり面積で

2倍くらいに拡大しても、十分キレイだった。

 

 

        ☆          ☆          ☆   

画像には特殊なガードはかかってないから、どちらでもその気になれば

スクリーン・ショットを取れてしまう(個人的利用の違法性は不明)。こん

なに緩くて、いいのかね?

 

まあ、厳しくすると使いにくくなるから、そっちのマイナスの方が大きい

のか。ただし、元の画像ファイルとしての保存作業はできない。少なく

とも、普通の操作では。

 

クリックとタップでどんどんページをめくれるから、特にiPadだと

アッと言う間に最後まで見れる。するとそこに、別の関連本が「おすすめ」

されてるから、またタップして、ズブズブはまってしまうのだ (^^ゞ 

 

ハズレが多くて、あんまし満足度が高くないから、逆に「今度こそ・・」

と思って、色々とチャレンジし続けてしまう。まさに、アン・リミテッド。無

制限なのだ。快楽か地獄かは、さておき♪

 

ただ、自分の閲覧履歴は全部保存されてるし、情報漏洩のリスクも十分

あるから、下手なことは出来ないね。いや、一般論として(笑)。私は、読

み終えたものはすぐ、端末のアプリから削除。さらにネットで、自分専用

ライブラリからも削除した。まあ、アマゾンが蓄積した顧客データまでは

消せないけど、欧州で話題の「忘れられる権利」を主張したいほど。

 

 

       ☆          ☆          ☆

写真集でちょっとだけ満足したところで、最後は小説。これがまた、なか

なか読みたいものが見当たらないから、検索で何とか探し出した。する

と、同時に読めるのは10冊ですとかいう警告が登場 (^^ゞ なるほど。

ホイホイ、次々にダウンロードされたんじゃ、アマゾンも大変だもんね。

 

あわてて、差し当たり要らない本を削除して、いよいよ小説を読んでみ

た。まず、写真集と違ってダウンロードが速い。文字情報としてのコピー

は出来ないけど、これまたスクリーンショットは取れる。まあでも、小説

とか普通の本の場合、そんな部分的な保存をする人は少ないだろう。

 

文章の途中で色をつけたり、言葉の意味を調べたり出来るし、気に入っ

た言葉を引用して自分のコメントを加えたメモを作ることも出来る)。紙

の本の書き込みの代わり。

 

あと、中身の検索が出来るのは、電子書籍の凄い所。仕事とか研究に

使う際には、強力な武器になるはず。検索結果は一瞬で正確に表示さ

れて、直ちにその箇所にジャンプできた。

 

ただし、読み放題だと専門的な本はかなり少なそうだから、多機能でも

あんまし使わないかも。画像検索はまだまだだろうしね。自分が見たい

画像だけ探し出せればいいのに。あんなのとか、そんなのとか♪

 

 

        ☆          ☆          ☆

まだ、しばらく使ってみるつもりだけど、トータルの印象はいつもと同じだ

と思う。要するに、アマゾン・プライムも含めて、この種のサービスは、月

額料金が安くても、つい別料金を払うことになりがちだろうし、最大の別料

金は「時間」なのだ。貴重な時間を大量に使うことになる。浪費とまでは

言わないにせよ。

 

定年退職して、年金生活で優雅に暮らしてる健康な高齢者ならともかく、

学生や普通の社会人は時間に追われてる。余生が短そうな方も大勢い

るはず。きちんと自己管理しながら適度に楽しめる人がどの程度いるか

は、かなり怪しい。実際、さんざん注意されてる歩きスマホでさえ、止めら

れない人が多いんだから。ポケモンGO依存症も同様。

 

まだ普通の本はあんまし探索してないから、新たな発見があれば、後で

下に追記することにしよう。とりあえず今日はこの辺で。。☆

 

                     (計 2763字)

| | コメント (0)

和算の「盗人隠」算と、村井中漸『算法童子問』、柳亭種彦『柳亭記』ほか

日本の算数・数学である「和算」の問題の一つに、「盗人隠し算」とか呼ば

れるものがあることを、最近教えて頂いた。ところが、出典(和算の原書)

と共に、問題を明記してるサイトは、ネット上になかなか見当たらない。

詳しい解説も発見できてない。

 

そこで、和算もくずし字もほとんど知らない私が、とりあえず原書まで調

べて考えたことをまとめとこう。

 

 

        ☆          ☆          ☆    

まず、「盗人隠し」という奇妙な言葉の意味について。浦和大学の橋本

由美子氏の論文(pdfファイル)、「算数的活動を通して学生に考える

楽しさを感得させる教材の工夫」から、ごく一部を孫引きさせて頂く。

原著は佐藤健一『和算百話』(東洋書店,2007)とのこと。

 

160722a

 

 唐と日本の国境の沖に船を改める番所があります。四方を見張 

 れるように各方7人ずつ並んでいます。ここに盗人が8人やって 

 きて、「われわれは日本におられなくなったので、匿ってほしい」と 

 いう。「四方7人見張りだから、人数が定まっているので無理だ」 

 といっているのをそばで聞いていた番人の一人が7人見張りを 

 増やさずに8人を隠しました。

 

 

       ☆          ☆          ☆

引用自体はこれで終わってるので、まだ問題の形にはなってないし、

佐藤が根拠としてる古典的文献が何なのかも分からない(柳亭種彦『柳

亭記』か)。ただ、引用の下に、図や授業の実際の説明があるから、上

の引用文に似た感じの状況を色々と考えるのだろうと想像する。

 

戸田孝氏のサイトによると、例えば(?)、下の図のような配置とのこと。

 

160722b

 

上図の上側が最初の状況。四辺のそれぞれに、7人が配置されてる

(黒丸7コ)。この時点で、総計16人。それを、上図の下側のように変

えると、四辺のそれぞれは7人のままで、総計24人になる。つまり、

番人16人+盗人8人の全員を配置できるわけだ。

 

現代の算数として考えるなら、橋本氏の図の方が扱いやすい。数字が

人数で、中央は合計。四隅が同じ数ではない場合にも触れてた。

 

160722c

 

 

        ☆          ☆          ☆

そもそも、どうして番所で盗人を隠すのかが疑問だが、まあ、子ども向

けのコネタということか。「唐」というのは、単に外国を指す言葉だとい

う説明が、戸田氏のサイトに書かれてた。コトバンクで小学館『大辞泉』

や三省堂『大辞林』を読んでも、そうした意味があることが示されてる。

 

私は普通に、中国と考えた方が分かりやすいと思うが、単なる枝葉の

問題だし、こだわるつもりもない。

 

一方、和算の原典としては、平林千恵氏の発表の短いまとめ文に、

『算法童士問』(1784)と書かれてた(なぜか現在、サイトがアクセス

しづらい状況・・)。

 

この書名はどうも、4文字目が誤字のようで、正しくは『算法童子問』

しい。村井中漸著、天明4年刊行。国立国会図書館デジタルコレクショ

ンで公開されてた。

 

160722d

 

 

         ☆          ☆          ☆

第三巻の七番が、「ならべものの事」と題する問題で、「盗人隠し」と

いった言葉や内容はないが、本質的に同じ話が紹介されてる。これが

原型で、少し後の柳亭種彦『柳亭記』(江戸後期、19世紀前半くらい)

では盗人隠として面白くアレンジされたのかも知れない。

 

160722e

 

  たとへば碁石十六を図のごとくなら

  ぶる時 縦横によみて七づつあり 是へ

  次第に一つ増に加へ 八つまで加へて

  縦横七つになるやうにならべやう 左のごとし

   (cf. 古典数学書院による第三巻、1936)

 

第一局が例の総数16の場合で、第二局は一増やして、総数十七。

第三局は二増やして総数十八。以下、次のように例示されてた。

 

160722f

 

160722g

 

 

        ☆          ☆          ☆

ちなみに、この書物にも解説はないので、私が軽く説明しとこう。

 

8つのマス目の数字を文字で表せば、要するに自然数の不定方程式

ということだ。それぞれは1~6の自然数で、各辺の和が7。4つの等式

連立ということになる。1~6の自然数という条件が非常に強いので、完

全に解くことができるが、解の種類が多過ぎて、全部書く気になれない。

 

そこで、大まかな解き方だけ示そう。

 

160722h

 

上図のように、四隅の数をa,b,c,dとした時、これらの組合せが決まれ

ば、全体も決定して、総計も分かる。

 

a=1~6で場合分けして、さらにb≦cという条件を付ければ、機械的に

解を書き並べることが可能。もちろん、b>cの場合は、b<cの場合を

考えて、対角線a-dに関して折り返せばよい。

 

 (a,b,c,d)=(1,1,1,1),(1,1,1,2),・・・

 

 

         ☆          ☆          ☆     

一方、 (各辺の中央の数)=7-両端

 

∴ (総計)=上辺+下辺+(中段の左)+(中段の右)

       =7+7+(7-a-c)+(7-b-d)

       =28-(a+b)-(c+d)

 

ここで、a+b=2~6、c+d=2~6だから、

  (総計の最小値)=28-6-6=16

  (総計の最大値)=28-2-2=24

 

こうして、合計16から24の間で変化することが示される。したがって、

(隠せる盗人の最大数)=24-16= (人)

 

もちろん、元の番人の配置人数によって、8人から0人まで変化する。

最初の引用文の場合、8人を隠せたとされてるから、元の番人は16

人と決定。配置は、四隅が3人ずつ。その間に1人ずつ。すなわち、

第一局の図と同様だ。

 

 

       ☆          ☆          ☆  

なお、算数的には、0人の箇所を考えてもいいはずだが、すべての

箇所を1人以上にする方が安全ということだろう。もし、0人の箇所

があれば、弱点として狙われてしまうはず。

 

それでは今日はこの辺で。。☆彡

 

 

 

P.S. 『柳亭記』の写本も国会図書館で公開されてた

     該当箇所の後半、図解の部分を引用しとこう。

     くずし字はまだ正確に解読できてないが、1枚

     目の右端に「盗人隠」という漢字がある。

 

160722i

 

160722j_2

 

 

P.S.2 直ちに、『和算百話』を自分で確認。原典とされて

      いる和書には、『算法』、『柳亭』もあったが、より

      早い時期のものとしては、明暦3年(1657年)の

      藤岡茂元『算元記』が挙げられていた。「四方きん

      ぢう」として書かれてるらしいが、国会図書館や

      東北大学で調べても、まだ発見できてない。

          (☆追記: 東北大で発見。下のP.S.3参照。)

 

      一方、1612年にBachet『Problemes plaisans』

      にた話が書かれてたという話もあった。初版と1624年

      の第2版をGoogle booksで流し見してみたが、無い

      ような気がする。

 

      ただし、第4版の復刻版をInternet Archive

      見ると、私が書いた解説のような話が載っていた。

      とはいえ、『和算百話』の説明とは少し違っている

      ので、版によってかなり違うのかも知れない。。

 

160723a 

 

 

P.S.3  2日後、ようやく東北大学デジタルコレクション

       にて、『算元記』中巻の最後にある「四方きんぢう」

       (意味不明)を発見した。四辺のそれぞれが、足し

       て15になる場合をごく簡単に考えてる。

 

160724a

 

160724b_2

 

                     (計 2707字) 

| | コメント (6)

電子書籍の購入、販売サイトの選び方と専用アプリ

疲れた。。人生に・・じゃなくて、デジものの世界に (^^ゞ 強敵のアッ

プル文化に続いて、今度は電子書籍と闘って来たのだ。遅っ!

 

今日はホントは、全然違う話を書くつもりだったけど、せっかく苦労したん

だから、せめてブログ記事にしとこう。苦労が増えるだけだったりする♪

ま、先週も2万字に近い字数を書いちゃってることだし、連休最終日は

手抜きつぶやきってことで。。

 

 

         ☆          ☆          ☆   

さて、私は昔から、「迷った時は、しんどい方を」というポリシーを基本に

してるが、今年はその派生ポリシーとして、「迷った時は、新しい方を」と

考えてる。

 

同じ本が、紙と電子媒体で販売されるようになって来た今、紙の本の山

に埋もれそうな私としては当然、なるべく電子書籍を選ぶべきだろう。

iPad Proとアップルペンシルも手に入れたことだし、その気になれば、

電子書籍にも書き込んだり線を引いたりできるのだ。おまけに電子だ

と、書き込みをキレイに消すことも可能♪

 

今回、欲しかった本は、しばらく前のブログ記事で具体的に書いたもの

だ。常連の読者さんなら、ある程度の見当はつくと思う。アレね♪ 紙で

買う方が早くて軽いし、落ち着くんだけど、敢えてデジタル版に挑戦。

 

ちなみに、別に初めてでもないけど、今まで購入した電子書籍は単なる

マンガだったり、ファイルを直接ダウンロードする原始的なものだったり。

普通の文字中心の本をデジタルで買って、PCやタブレットで読むのは、

たぶん初めてのはず。。

 

 

        ☆          ☆          ☆

で、まず悩んだのが、どのサイトで購入するか。紙の本なら、一部の例外

を除いて、どの本屋で買っても似たようなものだけど、電子書籍は細かい

所で色々違ってる。気にしない人にとっては同じことだろうけど、私は気に

するのだ。読みやすさ、支払い手段、ポイント、割引、信頼性、etc。

 

Amazon Kindleみたいな電子ブック・リーダーはしばらく

パスするつもりの私にとって、一番気になったのは、個人情報の扱い。

 

情報漏洩のニュースが度々流れてることだし、企業の情報管理はあん

まし信用できないから、なるべく情報は与えたくない。そもそも、リアルの

書店で紙の本を現金購入する時、個人情報なんて何も渡さないわけだ。

 

ところが今回、第一候補だった大手サイトは、住所・氏名・性別・生年月

日まで必須になってた (^^ゞ どこか抜け道があるんじゃないかと思っ

て、試しに途中までチャレンジしたけど、ダメだった。全部書かないと記

入漏れの警告が出てしまうし、ウソを書くとクレジットカードその他の処

理が心配になる。

 

色々と美味しそうに見える情報も示してたけど、もっとお気楽なサイトが

あるはずだと思って、そのサイトは一旦保留。運良く、次のサイトがまず

まずだった♪

 

 

         ☆          ☆          ☆

次は、私が昔、ハンドルネームとフリーメールで無料登録したサイト。そ

の後、ほとんど使ってないけど、お知らせメールがたまに来るから、名前

は頭に焼きついてる。かなり軽いノリの所だけど、別に悪いイメージは無

いし、登録後に変なメールが増えたという気もしない。

 

久々だし、有料の購入だから、あえて昔のアカウントは使わず、新規登

録してみた。すると予想通り、ほとんど何も個人情報を求めて来ない♪

前のサイトとは大違い。

 

支払いは間接的なやり方で、最終的にはクレジットカードを使うことになる

んだけど、このサイト自体にはクレジット番号その他、重要な情報は何も

入力してない。手続きの途中、少しくらい聞いて来るのかと思ってたのに、

最後まで何も聞かれなくて、アレッ?て感じがしたほど (^^ゞ 

 

メールでもサイトでも、私のハンドルネームしか使われてない。気楽に使

えて、いいね♪ ちょっとだけ割引してくれたし(笑)。セコっ!

 

ただし、購入したポイントを使い残してしまうと大損だから、忘れないよう

にしないと! で、使い切れずに残ったポイントを助けるために、また新

たにポイントを買い足すわけだ (^^ゞ ほんと、ポイントってシステムは巧

妙だね。独占禁止法とか大丈夫なの? 公正取引委員会さん♪

 

 

          ☆          ☆          ☆

肝心の本の中身は、PCだと普通にブラウザで読めて、紙の本と全く同

じだった。拡大もできるし、動きも軽い。画面も、紙の本には負けるけど、

まあまあだと思う。ただ、なぜかフル・スクリーンでは見れない。

 

そこで、またしてもiPadで専用アプリをインストール。そうすると、先日

の無料の電子書籍と同じで、買った本のダウンロードが可能になる。通

信環境なしで読めるわけだ。動きも軽い。

 

先日、2時間の映画をダウンロードした時は1GBくらいだったけど、こ

の本はおそらく数十MB程度だと思う。アプリならフルスクリーンも可能。

おまけに、PCブラウザで見るより遥かにキレイ♪ 解像度が高くて、両

面表示も片面表示もできる。これは明らかに、アプリの勝ち。

 

短所としては、しばらく先のページにスライドで飛ぼうとした時、フリーズ

みたいな感じで動かなくなってしまうこと。ただ、なぜかiPadを90度回転

すると直るのだ。意味不明な反応。

 

あと、スクリーン・ショットも普通に取れて保存できたから、運営会社が倒

産してサイトが消えても大丈夫♪ ま、写すたびに「ガシャッ!!」と大き

な音がするし、面倒だけど。ちなみにPCでもプリント・スクリーンが可能

だったし、そもそも印刷ボタンまであるほど。

 

 

         ☆          ☆          ☆   

こうしてみると、画面を保存できないようにしてるサイトの方が少ないのか

も。今まで警告が出たサイトは1つか2つあるけど、保存は可能だった。

 

単なる個人利用が違法か合法かは不明だけど、ファイル交換とかネット

投稿とか余計な違法行為をしない限り、バレるとも思えない。私は、すべ

て自分一人で行う個人利用なら合法的だと考える。いわゆる「自炊」業

者みたいなものの利用は別として。

 

ちなみに、昔は動画も簡単に保存できてたのに、最近はかなりガードが堅

くなってしまった。いずれ、本みたいな静止画像も、ガードが堅くなるかも。

 

とにかく、しばらくの間は、このサイトを時々使ってみる予定。あちこちのサ

イトを使うと、個人情報が漏れる確率が高まるし、ID・パスワード・使用方

法・データ管理とか、面倒なだけだろう。

 

結局また、そこそこ長くなってしまった。それでは今日はこの辺で。。☆彡

 

                      (計 2550字)

| | コメント (0)

電子書籍の無料プレゼント、損得はビミョー&休養ジョグ16km

JOG 16km,1時間25分02秒,平均心拍 153

消費エネルギー 930kcal (脂肪 158kcal)

 

あ~、チーズささみフライ、美味しい!(笑)・・って話じゃないわけネ。

ハイハイ。最近、買った雑誌をペラペラめくってると、ふと、電子書籍プレ

ゼントという文字が目に留まった。

 

毎度お馴染み、「タダより高いものは無い」という格言があるし、「無料」

とか「全員」と書いてないから、ちょっと怪しい気もする。まあでも、ダメで

元々。電子書籍ならジャマにならないし、以前、五木寛之の小説『親鸞』を

無料閲覧した時は面白くて、感想記事もヒットした。

 

そこでチャレンジしてみると、う~ん、確かに無料で貰えて、中身には満

足してるけど、総合的な損得はビミョーかも (^^ゞ とりあえず、ブログの

コネタに使うことで、コスト・パフォーマンスを上げることにしよう♪ 時間

的コストだけ増えて、反応というパフォーマンスが悪いと、コスパは逆に

下がったりする(笑)。細かいわ!

 

 

         ☆          ☆          ☆

さて、掲載されてるURLで公式サイトにアクセスすると、まず、何をやっ

ていいのか分からない♪ プレゼント用ページじゃなくて、単なるトップ

ページだから、アレッ?て感じになる。

 

あちこち見渡した後、まず無料会員登録が必要みたいだから、メールア

ドレスを入力。返信メールに掲載されてる登録用アドレスにアクセスして、

パスワードと名前(ハンドルネーム)を入力。

 

登録してログインした後、プレゼントのページで、コードを入力したんだっ

たかな? 順番が逆かも知れないけど、ダウンロードするにはアプリが必

要って話だから、iPadでアプリをインストールした後、電子書籍をダウン

ロード。ちょっと重かったけど、無事にプレゼントを手に入れることが出来

た。まだ、この時点で半信半疑。料金請求が表示されるような気もして♪

 

 

         ☆          ☆          ☆

さて、実際にアプリで読み始めると、まず操作方法が分からなくてイラつ

く (^^ゞ 私も今まで、色んな電子書籍用のソフトを使ってるけど、どれとも

違ってて、思うように動かせない。PCのブラウザでも読めるけど、その場

合はなぜかダウンロード不能。

 

操作方法のヘルプを読んだり、試行錯誤したりして、9割くらいは理解でき

たのに、残り1割がまだ分からなくてイラついたままなのだ♪ ムダな時間

と労力を使うハメになって、睡眠時間も減ってしまった。本の中身には満足

と言っても、そもそも無料じゃなければスルーしてたはずだから、そんなに

得した感じもない。

 

おまけに、これが一番厄介だけど、せっかく登録してサイトやアプリの使い

方を覚えたんだから、ついでに何か買ってみようかって気になるのだ (^^ゞ

少なくとも、その会社とサイトのことは、強烈に心にインプットされたことに

なる。広告とか宣伝としては、なかなか上手く出来てるね。

 

 

           ☆          ☆          ☆            

そう言えば私は子供の頃、新聞か雑誌の広告を見て、世界文学全集の

第1巻プレゼントみたいなものに応募したことがある。

 

普通に買えば2000円以上のしっかりした作りで、古典的な作品だった。

これも半信半疑だったけど、ちゃんと箱入りで郵送されて来て、続きの本の

契約はせず。得と言えば得だけど、子供には難し過ぎて、結局ほとんど読

まないまま (^^ゞ 単なる本棚のお飾り。

 

まあ、先日にせよ、昔にせよ、総合的な損得はビミョーで、社会勉強になっ

た程度かも。で、無料でもらった電子書籍は何かって? それは、秘密の

テンメイちゃんなのであった♪ マジ、寒いわ!

 

 

         ☆            ☆          ☆

一方、走りの方は、ランにしようか、自転車にしようか迷ったけど、今月は

6月にしてはランが少な過ぎるので、16kmジョグにしてみた。ま、雨上が

りだから、水溜りのドロはねが嫌っていう理由もある♪ 特に、白っぽい

ウェアについた泥は<キレイに落ちなくて不愉快!

 

2日前のヘロヘロ25km走のダメージがかなり残ってたから、楽に走るこ

とを心がけて、最後はまた給水したいのを我慢して帰宅。たかが16km

ジョグで給水っていうのは甘えてるだろ!・・・とか、最近の部活で言うと、

パワハラとか体罰とか叩かれるのであった(笑)。まあ、暑い時の水分不

足は、脳梗塞につながるリスクもあるし、ビミョーな話ではある。

 

トータルでは1km5分19秒ペース。OK、OK♪ 筋肉痛を別にすると、走

りの感触としては悪くない。本気で走れば一気にスピードアップできそうな

感じもある。じゃあ、本気で走れよ!って突っ込み、どうもどうも(笑)。気温

22度、湿度87%、風速0.5m。湿度が高くて風が無かったから、

たかが22度でも蒸し暑く感じた。

 

        ☆          ☆          ☆

さあ、注目の英国、EU離脱はどうなるかね♪ もし離脱になれば、

Brexit(British exit:英国の離脱)は今年の流行語大賞かも。

 

結果判明は明日の昼頃の予定。今現在は、残留の確率が高いと思われ

てるようだ。それでは今日はこの辺で。。☆彡

 

 

             時間 平均心拍 最大

 往路(2.4km)   13分07秒 139  152 

LAP1(2.14km) 11分14秒 151  157 

   2         11分21秒 154  161 

   3         11分28秒 155  161

   4         11分26秒 157  161

   5         11分11秒 159   164

 復路(2.9km)   15分16秒  158 165

計 16km 1時間25分02秒 心拍平均153(84%) 最大165(91%)

 

                            (計 2172字)

| | コメント (0)

小保方さんと瀬戸内寂聴、対談の感想(『婦人公論』)&14km走

(24日) RUN 14km,1時間09分23秒,平均心拍 160 

     消費エネルギー 810kcal (脂肪 97kcal)

 

今日は16年5月25日。最新のamazonのランキング(科学・テクノロジー、

21時)を見ると、ベストセラー1位は小保方晴子『あの日』(講談社)。120日

間100位以内を保って、中古品の値段もそれほど下がってない。

 

160525a

 

767のカスタマーレビューの平均値は、5つ星のうち、3.9。公平に見て、か

なりの健闘だろう。高評価の☆5つが461件、低評価の☆1つが145人だ。

 

ちなみに、今回の対談をいち早く伝えたitmediaの記事の横にある人気記

事ランキングでも、エロゲームやアダルトVRを抑えて、堂々1位となってた。

 

160525b_4

 

 

           ☆          ☆          ☆

さて、約2年ぶりのメディア登場ということで、数日前から話題になってる

『婦人公論』6月14日号。発売は5月24日で、翌日の夜、書店に行ってみ

ると、すぐには見つからない。当然、女性誌の平積みコーナーだろうと思っ

て見直すと、一ヶ所だけ凹んでる。そこが婦人公論で、既に大部分が売れ

た後だった。 

 

カラー7ページの企画で、最初の大きな写真は、既にネットのニュースで流

れてたもの。確かに、言われなきゃ小保方さんとは分からないし、言われて

も「本人?」と思ってしまうほど♪ よく見ると、右目を細める表情のクセ(?)

は変わってない。

 

まあ、痩せてキレイになったんじゃないかな。スラッと細い美脚もGood。あ

れでも、痩せ衰えた身体を対談のために整えて体重を4kg戻した後らしい。

48kg→40kg→44kgって感じか。

 

白のミニ・ワンピースと白のハイヒールも、私の趣味で素敵だけど、服装心

理学者の伊賀憲子はJ-CASTで批判。黒や濃紺なら問題なしとのこと。

要するに、2年前のあの記者会見の時の服装ね。

 

いつまでも「過去に騒動を起こした人物」として扱う発想。「身の潔白を訴え

たいという意思表示」など、とんでもないということらしい。「自己主張の強さ」

とか「違和感」という言葉が、自身に跳ねかえるものだと、自覚してないコメ

ンテーターなのだろう。

 

ワンピはイタリア・ブランド「VALENTINO」(ヴァレンティノ)というお話だ。

私の昔のベルトと同じね。だから何?って突っ込み、どうもどうも♪

 

 

           ☆          ☆          ☆

対談のキッカケは、4月26日号(12日発売)に掲載された瀬戸内の連載。

書いた後、瀬戸内の方から編集者を通じて、小保方さんに会いたいと伝え

たとの事。

 

小保方さんは、うつ病治療の通院以外、ほとんど外出しない状態のままだっ

たから、ためらったものの、瀬戸内ならということで承諾。亡くなった恩師の

笹井氏も、瀬戸内の『源氏物語』を愛読してたらしい。

 

対談実現は4月ということで、京都はその日、朝から雨だったのに、途中か

ら日射しが輝き始めたらしい。外出の不安を傘が和らげてくれて、対談後は

傘が不要な晴れ。

 

ちょっと出来過ぎだけど、試しに気象庁のデータで調べてみると、4月前半

にそれらしい天気が4日間あった(細かい♪)。偶然か必然か、あの記者会

見からちょうど2年後になる。読売HPには「4月末」とあるけど、気象庁デー

タにそれらしき日は無い。遅くとも4月17日。

 

彼女の罪をどう見るにせよ、「懲役2年」か「禁錮2年」の実刑以下なのは間

違いないから、既に十分償った後。私は起訴猶予くらいが妥当だと思ってる

ので、今後の復活に期待するのみだ。

 

 

         ☆          ☆          ☆

私は瀬戸内のファンでも何でもないが、今回の対談だけなら、非常に上手

いと感じた。編集部による構成が入ってるにせよ、あくまで優しい視線で、

聞きにくいこと、言いにくいことまでハッキリと口にしてるのだ。 

 

例えば、冒頭。いきなり、『あの日』を読むまでは当然の報いだと思ってた

というような事から入ってる♪ さすが、俗世間の仏教者だね。『あの日』を

計3回読んだ瀬戸内は、改心してサポートに回ったらしい。ただし、男との

恋愛話が省かれてたのは不満みたいだ(笑)。小保方さんは、研究が恋愛

とか、遠回しに反論。

 

マジメな話、世間、学会、メディアから凄まじいバッシングを受けて、恩師

まで自殺したんだから、誰かが非常に強く支えないと、とても生きてはいら

れなかったはず。せめて今日の昼まで生きようとか、必死に命を保って来

たと語ってた。

 

いまだに現役のマラソンランナー・君原健二を思い出す所かも。「次の電柱

まで走ろう」と頑張り続けて、今75歳。メキシコ五輪・銀メダルから48年☆

 

で、瀬戸内は、恋人がいるといいわねとかサラッと言った後、例の割烹着と

の関連で、小保方さんの祖母の話に切り替えてた。あれは編集部の構成に

よるものかも知れないけど、祖母お二人は元気とのこと。ただし、家族には

会わないようにしてると小保方さんが言うので、瀬戸内は、会うように促して

た。まあ、電話やメール、手紙の類は当然やり取りしてるんだと思う。

 

瀬戸内の方は、小説『花芯』(1958年)をめぐるゴタゴタで5年干されたけど、

恋人が支えてくれたとノロけてた♪ 小保方さんも対談前に3回熟読。

 

 

          ☆          ☆          ☆

『あの日』は僅か3ヶ月と10日ほどで書き上げたそうで、睡眠薬を飲んでる

のに、ベッドで徹夜。編集者のことを、ヴェロニカと呼んでた(笑)

 

イエス・キリストが十字架を背負ってゴルゴダの丘へ向かう時、汗ふき用に

ヴェールを差し出したとかいう女性のこと♪ 編集者をからかう形の、自虐

的なギャグ。「自分がキリストだと思ってるのか」とか、また言われちゃいそ

うだけど、ささやかな笑いを与えてくれるジョークなんだろう。人間、最低限

の笑顔は必要だ。

 

ちなみに瀬戸内が差し向けてくれる愛情とか慈悲に対しては、小保方さん

は「アガペー」と呼んでた。キリスト教における無限の愛で、高校の倫理で

習う程度の言葉だけど、やっぱり教養を感じる。案外、仏教者の瀬戸内に

対するひねったジョークも入ってたのかも♪

 

笹井氏の妻や、若山氏の妻の発言についても、瀬戸内は話題にしてた。流

石に、小保方さんの直接の応答は少なかったけど、週刊誌の情報とか、一応

読んでたらしい。笹井氏の葬儀に出席できないとか弔電を送れないというの

は、当時の状況だと仕方ないだろう。葬儀参列は逆に迷惑だろうと考えるはず

だし、弔電だとあまりに軽過ぎる。

 

逆に、『あの日』に対する、登場人物たちからの直接の反応というのは、全く

無いそうだ。某女性記者とかはスルーとして、若山氏からの抗議・反論くらい

あってもいいはずだけど、静かに「人の噂も数年」を待つ戦略か。

 

 

          ☆          ☆          ☆

小保方さんには当然、アメリカやドイツから誘いが来てるとの事。自分には

資格がないということで断ってるみたいだけど、相手が誘ってくれてること自

体が資格。どうせ、「今がどん底」と2年言われ続けてるんだから、試しにチャ

レンジすべきだと思う。「もっとどん底になりました」(笑)ってことはないはず。

 

あなたは必ず甦ると瀬戸内が言った後、最後の締めくくりが心をホンワカと

させてくれた。早く復活してくれなきゃ、自分はもうすぐ94歳だから見れない

とか言うのだ♪ 携帯番号とメールアドレスの交換もしたようだし、今後は小

説執筆の話で仲良く盛り上がって欲しいもの。

 

小説にはもちろん、鬼のような女性記者や冷酷な女性科学者、悪魔みたい

な男性たちがぞろぞろ登場。炎上して、逆にまたアマゾン1位につながるは

ず♪ 小説なら、「実在の人物とは関係ありません」とか書いとけば大丈夫

なのだ。どうせ実在の人物との対応関係は、ネットが書いてくれるから(笑)

 

次はピンクのミニワンピ&ハイヒールに期待しよう。テレビならやっぱり、金

スマか、しくじり先生か。ともあれ、STAP細胞関連の様々な研究も含めて、

温かく見守って行こう。。

 

 

cf. 法律上の「悪意」は道徳的な悪とは別物か~STAP小保方さん問題

   小保方さんの手記『あの日』、やはり「普通の悪意」は感じない・・

   STAP細胞・バカンティ氏に関する日米の報道&休養ジョグ

 

 

           ☆          ☆          ☆

最後に、昨日の走りについても一言。ドラマ・レビューがまた長引いてしまっ

て、ハーフ21km走る予定を変更。気温も22度で暑かったし、スタスタと14

kmだけ走ってみた。

 

目標は1km5分以内のペース。最初から心拍計を度々見て、心拍とスピー

ドをコントロール。ハーハーゼーゼー、呼吸も荒れたし心拍も上がったけど、

トータルで1km4分57秒ペースとなった♪ この程度で「♪」とか入れてる

場合じゃないね (^^ゞ 3分57秒ならともかく。

 

なお、湿度は60%、風速2m。ちょっとした風が有難かった。それにしても

7月前半くらいの暑さが続いて、早くも夏バテ気味。。ではまた明日。。☆

 

 

             時間 平均心拍 最大

 往路(2.4km)  12分28秒  145  156 

LAP1(2.14km) 10分42秒  155  162 

  2          10分33秒  159  164 

  3          10分32秒  163  167

  4          10分22秒  168  170

 復路(3.04km)  14分47秒  166  176

計 14km 1時間09分23秒 心拍平均160(88%) 最大176(97%)

 

                         (計 3679字)

| | コメント (0)

笑顔と任侠、野ブタ、武士道~『怪盗 山猫』第6話

 山猫  あんたのコアって何だ?

 中岡  笑顔だ。隣の、そのまた隣の人間の、笑った顔だ。

      昔の仁侠は、それを守るためにあったんだ。

 

 

いやぁ、凄いね、「野ブタ。パワー、注入」☆ 14.3%、13.6%、11.1%、

10.0%、7.9%と急降下してた『山猫』の視聴率は、第6話で12.4%ま

で上昇したとか言われてる(ネットの非公式情報)。

 

私はそもそも、ドラマを見たのさえ月曜の深夜(公式動画)だから、堀北真希

が出演するなんて情報は知らなかった。最近、妙に10年前の『野ブタ。をプ

ロデュース』関連記事へのアクセスが増えてるな・・とは気付いてたけど、2月

17日の夜に予告情報が流れてたわけね。

 

モデルプレスの記事によると、堀北主演、同じ日テレのドラマ、『ヒガンバナ~

警視庁捜査七課~』第6話終了後、『山猫』6話の予告映像が流れて、山猫=

修二=亀梨和也が「野ブタパワー」と口にしてたらしい。まあ、ドラマ『野ブタ』

だと、野ブタ=堀北に野ブタパワーを注入したのは彰=山Pみたいだけど(忘

れてた)。最近は彰の代わりに、山本耕史が注入してるわけか♪ コラコラ!

 

亀梨と山Pの仲良しエピソードなんてものも、山下智久のラジオ『Sound

Tripper!』で本人が語ったとの事(モデルプレス)。正月を一緒に過ごすほど

の仲なんて、私は初耳で驚いた。

 

ちなみに、ウチの『野ブタ』関連レビューの中から3本だけリンクを付けとこう。

このドラマがキッカケで、スポーツ系ブログだったウチも変わって行ったんだ

から、私もパワーを注入されたことになる(笑)。今、胸がキュンッとしてしまっ

た貴女は、BLの深みにズブズブはまって頂きたい♪

 

  誰かのために、自分のために  野ブタ最終回

  生きる場所を求めて~野ブタ再考  (全体のまとめ)

  リアルな人間との向き合い方~野ブタ原作  (小説批評)

 

 

          ☆          ☆          ☆

さて、原作小説のバッドエンド(=良くない結末)と違って、テレビドラマの『野ブ

タ』はハッピーエンドに近い。「修二と彰」は野ブタ=堀北をプロデュースしつつ、

彼女と自分たち自身を救い上げてた。つまり、いじめられっ子と冴えない高校

生を、笑顔にしたのだ。ジャニーズ・ファンやドラマ視聴者も笑顔になったはず。

 

一方、ドラマ『山猫』だと、侠武会・組長の中岡(笹野高史)にウロボロスの正

体を突きとめてくれと頼まれた山猫は、「高い」報酬を決める前に、中岡のコ

ア=核は何か?とたずねた。すると中岡は、「隣の、そのまた隣の人間の、

笑顔だ」と応答。山猫は大いに納得したようで、報酬は100円玉に決定♪

 

これはもちろん、「2軒隣の人の笑顔」が特別大切という意味ではない(笑)。

ただ、「すべての人の笑顔」ともちょっと違う。「隣」という言葉を2回、間を空け

て口にしたということは、一人ずつ数え挙げれる程度の「身の回りのみんな

の笑顔」のことだ。

 

 

         ☆          ☆          ☆   

その考えは、原始的なヤクザ組織や暴力団のあり方と結び付いてる。つま

り最初は、顔が分かる狭い範囲の仲間が集まって、少人数で近所を仕切っ

てたはず。だからこそ彼らは、町内会レベルのお祭りを盛り上げたり支えた

りする一面もあったわけだ。少なくとも、今ほど取り締まりが厳しくなかった昭

和期には。

 

中岡は「任侠」という言葉を使ってた。これは一般社会だと「ヤクザ」の綺麗

な言い換えに近いだろうけど、辞書的には、「弱い者を助け強い者をくじき、

義のためならば命も惜しまないといった気性に富むこと」(『大辞泉』)。『大

辞林』でも同様の説明になってる。かなり良い意味の言葉だ。

 

さらに「任侠」という言葉の語源を遡ってみても、「任」は他人を大切にする態

度、「侠」はそれらの人を辱めるものに報復する人だから、極端に暴力的な部

分を除くなら、いい意味で「男らしさ」を表してる。女の持つ男らしさも含めて。

 

任侠道によって助けられた人や地域には、笑顔が生じるはずだから、中岡の

言葉はある意味、元々は正しい。ところが、「強きをくじき」という側面がやがて

悪質になってしまうし、自分たちの生活やお金の問題も生じる。そうなるといつ

の間にか、「弱きもくじき」になり、笑顔を消す側の存在になってしまうのだ。。

 

 

          ☆          ☆          ☆

一方、いい意味での任侠は、武士道と本質的に通じ合うものを持ってる。義

のため、大切な人のためなら、命も惜しまない勇敢さという点で。

 

ただし、「笑顔」というものは、山猫が愛読する新渡戸稲造『武士道』にはほ

とんど登場しない。特に、他人を笑顔にするという発想は、直接的には存在

せず。その点は任侠でも同じで、「任侠 笑顔」で検索しても、めぼしい記事

は全くヒットしないのだ。

 

ということは、周囲の人を笑顔にするという発想が、かなり現代的、ドラマ的、

大衆的なのかも。ひょっとすると、みんなの「幸福」の追求というような発想も

同様で、欧米から輸入された表現や価値観なのかも知れない。実際、良い

生き方、正しい生き方にとって、別に笑顔とか幸福は必須ではないはずだ。。

 

 

             ☆          ☆          ☆

それでは、新渡戸『武士道』の中で、あえて笑顔と直接関わる部分を探して

みるとどうなるか。英語の本だから、電子図書館グーテンベルクを使って、

「smile」や「laugh」で書籍内検索。重要な場所は一ヶ所しかないようだ。そ

こから4つだけ、英文を直訳してみよう。

 

 Call upon a Japanese friend in time of deepest affliction

 and he will invariably receive you laughing, with red eyes

 or moist cheeks.   

 日本人の友達を最も深い苦悩の時期に訪ねたとすると、彼はいつもと

 変わらずに笑いながらあなたを迎えてくれるだろう。赤い目と濡れた頬で。

 

 ・・(中略)・・Indeed, the Japanese have recourse to risibility

 whenever the frailties of human nature are put to severest test.

 確かに、人間本性の弱さが最も厳しい試練に直面してる時でさえ、

 日本人は笑い性を頼みとする。

 

  ・・(中略)・・laughter with us oftenest veils an effort to regain

 balance of temper, when disturbed by any untoward circumstance.

 我々の笑いは、困った状況に陥った時、心のバランスを回復する

 努力を隠すために、最もよく使われるものなのだ。

 

 It is a counterpoise of sorrow or rage.

 笑いは、悲しみや怒りに対してバランスを取るためのものである。

 

 

160223b

 

 

         ☆          ☆          ☆

結局、日本人の笑いには、心の平穏さを保つためのセルフ・コントロールとい

う側面があるという話で、日本人なら納得しやすいはずだ。典型的なのは、目

の前の相手にキツイ言葉を投げかけられた時、笑って受け流すパターンとか。

 

これがどの程度「日本独自」のものなのか、諸外国の事情を調べてみないと

分からない。例えば欧米の有名人がインタビューを受ける時には、笑顔をキー

プしてることが多いと思う。欧米の一般人にはあの笑顔は少ないのだろうか?

 

試しに、フランスの代表的な哲学者ベルクソンの著書、『笑い』(岩波文庫)を

流し読みすると、そういった感じの笑いの説明はなかなか発見できなかった。

まあ、この本は喜劇=コメディの笑いを中心としてるからかも知れないけど、

フランスと日本とで笑いの質が違うというような話は、ネットにも幾つかあった

(ほぼ個人サイト)。

 

下の画像は、Internet Archive、『LE RIRE』より。1900年の本で、41年

に亡くなってるから、著作権切れで公開中。

 

160223a

 

 

          ☆          ☆          ☆   

そのベルクソン、日本人の笑いは分析してないけど、笑い一般に関する興味

深いポイントを3つ指摘してるのだ。まず、笑いの対象が人間的なものだとい

う点。次に、精神の平静さとか無感動というものを条件としてること。さらに、

社会的なものであること。

 

これらは、任侠や武士道の笑いとも共通することだと思う。苦しい状況の武

士が笑顔を見せる時、笑いの対象は何よりも自分自身。そして、相手。その

笑いは、本来の平静さを保つものだった。さらに、昔の任侠が目的としてた

はずの周囲の笑顔は、要するに、自分たちの社会の親密さを表現するもの

だろう。社会の平和さと、仲間への好意の表現。

 

私が特に、なるほど・・と思ったのは、二番目の注目点。そう言えば野ブタ

にせよ、堀北にせよ、普段は無表情に近い女性だった。だからこそ、その

笑顔には特別の価値があるわけだ。いつも笑ってる女子アナ・小林麻耶の

3倍くらいは♪ ・・とか言いつつ、結構ぶりっ子(死語)好きだったりする(笑)

 

 

         ☆          ☆          ☆  

最後に、私は放送を直接見てないけど、先週の『スマスマ』のビストロには、現

代の武士とも言うべき力士・琴奨菊が夫婦で出演。流石は10年ぶりに優勝し

た日本人ということで、新妻の祐未さんも笑顔が非常に可愛い女性♪ 琴奨

菊も常にニコニコ。

 

その祐未さんでも、琴奨菊のキリッと引き締まった表情が好きだと言ってた

ようだ。やはり、ベルクソンも言うように、緊張と弛緩の繰返しが本質なんだ

ろう。自分の笑いにとっても、周囲の笑顔にとっても。

 

というわけで、市民ランナーとしての私は、レース中には基本的に笑顔を見

せないのだ。それは高橋尚子らでも同様。引き締まった表情で走って、ゴー

ル後にホッと一息、笑顔を見せればいい♪

 

ドラマ『山猫』も、複雑な闇の世界を描いてるけど、最後は笑顔でゴールと

なるはずだ。KAT-TUNにも、いずれ充電期間が終われば、笑顔が浮か

ぶんじゃないかな。彼らにも、ハイフン(=ファン)の方々にも。。

 

それでは、今日はこの辺で。。☆彡

 

 

 

cf. 新渡戸稲造『BUSHIDO(武士道)』、英語原文~『山猫』第1話

   節義・道義、新渡戸『武士道』&真木和泉『何傷録』~第2話

   吉田松陰「かくすれば・・・大和魂」出典と新渡戸『武士道』~第3話

   新渡戸『武士道』における「母」と「自己否定」~第4話

   生、死、そして沈黙~第5話

   生きるべきか、死ぬべきか・・~第7話

   誕生日違った山猫死ね!~第8話

   死ぬ恐怖、殺す快楽~第9話

   維持に負けた改革、音痴の「上を向いて歩こう」~最終回

 

                     (計 4094字)

            (追記 72字 ; 合計 4166字)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

吉田松陰「かくすれば・・・大和魂」出典と新渡戸『武士道』~『怪盗 山猫』第3話

疲れた。。たった一つの文章の出典をこれほど探し回ったことはない。何

と、3時間もネット探索してしまった (^^ゞ その分、レビューにかける時間

を削ることにしよう。まだ完全じゃないけど、謎の8割くらいは解明できた♪

 

今回のポイントは、「テンメイ」が省略されて単なる「ユウキ」になってたこ

と(笑)・・・じゃなくて、山猫(亀梨和也)が語った吉田松陰(よしだ・しょうい

ん)の和歌。

 

 「かくすれば かくなるものと 知りながら やむにやまれぬ 大和魂

 

いかにも政治的なリベラル派(=左派)が批判しそうな言葉だし、ちょっと

危ないものを含んでるのも事実。「やまとだましい」が国家と結び付くと、

神風特攻隊的な行為にもなりかねない。

 

とはいえ、私も含めて共感する日本人は多いはず。実際、明治時代の新

渡戸稲造も『武士道』で引用してるし、平成のドラマ視聴者のツイートも好

意的なものが並んでた。普通に松陰の言葉の意味を解釈するとこうなる。

 

 「密航を企てれば いずれ投獄その他の処罰を受けると 知りながら

 日本のために自分が外国へ行かざるを得ない 私の大和魂」。

 

幕末、1854年(嘉永7年=安政元年)のことだった。吉田松陰(1830

~1859)は尊王論者の長州藩士で、満29歳(数え年なら30歳)で刑

死。画像はウィキメディアより。山口県文書館の資料で、パブリック・ドメ

イン(公的所有)。

 

160131c

 

 

        ☆          ☆          ☆

さて、この短歌はネットのあちこちに溢れてるが、いつもの事ながら、正確

な情報はほとんど見当たらないし、間違ってる(と思われる)情報もある。

代表的なのが、『幽囚録』とか『留魂録』を出典として挙げたもの。これら

の著書は近代デジタルライブラリーその他で公開されてるが、例の和歌

は見当たらない。

 

多かったのは、兄への手紙で書いたとか、江戸の牢獄(伝馬町獄)に送

られる途中、高輪・泉岳寺の前で詠んだとかいう情報。このどちらかだけ

を書いてるサイトが多いが、これは両方とも正しいようだ。つまり、山口県

の下田で投獄されて、江戸に移送される途中(到着寸前)に和歌を詠ん

で、その年の暮れ、兄・杉梅太郎への手紙に書いたらしい。

 

では、その手紙はどこで読めるのか。これがなかなか分からなくて、ほと

んど諦めそうになった。かの有名な国語の専門家、齋藤孝の『日本人の

心はなぜ強かったのか』をGoogle booksで見ても、「獄中から出した手

紙」としか書いてない。pdfファイルの論文を調べても、出典なしで済ませ

てる。もちろん、ウィキペディアやウィキソース、ウィキクォートにも無い。

 

試しに、松陰全集で書簡を調べると、あまりの多さに困惑 (^^ゞ それでも、

しらみつぶしで調べてしまうのがマニアの哀しい性(さが)。「そんな事をす

れば 膨大な時間と労力を費やすものと 知りながら やむにやまれぬ 

マニア魂」なのだ♪

 

 

         ☆          ☆          ☆

では、正解を書こう。手紙1854年(安政元年)12月8日付けで、普通

に読めるものだと、近代デジタルライブラリーの吉田松陰全集・第5巻(岩

波書店、1935)に収録されてるのだ(p.269-p.272)。和歌の掲載は

p.271。

 

160131

 

 「かくすれは かくなるものと 知ながら 已ムニ已マれぬ 大和魂

 

右側の説明も松陰が自分で書いてるようだ。ここまでで、2時間経過♪

残りの1時間は、手紙の現物探しに費やすハメになったわけ。この全集

が出版された時点では、「東京市吉田茂子所蔵」と書いてるけど、既に

80年経過。そこから、いつ、どうなったのか、いくら探しても情報が出な

かった。

 

一応、手紙の現物らしきものの写真は、個人ブログで発見。たぶん本物

だと思うけど、諸々の事情を考慮して、紹介は差し控えることにしよう。気

になる方は、Googleの画像検索をお試しあれ♪ 画像の右端に、松陰

の達筆で「下田獄中の歌」と書いてる画像(1つしかないはず)がおそらく

本物。ところがなぜか、資料館、歴史館、展示の類を検索しまくっても、他

の情報が出て来ないのだ。1時間頑張って、マニア魂も白旗。。_| ̄|○

 

 

         ☆          ☆          ☆

一方、第1話レビュー、第2話レビューでも扱った、新渡戸稲造の『BU

SHIDO』(武士道)だと、第16章「IS BUSHIDO STILL ALIVE?」

(武士道は今でも生きてるか?)に書かれてる。下は毎度お馴染み、イ

ンターネット・アーカイブより。余計な線は、私が引いたんじゃないので

念のため(笑)

 

160131b

 

  Full well I knew this course must end in death;

  It was Yamato spirit urged me on 

  To dare whate’er betide.

  この道が死で終わることを、私はよく分かってた。

  何が起きるにせよ、敢えて行動するよう、私を

  駆り立てたものこそ、ヤマト・スピリットだった。

 

ちなみに、この新渡戸の英訳は、深読みすれば間違いとまでは言えな

いし、本質を突いてるかも知れないが、歴史的に正確ではない。

 

当時の知識だと、新渡戸が語るように、松陰が「死刑になる前夜に書か

れた」一節だとされてたのかも知れないが、これは間違い。死刑になっ

たのは歌を詠んだ5年半後で、直接的には別の理由によるものだった。

新渡戸だけ読んだ人から、誤解が拡散してるかも知れない。。

 

 

          ☆          ☆          ☆

最後に、ドラマのストーリー(物語)との関連について。もちろん、山猫自

身だけじゃなく、やたら濃い顔の達郎(加藤諒)のことを語る形になってた

わけだ。

 

 「飛び込めば 銃弾で死ぬことは 知りながら 赤松杏里=セシリア

 (中村静香)のために飛び込まざるを得ない 僕の愛」

 

怪しいブレスレット(腕輪)のおかげで杏里に看取ってもらえて幸せだと

語る切ない姿が、涙を誘ういいシーンだった。ちょっと暑苦しいけど♪

って言うか、彼、まだ25歳なわけね(笑)

 

ちなみに、滝川(浅利陽介)に向けて山猫が叫んでた台詞の後半は次の

通り。最初の7つの徳目は、『武士道』の第3章~第9章のタイトルだ。 

 

 「義・勇・仁・礼・誠・名誉・忠義! 

  かつての日本人なら誰もが兼ね備えていた資質だった。 

  けど俺たちは、いつしかその心を忘却の彼方へおきざりにした。 

  それでも それでも侍の魂を持った人間はこの国にいんだよ! 

  確かにいるんだよ!

 

 

         ☆          ☆          ☆

なお、『武士道』がらみの数字の暗号は、ページ数、行数、左から何文

字目かを書き並べてたんだと思うけど、ドラマで使ってる本が不明だか

ら解読不能(だと思う)。英語の原書で解読を試みても無駄だろうし、訳

書はおそらく脚本家・武藤将吾のオリジナルだと想像する。

 

今週は計13483字で終了。2週連続で2万字弱だったから、自粛した。

それでは、また来週。。☆彡

 

 

 

cf. 新渡戸稲造『BUSHIDO(武士道)』、英語原文~『山猫』第1話

   節義・道義、新渡戸『武士道』&真木和泉『何傷録』~第2話

   新渡戸『武士道』における「母」と「自己否定」~第4話

   生、死、そして沈黙~第5話

   笑顔と任侠、野ブタ、武士道~第6話

   生きるべきか、死ぬべきか・・~第7話

   誕生日違った山猫死ね!~第8話

   死ぬ恐怖、殺す快楽~第9話

   維持に負けた改革、音痴の「上を向いて歩こう」~最終回

 

P.S. 第3話視聴率は11.1%という噂。まだ未確認で、ウィキペディ

     アの数字の出典は個人サイト(その後、確認)。

 

                          (計 2758字)

             (追記 167字 ; 合計 2925字)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

小保方さんの手記『あの日』、やはり「普通の悪意」は感じない・・

また帰宅が遅くなって、予定してた記事を書く時間が無くなったから、軽~

い感想でお茶を濁しとこう。小保方晴子氏の著書、『あの日』(講談社)を

チラ見した印象その他をまとめたものだ。

 

発売当日(1月28日)も翌日も、amazonのランキング1位。早くも100を

超えたレビューの評価は、星5つと星1つが真っ二つになってる。ある意味、

STAP騒動やアマゾンの状況をよく表してるデータだろう。

 

当サイトでは、STAP細胞騒動が続いてた一昨年の春から夏にかけて、

数本の記事を書いてる。一番本格的なのは、5400字超の次の記事だ。

法律上の「悪意」は道徳的な悪とは別物か?~STAP細胞・小保方さん問題

 

少なくとも当時、「悪意」という言葉=概念について、裁判の判例まで調べ

たものは見当たらなかったし、書いてる内容も他のサイトとはかなり違っ

たものになってる。上の記事をアップした翌日、記者会見の感想記事

アップ。「少なくとも意図的なウソや『普通の悪意』は無いなと感じる姿」

と書いておいた。

 

 

         ☆          ☆          ☆

さて、STAP細胞問題で、「科学的に」一番重要なのはもちろん、存在

するかどうかだろう。二番目が、実験や発表の正当性。

 

ただ、科学的な実在性というものは、暫定的な推測しかできないわけで、

今現在わかってることは、これまでの再現実験がすべて失敗した(らし

い)ということ。さらに、元の成功実験も信用されてないから、結局「否定

された」ということになる。

 

科学的、社会的にフツーの結論だろうが、この後、誰かが成功して「コ

ツ」を発表した途端、再現実験の成功が続く可能性も一応あるわけだ。

科学のブレイク・スルーとはそんなものだろう。日本人研究者のノーベ

ル物理学賞につながった青色発光ダイオードも、さんざん失敗が続い

て、周囲から否定され続けた末での成功だったと聞いてる。

 

一方、実験や発表の正当性については、これまでの報道や証言を元に

して考えるなら、少なからずの問題があったのは明らかで、その一部は

小保方さん自身も認めてること。

 

ただ、報道や証言のどこまでが本当でどこからが間違いなのか、あるい

は、小保方さんに「どの程度の不正」があったのかは、まだ議論の余地

がある。実際、今回の手記『あの日』を読むと、報道や証言に少なから

ずの間違いがあることになってるし、不正が小保方さん一人に無理やり

押しつけられてる気もするのだ。もちろん手記の信ぴょう性も問題だが。。

 

 

         ☆          ☆          ☆

というわけで、ようやく手記『あの日』の話に入るが、例の記者会見と同

様、やはり「普通の悪意」は感じない。

 

ただ、録音や録画のようなものが(おそらくほとんど)無いので、正直どこ

まで信用していいのか分からないのだ。意図的ではない虚言癖、悪意な

き妄想癖のようなものを持ってる可能性は一応ある。

 

もし、手記をそのまま受け取るなら、どこにでもいる程度の未熟な若手研

究者の一人であって、魔女狩り的なバッシングは途方もない不運というこ

とになる。冤罪と言うより、量刑不当ということだ。名指しで批判されてる

若山教授が何もコメントしないままだと、少なくとも手記の一部は本当な

のかも・・・と思われても仕方ないだろう。主犯かどうかはさておき。

 

一方、STAP騒動とは一応別物のはずの、早稲田大学の博士論文問題。

こちらも、手記によると、論文の不正は軽微なもので、普通なら手直しし

て認められるのに、早稲田は全く認める気がなかったということになる。

さんざん叩かれてた博士論文は、実は単なる下書きというお話。

 

修正期間における不誠実な(?)指導教官たちの実名は出てないけど、

あそこまで具体的に批判するのなら、名前も出せば良かったと思う。名

誉棄損で訴えられたら、法廷での勝負だから、これまでよりはスッキリ

するはず。まあ、教官も大学も、訴訟に持ち込むとは思えないけど。。

 

 

         ☆          ☆          ☆

別の角度から手記を見ると、初版が控えめに5万部とされた理由は、す

ぐに分かった気がした。明らかに装丁が似てる、少年Aの『絶歌』と違って、

グロテスクな話や不謹慎すぎる話は無いけど、全体的に内容が堅い=硬

いのだ。リケジョ(理系女子)が書いた、理系研究者の卵の暴露本。

 

これは、たとえ仮に7割が間違いとかウソだったとしても、理系の大学院生

やそれを目指す学生にとっては、参考になると思う。要するに、文系と違っ

て、独特の複雑さを持つ人間関係の中で長い間過ごすわけで、一つの長

大な主観的報告として読めばいい。

 

こんなものが253ページもの著書になることは稀だから、専門が違う人

にとっても希少価値がある。所詮、同じ人間、同じ理系研究者なのだ。

もちろん、研究や大学と無縁の人が読んでも興味深いはず。外見的、専

門的なややこしさは適当にスルーすればいい。

 

 

          ☆          ☆          ☆

ただ、一般の読者にとっては、本文のあちこちに細かく現れてる、小保方

さんの感情を読み取る方が興味深いかも知れない。理系の話の端々に、

怨念のような強い感情が控えめに書き込まれてるのだ。これは当然、今

までの報道にはほとんど無かったもの。

 

弁護士を通じた僅かな反論や抗議とは違う、もっと人間的な思いが時系

列に沿って表れてる。あぁ、あの時、そんな事を思ってたんだ・・・とか、裏

ではそんな会話があったんだ・・・とか、超有名人の自伝として退屈は全

くしない。

 

少年Aの時は、罪の重さにそぐわない文体の過剰な装飾が気になったが、

小保方さんの文体の装飾は控えめになってる。所々に、過剰にも思える

自負心が見られるけど、これまで大量殺人犯なみのバッシングを耐え忍

んで来たことを考えれば、許容範囲だろう。周囲から1万けなされた後、

自分で自分を1だけ褒めるようなものだ。

 

某学会の女性会長や、某新聞社の女性記者への不満(著書では2人と

も実名)については、読みながら納得した。これもまた、1000発殴られ

た後、1発だけ殴り返すようなもの。おそらくあれでも、極度に自重した表

現なんだと想像する。

 

 

          ☆          ☆          ☆  

最後に、「あの日」というタイトルの意味について。編集者が付けたのか

どうかは不明だが、前置きの一番最初から、あの日に戻りたいという話

がヒネった形で登場する。

 

『あの日にかえりたい』というのは、ユーミン(荒井由実)初期の古典的名

曲で、当サイトでも歌詞解釈を行ってるが、「あの日」とはもちろん、彼と

幸せに過ごしてた日々だ。

 

でも、小保方さんにとって、戻りたい「あの日」はなかなか見当たらないら

しい。たとえば、ちょうど2年前、華々しく報道された日も、やがて悲惨な

流れにつながると分かってるから、戻りたい日とは言いにくい。遡ってい

くと結局、自分が生まれた日でさえ呪いたくなるほど。「あの日々を忘れ

たい」という意味の方が近いだろう。

 

 

         ☆          ☆          ☆   

そのためには、「あの日々を変えたい」とポジティブに考えればいいのだ。

まだ若いし、刑務所の前科がついた訳でもない。応援してくれる人もそれ

なりにいるのだから、これから第二の人生を充実させれば、中島みゆきの

古典的名曲『時代』になる。

 

  あんな時代も あったねと きっと笑って 話せるわ ♫

 

いずれ、そう遠くない将来、テレビ朝日の『しくじり先生』に笑って出演でき

る日がやって来るかも。「その日を見てみたい」と、私は願ってる♪ たと

えSTAP細胞が再現できなくても、それは十分可能なのだ。

 

それでは今日は、この辺で。。☆彡

 

                               (計 3002字)

 

 

P.S. 2月1日発売『週刊ポスト 2016 2/12号』では、「小

     保方晴子『告白本』の矛盾と疑問と自己弁護」という2

     ページの記事を掲載。「矛盾」とされてるのは、相反する

     心情表現のことで、人の心理がその種の矛盾をはらむ

     というのは平凡な一般的事実にすぎない。例えば誰で

     も、自分という存在は好きで嫌いだろう。

 

     逆に、手記と同じ出版社(講談社)による『週刊現代』や

     『Friday』は、単なる手記の宣伝のような記事だった。

 

P.S.2 2月21日の朝日新聞・朝刊に掲載された大きな広告によると、

      『あの日』は25万部を突破したとのこと。出版物としては既に成

      功だけど、もちろん重要なのは今後なのだ。科学においても、人

      生においても。。

 

 

cf. STAP細胞・バカンティ氏に関する日米の報道&休養ジョグ

 

                (追記 335字 ; 合計 3337字)

| | コメント (2)

より以前の記事一覧