外国人向けの「やさしい日本語」という、やさしくない日本語~朝日新聞・夕刊「現場へ!」

「何度か書いてるけど、最近は身の回りで本当に色んな外国人(らしき人)を見かけるようになった」。この文章が既に、やさしくない日本語だろう♪ 

    

「日本では、外国人が増えています」、なら大丈夫かな? 「多くなっています」、の方がやさしいのかね?

    

短い文で、漢字や曖昧な表現はなるべく避ける。敬語や丁寧語、厳密な表現、方言や俗語、古い日本語や最新の流行語も避ける。話す時は、ゆっくり、ハッキリと。そのくらいなら、すぐ出来る。実際、ウチでたまに小学生向けの記事を書く時は配慮してるし、お店のバイト店員が外国人の時はかなりゆっくり短く話して、細かい質問は基本的にしない。

   

でも、「増えている」と「多くなっている」のどちらが、よりやさしいのかはビミョーな所。相手の語彙、ボキャブラリーの状況が分からないのだ。日本語学校や日本語の教科書・参考書がどう書かれてるのか、調べてみたくなる。

   

今はまだ、私のご近所さんには外国人がいないけど、職場だと珍しくない。これもむしろ、「仕事をする時は外国人がたくさんいます」、と言うべきか♪

    

    

   ☆     ☆     ☆

さて、ブログ記事にするタイミングが遅すぎるけど、先週の朝日新聞・夕刊のコラム「現場へ!」は興味深かった。刀祢館正明記者はやさしくない名前だけど(笑)、今回の企画は「やさしい日本語」。このタイトル自体がやさし過ぎて、最初はスルーしたほど♪

    

マニアック・ブロガーはどうしても、難しい話に惹かれてしまう。その方がアクセスを稼ぎやすいから(笑)。そうゆう理由か!

     

第1回(19年7月1日)は、「『外国人=英語』じゃない」。いや、それはそうだけど、色んな外国語を覚える時間も余裕もないし・・とおもったら、「やさしい日本語」という技があったか! まあ、実際には、やさしい日本語というのも、やさしくない外国語だけど・・っていう文章はダメか♪ 「やさしい日本語で話そうとしています。でも、なかなか出来ません」って感じかな。

    

とにかく、初回は北海道美唄(びばい)市が舞台で、観光客へのおもてなしのお話。やさしい日本語は、分かりやすいだけじゃなく、日本語を体験したい外国人にも喜ばれるとのこと。

   

観光物産協会HPはこう書かれてる。「このページは、 美唄のいいところと 美味しいものについて やさしい日本語で 紹介します」。「美味しい」や「紹介」は大丈夫なのかね?♪

    

    

   ☆     ☆     ☆

第2回は、「『安静に』より『走らないで』」。病院は、気を使うだろうね。文化や慣習の違いもあるんだろうし。医師や看護師向けのワークショップを取材。「採血」より「血をとる」(^^ゞ ホントに? 外国人相手に、生活で使ってる言葉をたずねると、英語4割、日本語6割だったらしい。

   

ホントに? やさしい日本語の研究者、岩田一成准教授の話だから、多分そう言っといた方が研究費を貰いやすいんだろう(笑)。コラコラ! 真面目な話、質問の文がどうなってたのかは気になる。一般にアンケート調査というものは、質問の形式やメディア(書面、電話、訪問員など)が重要だし、回答者の選び方と人数も決定的な問題だ。あー、やさしくない日本語だね (^^ゞ

    

第3回は、「72時間 命つなぐ言葉たち」。災害現場での模索が語られる。元々、やさしい日本語は、1995年の阪神淡路大震災がキッカケで、弘前大学の佐藤和之教授らが中心になって研究して来たとのこと。あの辺りに外国人が多いって事情もあるのかな? 日本語の言葉(文節)と言葉の時間間隔をどうすべきかは、まだ分からないらしい。まあ、アイコンタクトしながら、相手に合わせると。

   

   

   ☆     ☆     ☆  

第4回は、「役所は『わかりやすい』が苦手」。お役所は確かに、聞いたこともない専門用語をサラッと言うことがあるし、逆に重要なことを教えてくれないこともある。この春は特に、戸籍抄本の料金とか本籍について驚かされた。外国人が多い横浜の市役所は進んでて、書き換えシステムによる判定も導入。語彙、漢字、硬さ、長さ、文法の5項目で判定。

   

文章の硬さというのは確かに重要な項目だと考えられるので、当方としても今後は更なる配慮を心掛ける所存である。硬いわ!

   

最終回(第5回)は、「学校のお知らせも『優しく』」。なるほど、易しいだけじゃダメだと。「運動会(うんどうかい)を 次(つぎ)のとおり 行(おこな)うので、 見(み)にきて ください」。2割が外国関連の六本木中学だからか、優しい日本人が多いのか、苦情はまだ無い。上履きは、「学校の中で使う靴」。「中でだけ使う」とか、余計な正確さは省くと♪

   

フーっ・・、キーボード無しのiPad入力はやさしくないから、今日はこの辺で終了。今週14017字となった。ではまた来週。。☆彡

   

       (計 1942字)

| | コメント (0)

「ココリコ」と大声で鳴くフランスの雄鶏、騒音で訴えられる♪(仏語、英語)

あ~~っ、ごぼうサラダの繊維がノドに引っかかって取れない・・って話じゃなくて、「ココリコ」。お笑い芸人の名前としか思ってなかったけど、フランスのニワトリの鳴き声(cocorico)だったのか! 日本語の「コケコッコー」と比べると、ちょっとだけ本物の鳴き声に似てる気もする♪

     

試しに、芸人のココリコのウィキペディアを読むと、芸名の由来は「喫茶ココリコ」とされてた。ということは、その喫茶店は朝から営業してて、モーニングサービスが売りだったのかも。そんなの多分、高校の卒業式の翌朝以来、経験してないね。もう7年前か(笑)

   

あの夜の打ち上げは、人生で最高の思い出の一つなのだ。日付が変わるまで飲んだよなぁ・・「ドリンク」を♪☆

   

   

   ☆     ☆     ☆

で、本題は今日(19年7月9日)の朝日新聞・朝刊の記事。1面トップにデカデカと掲載してしまった誤報だ♪ そっちか! 「ハンセン病家族訴訟 控訴へ」。朝刊を読んだ安倍首相があわてて態度を変更したのかも知れないけど、実際は控訴断念。参院選の直前なのに、朝日はつまらないミスをやったね。よりによって、こだわり続けてる話で。

   

ただ、国際面の記事は面白くて、大声で笑ってしまった。「ココリコ」♪ 鶏か! 「フランス西部のリゾート地オレロン島で、隣家の雄鶏の鳴き声が「騒音」だとして、別荘に夏の間だけ暮らす夫婦が雄鶏と飼い主を相手取り、雄鶏を別の場所に移すよう求める訴えを裁判所に・・・って、一文が長いわ!(^^ゞ パリの疋田多揚記者、二つの文に切るように。

    

島の人口は22000人なのに、夏のバカンスシーズンだけ別荘に人が集まって、人口は20倍になるとか。どうもこの「バカンス」ってものがピンと来ないね。あちらは夏の休暇が長くて、遠くに出かけるとは聞いてるけど。

   

ちなみにウィキペディアの「恋のバカンス」(笑)の項目によると、この1963年のザ・ピーナッツのヒット曲で、バカンスという言葉が流行語になったとか。古っ! STAP細胞・小保方さんの指導教員はバカンティ教授だ♪ そう言えば小保方さん、著書がベストセラーになった後、どうしてんのかね? 小説書いてるのかな。。

   

   

   ☆     ☆     ☆

190709a

  

というわけで、マニアック・ブロガーは直ちに現地メディアのニュースをフランス語で読むのであった。「La Nouvelle Republique」(新しい共和国)より

  

Oleron : le coq Maurice se retrouve au tribunal pour avoir chante trop fort

  

オレロン:雄鶏のモーリス、あまりに大声で鳴き過ぎて裁判所へ

   

190709b

  

Une habitante de l'ile d'Oleron, proprietaire du coq Maurice, etait convoquee devant le tribunal de grande instance de Rochefort ce jeudi 4 juillet, pour "trouble anormal de voisinage".

  

雄鶏モーリスの飼い主であるオレロン島の一人の住民が、この7月4日・木曜日、「近所の異常な対立」のために、ロシュフォール大審裁判所に呼びだされた。

   

Ses voisins ne supportent pas le chant matinal de l'animal.

 

隣人たちは、その動物の朝の鳴き声を我慢できない。

   

   

   ☆     ☆     ☆

上のフランス・メディアの記事は、文体も語句も普通だけど、大西洋を挟んだ隣人・米国の高級紙は凝ってる。ハッキリ言って、これならフランス語の方が読みやすい (^^ゞ ニューヨークタイムズ(new york times)。

    

190709c

  

‘The Rooster Must Be Defended’: France's Culture Clash Reaches a Coop

  

「雄鶏は守らねば」:フランスの文化的対立は、鶏小屋みたいに狭苦しい所まで到達している

  

「Rooster」とは何か抽象的な概念を表す言葉かと思ったら、雄鶏のこと。どうして「cock」(コック)と書かないのかと思ったら、(米国で)性的な意味の連想を避けるためとかいうお話(Weblio、研究社・新英和中辞典の説明)。なるほど・・って言うか、「コック」って本当に「男性」の意味があるのか。ほとんど聞かないけど。由来は何だろう。雄鶏か、蛇口か。

      

それはともかく、「coop」も分かりにくい。「鶏小屋」という意味と、「狭苦しい所」という意味がある単語だから、掛け合わせて言葉遊びをやってるのだ。ちなみに「生協」は「co-op」だ(笑)。いや、本当にちょっと考えてしまった (^^ゞ

   

   

   ☆     ☆     ☆

190709d

  

He has become a symbol of a perennial French conflict ─ between those for whom France's countryside is merely a backdrop for pleasant vacations, and the people who actually inhabit it.

   

その雄鶏は、長年続くフランスの対立の象徴となった。── フランスの田舎が楽しいバケーションの背景でしかない人々と、そこに実際に住んでる人々との対立だ。

    

  

これ、民泊を続ける外国人と、近隣の日本住民とのトラブルにちょっと似てるね。いずれ、長期の外国人観光客が、「ゴミ捨てのルールが厳しすぎて、ひどいストレスになった」とか訴えて来るかも。あるいは、麺類やスープをズルズルすする音が非常に不愉快だとか。

  

そう言えば、「郷に入っては郷に従え」ということわざ、最近ほとんど聞かない。「郷に入っては、郷『が』従え」ってことか♪ おもてなしをしろと。

       

実は私も個人的に、騒音のトラブルは色々と経験してるんだけど、もう時間がないから、また今度にしとこう。要するに、たまにはローテーション的に、外国語の記事を入れたくなるわけ♪ それでは、また明日。。☆彡

    

        (計 2407字)

| | コメント (0)

AI&ビッグデータが人間を点数化するリード・スコアリング(Lead Scoring)、Yahoo!の勝手な作成を拒否

「リード」(Lead)という言葉は、日本語だとフツー、スポーツなどの得点で相手より上回ってることを意味する。最近はほとんど見かけなくなってるけど、新聞の大きな記事で、見出しの次にある短いまとめの文章もリード。ペットの犬の引き綱もリード。

   

要するに、何かに先立つ物事を表す言葉だというのは分かるけど、ビジネスやマーケティングの世界での用法は知らなかった。「リード」とは「見込み客」、つまりこれから購買客になってくれそうな人を意味するらしい。実際の購買に先立つ状態。

  

私がこうした「リード」の用法を知ったのは、単なる「スコアリング」(点数化)を検索した時のこと。マーケティング用語集だと、英語表記がなぜか「Lead Scoring」(リード・スコアリング)となってたのに、「リード」の説明がない。だから、自分で調べ直したのだ。

   

   

    ☆       ☆       ☆

そもそものキッカケは、朝日新聞・朝刊(19年6月28日)の経済欄の小さな記事。見出しは、「LINEも利用者点数付け」、「信用度 データもとに算出」。LINEスコアというサービスが6月27日に開始されたとのこと。得点に応じて「特典」があるとか、利用者本人が規約に同意して手順を踏むことで初めて作成されるとか説明された後、最後の段落が引っかかった。

  

 「ヤフーも7月から、サイトの利用者の信用度を点数化する『Yahoo!スコア』を始める。ヤフージャパンIDを持つ約4800万人を対象に、ヤフーショッピングの支払いなどをもとに採点。ただ、設定変更しないと、スコア作成に同意したとみなされる。」

  

私はもともと、amazonの「おすすめ」の類とか、Yahoo!のニュースのパーソナライズ(個人の好みへの適合化)とか好きじゃないのに、今度は勝手に点数化されてしまうという。ハッキリ言って、余計なお世話で失礼な行為だ。私以外にも不満や違和感を持つ人は大勢いるようで、6月初め頃から既にネットのあちこちでニュースや話題になってた。

       

7月から開始というと、もう数日後だから、すぐにYahoo!の該当ページを検索してアクセス。Googleで「Yahoo!スコア」と入力すると、トップに「作成・利用・停止方法」のヘルプページがヒツトした

   

   

     ☆       ☆       ☆

190629a

  

「本人確認」カテゴリーの利用データは、「住所・氏名・電話番号・メールアドレスなどの情報の登録率・・」。自分の基本的な個人情報をきちんと登録してるかどうかなら、別にいいとして、説明の最後の「等」(など)が気になる。

   

実は、住所がどこか、どの地域のどんな建物に住んでるのかも点数化される可能性がある。直ちに差別とまでは言わないけど、かなり微妙な話だろう。情報が外部に流出する可能性も十分あるし、過去に実際、度々流出が起きてるけど、たかが500円程度(0円~2000円ほど)の賠償金しかもらえない。

   

「信用行動」カテゴリーには、知恵袋での活躍度というデータも入ってる。あれが人間の点数化に関わるのか。私はもちろん、0点だ。「消費行動」カテゴリーも、私はヤフーではほとんど買ってなくて、ヤフオクを少し使った程度だから、0点に近いはず。

   

   

     ☆       ☆       ☆

私がヤフーで買い物しないのは、個人情報を色々集めてるのが明らかだから。サイトを見てると、よく自転車のネット広告とか表示されるし、年齢や年代、住んでる地域が書かれた広告も時々ある。

  

それらは他のサイト(ニフティその他)でもあることだけど、Yahoo!の場合、メールの内容(本文、相手など)を本当に収集してないのかどうか、信頼できないのが不安。メールがサーバーかクラウドに保存されてるのだから、密かに何とでも出来るはず。実際、ニフティと比べてヤフーは、メールと関係ある広告が多いのだ。Googleのgmailと比べても多い気もする。

  

190629b 

    

というわけで一応、「Yahoo!スコアの作成・利用」は、初期設定のONからOFFへと変更した。ただ、こんな操作が本当に意味があるのかどうか、自信はない。設定箇所のすぐ下に、「設定が反映されるまで数日かかることがあります」と表示されてるから、少なくとも一旦、7月1日にスコアリングされてしまう恐れがある。もしそうなら、その点数を削除したところで、どこかに情報は残ると見るのが自然だと思う。

  

まあ、これでも今はまだ、マシな世の中なのかも。いずれ、スコアリングを拒否できないどころか、そもそも通知や報道が無くなる可能性は十分ある。「そして誰もいなくなった」。不平や不満を持つ者は。。 それでは今日はこの辺で。。☆彡

   

        (計 1903字)

| | コメント (0)

トランプ米大統領、「日本防衛条約」破棄に言及か(米ブルームバーグ)&プチラン

RUN 6km,29分14秒,平均心拍144

消費エネルギー 310kcal(脂肪55kcal)

   

トランプ米大統領とホワイトハウスのツイッターを確認すると、今のところ何も言及なし。でも「フェイクニュース」と叫んでないから、トゥルース(真実)なのかも。米国の経済系通信社ブルームバーグの報道

   

190625b  

   

 Trump Muses Privately About Ending Postwar Japan Defense Pact

 トランプは個人的に、戦後の日本防衛条約の終了を考えている。

  

 Trump regards the accord as too one-sided because it promises U.S. aid if Japan is ever attacked, but doesn't oblige Japan's military to come to America's defense, the people said.

 

 その人達(関係者)の話によると、トランプはその協定を一方的過ぎるとみなしている。なぜなら、もし日本が攻撃を受ければアメリカが助けると決められているのに、日本の軍隊(自衛隊)がアメリカの防衛に来ることは強いていないからだ。

   

  

     ☆       ☆       ☆

日米安保を「日本防衛条約」と書いてるのは、基本的に正しいだけに、日本人にとって強烈なインパクト。

     

報道が事実なら、あまりにも自然な感想で、周囲や専門家がどう説明しても全く変わらないだろう。「過ぎる」(too)かどうかはともかく、「一方的」(one-sided)なのは事実。それがどう一方的なのかは見方が分かれるけど、米国から見れば、米国が一方的に不利益を被っている、損していると感じても不思議はない。

     

さて、これに対して日本の5大新聞HPはどう伝えてるか。第一報は次の通り(五十音順)。

 

朝日新聞 「トランプ氏、日米安保破棄に言及か 私的会話で 米報道」

産経新聞 「河野外相『米政府が否定』 トランプ大統領の『日米安保破棄』報道」

日経新聞 「トランプ氏、日米安保見直し言及 高官『可能性低い』」

毎日新聞 「トランプ氏日米同盟破棄言及か 『一方的だ』米報道 日米両政府否定」

読売新聞 「トランプ氏、日米安保破棄の可能性漏らす・・・米通信社報道」

  

   

     ☆       ☆       ☆

左右の代表、朝日と読売はそのまま報道してるのに対して、他の3紙は否定的な言葉を入れて報道。朝日は数時間にわたってサイトのトップに上げてたし、別記事でも詳しく報道。一番扱いが大きい。ちなみにブルームバーグ日本版の見出しは、「トランプ大統領、日米安保破棄の考え側近に漏らしていた ─ 関係者」。

     

もちろん、そう簡単に安保が破棄されるはずはない(と思いたい)が、トランプは時々、予測不可能な言動を見せるから、この後、自分でも不満を公表するくらいのことはあるかも知れない。

   

最近は、保守はもちろん、リベラル寄りの論者でも日本独自の防衛強化に言及することがある。戦後70年以上、金と土地を提供する代わりに米軍の防衛を受けて来た日本。「想定外」は天災だけじゃないということを、そろそろ本気で考えておくべきだろう。「核の傘」が無くなった時、近隣諸国がどう出て来るのかを。。

    

   

      ☆       ☆       ☆

一方、単なる小市民は、1日休んで今日は14kmくらい走るつもりだったのに、また僅か6kmしか走れなくなってしまった。出張を終えて、ドラマレビューを1本書いて、ちょっと気が緩んでしまったか。気温が高くて、あんまし走る気がしないのも事実。

   

それでも一応スタスタ、ハーハー走って来て、汗もビッショリ。トータルでは1km4分52秒ペース。意外と早いね。短すぎるけど♪ 気温22度、湿度90%、風速1.5m。心拍計は最初の9分近く動かなかったから、補正した。

   

あっ!、心拍データの送信が直ってる! 超うれしい♪ 時間かかるけど(笑)。ではまた。。☆彡   

   

190625a 

   

     時間  平均心拍  最大

往路(1.2 km) 6分21秒 121 137

LAP 1(2.2) 10分32秒 144 153

復路(2.6) 12分22秒 153 162

計 6km 29分14秒 144(80%) 162(90%)

   

        (計 1672字)

| | コメント (0)

無人24時間の古本屋「BOOK ROAD」、東京で6年弱営業

たまに田舎の道端で、無人の野菜販売所みたいなものを見かける

ことがある。単に野菜と料金カゴを置いただけのものとか、ごく

簡素な作りの小屋みたいな店舗とか。

 

私自身が使ったことはないが、一緒に旅行してた人間が買ったこと

なら2回くらいあった。ほのぼのしてるのにインパクトもある光景だ。

当然、他人事ながら、盗まれないのか?と心配になる。

 

まあ田舎の農村なら、そのリスクは低くて、メリットの方が大きいのか

・・とか想像してたら何と、東京で無人の古本屋があるという話を

ITmediaで読んだ。三鷹駅から徒歩15分、BOOK ROAD

(ブック・ロード)。「本」が行き交う「道」という意味か。案外、名作

マンガ『ホットロード』のファンとか♪

 

「24時間営業・・2013年4月にオープンして、黒字を確保」?

実に面白い! どうして可能なのか、さっぱり分からない(by

ガリレオ♪)。仮に話半分としても、長く続けてるだけで十分、

斬新かつ大胆なチャレンジだ。

 

ハッキリ言って、500冊の在庫なら、私1人でも簡単に用意して

補充も数回できてしまう(笑)。貸倉庫に保管したままのものも含め、

大量の本が文字通りの「重荷」になってる私にとって、興味津々。

しかし、一晩で全部盗まれておしまいのような気もする。。(^^ゞ

 

 

     ☆       ☆       ☆

190110a

 

上はオーナー・中西功氏のものらしき公式twitterトップ。

かなり小さいガラス張りの店が、住宅街の区画の角にあるように

見える。ただ、ITmediaの記事では「商店街」と書いてた。

本棚の前、向かって左側に、料金支払い用ガチャガチャ(カプセル

トイの自動販売機)が見える。上下2台。

 

190110b

 

上はFacebookのトップ写真。右上の「本の買い方」

によると、

 

 1 本をえらんでシールの色を見る

   (何色がいくらか書いてないけど、300円、500円、

    800円、1000円らしい)

 

 2 ガチャにお金を入れる

   (上のガチャ1回で300円、下のガチャ1回で500円)

 

 3 ガチャ玉の中のふくろに本を入れる

   (青と黄のビニール袋らしいけど、300円+500円

    =800円の時はどうするのか不明)

 

 4 おうちへかえる

   (お金を払ったことをビニール袋でアピールしつつ♪)

 

 

     ☆       ☆       ☆

家賃は書いてないけど、駅から遠いし安そうに見える(失礼♪)。

LEDをつけているだけなので光熱費は月450円。

 

という事は、監視カメラは設置してないようだ。非公表なのかも

知れないけど、「街の目」が無料の監視カメラになってるわけか。

セコムとか警備システムも契約してなさそう。

 

本の仕入れ先は、自分が読んだ本と、お客さんの善意♪ 店に

箱があって、要らない本を入れてもらってるらしい。割合までは

書かれてないけど、普通の古本屋に持って行ってもほとんどお金

にならないことが多いから、ある程度の無料仕入れはできそうだ。

 

ガチャの販売機のお金は狙われないのかと思ったけど、頑丈な

作りで壁にくっつけてるのかな。まあ、そもそも、それをいうなら

自動販売機全体にリスクがある。日本社会の安全性が大前提。

そして何より、人々の善意。より正確には、「善意の人々」♪

 

 

     ☆       ☆       ☆

その点で上手いなと思ったのは、来店者の人数と人柄を限定

するための配慮。

 

駅から遠くで、店の前にクリーニング店があって、地元の人しか

歩いてないような場所。おまけに看板も掲げてない。

 

しかし、ITmediaの直前にはFridayの取材もあった

らしいから、既に十分なアピールになってしまったかも。泥棒が

集まらないことを祈るとしよう。

 

実際、昨日(19年1月9日)の朝日新聞・夕刊には、福島県

大熊町の帰還困難区域にあるお店が荒らされてる惨状が報告

されてた。まあ、菓子店だから、ネズミ、キツネ、タヌキ、イノシシ

の類が多いのかも知れないけど。。

 

とにかく、私も自分の大量の本を早く処分しないとマズイ (^^ゞ

やっぱり第一候補はネットの古本屋への販売かと思いつつ、

ではまた明日。。☆彡

 

           (計 1614字)

| | コメント (0)

中国マラソン(馬拉松)女子選手、国旗騒動&心臓・ふくらはぎ痛リハビリジョグ

JOG 10km,55分12秒,平均心拍 141

消費エネルギー 532kcal (脂肪 122kcal

 

先日の日テレ『イッテQ』騒動の際にも、他局は「他山の石」とすべき

だとか言われてた。「他人や他所の良くない物事」でも、自分たちを

高める際の参考にはなるし、そうしようという意味。石で玉を磨く?

痛そうだけど♪ コラコラ!

 

この言葉、語感や漢字のつながりが好きで、内心よくつぶやいてる。

まあ、私自身が「他山の石」とされてるかも知れないけど(笑)。

 

今回の中国の女子マラソン騒動は、日本だと、まず論争にならない

はず。ゴール直前、全力で優勝争いのデッドヒートをしてる選手に

ボランティアが無理やり大きな国旗を手渡すなんて、ルール違反

とか言う前に、常識知らずだろう。

 

ただ、例えば2年後の東京五輪で万が一(失礼♪)、日本人選手が

同様の立場になった時、うっかり誰かが国旗を渡して、金メダルの

邪魔をしてしまうかも。その意味で、他山の石にはなるニュースだ。

・・といいつつ、個人的には中国語解読が一番面白かったけど。

 

 

     ☆       ☆       ☆

さて、11月18日に江蘇省蘇州(太湖)で開催されたマラソンに

ついて、最も詳しく報じてるのは「レコードチャイナ」だろう

 

181121b

 

流石は中国専門メディア。立て続けに4本も記事をアップ、スポーツ

ランキングの上位を占めてる。リンクしてる動画(YouTube、出典

は中国国営テレビ・CCTV)もキレイで、時間もわりと長い。

 

181121c

 

まず1人目の国旗攻撃。ピンクのシャツと帽子が可愛い何引麗

(ハー・インリー)選手がスルーすると、女性ボランティアが走って

追いかける(笑)。体育会系女子みたいで、かなり速くて持久力も

十分♪ っていうか、誰か制止しろよ!って感じ。

 

181121d

 

ここでテレビの女性アナウンサー(?)も笑ってた。男性解説者が、

「優勝争いは3人になりました♪」とかジョークを飛ばしたのかも。

BGMもホンワカしてて、論争とか非難とか全く感じない雰囲気。

 

181121e

 

無理やり国旗を渡された選手が手放しても、別に国営放送が非難

してる感じはない。って言うか、まだ後ろにボランティアがついて

来てるのが凄い♪ 1km3分半(!)くらいのペース。

 

181121f

 

選手は後で、「投げ捨てたのではなく、落としてしまった」と釈明&

謝罪したようだけど、映像で見るかぎり、自然に手放した感じだ。

突然のアクシデントに対して、最善の対応だと思う。

 

フルマラソン女子部門全程馬拉松女子組)は、1位、ケニア選手、

2時間30分25秒。2位の何選手も5秒遅れだから、トップクラス

と言っていい走力。

 

 

     ☆       ☆       ☆

中国でも、落ち着いた良識的反応が多いという話で、人民日報も

正論を書いてる。ただ、これが自国開催のオリンピックだったら、

もっとヒートアップしてたかも。数十年に1回あるかないかの国威発揚

の舞台だから。

 

で、肝心の中国語レッスン♪ 代表的メディアの1つ、環球時報の

見出しはこうなってた。簡体字で、「馬拉松」(マラソン)の「馬」が

読みにくい。ただ、やっぱりある程度分かるところが、いいね。

 

181121g

 

これをGoogle翻訳で日本語に訳すと、かなり変な文章になる

けど、英訳なら分かりやすい。ちなみにボランティアの原文は単数。

常識的に複数形に訳したのかな。実際、中心人物は2人だけど。

 

181121h

 

(蘇州マラソン、中国選手はボランティア達のせいで負けてしまった。

組織委員会のコメント。)

 

ただ、この英訳はなぜか肝心の国旗の話を飛ばしたものになってる

(意図的プログラミングか)。「?」の直前の6文字だけ英訳すると、

よく分かった。

 

handing the national flag

to lose the crown

(国旗の手渡しによって栄冠を失った)

 

最初からこう訳せばいいのに。まあ、選手の名誉は問題なさそう

だけど、逆にボランティア女性の炎上が心配になる。その点は、

これ以上追及しないことにしよう。見事な走りだったし(笑)。

ともあれ、「もって他山の石とせよ」。。

 

 

     ☆       ☆       ☆

最後に、単なる日本人市民ランナーのジョギングについても一言♪

日曜の朝ラン25kmのダメージが大きくて、身体が冷えた夜から

左ふくらはぎに激痛発生。心臓もまだおかしいから、2日休んで、

今朝は短いジョグだけ試してみた。ゆっくり走るのは9月以来♪

 

トータルでは1km5分31秒ペース。走ってる間はそれほど痛く

なかったけど、スピードは出せないし、実は右膝も軽く痛めてること

が判明。これはしばらく、リハビリになりそう。

 

気温14度、湿度55%、風速1m。夜中は寒かったのに、日差し

と共に急激に暖かくなった。ではまた明日。。☆彡

 

 

181121a

 

        時間  平均心拍 最大

往路(1.2km)   7分11秒 121 133

LAP1(2.2km)  12分44秒 133 142

  2      12分08秒 142 150

  3      11分49秒 146 154

復路(2.2km) 11分21秒 154 164

計10km 55分12秒 心拍平均141(78%) 最大164(91%)

 

       (計 2018字)

| | コメント (0)

日本株のバブル復活はとりあえず失敗、米国株は巨大バブルの頂上付近か・・

株、債券、為替、金、原油、不動産、仮想通貨・・・etc。どんな

商品でも、買う人が増えれば価格は上昇。売る人が増えれば

価格は下落。これが経済の基本、自由な取引の原則だ。

 

正確には、買う人というより買う量。売る人というより売る量だが、

細かい言葉使いは重要ではない。また為替や原油、仮想通貨など、

広い意味で政治的に左右される変則的部分もあるけど、基本を

大きく崩すほどではない。

 

株式は本来、企業の経営状況を反映すべきものだろうが、実際は

そこからかなり外れてる。理由は色々あるが、特に急成長してる

ものに人は飛びつく。その人の動きを予測するAI・コンピューター

の取引は、さらに速く飛びつく。価格は当然、急上昇。

 

理論的・原理的には限界はないが、その時々で現実的な限界は

ある。過去の大きな変化をチャート(=グラフ)で見ると、しばらく

上昇した後、それと同等か、より急激な勢いで下落。このパターン

が多い。米国株が典型だし、バブル崩壊前の日本株もそうだった。。

 

 

     ☆       ☆       ☆

さて、今日(2018年10月11日)は、株の大幅な下落が

話題になってる。

 

正確に言うと、現地時間で前日(10月10日)の米国株の大幅

下落につられて、今日の日本株も下がってるわけだ。下はお昼の

日経新聞HPのトップ。株のネガティブ情報が3つ並んでる。

 

181011a

 

上のニュースの内、ある意味、最も意外なのは3つ目のシステム

トラブル。ただ、最もインパクトがあるのは2つ目だろう。“「米一人

勝ち」終幕か”。

 

米国は常に世界で叩かれて来たが、相対的な優位性は変わって

ない。そこに大きな揺れがあると、世界的影響も大きくなる。大口の

投資家は世界中に分散投資してるから、中心となる米国への投資

で余裕が無くなると、他の国への投資でも余裕が無くなるわけだ。

というより、今ではプログラミング的に自動で連動することになる。

 

 

     ☆       ☆       ☆

では、実際に米国と日本の動きをチャートで見てみよう。まず米国。

以下すべて、英語のYahoo!Financeより。

 

181011b

 

上が過去1年のダウ平均株価の推移。ここ1週間とか、短期で

見るとかなり右下がりだが、1年で見るとそれほどの下げでは

ない。むしろ、全体的には緩やかな右上がり継続にも見える。

強気派の根拠の一つだろう。

 

181011c

 

実際、過去33年の長期チャートを見ると、壮大な強気相場の

持続なのだ。途中、2001年のITバブル崩壊&同時多発テロや

2008~09年のリーマンショックで急落したものの、常に「倍返し」

とか「3倍返し」で右上がりを維持。

 

こう見ると、とりあえず10年くらいの視野なら、山の頂点付近と

考えるのは自然だろう。問題は、頂点の手前か、通り過ぎた後か。

ハッキリ分かるのはいつも、完全に通り過ぎてしまった後なのだ。

 

 

     ☆       ☆       ☆

一方、日本株については、1年で見るか30年で見るかで大幅に

印象が違って来る。

 

181011d

 

1年で見ると、米国の動きと似てるものの、少し平たく滑らかに

した動きになってる。米国と日本は同じではないし、ここ数年の

日本の場合、日銀が強力に下支えしてるから、上下方向の

トレンド(方向性)が曖昧になってる。

 

ここ半年、日経平均株価で22000円台辺りを上下し続けた後、

ようやく上に抜けて年末高に向かったと思った途端、逆戻りした

のが現在。要するに、夏までのもみ合い状況に戻っただけで、

特に大騒ぎするほどの下げでもない。

 

 

     ☆       ☆       ☆  

181011e

 

過去30年の長期チャートを見ると、米国との違いはさらに明白。

日本の場合、1989年末に38900円台まで急上昇。

翌年から、「失われた20年」とか30年という長期低迷に入って、

ようやく抜け出した感じに見えるのが今だ。

 

冷めた見方をするなら、日本は今、「失われた30年」の流れに

戻る可能性が出て来た程度で、そもそも米国ほどの壮大な山登り

は生じてない。むしろ、米国株の投資の方が怖いだろう。

 

急落の理由とか原因は、いつも後になって初めて指摘されるもの。

その前には、「何か」分からないものがもたらす巨大なリスクに

漠然とおびえるだけだから。。   

 

 

     ☆       ☆       ☆

というわけで、特に今後の米国の様子は注視に値する。日本の

場合、日銀の強力なサポートに加えて、2020年東京五輪が

大きな支えになってるから、たとえ暴落しても、たかがトランプ

大統領の登場以前に戻る程度のはず。

 

つまり、最悪でも日経平均で16000円前後。今から3割程度の

下げがここ1年の想定シナリオの下限で、その確率はまだ非常に

低いし、仮に起きても短期間でリバウンドするはず。少なくとも、

今現在の冷静な大局的判断では。

 

ちなみに日経新聞の社内というか、報道の中でも、ここ数ヶ月は

強気と弱気が混在してた。日経平均が21000円を切るまでは

いい勝負が続くはず。20000円を切れば弱気派の勝ち、逆に

24000円を超えれば強気派の勝ちだ。短期的には。

 

それではまた明日。。☆彡

 

         (計 1997字)

| | コメント (0)

米朝首脳会談中止、トランプから金正恩への手紙全文の英文和訳&14km走

(24日) RUN 14km,1時間12分58秒,平均心拍 152

   消費エネルギー  796kcal (脂肪 127kcal)

 

中止とかフェイントをかけた後、急にまた開催とか言い出しそうな

気もするけど、とりあえず手紙を出したのは本当らしい。どうやって

届けるのか知らないけど、流石にツイートではないと思う♪

 

トランプ米大統領から金正恩・北朝鮮労働党委員長へのメッセージ

は、かなり分かりやすい英語で書かれてたし、文脈も簡単だった。

お互い、また以前の過激発言に戻りつつあるけど、半歩か一歩、

わずかに接近したのは確かだろう。

 

さて、これでまた日本にミサイルが飛んで来るのか・・とか思い

つつ、原文の全てを日本語に訳してみよう。手紙の画像はトランプ

ツイッターより。今ごろ、お互いに激怒してるところか。。

 

180525b

 

 

     ☆       ☆       ☆

   THE WHITE HOUSE

   WASHINGTON

   May 24, 2018

   ホワイトハウス

   ワシントン

   2018年5月24日

 

 His Excellency

 Kim Jong Un

 Chairman of the State Affairs Commission

  of the Democratic People's Republic of Korea

 Pyongyang

 Dear Mr. Chairman:

 

 金正恩閣下

 朝鮮民主主義人民共和国 国務委員会委員長

 平壌

 親愛なる委員長へ

 

 We greatly appreciate your time, patience, 

 and effort with respect to our recent 

 negociations and discussions relative to a 

 summit long sought by both parties, which 

 was scheduled to take place on June 12 

 in Singapore.

 

 6月12日に予定されていた、双方にとって待望の首脳会談に

 関する我々の最近の交渉と議論において、あなたが捧げて

 くれた時間と忍耐と努力に深く感謝します。

 

 (注. 朝日新聞は「with respect to」を「敬意を

    もって」と訳してるが、weblioの例文でそういった

    用例は見当たらない。(ほぼ)すべて「関して」の意。)

 

 We were informed that the meeting was

 requested by North Korea, but that to us

 is totally irrelevant.

 我々は、北朝鮮が会談を求めていると知らされていましたが、

 そんな事は我々にとって全く関係ありません。

 

 I was very much looking forward to being

 there with you.

 私の方でも、あなたとそこでご一緒できるのを非常に楽しみに

 していたのですから。

 

 

     ☆       ☆       ☆

 Sadly, based on the tremendous anger and open

 hostility displayed in your most recent

 statement, I feel it is inappropriate, at this

 moment, to have this long-planned meeting.

 

 残念ながら、直近のあなたの声明に示されていた凄まじい怒りと

 あからさまな敵意を考えて、私は当面、この長期にわたって計画

 されていた会談を行うのが適切でないと感じています。

 

 Therefore, please let this letter serve to

 represent that the Singapore summit,

 for the good of both parties, but to the

 detriment of the world, will not take place.

 ですから、どうかこの手紙で伝えさせてください。世界にとっては

 損失ですが、双方のため、シンガポール会談は開催しないことを。

 

 You talk about your nuclear capabilities,

 but ours are so massive and powerful

 that I pray to God they will never have

 to be used.

 

 あなたは自らの核の能力について語っていますが、我々のものは

 非常に巨大かつ強力なので、それが使われなければならない日が

 決して来ないことを神に祈ります。

 

 I felt a wonderful dialogue was building up

 between you and me, and ultimately, it

 is only that dialogue that matters.

 私は、あなたとの間で素晴らしい対話を築き上げたと感じましたし、

 結局のところ、重要なのはその対話だけなのです。

 

 Some day, I look very much forward to

 meeting you.

 いつの日か、あなたにお会いできるのを非常に楽しみにしています。

 

 In the meantime, I want to thank you for

 the release of the hostages who are now

 home with thire families.

 その時まで、私はあなたに人質の解放を感謝しています。彼らは

 今、家族と一緒です。

 

 That was a beautiful gesture and was

 very much appreciated.

 それは美しい振舞いでしたので、とても感謝しました。

 

 

     ☆       ☆       ☆

 If you change your mind having to do

 with this most important summit, please

 do not hesitate to call me or write.

 もし考えが変わって、この最も重要な会談を行いたいということ

 でしたら、どうぞためらわずに私に電話するか手紙をください。

 

 The world, and North Korea in particular,

 has lost a great opportunity for lasting

 peace and great prosperity and wealth.

 世界は、そして特に北朝鮮は、恒久平和と大いなる繁栄と

 豊かさを得る絶好の機会を失いました。

 

 This missed opportunity is a truly sad

 moment in history.

 今回の機会の喪失は、歴史において本当に悲しい瞬間です。

 

 Sincerely yours.

 Donald J. Trump

 President of the United States of America

 敬具

 ドナルド・J・トランプ

 アメリカ合衆国大統領

 

 

     ☆       ☆       ☆

フーッ・・、疲れた (^^ゞ いつもの事ながら、英文を読んで理解する

ことと、英文和訳を入力することとは大違い。入力は超面倒なのだ。

まあ、たまにはキーボード操作の練習ってことで♪

 

もう、走りについては一言のみ。昨日はまたサボリそうになりつつ、

14kmだけ頑張って走って来た。月末が接近して来たし、今夜に

先延ばしすると、もっと暑そうだから。

 

といっても、昨日も気温19度、湿度90%、風速1mで、かなり

蒸し暑く感じた。たかが1時間ちょっとでウェアが汗ビッショリ!

トータルでは1km5分13秒ペースで、何とか「RUN」と書ける

範囲に収めた♪

 

しかし、心拍は高いし、何でこんなにしんどいのかね? サボリ過ぎ

だからか(笑)・・とか当たり前のことを考えつつ、ではまた明日 ☆彡

 

 

180525a

 

往路(約 2.4 km)  13分06秒 138 148

LAP1(約 2.1 km) 11分18秒 148 154

  2      11分05秒 152 159

  3      10分58秒 157 160

  4      11分04秒 159 163

復路(約 3 km) 15分28秒 158 168

計14km 1時間12分58秒 心拍平均152(84%) 最大168(93%)

 

             (計 3114字)

| | コメント (0)

暴露本と火事、トランプ大統領の「炎と怒り」&休養ジョグ

(7日) JOG 18km,1時間43分31秒,平均心拍 142

   消費エネルギー  1009kcal (脂肪 232kcal)

 

トランプ批判の内幕本『炎と怒り』(Fire and Fury)が出版

された数日後に、トランプ・タワーで炎。。

 

偶然にしては出来すぎだけど、放火だと怖い。下は英国メディア、

インディペンデントHPより。当然、「fire」(炎)を見出しに使うことに

なる。ご丁寧に、ファイアーを連発してるほど。「fire:Fire」。

直後の「fighter」(ファイター)は韻を踏んでるわけか。

 

180109c

 

以前ほどの力は無くなったといっても、米国はまだまだ世界一の国。

そのトップに立つ大統領の自宅をもし狙ったのなら、影響は東アジア

に及ぶ可能性もある。

 

トランプは当然、「怒り」の「炎」に包まれてるだろうから、冷静な判断

や交渉が難しくなるはず。そうなると日本にも炎が及ぶ恐れが増して

来る。。

 

 

      ☆        ☆        ☆

180109b

 

で、その暴露本、あるいは「フェイク・ブック」の中身。米国アマゾン

だと早くも1000以上のレビューが付いてるのに、日本のアマゾン

だと1つだけ (^^ゞ この辺りが何とも淋しい所だね。折角、「なか見」

をそこそこ公開してくれてるのに。マイケル・ウルフ著。

 

180109d

 

 He wasn’t going to win!

 彼は勝つつもりじゃなかった。

 

 Or losing was winning.

 あるいは、負けることこそ勝利だったのだ。

 

180109e

 

 上の英文は、簡単に要約すると、

 “開票日の夜、期待してなかったのに本当に勝つ流れが

  確実になった時、・・・トランプは幽霊でも見たような感じ

  だった。メラニアは泣いていた──喜びの涙ではなく。”

 

選挙の開票日を描くこの章、反トランプ派にとっては面白いだろう。

やっぱりこの大統領は最初からフェイク(偽物)だと納得できるから。

ただ、描写の裏付けは弱そうだし、普通ならほぼ無視する所なのに、

真正面から言い返すのがトランプらしい。

 

激怒するのは当然として、机の上かどこかの「ボタン」をうっかり

押さないようにして欲しいもの。反撃のミサイルが、沖縄と首都圏に

向かうだろうし。。

 

 

      ☆        ☆        ☆

まあ、そんな物騒なことを書きつつ、実は日本はまだお正月モード

だったのだ。でも、8日の成人の日で遂に終了。また1年、ヨロヨロと

頑張るしかない。

 

最後の8日は雑用に追われそうだから、ちょっと無理して7日に休養

ジョグをこなしてみた。5日の失速25kmでかなり疲れが溜まってた

から、心拍は145前後を厳守。流石に心肺は楽だったけど、やっぱり

脚が疲れてるようで、後半はちょっとダルかった。

 

トータルでは1km5分45秒ペース。気温7度、湿度45%、風速

1mで、ジョギングにはぴったしの条件だった。調べてみると、ジョグ

というのは3週間ぶりのこと。最近はずっと「ラン」が続いてた。

 

今現在、まだかなり脚がダルイから、次も休養ジョグにしとこうかな。

ではまた明日。。☆彡

 

 

180109a

 

          時間  平均心拍  最大

往路(約2.4km)  14分15秒 130 142

LAP1(約2.1km) 12分25秒 139 144

  2        12分34秒 141 145

  3        12分26秒 142 147

  4        12分19秒 145 150

  5        12分15秒 145 149

  6        12分05秒 147 152

復路(約2.8km) 15分13秒 148 158

計18km 1時間43分31秒 心拍平均142(79%) 最大158(88%)

 

              (計 1415字)

| | コメント (0)

平成最後はバブル再来(みずほ総研「とんでも予想2018」)&『ねこねこ55』♪

昨日の夜、年末で色々とバタバタ追われる中、珍しくEテレをチラ見

してたら、とんでもない近未来予想の後、ネコがまったりと登場♪

番組の急変自体がシンギュラリティ(特異点)になってて、巧みな

番組構成だなと感心した。

 

英語インタビューで、AIと人間が融合するというより、AIに人間が

吸収されるような見通しを流した後、新聞のテレビ欄にさえ載って

ない番組がいきなり登場。さすがはネコ、気まぐれで、いいね♪ 

 

171230f

 

この秋に、『0655』と『2355』という番組から独立(スピンアウト)

したらしい新番組、『ねこねこ55』(ゴーゴー)。昨日の放送時間は

10分間。

 

「ねこあるあるある」のコーナーは、炊飯器やカーテンレールに登る

猫の映像。「猫は見ていた」は、家政婦の代わりに世の中を観察

する猫。「平井さんと猫」は、お天気キャスター・平井信行(?)が

使う指示棒に反応してしまう、テレビ画面の前の猫(笑)。

 

私は別に猫好きではないけど、思わずカワイイと思ってしまった。

ちなみに、猫みたいな女性なら前から好きだけど、私との相性は

イマイチらしい。犬系の方が合うのだ。聞いてない? あっ、そう♪

 

 

     ☆        ☆        ☆

で、その後はテレビを消して、PCの作業をしながらネットをちら見

してたら、みずほ総合研究所の「とんでも予想」なんてものが目に

入って来た。確率は低いけど起きたら重要度が高い出来事の予測。

 

171230c

 

自分で「とんでも」と書くくらいだからハズレが多いのは当然として、

2017年の予想の2番は当たってる。米国のダウ平均株価は上昇

し続けて、「23000ドル台」どころか25000ドルに接近。北朝鮮

とかトランプ・ショックとか無視して、ひたすら史上最高値を更新中。

 

 

      ☆        ☆        ☆

171230b

 

で、本来地味なはずのみずほ総研の、来年(2018年)のとんでも

予想を見ると、8番・9番で「日経平均3万円」、「ダウ平均3万ドル」、

「ビットコイン3万ドル」のトリプル3万。

 

おまけに「六本木のジュリアナ東京が復活」とまで書いてる。バブル

崩壊直後くらいの伝説的ディスコで、20世紀末だから文字通り、

世紀末のシンボル。

 

要するに、チーフエコノミストの高田創がボディコン好きということ

だろう(笑)。「ワンレン」(長さを揃えた長髪・・死語♪)やお立ち台

にウットリしながら、一流金融会社の名刺を誇示。ピンク・シャンパン

を飲んだ世代。イーグルスの古典的名曲『ホテル・カリフォルニア』

の歌詞か!(古っ・・)。

 

 

     ☆        ☆        ☆

「ビットコインは一時3万ドル(330万円)を突破・・・クラッシュ」

という予想は、ここ半年の凄まじい上昇を見れば十分あり得ること

だろう。下はビットフライヤーのチャート(推移グラフ)。まだ、バブル

が破裂した形にはなってない。

 

171230a

 

ちなみにバブル破裂の形というのは、日経平均株価のチャートを

見るとよく分かる。89年の鋭い頂点の後は真っ逆さまに急降下、

日本だけが「失われた30年」となったわけだ。米国は右上がりの

ままなのに。米国Yahoo! Financeより

 

171230d

 

ただ、上のグラフを見ると、今回の株価上昇はもうしばらく続くと

考える方が自然だろう。実際、1ヶ月前にも、マネックス証券が

3万円という目標株価を示して話題になった。

 

ここの社長は、15歳も年下のテレビ東京の美人アナ・大江麻理子を

射止めたから、株価予想の的中くらい簡単だ♪ そうゆう理由か!

いや、金の論理はシビア、女の判断は現実的なのだ(笑)

 

 

      ☆        ☆        ☆

興味深いことに、今年のNHK紅白歌合戦にはキレキレの女子高生

バブリーダンスも登場するとのこと。登美丘高校の画像は、朝日・

withnewsより

 

171230e

 

まあ、スカートの丈が長いし、ヒールの高さが控えめな辺りに限界

も感じるけど、平成最後のバブル再来の象徴の一つになるかも。

 

もちろん、株価上昇もバブルも無関係な小市民は、『ねこねこ』

みたいにまったりと、お祭り騒ぎを眺めるわけだ。

 

バブルとか特異点なんていう妙な出来事、不思議な考えは、人間

や科学の世界にしかない。ネコも犬も、普通にのんびり暮らすだけ

だろう。エサと家さえ確保できれば。。

 

 This could be Heaven

 or this could be Hell

 これは天国だろうか、それとも地獄だろうか

  (作詞 ドン・ヘンリー、グレン・フライ、ドン・フェルダー)

 

哀愁ただよう、甘くノスタルジックなメロディーを脳裏に浮かべつつ、

それでは今日はこの辺で。。☆彡

 

                  (計 1851字)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧