救命の良心=両親、子ども達のために~『コード・ブルー3』第1話

 七夕の短冊 子どもの頃は素直に願いを書いた 

 けれど 大人になると書かなくなる なぜだろう 

 どんなに願ったところで 叶わないことがあると 

 知ってしまったからだろうか

  

 ほとんど叶うことのない願い 

 それでも人は 願いを託す 

 切実な願い 無邪気な願い

 

 

      ☆        ☆        ☆

記念すべき初回のサブタイトルは「願い」。私も短冊に書くべきだった

かな。「コードブルー3 網タイツ」とか♪ そこか!

 

ドクターヘリ運行管理のCS(コミュニケーション・スペシャリスト)、

轟木(遊井亮子)のサービスショットが楽しみだったのに、森本(勝村

忠信)と結婚したからなのか、交代してしまった。

 

まあ、新CSの町田響子(伊藤ゆみ)も若くて可愛いけど、折角の

「THE THIRD SEASON」(第3シーズン)なんだから、

過去の良き伝統を受け継いで欲しかった所。相変わらず、演出の

西浦正記は気が利かないね♪ 天敵か!

 

ちなみに将棋の天才として話題の14歳、藤井四段は、神社の絵馬

に兄の合格祈願を書いたら、フィギュアの本田真凛に「好きなんです」、

「友達になりたい」と告白されてた(笑)。羨ましい・・って、関係ない

だろ! 

 

いや、無邪気な願いが、ちょっと違う形でかなった例なのだ。白石

の短冊の願いで、藍沢が戻って来てくれたように。。

 

 

      ☆        ☆        ☆

さて、脚本家が林宏司から安達奈緒子に変更となって、ちょっと心配

だった初回。女性らしさも感じたけど、全体的には昔のノリのままで、

無難な滑り出しだったね♪ スペシャルまで含めて、すべてレビュー

して来た私が見ても、それほど違和感はない。CS以外は(笑)

 

朝日航洋HPには何も書かれてないけど、ヘリコプターも相変わらず

MD902みたいだ。機体番号JA6790。日本医科大学・千葉北総

病院HPの説明も変わらず。ウチの9年前のヘリコプター記事には

放送前からかなりのアクセスを頂いてる。マニアックな方にお勧め。

特徴は、後ろの小型プロペラ(テールローター)が無いことだ。

 

170718d   

 

一方、この間にテレビ業界は激変。亀山・前社長から引き継いだフジ

テレビの宮内正喜・新社長も、今のフジは非常事態だと語ってた。

7年半ぶりの人気番組で、視聴率17%くらいのスタートを飾りたい

けど、現実的には14%~15%くらいか。

 

ちなみに第1シリーズの平均視聴率は15.9%で、初回21.2%。

第2シリーズの平均視聴率は16.6%で、初回18.8%。この冬の

医療ドラマで、ジャニーズの先輩・キムタク主演だった『A LIFE』

初回は14.2%だった。

 

 

      ☆        ☆        ☆

では、具体的な内容について簡単に見て行こう。『コードブルー』

の特徴は、1話完結型でありながら、各回ごとに複数の要素を盛り

込んでること。それらをキレイに、1つのテーマにまとめてある。

 

今回なら「子ども」中心テーマで、様々な形で変奏されてた。この

記事冒頭に引用したのが、ドラマ冒頭の藍沢(山下智久)のモノ

ローグ(独白)。七夕の短冊に素直に願いを書いた子どもの頃を思い

出すところから始まる。

 

たとえ叶わなくても、願うことの大切さ。願いがかなうと信じることの

美しさ。お祭りで重傷を負った、ゆうと君の願いは、15年後くらいに

かなうだろう。「おとうさんみたいな駅長さん・・・じゃなくて駅員さん

になりたい」。特に契約社員なら、わりと簡単になれるはず。

 

170718c

 

 

      ☆        ☆        ☆

一方、テレビ的な分かりやすさで強調されてたのが、ゆうと君の短冊

の向こう側。上の写真右側にあるピンクの短冊。映画なら、あの半分

も映さないのがフツーかも。ズームレンズで一瞬、焦点を遠くに切り

替えるくらいか。

 

 黒田先生の救命を超える救命を作る 

 絶対やる! わたしたちで!!

 

ゆうと君の願いと違って、自らの強い意志と、チームの絆を示してる

短冊。おそらく書いたのはみくり・・じゃなくて、無駄にスタイルがいい

(笑)白石恵(新垣結衣)だろう。洗濯物をたたむのが苦手らしい♪

前番組だろ!

 

つなぎみたいな作業着を着てても、スラッとしたボディラインが綺麗

だった。『逃げ恥』のみくりより、白石の方が可愛いと思うな♪ あれ

だけ可愛い「指揮官」がいれば、藍沢もトロント大学を後回しにして

救命に戻るのは当然。「それに、救命にはお前がいる」。

 

流れとしては、藍沢が藤川(浅利陽介)と張り合うため・・じゃなくて、

白石の短冊を見て、救命に戻ることを決心したってことか。

お前は面白い」。

 

ハンガーラック5つ使って、洗濯物を干してるし(笑)。また前番組か!

火事で白石の家の居候になる緋山(戸田恵梨香)も、寝る場所に困る

はず。冴島(比嘉愛未)の家だと、ハブクラゲに刺されそうだし♪ 沖縄

の子供時代だろ!

 

 

       ☆        ☆        ☆

子どもという中心テーマに戻ると、病院や災害現場で強調されてた

のは、フェロー達という「子ども」

 

フェロー(FELLOW)という言葉に統一された定義はないけど、この

番組では(フライト)ドクター見習いという意味。もう少し広い意味だと、

専門研修制度の研修生

 

若い彼らに対して、いまやフェローから独り立ちしつつある藍沢、

白石、緋山、藤川、そして橘(椎名桔平)が、指導医として教育する。

要するに、「子ども」が「親」になるのだ。

 

ドラマ終盤、ドクターヘリを前にして、藍沢が白石に語った言葉は、

やや聞き取りにくかったから、ツイートも少ない。

 

 「9年経って、お前はこの救命のりょうしんになった

 

ツイッターでは(ほぼ)全員、このセリフを「救命の良心」ととらえてる

けど、ドラマのテーマと全体の構成を考えると、「救命の両親」という

意味も掛けてるはず。三井(りょう)は辞めるし、橘は管理職だから、

白石救命の母であり、父でもあったわけだ。

 

ただ、白石は周りに気を使い過ぎて、何でも一人で背負い込むのが

悪いクセ。そこで、藍沢が父親の役目を肩代わりしてやろうと考える。

2人一緒に、救命の良心=両親になるわけだ。来週は早速、激しい

営みが行われる。夫婦ゲンカね♪

 

 

       ☆        ☆        ☆

両親という解釈は、他の2組の両親を見ても自然なこと。藤川&冴島

は、10か月後くらいに両親になるらしい。元・夫婦の橘&三井は、

拡張型心筋症で補助人工心臓を付けた子どもを、心配そうに病院で

見守ってた。両親そろって。

 

さらに災害現場では、太った女性・・じゃなくて、ふくよかな女性(笑)

が、新たに子どもを産んでた。その後もゆったりサイズのままだった

から、双子のもう一人がまだお腹にいるはず♪

 

もちろん、藍沢たち自身にもまだ、子どもの部分があるから、今後は

若い両親が、20代の子どもたちを相手に格闘することになる。親子

として、仲間として。で、最終回は、バスタブの底にメッセージを残して、

山Pが一人、遠くへ旅立つのであった♪ 『ボク運』か!

 

 

      ☆        ☆        ☆

ともあれ、冒頭で脳外科のシャツを着てた藍沢は、ラストで救命の

シャツに着替えて一言、「よろしく」。キレイに決まった♪

 

170718a

 

Neurosurgery」。直訳すると、単なる神経外科だけど、しばしば

脳神経外科(脳外=のうげ)を指す英単語。首にはうっすら、ドクター

ヘリの影。

 

170718b

 

Emergency Medical Service」。

直訳すると、緊急医療サービス。命を救うことが出来ず、死と直面

することも多い職場だ。絶望感や徒労感とも、常に隣り合わせ。

 

 一人では 叶うと信じることすら困難な願いもある 

 そんな時はどうする 

 共に信じてくれる仲間と願えばいい

 

信じ合える仲間の存在って、いいね♪ リアルの「コード・ブルー会」

から仲間はずれにされてる椎名(笑)が、仲間に入れてもらえることを

願うとしよう。

 

それにしても、何を信じて、何をあきらめるべきなのか。難しいなと

思いつつ、今日はそろそろこの辺で。。☆彡

 

 

 

P.S. 『コード・ブルー 3rd season』初回の平均視聴率は、

    16.3%! 瞬間最高視聴率は、番組切替の時間帯

    の9時55、56、57分で、18.5%。おめでとう☆

    胸の筋肉だけでも2%くらい稼いだかも♪    

 

 

cf.神は死んだ、そして運命は水がもたらす

            ~『ボク、運命の人です。』第1話

  ハエ、灰、Hi・・、足裏から目指すハイ(High)

         ~『5→9 私に恋したお坊さん』第1話

  Yesterday Once More♪

         ~『アルジャーノンに花束を』最終回

  水・風・指輪、再びきらめくケンゾー♪

         ~『SUMMER NUDE』第1話

  愛と死を目指して生きる~『最高の人生の終り方』第1話   

  僅かな積極的休養ラン&『コード・ブルー2』第1話  

  男のビート、女のメロディー~『ブザー・ビート』第1話

  ドクターヘリを取り巻く腕~『コード・ブルー』第1話

  『コード・ブルー』のヘリコプターMD902について

  ブカブカの大きな愛に包まれて~『ブロポーズ大作戦SP』

  遠い夜明け~『クロサギ』最終回

  生きる場所を求めて~野ブタ再考

  リアルな人間との向き合い方 野ブタ原作

 

     ・・・・・・・・・・

  山P=山下智久『ルート66』、男のアメリカ横断一人旅が熱い☆

 

                  (計 3622字)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

Japanese cancer blogger dies(英国BBC)&多摩川

BIKE 59.4km,2時間15分,平均心拍 130

消費エネルギー 1160kcal (脂肪 360kcal)

 

こんな時でも、市川海老蔵は昼と夜の公演をしっかりこなしたとの事。

渋谷Bunkamura、シアターコクーン「石川五右衛門 外伝」。

その合間に、涙の記者会見。。

 

170624d

 

私は日本人男性だし、決められた仕事を必死にこなす姿を素直に

称賛したくなる。プロ意識の高さ、役者魂の強靭さ。成田屋350年

の歴史の重さ。

 

それは普通として、海外の感覚や慣習だとどうなのかね。国や地域、

文化によって違うのかな。ちょっと個人的体験を思い出すもんで。。

 

 

     ☆        ☆        ☆

パパが夜までお仕事してる間、5歳の麗禾(れいか)ちゃんと4歳の

勸玄(かんげん)君はどうしてるのかと思ったら、祖母2人と姉の小林

麻耶が世話してるわけね。歌舞伎の世界だし、全体的に支える体制

ができてると。

 

私が4歳とか5歳の頃だと多分、死というものはあんまし理解して

なかったと思う。たまに、親戚や近所のお葬式に参列してたけど、

しっくり来てなかったはず。もう会えなくなるし、話もできなくなって、

写真だけになるんだな・・って感じか。

 

小学校低学年の時、個人的付き合いが無かった同学年の生徒の

お葬式にみんなで参列したけど、あの時もピンと来なかった。ただ、

家で飼ってた小鳥が死んで、近所の海のそばにお墓を作ったのは

よく覚えてる。

 

それ以来、ウチでは、昆虫以外の動物は飼わなくなった。あのお墓

はどうなったのかね。。

 

 

      ☆        ☆        ☆

さて、小林麻央は去年、英国BBCの「100 Women」(100人

の女性)に選ばれてたこともあって、今回の訃報もHPで報じられた。

いつものように英文和訳しとこう。単語も構文も、かなり簡単な英語

で書いてるのは、日本人読者を意識してるからかも。

 

170624a

 

 マオ・コバヤシ: 日本のがんブロガーが34歳で死去

 

170624b

 

 かつてのアナウンサーで、ガンとの闘いを日々、公表することを

 決意した後、大勢の信奉者を獲得してたが、その病で亡くなった。

 

 マオ・コバヤシは2016年、BBC・100人の女性の1人に

 選ばれたが、木曜の夜遅く、東京の自宅で34歳で死去。

 

 彼女の夫で、有名な歌舞伎役者のエビゾウ・イチカワは、彼自身

 のブログにおいて、「人生でもっとも泣いた日」だったと語った。

 

 小林さんのブログは、個人的なことを議論するのを好まない国に

 おいては草分けだった。

 

 「ココロ がんブログが日本の心をつかむ」 ・・・・・・

 

 

      ☆        ☆        ☆

日本人ブロガーの1人として一応書いとくと、個人的なことや病気を

伝えるブログは、日本でも15年くらい前から多数ある。私の「同期の

桜」ブロガーも以前、真剣にやってたこと。ブログというメディアが登場

する前にも、有名人のプライベートな告白は多数あった。

 

だから小林麻央のブログは、草分けとかパイオニア(ground-

breaking)と言うより、特別な人気を獲得したものということだろう。

 

「KOKORO.」の右端のドットを付けてない点を見ても、執筆記者の

署名が無い点を見ても、日本の理解があまり深くない記事のようにも

感じられる。日本はそもそも、世界トップクラスのツイッター大国。個人

的な話や議論は、ネット上に溢れてるのだ。

 

まあ、海外に関する報道だから、当たり前でお互い様と言うべきか。  

ともあれ、日本を代表するガン・ブロガーの他界に、合掌。。

 

 

      ☆        ☆        ☆

一方、単なるマニアック・ブロガー&市民アスリートは、今日も極度

の寝不足と闘いつつ、多摩川を走って来た。

 

眠すぎてスタートが遅れたせいか、車は多いし赤信号だらけ。多摩川

サイクリングロードもランナー、ウォーカー、自転車が多くて、色んな

意味で刺激的。10勝6敗くらいだったか♪

 

かなり抜かれてしまったけど、最大の敵は眠気だったから関係ないし、

6敗の内の3敗は赤信号無視グループだから論外。ロードバイクの

信号無視は相変わらず多いね。事故に巻き込まれないように、注意

しよう。特攻隊レベルの命知らずの赤信号突破も見たから、こっちが

ヒヤッとしてしまった。

 

トータルでは平均時速26.4km最大心拍157(プチバトル時)。

気温23度、湿度85%、風速2mで、時々、額から汗が落ちて困った。

ランニングと違って、サングラスが邪魔で汗をぬぐえないし、危ないし。

自転車は身体にやさしいけど、何かと大変な面もある。

 

明日は忙しいからサボっちゃおうかな・・とか思いつつ、それでは

今日はこの辺で。。☆彡

                   (計 1832字)

 

170624c

| | コメント (0)

指輪という名の虹に輝く、3つの宝石~『ボク、運命の人です。』最終回

そうか、結婚発表したんだ。NMB48の須藤凜々花(すとう・りりか

・・笑)。そっちか! 写りがいい写真だとフィギュアの本田真凜に

似てるね。漢字が「凛」じゃなくて「凜」だし♪

 

いや、名前も顔も覚えてなかったけど、AKBグループに変わり者が

いるって話は耳にしてたのだ。『ボク運』最終回と同じ日に、数時間

早い結婚発表か。

 

エッ、単なる偶然でドラマと関係ない? そんな冷めた考えは損だよ

・・っていうのが、最終回のメッセージの一つでしょ♪ 偶然の中に

運命を感じること、偶然にひそむ宝石を自分で見出すことこそ、人間

にとって大切なのだ。

 

 

      ☆        ☆        ☆

例えば須藤凜々花の夢は哲学者になることで、一番好きな哲学者

は「ニーチェ先輩」♪ 

 

「神は死んだ」で有名なニーチェは、『野ブタ』の彰(山P)も敬愛してた

し、今回のボク運の物語とも、目立つ宝石店とも関係してる。

 

神なき世界、つまり現代において、人が生きる力や意志のあり方を

問うのがニーチェ。まさにこれは、神と名乗る男・一郎(山下智久)

なき世界で生きる力を試された、誠(亀梨和也)と重なるものだ。

 

「いし」が重要なのも同じこと♪ ニーチェが求めてたのは、「意志」。

須藤の相手は、「医師」に近い男性。誠が、フォアグラを隠し味として

下に敷いたような(笑)タイプを求めたのは、宝石という「石」を乗せた

指輪だ。

 

 

      ☆        ☆        ☆

170618a

 

さらに、あの宝石店、「festaria bijou SOPHIA」

(フェスタリア ビジュ ソフィア)。このテンメイ・・じゃなくて店名を

あえて訳すと、「星の祭典 宝石 知恵」。

東京・銀座に実在するショップだ。

 

フェスタリアという合成語の中央に、スター(星)が組み込まれてる。 

最後の「ソフィア」とは、「哲学」(フィロ・ソフィア)という単語の後半で

あって、崇高な知恵を表すもの。

 

したがって分かりやすく言い直すと、あの宝石店の名前は、

 「星の輝きを求めて 意志=石の哲学」

となってたのだ。

 

 

      ☆        ☆        ☆

遠く離れたものの多彩なつながりを見つけ出すこと、創り出すこと。

これこそ、人間の知恵=ソフィアというものだし、イメージ的には、

七色の虹=レインボウだろう。

 

虹とは、遥か遠くの2つの地点を結びつつ、天空へと高く伸びるもの。

超越的な高みを強く目指す傾向は、ニーチェも含め、近世ドイツ哲学

に共通する。カント、ヘーゲルなど。

 

虹=RAINBOWとは、「RAIN」(雨)の「BOW」(弓)。今回も

雨は大活躍だった。脚本家・金子茂樹が『プロポーズ大作戦』同様、

水にこだわり続けてるのは明らかだ。

 

何しろ、「GOD LOVES ME」(ボク、神に愛されてます)

Tシャツを着た一郎の最後のメッセージが水の底に書かれてたほど。

文字につられて、湯船の栓が閉まってることや、水が溜まってること

を見逃すようでは、演出家の佐久間紀佳が気の毒かも♪

 

 

      ☆        ☆        ☆

そして今回、もっとも美しくて、もっとも遠く離れたつながりこそ、最後

の虹と指輪のリンクだった。

 

宝石店の美人ママ店員にもらったチケットで、誠と晴子(木村文乃)

は再び、ベートーヴェンの『運命』を味わう。日本大学吹奏楽研究会

・・じゃなくて日本吹奏楽団のサマーコンサート。

 

エキストラ・・じゃなくて観客全員、スタンディング・オベーション(立席・

拍手)する中、誠は晴子にプロポーズした。あの口パクはたぶん、

 「僕と、結婚してください!」

と言ってたと思う。

 

鉄は熱いうちに打て。大阪の鉄板は熱いうちに焼け♪ 2人が熱々

の瞬間を狙った、絶妙なタイミングのプロポーズに、晴子も「はい」。

「あざーっす」とは、「ありがとうございます」の略語だ。蛇足か!

 

観客にお祝いの拍手を浴びる形で会場を出た後、遠くに見えたのが、

わざとらしい形の虹♪ 正直、オンエア中には「ハァッ?」って感じの

印象だった。連ドラ最後の決め手の虹くらい、もっとキレイな自然の虹

を使えばいいのに。。

 

 

       ☆        ☆        ☆

誠がプレゼントしたビニール傘で相合傘したまま、仲良く虹を見る

ラストシーン。妙に長いし、作ったような虹だ。

 

見なかったことにしてスルーしようか・・とも思ったけど、1回見て

さっぱり分からなかった作品というのは、2回見ると分かることが

多い。最近、動画で見た去年の大ヒット映画(笑)も、最初は5分で

止めそうになったけど、2回目は楽しめた。

 

解読のヒントは、晴子の謎めいたセリフ。既に虹をくぐってるけど、

誠が気付いてないのならいいやって感じで微笑んでた。出張の時

に悪天候だったから、ベルリン・・じゃなくて岐阜リン(笑)の壁あたり

を新幹線で通る時に虹をくぐったという意味か?

 

いや、絶対に、別の虹が映ってるはず。しかも、それは前にも登場

した物だと思って、録画を見直すと、あった、あった! 一番最後に、

光り輝く美しい虹が♪

 

170618b

 

 

      ☆        ☆        ☆    

3人で力を合わせて作った「虹」だからこそ、3つの石が輝いてる。

だから直前に、まるで作ったような虹を長く映してたと。

 

神に頼らず人の手で運命を切り開く、ニーチェ思想の象徴にもなっ

てる。それは、『野ブタ。をプロデュース』の全編を通じた主張でも

あった。「山崎と海亀」(笑・・・山と亀)は、2人一緒ならどこでも生きて

いけるのだ。

 

指輪を細かく見ると、石の頂点が5つある。3人+2人で、一足先に

婚約した定岡(満島真之介)&三恵(菜々緒)も含めてるわけか。

 

わざわざ『結婚行進曲』のトランペット奏者を用意したのに知らんぷり

したり(笑)、三恵の細長い身体を抱き上げてメリーゴーランドしたり、

みっちゃんは只者じゃないね。

 

で、指輪という虹なら確かに、既に晴子はくぐってたのだ。もちろん、

もっと広く、幸せの関門を既にクリアしたという意味に解釈してもいい。

交際を始めて、順調に「一仕事」終えたし(笑)、直前にプロポーズも

成功してるし。それらの象徴が、最後の指輪なのだ。

 

 

      ☆        ☆        ☆

そろそろ週間字数制限が近づいて来た。この後、30年後には、ここみ

(心美?)ちゃんがお祝いのピアノ演奏をしてくれるらしい。鍵盤を叩く

指の動きは、代役に任せて♪ コラコラ!

 

お祝いの席のお肉料理はもちろん、ひき肉だ。合い挽きのゆるキャラ、

アイビッキーにもらった風船は、公式ツイッターより。

 

170618c

 

「三十年後の演奏、楽しみにしてるよ」。あのコも神の子ってことか。

名前だけでも凄いし♪

 

野球場のスコアボードも最後に「赤い糸」が勝利。

 

 うめの  3 3 4 0

 あかい  3 3 4 1

 いとう

 

 

       ☆        ☆        ☆

なお、最後の晴子や誠のセリフにもあった、自分だけの秘密って感じ

の可愛いつぶやきはもちろん、『野ブタ』ラストへのオマージュ(敬意

を込めた模倣)♪ 

 

『野ブタ』だと、修二(亀)が波打ち際で、どこででも生きていけると

つぶやいてた。『ボク運』だと、浴槽を見たということか、誠が少し

一郎を思い出したんだろう。生意気だけど可愛い、将来の息子♪

 

笑顔で空をじっと眺めてたのは、野ブタ(堀北真希)へのオマージュ

になってた。2人のおかげで、巫女さんになれたよ(笑)。違うわ!

笑えるようになったよ。。

 

今週は15000字で終了。30年後の世界にも缶蹴りは残したいね

・・とか思いつつ、ではまた来週。。☆彡

                 (計 2905字) 

 

 

P.S. 『ボク運』最終回の平均視聴率は9.7%(ビデオ

     リサーチ、関東地区)。全話視聴率は9.6%で終了。

 

 

cf. 神は死んだ、そして運命は水がもたらす

           ~『ボク、運命の人です。』第1話

   雨と洪水の彼方、虹を目指すハト~『ボク運』第2話

   淋しがり屋が3人、似たもの同士~第3話

   意外な告白、ホントは114(いいよ)♪~第4話

   Over The Top、限界を超えて~第5話

   人が手作りするものの価値、その彼岸~第6話

   半月の恋、ときめきと切なさ~第7話

   信じ続けること、それが愛~第8話

   取り返しのつかない未来からの帰還~第9話

 

            (追記 250字 ; 合計 3155字)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

取り返しのつかない未来からの帰還~『ボク、運命の人です。』第9話

ダメだ! 洋食レストラン「レンブラント」のビーフシチューに、汁が

ほとんど無かった♪ そこか! 「あれっ、シチューが来てない」と

思った視聴者が全国に数万人いるはず。

 

テンメイ家では、シチューとはスープかソースがたっぷり入った料理。

つまり、ご飯と別の容器に入った甘いビーフカレーのこと(笑)。逆に、

オムレツは具がたっぷり入った料理であって、単なる上品な卵焼き

じゃない♪ 田舎から出て来て気になった事の代表だから、この場

を借りて全国のシェフにアピールしとこう。

 

ちなみに、ハート型の栓抜きを「ビール」と呼んだ覚えはないけど、

缶切りつきの栓抜きをどう呼ぶか、迷った覚えならある(笑)。ウチ

では缶切りと呼ぶ方がフツーだったかも。

 

缶切りにせよ、栓抜きにせよ、小さい子どもにとっては扱いにくい

道具であって、大人の階段を上る一歩なのであった。

 

懐かしコネタついでに書いとくと、NHKラジオ英語講座『エンジョイ・

シンプル・イングリッシュ』のナビゲーター、肘井美佳は、小さい頃、

コーヒー牛乳は茶色い牛から取れると教え込まれたらしい(爆)

 

いや、もちろん今回の『ボク運』は半ば『野ブタ』、半ば『プロポーズ

大作戦』であって、コーヒー牛乳を思い出したもんで。ちなみに今、

私はカフェオレを飲みながら書いてる所。銭湯ではない♪

 

 

      ☆        ☆        ☆

あぁ、レビュー冒頭のつかみとしては、こんな飲食物ネタより、

 「山P、亀に注射 ♡

とでも書いた方が良かったね(笑)

 

高尚なマニアック・サイトとしては、そっち系の話は書けないのだ♪

書いとるわ! もうちょっとヒネると、 

 「彰が射的、修二は昇天 ♡

とか♪ ヒネリ過ぎだろ。

 

神を名乗る謎の男あらため一郎も、神島三郎って名前がお気に入り

だから、「さぶちゃん」路線もありなのだ。前にも書いたように、「さぶ」

というのは、有名な昭和BL雑誌(笑)のタイトル。

 

ちなみにあの、虫刺されみたいな注射の痕と、それが消えた映像が

流れる前には、「後始末」というさり気ないセリフが入ってる。金子

茂樹の脚本の技術はそういった所にも表れてた。未来から過去に

帰還したお騒がせな息子は、誠の記憶を消してちゃんと後始末した

のだ。

 

さすが、ラブドールにも礼儀正しい美青年(笑)。リリー・フランキー

の愛する数十万円の高級人形にも、ちゃんと初対面の挨拶をした

というウワサ

 

 

      ☆        ☆        ☆ 

折角の労作だから、一郎からお父様へのお別れメッセージを全文

掲載しとこう。改行も、点の数も元のまま。最後、排水溝の丸い穴が、

「。」という句点の代わりになってたのがオシャレ♪ 『プロポ』や

『5→9』の香りも入ってるかも。

 

 誠へ・・・俺が居なくなって、 

 清々した?・・・それともちょっとは 

 寂しいって思ってくれた? 

 誠の頑張る姿を近くで見られて 

 本当に良かったと思ってるし・・・・ 

 誠が絶対に諦めない姿を見て 

 地球を滅亡から救えそうな 

 気がして来たよ・・・だって俺には 

 誠の血が流れてるんだから・・・本当は 

 一郎って名前を気に入ってるから心配 

 しないで・・・でもみっちゃんが来た時に 

 慌てて付けてくれた神島三郎も超 

 気に入ってたから。このままずっと 

 友達で居られないのが本当に残念だよ。 

 誠もそう思わない? 短い間だったけど 

 本当に楽しかったよ・・・じゃあね誠・・・・ 

 永久あばよ

 

 

     ☆        ☆        ☆

上のお手紙。よく読むと、「地球を滅亡から救えそうな気がして来た

よ」と書いてるから、まだ救ってない。

 

地球を救おうとしたのに間に合わなかったから、過去にタイムスリップ

して、自分の誕生を少し早める。そして未来に戻って、あらためて地球

を滅亡から救う・・・。そういう意味だろう。

 

過去にタイムスリップした後、未来を変えるという話。昔なら論理的

におかしいと言われたりもしたけど、パラレル・ワールド(並行世界)

や多世界解釈という超物理的な考えが広まってる今なら、それほど

問題はない。

 

要するに、「同じ」ような世界の流れが複数あると考えればいいのだ。

世界1では、時間が足りなくて救出失敗。だから、世界1の未来から

世界2の過去へとタイムスリップして、歴史を変更。世界3(正確には

世界2b)の未来に戻るとか。

 

下は10年前、『プロポ』第2話レビューでタイムスリップ理論を詳しく

解説した時の図の1枚。健(山P)が過去に戻って、礼(長澤まさみ)

の顔をニコニコさせる物語。あの時は質問を受けて、補足記事まで

追加した。真面目だったね♪ 過去形か! お気楽さん、元気?

 

170611a

 

今から考えると、ちょっと理論的に手直ししたくなるけど、とりあえず

スルーしとこう。必要なら来週、新たな説明を付け加えるかも。。

 

 

      ☆        ☆        ☆

とにかく、『ボク運』第9話は、タイムスリップに本物の神様と瞬間移動

がトッピングされたファンタジック(幻想的)な物語。夢オチもないから、

リアリティは薄い。2017年の時点では♪

 

ただ、脚本家・金子の細かいテクニックが満載。いちいち解説はしない

けど、複雑なパズルみたいな緻密な構成になってた。最終回への

目立つ伏線は「お父様」という言葉か。

 

結婚式の時かその後、息子のイチロー・・じゃなくて一郎(山下智久)

が、父親の正木(亀梨和也)を「お父様」と呼ぶ。お花とかに何気なく

書かれてるとか、病院で晴子(木村文乃)が産んだ男の子がいきなり

「お父様」と泣き声をあげるとか♪ ないだろ!

 

あるいは、30年後の未来をやり直して、地球を滅亡から救った後、

一郎が記者会見で「誠・・じゃなくて、お父様のおかげです」と語って

ニヤッと笑うとか。

 

 

      ☆        ☆        ☆

温泉の底・・じゃなくてカップ麺の容器の底に書かれてた、「ソース

焼きそば完食劇場」も、細かい技を使ってる。

 

 女 「ずっと私のソバにいてね

 男 「ソースね

 

「そうするね」と「そうですね」、誠の2つの気持ちを掛け合わせた、

上手い台詞だ。で、ソースの代わりにマヨネーズをかけて料理する

と♪ コラコラ!

 

そこで「全部、出たと?」と広瀬すずに言わせた明星・一平ちゃん

CMは炎上した(笑)。クレーム社会は疲れるのであった。

 

ビール瓶の栓を抜くという晴子の動作も、象徴的なもの♪ 幼い頃は、

父が晴子で抜いてた。違うわ! ハイハイ、晴子が父の栓を抜いてた。

つまり、父を愛してた。

 

ところがやがて、父ではなく、他の男性の瓶の栓を抜くようになる。

その成長を父も喜びつつ、一抹の寂しさも感じるのであった。

 

 

      ☆        ☆        ☆

最後に、毎度恒例。修二と彰の『野ブタ。をプロデュース』との比較

もしとこう。

 

第9話は一番過激なエピソードで、その点も『ボク運』と同じパターン。

つまり、蒼井(柊瑠美)が悪の本性をあらわにして、野ブタ(堀北真希)

だけでなく、修二(亀梨)や彰(山P)にも攻撃をしかける。

 

ところが、無理やりプロデュース仲間に入れてもらった後、結局は

蒼井が浮いて、追い出される形に。それでも3人は、蒼井のことを

心配する。彼女が飛び降り自殺する夢を見るほど。

 

慌てて学校に行くと、屋上から何かが地面に落ちて、人型の跡が

ついてた。「悪い蒼井」だけ自殺=自滅して、「フツーの蒼井」は生き

残ったのだ。『ボク運』9話みたいなファンタジー。

 

そして、キャサリン(夏木マリ)にたずねる。取り返しのつかない場所

に行ったことがあるか? するとキャサリンは、友達のおかげで戻って

これたと微笑んだ。確かに、遠い世界に旅立とうとしてた蒼井も、3人

のおかげで戻って来れた。

 

それは、酔っぱらった勢いで校長に辞表を叩きつけてしまった横山

(岡田義徳)も、昔の知り合いの女性に誘われて本気で出発した

豆腐屋のおいちゃん(高橋克実)も同じこと。生徒たちの署名、彰や

パパとのつながりのおかげで、何とか戻って来れたのだった。

 

 

     ☆        ☆        ☆

というわけで、私の11年半前の野ブタ・レビューは、「取り返しの

つかない場所からの帰還」というサブタイトル。それをもじったのが

今回の『ボク運』レビュー、「取り返しのつかない未来からの帰還」だ。

 

なぜか? それは、未来で息子の一郎が、地球を救うのに失敗した

からだ。数十億人の命を失ってしまう、取り返しのつかない未来から、

やり直しのためにタイムスリップしたのが『ボク運』。そして、「友達」

の誠パパのおかげで、元の平穏な地球に戻せることになった。

 

そう考えると、ユニットバスの底に「友達」と書かれてた意味も分かる

だろう。なかなかテクニカルな脚本なのだ。

 

 

      ☆        ☆        ☆  

なお、目を覚ました誠が白い光の中でうつむいてたのは演出の猪股

隆一の遊び心♪ 全力で闘った直後、『あしたのジョー』の超有名な

ラストシーンのパロディ、あるいはオマージュ(敬意を込めた模倣)

だろう。

 

今週は計15466字で終了。ちょっと字数制限をオーバーしたけど、

たまには良しとしとこう♪ ではまた来週。。☆彡

 

 

 

P.S. ゴールド免許に書かれてた一郎の誕生日は、2018年

    5月10日。今回までに過去を修正して、生まれるのを

    早めたはずだから、来週は4月半ばになってるはず。

 

P.S.2 第9話視聴率は9.2%。最終話で10%台に戻せるかも。

 

 

cf. 神は死んだ、そして運命は水がもたらす

           ~『ボク、運命の人です。』第1話

   雨と洪水の彼方、虹を目指すハト~『ボク運』第2話

   淋しがり屋が3人、似たもの同士~第3話

   意外な告白、ホントは114(いいよ)♪~第4話

   Over The Top、限界を超えて~第5話

   人が手作りするものの価値、その彼岸~第6話

   半月の恋、ときめきと切なさ~第7話

   信じ続けること、それが愛~第8話

   指輪という名の虹に輝く、3つの宝石~最終回

 

                    (計 3708字)

        (追記 131字 ; 合計 3839字)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

芸能つぶやき&気温22度ジョグ

(8日) JOG 10km,53分46秒,平均心拍 140

  消費エネルギー  513kcal (脂肪 123kcal)

 

やっぱりダメか。。昨日の放射線記事は中身も独自性もそれなりに

あるのに、Googleが拾ってくれないから検索アクセスを稼げない♪

セコッ!

 

最近のGoogle(とYahoo)は、上位で拾ってくれるまで最低3日

くらいかかるから、その頃には時事ネタの鮮度が落ちてしまってる

のだ。寿司か! って言うか、グーグルのせいじゃなくて、ココログ

の仕様変更が響いてるんだけど、しようがない♪ 寒っ!

 

ま、いいか。今日はもう、手抜きモードのつぶやきで済ませよう♪

といっても、つぶやきのネタさえ乏しい日だったりする。。(^^ゞ 

 

米国のFBI長官問題も、福岡の(警官?)殺人事件も、まだよく

分からないし。坂口杏里の不起訴じゃ、コネタ過ぎるし(失礼♪)。

北朝鮮のミサイルはそろそろ飽きて来たね。ちょっと多過ぎ!

よく、そんなお金あるわな。。

 

 

     ☆        ☆        ☆

そうなると、やっぱ元AKBの前田敦子のインスタグラムだろう(笑)。

そこか! いや、ファンでも何でもないどころか、忘れかけてた名前

だけど、芸能ニュースに出てた「すっぴん」画像が理解不能で、夜も

眠れないもんで♪

 

170609a

 

右上と右下、どっちが前田で、どっちが高畑充希?(笑) マジで

よく分からない。芸能記事を色々見ても、その解説が見当たらない

のだ。実はみんな分かんないんじゃないの?♪ ちなみに私の好み

は、あえて言うなら左上かな。聞いてない? あっ、そう。

 

まあ多分、右下が前田だろうと思うけど、見たことない髪型だし、

インスタの他の写真ともあんまし似てないからビミョーなわけ。って

言うか、やっぱ私は、人の顔の認識能力が低いのかも (^^ゞ

 

女性の髪型や化粧が変わると、もう別人に見えてしまう。だから、

シャワー浴びた後にもう1回、化粧だけさせたりするのだ(爆)。コラ

コラ! ちょっと盛ってるので、念のため♪ ちょっとか!

 

 

      ☆        ☆        ☆

一方、世間的にはもちろん、俳優・小出恵介の無期限活動停止が

注目を浴びてる。既視感もあるし、意外感もあるし。「また? 彼?」

って感じ。かなりマジメそうに見えるし、清潔感あるけどね。

 

今日発売の週刊誌で、未成年との不適切な交際が暴露されるって

ことで、「未成年って何歳?」と思ってたんだけど、17歳の女子高生

だったのか。飲酒つきだし、それは不運・・じゃなくてアウトだね♪

恐るべし、FRIDAY砲。。

 

まあ、探せば他のタレントもやってそうだけど。氷山の一角か。私は

女子高生と何度か遊んでるけど、不適切なものはないし、相手の親も

知ってるからセーフ♪ ギリギリの線で踏みとどまれる理性の持ち主

なのだ。ギリギリか!

 

それにしても、ドラマ、CMその他の違約金・賠償金が億単位とか

いう話だけど、具体的な契約内容を見たことは一度もない。どうゆう

風に決めてるのかね? 連続ドラマ主演だと、女子高生なら1億円、

人妻だと7000万円、出会い系5000万円とか♪

 

まあしかし、やっぱ女は怖いね・・とか、テレビでコメントしたら炎上

するんだろうな(笑)。小市民はブログでさえ書かないのであった♪

 

 

      ☆        ☆        ☆

最後に一言。3日連続の10km走について。昨日の午後から急に

また夏モードが復活。私が走った時でさえ、気温は22度もあった。

まったく、やる気が出ないまま、最低限の居眠りジョグ。

 

暑いし眠いし、腹は減るし♪ 毎度お馴染み、ゆっくり走ると腹が

減るのは間違いない。たかが10kmジョグなのに、「帰ったらコカ

コーラ飲もう」とか、「ハンバーグ食べよう」とか思いながら頑張る

状況。それでいて、他のランナーに抜かれるとカチンと来る(死語

かも・・笑)。

 

トータルでは1km5分24秒ペース。心拍も低いし、ちょうど良かった

かも♪ 湿度75%、風速2mで、この微風のおかげで助かった。

ではまた明日。。☆彡

 

 

          時間  平均心拍  最大

往路(1.2km)   7分05秒 118 131

LAP1(2.2km) 12分25秒 133 140

  2        11分58秒 141 147

  3        11分20秒 148 155

復路(2.2km) 10分57秒 154 167

計 10km 53分46秒 心拍平均140(78%) 最大167(93%)

 

                   (計 1716字)

| | コメント (0)

信じ続けること、それが愛~『ボク、運命の人です。』第8話

 どんなに困難で くじけそうでも

 信じることさ 必ず最後に愛は勝つ

            (作詞 KAN)

 

最近あまり聴かなくなったような気もするが、1990年発表のこの

大ヒット曲は、日本人なら誰でも知ってるものの一つだろう。KANの

作詞・作曲・歌による、『愛は勝つ』。200万枚突破、91年・レコード

大賞。カバー&パロディも多数ある。

 

似たタイプの曲でも、ZARDの『負けないで』の歌詞にはかなり含み

や解釈の余地があって、彼女自身の謎めいたキャラと共に、独特な

魅力にもなってる。その点は5年前の記事で解説した通り。

 

それに対して、『愛は勝つ』の歌詞は非常にシンプルで分かりやすく、

小学生からお年寄りまで誰でも一度聞くだけで理解可能。だから、

レベルが低いといった批判もあったけど、間違ってる。逆説的だが、

シンプルなものを大ヒットさせることは、決してシンプルではない。

 

例えば、一番叫びやすい母音の「あ」を連呼して、特に文節の最初

を「あ」だけでまとめてる点も、目立たないテクニックの一つだ。自分

でスッキリ歌いやすいかどうかは、大きなポイントだから。

 

 「KANARAZU SAIGONI I WA KATU」。

 

一方、複雑なものをヒットさせることは複雑で大変なことだ。その例

の一つが、11年半前、『野ブタ。をプロデュース』のドラマと主題歌

『青春アミーゴ』だった。実力や技術と共に、運命も感じるほど。。

 

 

      ☆        ☆        ☆

さて、『ボク運』第7話は、失敗した人を信じ続けるお話だった。現実

には、裏切られ続ける場合も少なくないはずだが、ハッピーエンド

間違いなしの甘口恋愛コメディとしては当然、上手く行くわけだ。

 

信じても、最後に愛が勝つとは限らない。これこそ、間違いない真実。

上手く行くこともあれば、上手くいかないこともある。裏切られ続ける

ことに疲れ果てて、信じることを止めてしまうことも日常茶飯事だろう。

 

それでも人は信じたいし、信じ続けること、信じ続ける人を愛してる。

信じることの価値を信じてる。そもそも、少なくとも自分という存在を

信じないと生きていけない。

 

だからこそ、信じることの素晴らしさを歌い続けるし、信じて成功する

フィクション(作り話)も永遠に作られ続けて行くのだ。

「どんなときも どんなときも」。。

 

 

     ☆        ☆        ☆

ところで、信じることが困難になるパターンはいくつかある。最たる

ものは、信じてる人や物事が失敗することだろう。特に、失敗が続く

とか、大失敗してしまうとか。

 

今回の『ボク運』だと、正木(亀梨和也)が犯罪者レベルの美人局

(つつもたせ)に引っかかって、運命の人だと思ってしまったこと。

これは晴子(木村文乃)の父親(杉本哲太)にとっては、許しがたい

失敗に思えた。

 

ドラマではまるで、娘を溺愛する父親の変なこだわりみたいな扱い

にも見えたけど、フツーの判断だろう。性的な失敗は反復しがちだし、

そもそも、どうして犯罪者達と接点が生じたのかも疑問。表面的失敗

だけでなく、背景にある交友関係や行動パターンが気になる所だ。

 

しかし、自分の部下・国枝(加藤涼)がボクシングの初戦で完敗した

後、必死にサポートする姿を見て、父の心も和らぐ。過去の恋愛で

大失敗したのは、自分の娘も同じこと。

 

それなら、2人とも温かく愛し続けよう、信じ続けようという流れになっ

た。水はいつも美味しいし、将棋の王将の駒を掘ってくれるサービス

も付いてるし♪

 

ちなみに晴子の方は、既に覚悟を決めてるわけだ。自分は過去の

恋愛で失敗したけど、もう一度、男性を信じよう。男性に対する自分

の愛を信じてみよう。。

 

 

      ☆        ☆        ☆

晴子にも父親にも正木のウケがいいのは、彼に何となく愛嬌がある

からでもある。「空振りしても ご愛嬌」♪ どことなく憎めないとか、

あいつなら許してしまうということは、自分の身の回りを見ても思う

こと。

 

「ボン・キュッ・ポン」のボディはもちろん、小悪魔的なキャラの悪女

とか、柔らかくて大らかな人間っぽさとか。『大辞泉』を見ると、明快

な説明が載ってた。

 

  「愛嬌」は「愛嬌のある顔」のように、その人にもともと

 身についたものをいうことが多いが、「愛想」は、「ご愛想を

 言う」のように、意識的な動作や態度をいう。

 

意識的な愛嬌というものもあると思うが、天性のものが大きいのは

事実。正木や自称・神(山下智久)の可愛さは、基本的に天性だろう。

三恵(菜々緒)の場合は、ルックスとボディに支えられた「愛想」かも♪

 

それを信じた晴子パパは、やがて大火傷して、ママ(石野真子)に

ぶっかけられたサーバーの水で冷やすとか。やはり、水は人の命。

 

そして、おミズは男の命なのであった(笑)。「ミューズ」(女神)という

ギリシア神話の言葉を縮めると「ミズ」になるのは、偶然ではない♪

 

 

      ☆        ☆        ☆     

それにしても『ボク運』第8話の美人局は、恋愛の危機のエピソード

としてはちょっと弱いと感じる。これもいつものように、『野ブタ』第8話

へのオマージュ(敬意を込めた模倣)だからだろう。

 

木皿泉の脚本はかなり技巧的だったが、本質は唯一つ。信じること。

よく分からなくても、疑惑で心が揺れても。妖しいドラキュラの存在も、

信じれば真実になる。少なくとも、当人にとっては。

 

第8話では不運なアクシデントも続いて、人気者・修二(亀梨)の人格

が疑われる。さらに、正体を現した蒼井(柊瑠美)の歪んだ言動を追及

して、逆に悪者呼ばわりされてしまう。

 

要するに、『ボク運』も『野ブタ』も、第8話では、犯罪者レベルの悪女

がらみで亀梨が苦しむ話になってるのだ。その悪女が、ドラマの序盤

から登場してた点も同様。

 

 

     ☆        ☆        ☆   

野ブタ(堀北真希)にとっては、信じることが難しい状況にもなってる。

というのも、片思いの相手で大切な仲間でもある修二と、初めての

友達の蒼井とが対立してるから。自分が信じる2つのものが矛盾して

しまうパターンの困惑。

 

しかし、野ブタは正しく、修二を選んだ。ということは、蒼井と友達

になるという失敗を自分で修正したことでもある。自分の直感・・

ではなく「直観」、物事の本質を直接観る能力を信じて。キャサリン

の手品(夏木マリ)の手品を見破った、自分の目を信じて。

 

一方、彰(山P)も、野ブタが修二をあすなろ抱きする盗撮写真を

蒼井に見せられて、2人への友情と信頼が揺らぐ。やっぱり自分

だけ邪魔者じゃないのか。野ブタにグーで殴られた直後だし♪

 

しかし、下宿先の豆腐屋のおいちゃん(高橋克実)の古い知恵が

助けてくれる。糠(ぬか)漬けのツボに写真を封印して、見ないこと

にした。臭いものは見る気がしない♪ 逆に、美しいものなら幻想

でも見ようとするもの。

 

ちなみに、先日話題にした『うん・漢字ドリル』が発売2ヶ月ちょっと

で227万部(!)の大ベストセラーになったのは、ウン・なのに臭く

ないからだろう(笑)

 

 

     ☆        ☆        ☆   

野ブタ8話の最後は、三つのヒモの輪の奇跡♪ 信じて握れば一つ

につながる。三人の友情と絆を信じれば。野ブタ。パワーを信じれば。

あれが手品かどうかは、どうでもいい。

 

私の当時のレビューは、「信じること、本当の事」というサブタイトル。

初めて、暴言っぽいコメントが入って来たのは、それだけインパクト

がある内容だったからだろうと、私は信じる♪ 野ブタ関連の掲示板

とかフォーラムみたいな所で話題になったようだ。

 

なお、来週の『ボク運』第9話は婚前交渉(笑)・・じゃなくて婚前旅行。

今回、ゴルフのパットの練習は伏線だ♪ 棒と玉で穴に入れて悦ぶ

のだから、正木と神様の関係が進展するはず(笑)。そっちか!

 

今週は個人的に、映画の動画を3本見てしまったし、自転車シーズン

も開始したので、ブログの字数は少なめ。13142字で終了となった。

早く映画レビューを書かないと大損だな・・とか、ブロガー症候群に

苦しみつつ(笑)、それではまた来週。。☆彡 

 

 

 

P.S. 第8話の視聴率は8.2%。さすがに7%台は避けたい所。。

 

cf. 神は死んだ、そして運命は水がもたらす

           ~『ボク、運命の人です。』第1話

   雨と洪水の彼方、虹を目指すハト~『ボク運』第2話

   淋しがり屋が3人、似たもの同士~第3話

   意外な告白、ホントは114(いいよ)♪~第4話

   Over The Top、限界を超えて~第5話

   人が手作りするものの価値、その彼岸~第6話

   半月の恋、ときめきと切なさ~第7話

   取り返しのつかない未来からの帰還~第9話

   指輪という名の虹に輝く、3つの宝石~最終回

 

                     (計 3326字)

        (追記 73字 ; 合計 3399字)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

半月の恋、ときめきと切なさ~『ボク、運命の人です。』第7話

「キターーッ!」って感じのノリはもう死語なのかね♪ 久々にテレビ

を見ながら内心叫んでしまった。

 

ランニングと自転車(バイク)中心のブログとして12年前に始まった

「テンメイのRUN&BIKE」が、初めて触れたドラマが『電車男』。その

頃、匿名掲示板にお目当てのライターが登場したり、テレビに好みの

ものが映ったりすると、イクーーッ・・じゃなくて、キターーッて感じの

反応が出てた♪ 

 

ちなみに英語だと、comeがgoを表す(笑)。コラコラ! 正確には

「am coming」が「am going」を表すと言うべきか♪ 

カムは、未来を表す進行形じゃなくて現在完了形かも・・・って、

細かいわ!

 

 

     ☆        ☆        ☆    

さて、何がキタ(来た)のか? 連続テレビドラマを見慣れた視聴者

なら、今回の『ボク運』の内容は甘過ぎると思う所だろう。ハッピー

エンドの恋愛コメディでも、第7話でここまで幸せ一杯の展開という

のは珍し過ぎるほど。

 

だから私は、中盤からもう、物語の暗転をジッと待ち構えてたのだ♪

いまか、いまかと待ってるのに、指輪のラブストーリーが続いて、もう

すぐ終了。ところが最後、一気に暗転してくれた。これがマニアの素直

な喜びなのだ(笑)。ひねくれ者か!

 

もちろん、ポイントは元・彼女の余罪じゃなくて、「半月」の使い方。

脚本の金子茂樹と、演出の猪股隆一の連携プレイだ。

 

 

      ☆        ☆        ☆   

静止画を3枚引用させて頂こう。非営利の個人ブログのレビューで、

肖像権にも配慮した好意的な使い方なので、著作権の問題は生じ

ないと考える。

 

170528a

 

まずは、中盤の半月シーン。「烏田(田辺誠一)が既婚者だと知って

落ち込んだ自分」に落ち込んだ鳩崎(笑・・・渡辺江里子)が、烏田と

和解する場面。美しいのに感情移入する視聴者はいないという意味

でも、切ないシーンなのだ♪

 

次は満月の恋がしたいとか言いつつ鳩崎が見る半月は、失恋した

彼女がいる側の半分だけが暗くなってる。だから、不自然なほど

真っ二つに明暗わかれてた。

 

半月と満月の対比(コントラスト)を導入した後で、終盤にはラブラブ

の正木(亀梨和也)と晴子(木村文乃)が満月を見上げる。

 

170528b

 

この時点でもう、私の目は半月の再登場を期待してた♪ すると見事

に、ヒネった形で現れたのだ。ゴールド・・じゃなくてゴッド(神=山下

智久)が寝そべる真っ暗な部屋の片隅に。決まった。。☆

 

170528c2

 

 

     ☆        ☆        ☆    

物語の暗転をほのめかすだけなら、この明るさはむしろ邪魔だし、

神ファンに配慮するのならカメラはもっと左側を強調する所。

 

演出家やカメラマンがどの程度意識してるかどうかは別として、この

ライトは半月のヴァリエーションになってる。映像作品には映像独特

の文法があるのに、台詞やストーリーの話ばかりされる傾向がある

から、たまに書きたくなるのだ。

 

もちろん、この半月は、神もどきの片思いの切なさを表してるとも解釈

可能。折角いつもエプロン姿で美味しいお料理作って待ってるのに、

正木から70号くらいのアスパラを与えて貰えなくて悶えてるのだ(笑)

 

あれだけアスパラと太さを強調してたら、BLファンや特殊な女子は

悶えまくりのはず♪ ちなみに神は「さぶちゃん」と呼ばれてたけど、

これは昔の有名なゲイ雑誌の名前をもじったパロディ。

 

もじったと言えば、ツイッターで7人くらいしかつぶやいてなかった

けど、「生粋の乙女」を「キスオト」と略してたのは当然、3年前の

深夜番組『オトキス』(大人のキス英語)を意識したもの。ウチでは

1クールちょっとだけ英語番組としてレビューしてた・・とか書いて

も怒られないらしい(爆)

 

 

      ☆        ☆        ☆

一方、亀梨&山Pの原点だった秀作、『野ブタ。をプロデュース』の

第7話でも、半月のような恋に揺れる心が描かれてた。

 

野ブタ(堀北真希)が放送部に誘われて、彰(山P)が追いかける。

修二(亀梨)は少し距離をおいた形でビデオ撮影に加わってるのに、

野ブタは修二の作品(「私の好きなもの」)ばかり褒めるし、その中に

表れてる修二の気持ちも褒める。

 

嫉妬で面白くない彰が、修二のビデオテープをゴミ箱に捨てようと

してた時、野ブタに見つかってグーで殴られてしまう。最低の男だと

落ち込む彰を修二が慰めるようにして、二人で休日の学校に侵入。

 

勝手に放送室に侵入して、彰は野ブタへの思いを叫んだ後、『お嫁

においで』を歌い出す。

 

 もしも この舟で 君の幸せ 見つけたら 

 すぐに帰るから 僕のお嫁においで

                 (作詞 岩谷時子)

 

「もしも・・・たら」という仮定の形がポイントで、結局、彰は「君の幸せ」

を見つけられなかったから、野ブタにお嫁においでと言えなくなった。

そうゆう切ない歌なのだ・・という解釈は、11年半前に書いたことだ

 

この時、修二は学校に来てたまり子(戸田恵梨香)に向かって、正直

すぎる告白をする。好きにはなれない。これからも。。 フった側の

修二も公園のブランコで落ち込んでると、野ブタが優しく後ろから抱き

しめて、遠回しに告白。自分も恋愛対象にならないことを感じ取った

上で。。

 

 

      ☆        ☆        ☆

あのドラマの夜、半月だったかどうかは分からないけど、『お嫁』の

歌詞は夜の闇と星(=君)を描くもの。その意味では、半月の歌と

言っていい。

 

恋は、満月よりも半月の方がときめくもの。半月の切なさは、満月

よりも鮮やかに輝くものなのだ。という事で、来週の『ボク運』の暗転

は注目。

 

残念ながら週間字数制限15000字に到達したので、唐突に止める

としよう♪ それではまた来週。。☆彡

 

 

 

P.S. 第7話の視聴率は8.6%。厳しい水準になって来た。。

 

cf. 神は死んだ、そして運命は水がもたらす

           ~『ボク、運命の人です。』第1話

   雨と洪水の彼方、虹を目指すハト~『ボク運』第2話

   淋しがり屋が3人、似たもの同士~第3話

   意外な告白、ホントは114(いいよ)♪~第4話

   Over The Top、限界を超えて~第5話

   人が手作りするものの価値、その彼岸~第6話

   信じ続けること、それが愛~第8話

   取り返しのつかない未来からの帰還~第9話

   指輪という名の虹に輝く、3つの宝石~最終回

 

                   (計 2384字)

          (追記 87字 ; 合計 2471字)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小保方晴子日記10~鉄格子つきの個室に再入院

ついに第10回まで来てしまった、小保方日記の感想記事。当サイト

は総合マニアック・ブログであって、ファンサイトとか応援ブログでは

ないので、流石にそろそろ一区切りつけようと思う。

 

ちなみに過去9回の記事は次の通り。短いコメント記事も含まれてる

ので、念のため。

 

初回 第2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回

 

 

      ☆        ☆        ☆

さて、『婦人公論』2017年6月13日号(5月23日発売)掲載の日記

は、15年4月14日~5月18日分を3ページにまとめたもの。

 

当然、1日分あたりの文字数は少なくなってて、一言だけの日もある。

サブタイトルは、「入院、鉄格子、メールボックス」。

 

鉄格子という言葉が強烈。一般社会とはほぼ断絶したけど、メール

その他の僅かなつながりは残ってる状況だ。実際、気まぐれ先生

とのお食事、入院手続き関連でお姉さんとの再会、友達の面会と

いったつながりは書かれてるけど、今までよりあっさりした記述。

 

心身の状況は過去最悪レベルを更新した感じで、特に身体の変化

が強調されてる。極端な変化だから、心理的なものよりも、強い薬物

(向精神薬)の副作用が大きいのだろう。

 

 

      ☆        ☆        ☆  

入院直前から、皮膚が炎症を起こして熱いし、湿疹もできたらしい。

美容への関心が強いアラサー女性にとっては、それだけで大きな

ショックのはず。

 

入院後に、皮膚科の先生に訴えたけど、軽く受け流されて、もらった

薬も効かなかったらしい。その後、抗うつ薬(?)を変えたようだから、

副作用だと強く訴えたということか。何種類の薬を服用してるのかは

不明。おそらく、皮膚薬も含めて3種類以上の併用だと想像する。

 

薬にはもちろん、良い効果らしきものもあって、強烈な食欲が描かれ

てた。そうは言っても、これまでの大幅なマイナスを取り戻す程度だ

と思う。隔離された暗く退屈な病室で、そんなに飲み食いしまくる気

にはなれないはず。

 

 

       ☆        ☆        ☆

病院と病室は以前の入院時と同じで、小さい窓には鉄格子があって、

数cmしか開かない。持ち物も、鋭いものは没収。管理とリストカット

防止用という意味なのか、リストバンドも使用。

 

医師や看護師も同じ人達みたいだけど、態度が事務的で冷たくなった

ように書かれてた。事実なのか、彼女自身の調子の悪化によるもの

なのかはハッキリしない。ただ、あの魔女狩り的バッシング状況で、

彼女を引き受けるだけでも十分、「有難い」ことのはず。

 

今までの彼女なら、その有難さを強調して、素直に感謝できない自分

を責める所なのに、今回は特に主治医(=教授?)に対する不満が

繰り返し語られてる。

 

 

      ☆        ☆        ☆

普通に書いたり読んだりできるようになりたいと訴えると、ホントに

できないんですか?って感じの皮肉っぽい反応で傷ついたとか、

わざわざ告発状が受理されたことを伝えに来て、目の前で大きな

ため息をつかれたとか。

 

後から分かったことだけど、実はこの時は、彼女が告発されたのでは

なかったらしい。ということは、理研への告発ということか、あるいは

その他の関係者なのか。

 

ちなみに、看護師については、おしゃべりした話が一言書かれてる

程度。おそらく男性の(?)主治医、サブ主治医、皮膚科医、そして

薬への不満があらわなのだ。

 

 

       ☆        ☆        ☆

心を病んでる患者が、病院や治療者の類と深く関わった時、幼い頃

の状態に戻ることは珍しくない。

 

いわゆる退行で、かなり原初的なレベルまで戻ると、今まで抑えられ

てた攻撃性が前面に出る場合もある。医師はそうした事を知ってる

し、慣れてるので、それほど気にしないだろうとは思うけど、今後また

入院するかも知れないことを考えると、今回の日記は大胆な批判だ。

 

そのエネルギーはむしろ、ワインや甘酒、和菓子の暴飲暴食にでも

向けた方が健全だと思う♪ 病院内のお買物や飲食は、わりと自由

にできるようだ。

 

 

       ☆        ☆        ☆   

最後の話は、理研のメールボックスについて。まもなく使えなくなる

という通知が来たから、2つのアドレス(1つは攻撃からの避難用)

を久々にチェックしたら、未読だけでも1000通くらい入ってた。

 

彼女はその数を多いと言いたいようだけど、私は逆に少ないと感じた。

私の場合、商業用も含めてスパムメールの類だけでも、1日あたりの

合計で40通くらい来る。もし半年放置すると、それだけでも7000通

になる計算だ。もちろん、それ以外に普通のメールもかなりある。

 

彼女のアカウントは、届く前のブロックがしっかりしてるのか、あるいは

ほとんど登録されてなかったのか。とにかく、メールを他のアカウント

に転送する時にチェックすると、調査委員会の決定を変えてたかも・・

と思われる内容もあったらしい。

 

今となっては遅すぎるのか、あるいは今からでも利用できるのか。

まあ、それよりも新たな研究の方が、正攻法で有益だ。

 

 

      ☆        ☆        ☆

一番興味深かったのは、ほんの一言、彼女の周囲に仲間のような

存在がいることを匂わせてた点。

 

その仲間は今、休んでるから、自分がもっとしっかりしなければ・・と

いった感じで、遠回しにちょっとだけ書いてた。あまり名前が騒がれて

ない、STAP細胞の共同研究者ということか。単なる友人・知人では

ない気がする。あるいは、特別に身近な存在で、彼女と共に病んでる

のかも。

 

なお、次回は今現在の話に飛んで、17年5月の日記の予定とのこと。

今は落ち着いてるようだから、安心して読める内容になってることを

期待しよう。

 

新たな研究職が見つかることを祈りつつ、今日はこの辺で。。☆彡

 

                  (計 2219字)

| | コメント (0)

人が手作りするものの価値、その彼岸~『ボク、運命の人です。』第6話

暑い! 膝の上のノートパソコンが♪ そっちか! 自宅のエアコン

の冷房は、7月にならないと使わないというローカルルールがある

から、5月21日に違法行為をするのは難しい。

 

というわけで、5月に気温30度の猛暑をそのまま受け止めてノート

PCを使ってると、流石の新型PCもちょっと熱を発してしまう。別に

「熱く」はないけど、「暑さ」が増してしまうから、ますますキツイ。。

 

・・・っていうのは言い訳だったりする♪ 長っ! こんな時に長い

ドラマレビューなんて書いてられないから、軽く済ませよう。天気とは

天命(テンメイ)、つまりこのブログの管理人(笑)。違うわ! 天の

定め。人間としては基本的に素直に従うべきものなのだ。吉川英治

が描く宮本武蔵も、自然に逆らおうとして敗北。

 

現実においてもそうで、文春HPによると、天に逆らおうとしたロシア

の天候操作は、今年の戦勝記念日(5月9日)に失敗したらしい。

 

逆に言うと、去年まではそこそこ成功してたってことでもある。さて、

神は人間の反逆をやさしく包み込むのか、あるいは控えめな天罰と

してお尻叩きするのか。お尻叩きはご褒美にもなるけど♪ コラコラ!

 

 

     ☆        ☆        ☆

さて、日本語の個人ブログとしては英語が多めのこのブログ。当然、

今回はお天気の英語からスタートしよう。

 

 When it rainS,

 it pours.

 (雨の日は、いつも土砂降り

 

既にあちこちに拡散してるはずの、この英語のことわざ。1行目の

右端、3単現(3人称単数現在)のSを小文字で書いてるようでは、

手作りの王将が無い亭主関白と同様の「もぐり」だ♪(by 自称・神)。

細かっ! あれは左端と右端を大文字にするデザイン上の配慮。

 

 

     ☆        ☆        ☆

そんな事より、正木(亀梨和也)に対する晴子(木村文乃)の説明が

ちょっと気になった。「雨の日はいつも土砂降り」という翻訳はいいと

して、日本語の「弱り目にたたり目」、「泣きっ面に蜂」と結びつけた

のはあまり感心しない。たとえ、英和辞典に載ってるものでも。

 

というのも、この英語のことわざは、一般的な法則の形で書かれてる

のであって、偶発的な「たたり目」や「蜂」より重みがある法則なのだ。

人間にはどうしようもない、絶対的な天の定めとして語られてるから、

バカバカしさが増して笑えるし、突っ込めることにもなる。「昨日は小雨

のままだったぞ」、とか♪

 

つまり、この諺は、ウチで時々書いてるマーフィーの法則と同様。

「トーストを落とすと、必ずバターを塗った面が下になる」とか(笑)。

悪い事は最悪の形でおとずれる、というのが、このユーモアの本質

の一つ。

 

 

     ☆        ☆        ☆  

話を戻すと、あの諺には、ヒネった言い回しの別ヴァージョンもある。

この形は、私の高校のD先生が好んでたものだ♪ 個人情報か!

 

 It never rains but it pours.

 (土砂降りになることなく、雨が降ることはない

 

これを手元の小学館『プログレッシブ英和辞典』で調べると、興味

深い説明があった。「2度あることは3度」という意味で、良い事にも

使われるらしい。

 

そう言えば、まさに晴子がそうなのだ。プロポーズされるのを期待した

日に、相手の男から既婚者だと打ち明けられて、座り込んで泣いてた

時。晴子の青いコートを見て、サッカー日本代表の敗北で泣いてると

勘違いした正木に「次は勝てる」と慰められて、彼女は土砂降りの雨

だと感じたらしい。

 

しかし、晴子と正木の運命の出会いは、幼い時、高校時代(野球&

受験)に続いて、あれが3度目。まさに良い意味で、「2度あることは

3度ある」のパターンになってた。おまけに「pours」だから、これから

大量に「注ぎ」込まれるということだ♪ 幸せを(笑)

 

考えてみれば、男女の結びつきを祝福するライスシャワーというのは、

巧みな象徴表現になってる。豊作の形を使って、男のエネルギーと女

の悦びの両方を暗示してるのであった。ただし、後始末は2人仲良くっ

てことで♪ 細かいわ!

 

ちなみにウチでは初回レビューから、ドラマにおける水の役割に着目

してた。脚本・金子茂樹、主演・山P=山下智久の10年前のドラマ、

『プロポーズ大作戦』と同様、やっぱり『ボク愛』も水がポイントなのだ

・・・とか書いても大丈夫らしい(爆)

 

 

      ☆        ☆        ☆

一方、ほとんど無意味に思えた、将棋の駒「王将」の手彫り。あれに

は2つの意味が読み取れる。

 

一つには、「人間が行う将棋」への礼賛。実は『ボク運』の放送開始

直前、人間の将棋界で最高峰に立つ佐藤天彦名人が、AIに負けた

のだ。0勝2敗、内容的にも完敗で終了。

 

囲碁だとまだ中国の天才棋士が人間の意地を見せようとしてるけど、

将棋はもう決着がついた。人間は既にコンピューターに負けたし、

今後はさらに差が開くはず。

 

ところが、ネットでニュース検索すると、報道写真のほとんどは名人の

側を写してるのだ。勝負事だと、フツーは勝者を大きく扱うはず。それ

でも人間ばかりが写されてるのは、写真を見るのが人間だからだろう。

 

人間はどうしても、人間が好きだし、人間的なものに魅かれる。人が

生み出す将棋とか、人が負けてうなだれる姿。あるいは、人が手彫り

で作る将棋の駒とか、人間がウクレレで陽気に歌う『王将』とか♪ 神

だろ! 人が着るフリル付きメイド・エプロンとか♪ まだ言うか!

 

確かに、人間と言っても男女の差はあるわけで、将棋の駒の手彫りは

完全に、ごく一部の男の趣味。ただ、「王将を手彫りしてるのだから、

別の女性との同棲はあり得ない」と言い訳する男子には、女子の心も

動く。

 

男が必死に作った愛の言い訳が、女に突き刺さったのであった。存在

の奥まで、深く、激しく。。

 

 

      ☆        ☆        ☆

最後に、王将の手彫りのもう一つの意味について。もちろんアレは、

台湾に進出した王将のギョーザを意識したもの。違うわ! 『野ブタ。

をプロデュース』第6話を意識したもの。パクリとかコピペではない、

高度なオマージュ(敬意を込めた模倣)。

 

ちなみにウチの11年半前のレビューは次の通り

  大切なもの、欲しいもの~野ブタ第6話

 

この回は、人が手作りしたものの人間的な価値について、二重に

語るエピソードになってた。

 

一つはもちろん、野ブタ(堀北真希)が中心となって手作りしてた、

野ブタ・キーホルダー。彰(山P)が作ったとかいう誤解があるようだ

けど、野ブタが作った物を、彰が修二(亀梨)の家に持ち込んだのが

最初。その後は修二家や豆腐屋まで含めて、みんなの共同作業だ。

 

キーホルダー1号は、200円で1000個以上売れたようだけど、売り

上げをつぎ込んで勝負した2号はさっぱり売れず。落ち込む修二に、

野ブタが見せたのは、どこかの子供のタイムカプセル。そこには、キー

ホルダー1号が大切に保管されてた。

 

だから、勝手に開けた彼らはプライバシー侵害で補導されたのだ♪

違うわ! 一生懸命に頑張れば、きっと誰かに心に残る。それだけで

十分、頑張る価値があるということなのだ。たとえお金にならなくても、

販売個数が少なくても。

 

そしてもう一つ、人間の手作りとして登場したのが、「子ども」という

宝物。彰の父(升毅)は、自分の宝はお前だと言いつつ、たい焼き

を分けて彰に手渡してた。アンコという愛情がたっぷり入った、頭

の側。

 

息子の彰は、父の宝になる。たい焼きの頭の部分は、父の言葉と共

に彰の宝になる。どちらも、お金や数字、他人の評価とは関係なく、

それぞれの人の心で輝き続けるのだ。

 

そして、冴えないように見える通勤サラリーマン達もきっと、どこかで

輝いてるはず。横山先生(岡田義徳)の詩集『使い捨てカイロ』みたい

に、使っちまった後も、しぶとく、温かく。。♪

 

 

      ☆        ☆        ☆

ただし、世の中には、人の手が届かない部分、届かない次元もある。

人の世にとっての、彼岸。『野ブタ』や『ボク運』はそうした事について

も描いてる。

 

キーホルダーが売れるか売れないかは、出来とは別に、運とか偶然

にも左右される。その辺りの反応は、今のネット時代だと、ますます

読みにくくなって来た。大ヒットにせよ、炎上にせよ。

 

子どもが出来るかどうか、親が子供を愛するかどうか、子どもが親を

愛するかどうかも、個人の努力ではどうにもならない面がある。愛する

に値しない親、愛するのが難しい親がいるのも事実だし、その親には

親なりの事情や背景もある。親も幼い頃、愛されてなかったとか。

 

そしてもちろん、巨大な隕石が地球に衝突するかどうかは、神のみぞ

知る話。あるいは、自称・神のみがこだわる話♪

 

人間カップルとしては、あるがまま、Let it beで、脚本家・・じゃ

なくて天の定めに従い、結婚&出産に進むのみなのだ。次は必ず

勝つことを信じて。

 

 

      ☆        ☆        ☆     

ちなみに、「出産はムリでしょ」とか思った貴方(あなた)は、違う

カップルを見てるのだろう♪ 最近は、BLもアリの世の中なのだ。

そう言えば、「Let it Be」を逆にすると、BLになるのか。

 

だから、GLは人気が無いわけね♪ なるほど。妙な理屈に納得した

所で、今週は計14183字で終了。私が手作りし続けるブログにも

価値が認められることを願いつつ、それではまた来週。。☆彡

 

 

 

cf. 神は死んだ、そして運命は水がもたらす

           ~『ボク、運命の人です。』第1話

   雨と洪水の彼方、虹を目指すハト~『ボク運』第2話

   淋しがり屋が3人、似たもの同士~第3話

   意外な告白、ホントは114(いいよ)♪~第4話

   Over The Top、限界を超えて~第5話

   半月の恋、ときめきと切なさ~第7話

   信じ続けること、それが愛~第8話

   取り返しのつかない未来からの帰還~第9話

   指輪という名の虹に輝く、3つの宝石~最終回

 

                    (計 3808字)

          (追記 74字 ; 合計 3882字)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Over The Top(オーバー・ザ・トップ)、限界を超えて~『ボク、運命の人です。』第5話

眠い。。もう限界だけど、オーバー・ザ・トップ! 限界を超えて、頑

張ろう♪ まだ夕方だろ!

 

このドラマの視聴者の7割くらいは女性だろうから、細マッチョな

稽古・・・じゃなくて練習なんてあんまし興味なかったかも知れない。

相撲のバリエーションとしてなら、腕相撲よりもまだ紙相撲の方が

ウケがいいはず。  

 

しかし、体育会系の血が混ざってる男子はやっぱり、腕相撲の物語

にウケたのだ。ライバルからパーソナル・トレーナーとなった定岡(満

島真之介)が、「意外」にもナルシストだったことに(笑)。そこか! 

意外ってセリフが、意外。力が抜ける掛け声も、様になってた。

 

「エアロビは、筋肉の目覚まし時計」

「スカッシュは、筋肉のカラオケボックス」(親密性の向上)

「ストレッチは、筋肉の温泉宿」

 

今日あたり、全国のジムのトレーナーが早速使って、滑りまくりで

練習生の冷たい反応を浴びてるはず。

 

「スベリは、筋肉のクールダウン」♪

 

 

      ☆        ☆        ☆

・・・って話じゃなくて、どうでもいいような肉体系の勝負に男子が本

気でチャレンジする姿にウケたのだ♪ 今回のドラマもそうだけど、

そうした努力はしばしば女子目当てに行うもの。ところが女子の方は、

大して気にしてない(笑)

 

という事は、男子の自己満足、ナルシスティックな自己陶酔なのだ。

男子、ガックシ。。_| ̄|○ もちろん、それはそれで実際の効果も

甘美な味わいもあるけど、哀愁ただよう滑稽な姿でもある。

 

私は高校3年の時、最後の3000m走でライバルのエリート、「イカ」

に見事勝利☆ オーバー・ザ・トップ、「一番上を抜き去った」にも関

わらず、イカのファンの女子は全く気にせず♪ 「イカ」本人も、去年

の同窓会で、私をライバルと思ったことなどないとかウソぶいたらし

い。実話だろ! 細かいわ。

 

私は「完全にイカ」、真っ白の敗者になってしまったのだ。無理やり

イ・ボミのインスタグラム引用か! 昨日の記事を読んでない人には

分かりにくっ! ま、熱心な常連読者さん達へのご挨拶ってことで。。

 

 

     ☆        ☆        ☆

さて、前回のレビューは『ボク運』の後番組に触れたから、今回は

前番組に触れてみよう。2時間前の他局だけど♪

 

PCをいじりながら、夜7時のNHKニュースをチラ見した後、テレビ

を消そうと思ったら、可愛い女子アナが映ったから延長。『ブラタモ

リ』の近江友里恵アナ♪ 久々に見たね。プチ拉致シーンもあった

から、あそこだけ録画をリピートしてる視聴者も少なくないはず。

アブナイわ!

 

内容はまさに、オーバー・ザ・トップ。関東の西の「頂上を越える」

際の、箱根関所のお話だった。

 

真面目に聞いてないけど、関所には「改め婆」(あらためババア・・

笑)がいて、美少年が関東から西に出ようとすると、実は「出女」

(でおんな)じゃないかと疑って厳しくボディチェックしたらしい。男

か女か、身体検査。

 

ここでタモリが、浮世絵(?)を見ながら、「ハッキリしないが、コレ

か?」とか、10秒ほどババアになって下ネタいじり♪ 夜7時台の

国営放送なのに、そのまま流してたし、近江アナもケラケラ笑って

た。いいコだね(笑)

 

NHKとしてはまさにオーバー・ザ・トップ。限界を超えるやり取り

がオンエアされたのであった。。

 

 

     ☆        ☆        ☆

エッ、『ボク運』と関係ない? いやいや、大ありでしょ♪ だって、

31回目の結婚記念日に、晴子パパ(杉本哲太)が晴子ママ(石野

真子)にプレゼントのブランドは、「ナイチンゲール」。ジバンシーが、

男性向けバッグを女性向けにアレンジした物なんだから。

 

「男から女になっていくガール」のバッグ♪ コラコラ! それはドラ

マのストーリー上、男みたいにややキツそうな晴子(木村文乃)が女

になっていく流れの象徴。

 

尖ってること、トップを強調したがるのが男の特徴なのだ。良し悪し

はさておき。現代思想的には、男根(ファルス)中心主義を単純に

体現するのが男性、回り道して受け入れるのが女性ということだ。

 

だからこそ、正木(亀梨和也)は「ちゃんこ」を作る側になろう、力士

のように強くなろうと頑張る。つまり、自分が「ちゃんこ」になろうと

する。一方、晴子は「ちゃんこ」を美味しく食べるのであった♪

 

そう考えると、神様を名乗る謎の男(山下智久)が、次は部屋に連れ

込めと指図してたのも納得できるだろう。

 

要するに、隠れてのぞき見したいという欲望の表れ♪ 違うわ! 

ちゃんとチャンスを活かして、ちゃんこの象徴的交換、愛の儀式に

進めということなのだ。未来の隕石衝突の確率を下げるために。。

 

 

      ☆        ☆        ☆

170514a

 

一方、本家の腕相撲物語。1987年の米国映画『オーバー・ザ・トッ

プ』。私は名前しか知らなかったから早速、英語版ウィキペディア

英語のシナリオをチェックした。

 

上は劇場公開ポスターの画像。ウィキの縮小引用だし、非営利の

個人ブログでの内容に沿った好意的利用なので、著作権・肖像権

の問題は生じないと考える。シナリオはちょっと微妙なので、有名サ

イトだろうけどリンクは付けない。

 

主演のシルベスター・スタローンは、代表的な肉体派の人気俳優

で、『ロッキー』や『ランボー』のシリーズでお馴染み。『オーバー・

ザ・トップ』は、彼の人気が「頂上を超えた」頃の作品だから、まさに

彼自身の俳優人生も重ね合わせられてるわけだ。    

 

まずはプロット(あらすじ)から、超簡単に。ネタバレにご注意あれ。

って言うか、私は映画を見てないけど♪

 

トラック運転手の父(スタローン)は、長い間、息子や妻と離れて暮ら

してたが、妻の病気を機に、息子を連れて妻に会いに行く。

 

息子はおじいちゃん(妻の父)から、父の悪口を聞かされてたこと

もあって、最初は不愛想。ただ、セミプロ的な腕相撲好きの父の

影響で、息子も腕相撲の世界を知っていく。それを通じて、父へ

の理解もゆっくり進んで行く。

 

2人が妻のもとに行くと、妻は既に亡くなった後。失意の夫=父は、

腕相撲の世界で頂点(トップ)を狙う。賞金以上に、自らの誇りのた

めに。ダメ男ではなく、立派な父として認めてもらうために。

 

彼は見事、頂点に君臨する強敵を破り、義父(少年の祖父)も彼の

存在を認める。そして、息子と共に新たな人生の旅へとスタートす

るのであった。。

 

 

      ☆        ☆        ☆

こうしてみると、全盛期を過ぎた(オーバー・ザ・トップ)感がある男

による、男臭い物語だと分かる。そういえば、映画の名前を口にし

てたトレーナーも店主も、全盛期を過ぎた感がある男臭い男だ。

 

そのネガティブな意味の「オーバー・ザ・トップ」を、ポジティブな意味

の「オーバー・ザ・トップ」(頂点超え)へと昇華させる、米国的な成功

物語。

 

映画のセリフの中では、「Over the Top」には二重の意味が

含まれてるようだ。一つは、腕相撲で全力をふり絞る時の掛け声。

もう一つは、腕相撲大会(アーム・レスリング)の最終段階のこと。

 

いずれにせよ、この言葉と共に、全盛期を越えた感のある男に

新たな未来が開けるわけだ。それはちょうど、『ボク運』の11年

前、日テレ・土9『ギャルサー』の掛け声みたいなものだ。

「Open The Door!」、ドアを開け。

 

この言葉が、10年前の月9『プロポーズ大作戦』&聖書の「扉を

叩け」につながるのは偶然じゃないだろう。『プロポ』は、『ボク運』

と同じく金子茂樹の脚本で、主演は神=山Pだから。

 

 亀 ── オーバー・ザ・トップ

   ── オープン・ザ・ドア

   ── 扉を叩け

   ── 山P

 

こうして、亀梨(カメ)と山P(カミ)が遠くつながるのだ。まるで「背中

越し」のように。そしてBL女子達の萌えも、「絶頂を越して」イク♪

カタカナか!

 

 

     ☆        ☆        ☆

カメとカミがつながった所で、次はまた「神ドラマ」、野ブタについ

ても振り返っとこう。

 

第5話は『ボク運』と同じく、ある意味、初デート。ただし、野ブタ(堀

北真希)の相手は、彼女に片思いするシッタカ(若葉竜也)。その

カップルに、修二(亀梨)&まり子(戸田恵梨香)のカップルもどきが

連れ添う、Wデート。

 

修二たちが離れた後は、野ブタ・カップルを彰(山P)が偵察する、

3Pデート♪ コラッ! ところが、どこかのおじさんかおじいさんが

倒れて口から泡をふいてたのをキッカケに、流れは急展開。シッタ

カは、介抱する野ブタの手についた泡に思わず、「汚い!」。その

彼を冷たくにらむ野ブタを彰が温かく支えて、2人で病院へ。

 

結局、彰には野ブタの手の感触が残り、野ブタには修二へのほの

かな思いが微かに現れ、修二には謎の嫌がらせ女への負けん気

が燃え上がるのであった。。

 

ちなみに、生々しい人間的なものを生理的に拒絶したシッタカの態

度は、原作小説だと唯一の主人公・修二の感覚。それを、シッタカと

修二&彰へと分解アレンジした脚本家・木皿泉は実に素晴らしい。。

 

 

       ☆        ☆        ☆

で、『ボク愛』でも、初めてのデートで生々しい人間的なものが登場

してるのだ。

 

代官山・・じゃなくて大寒山(安田大サーカス・HIRO)の断髪式で、

大寒山に腕相撲で完敗した正木は、悪あがきみたいな姿まで見せて

しまったけど、晴子は別に気にしてない。

 

その後、2人で仲良く歩いてると、目の前をトラック・・じゃなくてブラ

イダルカーが走って行く。まるで、過去の晴子パパ&ママみたいに。

あるいは、未来の正木&晴子みたいに。カランカランと車の後ろで

鳴ってた空き缶の1つが切れ落ちて、思わず晴子が拾いに行った

瞬間、道路の向こうから車が!

 

その瞬間、正木の筋トレが役立った。幸せを引き寄せるように、

晴子を引き寄せ、幸せは離さない。身体と唇を密着させたまま、

妙なハッピースマイル♪ 一発逆転のオーバー・ザ・トップ、限界

を超えた接触。

 

たまたま(?)、笑顔でキスされた形になった晴子は、思わず正木

から離れる。ただし、毛嫌いしたわけでもない。要するに、野ブタで

描かれてた生理的拒絶に関する、ほのぼのヴァージョンのアレン

ジなのだ。

 

 

     ☆        ☆        ☆

原作小説の『野ブタ』には、ネガティブなものが最初から最後まで溢

れてる。ドラマの野ブタでは、ネガティブなものは主人公の外側で

表現されてる(シッタカ、謎の悪女)。

 

そして『ボク運』では、ネガティブなものがほとんど消し去られて、遠

い将来の隕石だけになってるのだ。これはある意味、死のメタファー

(比喩)とも言える。

 

人間は、自らがいずれ死ぬ運命だからこそ、結婚して子孫を残すの

も運命になってる。人に定められた道筋。個体保存ができないから

こその、種族保存本能。

 

これが保守系テレビ局の日テレの番組なのは、偶然じゃないのか

も。リベラル系テレビ局のTBSの『逃げ恥』と比較するのも興味深い

だろう。『ボク運』がフツーの男女、『逃げ恥』が頭脳派の男女を中心

にしてる辺りも面白い。

 

おっと、そろそろ時間が来た。限界を超えて書くと、日常生活に支障を

きたす。小市民は「Within The Limit」♪ あくまで限界の中で。

 

なお、今週は計14294字で終了。ではまた来週。。☆彡

 

 

 

P.S. 第5話視聴率は9.1%だった(ビデオリサーチ、関東地区)。

     瞬間最高は22時13分の11.3%。

 

cf. 神は死んだ、そして運命は水がもたらす

           ~『ボク、運命の人です。』第1話

   雨と洪水の彼方、虹を目指すハト~『ボク運』第2話

   淋しがり屋が3人、似たもの同士~第3話

   意外な告白、ホントは114(いいよ)♪~第4話

   人が手作りするものの価値、その彼岸~第6話

   半月の恋、ときめきと切なさ~第7話

   信じ続けること、それが愛~第8話

   取り返しのつかない未来からの帰還~第9話

   指輪という名の虹に輝く、3つの宝石~最終回

 

                 (計 4522字)

      (追記 146字 ; 合計 4668字)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧