ZOZO前澤友作氏、YoutubeでVlog(ブイログ)、1500億円の記帳♪

私があんまし動画を見ないせいか、Vlog(Video Blog=ヴィデオ・ブログ、ブイログ)という言葉は初めて知った。意味はすぐ想像できたけど、自分のブログ内で検索しても、一度も書いてないらしい。

    

191130m

  

ソニーの記事を見ると、20代でのVlogの認知率は40%超。ジャストシステムがネットリサーチ「Fastask」を利用して実施したアンケート調査(19年6月度)より。

   

17歳~69歳の男女1100名の回答だけど、ネットでモニターだけ対象にした調査だから、全国の統計調査としての信頼性は微妙なところ。

    

まあでも、40代以上の年齢層でさえ20%くらいは知ってるそうで、平成ブロガーとしても当然、頭に入れとこう。数年遅れだけど♪

   

   

    ☆     ☆     ☆

ユーチューバーの動画もほとんど見ない私がつい釣られて見てしまったのは、あのZOZO前社長&剛力彩芽・元カレの前澤友作氏。

   

好き嫌いの分かれる人だけど、私は「ホントに変わった人だな・・」って感じで面白がってる♪ 型破りとは、こうゆう人物を指す言葉だろう。買った側のソフトバンク・孫正義も型破りで、フツーの物差しが通用しない。

      

191130n

   

あまり指摘されてないけど、彼はまだZOZOの保有株式を半分ちょっと(全株式の19%ほど)売却しただけだ。それで約1500億円だから、残り(17%)も売ると、さらに1300億円ほど手に入る計算。上はFNN PRIMEのニュース

   

で、今回の動画(初投稿)は、神谷町のみずほ銀行ATMで1500億円の入金その他を記帳する様子。自分自身で見る確率は完全にゼロだから(笑)、超富裕層に見せて頂くしかない♪

   

   

    ☆     ☆     ☆

191130a

  

“VLOG ♯01「1000億円記帳してみた」”。これはハッシュタグの記号かシャープか、分かりにくい(細かっ・・)。イニシャルのMのロゴは、アラビア文字に見える。カメラマン兼インタビュアーが1人付き添ってるのか、あるいは2人かも。

   

191130b

   

投稿の翌朝の時点で18万回というのは、多いのかどうかビミョーだけど、いいねの割合の高さが目立ってる。4800vs700だから、今のところ大差で支持されてて、コメントを読んでも意外なほど好意的だった。まあ、否定的コメントを削除してるのかどうかは不明。彼だと、今さらもう気にしないんじゃないかな。

   

191130c

   

1500億円、手に入れた直後に、借金500億円を返却したと語ると、縦のテロップで「えらい」♪ ちなみにテロップの入れ方は、業者の担当か誰かに任せてるようで、本人は画面の下に横向きに出ると思ってたようだった。

   

191130d

   

時々、右手でボタン操作して、運転手と会話するんだけど、テロップは「このシステムいる?」(笑)。ちゃんと突っ込んでくれてる♪ まあでも、寝てることも多いだろうし、ラブラブのこともあるはずだから、隔離された運転席との通信手段は必要だろう。

   

このひじ掛けを外して右隣りの剛力と・・とか想像すると、ちょっと興奮するかも♡ シートベルト外して警官に注意されるとか(笑)。後部座席の場合、一般道路だと違反点数も反則金もないけど、口頭注意の対象とされてる。私もバスなら色々やってる♪ 何?!

   

  

     ☆     ☆     ☆

191130e

  

時々、テレビの放送終了画面みたいなものが一瞬入るのは、ユーチューブ業界の切り替えのお約束なのかね? まあ、デザイン的にもカラフルで適度に凝ってて、いいと思う。ありそうで無い、色の組合せ方だろう。

   

191130f

  

「ウキウキなMZ」♪ ホント、ウキーッて感じの仕草や表情がちょっと可愛い(笑)。ビジネス界の超有名人でこんな幼い表情は珍しいね。顔立ちと眉毛の下がり方もポイントか。

  

191130g

  

ちゃんと運転手がドアを開けてるように見えるけど、実は前澤が内側から手で開けてた。タクシーやハイヤーではないと♪

  

191130h

  

画面右下にはきちんと小さく、「許可を得て撮影しています」のテロップ。許可が無かったら怒られるのかね? 監視カメラを逆に撮影してツイッターで動画公開するとか、誰かやってそう。

   

   

     ☆     ☆     ☆

191130i

  

操作は大丈夫ですか?とか聞かれたから、振り向いて笑ってた。「ナメすぎ」♪ ところが直後、通帳を入れ直してくださいと機械がアナウンス。OKI(オキ)電気か。勤めてる知り合いは、「あぁ、秋葉原の電気店ね」とかイジられるとボヤいてた(笑)。ちなみにOKIの連結純資産は1000億円で、前澤の銀行残高とほぼ同じ。

 

191130j2

   

ティッシュペーパーで取引先とか隠した後、見せた金額は、借金返済後の「103051206274」。1030億5120万6274円。100億円(11ケタ)以上になると、3ケタずつ数字を区切るコンマが消えるらしい。

  

理由を数学的に考えると、桁数表示の最大13ケタ(1兆の位)。もし100億円にコンマを入れると、11ケタ+コンマ3ケタ分で14ケタになってしまう。だから、ギリギリでコンマが入るのは10億円の位までなのだ。上図の左側、59億円の謎の出費を見れば確認可能。

       

191130k

   

1500億円の入金が11月22日だったのかどうかは不明。というのも、22日の所は1020億円の入金となってたから。これは借金と相殺した後の金額だろう。ティッシュで隠してない部分は、後で作成者がボカシを入れてる。細かい配慮だね。私も似たような操作で個人情報保護を心掛けてる。一部を「切り取り」したり、不可逆な「縮小」で見えなくしたり。

   

   

    ☆     ☆     ☆

今後は、通帳記入できない10兆円を目指すとか自分で言った後、ムリか♪とか突っ込んで笑ってた。まあでも、よく分からない世界で型破りの男だから、あり得ないとも言いにくい。

  

単なる小市民としては、年末の宝くじで1万円当選をめざすとしようか(笑)。それでは今日はこの辺で。。☆彡

   

      (計 2308字)

| | コメント (0)

「Black Friday」(ブラック・フライデー)、英語版ウィキペディアの語源説明

amazon(アマゾン)の日本初開催が派手に宣伝されてると思ってたら、メールでも別の会社から宣伝が来たし、今日は新聞のチラシでもイオンが黒い広告を出してた♪ ハロウィーンのオレンジ色に続いて、ブラック・フライデーの黒色まで日本に定着しそうな勢い。下はイオンのブラック・パンダ(笑)

   

191122b

   

このブラック・フライデーという妙な言葉。日本のハフィントンポストが珍しく(笑)詳しい記事を載せてると思ったら、米国版ハフの翻訳だった♪ 語源は、小売業が黒字になるなんて俗説ではない、と小見出しでいきなり書いてる

  

191122c

 

 

やっぱり、米国の英語情報が基本になるのに、日本のウィキペディアなんて、日本のあちこちの新聞の短い寄せ集めみたいな記事になってた。そこで、英語版ウィキを見てみると、流石の詳しさで、最初から驚かされるのだ。

   

   

     ☆     ☆     ☆

実は、「Black Friday」と呼ばれるものは、昔から多数あるらしい。私がすぐ思いつくのは、戦前の大恐慌の発端になった株式市場の大暴落だけど、他にも候補者がズラッと並んでる。

   

191122a

   

その中で、shopping(買い物)のブラック・フライデーの項目を見ると、リンクや注も含めてやたら詳しい♪ 好きなんだね。とても全部は相手にしてられないから、言葉の起源だけ軽く見てみよう。ちなみに下図はそのまた一部にすぎない。

   

191122d

   

何世紀も前から、ブラックという形容詞が色々使われて来たけど、米国の歴史で最も有名なのは1869年。金価格の暴落騒動。米国ハフもこれを最初に挙げてた。

   

ただ、買い物関連の「ブラック・フライデー」の最初に関しては、英語版ウィキと米国ハフはちょっとだけ違ってる。米国ハフはまず、1950年代~60年代にフィラデルフィアの交通警察が、小売店関連のひどい混雑を表したとしてた。

   

191122e

   

   

    ☆     ☆     ☆

英語版ウィキは、それより僅かに前と思われる1951年と52年のメディア記事を先に挙げてる。サンクス・ギビングデー(感謝祭、11月の第4木曜日)の翌日・金曜日、労働者たちが4連休にするために病気になった(笑)ことを指してたらしい。

  

これなら、「ずる休み金曜日」だから、確かにブラック・フライデー♪ マジメな日本人の感覚なら、ブラック労働者。ただ、欧米は日本より適当、アバウトな社会だから(失礼♪)、フツーのことなのかも。

  

米国ハフは、この話を後回しにしてるけど、全体的には英語版ウィキとほぼ同じ説明になってる。英語版ウィキの方がもちろん先に書かれてるし、遥かに詳しいから、ハフの記者Casey Bondがウィキを「参考にした」と考えるのが自然かも。そもそもハフの記事には出典が非常に少ない。

   

   

    ☆     ☆     ☆

まあ、証拠はないから、ケーシー・ボンド氏からクレームが来るかも知れないけど(笑)、ありがちな事だ。日本のサイトでも、日本版ウィキをこっそり使ってることが非常によくある。私の場合は、堂々とすべて名前を挙げて、リンクを付けて引用、参照してるから問題ない♪

  

とにかく結論としては、「ブラック・フライデーの語源=労働者たちのずる休み金曜日」ということで。それに続いて、交通警察にとって人混みが大変な金曜日。いずれにしても、ネガティブな意味だ。もちろんその後、業界はポジティブで明るいものへと、イメージ戦略を展開して成功してる。

    

ただ、日本でどうかな? ハロウィーン狂想曲も早くも足踏み状態みたいだし・・とか思いつつ、私も買い物したくてたまらない(笑)。ともあれ、今日はそろそろこの辺で。。☆彡

   

         (計 1656字)

| | コメント (0)

パリでキムタクが乗った電動キックボード、Lime-S(『グランメゾン東京』)&また12km走

(24日)RUN 12km,59分40秒,平均心拍146

消費エネルギー610kcal(脂肪122kcal)

  

尾花(木村拓哉)に失礼なことを書いてしまったかな?♪ TBSドラマ『グランメゾン東京』第1話のレビューで、「かっぱらった」と書いた、電動キックボード(またはキックスクーター)。一応、シェア・サービスだから、テレビで映ってない時にスマホで解錠&施錠したとも解釈可能。まあ、施錠されてなかったものをかっぱらった可能性の方が高いけど(笑)

  

191025c

   

放送から5日後にどうしてそんな話をしてるかというと、たまたま今、Yahoo!のトップニュースで、九州大学の実証実験が写真付きで紹介されてるから。・・っていうか、その写真の先頭の女の子が可愛くてスタイル良かったから♪ そうゆう理由か! あっ、PR用のサクラかも(笑)。それとも1年の阪上芽衣さんなのかね。いや、実名コメントが載ってるもんで。

   

   

     ☆     ☆     ☆

191025d

   

そんな事より、木村拓哉? ハイハイ♪ いや、ファンじゃなくても、アレは男の子ならちょっと気になると思う。私も子どもの頃、モーター無しの3輪車でよく遊んでたのに、近所の年上のSさんに壊されて大泣きしたのだ(笑)。実名イニシャルの実話エピソードだろ!

  

191025e

   

緑色が目立つなとは思ってたけど、欧米でサービスを展開してる会社名がLime(ライム)。いずれ日本で、Lemon(レモン)とかいう類似ベンチャーが登場するはず♪ 米津玄師か! スクーターは、Lime-S。ちなみに自転車(バイク)だと、Lime-Bと呼ばれる。米国のシェアリング系企業だから、略字も英語から。

      

191025b

  

フランスでの名前はそのまんまで、「La trottinette electrique」(ラ・トロッティネット・エレクトリック:電動キックスクーター)。場所によって料金設定は違うらしいけど、パリだと解錠に1ユーロ、乗車1分あたり0.15ユーロという今年のレポート記事があった(GQのサイト)。公共の乗り物としては、ちょっと高めかも知れないけど、半ば遊び道具だから手頃な値段。

  

右手の親指でアクセル操作、左手でブレーキ。スピードメーター付きで、最高時速は25kmくらいか(GQの実験)。ジャイロセンサーで姿勢制御されるから、運転は簡単で安定してるけど、サスペンションが無いから石畳は辛いとのこと。電気の充電は、会社とアルバイトにお任せ。

   

   

    ☆     ☆     ☆

191025f

   

乗る前には、アプリを入れたスマホでハンドルのQRコードを読み込んで、解錠(アンロック)するらしい。使用後は施錠してログアウト。証拠写真を撮るとかいう話もあった。別にキックしなくてもスタートできるみたいだけど、キックした方がスムーズとかいうお話。ただしフランス語には、キック(蹴り)という言葉は入ってない♪

  

191025h

   

垂直フレームにはライムのアイコンとロゴ。ライトも明るいね。パンクはしないのかな? 自転車好きはすぐ、パンクの心配をしてしまう♪ シェアの恥はかきすて、パンクは投げ捨てか(笑)。コラコラ! 個人情報も位置情報もバレバレだから悪いことはできない・・というのが建前。ま、実際は色々あるとは思いけど♪ 中国のシェア自転車も色々話題になってた。

   

セグウェイ同様、この電動キックボードも日本だと公道を走るのは難しい(道路交通法その他)。でも、電動アシスト自転車よりは手軽で小さいから、若者や少年少女にはウケが良さそう。まあ、ヘルメット無しとか衝突事故とか、実際に普通の道路を走るとなるとトラブルだらけだろうね。私は乗ってみたい・・っていうか、電動じゃないキックボードに乗りたくなったかも♪

    

   

cf. Allez!(さあ)Bon appetit♪(召し上がれ)~『グランメゾン東京』第1話

 女(ナス)に動かされる男たち~第2話

 ジビエ(狩猟)の基本はシルヴプレ、お気に入りになること~第3話

 『マリ・クレール』記事とコース・メニュー、フランス語の和訳など~第4話

 「ピーナッツオイルもセロリも大切に♪」(パルマンティエ尾花)~第5話

 C’est super、最高のものとの出会い=衝突~第6話

 Voila!(ほら、ここを見て)、男の浪漫(romantique)~第8話

 ワイン名「Brise.」(ブリーズ:そよ風よ、店をぶち壊せ)~第9話

 thons vagues(トン・ヴァーグ:ぼんやり彷徨う大物マグロ達)~第10話

 mariage de la diversite(マリアージュ・ドゥ・ラ・ディヴェルシテ)、多様性の結婚~最終回

   

   

    ☆     ☆     ☆

あぁ、また長くなって来たから、走りについては一言だけ。今週はもう、残り字数が少ないのだ。相変わらず体調がすぐれない中、小雨まで断続的に降り続いてたから休もうかと思ったけど、僅かな隙をついてスタート。それほど濡れなかったし、スタスタ走ってたから寒くはなかった。と言っても、公園のランナーは僅かだし、ジョギングコースは水たまりだらけ。

  

連続3日目で疲れもあるし、無理かなとも思ったけど、何とかまた5分切り成功♪ トータルでは1km4分59秒ペース。気温15度、湿度100%、風速2m。まだ電池交換してないから、やっぱり心拍データが低めに出てる気がして、プラス3の補正を行った。正直で、いいね(笑)。ではまた明日。。☆彡

   

       

191025a

      

往路(2.4 km) 12分53秒 135 146

LAP 1(2.1) 10分48秒 142 149

 2   10分30秒 150 156

 3   10分27秒 153 158

復路(3.2) 15分02秒 152 163

計12km 59分40秒 146(81%) 163(91%)

   

     (計 1927字)

  (追記353字 ; 合計2280字)

| | コメント (0)

文在寅大統領「盗っ人猛々しい」の韓国語(ハングル)原文と英訳&ジム5連発

(1日,ジム) JOG4.5km,31分,平均心拍127 ; 240kcal

 BIKE 23.5km,44分,平均心拍138 ; 440kcal

     

(2日,ジム) JOG4.5km,30分,平均心拍126 ; 235kcal

 BIKE 18km,33分,平均心拍139 ; 340kcal

    

   

私は朝日新聞の購読者だけど、朝日の記事や姿勢に対して疑問を感じることはよくある。政治的な話なら、直ちに読売や産経HP、あるいは日経と比較するし、海外の話なら直ちに英語「その他」で原文をチェックする。

  

この「その他」の中で、調べにくくて調べる気にもならないのが、文字が全く違う言語だ。韓国のハングルもそうだし、アラビア語や東南アジアもそう。あと、日本語ではあっても、昔のくずし字は非常に読みにくい。

    

まあしかし、近所の工事でさえ全く聞き取れない言葉が飛び交ってる今の世の中。ちょっとずつでも知らない言葉に取り組む努力は必要だろう。というわけで、「盗っ人猛々しい」の韓国語(ハングル文字)を調べてみた。ちなみに、「ぬすっと」を普通に変換すると、私の環境では「盗人」になったけど、朝日は「盗っ人」と書いてる。「盗人」だと「ぬすびと」とも読めるからかも。

   

   

    ☆     ☆     ☆

190803e

  

190803f

  

さて、最近の日韓関係はちょっと記憶にないくらい悪化してて、「あいちトリエンナーレ」の企画展中止にも影響してると思われる。少なくとも、今ほどの関係悪化状況でなければ、抗議電話の数も内容ももっと穏やかだっただろう。

   

そんな中、日本が韓国の扱いを「ホワイト国」から1ランク落としたことに対して、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が激しく抗議。朝日の記事の日本語訳では、「加害者である日本が、盗っ人猛々しく、むしろ大きな声で騒ぐ状況は絶対に座視しない」となってる。デジタルでは2日の午後の配信、紙面では3日朝刊の2面。ソウル・神谷毅記者。

    

この翻訳や表現について、様々なメディアを見渡してたのが、J-CASTのまとめ系記事。要するに、日本ではあちこちで「盗っ人」という言葉が使われてるけど、韓国メディアの日本版HPでは違うらしい。いい記事だけど、残念ながら、ハングルの原文や英語訳、リンクなどは無い。

    

   

     ☆     ☆     ☆

190803g

  

上図が、韓国大統領官邸(青瓦台)公式サイトの原文の該当箇所(と思われる部分)。上から2番目の文みたいで、そこだけGoogle翻訳で日本語訳すると、次のようになる。

  

190803h

  

「加害者である日本が居直りではなく、大声打つ状況を決して座視しません」。たぶん、より正確な邦訳は「居直るどころか、むしろ大声まで上げる・・」だろう。

  

「泥棒、盗っ人」を表すハングルは下の通り(同じ単語)で、文大統領のスピーチには入ってない。

  

190803j

      

ちなみにGoogle翻訳は、一般に英訳の方が日本語訳より優れてるけど、今回はなぜか分かりにくい。「Yashiro」とは何のことか? 文を分解してみたけど、今のところ分からない。「perpetrator」は加害者という意味だから、やはり「Yashiro」の元の韓国語がポイントなんだと思う。

     

190803i 

  

  

☆8月10日の追記: この翻訳問題、意外と尾を引いてるようなので、補足しとこう。西日本新聞によると、ポイントは「賊反荷杖(チョクパンハジャン)」という四字熟語の翻訳。毎日新聞では同じ漢字で「ジョクパン・ハジャン」と書いてた

     

その部分(jeogbanhajang)だけ改めてGoogle翻訳すると、日本語では「居直り」と出る。英語だと上手く訳せないようだ。上で引用したハングルの文の、8文字目~11文字目。

    

190810f

 

さらに1文字目だけ(ジョク、または、チョク)に絞り込むと、「敵」と訳される。毎日は元の意味として「泥棒」と書いてた。より正確には、四字熟語全体を「泥棒が罪もない人にむちをふるう」と説明してた。

  

190810g

   

  

    ☆     ☆     ☆

最後に、韓国の公式サイト自体の英語ページでは、こうなってた。

  

 We will never overlook such circumstances where Japan, the instigator of these wrongs, is turning on us. 

 

「instigator」は扇動者とか、元の張本人という意味。文脈的には、別に歴史的な過去を持ち出してるわけではない。「turning on us」は挑発してるとか襲い掛かって来てるという意味だけど、それほど強い表現ではないし、「盗っ人」とか「居直り」という意味はどこにも見当たらない。

   

というわけで、「盗っ人猛々しい」という日本語とは「多少、異なる」韓国語の言い回しだったのだろう、とは推測できる。少なくとも、泥棒呼ばわりされたわけではなさそうだから、その点は注意しとこう。もちろん、韓国の主張内容の評価については、全く別問題として。。

   

   

    ☆     ☆     ☆

予想以上に時間をとられたから、トレーニング日誌については一言のみ。極度に重い腰を上げて、1年ぶりにジムに行き始めると、これが結構面白い♪ 多分、ちょうどいい質と量になってるんだと思う。往復のジョギングの距離も、荷物の重さも適度。エアロバイクを回しながら飲むスポーツドリンクも美味しい。不満は、女の子がほとんどいないことだけかも(笑)

     

というわけで、別に無理して頑張ってるわけでもないのに、5日連続のジム通いとなった。ただし、木・金は時間が無かったから、40分前後しかエアロバイクには乗れず。最低、1時間はやらないと、乗鞍の練習としては不十分だね。っていうか、普通に自転車乗れよ!って話だけど♪

  

少しずつ高い心拍や高い負荷にも身体を慣らして行くべきだから、2人ともラストは心拍157まで持って行った。まだランニングと比べると低心拍だけど、足慣らしだからこんなもの。1日は、レベル10で2分30秒、レベル12で30秒の繰返し。2日は、レベル11で2分30秒、レベル13で30秒(回転数は少し低め)。エアコンはいつも室温24度、湿度55%くらいの設定で快適。

  

心拍計は相変わらず好調に動いてくれてるから、心拍グラフを見るのも楽しい(マニア♪)。それでは、また明日。。☆彡

   

(1日)  

190803a

    

(2日)

190803b 

  

        (計 2184字)

  (追記314字 ; 合計2498字)

| | コメント (0)

外国人向けの「やさしい日本語」という、やさしくない日本語~朝日新聞・夕刊「現場へ!」

「何度か書いてるけど、最近は身の回りで本当に色んな外国人(らしき人)を見かけるようになった」。この文章が既に、やさしくない日本語だろう♪ 

    

「日本では、外国人が増えています」、なら大丈夫かな? 「多くなっています」、の方がやさしいのかね?

    

短い文で、漢字や曖昧な表現はなるべく避ける。敬語や丁寧語、厳密な表現、方言や俗語、古い日本語や最新の流行語も避ける。話す時は、ゆっくり、ハッキリと。そのくらいなら、すぐ出来る。実際、ウチでたまに小学生向けの記事を書く時は配慮してるし、お店のバイト店員が外国人の時はかなりゆっくり短く話して、細かい質問は基本的にしない。

   

でも、「増えている」と「多くなっている」のどちらが、よりやさしいのかはビミョーな所。相手の語彙、ボキャブラリーの状況が分からないのだ。日本語学校や日本語の教科書・参考書がどう書かれてるのか、調べてみたくなる。

   

今はまだ、私のご近所さんには外国人がいないけど、職場だと珍しくない。これもむしろ、「仕事をする時は外国人がたくさんいます」、と言うべきか♪

    

    

   ☆     ☆     ☆

さて、ブログ記事にするタイミングが遅すぎるけど、先週の朝日新聞・夕刊のコラム「現場へ!」は興味深かった。刀祢館正明記者はやさしくない名前だけど(笑)、今回の企画は「やさしい日本語」。このタイトル自体がやさし過ぎて、最初はスルーしたほど♪

    

マニアック・ブロガーはどうしても、難しい話に惹かれてしまう。その方がアクセスを稼ぎやすいから(笑)。そうゆう理由か!

     

第1回(19年7月1日)は、「『外国人=英語』じゃない」。いや、それはそうだけど、色んな外国語を覚える時間も余裕もないし・・とおもったら、「やさしい日本語」という技があったか! まあ、実際には、やさしい日本語というのも、やさしくない外国語だけど・・っていう文章はダメか♪ 「やさしい日本語で話そうとしています。でも、なかなか出来ません」って感じかな。

    

とにかく、初回は北海道美唄(びばい)市が舞台で、観光客へのおもてなしのお話。やさしい日本語は、分かりやすいだけじゃなく、日本語を体験したい外国人にも喜ばれるとのこと。

   

観光物産協会HPはこう書かれてる。「このページは、 美唄のいいところと 美味しいものについて やさしい日本語で 紹介します」。「美味しい」や「紹介」は大丈夫なのかね?♪

    

    

   ☆     ☆     ☆

第2回は、「『安静に』より『走らないで』」。病院は、気を使うだろうね。文化や慣習の違いもあるんだろうし。医師や看護師向けのワークショップを取材。「採血」より「血をとる」(^^ゞ ホントに? 外国人相手に、生活で使ってる言葉をたずねると、英語4割、日本語6割だったらしい。

   

ホントに? やさしい日本語の研究者、岩田一成准教授の話だから、多分そう言っといた方が研究費を貰いやすいんだろう(笑)。コラコラ! 真面目な話、質問の文がどうなってたのかは気になる。一般にアンケート調査というものは、質問の形式やメディア(書面、電話、訪問員など)が重要だし、回答者の選び方と人数も決定的な問題だ。あー、やさしくない日本語だね (^^ゞ

    

第3回は、「72時間 命つなぐ言葉たち」。災害現場での模索が語られる。元々、やさしい日本語は、1995年の阪神淡路大震災がキッカケで、弘前大学の佐藤和之教授らが中心になって研究して来たとのこと。あの辺りに外国人が多いって事情もあるのかな? 日本語の言葉(文節)と言葉の時間間隔をどうすべきかは、まだ分からないらしい。まあ、アイコンタクトしながら、相手に合わせると。

   

   

   ☆     ☆     ☆  

第4回は、「役所は『わかりやすい』が苦手」。お役所は確かに、聞いたこともない専門用語をサラッと言うことがあるし、逆に重要なことを教えてくれないこともある。この春は特に、戸籍抄本の料金とか本籍について驚かされた。外国人が多い横浜の市役所は進んでて、書き換えシステムによる判定も導入。語彙、漢字、硬さ、長さ、文法の5項目で判定。

   

文章の硬さというのは確かに重要な項目だと考えられるので、当方としても今後は更なる配慮を心掛ける所存である。硬いわ!

   

最終回(第5回)は、「学校のお知らせも『優しく』」。なるほど、易しいだけじゃダメだと。「運動会(うんどうかい)を 次(つぎ)のとおり 行(おこな)うので、 見(み)にきて ください」。2割が外国関連の六本木中学だからか、優しい日本人が多いのか、苦情はまだ無い。上履きは、「学校の中で使う靴」。「中でだけ使う」とか、余計な正確さは省くと♪

   

フーっ・・、キーボード無しのiPad入力はやさしくないから、今日はこの辺で終了。今週14017字となった。ではまた来週。。☆彡

   

       (計 1942字)

| | コメント (0)

「ココリコ」と大声で鳴くフランスの雄鶏、騒音で訴えられる♪(仏語、英語)

あ~~っ、ごぼうサラダの繊維がノドに引っかかって取れない・・って話じゃなくて、「ココリコ」。お笑い芸人の名前としか思ってなかったけど、フランスのニワトリの鳴き声(cocorico)だったのか! 日本語の「コケコッコー」と比べると、ちょっとだけ本物の鳴き声に似てる気もする♪

     

試しに、芸人のココリコのウィキペディアを読むと、芸名の由来は「喫茶ココリコ」とされてた。ということは、その喫茶店は朝から営業してて、モーニングサービスが売りだったのかも。そんなの多分、高校の卒業式の翌朝以来、経験してないね。もう7年前か(笑)

   

あの夜の打ち上げは、人生で最高の思い出の一つなのだ。日付が変わるまで飲んだよなぁ・・「ドリンク」を♪☆

   

   

   ☆     ☆     ☆

で、本題は今日(19年7月9日)の朝日新聞・朝刊の記事。1面トップにデカデカと掲載してしまった誤報だ♪ そっちか! 「ハンセン病家族訴訟 控訴へ」。朝刊を読んだ安倍首相があわてて態度を変更したのかも知れないけど、実際は控訴断念。参院選の直前なのに、朝日はつまらないミスをやったね。よりによって、こだわり続けてる話で。

   

ただ、国際面の記事は面白くて、大声で笑ってしまった。「ココリコ」♪ 鶏か! 「フランス西部のリゾート地オレロン島で、隣家の雄鶏の鳴き声が「騒音」だとして、別荘に夏の間だけ暮らす夫婦が雄鶏と飼い主を相手取り、雄鶏を別の場所に移すよう求める訴えを裁判所に・・・って、一文が長いわ!(^^ゞ パリの疋田多揚記者、二つの文に切るように。

    

島の人口は22000人なのに、夏のバカンスシーズンだけ別荘に人が集まって、人口は20倍になるとか。どうもこの「バカンス」ってものがピンと来ないね。あちらは夏の休暇が長くて、遠くに出かけるとは聞いてるけど。

   

ちなみにウィキペディアの「恋のバカンス」(笑)の項目によると、この1963年のザ・ピーナッツのヒット曲で、バカンスという言葉が流行語になったとか。古っ! STAP細胞・小保方さんの指導教員はバカンティ教授だ♪ そう言えば小保方さん、著書がベストセラーになった後、どうしてんのかね? 小説書いてるのかな。。

   

   

   ☆     ☆     ☆

190709a

  

というわけで、マニアック・ブロガーは直ちに現地メディアのニュースをフランス語で読むのであった。「La Nouvelle Republique」(新しい共和国)より

  

Oleron : le coq Maurice se retrouve au tribunal pour avoir chante trop fort

  

オレロン:雄鶏のモーリス、あまりに大声で鳴き過ぎて裁判所へ

   

190709b

  

Une habitante de l'ile d'Oleron, proprietaire du coq Maurice, etait convoquee devant le tribunal de grande instance de Rochefort ce jeudi 4 juillet, pour "trouble anormal de voisinage".

  

雄鶏モーリスの飼い主であるオレロン島の一人の住民が、この7月4日・木曜日、「近所の異常な対立」のために、ロシュフォール大審裁判所に呼びだされた。

   

Ses voisins ne supportent pas le chant matinal de l'animal.

 

隣人たちは、その動物の朝の鳴き声を我慢できない。

   

   

   ☆     ☆     ☆

上のフランス・メディアの記事は、文体も語句も普通だけど、大西洋を挟んだ隣人・米国の高級紙は凝ってる。ハッキリ言って、これならフランス語の方が読みやすい (^^ゞ ニューヨークタイムズ(new york times)。

    

190709c

  

‘The Rooster Must Be Defended’: France's Culture Clash Reaches a Coop

  

「雄鶏は守らねば」:フランスの文化的対立は、鶏小屋みたいに狭苦しい所まで到達している

  

「Rooster」とは何か抽象的な概念を表す言葉かと思ったら、雄鶏のこと。どうして「cock」(コック)と書かないのかと思ったら、(米国で)性的な意味の連想を避けるためとかいうお話(Weblio、研究社・新英和中辞典の説明)。なるほど・・って言うか、「コック」って本当に「男性」の意味があるのか。ほとんど聞かないけど。由来は何だろう。雄鶏か、蛇口か。

      

それはともかく、「coop」も分かりにくい。「鶏小屋」という意味と、「狭苦しい所」という意味がある単語だから、掛け合わせて言葉遊びをやってるのだ。ちなみに「生協」は「co-op」だ(笑)。いや、本当にちょっと考えてしまった (^^ゞ

   

   

   ☆     ☆     ☆

190709d

  

He has become a symbol of a perennial French conflict ─ between those for whom France's countryside is merely a backdrop for pleasant vacations, and the people who actually inhabit it.

   

その雄鶏は、長年続くフランスの対立の象徴となった。── フランスの田舎が楽しいバケーションの背景でしかない人々と、そこに実際に住んでる人々との対立だ。

    

  

これ、民泊を続ける外国人と、近隣の日本住民とのトラブルにちょっと似てるね。いずれ、長期の外国人観光客が、「ゴミ捨てのルールが厳しすぎて、ひどいストレスになった」とか訴えて来るかも。あるいは、麺類やスープをズルズルすする音が非常に不愉快だとか。

  

そう言えば、「郷に入っては郷に従え」ということわざ、最近ほとんど聞かない。「郷に入っては、郷『が』従え」ってことか♪ おもてなしをしろと。

       

実は私も個人的に、騒音のトラブルは色々と経験してるんだけど、もう時間がないから、また今度にしとこう。要するに、たまにはローテーション的に、外国語の記事を入れたくなるわけ♪ それでは、また明日。。☆彡

    

  

   

P.S. 19年9月5日、無事、無罪判決が下された♪ 国営放送FRANCE24のニュース記事より。今後の控訴とかについては不明。

  

190906e

    

        (計 2407字)

  (追記62字 ; 合計2469字)

| | コメント (0)

AI&ビッグデータが人間を点数化するリード・スコアリング(Lead Scoring)、Yahoo!の勝手な作成を拒否

「リード」(Lead)という言葉は、日本語だとフツー、スポーツなどの得点で相手より上回ってることを意味する。最近はほとんど見かけなくなってるけど、新聞の大きな記事で、見出しの次にある短いまとめの文章もリード。ペットの犬の引き綱もリード。

   

要するに、何かに先立つ物事を表す言葉だというのは分かるけど、ビジネスやマーケティングの世界での用法は知らなかった。「リード」とは「見込み客」、つまりこれから購買客になってくれそうな人を意味するらしい。実際の購買に先立つ状態。

  

私がこうした「リード」の用法を知ったのは、単なる「スコアリング」(点数化)を検索した時のこと。マーケティング用語集だと、英語表記がなぜか「Lead Scoring」(リード・スコアリング)となってたのに、「リード」の説明がない。だから、自分で調べ直したのだ。

   

   

    ☆       ☆       ☆

そもそものキッカケは、朝日新聞・朝刊(19年6月28日)の経済欄の小さな記事。見出しは、「LINEも利用者点数付け」、「信用度 データもとに算出」。LINEスコアというサービスが6月27日に開始されたとのこと。得点に応じて「特典」があるとか、利用者本人が規約に同意して手順を踏むことで初めて作成されるとか説明された後、最後の段落が引っかかった。

  

 「ヤフーも7月から、サイトの利用者の信用度を点数化する『Yahoo!スコア』を始める。ヤフージャパンIDを持つ約4800万人を対象に、ヤフーショッピングの支払いなどをもとに採点。ただ、設定変更しないと、スコア作成に同意したとみなされる。」

  

私はもともと、amazonの「おすすめ」の類とか、Yahoo!のニュースのパーソナライズ(個人の好みへの適合化)とか好きじゃないのに、今度は勝手に点数化されてしまうという。ハッキリ言って、余計なお世話で失礼な行為だ。私以外にも不満や違和感を持つ人は大勢いるようで、6月初め頃から既にネットのあちこちでニュースや話題になってた。

       

7月から開始というと、もう数日後だから、すぐにYahoo!の該当ページを検索してアクセス。Googleで「Yahoo!スコア」と入力すると、トップに「作成・利用・停止方法」のヘルプページがヒツトした

   

   

     ☆       ☆       ☆

190629a

  

「本人確認」カテゴリーの利用データは、「住所・氏名・電話番号・メールアドレスなどの情報の登録率・・」。自分の基本的な個人情報をきちんと登録してるかどうかなら、別にいいとして、説明の最後の「等」(など)が気になる。

   

実は、住所がどこか、どの地域のどんな建物に住んでるのかも点数化される可能性がある。直ちに差別とまでは言わないけど、かなり微妙な話だろう。情報が外部に流出する可能性も十分あるし、過去に実際、度々流出が起きてるけど、たかが500円程度(0円~2000円ほど)の賠償金しかもらえない。

   

「信用行動」カテゴリーには、知恵袋での活躍度というデータも入ってる。あれが人間の点数化に関わるのか。私はもちろん、0点だ。「消費行動」カテゴリーも、私はヤフーではほとんど買ってなくて、ヤフオクを少し使った程度だから、0点に近いはず。

   

   

     ☆       ☆       ☆

私がヤフーで買い物しないのは、個人情報を色々集めてるのが明らかだから。サイトを見てると、よく自転車のネット広告とか表示されるし、年齢や年代、住んでる地域が書かれた広告も時々ある。

  

それらは他のサイト(ニフティその他)でもあることだけど、Yahoo!の場合、メールの内容(本文、相手など)を本当に収集してないのかどうか、信頼できないのが不安。メールがサーバーかクラウドに保存されてるのだから、密かに何とでも出来るはず。実際、ニフティと比べてヤフーは、メールと関係ある広告が多いのだ。Googleのgmailと比べても多い気もする。

  

190629b 

    

というわけで一応、「Yahoo!スコアの作成・利用」は、初期設定のONからOFFへと変更した。ただ、こんな操作が本当に意味があるのかどうか、自信はない。設定箇所のすぐ下に、「設定が反映されるまで数日かかることがあります」と表示されてるから、少なくとも一旦、7月1日にスコアリングされてしまう恐れがある。もしそうなら、その点数を削除したところで、どこかに情報は残ると見るのが自然だと思う。

  

まあ、これでも今はまだ、マシな世の中なのかも。いずれ、スコアリングを拒否できないどころか、そもそも通知や報道が無くなる可能性は十分ある。「そして誰もいなくなった」。不平や不満を持つ者は。。 それでは今日はこの辺で。。☆彡

   

        (計 1903字)

| | コメント (0)

トランプ米大統領、「日本防衛条約」破棄に言及か(米ブルームバーグ)&プチラン

RUN 6km,29分14秒,平均心拍144

消費エネルギー 310kcal(脂肪55kcal)

   

トランプ米大統領とホワイトハウスのツイッターを確認すると、今のところ何も言及なし。でも「フェイクニュース」と叫んでないから、トゥルース(真実)なのかも。米国の経済系通信社ブルームバーグの報道

   

190625b  

   

 Trump Muses Privately About Ending Postwar Japan Defense Pact

 トランプは個人的に、戦後の日本防衛条約の終了を考えている。

  

 Trump regards the accord as too one-sided because it promises U.S. aid if Japan is ever attacked, but doesn't oblige Japan's military to come to America's defense, the people said.

 

 その人達(関係者)の話によると、トランプはその協定を一方的過ぎるとみなしている。なぜなら、もし日本が攻撃を受ければアメリカが助けると決められているのに、日本の軍隊(自衛隊)がアメリカの防衛に来ることは強いていないからだ。

   

  

     ☆       ☆       ☆

日米安保を「日本防衛条約」と書いてるのは、基本的に正しいだけに、日本人にとって強烈なインパクト。

     

報道が事実なら、あまりにも自然な感想で、周囲や専門家がどう説明しても全く変わらないだろう。「過ぎる」(too)かどうかはともかく、「一方的」(one-sided)なのは事実。それがどう一方的なのかは見方が分かれるけど、米国から見れば、米国が一方的に不利益を被っている、損していると感じても不思議はない。

     

さて、これに対して日本の5大新聞HPはどう伝えてるか。第一報は次の通り(五十音順)。

 

朝日新聞 「トランプ氏、日米安保破棄に言及か 私的会話で 米報道」

産経新聞 「河野外相『米政府が否定』 トランプ大統領の『日米安保破棄』報道」

日経新聞 「トランプ氏、日米安保見直し言及 高官『可能性低い』」

毎日新聞 「トランプ氏日米同盟破棄言及か 『一方的だ』米報道 日米両政府否定」

読売新聞 「トランプ氏、日米安保破棄の可能性漏らす・・・米通信社報道」

  

   

     ☆       ☆       ☆

左右の代表、朝日と読売はそのまま報道してるのに対して、他の3紙は否定的な言葉を入れて報道。朝日は数時間にわたってサイトのトップに上げてたし、別記事でも詳しく報道。一番扱いが大きい。ちなみにブルームバーグ日本版の見出しは、「トランプ大統領、日米安保破棄の考え側近に漏らしていた ─ 関係者」。

     

もちろん、そう簡単に安保が破棄されるはずはない(と思いたい)が、トランプは時々、予測不可能な言動を見せるから、この後、自分でも不満を公表するくらいのことはあるかも知れない。

   

最近は、保守はもちろん、リベラル寄りの論者でも日本独自の防衛強化に言及することがある。戦後70年以上、金と土地を提供する代わりに米軍の防衛を受けて来た日本。「想定外」は天災だけじゃないということを、そろそろ本気で考えておくべきだろう。「核の傘」が無くなった時、近隣諸国がどう出て来るのかを。。

    

   

      ☆       ☆       ☆

一方、単なる小市民は、1日休んで今日は14kmくらい走るつもりだったのに、また僅か6kmしか走れなくなってしまった。出張を終えて、ドラマレビューを1本書いて、ちょっと気が緩んでしまったか。気温が高くて、あんまし走る気がしないのも事実。

   

それでも一応スタスタ、ハーハー走って来て、汗もビッショリ。トータルでは1km4分52秒ペース。意外と早いね。短すぎるけど♪ 気温22度、湿度90%、風速1.5m。心拍計は最初の9分近く動かなかったから、補正した。

   

あっ!、心拍データの送信が直ってる! 超うれしい♪ 時間かかるけど(笑)。ではまた。。☆彡   

   

190625a 

   

     時間  平均心拍  最大

往路(1.2 km) 6分21秒 121 137

LAP 1(2.2) 10分32秒 144 153

復路(2.6) 12分22秒 153 162

計 6km 29分14秒 144(80%) 162(90%)

   

        (計 1672字)

| | コメント (0)

無人24時間の古本屋「BOOK ROAD」、東京で6年弱営業

たまに田舎の道端で、無人の野菜販売所みたいなものを見かける

ことがある。単に野菜と料金カゴを置いただけのものとか、ごく

簡素な作りの小屋みたいな店舗とか。

 

私自身が使ったことはないが、一緒に旅行してた人間が買ったこと

なら2回くらいあった。ほのぼのしてるのにインパクトもある光景だ。

当然、他人事ながら、盗まれないのか?と心配になる。

 

まあ田舎の農村なら、そのリスクは低くて、メリットの方が大きいのか

・・とか想像してたら何と、東京で無人の古本屋があるという話を

ITmediaで読んだ。三鷹駅から徒歩15分、BOOK ROAD

(ブック・ロード)。「本」が行き交う「道」という意味か。案外、名作

マンガ『ホットロード』のファンとか♪

 

「24時間営業・・2013年4月にオープンして、黒字を確保」?

実に面白い! どうして可能なのか、さっぱり分からない(by

ガリレオ♪)。仮に話半分としても、長く続けてるだけで十分、

斬新かつ大胆なチャレンジだ。

 

ハッキリ言って、500冊の在庫なら、私1人でも簡単に用意して

補充も数回できてしまう(笑)。貸倉庫に保管したままのものも含め、

大量の本が文字通りの「重荷」になってる私にとって、興味津々。

しかし、一晩で全部盗まれておしまいのような気もする。。(^^ゞ

 

 

     ☆       ☆       ☆

190110a

 

上はオーナー・中西功氏のものらしき公式twitterトップ。

かなり小さいガラス張りの店が、住宅街の区画の角にあるように

見える。ただ、ITmediaの記事では「商店街」と書いてた。

本棚の前、向かって左側に、料金支払い用ガチャガチャ(カプセル

トイの自動販売機)が見える。上下2台。

 

190110b

 

上はFacebookのトップ写真。右上の「本の買い方」

によると、

 

 1 本をえらんでシールの色を見る

   (何色がいくらか書いてないけど、300円、500円、

    800円、1000円らしい)

 

 2 ガチャにお金を入れる

   (上のガチャ1回で300円、下のガチャ1回で500円)

 

 3 ガチャ玉の中のふくろに本を入れる

   (青と黄のビニール袋らしいけど、300円+500円

    =800円の時はどうするのか不明)

 

 4 おうちへかえる

   (お金を払ったことをビニール袋でアピールしつつ♪)

 

 

     ☆       ☆       ☆

家賃は書いてないけど、駅から遠いし安そうに見える(失礼♪)。

LEDをつけているだけなので光熱費は月450円。

 

という事は、監視カメラは設置してないようだ。非公表なのかも

知れないけど、「街の目」が無料の監視カメラになってるわけか。

セコムとか警備システムも契約してなさそう。

 

本の仕入れ先は、自分が読んだ本と、お客さんの善意♪ 店に

箱があって、要らない本を入れてもらってるらしい。割合までは

書かれてないけど、普通の古本屋に持って行ってもほとんどお金

にならないことが多いから、ある程度の無料仕入れはできそうだ。

 

ガチャの販売機のお金は狙われないのかと思ったけど、頑丈な

作りで壁にくっつけてるのかな。まあ、そもそも、それをいうなら

自動販売機全体にリスクがある。日本社会の安全性が大前提。

そして何より、人々の善意。より正確には、「善意の人々」♪

 

 

     ☆       ☆       ☆

その点で上手いなと思ったのは、来店者の人数と人柄を限定

するための配慮。

 

駅から遠くで、店の前にクリーニング店があって、地元の人しか

歩いてないような場所。おまけに看板も掲げてない。

 

しかし、ITmediaの直前にはFridayの取材もあった

らしいから、既に十分なアピールになってしまったかも。泥棒が

集まらないことを祈るとしよう。

 

実際、昨日(19年1月9日)の朝日新聞・夕刊には、福島県

大熊町の帰還困難区域にあるお店が荒らされてる惨状が報告

されてた。まあ、菓子店だから、ネズミ、キツネ、タヌキ、イノシシ

の類が多いのかも知れないけど。。

 

とにかく、私も自分の大量の本を早く処分しないとマズイ (^^ゞ

やっぱり第一候補はネットの古本屋への販売かと思いつつ、

ではまた明日。。☆彡

 

           (計 1614字)

| | コメント (0)

中国マラソン(馬拉松)女子選手、国旗騒動&心臓・ふくらはぎ痛リハビリジョグ

JOG 10km,55分12秒,平均心拍 141

消費エネルギー 532kcal (脂肪 122kcal

 

先日の日テレ『イッテQ』騒動の際にも、他局は「他山の石」とすべき

だとか言われてた。「他人や他所の良くない物事」でも、自分たちを

高める際の参考にはなるし、そうしようという意味。石で玉を磨く?

痛そうだけど♪ コラコラ!

 

この言葉、語感や漢字のつながりが好きで、内心よくつぶやいてる。

まあ、私自身が「他山の石」とされてるかも知れないけど(笑)。

 

今回の中国の女子マラソン騒動は、日本だと、まず論争にならない

はず。ゴール直前、全力で優勝争いのデッドヒートをしてる選手に

ボランティアが無理やり大きな国旗を手渡すなんて、ルール違反

とか言う前に、常識知らずだろう。

 

ただ、例えば2年後の東京五輪で万が一(失礼♪)、日本人選手が

同様の立場になった時、うっかり誰かが国旗を渡して、金メダルの

邪魔をしてしまうかも。その意味で、他山の石にはなるニュースだ。

・・といいつつ、個人的には中国語解読が一番面白かったけど。

 

 

     ☆       ☆       ☆

さて、11月18日に江蘇省蘇州(太湖)で開催されたマラソンに

ついて、最も詳しく報じてるのは「レコードチャイナ」だろう

 

181121b

 

流石は中国専門メディア。立て続けに4本も記事をアップ、スポーツ

ランキングの上位を占めてる。リンクしてる動画(YouTube、出典

は中国国営テレビ・CCTV)もキレイで、時間もわりと長い。

 

181121c

 

まず1人目の国旗攻撃。ピンクのシャツと帽子が可愛い何引麗

(ハー・インリー)選手がスルーすると、女性ボランティアが走って

追いかける(笑)。体育会系女子みたいで、かなり速くて持久力も

十分♪ っていうか、誰か制止しろよ!って感じ。

 

181121d

 

ここでテレビの女性アナウンサー(?)も笑ってた。男性解説者が、

「優勝争いは3人になりました♪」とかジョークを飛ばしたのかも。

BGMもホンワカしてて、論争とか非難とか全く感じない雰囲気。

 

181121e

 

無理やり国旗を渡された選手が手放しても、別に国営放送が非難

してる感じはない。って言うか、まだ後ろにボランティアがついて

来てるのが凄い♪ 1km3分半(!)くらいのペース。

 

181121f

 

選手は後で、「投げ捨てたのではなく、落としてしまった」と釈明&

謝罪したようだけど、映像で見るかぎり、自然に手放した感じだ。

突然のアクシデントに対して、最善の対応だと思う。

 

フルマラソン女子部門全程馬拉松女子組)は、1位、ケニア選手、

2時間30分25秒。2位の何選手も5秒遅れだから、トップクラス

と言っていい走力。

 

 

     ☆       ☆       ☆

中国でも、落ち着いた良識的反応が多いという話で、人民日報も

正論を書いてる。ただ、これが自国開催のオリンピックだったら、

もっとヒートアップしてたかも。数十年に1回あるかないかの国威発揚

の舞台だから。

 

で、肝心の中国語レッスン♪ 代表的メディアの1つ、環球時報の

見出しはこうなってた。簡体字で、「馬拉松」(マラソン)の「馬」が

読みにくい。ただ、やっぱりある程度分かるところが、いいね。

 

181121g

 

これをGoogle翻訳で日本語に訳すと、かなり変な文章になる

けど、英訳なら分かりやすい。ちなみにボランティアの原文は単数。

常識的に複数形に訳したのかな。実際、中心人物は2人だけど。

 

181121h

 

(蘇州マラソン、中国選手はボランティア達のせいで負けてしまった。

組織委員会のコメント。)

 

ただ、この英訳はなぜか肝心の国旗の話を飛ばしたものになってる

(意図的プログラミングか)。「?」の直前の6文字だけ英訳すると、

よく分かった。

 

handing the national flag

to lose the crown

(国旗の手渡しによって栄冠を失った)

 

最初からこう訳せばいいのに。まあ、選手の名誉は問題なさそう

だけど、逆にボランティア女性の炎上が心配になる。その点は、

これ以上追及しないことにしよう。見事な走りだったし(笑)。

ともあれ、「もって他山の石とせよ」。。

 

 

     ☆       ☆       ☆

最後に、単なる日本人市民ランナーのジョギングについても一言♪

日曜の朝ラン25kmのダメージが大きくて、身体が冷えた夜から

左ふくらはぎに激痛発生。心臓もまだおかしいから、2日休んで、

今朝は短いジョグだけ試してみた。ゆっくり走るのは9月以来♪

 

トータルでは1km5分31秒ペース。走ってる間はそれほど痛く

なかったけど、スピードは出せないし、実は右膝も軽く痛めてること

が判明。これはしばらく、リハビリになりそう。

 

気温14度、湿度55%、風速1m。夜中は寒かったのに、日差し

と共に急激に暖かくなった。ではまた明日。。☆彡

 

 

181121a

 

        時間  平均心拍 最大

往路(1.2km)   7分11秒 121 133

LAP1(2.2km)  12分44秒 133 142

  2      12分08秒 142 150

  3      11分49秒 146 154

復路(2.2km) 11分21秒 154 164

計10km 55分12秒 心拍平均141(78%) 最大164(91%)

 

       (計 2018字)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧