「小保方晴子日記」8、マラソンランナーだったのか!♪

眠い。。 こればっか (^^ゞ 今週はマジで過労死レベルになってる。

今もコーヒーがぶ飲みでPCに向かってるわけ。カフェイン取り過ぎ!

    

寝るヒマが無い状況で、走ったり毎日ブログ書いたりっていうのは

妙な話だけど、とりあえず来週の連休まで頑張れば何とかなると

思って頑張ってるのだ♪ ま、個人的にたった3連休で、しかも疲

れる予定で埋まってたりするんだけど。。

    

・・って感じで一言ボヤいた後は、またサラッと軽く記事を書いて、サッ

サと寝ることにしよう。本当は、ローテーション的に理数系の記事を

書かなきゃいけないんだけど、残念ながら余裕が無くて引き伸ばし

戦術♪ 今日は、恒例の~~オボちゃん、チェック! 古っ! 

   

春からのブログシステム変更もあって、最近は「小保方晴子日記」

記事への検索アクセスが流石に減ってるんだけど、持久系アスリー

トは粘り強いのだ♪ 実は今回、何と小保方さんもマラソンランナー

だと判明! だから、とんでもない逆風にも耐えたわけネ。エライ!

ますます親近感が湧いて来た。

   

ちなみに、過去の7本の記事は以下の通り。一応、初回からずっ

とコメントし続けてるけど、軽い記事ばっかなので悪しからず。。

     

 初回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回

    

    

       ☆        ☆        ☆

さて、『婦人公論』17年5月9日号(4月25日発売)に掲載された、

第8回・小保方晴子日記・「あの日」からの記録のサブタイトルは、

「パンとオムレツ、巨大ナマコ」。

      

細かい話だけど、「パン、オムレツ」じゃなくて、「パンとオムレツ」と

してるのは、要するに似た意味合いの物だから。

   

身近で役に立つ、軽くて楽しい作業って感じ。まあ、パンは作り過ぎ

て、逆にはた迷惑になってたけど♪ 友人に無理やり持って帰らせ

たらしい(笑)。エライぞ、親切なお友達!

        

相変わらず、本人の心身は不安定みたいだけど、少しずつ着実に

回復してる感じが伝わって来る。寒い中、気まぐれ先生に連れ出さ

れて風邪ひいても、わりと平気みたいだったし。全然、辛そうな表現

になってなかった。免疫系もしっかり機能。

     

机に向かいたい思いも強まって来て、英語の模擬試験の問題集を

やってるとの事。何の試験かね? 密かに海外の研究所に勤める

話が進んでるとか、狙ってるとかかな?。

    

    

      ☆        ☆        ☆

以前は眠れない夜が多かったのに、2015年2月27日~

3月20日の期間になると、そこそこ寝てるようで、奇妙な夢の話

がいくつも入ってた。眠りが浅いのかも。

    

実家のリビングに大きな毛虫がいたとか、自宅の浴室に巨大ナマ

コがいたとかいうのは、今までの辛いトラウマの象徴表現か。生物

関連の、非常に不快で巨大な体験。あんまし歪曲されてない。スト

レートなメタファー(隠喩)に見える。ナマコの夢はリアル過ぎて、後

で友達にチェックしてもらったらしい(笑)。男友達ってことかも。

    

同じ生物関連の夢でも、制服を着て本屋に行ったら平積みのカエル

の本が気になったって話は、ポジティブな意味で興味深い。どんな

制服姿なのかね?♪ そこか! いや、それもそうだけど、この夢の

後に焦りの思いがこみ上げたらしいから、研究して論文書きたいん

じゃないかな。

  

笑えたのが、遊びに来た友人との会話。ぶどうの房の形に作った

クッキーの、実と実の間隔がバラつくことに関して激論を交わした

らしい(爆)

   

リケジョ、あるあるエピソードだね。半ば理系男子の私にも、気持ち

やノリはよく分かる。科学系、数学系のネタにはズブズブはまる、

哀しくてオモロイ人種なのだ♪

   

    

       ☆        ☆        ☆

それより、マラソンランナーの私が驚いたのが、マラソン大会の思い

出話。運動は苦手だったけど、小学校の高学年になると、マラソン

大会で学年10位以内に入れたらしい。

   

かなり意外なエピソードだね。文春砲や新潮砲で、昔の同級生に否

定されないことを祈ろう♪ コラコラ! 賞状の写真とか記録証とか、

載せればいいのに。理系女子なら、エビデンス(根拠)の大切さはよ

く分かってるはず。

   

とにかく、本人の記憶によると、マラソン大会の後にはお母さんが美

味しいオムライスを作ってくれたらしい。私も、何か大きなイベントが

あるとオムライスを作ってもらったことが何度もあったね。焼き卵で

挟む普通の形じゃなくて、広げた焼き卵の下にたっぷり円形にケ

チャップライスを盛ってるやつ。聞いてない? あっ、そう♪

     

まあ、今はまだマラソンの練習なんて難しいかも知れないけど、もう

ちょっと落ち着いたら、マラソンに挑戦して欲しいね。神戸マラソンと

か、大阪マラソンとか。余計なことを考えなくていいし、まだ30代前

半の若さだから、最初しばらくはドンドン伸びて、達成感や充実感

も味わえる。iPS細胞の山中教授と一緒に走るなんてのもアリ。

    

    

      ☆        ☆        ☆

2年前の日記に戻ると、徐々に明るさが見えて来る中でも、重たい出

来事は色々ある。

  

告発状が警察に受理されなくて、取り下げになったのはいいとしても、

その取り下げがあんまし報道してもらえなかったり、理研が論文投稿

の費用60万円を請求して来たり。今回の日記のラストがこの理研の

話で、かなりの衝撃だったような書き方になってた。個人攻撃まで出

るほど激しい感情が湧き上がるのに、なぜか冷め切ってる心の中心。。

    

まあ、5種類ずつのボディソープとバスソルトも手に入れたし、ゆっくり

お風呂に入れば大丈夫♪ で、風呂上がりにはストレッチで、将来の

マラソン開始に備えると。案外、もう大会に出てたりして。小保方さん

の顔のマスクで仮装すれば、本人とは思われないはず(笑)

  

いや実際、2年前、「小保方さんに似てるって言われない?」と聞かれ

たそうだ♪ 「よく言われます~」と答えたのかどうかは不明(笑)

   

これ、初めての経験だったそうで、要するに報道の印象がちょっと薄

れると共に、本人の外見もちょっと変化したってことじゃないかな。去

年の婦人公論の写真を見ても、ずいぶん痩せてキレイになってたし。

     

というわけで、この程度書けば十分でしょ。結構、フツーに書いてし

まった。それではまた明日。。☆彡

   

                   (計 2441字)

| | コメント (0)

雨と洪水の彼方、虹を目指すハト~『ボク、運命の人です。』第2話

ポッポッポッ 鳩ポッポ♪ 違うわ!

  

 ポッポッポッ 涙の雨が

 ポッポッポッ 足元しめらす

 手品師は今日も平和を祈る

 心の隙間に温もり隠して

   

   (作詞・ジョンレノン(笑)、『手品師の鳩は平和のホロッホー』)

    

   

      ☆        ☆        ☆

う~ん、これはタイミング的に、脚本家・金子茂樹自身も「手品師」

なんだろうね。

      

昨日(17年4月21日)には、日本の政府・内閣官房から、

 「弾道ミサイル落下時の行動について」

なんていう深刻なアナウンスが出たばかりの国際情勢だ。悲惨な

シリア情勢も、遥か遠くの出来事じゃなくなってる、今の東アジア。

     

金子は手品師みたいに、ドラマ視聴者という観客を楽しませつつ、

平和を祈ってる。心の隙間に平和を求める温もり(鳩)を隠して。

「ポッポッポッ」という鳩の鳴き声の陰に、「ポツリ ポツリ」という

涙の音を隠して。

   

「胸元の鳩が観客にバレ」ると、軽いラブコメディの面白みは薄れて

しまうけど、それでも平和を祈らずにはいられない。そもそも、ドラマ

とかテレビを安心して楽しめるのも、平和があってこその事。

   

   

      ☆        ☆        ☆  

ちなみに、本物のジョン・レノンが平和を歌った代表曲『イマジン』の

背景の一つは、長期化で泥沼と化したベトナム戦争。イマジン発表

4年後の1975年、ようやく終結を迎えた。

     

ほぼ同時期に、学生運動という名の学園戦争もほぼ終結、若者た

ちのエネルギーは分散して沈静化。大きな理想は消え、小さな夢、

小さな幸せが社会を覆うことになる。

   

願い続けた平和という有難いものにも、実は微妙な側面が伴うこと

を、人々は知ることになるのであった。。

・・・って、NHKスペシャルの昭和特集か!♪

  

そう言えば『イマジン』冒頭の歌詞、「there’s no heaven」

とか見ても、あれは「神は死んだ」的な思想のヴァリエーション

になってる。夢見るニーチェの共同体なのだ。。

   

    

      ☆        ☆        ☆

さて、『ボク、運命の人です。』episode2のポイントは、木村

文乃の入浴シーンだ♪ 違うわ! そうじゃなくて、晴子が昔か

ら愛する、虹と雪♪ 札幌五輪か! ハイハイ、虹と鳩ね。

   

虹と言えば、雨の後に遠くに見える、美しくて壮大なもの。良い

イメージの象徴や比喩として、非常に使いやすい自然現象だ。

今回も、良いコの仙波茜ちゃんが虹と重ねられてた♪ また、

子役か! アブナイわ!

   

鳩と虹のイメージを重ねると、旧約聖書の創世記を思い出す。神に

選ばれたノアの方舟(はこぶね)が、大雨と洪水を何とか乗り切った

後、ノアは外の様子を知るためにハトを放ったのだ。

     

 ・・・再びはとを箱舟から放った。

 はとは夕方になって彼のもとに帰ってきた。

 見ると、そのくちばしには、オリーブの若葉があった。

 ノアは地から水がひいたのを知った。

   

         (創世記 第8章10-11

   

   

      ☆        ☆        ☆

170423a

   

その少し後、「地は全くかわいた」のだから、晴れ渡る空に大きな

虹がかかってただろう。上の絵は、「THY WORD IS

A LAMP UNTO MY FEET」より。虹の下

には白い鳩も飛んでる。

     

虹の弓形を示す時、普通の英語は「arch」(アーチ)だが、

「arc」(アーク)という単語もある。方舟の英語「ark」(アーク)

と同じ発音なのだ。虹=方舟=アーク。

   

その虹を「最初にくぐった」人間や動物たちから、子孫が繁栄し、

新しい世界を作ることになる。「生めよ、ふえよ 地に満ちよ」。

    

こうしてみると、虹を最初にくぐった人と結婚するという幼い晴子

の言葉や、晴子&誠(亀梨和也)の子供が地球を救うという神様

もどき(山下智久)の予言が、聖書と重なることが分かるだろう。

    

そう言えば、日テレ『ルート66』の山Pの愛車もアークだった♪

そりゃ、「アッくん」だろ!

   

     

       ☆        ☆        ☆

ウチでは先週、第1話のレビューのタイトルを、

 「神は死んだ、そして運命は水がもたらす」

としといた。

   

第2話の『ボク運』を見ても、雨と海の水が虹につながり、虹が「晴」

子の運命の出会いをもたらす流れになってる。RAINBOW(虹)

という名のコンビニに誠が飛び込んだのも、晴子がテンメイ・・じゃ

なくて店名に気付いて微笑んだのも、雨のおかげ。まさに、雨粒は

「神の雫」だ。

   

もっと大きな物語の流れを見ても、誠と晴子は「雨続き」の人生だっ

たからこそ、他の相手と結ばれずに、運命に導かれることになった。

哀しい過去はすべて、水に流す。ヒモ男も不倫男も、美人局(つつも

たせ)も♪

      

この後、湖月家に美味しい水のサーバーまで入れば、運命は完璧

だろう。晴子のお父さん(杉本哲太)との契約とか、ちょっと脚本が

強引かも知れないけど、水に流すってことで♪ ちょうどドラマ放映

時に、関東で雨が降り出してたのも運命なのだ。他の地域は?!

      

    

     ☆        ☆        ☆

一方、平和な世界への思いを隠し味にしたドラマ第2話というと、

やっぱり『野ブタ。をプロデュース』を思い出す所。

     

あの時、脚本家ユニット・木皿泉は、かなり唐突にアフリカ(?)の

子供たちの笑顔を映し出してた。ということは、彼らも前から「心の

隙間に温もり隠して」たわけだ。グローバルな視野で。

    

野ブタ(堀北真希)の制服がペンキで「ブス」とイタズラされた時、修

二と彰(亀と山P)は私服のオシャレでプロデュース。野ブタがブス

じゃなくて可愛いことにクラスが驚いて、女子たちは真似しようとす

る。野ブタの分身人形みたいに。

         

ところが野ブタはその後たまたま、発展途上国で自分の昔のシャツ

を着た子供(別の分身)の写真を発見。古着の支援で送られたとい

うことか。小谷という名前をもじって、「(コ)ダニ」と落書きされた服を

着て、無邪気に笑ってた。みんな仲良く、幸せそうに。。

   

   

      ☆        ☆        ☆

おそらく、あちらの国にはそれなりの争いごとがあるだろうし、あの

服はイジメの対象とされた物。でも、「どんな服を着ても笑える」。

修二のパパのスーツも笑える♪

  

そう気付いたから、野ブタは私服を止める。修二と彰は、嫌がらせ

を逆手に取って、自ら「キザ」「バカ」(笑)と制服に落書き。学校で

流行らせることで、野ブタへのイジメの悪影響を消すことに成功。

   

やり返すのでも、逃げるのでもなく、そのまま受け止めて笑うこと。

自分のアイデンティティ(人形、制服)は手離すことなく。これは、

木皿泉の「立場」、あるいは思想だろうし、現実的にも有効な生き

方だ。受けた攻撃が、ある程度までなら。

    

ちなみにあの野ブタのシャツは、水でキレイに洗濯したものだろう

し、イタズラされた制服もジャブジャブと水洗いしてた。

   

受けた傷は消えなくても、水に流して笑うことは何とか出来るし、

涙の水で洗う姿で心を動かされる仲間たちも出て来る。

 「ボクたち、運命の人です。」

そして、やがては戦いも終息する・・と思いたい。。

      

     

       ☆        ☆        ☆

ワインを飲みながら軽口を叩き続けるようなコメディの向こう側に、

軽くないものも見えて来るし、色んなものを重ねることもできる。

   

修二と彰、亀と山Pが、水と共にハッピーな笑顔を求める姿は、彼

方の虹を目指す2羽のハトのようなもの。七色の虹をくぐることは

出来なくても、それを必死に目指すだけで、虹色の輝きというオリー

ブは手に入るはず。そして、方舟が新たな世界へと動き出す。

     

ただし、ハトの平和な世界にも、ハト同士の争いはある。来週は

ジョンレノンもどきの定岡(満島真之介)との可愛いバトルが楽しみ

だ。『イマジン』の歌詞と違って、恋愛はみんなが仲良く一つになる

ことは出来ない。2人が1人を挟むもの♪ 違うわ! 2人が一つ

になるものだ。

   

その2人を、誠と晴子で普通にイメージするか、あるいは美青年同

士でBL的にイメージするかは、貴方(あなた)のお好み次第♪

なお、今週は計14637字で終了。ではまた来週。。☆彡

   

   

  

cf. 神は死んだ、そして運命は水がもたらす

           ~『ボク、運命の人です。』第1話    

                  (計 3131字)

   

P.S. 第2話の視聴率は9.6%だった(関東地区)。

    

       (追記 26字 ; 合計 3157字)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

神は死んだ、そして運命は水がもたらす~『ボク、運命の人です。』第1話

いやぁ、大満足だった。ヒロイン・湖月晴子の子役が♪ そこか!

仙波茜ちゃん、NHKの朝ドラ『とと姉ちゃん』にも出てたんだ。絶対、

いいコだね。超~可愛いから(笑)。アブナイわ! 公式サイトも公

ブログもチェック。

    

もちろん、見た目だけで判断してると、美人局(つつもたせ)に簡単

に引っかかって、コンサートチケットを買わされることにもなる♪ 

ところがそこでは、ベートーベンの『運命』が流れる中、別の運命の

女性と目が合うのであった。

     

結局やはり、見た目だけで人を判断してもいいという教訓だろう♪

フジの新ドラマ『人は見た目が100パーセント』の主演女優が、可愛

い顔の桐谷美玲だということからも明らか。『ボク運』の主なタレント

も、男女共に外見がいいのだ。一部の例外を除いて(笑)。コラコラ!

     

どうでもいいけど、私は今まで、「つつ」の意味を誤解してたのかも♪

どうゆう誤解だよ! いかさま賭博で博徒がサイコロを扱う筒?。た

だし小学館の日本大百科全書(ニッポニカ)を見ると、「・・・とみられ

るが、不詳」とのこと。真実は、神のみぞ知る。。

   

    

      ☆        ☆        ☆

ところでそのカワイイ仙波茜ちゃんの所属事務所は、「NEWS」

エンターテインメント。だから、元NEWSの山P=山下智久が個人

情報を持ってたのは必然・・・じゃないか♪ 運命と呼ぶほどじゃ

ないけど、面白い偶然かも。

    

一方、8年前のドラマ『神の雫』で、ワインをめぐって闘ってた亀梨

和也と田辺誠一が水の販売会社で再会したのは、単なる偶然じゃ

ない。あれは『ボク運』と同じ日テレのドラマだし、どちらも基本的な

飲み物だから。

   

おまけに、『ボク運』の脚本家・金子茂樹の10年前のヒット作、

『プロポーズ大作戦』でも、最初から最後まで、健=山Pは水と関

わってた。最初、グランドで水を浴びてたし、SPの最後は水際。

   

あの時、私はレビューの中で、水とは美しく透明な流れのことだと

書いておいた。だからこそ、コミック版『プロポ』では、そよ風という

流れもポイントになってる。

    

そう考えて来ると、『ボク運』で運命と水が結び付けられてるのは、

単なる偶然ではない。要するに、美しく透明な流れに身を任せるお

話ということ。それは、脚本家というドラマの「神」が定めた運命な

のだ。。

    

   

      ☆        ☆        ☆

同じく、ドラマ的な運命によって定められたのは、『ボク運』で山Pが

刑事と名乗ってること。違うわ! 「神」と名乗ってること。

   

怪しい男がいきなり「神」と語り出すのは、12年前の名作ドラマ

『野ブタ。をプロデュース』へのオマージュ(敬意を込めた模倣)だろ

う。あの時、修二(亀梨)に向けて蝶々(笑)・・じゃなくて彰(山P)が

最初に語りかけた言葉は、「ねえ、神様、死んじゃったんだって♪」。

  

哲学者ニーチェの「神は死んだ」という言葉は、短くてシャープな一

言で、分かったような気になれるから、人気があってよく引用される。

   

現代は、かつての絶対的なもの、超越的な存在や信仰・信頼の対

象が消えてしまった状況。だからこそ、人間自身、自分自身で生き

ていく力が必要になる、自分たちの生は、自分たちでプロデュース

していくのだ・・・といった感じの受け取り方。

  

   

     ☆        ☆        ☆    

ただ、本当に現代社会が世界レベルでそうなってるかどうかはビ

ミョーな所だし、ニーチェの元の著作までチェックする人もほとんど

いない。

    

原書のドイツ語だと分かりにく過ぎるので、英訳を引用すると、興味

深い一文があるのだ。その言葉が初めて使われたと言われてる、

『悦ばしき知識』(The Gay Science)。英語版

ウィキペディアより。

   

 God is dead.

 ・・・ And we have killed him.

 ・・・ What water is there for us

 to clean ourselves?

   

 神は死んだ。

 ・・・我々が彼を殺したのだ。

 ・・・我々自身を清めるために、どんな水があるのだろう?

   

   

下は英訳の1つの表紙。amazonより。タイトルの別の訳、

「The Joyful Wisdom」も書き添えられてる。

   

170416c

   

    

      ☆        ☆        ☆

絶対的に信頼できるものを失ってしまった、罪と罰にまみれる我々

を、洗い清めてくれる水。

  

こうしてみると、一見、かなり軽いノリのB級恋愛ドラマのようにも感

じられる『ボク、運命の人です。』にも、それなりに深みがあるのが分

かるだろう。そう言えば、修二が野ブタ(堀北真希)と遭遇したのも、

水の流れ(川)のそばだった。

   

なぜか、山奥でひっそり暮らす老夫婦が長い間、いい水を求め続け

てたのも、『神は死んだ』というフレーズを有名にした別のニーチェの

著作を見れば納得できるのだ。

    

主著『ツァラトゥストラはかく語りき』の中で、新しい生き方を求める

主人公ツァラトゥストラは、古い考えのままの老人と出会う。人間不

信で神を愛する老人と別れた後、ツァラトゥストラは驚きながら、内

心こう言った。

       

 This old saint has not heard

 in his forest that God is dead.

   

 この年老いた聖者は、彼の森の中で、

 神は死んだと聞いてないのだ。

    

つまり、森の中の老人に、身体にいい水を持って行ったのは、新た

な人生を自分たちで歩んでいくための清めの水だから。人間が作り

出した、「神の雫」。

   

これまでの古いものを洗い流す、美しく透明な流れをもたらす物が

浄水器だからこそ、わざわざ2台もサーバーを契約しようとする。あ

の古い家にサーバーが合ってないのも、当然なのだ。古いものにこ

だわらない生を目指してるのだから。。

     

   

      ☆        ☆        ☆

神は死んだからこそ、新たな「神」には人間っぽさや胡散臭さが伴っ

てる。それは、『ボク運』の謎の男でも、「超人」ツァラトゥストラでも、

無数にある新興宗教の類でも同様なのだ。

      

そう言えば、お風呂場で鏡をのぞく晴子(木村文乃)の「髪」には、

嬉しくない白髪がまざってた。あれもまた、新たな「神」=髪に伴う

困難を象徴するもの。

   

何事も、新しいものの快楽を味わうには、まず苦痛や努力が付き物

なのだ。冷たくされ続ける正木誠(亀梨)の苦労も、恋愛成就のため

の産みの苦しみ。

   

やがて誠の子供を産む時、晴子も産みの苦しみを味わうだろう。地

球を隕石から救ってノーベル平和賞と物理学賞に輝く子供を産むの

は、大変なのであった。「1999年7の月」はもう過ぎてるけどね♪

ノストラダムスの大予言か! 古っ! 

   

稲村亜美の「神スイング」や、ノーパ・・じゃなくてノーバン(=ノー

バウンド)の「神投球」も、小学校1年からの努力のおかげなので

あった♪ 個人的趣味か! いや、今また始球式のニュースが出て

たもんで。

      

      

      ☆        ☆        ☆

ところで、30年後に地球に衝突しそうな隕石。天文学者が真面目に

議論してるという記事を先日、朝日新聞で読んだばかりだ(17年

4月2日・朝刊)。下は朝日新聞デジタルより。

   

170416a

   

プラネタリー・ディフェンス・カンファレンス(惑星防衛会議)のHP

のトップ画像が、今回のドラマ冒頭とそっくりなのは、演出家という

名の「神」が定めた運命か(佐久間紀佳)。IAAとは、国際宇宙

航行アカデミーの英語の略。

   

170416b

  

まあ、いざとなったら、ぶつかる瞬間にみんなで一斉にジャンプ

すれば大丈夫だろう(笑)。物理学的な考察記事も前に書いてる♪

   

   

     ☆        ☆        ☆

最後に、このドラマのお笑い担当の活躍も良かったね。上司の烏田

(田辺)が、あらかじめ念を押してたのにポテトサラダからニンジンを

捨て続ける姿は可愛かったし、晴子の父(杉本哲太)と母(石野真子)

のビミョーな会話にもウケた♪ 乾電池は100円ショップだと、2本

じゃなく4本で売ってることが多い。

    

朝日新聞のテレビ欄コラム「試写室」のコメントも好意的で、こう締め

くくられてる(4月15日・朝刊)。

    

 独身アラサーの正木と湖月に対する、周囲のいじりや

 結婚への圧力は、現実の社会でも見かける光景だ。

 「ほっといてあげてよ」と思いつつ、2人を応援したくなった。

     

要するに、執筆した湊彬子記者もいじられてるってことか・・とか

書くと、「ほっといて」と言われそうだから、書くのは止めとこう♪

書いとるわ! 

  

イジリというのも大切なコミュニケーションなのだ。言葉でも、身体

でも(笑)。キュンッ!とした貴方は、早速実行に移すか、あるいは

「亀と山P」のBLイジリを妄想してもOK♪ 『背中越しのチャンス』

のダンスビデオは、3Pイジリにも見えた。

    

なお、今週は計14482字で終了。さて、2人のファンだけで10%

くらい稼げそうなこのドラマの初回視聴率、どうなるかな♪

ではまた来週。。☆彡

    

  

  

P.S. 初回の平均視聴率は、12.0%となった(関東)。     

             

cf. 雨と洪水の彼方、虹を目指すハト~『ボク、運命の人』第2話

      

      ・・・・・・・・・・・・・・・

   生きる場所を求めて~野ブタ再考

   リアルな人間との向き合い方 野ブタ原作

    

     ☆     ☆     ☆

  新渡戸稲造『BUSHIDO(武士道)』~『怪盗 山猫』第1話

  亀梨&深キョンの夜エロ~『セカンド・ラブ』第1話

  緑色の渇きをうるおす人間の温かさ~『妖怪人間ベム』第1話

  僅かな腹ごなしラン&『ヤマトナデシコ七変化』第1話

  神、自然、そして人間~『神の雫』最終回

  『1ポンドの福音』最終回、軽~いつぶやき

  現在から未来へ、あなたと共に~『サプリ』最終回

  火花で始まる静寂な花火~『たったひとつの恋』第1話      

     

     ☆     ☆     ☆ 

  ハエ、灰、Hi・・、足裏から目指すハイ(High)

         ~『5→9 私に恋したお坊さん』第1話

   Yesterday Once More♪~『アルジャーノンに花束を』最終回

   水・風・指輪、再びきらめくケンゾー♪~『SUMMER NUDE』第1話

   愛と死を目指して生きる~『最高の人生の終り方』第1話   

   僅かな積極的休養ラン&『コード・ブルー2』第1話  

   男のビート、女のメロディー~『ブザー・ビート』第1話

   ドクターヘリを取り巻く腕~『コード・ブルー』第1話

   ブカブカの大きな愛に包まれて~『ブロポーズ大作戦SP』

   遠い夜明け~『クロサギ』最終回

     

                     (計 3937字)

        (追記 71字 ; 合計 4008字)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

小保方日記7ほか、一言だけ&超スロージョグ3

(12日) JOG 12km,1時間09分09秒,平均心拍 145  

  消費エネルギー  680kcal (脂肪 150kcal)

    

そろそろ止めようと思いつつ、なかなか止めれない人生♪ 違うわ!

なかなか止めれない、小保方晴子日記への一口感想コメントね。

    

しかし、それなりの歴史と知名度がある雑誌『婦人公論』で、今回も

3ページぎっしり書かせてもらってるから、やっぱり一部の読者を

しっかりつかんでるんだろうと思う。編者長も含めて。私もね♪

  

ウチのブログは、他の有名人に関するこの種のコネタ記事もかな

り書いてるけど、それらと比べても、小保方日記へのアクセスは地

味に安定してる。もう1回つぶやいとこうか。仕事に追われて、他の

コネタを探す余裕もないし♪ ちなみに、過去の6本は次の通り。

   

 初回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回

  

   

      ☆        ☆        ☆

さて、今回の婦人公論、2017年4月25日号(11日発売)は、

公式サイトに表紙の写真が載ってない。amazonも同様。朝日

新聞は載せてた気がするけど、相変わらずジャニーズ事務所の

肖像権管理は厳しいね。今回は木村拓哉なのだ。

   

封切り間近の映画のPRだけど、そう言えば、雑誌の読者とキムタ

クファンの年齢層はキレイに重なってる。私はよく行く書店2つで

チェックしたけど、どっちも平積みでかなり山が低くなってた。相変

わらずの人気だね。

    

「逃げずに全力で」と題するインタビュー記事を読むと、映画『無限

の住人』の撮影と一連の騒動が時期的に重なってたから、ちょっと

撮影中に「爆発」してたらしい♪ 巨大なストレス発散ね。ほとんど

語ろうとしないキムタクにしては、わりと踏み込んだ一言になってた。

     

   

      ☆        ☆        ☆

で、小保方さんも今回、「爆発」してるのだ。食事で(笑)。サブタイ

トルは、「新しい部屋、エクステ、お風呂」。

  

2015年2月5日~26日の約3週間のまとめになってて、1日

あたりの字数が少ないし、文学的だった前回と比べると表現もフ

ツーになってるんだけど、本人の生活自体にはいつも以上の激

しい起伏がある。

  

まず、これまでのホテルや旅館じゃなくて、短期滞在の宿を契約。

大きなお風呂に入れる場所ってことで、親切で真面目な友人が探

してくれたのは、すぐ近くに大きなお風呂がある所。これはベストの

選択だと思う。必然的にちょっと、外の空気を吸うことになるから。

しかも、お散歩以上にのんびりした気分で。

     

お風呂でリラックスできたからか、あるいはストレスが極致に達した

からか、イチゴやパンやインド料理(カレー)とかを大食い♪ 

  

拒食と巨食の反復だから、カロリーの合計だけならバランスが取れ

てそうだけど、若い女性としてはやっぱり気になったみたいで、食事

で爆発した後はカロリー計算で爆発(笑)。リケジョらしくて、いいね。

理系は単純計算や反復・継続作業が大好きな人種なのだ。サルみ

たいにかきまくってしまう。計算式を♪

   

   

      ☆        ☆        ☆

一方、髪型でも爆発。日記に書く気も起きなかったことが数ヶ月前

(前年)にあって、あの長い髪をバッサリ切り落としてたらしいけど、

美容室で数時間かけて長いエクステを編みこんでもらってた。他人

の長い毛が、自分の短い髪を補う。

   

これは、本人が意識的に書いたのかどうかはさておき、暗示的な比

喩だろう。要するに、他人の大きな心が、自分の小さな心を補ってく

れてる状況の表現。

   

実際、今回の日記はいつも以上にはっきり、友人たちの温かい気

遣いに触れてた。もちろん、素直に感謝できない自分、お返しでき

ない自分に苛立つ自己嫌悪にもつながるけど。依然として抗不安

薬と睡眠薬はほぼ毎日(?)飲み続けてる状況。

    

結局、躁うつ的、双極的な気分の揺れの後、予定よりおそらく早く、

2月21日には神戸に帰宅。理由はハッキリ書いてないけど、自分

には分かってるらしい。英語の勉強がしたいとか、研究したいという

話なら書いてるから、それ以外の大きな理由。私は、部屋自体に特

別な思い出があるからかな・・とか想像。

  

次回が最終回とは書いてないから、このまましばらく続けるのかね。

今のペースで昔の日記をすべて書いてると、いつまで経っても現在

まで追いつかない。まあ、追いつく必要はないけど、そろそろ研究関

連の話も欲しいかな。恋愛関連は書けないだろうから♪

     

   

      ☆        ☆        ☆

あぁ、もう寝なきゃいけない! 明日の朝も早いのだ。余計な雑用

が2つも入ってるし。

  

・・っていう事はあらかじめ分かってたから、昨日(12日)の内にま

た12kmだけ超スロージョグをこなして来た。いくら何でも遅すぎる

んだけど、心臓はこのくらいでちょうど満足してる気がする。って言う

か、この程度の負荷でも、仕事中にちょっと心臓に違和感が生じる

ことがあるから、回復するまでもうしばらく辛抱だね。

   

季節外れの強い北風が吹きつける中、トータルでは1km5分46

ペース。一応、ほんのちょっとずつマシにはなってるし、流石に

足腰の疲れも僅か。気温10度、湿度45%、風速4mだった。

  

あぁ、また更新締切の23時59分ギリギリの生活に追い込まれて

しまったか。。(^^ゞ ではまた明日。。☆彡

   

      

 往路(約2.4km) 13分35秒 141 150

LAP1(約2.1km) 12分32秒 145 152

  2         12分31秒 147 153

  3         12分19秒 147 155

復路(約3.2km) 18分06秒 145 152

計 12km 1時間09分09秒 心拍平均145(80%) 最大155(86%)

           

                      (計 2203字)

| | コメント (0)

有村架純のNHK朝ドラ『ひよっこ』、無料動画で見た感想♪

いやぁ、良かったね。『はつ恋』・・・じゃなくて、『奇跡の人』♪ 違う

わ! 分かりにくっ! ハイハイ、『ひよっこ』ね。

  

生まれたてのひよっこの表現として、ニワトリが産んだばっかの玉子

のスクランブルエッグからスタート。地方の若年労働者としても金の

卵だし。まあ、黒崎博の分かりやすい演出はあんまし分かってもらえ

なかっただろうけど(笑)。お茶の間的には、単なる美味しそうな朝食

の光景として消費されるのであった。

       

   

      ☆        ☆        ☆

さて、私が朝ドラを自分の意志で見たのはこれが生まれて初めて♪

初回をマジメに見たのも多分、初体験だ。いやぁ、太っ腹のNHK

オンライン・・じゃなくてオンデマンドのおかげだね。半年間の放映

スタートってことで、期間限定、無料動画サービス中☆

     

朝ドラの記事なんてものを書くのもこれが初めてで、普段のマニ

アックなレビューとはかなり違って来る。

   

今回は母親になってる木村佳乃の『はつ恋』は、軽いレビューだっ

たけど、去年の『奇跡の人』は本格的に5000字超のレビューを書

いた。『ひよっこ』と同じく、岡田惠和脚本のNHKドラマ(BS)で、変

なおじさん(峯田和伸)が登場(笑)

    

ほとんど見てないのに言うのも何だけど、朝ドラと言うと基本的に

高齢者と主婦がメインターゲットだろう(多分♪)。実家に帰ると、ウ

チの母親は7割くらい見てるかな。で、1回の放送15分の内、マジ

メに見てるのは5分以下とか(笑)。朝食の片付けとか、他の事を

する時のBGMとか背景みたいな番組。

     

それでもテレビはついてるから、視聴率は稼げるわけだけど、その

程度の緩い見方でも楽しめるように作る必要がある。

   

当然、難しい話は台詞、高度な演出なんて無用というか、逆効果で

しかないわけで、脚本も演出も気を使うだろうね。民放ドラマと違っ

て、視聴率20%が当たり前の国民的な枠だし。。

  

    

     ☆        ☆        ☆

今回、私が見ようと思ったのは、単に有村架純が可愛いから♪

私、イモっぽいとか、役作りで5kg太ったとか自分で言ってたけど、

全然カワイイから満足。

     

地味にいいドラマだったフジ月9『いつかこの恋を思い出してきっと

泣いてしまう』がレビューできなかったから、借金を返すような感覚

もある。5年前が不作だったから(笑)。谷田部家の借金か!

   

とにかく、面倒な登録を済ませて、1話から無料動画の視聴を開始。

第1週のサブタイトルは、「お父ちゃんが帰ってくる!」。下の画像

は、公式サイトのPR動画のキャプチャー。

    

170408a

   

全く予習ゼロだったから、いきなり増田明美がナレーションで驚いた。

違和感ないね。声質も話し方もOKって言うか、声だけの方がいい

かも(笑)。コラコラ! 

   

宮川彬良のすっとぼけた明るい音楽もOKだ。ディズニーランドの

音楽も作ってるのか。奥茨城の田園風景と共に、ホンワカした緩~

い雰囲気を醸し出してる。

   

   

      ☆        ☆        ☆    

冒頭、いきなり茂じいちゃん(古谷一行)がヒロイン・谷田部みね子

(有村)をお尻叩き♪ 何気ないセクハラとか体罰だけど、古き良き

スキンシップとしてOKらしい。昭和39年(1964年)、いい時代だ

ね(笑)。個人的には手のひらで叩く方が好みだ・・ってコラコラ!

    

その後、黒いボンデージ衣装に着替えた峰不二子・・じゃなくて、白

いセーラー服に着替えたみね子は、自転車でダンシング(立ちこぎ)。

時子(佐久間由衣)に手を振る時、片手運転になってるから、クレーム

が2件くらい入ってるはず♪ 少なっ! 「どうしてヘルメットをかぶら

ないのか」とか(笑)。私は通学時、ヘルメットをかぶらされてた。

   

さらに、レトロなバスで目を楽しませてくれた後、笑えたのが「リン

カーン靴店」♪ もちろん、「ワシントン靴店」だろ!と突っ込むところ

だけど、銀座ワシントン靴店は関東以外だとほとんど知られてない

のであった(大阪と神戸だけ)。次の靴屋は「メラニア」か「イヴァンカ」

かも(笑)。「ダイアナ」だろ!

       

しかし、靴飛ばし&靴縫いのエピソードといい、靴のお土産といい、

靴にこだわってるね。ひょっとして、みね子が東京で靴のデザイナー

になるとか? 

     

ちなみに私も小学生時代、ブランコの靴飛ばしで靴を痛めつけて、

家で怒られてた気がする (^^ゞ まあ、飛び降りとかより安全で健全

な遊びでしょ。汚れても、自分じゃ洗わないし♪

   

   

      ☆        ☆        ☆ 

おっと。早くも字数も時間も無くなって来たか。第2話の見所は、最

後の「昭和とりっぷ」の超ミニスカ写真だろう♪ そこか! 

   

茨城のSさんご提供のミニワンピかな。当時(昭和47年ごろ)はちょ

うどミニスカートの大ブームだったんだろうけど、茨城に伝わってた

かどうかは不明。東京に電話かけるだけでも、交換台で30分とか

1時間待たされたらしいし♪ 

   

私は正直、建設現場で出稼ぎ中の実パパ(沢村一樹)の安否より、

電話代の方が気になってた(笑)。セコっ! コチコチコチ。時計の

針の音と共に、電話代が上がっていく。マジメな話、ネットや携帯の

初期にも、通信費は大問題だったはず。

  

3話は、変な叔父さん・宗男がポイント。明るく笑ってるのは、実は

戦争で受けた傷の裏返しなわけネ。台詞だと謎かけの形になって

たけど、超親切な映像が入ってた。登場人物の名前にいちいちフリ

ガナがついてる所も、いいね。

  

さて、米国が戦争モードに入ったシリア情勢の方はどうなるんだろう。

もし北朝鮮への攻撃が始まったら、ドラマとかテレビとか見てる場合

じゃなくなるし、ブログを書く余裕も無くなるかも。。

      

   

      ☆        ☆        ☆

4話は、牧野鈴子(宮本信子)&牧野省吾(佐々木蔵之助)の洋食

レストラン、『すずふり亭』がポイント。

  

あっ! あのホール係のいかつい女性(失礼♪)、岡田惠和脚本

の名作ドラマ『ビーチボーイズ』で広末涼子の友達だったコか!

佐藤仁美。地味に活躍してるんだね。役柄は相変わらず、外見も

相変わらず(笑)。それを言うなら、変なおじさん役の峯田も相変わ

らずかも。 

     

私は由紀さおり・・じゃなくて宮本信子を見て、キレイだなと思って

しまった。72歳か。ちょっとアブナイかも。じゃあ、みね子のカワイ

イ弟、進(高橋來)にしとこう♪ 余計アブナイわ! じゃあ、コスモ

ス畑のシーンが綺麗だったねってことで。無難な感想で、いいね。

本当にコスモスだったかどうかは不明(笑)

    

そして昨日、第5話のポイントは、すずらん亭で頂いたポークカツ

サンド&マッチ箱♪ マッチを仏壇に供えるの?(^^ゞ お線香用っ

て意味なのか、それとも有難い頂き物って意味なのか。あのマッ

チ箱、何気にレトロでオシャレだった。表と裏がビミョーに違ってた

し、右から左向きの書き方と、左から右向きの書き方がミックス。

    

で、最後はいきなり重い話で、谷田部家の財政。お金のお話。18

歳で高校卒業を迎えるみね子は、家の収入と借金のことを聞かさ

れて喜んでたけど、後で苦労するんじゃないかな。

  

おコメの収入から肥料代や農薬代を差し引いて、年10万円。野菜

はお金にならず。じいちゃんが山や炭で稼いで3万円。母の美代子

の洋裁で月1000円だから、年12000円。実の出稼ぎで月2万円

だから、年24万円。

     

合計すると年382000円。1ヶ月にすると32000円ほどか。これ

で3世代6人の家族が暮らして、借金まで返済? う~ん、まあ食費

は僅かで、家賃もかからないんだろうけど、厳しいね。当時の田舎

だとフツーなのかな。

   

ま、卒業後にみね子がセーラー服を売れば、30万円くらいの臨時

収入か♪ コラコラ! ヤフオクで100万円とか(笑)。無いだろ!

    

    

     ☆        ☆        ☆

ちなみに私は、もっと幼い頃からそうゆう話を教えてもらってた。事

の良し悪しはともかく、その後の人生に大きな影響を与えた経験だっ

たと思う。

   

やっぱ大人の世界は、3分の1くらいはお金だろうね。もちろん、

それだけじゃないけど。後は、人間関係・社会関係と、心身の健

康か。で、残った10分の1くらいが、愛とか夢(笑)。少なっ!

     

というわけで、単なる趣味のブログはこの辺で終わりとしとこう。

今日の分は♪ なお、『ひよっこ』の視聴率は、19.5%、18.8

%、19.7%、19.4%と推移。ちょっと苦戦してるのは、前

クールの『べっぴんさん』終盤の余韻とかいうウワサ。

     

私は朝ドラとして十分な出来だと思う。まあ、ほとんど朝ドラは見

てないけど♪ ではまた明日。。☆彡

  

   

   

cf. 大人の女性がハマる恋愛ドラマ、NHK『はつ恋』♪

   世界を揺さぶる海のロック~『奇跡の人』(NHK・BSドラマ)

   

                   (計 3365字)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜競馬場の「老いた3人の賢者」~又吉直樹のいつか見る風景(朝日be)

「3人の賢者」とか「3人寄れば文殊の知恵」とか、人間の知性を

称賛する言葉はもう「老いた」ものになってしまったかも。

   

遂に今日、2017年4月1日、将棋の佐藤天彦名人がソフト「ポナ

ンザ」(ponanza)に負けてしまった。毎度お馴染み、ニコニコ

動画の電王戦で、失礼ながら、少しも惜しくない完敗。エイプリル

フールの嘘ではなく、真実らしい。

     

衝撃だったのは、名人がAIに負けてもほとんど衝撃が無いこと♪

逆説的だが、衝撃が無かったことこそ最大の衝撃だ。つまり、若き

名人も負けるんじゃないの?と思ってたわけ。囲碁の井山六冠も

先日、負けてしまったし。

    

そう言えば、「名人」という言葉にも「人」という文字が入ってる。今

後は、「1台あれば文殊の知恵」とか、「名機」という表現を使うべき

だろう。間違って「名器」と書くのは避けるべきかも♪ コラコラ!

   

   

      ☆        ☆        ☆

さて、人間を超える知性について書くところから始めた理由は、私

が隠れ将棋ファンだからという事だけではない。今回扱うエッセイ

が、人間を超えた知性を思い描いてるからだ。

     

今日から月1回掲載の予定で始まった、朝日新聞・土曜朝刊別刷

beのコラム、「又吉直樹の いつか見る風景」。

   

芥川賞に輝いた小説『火花』が大ベストセラーになって、一躍有名

になったお笑い芸人の、真面目で芸術的な文章だ。私はニュース

番組『ZERO』のキャスターをやってる姿しか知らない。

     

よく読むと、このタイトル自体も意味深になってる。いつか「見た」風景

ではなく、いつか「見る」風景。過去形ではなく、未来形。

    

実際に話題にしてるのは、歴史を感じる古い遺跡、「横浜競馬場一

等馬見所跡」(横浜市・根岸森林公園内)。ただ、自分は今まで見

たことがないし、読者の多くも見たことないはず。それでも、身近に

ある存在で、いつでも見れるし、いつか幻想の中で見ることも可能。

そんな感じの意味だろう。。

     

    

      ☆        ☆        ☆

私が一番気になったのは、2つある小見出しの内の後者。「老いた

る3賢者」。これは編集者(担当不明)が付けたものだろうけど、本文

にもそれに対応する文章がある。エッセイの終盤近く。

  

 「旧一等馬見所の脇にまわると蔦を絡ませた大きな佇まいが

  どこか寂しげで、椅子に座る老いた3人の賢者が家族連れ

  で賑わう広場とその奥の海を眺めているようにも見えた」。

   

句読点の少ない、独特のリズムの芸術的文章なのはいいとして、

「3人の賢者」が何を指してるのか分からない。前後の文章を読み

返しても分からないから、仕方なく「現代の賢者」Google検索を使

用♪ 一瞬で分かってしまった。恐るべし。。

   

   

      ☆        ☆        ☆   

170401a

  

この建物の突き出た部分3つのことね。分かりにくっ! なるほど、

それぞれにちゃんと、「目」が2つずつ付いてる♪ 2008年(平成

20年度)経済産業省pdfファイル、「近代化産業遺産群 続33」。

   

いつか『火花』を読む機会があったら、この独特の比喩に注意し

よう。まだ本屋で3ページ立ち読みしただけなもんで。連続ドラマは、

途中の1回だけ音声のみで聞き流したら、ほとんど内容が分か

らなかった♪

    

    

      ☆        ☆        ☆

話を朝日新聞に戻すと、ネタバレの後で見直せば、確かに上手い

形容だし、ピッタリの写真が添えられてると言えなくもない(撮影・

時津剛)。

      

170401c

   

ただ、前に大きく写ってる又吉にピントが合ってるし、高い木もジャ

マしてるから、「3人の賢者」だと気付くのは難しい。経産省のファ

イルの解説によると、外国の圧力に譲歩した日本の哀しい歴史も

刻まれてるようだ。「生麦事件」なんてものまで関係して、外国人

居留地の住民向けに作ることになったわけか。。

    

170401b

   

ちなみにエッセイ全体としては、競馬をめぐる両親との思い出や、

白昼夢みたいな幻想をまじえながら、超越的な知性や世界に思い

を馳せてる。

   

なるほど、単なる売れ線狙いのキワモノ作家じゃなくて、本物の

アーティストのようだ。知的な顔と落ち着いた語り口は、見せかけ

じゃなかった。

   

なお、次回は4月29日掲載で、栃木県益子町を訪れる予定。今週

は残り字数が僅かになってるので、今日は早くもこの辺で。。☆彡

         

                  (計 1687字)

| | コメント (0)

小保方日記6、ちょっとだけ&ヘロヘロ傘ジョグ

傘JOG 10km,59分36秒,平均心拍 140  

消費エネルギー  568kcal (脂肪 136kcal)

    

正直言って、他にもっと書くべき事とか書きたい事とか色々あるん

だけど、初回から5回連続でコメントしたから、今さら止める気がし

なくなってしまった。まあ、話はそれなりに面白いし、これはこれで

アリかも♪

   

ただし、一口コメントのようなものしか書かないので悪しからず。

過去の感想記事5本は次の通り。検索で調べた限りでは、この

程度の内容でも、ずっと書き続けてるサイトはほとんど見当たら

ない。一方、アクセスの方は、少ないけど確実に入り続けてる。

    

 初回  第2回  第3回  第4回  第5回

  

  

     ☆        ☆        ☆

『婦人公論』2017年4月11日号(3月28日発売)の目次を公式

サイトで見ると、なぜか小保方晴子日記が載ってない。他に目立つ

記事が沢山あったからだろうか。

    

実際には、文字がぎっしり詰まった3ページの小保方日記が掲載

されてるし、雑誌の序盤の位置もキープしてるから、扱いが悪くなっ

たわけではない。デザインやレイアウトも今まで通りで、第6回の

サブタイトルは、「海、みかん農園、かかとの擦り傷」。

   

前回は特別編だったけど、今回はまた2015年に戻って、1月25

日~2月4日の日記。本当に毎日、書かれてる。あの悲惨な状況

でも続けてるというのは、やっぱりリケジョ的なマメさかも。理系の

研究者は、同じような地味な作業を延々とコンスタントに続ける持

久力が必要なのだ。

  

ちなみに私も「半ば」理系人間だからか、毎日ブログを書き続けて

るし、持久系スポーツもずっと続いてる。まあ、変化に乏しいとも言

えるから、良し悪しはビミョーな所かも♪

     

   

      ☆        ☆        ☆

話を戻すと、小保方日記の最初は、告発されてしまった話の続きか

ら。ダメ押しのような攻撃を受けてかなり泣いてたようで、鳴りっぱ

なしの携帯もスルーしてた状態だけど、たまに登場する「気まぐれ

先生」は一言、告発は無視しろとだけアドバイス。

    

先生って誰のことかね? 理研の上司か、学生・院生時代の恩師

か。米国のバカンティ氏ではないと思うけど。妄想とか空想みたい

な人物は今回、別の書き方で登場してるから、気まぐれ先生は実

在してると思う。

   

日記の途中で、また宿が変わる。気分転換なのか、顔バレを恐れ

てるのか。あるいは、単なる予約の都合なのか。新しい宿は今まで

とはガラッと変わって、漁師町みたいな場所で、お風呂は黒くてぬる

いお湯で、石油の匂いまでするらしい (^^ゞ まあ、漁師相手の宿み

たいだから、そんなもんかも。一般に、若い女性は匂いに敏感だ。

  

宿から一時、外出しないといけない時があったらしくて、お勧めに

従って彼女はみかん狩り農園に行く。よその家族がみんなで仲良

く楽しんでる姿を眺めつつ、地味に気分転換。私は小学校時代に

近所でやっただけだ。友人Yの家の横とか、あちこちにあった。

    

  

      ☆        ☆        ☆

ハプニングはその後。波止場みたいな所をボーッと歩いてたら、

何かを踏んづけるてしまったのか、踵にひどい傷を負ってしまっ

たらしい。「擦り傷」なんて軽いものではなさそうだけど、ひょっと

すると、思わぬ告発のショックと重ねるために、ちょっと誇張して

るのかも。踵の傷=告発による心の傷。

    

全体を通じて、相変わらず心身の調子が激しく揺れ動いてるし、睡

眠薬も飲んでるけど、友達が支えてくれてるみたいだし、散歩12km

以上なんて話も書いてた。たまたまケガをしたとはいえ、お散歩は気

分転換にも健康にもいい。いずれはジョギングとか、マラソンとか♪

     

慣れない散歩のやり過ぎなのか、暴飲暴食(拒食&巨食)のせいな

のか、自分の足の太さを見てビックリしてるのが可愛い(笑)。まあ、

瀬戸内寂聴との対談記事の写真を見る限り、十分細かったけど。

    

   

     ☆        ☆        ☆

今回、一番印象深かったのは、文体が文学的になってたこと。誰

が書いてるんだろ?(笑) コラコラ! 

    

まあ、連載開始で、周囲が日記文学の差し入れをしてくれてるみ

たいだから、文体を学習してちょっと書き直してるのかも。その程度

なら「不正」行為ではないから、全然OKだ。

  

一般に、対談とかインタビューの記事というものは、元の話し言葉

とはかなり違ってる。編集者、ライター、本人その他の手が入ってる

場合がほとんどだろう。

  

私自身も、中学で初めて地元の新聞に載ったけど、私が実際に話

した言葉とは違う内容が記事になってた。もちろん、クレームなん

てつけてない。。

     

   

      ☆        ☆        ☆

字数が残り少ないので、走りについては一言だけ。今日は昼から

ずっと冷たい小雨が降り続いてたけど、月末最終日だし、久々に

傘ジョグで10kmだけ距離稼ぎしてみた。たまには、こうゆうダル

イ事をやるのも大切だと思う。

     

寒いから上4枚着て、カイロまで3個(笑)持ってたら、やっぱりすぐ

暑くなってしまった。いや、スタート時の肌寒さがイヤだったもんで。

傘は重いし、昨日のハーフの疲れで脚も重いし、寝不足だし、最初

からヘロヘロだったけど、何とか完走。

  

トータルでは1km5分58秒ペース。遅っ! いやぁ、5分半くらい

に感じたけどね♪ 気温5度、湿度95%、風速1.5mだった。

ではまた明日。。☆彡

   

        

           時間  平均心拍  最大

 往路(1.2km)  8分06秒 119 128 

LAP1(2.2km) 13分45秒 134 141

  2        13分12秒 142 147

  3        12分18秒 148 155

復路(2.2km) 12分15秒 152 161  

計 10km 59分36秒 心拍平均140(78%) 最大161(89%)

         

                    (計 2226字)

| | コメント (0)

闘いと穴埋め、自らの存在のために~『A LIFE~愛しき人~』最終回

素晴らしい☆ 橋部敦子の脚本らしい、マニアックで綺麗なエンディ

ングの形に拍手!

  

  「Let’s save her life」

  (レッツ セイブ ハア ライフ

   

彼女の命を救おうという英語の台詞の最後に、『ア ライフ』という

タイトルの発音をさりげなく持って来てたのだ。

   

「ハー」ではなく「ハア」と読むのは、単なるこじつけではない。不定

冠詞の「a」と、代名詞の所有格の「her」は、母音の発音がほぼ同

じで、「e」を上下ひっくり返した発音記号。

      

こういった言葉遊び的なハイレベルのテクニックをラストに持って来

た作品は、少なくともテレビドラマだと滅多に無いと思う。英語を使っ

た日本のドラマだと、ほとんど初めてかも。

   

ちなみに映像的・物語的なテクニックをラストで誇示したドラマなら、

『ビーチボーイズ』が筆頭。イメージとお話の両面において、連ドラ

の一番最初と一番最後を完璧に合わせたファンタジックなドラマは、

他に知らない。こちらも、脚本家が優秀な作品だった(岡田惠和)。

    

   

     ☆        ☆        ☆

話を『ア・ライフ』に戻そう。最初から感じ取れたことだけど、『A 

LIE~愛しき人~』というタイトルの隠された意味が最終話でハッ

キリした。分かりやすく書き直すと、「A LOVE~愛しき男~」♪

    

沖田(木村拓哉)の愛しき人とは、ドラマ的にはまず壮大(浅野忠

信)。年下の浮気相手が井川(松山ケンイチ)。壮大にとっては、

本命が沖田で、愛人が羽村(及川光博)♪ BL系女子も狂喜乱

舞の内容で、小説・マンガその他の二次創作もしやすいだろう。

      

深冬(竹内結子)や由紀(木村文乃)との男女の恋愛に注目してた

女性視聴者、キムタクファンには、曖昧な宙吊りのままでちょっと

物足りない結末だったかも知れないけど、わざと続編の可能性を

残してる気もする。連続ドラマでなくても、単発スペシャルや映画

とか。

    

実際、この後、沖田がまた日本に帰って来る方が自然だし、その

前にシアトルかどこかの海外で、井川(松山ケンイチ)が沖田の

前に現れる展開も十分予想できる。そう言えば、莉菜ちゃん(竹野

谷咲)が終盤、海の向こうには何があるの?とかママに聞いてた。

海の向こうには、ブロンド美女とのロマンスもあるはず♪

    

壇上病院の急激な経営改革の今後も気になるし、羽村と実梨(菜々

緒)の密会も思わせぶりなままの放置プレイになってる。父に会い

に行った実梨が、続編で羽村との略奪婚を報告するとか♪ 無い

だろ! ハイハイ。長年の穴を埋める、父と娘の美しい和解ね。

   

とにかく、それなりの視聴率と評価を獲得。続編を期待させること

にも成功したから、いい作品になった。ありがちなスーパードクター

ものとはビミョーに違う路線の医療ドラマを切り開いたという意味

でも、成功だと思う。正直言うと、期待以上の出来栄えだった♪

     

    

     ☆        ☆        ☆

ドラマの中盤の見せ場で、カズ(=沖田)と壮大が熱く抱擁するBL

シーン(笑)。演出の平川雄一朗のカメラは、上半身と片手だけを

強調してた。これは、ある意味、上手い撮影テクニックだ。沖田の

右手と、壮大の左手の動きを自由に想像できるから♪ 

    

そう言えば今回、「テント切開」なんて言葉も登場。ファスナーを

開いてバットを握るという意味の隠語だ(笑)。最後までバットか!

    

マジメな医学用語「テント切開」の説明としては、大脳と小脳を分け

る膜(tentorium)を切り開いて患部に向かうことね。下図は

英語版ウィキペディアより。夏のキャンプに使うテントも同様で、

幕みたいに薄く広がる物を指す言葉だ

   

170320a

   

ついでに書いとくと、「バイパスペイテンシー」という用語は、日本

語どころか英語(bypass patency)でもあまり使われて

ないけど、バイパス管が開いて通じてること(医学用語で「開存」)

を指すらしい。バイパス開通性と訳した方が分かりやすい。

  

もう一つ、「VEP波高=大脳機能評価」という画面テロップは、

Visual Evoked Potentials

 (視覚誘発電位)の波の高さ 大脳の機能評価の一つ」と書け

ば明確になる。目の網膜に光刺激を与えて、脳の電気的反応

を確認することだ。

    

   

     ☆        ☆        ☆

話を戻して、ファスナー・・じゃなくてテント切開はさておき、この作

品の根底に、男女の恋愛と同等かそれ以上に、男の友情がある

のは確かだ。広い意味の男性同性愛の常識的な形を描いたとも

言える。男性同士の友情と性愛とを統一的にとらえる考え方だ。

    

ということは、タイトルには微かに、「Anal LOVE」という

意味も込められてた・・と解釈できなくもない。抵抗を感じる人も

少なくないだろうけど、間違いなく生=性の現実の一つの側面。

   

まあ、ウワサによると、BL系女子の一部はそれを否定して、

代案となるキレイな穴を別に空想してるらしいけど♪

    

    

     ☆        ☆        ☆

マジメな話、人間という存在には本質的に「穴」が空いてる=開

いてる。身体的には、口から肛門まで、中心は長い穴なのだ。

  

性愛の営みが、それを双方向から埋めようとする象徴的行為に

なってるのは興味深い。しかも、その行為が反復的だということ

は、完全に埋めることはできないという事態を表してる。埋まら

ないからこそ、繰り返すわけだ。

  

あるいは無意識的に、埋めたくない思いもあるからこそ、繰り返

すのかも。埋めたくて仕方ない。でも、一方では埋めたくない。

穴を埋める行為が、開ける行為でもあるから、まさに二律背反。

アンビバレント(両面価値的)な穴=欠如。それは、埋めようとす

ること自体が快楽だからだろう。

        

そう考えると、深冬の命を救いたいけど死んで欲しいとか、壮大

の支離滅裂な姿もそれなりに理解できる。そもそも人間とは、

根本的に矛盾した存在なのだ。ホラー映画やお化け屋敷、バン

ジージャンプの逃げ出したくなる恐怖が、快感にもなるのだから♪

  

ちなみに、矛盾した人間を理解する時、矛盾しない理論を作り上

げようとすると、無理が生じる。したがって、あらゆる人間理論に

は穴=欠点があると思っておいた方がいい。

   

もっとも完成度の高い理論である数学でさえ、その全体に矛盾

が無いという証明は無いのだ。単に、潜在的な矛盾が運良く表

面化、顕在化しないから、問題とされないということにすぎない。。

     

     

     ☆        ☆        ☆

このドラマは、初回から「穴」を強調してたし、ウチのレビューも

初回からその点に注目して来た。

     

壮大の部屋の絵の後ろ側、壁の穴は、心の穴を示してる。まず

第一に、壮大の穴。さらに、壮大の愛人である実梨の穴。2つあ

るのは、過去と現在、2つの時点にあるからで、両者が深く関係

してるからこそ、隣り合わせにある。

    

壮大なら、過去の父(&母)との関係に生じた穴がトラウマ的に

作用して、現在の穴につながってる。深冬や実梨との関係の穴、

傷。そして、「自分は誰にも必要とされてない」、「自分には存在

価値がない」と思ってしまう、自我の穴。

   

しかし、心の穴=欠如は、誰にでもあるものだ。普段は意識しな

くても、無意識に穴があるからこそ、ちょっとしたキッカケで、穴

埋めの強い衝動が突き上げて来る。

  

例えば、沖田と深冬がふれあう姿を見た瞬間、壮大が愛人・実梨

を呼び戻すとか。一般の人なら、何かストレスが加わると空腹を

感じて、食べ物や飲み物が欲しくなるとか。

   

飲食とは、性愛と並んで、身体的にも精神的にも、穴埋めの代表

なのだ。腹が減るという言葉は、存在の内なる穴が広がることを

表してる。男性が女性に手を出すことを、「食べる」と表現するの

も興味深い♪

      

       

     ☆        ☆        ☆

もちろん、穴は単にネガティブな存在ではなく、ポジティブにも作

用する。沖田の場合、母を失った穴と、勉強が苦手な自分に対す

る劣等感の穴が、外科医としての天才的技術につながった。

   

沖田が今回、壮大への嫉妬に近いリスペクトを口にしてたのは、

無精ひげでウイスキー(or バーボン)に溺れる壮大を励ますた

めだけではない。誰でも、自分なりの穴があって、他の人にはな

かなか分からないということだ。

    

ちなみに私自身は、最近ようやく、自分の本質的な穴を理解でき

て来た気がする。当然、かなりマニアックな穴♪ 遠い過去に、あ

る意味、偶然の流れで空いたけど、より大きな目で見るなら必然

とも言える。天の命令、天命(テンメイ)なのだ。 

   

   

     ☆        ☆        ☆

深冬という女性の場合、穴埋めの欲望は子どもに向かうことに

なる。実際、自分の手術の担当を、夫の壮大ではなく沖田にして

欲しいと言ったのは、娘の莉菜のためだった。パパの失敗でママ

を失った悲し過ぎる子どもにしたくない。。

   

深冬の愛情表現も、一番ハッキリしてるのは、娘に対して。特に、

自分にもしもの事があった時に備えて、将来の娘に向けて書い

た日記のメッセージが典型で、これを沖田から渡されて読んだ壮

大はようやく深冬を助けようと改心した。「面倒くさい」男なのだ♪

    

面倒くさいと言えば、女性には女性特有の面倒くささがあるけど、

男性にもある。代表の一つが、闘いたがること。

   

男同士の勝負をしたがること。女性とか地位の奪い合いが目立つ

けど、もっと些細なことでも争いたがるものだ。大切なもののため、

自らの存在を確立するために闘う一方、闘うこと自体も楽しむ。

    

闘争や勝負を通じて、はじめて成り立つ男の絆というものもある。

沖田の父・一心(田中泯)がカワイイ憎まれ口を叩き続けるのも、

言い合いを通じて息子との本音の絆を深めつつ、自分を超える

存在へと育て上げたいから。それこそ昭和の育て方で、『巨人の

星』の父・一徹もそうだった♪

   

   

     ☆        ☆        ☆    

美しい女に辛い運命が訪れる。そして、彼女を愛する2人の優れた

男が戦いながら、力を合わせて救い出す。その流れを通じて、男

たちも成長していく。。

  

この物語の構造は、ウチのブログが11年半前に初めてレビュー

した連ドラ、『野ブタ。をプロデュース』と同じものだ。

   

子どもや若者向けに、ジャニーズの美少年を使ったのが『野ブタ』。

大人向けにしたのが、『A LIFE』。この後、たまたま(?)野

ブタの2人が春ドラマで共演、木村文乃まで出演するのも、面白い

つながりだと思う・・というのは、一部読者へのご挨拶だったりする♪ 

   

   

     ☆        ☆        ☆     

ウチは時々、ドラマブログと勘違いされるけど、全体をよく読めば

そうでないことは明らかなはず。ドラマ記事は、週1本くらいしか

書いてないし、字数的に際立ってるわけでもない。

   

ただ、長い間、ドラマと格闘して来たのは事実だし、恵まれない作

品や脚本、演出、映像を救い出す努力はして来た。「ハア ライフ」

とか、夜のバッティング・シーンとか(笑)

   

ドラマと無関係な理屈系の記事でも同様。その意味ではやっぱり、

男性的なんだろう。かなりマニアックで、面倒くさいブログ♪

    

Save a life. 些細な存在を救え。その闘いは、他者と共に、

自分という小さな生をも救おうとする、些細な営みなのだ。それが

分かれば、大抵の存在や物事は、愛すべきものに見えるはず。

可愛らしい一つの存在の生、ア・ライフ=ライヴとして。

     

特殊な芸能状況の中、一つの存在を救出する闘いに全力を尽くし

たキャスト&スタッフに拍手しつつ、それでは今日はこの辺で。。☆彡

     

   

   

P.S. 最終回の平均視聴率(関東地区、ビデオリサーチ)は

    16.0%で自己最高。おめでとう! 

    瞬間最高視聴率は17.5%で、沖田が深冬とお別れ

    したシーン。やはり男女の恋愛が強いということか。

    

    

cf. 切ってつないで治す、心の穴、頭の影

              ~『A LIFE~愛しき人~』第1話

   華麗なるキムタク、雪山へ~第2話

   みどりの目に映る FIRST PASSION COLOR~第3話

   私って、いつフラれたの?~第4話

   少年たちの冒険と、最小の傷の手術~第5話

   逆行性の解離と、二つの穴~第6話

   僅かな可能性の扱い方と、リスク管理〜第7話

   穴(アナ)と由紀&深冬の女王〜第8話

   包丁を研ぎ続ける職人たち~第9話

   

                      (計 4761字)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

小保方晴子日記(第5回・BPOの吉報)、超軽~い感想

今日は久々に、3000字程度の数学記事を書こうと思ってたのに、

時間が無くなった。昨日の夜まで「疎開生活」が10日も続いてた

から、色々と後遺症が残ってるし、明日は酷暑のフルマラソンだか

ら、準備と対策に時間を取られてしまった。

    

代わりに、手近なコネタとして、小保方日記で2000字ほど書こう

と思ってたけど、明日は早起きだから、もう寝なきゃいけない時間。

仕方ないから、超手抜き記事で済ませるとしよう。なりふり構わず、

毎日更新だけは死守ってことで。

    

しかし、久々にPCで記事を打つと、ホントにラクだね♪ SONY

のVAIOのキーボードだけでも凄く打ちやすい。デリート(削除)

キーもちゃんとあるし(笑)。まあでも、iPad用の外付け無線キー

ボードも、疎開中はそこそこ活躍してくれたから、あんましバッシ

ングしないことにしようか。。

   

    

      ☆        ☆        ☆

さて、婦人公論連載中の『小保方晴子日記』。前回の最後に、

次はいきなり2年後の今年まで飛ぶと予告されてたから、私は

早くも最終回かも・・とかつぶやいてた。

   

ところが、実際に3月28日号(14日発売)を見ると、単に先日

のBPO(放送倫理・番組向上機構)の決定に合わせて特別編

を挿入しただけで、次回からまた2年前に戻るらしい。一定の需

要はあるってことね。ウチの関連記事への地味なアクセスから

も、それは感じ取れる。

  

2014年7月27日のNHKスペシャル『調査報告 STAP細胞

不正の深層』で、まるで小保方さんがES細胞を盗んでSTAP

を捏造したかのような内容が報じられたということで、人権侵害

だと小保方さんがに申し立て。

  

その審議の決定と公表が2017年2月10日で、その前後は彼

女の心身も一段と大きく揺れ動くことになった。ちなみに私はそ

のNスペは見てないけど、最近のNHKの調査報道はそれほど

信用してない。特に原発・放射線関連だと、むしろ左派の朝日新

聞の方が冷静かつ客観的、科学的に感じられることもある。

    

ただし、単なるニュース程度の軽い報道なら、民放・新聞・雑誌・

ネットメディアよりはNHKの方が全体的に中立的かな・・とは思っ

てる。CMが入らないのも見やすくて良い。受信料の強制的な

徴収に見合うかどうかはさておき。。

    

    

     ☆        ☆        ☆

で、今回の連載記事「新月・立春・BPO」によると、小保方さんは

まず1月末、知人の勧めに従う形で、新月にお祈りしたらしい。さ

ほど乗り気ではなかったのに、いつの間にか、願い事。文脈から

想像すると、BPOの人権侵害認定だろうか。

    

続いて、緊張・ストレスでまた体調が悪化する中、立春には誰か

素敵な人と会えたらしい。具体的なことを全く書いてないのに、サ

ブタイトルには入れてるから、トップシークレットの恋愛関連かも♪

いずれにせよ、それなりの人数の知人・友人がしっかり支えてる

ようだ。

       

そして2月10日。前に瀬戸内寂聴と会った場所を指定して、BPO

の人から決定を聞いた。結果は、NHKにとって初めてらしい、人権

侵害の認定と再発防止の勧告。彼女にとって当然の決定だし、放

送や人権侵害の現実は今さら変えられないけど、やっぱり嬉しくて

安心したらしい。

  

   

      ☆        ☆        ☆   

ただ、その翌日の2月11日には、夢から覚めたら現実は逆だった

・・という流れになるのを恐れたようで、二度寝したようだ。まだまだ

完全な快復には時間がかかりそう。

   

ちなみに私も、心が不安定だった時期にはよく寝てた。一番安全で

手軽な治療法だろう。とはいえ、寝過ぎると逆効果だから、バランス

を取る必要はある。その点は、薬でも認知療法その他でも同様。

   

最近、地裁の判決が地味な話題になった、ノバルティス論文不正事

件とかと比較したいところだけど、もう寝る時間が来た。

今夜は唐突にこの辺で。。☆彡

   

                    (計 1543字)

| | コメント (0)

包丁を研ぎ続ける職人たち〜『A LIFE〜愛しき人〜』第9話

夜の部屋で1人、夢中になって繊細な指使いを続ける男の姿、いいね♪

もちろん、退院直後のお店で包丁を研ぐ沖田パパ(田中泯)のこと。

おそらく、今注目の野球のWBCでも、選手たちは大切なバットを

磨いてるだろう。私も昨夜、磨いたばかりだ。野球やってないだろ!

  

裏番組のWBCが25.2%の高視聴率を取る中、『A LIFE』

第9話(10分拡大版)は14.7%を確保。最近のテレビドラマ

状況その他を考えると、健闘と言っていい。

  

健闘の要因は色々あるけど、私が一貫して主張してるのが、脚本家・

橋部敦子の優秀さ。どこまでが最初から計算してた流れなのかは

分からないけど、最終回直前の今回は特に、職人芸を感じた。一般

ウケするドラマチックな起伏やコメディを考慮つつつ、高度な構成

の物語を創り上げてる。

  

今回は「包丁を研ぐ」という行為について多角的に考えてみよう。

ちなみに私も、先週から不自由な疎開生活が続く中、包丁研ぎや

バット磨きは続けてるのだ。いつ出番が来ても、良い仕事が出来る

ように♪ 最近は磨くこと自体も満足できる仕事だったりする(笑)

   

   

   ☆        ☆        ☆

包丁を研ぐということは、身体と物と心が三位一体となった繊細な

だ。私は本物の包丁は苦手だから、バット磨きに専念してる♪

いずれにせよ、未来の使用に備えて一心不乱に黙々と行うわけで、

ある意味それは動く座禅とも言える。ウチでは11年前、ブログ

を始めた頃、禅宗関連で「身体の行動形式」という記事を書いた。

  

今回のドラマ終盤までは、沖田(木村拓哉)に代わって壮大

(浅野忠信)が深冬(竹内結子)の手術をする流れ。おまけに

その前に、現職の厚生労働大臣・横井充の困難な手術(前方アプ

ローチによる眼窩内腫瘍摘出手術)も担当することになったから、

壮大も本気で手術の準備を行ってた。

  

つまり、悪役の副院長だった彼も、優秀な職人の立場に戻って、

包丁を磨いてたのだ。ちょうど実梨(菜々緒)がいなくなった

後だし、バット磨きの方はしばらくお休みってことで♪

 

その間、沖田の方も、出血でますます難度が上がった深冬の手術

に備えてた。壮大に役割を取られた不満、もっと早くバイパス法

を見つけて手術してれば・・という後悔、父親のオペを自ら志願

したのにミスして半人前扱いされてしまったことへの自己嫌悪など

と闘いながら、そうした雑念を振り払うかのように。

 

 

    ☆        ☆        ☆

包丁研ぎのバリエーション=変奏として気づきにくいのは、深冬

の手紙執筆。1年前の月9『いつかこの恋を』の主題歌『明日へ

の手紙』のMVを思い出す姿だった。幻想的でノスタルジック。

私のツボだから、解釈のレビューを書いてある。

  

「2018ねん4がつ にゅうがくおめでとう」。自分にもしも

の事が起きた場合に備えて、未来の娘への手紙を書く母の姿は、

程よく抑制された映像になってた。演出の木村(^^)ひさしは地味

な仕事も出来るらしい。名前の途中の笑顔マークは目立ち過ぎ

だけど♪

  

「 中学生になった莉菜へ」。「 2026年5月7日・・お誕生日

おめでとう」。この年月日を見た瞬間、高校入学なら2027年

だろ!、とか突っ込みたくなった視聴者もいたはず♪ 18+6

+3=27。ところが、どっこい庄一by綾瀬はるか、高校生に

になる前年の15歳の誕生日だから26で合ってる。細かいわ!

 

 

    ☆        ☆        ☆

主役級の3人と同じくらい目立ってた脇役が、オペナースの三条

さん(咲坂実杏)。地味に可愛くて、いいね♪ 冠動脈バイパス

および左内頸動脈内膜剥離術のスタッフ。

  

苛立つ沖田のパワハラ責めを受けてたけど、アレも彼女にとっての

包丁研ぎ。抑圧される哀しさを蓄積した後、柴田(木村文乃)の

責めで快感へと転換するはずだから、M性を磨いてたことになる。

 

ということは、柴田女王様は男女2人を調教してるのだ♪ 井川

の調教はかなり進んでるようで、焼肉屋で「お座り!」と命令した

途端、優等生お坊っちゃんは大人しく縮こまってた。こうなると、

前の回で木の枝の笞(むち)打ちチャンスを逃したのが惜しまれる。

ちなみに、私生活の新妻・木村文乃は逆の役割だ。断定か!

  

  

   ☆        ☆        ☆

最後に、かつての沖田みたいな包丁研ぎを始めたのが安井知樹少年

(藤本飛龍)。将棋の作品に出演しそうな名前だね♪ そのまんま

か! いや、松山ケンイチが天才棋士の映画『聖の青春』で主演

してたもんで。

 

知樹が沖田に託してたのは、ベルギー大先生に渡す裏金の1億円。

将来、返すという意味で、借用書なんてタイトルを付けてたから、

あれも自分の明日への手紙だ。1億円は必要なかったけど、大好き

お母さんを救ってくれた沖田に大きな借りが出来たから、これから

猛勉強という包丁研ぎで返すことになる。沖田が父親になったのだ。

 

まあ、算数のテスト59点というのは沖田パパより上みたいだから、

立派な医師になる可能性は十分ある。そろそろバット磨きにも熱中

する年頃だから、本番の試合での活躍を祈るとしよう♪

 

ただし、自分が父親になるにはまだ早いので、バットのコントロール

も大切なのであった。父と母と子、家族の三角形のダイナミックな

進展では、性=生の物語の中で一定の秩序、つまり法が機能する。

 

「ほう・・」と感心してくれた方は、国語のテストで90点くらい

だろう♪ 寒っ! バーの密談後、羽村(及川光博)のバッティング

も気になりつつ、それでは今日はこの辺で。。☆彡 

 

 

 

cf. 切ってつないで治す、心の穴、頭の影

              ~『A LIFE~愛しき人~』第1話

   華麗なるキムタク、雪山へ~第2話

   みどりの目に映る FIRST PASSION COLOR~第3話

   私って、いつフラれたの?~第4話

   少年たちの冒険と、最小の傷の手術~第5話

   逆行性の解離と、二つの穴~第6話

   僅かな可能性の扱い方と、リスク管理〜第7話

   穴(アナ)と由紀&深冬の女王〜第8話

   闘いと穴埋め、自らの存在のために~最終回

   

                   (計 2357字)

       (追記 20字 ; 合計 2377字)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧