湘南へのアクセスは大変&17年11月の全走行距離

気管支炎と歯茎痛がかなり治まって来たと思ってたら、今度は普通

に歯が痛くなった (^^ゞ 2ヶ月以上も体調不良が続くと、心身全体

が弱るんだろうな。

 

弱るといえば、今このブログ執筆欄の右側には、注目のニュースと

して、 “「貴ノ岩 PTSDも」 医師が指摘” という見出しが出てる。

 

また、本人を診ずに適当なことを言ってるだけだろ・・とか思いつつ

一応クリックすると、出て来た日刊スポーツの記事は短いけど、元

の医師ブログはわりとマトモな記事だ。森田豊。事務所(オフィス・

トゥー・ワン)に所属して、マスメディアで活躍するリベラル系知識人

としては、良心的な部類かも。

 

 

       ☆        ☆        ☆              

といっても、本人が最後に繰り返してるように、医師が単なる「憶測

で病気を疑ってはいけない」。

 

貴ノ岩と貴乃花の側に立って、相撲界とか古き伝統、封建社会を

「正す」ヒマがあったらむしろ、医師という肩書のもとに憶測をつい

書いてしまう自らを省みて正す方が先だろう。心理系・精神系の

専門家は、本人を診ないままの憶測コメントが目立ってる。

 

ちなみに、その憶測がたまたま当たってるかどうかはまた別問題。

一般人ブロガーとしては、当たらずとも遠からずだろうと想像する。

医師の意見として報道されることはない、単なる小市民の感想だ♪

 

171201d

 

 

     ☆        ☆        ☆

おっと、そんな話を書くつもりじゃなかったのに、また右横の速報に

釣られてしまった (^^ゞ 今日は、湘南国際マラソンの会場の不便さ

についてボヤくつもりだったのだ♪ 今ごろか!

 

いや、一緒に参加する友人Hからメールが来たから、真面目に時間

と場所を調べてみると、大磯プリンスホテルというのは恐ろしく不便

な場所だった。おまけに・・というか、だからこそというか、7時10分

までに最寄り駅(大磯駅か二宮駅)に来るようにと書いてある。

 

スタートは9時で、受付はないのに、2時間前に最寄り駅?!(^^ゞ

駅から歩くと35分もかかるようだし、交通規制があるからタクシー

も途中までしか行けない。シャトルバスの本数は多そうだけど、

早めに有料バスを予約しといた方が良かったかも。もう遅いか。。

 

当日は、乗鞍ヒルクライム並みの早起きになるから、寝不足も心配

だし、外に長時間いると身体が冷えてしまう。どうせ座る場所もない

から、未明から昼まで立ちっぱなしか。トイレにも要注意だね。ああ、

やっぱ、板橋Cityマラソンの方が遥かに便利だな。参加費も安いし♪

 

とにかく、土曜の夜はかなり早めに寝ないとヤバそうだ。レースの

遠征って、ホント面倒だね (^^ゞ 何をいまさら、初心者か!

 

 

      ☆        ☆        ☆

一方、レース直前の11月の全走行距離は、

 

   RUN 218km ; BIKE 60km

 

少なっ! と言ってもずっと体調が悪いままだったし、32.2kmが

1本、25.6kmが2本、ハーフ21.1kmが4本入ってるから、別に

サボったイメージもない。疲れを残すわけにもいかないから、フル

直前としては上手くコントロールしたつもり。スピードはさておき (^^ゞ

 

自転車は、体調さえ良ければもう1回走ってたはずだけど、「たら」

「れば」とか仮定の話をしてるようではダメだ。ちなみに、ニラレバも

1回だけ食べた気がする(実話♪)。寒いわ!

 

負荷の折れ線グラフを見ても、まあこんなもんでしょ。気管支炎と

歯茎痛さえなければスピードも出せたのに。。 また「れば」か!

って感じでムダに軽口を叩きつつ、今日はそろそろこの辺で。。☆彡

 

 

171201c

 

171201a

 

171201b

 

                 (計 1413字)

| | コメント (0)

競輪女王、小林優香の太腿は嵐・相葉のウエスト以上?♪~NHK『グッと!スポーツ』

感動した。。 番組最後の言葉は、

 「人事を尽くして テンメイを待つ」♪

 

そこか! 天命だろ! いや、私もたまに「天命」と名乗ってるから、

ドキッとしてしまった。もうちょっと賞金を獲得してもらった後、会いに

行こうか(笑)。まあ、賞金はお母さんが管理、本人は月額3万円の

お小遣い制らしいけど。「鬼」のお母さん、美魔女でOKかも♪ 何が!

 

 

      ☆        ☆        ☆

171122b

 

公式HP「競輪ステーション」によると、2015年の女性の獲得賞金

ランキングで第1位。3000万円☆ 正確には2976万7000円。

 

ただ16年はケガで少なくて、17年は今現在13位、1000万円弱。

まあ、世界とかオリンピックを狙ってるから、少なめになるのかも。

最大の目標は、2020年・東京五輪の金メダル。

 

日本ナショナル・チームのブノワ監督と一緒に獲るのが夢とのこと。

日本自転車競技連盟が、東京五輪のメダル獲得のために招いた

らしい。ハッキリ物を言うタイプみたいだから、結果を出せないと

人事がもめるかも。今は、小林も全幅の信頼をおいてた。

 

 

      ☆        ☆        ☆

171122a

 

さて、2017年11月21日放送のNHK『グッと!スポーツ』。最初

から魅せてくれた。可愛い顔で微笑みながら、50kgのバーベルを

背負って「片足」スクワット! 膝の曲げ方は浅めだったし、もう片方

の足はベンチに乗せてバランス取ってたけど、凄い筋力なのは確か。

 

しかも、最大レベルのパワーが「長持ち」するらしい。運動で発生

してしまう乳酸への耐性が強いそうだ。エアロバイクで時速50km

を23.8秒キープ。

 

おまけに、筋肉はプヨプヨの柔らかさで高品質。まあ、嵐の相葉雅紀

に太腿を揉まれても声を上げなかったから、感度はビミョーかも(笑)。

コラッ! 

 

相葉も井戸田潤も遠慮したのか、付け根じゃなくて膝近くを揉んでた。

昔の民放の芸人なら、お約束で胸やお尻を揉もうとして、突っ込みを

入れられてたけど、今のNHKだと無理だろうね。

 

 

      ☆        ☆        ☆

で、63cmの太腿。小林本人がいきなり、相葉さんのウエストより

太いかも・・とか口にしてたから、ビックリした。ネットで176cmとか

172cmとか書かれてる身長の男のウエストが63cm?

 

相葉はハッキリとは認めてなかったけど、確かに細く見えるね。女性

視聴者の多くも負けたんじゃないかな♪ レースクイーンがよく58cm

と書くけど、あれは公称、建前であって、本当はフツー60cmあるって

話も聞いてる。

 

ちなみに私は73.5cmだ。聞いてない? あっ、そう♪ 試しに左の

太腿だけ測ってみたら、ちょうど50cmだった。意外と細いんだな。

 

小林より13cm細いから、直径は13/π cm細い♪ 分かりにくっ!

ハイハイ。円周率πは3.14で計算すると、太腿の直径が4cm細い。

見た目でハッキリ違ってるね。

 

 

      ☆        ☆        ☆  

実は3年前、2014年には体重が83kgもあったと告白してた。それで

地獄の競輪学校のトップか。平地ならともかく、修善寺の「地獄坂」を

連続30本登る特訓だと、体重がジャマだったはず。それなのに、終了

直後に「おかわり」(笑)でもう1本登ってた。渋々つきあう男子選手♪

 

今は何と、64kgまで約20kg減量! リバウンドは大丈夫かね?

昔は空気を吸うだけで太ってたのに(笑)。

 

採点マシンを使った相葉との笑顔対決だと、初戦で負けてたけど、

泣きの1回で逆転。あれは相葉が遠慮してたのもあるね♪ 流石に

テレビの進行がよく分かってるなと、相葉の配慮に感心した。まあ、

顔を近づけて下から見上げるようにすると点数が上がるっていう、

小林の学習能力も鋭かった。

 

 

      ☆        ☆        ☆

あぁ、早くも時間切れか。最後はマニアック・ブログらしく、アメリカの

ニュース記事を引用しとこう。

 

番組のポイントにもなってた、今年の初夏のレース(競輪カップ)だと

思うけど、確信はない (^^ゞ 英語で検索するとほとんどこれしかヒット

しなかったのだ。ということは、残念ながら少なくとも米国での扱いは

小さいってこと。ま、ケイリン(競輪)だから、そんなもんかも。

 

171122c

 

 Yuka Kobayashi won 

 the women’s race.

 ユカ・コバヤシが女子レースで優勝した。

 

ちなみに、彼女を支えた監督の一言は、「考えるな、感じろ」。単なる

翻訳のおかげかも知れないけど、これは先日書いたブルース・リー

『燃えよドラゴン』の有名な台詞。将棋の天才・藤井聡太四段の少年

時代にも影響を与えた可能性があるらしい。

 

って言うか、どっちもNHKだから、放送作家かディレクターの趣味

だったりして♪ それでは今日はこの辺で。。☆彡

 

              (計 1893字)

| | コメント (0)

「森くん」、twitterトレンド世界1位&1ヶ月ぶりの多摩川

BIKE 59.6km,2時間20分,平均心拍 128 

消費エネルギー 1085kcal (脂肪 347kcal)

 

稲垣・草彅・香取の元SMAP3人がtwitterを始めて僅か1日半。

早くも世界1位のキーワードを生んだと、マイナビその他が報じた。

 

171104e

 

昨日の当サイトの記事でも扱った、72時間ホンネテレビの企画に

関連した言葉。昔のメンバーのオートレーサー・森且行と、レース

で再開したらしい。最初は6位だったのに、香取慎吾が1位にしよう

と呼びかけたら30分ほどで1位に上昇したとかいうお話。

 

私は早速、Googleの画像検索をかけてみたけど、そんな画像は

全く出て来ない (^^ゞ 相変わらずだね。そもそも、1位をツイート

したのは稲垣のみで、ブログの記事にも証拠写真はなし。

 

171104d

 

 

      ☆        ☆        ☆

素直で従順な性格のブロガーとしては当然、「本当なの?」と思い

つつ、自分で調べることに♪ SNSはよく分からないけど、確かに

本当らしい 。Google関連の(?)サイト、「trends24」より。

 

171104b

 

夕方、このトレンド・サイトを見ると、無味乾燥なデータ画面の最上段

に「森くん」という言葉が並んでた。日本時間で17年11月4日13時、

14時、15時だろうか。ツイート数とか、細かい情報は全くなし。

 

それにしても、他のワード(単語)には意味不明なものが多い (^^ゞ

ということは、海外でも、特定の変わった言葉をバズらせる(=拡散

させる)動きが広がってるわけね。

 

分かりにくい時代だな・・とか書くと、遅れてる人間扱いされるから

止めとこ♪ ツイッターというプラットフォーム(情報基盤)の人気は

ともかく、SNSやビッグデータのリアルタイム分析は今後もずっと

続くと思う。

 

 

      ☆        ☆        ☆

世界1位なら日本でも1位だろうと思って、前に何度か見たことが

ある日本のトレンドサイト(非公式)「@jptrend」を見ると、確かに

1位の表示が並んでた。

 

171104c

 

ただ、こっちもツイート数は書いてないし、半分くらいは日本語なのに

意味不明 (^^ゞ 「レモン」というのは数年前から人気らしい。「アップル」

や「ペン」への対抗意識もあるのか♪ ちなみにピコ太郎のブレークは

僅か1年前で、海外の有名人のツイートがきっかけだった。

 

考えてみると、こうゆうトレンドのデータは言葉だからできるわけで、

インスタグラムの写真だとできない。っていうか、技術的には今でも

一応可能だけど、あんましランキングらしいまとめができないはず。

実際、検索しても適当なサイトが見当たらない。

 

まあ、それも近いうちに検索技術が解決するのかね。ただ、「記録」

に一瞬だけ残っても、「記憶」に残るものはごく僅かだろう。トレンド

とは移り行く流れのこと。記憶に長く留まるものとは、本質的に違う

のだ。。

 

 

      ☆        ☆        ☆

一方、世界や日本のトレンドと全く関係ない小市民アスリートの方は、

連休の中日の今日、1ヶ月ぶりに自転車で多摩川を走って来た。

 

気温15度、湿度95%、風速2m。服装に困ったけど、上はTシャツ

と長袖2枚に薄手のグローブ。ちょっと寒いかなって程度で、ちょうど

良かった。ただ、体調不良は完治してないから、のど用のトローチを

口に入れて、パブロンを1錠だけ飲んでスタート。鼻がシュンシュン、

痛くてキツかった。花粉症みたいな症状。

 

トータルでは時速25.5km。遅っ!(^^ゞ まあ、鼻が痛くてスピード

アップできなかったし、1ヶ月ぶりで太腿の前側の筋肉が弱ってた

もんで。多摩川サイクリングロードは、自転車もランナーも多かった。

特に、本気モードの男性ランナーが目立ってた。遠くには、かすかに

富士山の影も。

 

 

      ☆        ☆        ☆

心拍計が1時間20分ほどで停止したのは、復路の追い風でペース

アップして、胸のセンサー辺りが乾いたからかな。まあ、最高でも

150程度の低い心拍で、心臓はラクだったし、咳もぎりぎりガマン

できた。

 

しかし、昨日も今日も、にわか雨が急に降る変な天気だね。黒潮の

蛇行って話と関係あるのかも。ともあれ、今日はこの辺で。。☆彡

 

 

171104a

 

                 (計 1681字)

| | コメント (0)

体調不良が続く中、最低限の走り込み~17年10月の全走行距離

(31日) JOG 25km,2時間16分16秒,平均心拍 146

    消費エネルギー 1360kcal(脂肪 272kcal)

 

フーッ・・、ようやく大変な月が終了。丸1ヶ月、これだけの体調不良

に苦しめられたのは初めてだろう。最悪の頃は寝るのが大変だった

ほど。まあ、咳や気管支炎がこれほど大変だとは知らなかったから、

いい勉強になったかも。喘息とかも大変なんだろうね。

 

今日は、例の異常な事件についてもとりあえずスルーして、恒例の

練習記録をまとめて終わりにしよう。

 

 

      ☆        ☆        ☆

まずは月末最終日の昨日の走りについて。1週間以上前から、この

日は25kmと決めてたから、だるい身体に鞭打って公園へ。

 

ちょっと体調が回復して、昨日からパブロンを飲まないようにしてた

けど、長距離走だと咳が不安だから、2錠だけ飲んでみた。結果的

に成功だった気がする。序盤から何度か咳が出てしまったから。

寒かったからかな。気温12度、湿度70%、風速1m

 

目標は1km5分40秒ペースの完走だったけど、咳が出るわりには

呼吸がマトモで、自然にスピードアップ。息苦しささえ無ければ、足腰

には問題なし。心臓もまあまあ。中盤まで1km5分半前後に抑えて、

終盤は1km5分20秒前後。その気になれば1km5分でも走れた

けど、咳込みそうだから自重した。

 

トータルでは1km5分27秒ペース。まだ遅いけど、今の状況なら

上出来かも♪ まさか5分半切れるとは思ってなかった・・とか喜ぶ

ほどでもないね (^^ゞ 上に長袖2枚で走ったら、ちょっと寒いくらい

でちょうど良かった。秋冬の長距離ジョグは汗が冷えるから、服装

の選択が難しいし、洗濯も面倒♪ こじつけか!

 

心拍は珍しく低い方にブレてるから、少しだけ高めに補正したけど、

全体的には合ってると思う。ただ、最初の11分半は反応しなかった

から、なめらかに補正した。

 

171101c

 

           時間 平均心拍 最大 

 往路(2.4km)  13分51秒 133 149

LAP1(約2.1km) 12分10秒 136 143 

  2         12分01秒 140 150

  3         11分52秒 142 148

  4         11分47秒 144 151

  5         11分50秒 145 152

  6         11分34秒 148 153

  7         11分30秒 151 156

  8         11分18秒 154 158

  9         11分21秒 155 159

 復路(約3.3km) 17分04秒 156 163

計 25km 2時間16分16秒 心拍平均146(81%) 最大163(91%)

 

 

     ☆        ☆        ☆

一方、悲惨だった10月の全走行距離は、

 

      RUN 232km ; BIKE 60km

 

フルマラソンの前としては少ないし、スピードも遅すぎるけど、あの

体調でこれだけ走った「自分を褒めたい」♪ いや、先日テレビで

また、マラソン有森裕子の名セリフが話題になってたから。流石に

最近は死語に近いかも。

 

本当は毎週1回、自転車に乗るつもりだったけど、体調不良と台風

と帰省で無理だった。11月はもう寒いし、1回乗るのが精一杯かな。

それより、初めての12月のフルマラソンに備えなきゃ!

 

湘南はもう、タイムは諦めて完走第一だけど、2月の東京マラソンの

予行演習にはなる。東京はそれなりのタイムを出したいね♪ まずは

体調回復ってことで、それではまた明日。。☆彡

                  (計 1322字)

 

171101d

 

171101a

 

171101b

| | コメント (0)

TBS赤坂5丁目ミニマラソン(17年・秋)、王者ファラーのラップ♪&多摩川

BIKE 59.6km,2時間11分30秒,平均心拍 137 

消費エネルギー 1286kcal (脂肪 322kcal)

 

超久々に見た去年の秋に続いて、今年もたまたま見ることになった、

赤坂5丁目ミニマラソン。相変わらず、いいね。光沢のあるグリーン

のショートパンツ・ギャルが♪ そこか! 

 

本当はもっとピチピチの素材の方が好きだし、ヘソ出しのトップも

もっと短い方がいいけど・・って話はさておき、今年はバラエティ番組

にしては素晴らしいレースだったと思う。相撲のすり足で進むお笑い

タレント・あかつとか(笑)

 

去年に続いて、世界No.1の長距離走者モハメド・ファラー(34歳)

が出場。900mを4周弱走るコースで、少なくとも最後の半周くらいは

本気のスピードに見えた。

 

18mの高低差がある心臓破りの丘で、前方に和田正人(38歳)を

見ながら全力疾走。スタジオ直前の狭い通路でぶち抜いた後、壁に

身体が当たってた♪ いやぁ、有難いサービス精神で、いいね!

和田が持ってたハンディ、2分10秒を逆転。

 

世界選手権で勝った後も余裕があったのに、今回はゴール後すぐ、

あおむけに倒れ込んで、その後も折り畳みイスに座ってたほど。額

には汗ビッショリ。メイクさんが演出でつけた水かな?♪ コラコラ!

 

 

     ☆        ☆        ☆

さて、細かい話をすると、ウィキペディアには単純計算の3.6kmと

いう距離が書かれてるけど、実際は4周より120mほど短いはず♪

スタート地点に戻る手前、メインスタジオにゴールがあるからだ。

そこからスタート地点まで屋内通路で30秒だから、120mと計算。

 

放送時間をそのまま、レースの時間と考えると、ファラーがスタート

してゴールするまで3.48kmの時間は12分57秒1km3分43秒

ペース。

 

アップダウンや曲がり角が多くて、Uターンが2ヶ所あるし、屋内の

通路は狭くてツルツルの床だから、そんなもんだろう。青山学院の

原監督は3分切るとか解説してたけど、かなり大げさだ♪

 

ラップタイムは以下の通り。ファラーは時計を見て正確に走ってた。

 

 LAP1(900m) 3分27秒

  2         3分27秒

  3         3分20秒

  4(780m)   2分43秒

  計       12分57秒

 

 

     ☆        ☆        ☆

しかし、元・箱根駅伝ランナーの和田正人と共に新ドラマ『陸王』に

出演する佐野岳(25歳)は、かなり速いなと思ったら、中学時代に

サッカーの愛知県代表になってるんだね。なるほど。あっ、2年前

には赤坂ミニマラソンで優勝してた! と言っても、私は名前も顔も

知らなかったけど♪

 

和田は以前、一人で(!)箱根駅伝を片道走った深夜番組を偶然

見てたから、よく覚えてる。とにかく、表彰台でファラーの左右に和田

と佐野が並んで、番組の宣伝としては出来すぎの結果。表彰台の

上で佐野が座り込んでる姿が可愛かったかも♪ アブナイわ!

 

『陸王』、ランナーのエキストラとか募集してれば参加してもいいかな

・・と思ったら、なかなか見当たらない。通行人とか観客のエキストラ

ばっか (^^ゞ ま、ランナーを募集すると、私みたいに素直で控えめな

人間ばっかじゃないから、撮影が大変かも♪

 

 

      ☆        ☆        ☆

おっと! 今週はもう15000字制限をオーバーしてるから、そろそろ

止めよう。ノーベル賞関連で書き過ぎてしまったもんで。

 

今日は2週間ぶりに自転車で多摩川へ。相変わらず風邪が治らない

まま、パブロン3錠でごまかしてスタート。副作用と寝不足で、往路の

途中までは眠かったけど、中盤以降は目が覚めて、走りも普通に。

 

ただ、往路の後半は遅いクロスバイクに前をブロックされてしまって、

タイムを1分半くらい損したと思う(細かっ♪)。わざわざ私を抜いた

後、素人っぽいギクシャクした乗り方で低速走行してるから、抜き返す

のも面倒だったわけ。秋の連休で、最高の条件なのに、自転車の数

はそれほどでもなかった。

 

 

      ☆        ☆        ☆

トータルでは平均時速27.3km気温18度、湿度100%、風速

2mはちょうど良かった。ただ、上に長袖2枚着て、日焼け止め無し

で走ったら、やっぱり身体が熱い! お肌が紫外線に弱くて困る。

 

なお、心拍計が最初の11分くらい反応しなかったから補正した。

今週は計17217字で終了。ではまた来週。。☆彡

 

 

171008a

 

              (計 1728字)

| | コメント (0)

風邪と共に去りぬ(Gone with the cold)、17年9月の全走行距離

(30日) JOG 10km,57分01秒,平均心拍 144

    消費エネルギー 561kcal (脂肪 129kcal

 

Googleの検索オプション使って、正確に「風邪と共に去りぬ」

を検索したら、5000件ちょっとヒット♪ 誰でも思いつく台詞だね。

ウチのブログの中だと、1年半前に1回使っただけらしい。

 

マニアとしてはさらに、「Gone with the cold」も検索♪

さっぱり見当たらないけど、当たり前だね。日本語の「風」と「風邪」

は似てるけど、「wind」と「cold」は似てないから(笑)。ただし、

「Gone with the cold wind」なら結構あった。

 

「冷たい風と共に去りぬ」。なるほど、季節の冬のイメージもあるし、

心の冬のイメージもある。8年ぶりの東京マラソンがまた寒かったら、

レポート記事のタイトルで使おうか♪ 

 

ちなみに日産のトップ、剛腕ゴーン氏はまだ去ってない(笑)。役職名

は色々変わってるけど、只者じゃないね。役員報酬10億円も♪

 

 

      ☆        ☆        ☆

で、とにかく、9月の最終週はハーフ21kmを走る予定だったのに、

風邪のせいで10kmジョグが精一杯。週末1回だけの自転車も、

4週連続で途絶えてしまった。ガックシ。。_| ̄|○

 

それでも、できる限りのことはやろうと思って、最終日も無理して

10kmだけジョギングして来た。パブロンは29日に2錠×2回

飲んだけど、30日は再び我慢。相変わらず胸が腫れてて苦しい

中、心拍計を見ながら144以下に無理やり抑え込む感じの走り。

 

最初の周回でいきなり144まで上げてしまったから、心拍を下げる

のに苦労して、変な走りになってしまった (^^ゞ 正しくは、じわじわ

上げる方が効率的なのだ。まあ、胸と鼻以外は気持ち良かった

からOKとしよう。足腰はまあまあ大丈夫♪

 

トータルでは1km5分42秒ペース。気温17度、湿度90%

風速1mの好条件を無駄にしてるね♪

 

171001a

 

          時間  平均心拍 最大

往路(1.2km)   6分47秒 137 143 

LAP1(2.2km) 12分18秒 143 148

  2        12分32秒 146 150

  3        12分42秒 146 149

復路(2.2km) 12分42秒 145 151

計 10km 57分01秒 心拍平均144(80%) 最大151(84%)

 

 

      ☆        ☆        ☆

一方、9月の全走行距離は、

 

      RUN 161km ; BIKE 238km

 

ビミョー。。(^^ゞ 本来なら、最後の週の頑張りで、ラン180km、

バイク(自転車)300kmくらいになる予定だったのだ。あぁ、体調

管理が甘かった。。 

 

ま、これでようやく年間の自転車の走行距離が1000km到達♪

少なっ! 自転車仲間は今年10000kmになりそうだと言ってた。

通勤で自転車を使えたらそのくらい行くだろうけど、私は無理だし、

危ないからあんましやりたくもない。

 

通勤ランも、汗ビッショリになるし靴にも困るから止めてしまった (^^ゞ

やっぱ、朝・夜、休日に頑張るしかない。あぁ、湘南マラソンが刻々

と近づいてるのに・・とか焦りつつ、今週は僅か10552字で終了♪

最近かなり書きまくってたからOKでしょ。ではまた来週。。☆彡

                 (計 1298字)

 

171001b

 

171001c

 

171001d

| | コメント (0)

風邪なのに無理して自転車&つぶやき

(24日) BIKE 59.6km,2時間10分30秒,平均心拍 140 

    消費エネルギー 1325kcal (脂肪 318kcal)

 

眠い。。 たまにパブロン飲んだからなのか、強烈に眠くて、やる事

すべてスピードが遅くなってる (^^ゞ

 

おまけに、PC(?)が何か自動でダウンロード(?)し続けてるみたい

で、もう1時間以上もWi-Fiのランプが点滅し続けてる。Windows

Updateがこんなに長くかかったことはないし、twitter検索を

かけても誰も悲鳴を上げてない。iOS11の自動ダウンロードでも

ないみたい。

 

通信回線の大部分がふさがってるからなのか、iPad Proと

iCloudの同期も全く進まないまま。写真アプリの再起動でもダメ。

ほんじゃ、iPadの電源を落として入れ直すと・・・アァッ!、動く

じゃないか!(^^ゞ iPadもたまにあるんだよなぁ。電源の入れ直し

が必要なことが。ムダにイラついて損した。

 

「風邪とパブロンで頭がもうろうとしてる時に限って、滅多にない

トラブルが発生する」。またしても、マーフィーの法則♪ 恐るべし。。

 

 

     ☆        ☆        ☆

あぁ、今日は珍しく美術ネタをトッピングしようかと思ってたのに、

もう気力が無くなってしまった (^^ゞ ま、最近かなり書きまくってる

から、休めってことかも。

 

ほんじゃ、日誌だけ書いてもう終わりにしよう♪ 今日・・じゃなくて

昨日は、また体調不良で休もうかなと思いつつ、自転車で多摩川

定番コースを走ってみた。パブロンは1錠だけで我慢。咳と鼻水は

今のところ大した事ないから、なるべく薬に頼りたくない。

 

ただ、喉から気管支、肺にかけて炎症が広がってて、呼吸するのが

しんどいのだ。ゆっくり腹式呼吸すれば多少ラクだけど、自転車で

走る時にはそうもいかない。

 

おまけに、「体調が悪い時に限って、激しいバトルに巻き込まれる」♪

往路でブチ抜かれたのは久々だから、温厚で寛容な私もついヒート

アップ。しばらく追い掛け回したけど、胸が苦しいし危ないから中止

した。名誉ある撤退ってことで。

 

 

     ☆        ☆        ☆

復路も珍しくブチ抜かれたけど、走りが危ないロードバイクだから

スルー。あれは死亡事故を起こしそうなタイプだね。往路の相手は

メリハリがあって、あんまし危なげない走りだった。といっても、減速

とか対人距離がちょっと甘かったけど♪

 

とにかく、かなり無理して走るハメになって、トータルでは平均時速

27.4km。まだ遅いけど、乗鞍ヒルクライムに出れなかったせいで

気合が抜けた今シーズンとしては、最速となった。身体が自転車に

慣れて来た気がする。そろそろ自転車は終了の時期だけど (^^ゞ

 

気温19度、湿度90%、風速2mで、曇り空の好条件。心拍計は

最初の13分ほど動かなかったから、補正した。山縣選手の100m

日本歴代2位タイ、10秒00の扱いがちょっと小さいなと思いつつ、

それではまた明日。。☆彡

 

 

170925a

 

              (計 1196字)

| | コメント (0)

また下りの右カーブで自転車事故、『弱虫ペダル』撮影中&多摩川

BIKE 59.6km,2時間13分,平均心拍 129 

消費エネルギー 1215kcal (脂肪 377kcal)

 

雨が降り出して来た! 危なかったね。各種のお天気情報を見て、

今日の朝までは大丈夫と判断して、多摩川へ。ギリギリで雨が降る

前に帰宅できた。いや、まだ小雨くらいなら寒くない季節だけど、雨

が降ると視界も路面も悪くなって、一気にリスクが増すもんで。。

 

さて、それほど大きな扱いではないけど、既にあちこちのメディアで

報道されてる自転車事故の話を書いとこう。自転車で一番大切な事

は、事故なしで走ることなのだ。身体がむき出しで、シートベルトも

エアバッグもないから。

 

ヘルメットをすっぽり覆う自転車用エアバッグを首に巻いてる人は、

まだ見た覚えがない。値段が5万円もするし、首の辺りが暑そうだ。

 

 

     ☆        ☆        ☆    

とにかく、各種の報道によると、自転車の人気マンガ『弱虫ペダル』

のドラマ「Season2」(BSスカパー)を撮影中、ロードバイクに

乗った俳優・滝川英治氏が重症事故で病院に搬送された。

 

公式サイトには書いてないからウィキペディアを見ると、大学生の

(?)福富寿一の役と書かれてた。トップクラスで強気の選手らしい。

 

170916c

 

発生日時は、17年9月15日の午後1時半ごろ。場所は、山梨県

笛吹市御坂町藤野木の県道708号。Googleマップを見ると、

河口湖の5kmくらい北にあるワインディング・ロードで、走りを

楽しめそうな道に見える。個人的な動画もかなりアップされてた。

 

170916a

 

下り坂の右カーブで左側の縁石に衝突したという話だけど、NHK

の動画を見る限り、縁石らしきものは見当たらない。標識の土台の

石のことかな?

 

ただ、半年前に伊豆で女性が転落死したパターンと似てるのは偶然

じゃないと思う。自転車もオートバイも、下りの右カーブは難しいのだ。

特に、路肩も道幅も狭い、片側一車線の山道の場合。

 

自転車自体も周囲の自動車もスピードが出やすいし、左カーブと

違って、身体も目線もカーブの内側に向くし、コースも内側に入り

やすい。ところが内側は自動車が通るから、自転車操作が不安定

になる。オートバイだと、右手のアクセル操作もやりにくい。

 

 

      ☆        ☆        ☆

さらに、田舎の山道はよく道路がひび割れてるし、枯れ葉や砂・小石

とかもある。警察は、道路の溝にタイヤをとられた可能性を考えてる

らしいけど、動画にはそれらしき溝は映ってない。

 

170916e

 

上の画面で、白い矢印が書かれてる溝は、細すぎるし方向も右寄り

過ぎるから、自転車のタイヤがはまるようには見えない。まあでも、

現場で見ると、ちょうどロードバイクの細いタイヤ(25mm以下)が

はまるくらいなのかも。

 

170916d

 

私はむしろ、この画像の方が気になる。枯れ葉が自転車の走路

をふさいでるし、ガードレールも邪魔だから、おそらく自転車は内側

(=右側)に入って避けるはず。そこにたまたま溝があったとか、

右横スレスレを自動車が走ってバランスが崩れたとか。 

 

全身を強く打つ大けがだけど、不幸中の幸いで、命に別状はない

とのこと。これから秋のツーリング・シーズンで、レースやイベントも

色々あるし、一人一人が気を引き締めなきゃいけないね。

 

 

     ☆        ☆        ☆

最後に一言、単なる私の走りについて。雨が降る前の曇り空の朝、

多摩川の定番コースを適当に走って来た。眠いので、安全第一。

 

気温21度、湿度75%、風速2.5m。遥か西の台風18号の影響

なのか、ちょっと風が強いけど、涼しくて走りやすい条件。ところが

なぜか、自転車は少なめだった。連休だから、他の事をするのか、

あるいは遠くのイベントに出かけるのかね。朝の降水確率は10%

だったから、雨がイヤってわけでもないはず。

 

とにかく、バトルも無しにラクして走って、トータルの平均時速

26.9kmだった。心拍も低いし、遊び過ぎたかも♪ ま、疲れてる

し、無事に帰宅しただけでも良しとしよう。ではまた。。☆彡

 

 

170916b

 

                (計 1634字)

| | コメント (0)

桐生祥秀100m日本新9秒98、世界歴代99位☆&多摩川

(9日) BIKE 59.6km,2時間13分,平均心拍 134 

     消費エネルギー 1250kcal (脂肪 350kcal)

 

遂に出た、9秒台! しかも9秒99じゃなくて、いきなり9秒98☆

おめでとう、桐生祥秀選手、21歳♪ 東洋大学4年生。

 

大学4年間の努力が、最後の学年で見事に実ったね。記者会見でも

大学名をしっかりアピールしてた。大学も喜んでるだろう。1998年

の伊東浩司10秒00から何と、19年ぶりの日本記録更新。

 

0.02秒で19年だから、ボルトの9秒58に追いつくまで、このペース

だと380年になる♪

 

 (9.98秒-9.58秒)÷0.02秒×19年=380年

 

しかし、不確定情報だけど、朝日新聞によると、アフリカ系以外の

9秒台は世界に「数人しかいないと言われる」。白人初といわれる

ルメートル(仏)が2010年、アジア初の蘇炳添(中国)が2015年。

そんなに大変なのか。。 人種とかDNAの違いはやっぱ大きいね。

といっても、なぜか陸上はやたら差が目立つんだけど。

 

 

      ☆        ☆        ☆

既にIAAF(国際陸連)のHPに記載されてたから、すぐ公認された

わけか。福井県の学生の大会で追い風1.8mだから、ビミョーかな

とも思ってた。

 

170910a

 

偶然なのか、祝福の気遣いなのか、ランキング表の桐生のすぐ

上はウサイン・ボルト(ベスト以外)、すぐ下はかつての帝王カール・

ルイス♪(ベスト以外)。9秒9台で偶然99位になったことも含めて、

目立ってる。

 

ちなみに追い風参考だと、桐生は2年前に9秒87を出してて、これ

追い風参考ランキングだと29位☆ 一気に順位が上がるのだ。

むしろ、この時の方が今回より速かったのかも。追い風3.3mは、

特に強い風ではない。

 

その辺りの事情が分かってるのか、陸上タレントの武井壮は「やっぱ

追い風乗ると最強だなあの走り!!」とツイート。流石は専門家だね。

武井の現役時代のベストは10秒54とのこと。

 

170910c

 

 

     ☆        ☆        ☆  

桐生のコメントでなるほどと思ったのは、ライバルの先輩、山縣選手

(24歳)がすぐLINEをくれたのを喜んでたこと。逆の立場だったら

送れないかもとか正直に言ってた。

 

やっぱ、9秒台1番乗りを争ってたライバルの本音としては超悔しい

はず。その点、同じレースで2位だった1年後輩の多田修平(21歳)

は正直で、いいね♪ 「やっぱり悔しいですね。目の前で出されたと

いうのは」。

 

多田のタイム10秒07も立派な自己新だし、実は大会プログラムの

表紙は彼の写真だったらしい。ハッキリ言って、今シーズンは多田や

サニブラウン・ハキームの方が注目を集めてたから、桐生が意地を

見せた形。

 

さて、ここから日本の短距離界や陸上界が記録ラッシュになるかな♪

そろそろマラソンの日本記録更新にも期待しよう。

 

 

      ☆        ☆        ☆

一方、単なるパッとしない市民アスリートの端くれは、昨日も多摩川

定番コースを60km走っただけ。自分の感覚だとかなり速く感じた

のに、タイムはそうでもなかった (^^ゞ 信号に度々引っかかったし、

バトルも全くなかったからだと思っとこう♪

 

トータルでは時速26.9km気温22度、湿度90%、風速2m

暑くなかったから、気象条件は言い訳にできない。心拍計は後半の

途中でエラーになってしまった。

 

なお今週は計17846字で終了。2週連続で制限オーバーだから

反省しよう (^^ゞ ではまた来週。。☆彡

 

 

170910b

 

               (計 1398字)

| | コメント (0)

夏目漱石『自転車日記』、100年前のイギリスで猛練習♪&多摩川

BIKE 59.6km,2時間11分,平均心拍 131 

消費エネルギー 1210kcal (脂肪 351kcal)

 

吾輩は「吾輩は猫である」に挫折した少年である・・・っていう話は

以前、思い出記事に書いたことだけど、今回は短いエッセイだから

何とか読み通せた♪ まあでも、100年以上前の文章だし、かなり

苦戦したけど (^^ゞ

 

さて、かの有名な文豪、夏目漱石が、「自転車日記」というエッセイを

書いてるなんて話は、聞いたこともなかったけど、先日ドラマ記事の

下調べをした時にたまたま知ったのだ。「呵責」(かしゃく)という言葉

の、「良心」と関係ない用例を調べてたら、面白い例文があった♪

 

 「この二婆さんの呵責に逢てより以来・・・」

 

漱石が英国留学中、2人の婆さんに「自転車責」めでイジメられて、

嘆いてるのだ(笑)。漱石のユーモアの原点はこんな所にも表れてた

のか。

 

 

     ☆        ☆        ☆

折角の機会だから、彼がメジャーな小説を書く前、『ホトトギス』第6巻

第10号に発表されたエッセイの感想とまとめを書いとこう。

 

170903e

 

レビューというほどのものではないので、悪しからず。著作権は消滅

済みで、無料の電子図書館「青空文庫」で公開中。元になった本は、

筑摩書房の夏目漱石全集。

 

170903d

 

1902年の秋だから、2年間の留学の終わり頃の話。神経衰弱

に苦しんでた彼に、下宿のおばさんが自転車を勧めたらしい。

自転車に御乗んなさい」。

 

親切なアドバイスのようにも感じられるけど、漱石にとって「呵責」

だった。おばさんの巨体から心理的圧力を受けたのかも♪ 二十

貫目というのは、20×3.75=75kgの体重という意味だろう。

それにしては漱石の表現が大げさだけど、これも文学か。

 

 

     ☆        ☆        ☆

自転車のコーチとして、誰か男性が付き添ってくれたようで、まず

自転車を選ぶ所からスタート。買ったのか借りたのか不明だけど、

帰国前だし、借りたのかな。コケまくりでボロボロの返却とか♪

 

 「悄然たる余を従えて自転車屋へと飛び込みたる彼はまず 

  女乗の手頃なる奴を撰んでこれがよかろうと云う、その 

  理由いかにと尋ぬるに初学入門の捷径はこれに限る・・」

 

初めてだから女性用の自転車を勧められて、漱石は屈辱を感じる。

わかりやすい男子だね♪ ここで当時の自転車を見ておこう。

 

まず、1889年のレディース安全自転車。既に、今のママチャリに

似たスタイルになってる。上のフレーム(トップチューブ)が無いから

乗りやすいし、チェーンのカバーが付いてるから洋服が汚れない。

英語版ウィキペディアより。

 

170903b

 

一方、1900年を過ぎた頃の男性用が次の写真(または絵画)。

今でも売れそうなクラシック・スタイルで、半円形チューブがオシャレ。

 

170903c

 

 

     ☆        ☆        ☆

漱石は結局、もっとカッコ悪い男向け自転車で妥協となった。古くて

ギーギー「関節」が音を立てるほど♪

 

全くの初めてだった漱石は、あぁ、もうダメだと大げさに嘆くことで、

間接的に手助けを頼む(笑)

 

 「さあ、僕がしっかり抑えているから乗りたまえ、おっとそう真とも 

  に乗っては顛り返る、そら見たまえ、膝を打たろう、今度は 

  そーっと尻をかけて両手でここを握って、よしか、僕が前へ 

  押し出すからその勢で調子に乗って駆け出すんだよ、と

  怖がる者を面白半分前へ突き出す、然るにすべてこれらの

  準備すべてこれらの労力が突き出される瞬間において砂地

  に横面を抛りつけるための準備にして・・・」

 

というわけで、敵の狙い通り、漱石は落車したようだけど、ケガや

出血の話は書いてない。それより、周囲の見物人の視線が気に

なったわけか♪ かなり自意識とか自尊心が強い日本男児。

 

 

     ☆        ☆        ☆

その後、別の日には、早くも激坂にチャレンジしてる。ただし、下り♪

 

 「坂の長さ二丁余、傾斜の角度二十度ばかり、路幅十間を

  超えて人通多からず

 

今の単位に直すと、長さ200m、道幅18mくらいだから、スキー場

のゲレンデみたいな坂だ。二十度というのは大げさ過ぎ! 勾配

20%としても急過ぎて危ないから、これも文学的誇張だ♪ 客観的

描写ではなく、主観的な心理描写。ブレーキ性能も貧弱だろうし。

 

たまたま「女学生が五十人ばかり」向こうからやって来たというのは、

事実かね? 案外、抑圧的な異国生活で歪曲された性的欲望に

よる、幻想かも(笑)

 

実際、その下り坂特訓を切り抜けた直後に、「妙齢なる美人」から

サイクリングのお誘いを受けて、動揺してるのだ♪ 「細君」という

ことは、人妻かな? この時、漱石は結婚してるから、W不倫もどき

になる。まあ、週刊文春の登場は半世紀後だから大丈夫か(笑)

 

 

      ☆        ☆        ☆

で、自転車に乗れないから人妻不倫サイクリングは丁重にお断り

した後、今度は急ハンドルを切って、後続車を転倒させたらしい♪

 

 「ハンドルをギューッと捩ったら、自転車は九十度の角度を

  一どきに廻ってしまった

 

九十度回転を一瞬で行うのは物理的に不可能だけど、要するに

後ろを確認したり合図を出したりせず、いきなり直角に曲がったと。

ダメなサイクリストの典型だね♪ あっ、当時は自動車が走ってない

から、安全の意識が弱いのかも。

 

とにかく、婆さん2人に笑われながら悪戦苦闘するハメになったから、

仕返しとして、「下宿の飯を二人前食いし」(笑)。まあ、安くてまずい

パンだろうから、反撃としては弱すぎたかも。追加料金を取られた

とか♪

 

 

      ☆        ☆        ☆

そろそろ、この辺で時間も字数も無くなって来たから、終わりにしよう。

興味のある方は、青空文庫で格調高き原文をお試しあれ。

 

漱石と違って本物のサイクリストの私は今日、多摩川を60kmほど

走って来た。気温18度前後、湿度90%、風速2mは快適な

条件♪ トータルの平均時速27.3km。ウェアはあんまし濡れて

ないけど、ボトルの水は全部飲んだし、汗はかなりかいたと思う。

東京都と調布市の合同防災訓練が大々的に開催されてた。

 

なお、今週は計18408字で終了。ブログ公開12周年の特別な週

だったから、週間字数制限15000字を大幅にオーバーした。ま、

たまにはいいでしょ。それでは、また来週。。☆彡

                  (計 2481字)

 

170903a

| | コメント (0)

より以前の記事一覧