岩手県・安比高原スキー場、3度目のスノーパラダイス♪

1泊2日だと、ちょっと慌しいけど、初日は快晴だったし、雪質と

積雪量は3月上旬でも十分だった♪ やっぱ、東北を代表する

スキー場だね、安比(あっぴ)は。日本の中でも、私はトップ10

に入ると思う。実際、外国人観光客も大勢来てたのだ。東アジアも、

欧米とか豪州系も。

     

170307k

      

まあ、そうは言っても、国内で一般の人に話すとあんまし通じなかっ

たりするけど (^^ゞ 「アッピ? どこ、それ?」って感じのポカーンと

した反応が帰って来る方が多い。残念ながら、苗場や志賀ほどの

知名度はないのだ。

     

やっぱ、場所の問題が大きいと思う。関東や関西からだと、安比に

行く時間とお金があれば、北海道に行けてしまうから。そうなると

気分的に、どうせなら飛行機で北海道と思う方が自然かも。スッ

チー・・じゃなくてCAにも会えるし♪ そりゃ、私の個人的趣味か。

    

まあ、2日間の日程だと、安比の方がくつろげるとは思うけどね。

東北新幹線なら、飛行機みたいな欠航や遅れの心配もないし、

雪質もゲレンデの広大さも十分だし。黄色くて鋭い形の建物が

ランドマーク。ホテル安比グランド・タワー館。真横から見た姿。

     

170307i

    

   

     ☆        ☆        ☆

170307a

  

それでは、旅行日記&スキー場レポートに入ろう。2007年

2008年にも出かけて、記事を書いてることだし、写真中心で軽く

書くことにする。ホントは単に、時間が無いだけだったりして♪

上の写真は、JR盛岡駅と直結してるバスターミナル。遠くに雪山

が見えてる。9年ぶりか。懐かしいね。。

    

170307b

  

これはバスからの撮影。電線が写りこむ辺りが日本っぽくて、

いいね♪ 路線バスの岩手県北バス、「けんほく」じゃなくて、

「けんぽく」と読むらしい・・・と書いとけば、検索アクセスが数回

稼げるかも(笑)。少なっ!

  

170307c

  

私が泊まったのは、黄色いホテルから左上にちょっと登った場所

にある、グランド・ヴィラ。歩いて移動できる距離だけど、ホントに

歩いた客は私くらいかも♪ いや、フルマラソン直前の時期だから、

足腰のトレーニングも兼ねてるもんで。

   

   

      ☆        ☆        ☆

170307e

  

チェックイン、レンタル、着替えを済ませて、食事は軽くササッと

済ませて、ゲレンデへ。上の写真は、ロッカーからゲレンデ(手前

の側)に向かう通路。左側に見えてるのがレストラン・ルピナス

で、翌日の朝食で利用した。お花の名前を付けてるわけね。

   

170307f

   

写真の色合いが変だけど、サロモンのボードを持ってゲレンデに

向かう途中。2日間でレンタル料金9000円! 去年の栂池なんて

2日で無料だったから、無限大倍(笑)の高い料金だ。でも、サロモン

の板と靴は確かに滑りやすかった。まあ、サロモンの靴は細身で、

私の足(特に右)にはちょっとキツイけど。

   

170307g2

   

リフトやゴンドラに向かう途中の緩斜面で、ウォーミングアップを

4本♪ これもマラソンのトレーニングで、坂を自力でガンガン登る

のがポイントなのだ。ちなみに、そんなスキーヤーやボーダーは、

私以外に全く見なかった(笑)。マニアックで、いいね。

    

170307h

  

遠くに見えるタワー。懐かしい。。この辺りはもう、のんびり滑って

行けるけど、早歩きか走った方が早いかも。

  

  

      ☆        ☆        ☆   

170307j

 

まずは、メインゲレンデのセントラル・クワッドを数本。スキーヤー

とスノーボーダーの人数は半々くらいか。ボーダーのウェアが年々、

少しずつ明るくなって来た気がする。アベノミクスとの関連は不明♪

以前は女の子でも暗い色ばっかで、スキーヤーのウェアと対照的

だったけど、今はあんまし区別がつかない。

  

170307l

  

ちなみに、ホテルの黄色(レモンイエロー)は公式サイトの写真だと

こんな感じだ。ちょっと濃いけど、この方が私の写メより実感に近い

かな? まあ、両方の中間くらいが実際の色か。

  

170307n

  

クワッドを降りて、上から見て右側の斜面(細かい・・)。初級者の

ボーゲンの練習にピッタシ。開放感もある。

    

170307m

  

滑り降りて、向こうの青い建物がゴンドラのステーション。その右奥

に見えてるのが、私が泊まった建物。

   

170307o

  

ゴンドラの中は、景色がキレイに見えるんだけど、クワッドのフード

はくもってて、ほとんど見えなかった。古いからなのか、元からなの

か。見えた方が絶対いいと思う。現地スタッフさん、読んでる?♪

   

170307q

   

あぁ、スキー場っぽい眺め♪ ただ、このまま降りると上級者用

の斜面だから、私にとってボードで滑るのはキツイ。引き返して、

迂回路の初級者用ロングコース(ヤマバト)に向かった (^^ゞ

正直かつ素直で、いいね(笑)。スキーなら余裕だけど。

   

   

     ☆        ☆        ☆

もう時間が無いから、短くまとめてしまおう。

   

170307r

  

朝食の和洋中バイキングは、品数豊富で美味しかった。コーヒー

の持ち帰りサービスもGood☆ 選んでる間は、「御食事中」の

プレートを置くシステムも合理的だ。それを裏返すと、こんな感じ

になってる。

   

170307s

  

 「Please don’t stand on ceremony.」

これ、「お食事の後もお楽しみください。」という日本語と合って

ないんじゃないの?と思ってたけど、正しかった (^^ゞ

「儀式ばらずに、おくつろぎください」という意味らしい。

  

まあ、そのわりに、

 「This table is vacant」

(このテーブルは空いてます)なんて書いてるけど(笑)

   

170307v

  

メインのゲレンデ食堂は、広くて明るくて快適♪ ただ、店員さん達

は外国語の対応が大変そうだった。外国人にとっても、日本人の

片言の英語を聴き取るのは大変だったかも♪ 多様性の共存

には、多少の苦労も伴うのであった。

     

170307t

   

帰りのバスのおやつは、アーモンドクラッシュ・ポッキー♪ 美味

しいけど、「ぎっしり」と書いてるのに10本しか入ってないのは

ショックかも(笑)

     

170307u

  

そして最後。盛岡駅で新幹線を待つ間は、頭上の巨大電気ストー

ブもどきが心と身体を暖めてくれるのであった。トースターにも

見えるね♪ 床の側には無かったけど(笑)

  

   

     ☆        ☆        ☆   

というわけで、久々の安比は相変わらず素晴らしいスノー天国だっ

た。でも、もうちょっとお客さんが来ないと、経営的には苦しいんじゃ

ないかな? 日曜の日帰り客がそこそこいた程度。今回、イルミネー

ションのイベント(イリュージョン)が無くなってたのも、3月だからでは

ないようだ。経費削減か。

     

スキーヤー、ボーダーの皆さん、ぜひ安比高原スキー場をどうぞ

・・・とか宣伝しとけば、リフト券がタダになるかも♪ ステマか!

            

ともあれ、これで冬の恒例行事も残りは唯一つ。フルマラソンだけ

となった。ホッとするような、淋しいような。。 あっ、そうそう。安比

温泉パティオの体重計で測ったら何と、2.5kgも痩せてた!

     

実は皇居ランのランピットで測ってもそんな感じだったから、正しい

のかね? ウエストは変わらないのに(笑)。って言うか、病気だった

りして。ガクガク、ブルブル。。

    

それでは今日はこの辺で。。☆彡

    

                   (計 2704字)

| | コメント (0)

JR SKISKI 2016-17、CM第2話・まつげの雪編レビュー(桜井日奈子)

(☆17年2月2日の追記: 最新記事をアップ。

 JR SKI 2016-17、CM第3話・夜の散歩編レビュー )

   

   

     ☆        ☆        ☆

いつの間にか、JR SKIの新しいCMがアップされてたから、

第2弾のレビューをアップしよう。テレビではまだ、最初のCM

を1回見ただけ。私があんましテレビを見ない人間だからかな。

   

ちなみに今日もiPadとブルートゥース・キーボードで入力練

習するので、改行その他、多少のレイアウト崩れは悪しから

ずご了承を♪ 基本的にパソコンとタブレットの画面に合

わせて書いてる記事で、スマホ用の画面はシステムの

自動変換によるものだ。

    

ネットで公開されてるCM動画を利用した、個人ブログ

の好意的レビューなので、著作権の問題は生じないと考

える。 JRはスキーツアーでも普段でもフツーに利用して

ることだし、よろしくね♪

   

なお、前回のレビューは次の通り。

   

 JR SKISKI 2016-17、CM第1話・目線編の解説

        ~「冬が胸にきた。」(桜井日奈子)

    

   

    ☆        ☆        ☆

161223b

   

まず、ペアリフトに桜井日奈子が彼と乗ってる。 桜井

がマメに更新してるブログによると、ロケ地はニュー

ジーランドとのこと。撮影時期的にも時差的にも、

南半球に行くのは自然。

    

161223c

   

「気持ちいい〜♡」と、意味深な歓声♪

ここだけリピートしてるファンも少なくないはず(笑)。

白いゴーグルは私のとよく似てて、爽やかだね。

聞いてない? あっ、そう♪

   

161223d

   

オーイ!と下の斜面の2人から声。影が長いから、晴れ

た日の朝一の撮影か。桜井たちがスキー。下の2人

はスノーボード。

   

ボードは立ち止まった時の安定性も悪いから、下の男子

は合図した拍子に後ろによろける。演技か、それともホン

トによろけたのか♪ 上から「気を付けろよ!」。ボード

を知らない人には、意味が分かりにくいセリフかも。

   

    ☆        ☆        ☆

161223e

   

すぐ前のリフトでは、カップルがキス♪

桜井が「アッ!」 と気付いて、羨ましそうに見つめる。

無意識の欲望が表面化。目はうつろに空想の世界を

さまよい、可愛い唇は半開き(笑)。

     

161223f

      

   

161223g

    

その時、彼が桜井の顔に手をやりながらささやく。

  「お前さぁ、よく見ると・・」。

  

桜井は、彼の素手の冷たさに驚いて思う。

 「グローブはどうしたの?」♪

そこか! 違うわ。

「やっと私の美しさに気付いてキスするのね」(笑)。

後ろの景色が壮大。CG合成ではないと思っとこう。

   

161223h

      

思わず目を閉じて、快楽をむさぼる準備をする

日奈子♪ 実際には止まったリフトで撮影してる

のかね。角度的に望遠レンズだと難しいはず。

アッ、今だとドロー ンを使う手もあるのか。

   

161223i

   

彼は桜井のまつげを指で払って一言、

「雪」(ユキ)。

  

CMのタイトルでネタバレになってるのは、去年の

CMが難しくて質問が殺到したのに懲りたか(笑)。

ここで桜井のナレーションと言うか、モノローグ。    

「雪はちょっと、好きに似ている」。

   

ユキとスキね。そして、好きはちょっと、突き(ツキ)

に似ている♪ コラコラ! 日奈子の望む愛の行為は、

もうしばらくお預けなのであった。

     

    ☆        ☆       ☆

161223j

   

このショットが上手いね。上りと下りのリフトがすれ違う影。

一瞬だけ接近して、すぐまた離れる思いや関係を象徴的

に表現してるのだ。実に素晴らしい。

    

まあ、視聴者にはほとんど気付いてもらえないだろう

けど(笑)。映像作家とかアーティストとしてのこだわり

や誇りが感じられて、いいね♪

   

161223k

   

桜井は再びつぶやく。「冬が胸にきた。」。

彼の手と指の、冷たさが頭にきた♪ 

グローブはめろよ!とか突っ込みつつ。

   

私はリフトでよく、グローブを外して写真を撮ったり

マップを見たりする。物を落としてしまったことは1回

しかない♪ あるんかい! 緩斜面だったからすぐ拾い

に行って、無事回収。。(^^ゞ

             

161223l

   

そして最後はもちろん、「JR SKISKI」。東海じゃなく

て東日本の広告。ここで新幹線じゃなくて、鈍行列車とか

映せば笑えるのに♪ 以前、夜行のシュプール号という

ものがあったのは平成ブロガーでも知ってるのであった。

   

という訳で、また慣れない入力で疲れ果てたから、今回

はもう、メイキング動画については省略しよう。

それでは、また明日。。☆彡

    

                  (計 1625字)

       (追記 54字 ; 合計 1679字)

| | コメント (0)

JR SKISKI 2016-17、CM第1話・目線編の解説~「冬が胸にきた。」(桜井日奈子)

(☆追記: 続編記事もアップした。

  JR SKISKI 2016-17、CM第2話・まつげの雪編レビュー 

  JR SKI 2016-17、CM第3話・夜の散歩編レビュー )

   

  

    ☆        ☆        ☆

JR東日本のスキー・キャンペーン、JR SKISKI(好き好き)

が始まると、「冬が街にきた。」って感じがするね♪ 今年の

キャッチ・コピーは、「冬が胸にきた。」。冬と胸の2文字だけを漢字

にして、強調してある。ちょっと開いて突き出した唇が、セクシー☆

     

161203a

    

去年は、キャッチ・フレーズ(そこに雪はあるか)もCMもちょっと分か

りにくかったから、当サイトの解説記事3本へのアクセスも多かった

んだけど、今年はわりと分かりやすいからアクセスは少なそう (^^ゞ

   

多分、去年はJRの広報に、「どうゆう意味ですか?」とか質問が

押し寄せて困ったから、今年は簡単にしたんだろう♪ まあでも、

岡山の奇跡・桜井日奈子は可愛いし、CMもしっかり作られてるか

ら、今年も解説&感想記事をアップしとこうか。

   

宣伝のお手伝いだし、既にネット中に画像が拡散してるから、著作

権や肖像権の問題は生じないと考える。JRさん、よろしくネ♪

気に入ってもらえたら、新幹線回数券くれるとか(笑)。ステマか!

  

ちなみに去年の記事3本は次の通り。

   

JR SKISKI 2015-16、そこに雪はあるか。(平祐奈&山本舞香)

 CM第2話「お似合い篇」の感想♪

 CM第3話「青春篇」&休養ハーフ走

      

    

    ☆        ☆        ☆

まずは礼儀とかマナーとして、宣伝をリスペクトしよう。今シーズン

はアイスのガリガリ君やガリ子ちゃんとタイアップしてるから、

プレゼントも笑える。アタリボー(=アタリボード)と、アタリ板

(=アタリスキー板)。ハズレではないわけネ♪

     

161203d

161203b

  

どうも、表(上側)に「1本当り」と書いてるらしい。スキーの方は

「2本当り」かも(笑)。僅か5名ずつ、計10名だから、ヤフ

オクで値段がいくらになるか、楽しみだ。コラコラ! コンビニに

持ち込んで、当たりの交換が出来るか試すのも面白い♪

  

他に、胸にくるキッス味(やわらか白いサワー)のアイス、ガリ子

ちゃんのサービスもあり。胸に「きた。」というコピーに合わせて、

胸に「くる」とひらがなで書いてる所も芸が細かくて、いいね。

    

    

     ☆        ☆        ☆

161203f

  

では、30秒編の分析スタート。今年は新幹線の車内を映さず、

いきなりゲレンデ到着。フレームの中心に大きくヒロイン・桜井。

そのすぐ右に、相手役の男の子(名前は不明)。構図の基本。   

両脇は残念ながら、脇役なのだ。まあ、右端のコも可愛いけど♪

     

そう言えば去年は、脇役の女の子が最後に勝ったんだったね。

かなりヒネリが入った、テクニカルなCMだった。

    

161203g

  

曇ったゲレンデに飛び出して、お約束の雪合戦を始める若者4人。

撮影時の天気に恵まれなかったのか、あるいはこの後、「曇りのち

晴れ」の流れでハッピーエンドにするためなのか。まあ、基本的に

スキー場はこんな天気が多いけど。

  

晴天率は志賀高原が高い♪ 私は計20日間くらい滑って、晴れ間

が出なかったことはないと思う。雪質もいいから、人気があって当然。

     

161203h

桜井がカレに雪の玉をぶつけようとして、目線を向けると・・。

  

161203i

彼も目線を向ける。

  

161203j

     

思わず、意識して手を止めてしまう彼女。桜井の(?)モノローグ的

ナレーションは、「ただ雪があるだけで、世界は結構変わる」。

       

161203k

彼も意識して目線をそらし、もう1人の女の子の方に玉を投げる。

   

161203l

大好きなカレの玉を女友達に奪われて(笑)、彼女は激しく嫉妬♪

そうゆう解釈か! そこに雪のしぶきがふりかかる。泣きっ面に雪。

   

   

     ☆        ☆        ☆

161203m

その雪しぶきが、次の滑走シーンとのつなぎに使われてる。つまり、

彼女がスキーで転倒して、白いものを浴びるのだ♪ 雪だろ!

板は、アタリ板ではないね。

     

161203n

その時、彼女の目線が右上に向けられる。

      

161203o

   

カレがすぐ手を差し出して、「下手クソ♪」と憎まれ口を叩く。

もちろん、すぐに助けるということは、カレは彼女のすぐ後ろ

で見守ってたということだ。滑る彼女の後ろにも目線があった。

    

161203p

   

口を尖らせて、「お前のせいだ!」と言い返す彼女。グローブ

(手袋)のデザインも、いいね。ピンクと赤、2色を切り替えてる。

プリント柄のウェアも可愛くてGood。カレの地味なウェアと

対照的。

  

この辺り、カレが彼女に接近する動きと、彼女がカレに接近する

動きと、両方きっちり映されてる。要するに、ちょっと距離をおいて

た2人が、お互いに距離をつめていくのだ。

   

161203q

   

このキレイなシーンが実は突っ込み所かも♪ カレがスキーなら、

板が彼女にぶつかってしまうし、ストックはどうしたのか気になる。

カレがスノーボードなら、この姿勢は保てないはず(左下に滑る)。

ということは、撮影用に板なしで立ってるわけか。

  

161203r

  

最後は、立ってるカレを引っ張って、一緒に寝ると♪ コラコラ!

僅か数十cmの距離で、触れ合いながら見詰め合う2人。この年

頃だと、もう激しい衝動を止められない。で、パトロールに見つ

かって警備室で叱られるのがCM第2話だ(笑)。ないだろ!

     

冬が胸にきた。クールで熱い、まぶしいカレが私の胸にやってきた。

ちなみにウェアのままだと、たとえグローブを外しても、モソモソして

イマイチなのだ♪ 実話だろ! ウェアの下にはババシャツ(保温下

着)もあるし。

      

161203s

   

最後は当然、JR SKISKI☆ いまだに、「JR スノボスノボ」

にはなってない♪ スキ、スキ!

   

   

    ☆        ☆        ☆

ちなみにここ20年の統計を見ても、実は一貫して、スキー人口

の方がスノボよりかなり多いのだ。若者に限るとスノボが優勢だろ

うけど、最近はわりとスキーも善戦してると思う。

   

さて、いきなり最終回みたいな第1話の後、第2話以降のCM

がどう展開するのか注目だね。とりあえず、他の2人がジャマして

来るか、彼女自身がカレを突き放すか。

        

引き付けつつ、突き放す。ベイトソンが語るダブルバインド(二重拘束)

によって、カレの心はかき乱される。で、宿で暴発して、センテンス

スプリング文春砲のターゲットになるのだ♪ 某大学生か!

         

それでは、今日はこの辺で。。☆彡

        

                  (計 2382字)

       (追記 80字 ; 合計 2462字)

| | コメント (0)

雄大な景色と開放感、栂池(つがいけ)高原スキー場♪

5年ぶりの満足感だね。今年(2016年)初めて行ってみた、老舗の巨大ゲレ

ンデ、栂池高原スキー場。これぞ古き良き日本のスキー場!って感じだった。

下の全体図は公式サイトからの縮小コピペ。写真には中央部のくぼんだエリ

アが写ってないから、本当はもっと広大なゲレンデになってる。小さめのスキー

場を3つほど合体させた規模。

 

160307a

 

代表的な口コミ情報サイト「SURF&SNOW」の総合評価ランキングだと、現

在、第2位☆ 14年11月からの集計で、去年は1位だったらしい。まあ、グル

ナビ系だし、情報の信頼性はビミョーだけど♪ コラコラ! 実際、栂池の知名

度はそれほどでもないし、客の数も普通。快晴の土日でも、リフトやゴンドラの

待ち時間はほぼゼロなのだ。

 

「SURF&SNOW」の評価は、関東・東海・関西圏に偏ってると思う。北海道

が誇るルスツ・リゾートは全くの圏外になってるし、東北が誇る安比の評価も

低い。海外での人気も高い北海道ニセコ・ヒラフ(8位)が、首都圏からの日

帰りスキー場・石打丸山(7位)に負けてるのだ♪ まあ、話が逸れてるから、

栂池の話に戻そう。

 

 

          ☆          ☆          ☆

ここの最大の弱点は、「栂池」という漢字が読みにくいことだろう♪ だからこ

そ、パンフレットも含めてあちこちで、「つがいけ」、「ツガイケ」、「TSUGAIKE」

と書かれてる。これだけ書いとくと、「栂池 読み方」とかいう検索アクセスが稼

げるはず(笑)。「安比」(あっぴ)も読みにくいけど、巨大な代表的スキー場だ。

 

まずはGoogle Earthで、栂池の位置を確認しとこう。簡単に言うと、日本の

ど真ん中、ちょっと上の辺りだ。長野県だけど、富山県に近い位置。八方など

と共に、白馬エリアと呼ばれる一帯だ。夏の自転車レースで毎年登ってる乗

鞍よりも、100km近く北。

 

160307

 

客が話す言葉や車のナンバーを見ると、地元が多いのは当たり前として、関東

からの客が中心。関西からもかなり来てる感じだった。あと、韓国語もかなり飛

び交ってたし、従業員には中国人も結構いるような気がする。リフト乗り場や宿

泊先のホテルで感じた。観光客としても労働力としても、有難いことだね。

 

その一方で、白人はほとんど見なかったから、彼らはもっと名前が売れて

て、大きな空港から行きやすい所に向かうのかも。実際、栂池から直線距

離で10kmほど南西の位置には、メジャーな八方尾根スキー場(第1位)が

あるし、東側には『私をスキーに連れてって』(古っ!)の志賀高原(第4位)

その他、いくらでもスキー場があるんだから。去年、一昨年に日帰りした軽

井沢だと、白人もかなり見かけた。

 

 

         ☆          ☆          ☆

160307c

 

さて、2日連続の4時間睡眠で眠い中、我々が栂池に到着したのは土曜(3月

5日)の朝10時ごろ。天気予報の通り、ほぼ快晴♪ 混雑してるように見えて

も、リフトの輸送能力が高くてゲレンデも広いから、問題なし。

 

ゲレンデサイドのホテルにチェックインして、眠気でボーッとしながら着替え。

今回はウェアまで無料レンタルが付いてたけど、実際に借りようとすると、有

料の品物を強引に勧めて来る (^^ゞ あれだけ営業トークされれば、並みの

人間ならお金を払う所だろう。私は並みではないから、「無料のでいいです」

とキッパリ♪ 

 

いや、連れの仲間が負けてお金を払った直後だから、せめてもの反撃だっ

たわけ(笑)。仲間もちゃんと分かってくれてた。ボードとブーツはかなり古い

物だったけど、ウェアはまあまあ。自分のウェアも持って来てたけど、土曜

は無料レンタルで済ませることに決定。いや、翌日が雨の予報になってた

から、自分のウェアを温存しときたかったのだ♪ セコっ!

 

160307b

 

 

          ☆          ☆          ☆

3月上旬の晴れ、気温も高くて冷たい風も無しってことで、緩斜面と中斜面の

雪質は湿ってる。ただ、雪の量はまだ多いし、ベタベタってほどでもない。薬剤

で強引にキープしてる感じもなくて、まあまあだろう。パウダースノーはもともと

期待してないから、別に構わない。ウェアの下はTシャツ1枚でも暑いほど。リ

フトのフードも全く不要・・・って言うか、そんな高級な物は無いけど♪

 

160307n

 

ゲレンデの一番の特徴は、左下に広がる「鐘の鳴る丘ゲレンデ」だ。名前は

みんな覚えてないと思うけど(笑)、「広い緩斜面」とでも言えば通じるはずだ

し、鐘の塔は真ん中で目立ってる(下の写真の左側)。鳴るって言うか、客が

鳴らすのは10分おきくらいか。最初、「時報が多いな」と思ってしまった♪

 

160307d

 

この「とんがり帽子の塔」、ウィキペディアには「2人で鳴らすと幸せに慣れる

といわれている」と書かれてるけど、仲良く鳴らすカップルは全く見なかった♪

私も1人で挑戦したけど、真下でヒモを振るとすごく鳴らしにくくて、諦めかけた

ほど (^^ゞ 恥ずかしいくらい思い切り振って、ようやく鳴った。ホントは、斜めの

位置からヒモを引っ張って振れば簡単なんだろうと思う。

 

160307e

 

 

          ☆          ☆          ☆

昼食は、「グリル栂池」が早くも閉まってたから、「栂池パーク」に移動。全体

の左下にある施設で、軽食と普通の食事に分かれてたから、普通の側を利

用。窓からは、広大な鐘の鳴る丘ゲレンデが見える。3つのメイン・レストラ

ンの1つだけど、13時半に入ると空いてた。まあ、ゲレンデ脇の宿泊施設で

食べる人もかなりいるのかも。

 

160307g

 

珍しく「オムピラフ」なんてメニューがあったから、試しに900円(?)で購入。ゲ

レ食(=ゲレンデ食堂)って、どこも高めの値段設定なのは仕方ない所か。味

は予想以上にお子様向けで、私にピッタリだったかも♪ 福神漬けは、カレー

用の物を私が勝手に載せただけ。スタッフの視線を感じたのは気のせいか(笑)

 

160307f

 

 

          ☆          ☆          ☆   

食事の後は、ゴンドラリフト「イブ」を挟んで右側の、からまつゲレンデ、親の

原ゲレンデへと移動。ここから開発が始まったんじゃないかな。同じ緩斜面で

も、こちらの方がちょっとマシな雪質で、斜面のウネリも少ないから、初心者・

初級者の練習用にはピッタシ。ただ、開放感は鐘の鳴る丘ゲレンデの方が遥

かにあって、安心できる。

 

160307l

 

ここに向かう途中、鐘の鳴る丘の上側には、スキー場開設その他の貢献者、

松沢恒久の銅像があった。ネット情報によると、元・長野県県会議員で、長野

五輪の誘致にも貢献したとかいうお話。家族連れの子供が親に聞いて、「誰、

それ?」と叫んでたのが可愛かった♪ コラコラ、偉人像の横で失礼だよ(笑)

 

160307h

 

上の写真の左側には、池も見えてる。これも珍しいね。ゲレンデの中央に大き

な池、安らげるのは「い~け」ど(寒・・)、この辺りを移動する時は平地だから、

しんどいのだ♪ ボードの場合、外して歩くかペッタンペッタン頑張るしかない。

水鳥も見たような気がする。

 

160307i

 

 

         ☆          ☆          ☆

ホテルの夕食は、18時~19時厳守のお鍋食べ放題。1時間後には入れ替

えになるって脅かされてたから、ほぼ満席の食堂は殺気立ってた♪ 写真を

撮る余裕も無いし、おしゃべりするヒマさえないほど。「鍋奉行」の活躍さえなし

(笑)。お肉は柔らかかったね。スープは生姜豆乳、鶏白湯とか、4種類。タレ

の類が全くないから、ちょっと淋しかったけど、量的には満足。

 

実際には、19時になっても追い出されなかったみたいだけど、我々はマジメ

に3分前に退室。しっかりしたマナーで、いいね♪ まあ、ホール係がおそら

く2人とも中国系の若者だったから、日本語で追い出す余裕もなかったかも。

ちなみに、色々と説明できなきゃいけないフロント係は、日本人のバイトっぽ

い感じだったから、やっぱり役割を分けてるのだ。

 

温泉の大浴場(フツーの大きさ)はなぜかガラ空きで、私が寝たのは22時過

ぎ。昨日の記事でボヤいた通り、せっかく小型ノートPCを持って行ったのに、

Wi-Fiが接続できなくて無意味 (^^ゞ 寝た頃にはまだホテルのあちこちから、

騒ぐ声が聞こえてた。許容範囲だから、いいか。

 

朝食の時間が7時~8時と決められてたから、6時20分起床。きっちり7時

に食堂へ行くと、誰も来てない♪ やっぱ我々はマジメってことで、いいね。

また自画自賛か! みんな、7時半前後になってパラパラご登場。

 

160307j

 

盛り付け方が変なのは、私が期待してたパンの類が全く無かったから(と

言っとこう♪)。アレッ?!って感じで、一言「パンは無いんですか?」と聞い

て、ホールの女の子をちょっと動揺させた後、和食系を強引にかき集めたわ

け。そのくせ、なぜかフルーツポンチはあったりする。コーヒー・紅茶も一応

あった。一応かよ! 

 

ま、窓からゲレンデが見渡せるだけでも贅沢なのだ。遥か彼方に連なる白

い尾根も、いいね☆ 「稜線」ってものかな。。

 

160307k

 

 

         ☆          ☆          ☆

この日は日本海を低気圧が通過、曇りから雨になるっていう事前の予報だっ

たのに、当日の天気予報だと、晴れ! 2日続けて晴れるとは、ラッキー♪

下の写真は、池の少し上側辺り。つまり、ゲレンデ全体の中腹なのに、広い。

 

なぜか写メの色が変になってしまった。ま、Androidケータイ・AQUOSは防水

だし、8GBのROM付きだから、安心してパシャパシャ撮影できたけどね。動画

も鐘つきの時に撮影したけど、鳴らす操作に夢中だったから失敗。。 (^^ゞ ワ

ンセグはちゃんと見れたから、びわ湖毎日マラソンの結果もNHKですぐ把握。

携帯の電波も問題なし。

 

160307m

 

折角だから夕方まで滑りたかったけど、疲れたという声もあったし、私も1週

間後に横浜マラソンが控えてるから自重。14時前には、ICチップ(スキーパ

ス)を返却、機械で1000円札を受け取ってホテルに戻った。それでも、いま

だに筋肉痛がひどい状況。

 

特にスノーボードの場合、内股が痛くなる。ここは普段、全く使わない個所だ

からだね。後は、膝下全体が辛い。太腿から腰までは大した事ないけど、肩

と首はかなりの痛み。数回(笑)の転倒のせいかも♪ スキーなら余裕だけど、

スノボはまだ余裕がないもんで。ま、そもそもスノボの方がコケやすいしね。

言い訳か! って言うか、数回って何回だよ!

 

最後の写真はウィキメディアより、「自分」氏の作品。やっぱり、デカイ!

 

160307o

 

 

         ☆          ☆          ☆  

とにかく、全体的には順調で快適なスキー&スノボツアーで、5年前のルスツ

以来の満足感だった。来年も栂池でいいかも。ただ、ここは首都圏から日帰り

だと無理だから、土日の2日を空けれるかどうか。ダメならまた、日帰り用の

アーバン・ゲレンデってことで♪ 越後湯沢あたりとか。

 

初めて行った栂池。誰でも楽しめるし、家族連れや初心者・初級者には特に

お勧めのスキー場だった。経営は厳しいみたいだけど、半世紀以上もの歴史

を何とか守って欲しいと思う。それでは、今日はこの辺で。。☆彡

 

 

 

cf. 富良野スキー場・写真日記 (2006)

   快晴の安比スキー場で雪上トレーニング♪ (2007)

   安比高原スキー場のイルミネーションは綺麗☆ (2008)

   志賀高原スキー&スノボ旅行♪ (2009)

   スキー&スノボツアー、今年は苗場&かぐらスキー場♪ (2010)

   北海道ルスツ・スキー場、ゲレンデ・ホテル・イルミネーション☆ (2011)

   快晴の新潟・神立高原、スキー&スノボツアー♪ (2012)

   3・11から2年、福島県・猪苗代スキー場の写真日記 (2013)

   軽井沢プリンスホテル・スキー場、写真日記♪ (2014)

   晴天率が高いはずの軽井沢スキー場、2年連続の曇り&ガス (2015)

 

                      (計 4570字)

| | コメント (0)

日本最南端、宮崎県・五ヶ瀬ハイランドスキー場、CM以外も凄い♪

これは、JR東日本の「SKI SKI」CMなんて吹っ飛ぶくらい、過激だね♪ 朝

日新聞デジタルの記事に衝撃を受けて、過去のCM動画をすべて拝見。これ

だけ数多いシリーズは、スキー・スノボやローカルと無関係に、珍しいと思う。

 

下は朝日の記事の縮小キャプチャー。いや、フツーならYouTubeの公式動画

を使う所だけど、大新聞社と女性記者の責任にしたいもんで(笑)。「ちょっぴり」

じゃなくて、たっぷりHだと思う♪ ・・・と、一旦、画像を貼ったんだけど、やっぱ

外しとこ (^^ゞ 小市民ブロガーには、表現の自由など、ほとんど無い。

 

代わりに公式HPのゲレンデ写真をお借りしとこう。フツーにキレイだね☆ 焼

額のお隣、皇室御用達の奥志賀高原スキー場にちょっと似た景色。ホントに

奥志賀の写真だったりして(爆)。コラコラ!

 

160224b

 

 

          ☆          ☆          ☆

さて、日本最南端、宮崎県の五ヶ瀬ハイランドスキー場による2012年~13

年・冬のCM。天然の雪の柔らかさをアピールするために、雪ちゃん(モデル

は不明♪)のふわふわ白い胸を強調。「ふわりんこビーム」まで連続発射(笑) 

 

関東のスキー場なら、1本目で炎上して直ちに放映中止になりそうだけど、宮

崎・熊本・鹿児島の3県だけの放映だし、まあ、九州は九州ってことで♪ こ

のパターンで1シーズンに10本以上も作ってるのだ (^^ゞ それでいて、再生

回数57万回のまとめ動画のコメント欄は、炎上してないどころか好評。

 

一応、白いシャツを着てる所も、風当たりを弱めてくれたのかも。深夜限定

の放送になったとかいう噂もあり。田舎の町おこしだしネ。1年当たりの総製

作費も、JR東日本の100分の1くらいで済んでそう♪ ハイ・コストパフォー

マンスで、年間35000人だった来客数が44000人くらいまで増加。

 

翌年から3年連続の南ちゃんシリーズは実写で、可愛い南ちゃん(藤田可菜、

「博多の壇蜜」・・笑)がヒロイン。14-15シーズンには新・南ちゃん(林舞美)

との三角関係も勃発。しかし、この冬の15-16シーズンで、てっちゃんとめ

でたく結婚。子供の雪ちゃんと3人でゲレンデに来てた。成長が速い子だね♪

来年は北ちゃんとの不倫疑惑発生と予想。「寒いよ、てっちゃん・・」とか(笑)

 

4シーズンの総数だと、50本くらいのCMが登場。下は昨シーズン、ウインター

にウインナーを笑顔で頬張る南ちゃん。恋のライバルの新・南ちゃんに取られ

る前に素早くつまみ取ってる(笑)。冬のスキー場の撮影が少ししか無いのは、

夏か秋の制作だからだろう♪ 大企業のJRと違って海外遠征費など無いのだ。

 

160224d

 

 

         ☆          ☆          ☆

さて、今さらCMだけ語っても遅過ぎるから、他の点についても色々コメント♪

まず、肝心のスキー場の様子。連絡用を除くと、昔ながらのペアリフト2本(!)

で、リフト料金はわりと普通に平日4000円、休日5000円(たぶん消費税込)。

標高差は190mだから、ニセコの5分の1。苗場の4.5分の1くらい。

 

まあ、バブル崩壊後の千葉の人工雪・屋内スキー場、ザウス(1993~2002

年、ゲレンデ高低差80mほど)と比べれば、そんなもんかな。地元のボーダー

にとっては、遠くに出掛ける旅費と時間を節約できて、お得かも。普通に見ると、

コースは2本のみだけど、モーグル用バーンやスノボ用パーク、ファミリーゲレ

ンデはちゃんとあり。スキーセンターは上部に1つ。

 

雪は、初期のCMであれだけ天然を強調してたのに、実は「最新鋭の増雪

システム」使用 (^^ゞ まあ、基本は天然の雪なんだろうから、誇大広告では

ないんだろうネ。

 

 

          ☆          ☆          ☆

その程度のPRは、他のスキー場でもやってること。本当は重い湿雪が目立

つ越後湯沢駅近辺ても、パウダースノーとか書いてたりする♪ そうゆう事も

たまにあるってことで。あるいは、心象風景。

 

何度か書いた気がするけど、あちこちで滑って来た私でも、本当の粉雪に遭

遇した幸運はたった一度だけ。札幌国際スキー場のパウダーは素晴らしかっ

た☆ 文字通りのサラサラの粉で、かき分けながら滑っても抵抗を感じないし、

ウェアにも髪にもくっつかない。それでいて、ターンはちゃんと可能。

 

同じ北海道でも、ニセコ、ルスツ、キロロ、サホロ、トマム、富良野だと、あれ

だけフワフワの軽い雪は経験してない。。

 

 

          ☆          ☆          ☆

一方、ものの考え方も凄い。CM作成者である電通九州のプランナー(現在

40歳)にとって、スキーやスノーボードの印象は、「出会いがありそうで、もて

たいやつがやるスポーツ」(朝日)。

 

これ、現地の事実かどうかはさておき、関東だと絶滅に近いバブル的発想か

も♪ 実際、バブル末期の1990年に出来たスキー場なのだ。当然、大逆風

で町営は断念、今は第3セクターの経営で何とか持ち直してるらしい。

 

まあ、客層は若いって話だし、あれだけ男女の恋愛や男性目線を強調した

CMを流し続けるってことは、五ヶ瀬だとナンパもありなのかね。少なくとも

首都圏だと、ナンパって言葉は死語に近いし、行為もほとんど無い気がす

る。そもそも、恋愛自体が流行遅れと化してる淋しい時代なのだ。。

 

 

         ☆          ☆          ☆            

お金の面で考えると、15年シーズンは年間44000人ほどだから、100日

間で割ると、1日に440人。平均7000円使ってくれるとして、1日の総収入

は300万円。これで、駐車場や無料託児所まで含めて、スキー場全体を建

設&運営。CMも立て続けに作成&放映すると。

 

ちなみにセブンイレブンの1店舗当たりの平均収入でも70万円というお話

だから、4店舗分の収入か。応援に行きたくなるかも♪ で、ナンパも試す

と(笑)。そこか!

 

ともあれ、同じ宮崎県の大規模リゾート、シーガイアも何とか粘ってることだ

し、頑張れ、人口4000人の五ヶ瀬町! ではまた明日。。☆彡

 

 

 

cf. JR SKISKI 2015-16、「そこに雪はあるか。」(平祐奈&山本舞香)

   JR SKISKI、CM第2話「お似合い篇」の感想♪

   JR SKI 2015-16、CM第3話「青春篇」&休養ハーフ走

 

     ・・・・・・・・・・・・・・・

  バブル崩壊以降、スキー&スノーボード人口の推移(『レジャー白書』他)

 

                    (計 2502字)

| | コメント (0)

JR SKISKI 2015-2016、CM第2話「お似合い篇」の感想♪

(☆16年12月3日追記: 新シーズンの記事をアップ。

 JR SKI 2016-17、CM第1話・目線編(桜井日奈子) )

 

 

         ☆          ☆          ☆

知らなかった。。昨夜、ブログのアクセス解析の検索フレーズでようやく気付

いたけど、JR SKISKIのCMの続編が11月30日に公開されたわけね。第

1話「ライバル篇」に続いて、第2話は「お似合い篇」。

 

ちなみに、前のレビューにはかなりのアクセスを頂いてる。「そこに雪はある

か。」というキャッチコピーの意味を求めるアクセスがわりと多い。

 

   JR SKISKI 「そこに雪はあるか。」(平祐奈&山本舞香)    

 

第2話の動画にも早速アクセス。30秒ヴァージョンを見ると、6人ともゲレン

デで滑ってるから、分かりにくい (^^ゞ 特に、男3人の区別がつかなくて3回

も見てしまった。いや、そもそも男に興味はないもんで。男優の皆さん、地味

に頑張ってるのに申し訳ない♪

 

ようやく解読に成功すると、前の記事で私が予想した通りになってた☆ ここ

までキレイに当たるってことは、ベタな展開ってことでもある (^^ゞ まあ、基本

的にはTVのCMだし、可愛い女の子たちが楽しそうに雪遊びしてる姿を映せ

ばOKなのだ。あっ、男の子たちもネ♪ オマケか!

 

では、少し細かく分析してみよう。YouTubeのCM動画からのキャプチャー

画像(縮小版)は、個人的で好意的なレビューでの正当な使用だと考える。

 

 

           ☆          ☆          ☆

151208b まず赤系ウェア

 の山本舞香が、

 イケメン君と仲

 良くスキーで並

 走。平祐奈の前

 を「お先~♪」と

 通り過ぎて、平

 が悔しがる。 山

本の後傾姿勢が、椅子に座ってるみたいでカワイイ(笑)

 

151208c 平の悔しそうで

 哀しそうな顔が、

 ちょっと萌える

 のだ(笑)。首の

 傾(かし)げ方も、

 いいね♪ 

 

 

 

151208d ここで、お笑い

 系の男の子が間

 に入ってジャマ。

 第1話の口ゲン

 カが伏線となっ

 てるわけだ。

 

 

151208e お笑い君が山本

 の後ろから突っ

 込む様子を見た

 平が、「お似合

 いネ♪」とから

 かう。

 

 

          ☆          ☆          ☆   

151208f ところが今度は

 平が勝手に転倒。

 そこへスノーボー

 ダー、草食系君

 が助けに来る。

 「大丈夫?」。

 私なら爆笑する

けど、たぶん草食系君の行動が正解なんだろう。やさしい時代なのだ。

 

151208g 当然、山本が後

 ろからお返し。

 「お似合いネ」♪

 本気で嬉しそう

 な顔が、いいね。

 

 

 

151208h ところが、さら

 に平が「そっち

 こそ!」(第1

 話でも出た口

 癖)とか言い返

 してモメてる間

 に、イケメン君を

3人目の女の子がゲットしてしまう。

 

雪みたいに冷たい口調で、「行こっ」♪ 実は結構上手いボーダーなんだね。

クールな女王様キャラで、イケメン君を調教すると(笑)

 

151208i 平&山本は仲良

 く、「そっち?」と

 ハモる。第1話

 に似たパターン。

 そこでお笑い君

 が、イケメン&

女王様に向けて、「お似合いね」。キレイなオチだ♪

 

「お似合いね」と「そっち」の連呼を含めて、これだけの形を僅か30秒の映像

で作るとは、プロフェッショナルな技でお見事!

 

 

            ☆          ☆          ☆  

151208j 最後は、お似合

 い2組をからか

 うように赤いロ

 ゴが割り込んで

 「JR SKI

 SKI!」。ジェ

イアール、好き~好き~♪ そしてまた、「そこに雪はあるか。」。。

 

今回も前と同様、仲良しコンビ2人の熱さを冷やすものがあるわけだ。そこ

に雪はある。前はイケメン君の一声、今回は影の女王様の一声♪ もちろん

それは、直接的で細かい話に過ぎない。大きく抽象的に見た時には、「雪」と

は「まぶしくて柔らかい、ひとときの純粋さ」の象徴。

 

「このCMに雪はある」☆ そう応答して、今朝は終わりとしよう。第3話も楽し

みだね♪ 次はホテルの部屋か、旅館の露天風呂か。あるいは屋外で雪だる

ま作り、ナイター滑走とか。いずれにせよ、最後は平と山本が仲良くするのは

間違いない。

 

それにしても、やっぱりスキーのボーゲン(内股の八の字開脚)は、可愛い女

の子に似合うのであった(笑)。ではまた明日。。☆彡

 

 

cf. JR SKI 2015-16、CM第3話「青春篇」&休養ハーフ走

     ・・・・・・・・・・

   日本最南端、宮崎県・五ヶ瀬ハイランドスキー場、CM以外も凄い♪

 

                         (計 1506字)    

             (追記 133字 ; 合計 1639字)

| | コメント (0)

JR SKISKI 2015-2016、「そこに雪はあるか。」(平祐奈&山本舞香)

(☆16年12月3日追記: 新シーズンの記事をアップ。

 JR SKI 2016-17、CM第1話・目線編(桜井日奈子) )

     

 

         ☆          ☆          ☆

151127a  ネットのニュースを見て、早

  速、公式サイトの動画でCM

  を見てたら、マジで恥ずかし

  くなって赤面した♪

 

  いやぁ、まぶしいネ☆ 十代

  後半のはじける若さ。私もつ

  い、5年前の自分を思い出し

  てしまったほど。。(笑)

 

  JR東日本が、時々休みなが

  らも25年間続けてるキャン

ペーン、JR SKISKI。リーマンショック前後はお休みで、2012~13シーズン

に本田翼でCM再開。川口春奈、広瀬すずと続いて、今年はWヒロインとなっ

た。17歳になったばっかの平祐奈と、18歳になったばっかの山本舞香。音楽

はMAN WITH A MISSION。

 

上に縮小コピペさせて頂いたのは、平ヴァージョンのポスター。いかにも神戸

出身のお嬢様って感じで、いいね♪ 赤い口紅も、JRのロゴと合ってる。下部

の車両は、東北新幹線のE5系らしい。ちなみに私は鉄ちゃんではないので、

念のため。いや、以前、海外のサイトが誤解して、鉄道オタクだと紹介してくれ

たもんで (^^ゞ ま、嫌いではないかも(笑)

 

 

          ☆          ☆          ☆

本題に入る前に、まずは前置きから。私がこのニュースを最初に読んだのは、

朝日新聞系列のコネタ追求サイト「withnews」の配信記事だけど、11月26

日の朝日新聞・朝刊コラム、天声人語も、スキー関連の話題から始まってた。

 

首都圏から日帰りできる代表的なスキー・エリア、越後湯沢のリゾートマンショ

ンが、30万円とか10万円(!)まで値下がりしてると書いてたから、これまた

すぐにネットで検索。

 

50万円の物件ならすぐ見つかったけど、築30年とかだし、おそらく当分使っ

てない放置プレイの空き家じゃないかな。買うとしたらジャンボ宝くじ1000枚

の爆買いみたいな感覚かも♪ 数十万円で買って、その後の諸費用がどう

なるのかは不明(管理費が毎月1万円以上という噂)。自分でたまに使うに

せよ、転売目当ての投資にせよ、ハイリスク・ハイリターンだろう。。

 

 

          ☆          ☆          ☆  

ちなみに、最新の『レジャー白書 2015』によると、2014年のスキー人口は

480万人、スノーボード人口は280万人で、ここ数年は何とか下げ止まりの

ような気配もある。他に、海外からの観光客もそこそこ増えてるはず。

 

 cf. バブル崩壊以降、スキー&スノーボード人口の推移~『レジャー白書』他

 

アベノミクスのおかげで(?)、一部の人の収入や資産も増えてることだし、今

シーズンはもうちょっと賑わって欲しいもんだね。私が行く日を除いて♪ 去年、

一昨年と、軽井沢の日曜は混んでたもんなぁ。あぁ、ルスツとか北海道の広々

としたスキー場が懐かしい。。

 

 

           ☆          ☆          ☆

さて、本題のJR SKISKI。「今どき、SKIか」と思う人もいるだろうけど、歴史

があるタイトルだし、「好き好き」とか「キス」という意味も含まれてる。大体、

「スノボスノボ」、「スキー・スノボ」、「スノボ・スキー」とかじゃ、音的に苦しい♪

 

そもそも、上にも書いたように、実はスキー人口の方がスノボ人口より遥か

に多い。しかも、10~15年ほど前のスノボ人気の時期も含めて、一度も逆

転してないのだ。スキーの方が手軽に楽しめるし、特に短くて曲がりやすい

カービングスキーになって以降、格段に扱いやすくなってる。

 

まあ、1年に1回以上の人の数だから、熱心な人の数とはズレがあるだろうけ

ど、スキー人気が意外としぶといのは確か。おそらく、全盛期にやってた人達

が子連れファミリーで復活してるのも大きいんじゃないかな。軽井沢は2年続

けて、ちびっ子スキーヤーが大勢いた。子どものリフト料金を格安とか無料に

して、両親をつかまえるのが、ビジネスモデルの基本だろう♪

 

そして、もう一つのビジネスモデルは、(可愛い)女の子を集めて、その2倍の

男の子を引き寄せること(笑)。今どき、スキー場のナンパなんてものは珍しい

んだろうけど、グループ旅行なら普通にある。特に、大学生の試験期間が終

わった後の2月~3月とか。

 

というわけで、JR東日本のキャンペーンCMも、男3人、女3人の新幹線ツアー

なのであった。実際は格安バスツアーや車の方が遥かに多いはずだけど♪

コラコラ! マジメな話、男女ミックスだと、もうちょっと人数が多いサークル系

の方が普通じゃないかな。10人前後とか。。

 

 

           ☆          ☆          ☆

151127b  では、YouTubeの公式

  動画からキャプチャーし

  ながら、細かくCMを見て

  みよう。「第一話 ライバ

  ル篇」30秒ヴァージョン。

 

  最初は新幹線で3対3に、ト

ランプでババ抜き♪ ちなみに私は、一度も車内で見たことない(笑)。ま、そ

れぞれがスマホに夢中じゃ、CMにならないわけネ。

 

山本舞香が隣のイケメン君にブリブリと愛想を振りまきながら、1枚引く。ポ

スターとかだと正直、何とも思わなかったけど、映像だとやっぱ可愛いね☆

151127c  光るものがある。

 

  でも、友達&ライバルの

  平祐奈は冷たい目線♪

  隣のメガネ君が草食系、

  その手前がお笑い系の

男の子という設定らしい。右奥の女の子もかなりカワイイ子だね。多分、最

後のオチは、あの子とイケメン君がくっついて、山本&平は失恋仲間になる

んだろう(笑)

 

151127d  とりあえず緩いオチとして、

  山本がイケメン君から引い

  たカードはジョーカー♪ と

  言っても、絵柄がオオカミ

  で、その左にはハートマー

  クが並んでるから、「私を食

べて ♡」ってことなのだ。CMではカットされるけど、スマホ動画がネットに流

出するかも(笑)。コラコラ!

 

 

          ☆          ☆          ☆

151127e  新幹線で外国の

  スキー場(笑)に

  到着した後は、

  ゲレンデで恋の

  バトル開始。「ス

  キー教えて ♡」・・

  って感じで、今度

は平がイケメン君に甘える。当然、山本が冷たい目線を飛ばして、醜いケン

カの開始。

 

151127f  ここでイケメン君

  がたしなめる。

  「ケンカすんなっ

  て!」。実は、他

  の男の子2人が

寝転がってBLごっこ(笑)してるのを注意してるだけ。

 

151127g  ところが、平&山

  本は叱られたと

  思って、同時に

  「エッ?!」。最後

  は新幹線と共に

  キャッチフレーズ。

  「そこに雪はあるか。」

 

上手い! ここで「雪」とは、直接的には、「熱くなり過ぎてるものを冷ましてく

れる、魅力的なもの」という意味になってる。それがイケメン君の一言。もち

ろん、大きく見た時には、「雪」とは「まぶしくて柔らかい、ひとときの純粋さ」

も象徴してるわけだ。限られた時期と場所にしか存在しない、貴重な宝物。。

 

151127h  この記事冒頭のポスターの左

  上には小さく、「寒いぐらいが、

  青春だ。」とも書いてあった。

  熱すぎるものを内に秘めてる

  からこそ、外は寒いくらいで

  ちょうどいい。

 

  逆に、自分が熱くない場合は

暑い場所へ行けばいいのだ。JALやANAに乗って。。♪

 

 

          ☆          ☆          ☆   

JRとしては、そうした思いを生涯持ち続けて欲しいし、それをJRスキー&ス

ノボに向けて欲しい所だけど、なかなか難しい。結局、CMは必ず20歳前後

の若者を使うことになる。高齢者は代わりに、「京都行こう!」ってことで♪

そりゃ、JR東海だろ!

 

それにしても、女の子2人のウェアが地味にカワイイね。ありそうで無い色使

い。寒色系の平と、暖色系の山本。髪もロングとショートだし、キレイな対比

になってる。主役3人はすべて、スキー派。

 

ちなみに、レジャー白書2015によると、スキー人口の男女比率は64:36。

スノボは69:31。当然(?)、男の方が多いけど、意外と女性もいるんだね。

行く回数や滑る時間は別として♪ 私の男友達が彼女を北海道に連れて行っ

たら、吹雪と寒さでほとんど滑らなかったらしい(笑)。ま、それなら室内スポー

ツで十分楽しめる ♡

 

あぁ、今シーズンこそ、1泊くらいしたいなぁ・・・でも横浜マラソンもあるしなぁ

・・・とか思いつつ、それでは今日はこの辺で。。☆彡

 

 

 

P.S. 続編が公開されたので、新しい記事をアップ。予想が当たってた。

   

    JR SKISKI、CM第2話「お似合い篇」の感想♪

    JR SKI 2015-16、CM第3話「青春篇」&休養ハーフ走

   

P.S.2 2016-2017は「岡山の奇跡」、桜井日奈子

     (19歳)に決定。1人ということだろうか。キャッチ

     コピーは「冬が胸にきた。」。CM第1弾「目線編」

     は分かりやすいストレートな内容だった。相手役の

     男の名前は不明。

         

cf. 日本最南端、宮崎県・五ヶ瀬ハイランドスキー場、CM以外も凄い♪

 

                      (計 3104字)

          (追記 285字 ; 合計 3389字)

| | コメント (0)

晴天率が高いはずの軽井沢スキー場、2年連続の曇&ガス・霧

アタタタ。。1年にたった1日だけのスノーボードは、身体のダメージが大きい

150302a のだ。特に、ゲ

 レンデ内の傾斜

 が無い平地で、

 パッタン、パッ

 タン飛び跳ねて

 移動するのが内

 股にきく (^^ゞ

 

 ストックやスケー

 ティングを使え

るスキーと比べた時、スノボの大きな欠点だね。ブーツの留め具(バインディ

ング)を片方はずすのもダルイし。もう一つの欠点は、前方の視野が半分しか

無いこと。背中側が見えないというのは、混んでるスキー場だと怖い。まして、

チビッコ達とか、暴走が多い場所だと。。

 

上の写真は多分、スキー場の下側から見て左下辺りにある、くりの木リフト

終点近くから、メインのプリンスゲレンデ方向を写したもの。落下する危険が

あるので、良い子は真似しないように♪ 私はこの危ない刺激が快感になっ

てるもんで(笑)。コラコラ! いまだに係員に注意されたことは無い。今年の

コースマップは、下の通り。

 

150302l

 

 

         ☆          ☆          ☆

150302f2 さて、毎年恒例

 のスキー&スノ

 ボツアー。今年

 も1日しか余裕

 が無かったので、

 首都圏からの日

 帰りが簡単で、

 しかもあんまし

 行ってない所と

 いうことで、軽

井沢プリンスホテル・スキー場を選択。去年、1日滑っただけだから、まだ

2日目だ。写真は、くりの木リフトの始点辺り。スキーセンターがある地点。

 

2時就寝、4時起床の弾丸日帰りツアーなので、眠い、眠い。。おかげで、忘

れ物だらけ。わざわざ充電したデジカメを忘れて、携帯の写メしか撮れなかっ

たし、日焼け止めも忘れたし、ひげを剃るのも忘れた。いまだに、シェーバー

を備えたスキー場は見たことない(笑)

 

150302h  左は、子ども達に人気の

  パンダルマン♪ 直訳す

  ると、パンダ&ダルマ男。

  リフト待ちの列で素早く

  写メを撮ったんだけど、

  後ろの人から冷たい視

  線が飛んで来た気がし

  た (^^ゞ 親子連れと記

  念写真を撮ってる様子。

  身長が低めだしピンク

  だから、中身は女性、

  ウーマンかも。パンダ

  ルーマンとか♪

 

 

            ☆          ☆          ☆

到着した朝は、わりと明るい曇り空で、去年よりは滑りやすいかなと思ったの

150302i  に、徐々に天気が悪化。

  午後には、水分が多い

  湿雪が降りしきるコンディ

  ションになって、最上部

  あたりはガス・霧で視界

  が悪い状態。晴天率は

  高いはずなのにね。左

  は日本気象協会の当日

  のピンポイント予報より。

みぞれってほどでもなかったけど、防水のウェアでも濡れた感じになった。

 

ちなみに、じゃらんnetだと晴天率90%と書かれてるし、SURF&SNOW

も青空と晴天率の高さが強調されてる。晴天率90%、つまり9/10を仮定

すると、晴れない確率は、1/10。2回続く確率は、(1/10)²=1/100。

僅か1%の確率しかない出来事が起きたことになる。

 

それならむしろ、仮定が間違ってると考える方が、仮説検定的には自然だ。

つまり、晴天率は90%より(かなり)低い。ま、サンプル数(=実験日の数)

がたった2つだし、ほとんど同じ月日だから、統計的には不十分だけどね。

 

ただ、実際ここ1週間の軽井沢あたりの天気予報を確認すると、晴れマー

クは3日間だから、晴天率は3/7ということになる。試しにスタッフブログ

を見ると、2月28日と3月2日は晴れ間が出たらしい。不運もあるね。ま、

人工降雪機のおかげで、雪の質と量はそこそこだった。

 

晴れと言うより、晴れ間が見える確率で言うと、私の経験上、志賀高原が

圧倒的☆ 合計で20日間ほど行って、(ほぼ)全て晴れ間が出た♪ 景色

もゲレンデも雪質もいいから大好きだけど、残念ながら日曜の日帰りだと

遠く感じてしまうのだ。。

 

 

          ☆          ☆          ☆

150302d しばらく滑った

 後は早めの昼

 食ってことで、

 去年と同じレス

 トラン、ポルト

 (PORTO)へ。

 多分、イタリア

 語で「港」を表

 す単語から取っ

 た店名だろう。

ランチ・バイキング(ビュッフェ形式の食べ放題)2100円、ドリンク・バー

600円、どちらも税・サービス料込みだった気がする。

 

150302g 元を取らなきゃ

 いけないと思っ

 て、飲み食いす

 るのに夢中に

 なって、料理の

 写メを撮るのを

 忘れた♪ それ

 でも1800円

 分ほどしか元を

 取ってない(笑)

 

写真は店内から窓ガラス越しにメインゲレンデを見た様子。この時間帯が一

番混んでたと思う。お昼過ぎの14時くらいから、家族連れが一斉に帰って

行ったので、ゲレンデが空いて滑りやすくなった♪ 子どもは早寝早起きだ

150302e しね。

 

 ちなみに子ども

 リフト無料。家

 族連れの宿泊

 客狙い。暖炉の

 カウンター席に

 座る1人客は誰

 もいなかった。

 

 

         ☆          ☆          ☆        

150302k 他にも、若者グ

 ループを狙った

 企画「雪マジ!

 19」で、19歳

 は無料。平日は

 20歳も無料。

 左は公式サイト

の、可愛くてオシャレな女の子。ゲレンデにはいなかった(笑)。コラコラ!

 

上のコもボーダーだけど、実は軽井沢はスキーヤーの方が多かった。今年

は去年より更にスキーだらけで、ボードの私は肩身が狭かったほど (^^ゞ

統計データ記事を毎年更新し続けてるように、スキーヤーもスノーボーダー

もじりじり減少してるけど、ここ数年はボーダーの落ち込みの方が多いかも。

ここの客全体でも、去年より今年の方がリフト待ちの行列が短かった。

 

150302b ともあれ、個人的には今

 年も無事にツアー終了。

 日数は減ったけど、毎年

 継続し続けてる。できれ

 ば、あと5年は続けたい

 けど、あんまし自信はな

 い♪ ボードはもっと滑

 れるようになりたいし、

 たまにはスキーもやら

 なきゃ、忘れそうなんだ

 けど。。(^^ゞ

 

  最後の写真は多分、

もみの木リフトじゃないかな。下側から見ると、メインのプリンスゲレンデの

右隣だと思う。高速(クワッド)リフトで登る上部がガスで見えないと、下部の

低速ペアリフトで初級者コースを滑ることになるのだ。低速は子供の安全へ

の配慮みたいで、売りの一つとして強調されてた。

 

 

          ☆          ☆          ☆

あと、そうそう。ゴーグルや手袋のレンタルが無いのはどうにかなんないの

かね。売店で一番安いゴーグルでも3000円ほど、普通のは1万円前後だ

から、私はゴーグル無しで滑って、目が痛くなった。ま、持って行くのを忘れ

た自分のミスではある (^^ゞ

 

それでは、今年のスノーツアー日記はこの辺で。。☆彡

 

 

 

cf. 富良野スキー場・写真日記 (2006)

   快晴の安比スキー場で雪上トレーニング♪ (2007)

   安比高原スキー場のイルミネーションは綺麗☆ (2008)

   志賀高原スキー&スノボ旅行♪ (2009)

   スキー&スノボツアー、今年は苗場&かぐらスキー場♪ (2010)

   北海道ルスツ・スキー場、ゲレンデ・ホテル・イルミネーション☆ (2011)

   快晴の新潟・神立高原、スキー&スノボツアー♪ (2012)

   3・11から2年、福島県・猪苗代スキー場の写真日記 (2013)

   軽井沢プリンスホテル・スキー場、写真日記♪ (2014)

 

                                     (計 2669字)

| | コメント (0)

軽井沢プリンスホテル・スキー場、写真日記♪

昨日の日帰り弾丸ツアーの疲れがまだたっぷり残ってて、眠い、眠い。。 (^^ゞ

ホントは昨夜、写真日記をアップするつもりだったのに、あまりの眠さで断念。

140303t

 今夜もすぐ寝た

 い所だけど、ブ

 ログの毎日更新

 のために頑張ら

 なきゃネ。詳細

 な感想レポート。

 

 左はショッピン

 グ・ストリート

(イースト=東側)。程良い雪化粧でキレイだった♪ 晴れてたら、もっと良かっ

たのに。何で「晴天率90%」なのに曇&ガス・霧なんだよ! ぶつぶつ。。(^^ゞ

 

さて、恒例のスキー&スノボツアー。去年はあえて福島県を選択、湖の北側

にある猪苗代スキー場で1泊2日だったけど、今年はスケジュール的に日曜

の日帰りしか出来ない。1年でたった1日の滑りだから、「首都圏から近くて、

140303b2

 まだ行ったことがない

 メジャーなスキー場」っ

 てことで、軽井沢スキー

 場を選んでみた。結果

 的には成功、と評価し

 とこう♪

 

上の写真はリフト券ホルダー。引越し騒動で色んな物が消えたから、また

200円払うハメになったわけ (^^ゞ このスキー場、別の「軽井沢スノーパー

ク」というスキー場と区別するために、正確には「軽井沢プリンスホテルスキー

140303c

 」と呼ばなきゃ

 いけない。ただ、

 歴史、規模、人

 気、知名度を考

 えると、軽井沢

 と言えばフツー、

 ここが代表。

 

 とはいえ、これ

まで私が避け続けてたのも事実で、中・上級者がガンガン滑りを楽しむ場所

ではない。ホタルの宿泊客も含めて、完全にファミリー客がターゲットで、

心者初級者向けの優しい=易しいゲレンデなのだ。左下はメインのフード

140303u

 付き高速クワッ

 ド(4人乗り)

 リフトの大行列。

 私の目の前だけ

 でも、8人もチ

 ビっ子が写って

 る。

 

 何しろ、小学生

以下は無料☆ キッズパークが2つあって、スノーエスカレーターまで付いて

るし、リフトはすべて低速の安全運転。おまけに、パンダのかぶりものの「パ

ンダルマン」まで相手をしてくれるのだ♪

 

ちなみに下が、ゲレンデマップ(上側が南側)。同じプリンス系列の志賀高原

焼額山辺りをコンパクトにまとめたようなレイアウトだ。上の写真のリフトは、

中央付近から山頂へと伸びてる。

 

140303a

 

 

        ☆          ☆          ☆

40周年を迎えて、ここはまだまだ元気なようで、右側(東ではなく西)をどん

どん再開発してるらしい。別荘タイプのプリンス・ヴィラ軽井沢の新設とか、

ウエスト・ショッピングパークの拡張とか。

 

140303s2

 ただ、この朝、ウエスト高速

 リフト(もう一つのフード付

 クワッド)は停止救助のア

 ナウンスまで流れてた(左

 写真でCLOSEと表示)。

 その後もずっと運行中止

 だったから、我々はほとん

 ど左半分で滑走。

 天気も悪いしね。          

 

140303e

 スキー場の下側

 (=北側)にある

 軽井沢駅との距

 離は、徒歩でも

 15分で、新幹線

 で上野から1時

 間だからガーラ

 湯沢、神立高原

と互角のアーバンゲレンデになってる。

 

と言ってもメインはもちろん車。上の写真は、マップの左端のスキーセンターと

駐車場幹線道路まですぐだから、雪道運転に自信がない人にとっても便利。

140303f

 左はこの駐車場

 のすぐ下にある

 小川。小さい写

 真にしちゃうと

 ビミョーだけど、

 雪化粧がキレイ

 に見えたから♪

 

 スキーセンター

更衣室新しくしたようで、ロッカーはピカピカ。ただ、大きい500円のロッカー

の数が足りなかったと思う。関係者の方、読んでたら、大小の比率を変えた方

がいいかも♪ あと、更衣室も狭いと思うな。いや、前に岩手県・安比スキー場

140303d

 の記事を書いた時には、

 施設の広報みたいな部

 署からアクセスが入った

 もんで。

 

 十分褒めたのに、御礼

 はまだ届いてない(笑) 

 ステマかよ!

 

 

           ☆          ☆          ☆

ではいよいよスキー場の中へ。左はスキーセンターから出た場所。初心者マー

140303i

 クが付いてる、

 くりの木コース

 で、ちびっ子だ

 らけの中に、ス

 ノボ初心者の若

 者グループが座

 りこんで、嘆い

 てるのが聞こえ

 た♪ 「なめて

たわ。立つだけでも大変だよな。。」(笑) 

 

そうそう。スノボの最初は、スキーより大変なのだ。板1枚で、ストックもないか

ら、斜面に立とうとしてもコテンと尻もちをついたり、前にグシャッとこけたり。

140303j

 いまだにスキー

 人口の方が多い

 のは、ある意味

 当然のこと。バ

 ブル以降のス

 キー&スノボ人

 口の推移につい

 ては、こちら

 ご参照あれ。

 

軽井沢は元々、スキーの比率が高いようで、この日も6~7割くらいがスキー。

スノーボードが少ない理由は、ファミリー客と子ども中心だからだろう。スキー

全盛期を体験した親が、子供にボーゲンを教えるとか。他にも、シニア割引

が導入されてたから、スキーが多いのは自然なこと。はたして、10年後には、

親が子供にスノボを教えてるのかな。。

 

 

           ☆          ☆          ☆

140303l

 ちなみに、ここ

 までの写真だと

 天気の悪さが分

 かりにくいかも

 知れないけど、

 お昼までは

 スと霧でかなり

 視界が悪かった。

 見えないと、危

ないし楽しくないから、しばらくは下の方で滑ってたわけ。写真の大部分は、

午後から夕方にかけて撮影。上は、帰り間際で客が減った、くりの木コース。

 

140303k

 左は、その左側

 に位置する中級

 者用パノラマコー

 ス。男の子の暴

 走ボーゲンが危

 なっかしかった

  (^^ゞ そのまた

 左側のパラレル

 コースは、大会

のために貸切。ありがちだね。午後からは滑れたけど、結局滑ってない。

 

肝心のは、量的には十分で、雪質もまずまず。パウダーとは呼びにくい

けど、去年の猪苗代や2年前の神立よりは上。相当な混雑で、最近覚えが

ないほどのリフト待ちの長さだったのに、アイスバーン状のシャリシャリの斜

面はほとんど無かった。土や草の細かい露出も見当たらず。さすがは西武

系列、人工降雪機も含めて、整備は行き届いてる。

 

ま、焼額山ほどの丁寧な挨拶はなかったけど。あと、トイレがちょっと少ない

かな。お子さん連れの方は特に気を付けた方がいいかも。ある意味、あちこ

ちトイレだらけとも言えるけど♪ オイオイ! 環境破壊かよ。

 

 

         ☆          ☆          ☆

140303m

 スキー場の大き

 な楽しみの一つ、

 昼食は、中央の

 下部にあるレス

 トラン「ポルト」

 で食べ放題を注

 文。って言うか、

 混雑時の食事は

 これに限定して

るようだった。飲み物なしで税込2000円だから、元をとるのが大変で、料理

の写真を取る余裕もなし♪

 

140303q

 左は、炎がい

 い感じの暖炉

 で、この写真の

 右奥にもスペー

 スが広がってる。

 私が食べたのは

 チキンカレー、

 ミートスパゲ

 ティ、唐揚げ、

フライドポテト、サラダ、中華風あんかけそば、オムライス(スクランブルエッグ

型)かな。

 

味はまずまずで、元は取れたって言うか、取り過ぎて胃にもたれたほど♪

量も十分用意してあった。ただ、トレイが無かったから、ウエイター用のトレイ

を勝手に使う恥ずかしい人もいた・・・とか、他人事のように書いたりする(笑)

 

サラダのわさびドレッシングが辛くて美味しかったね♪ あと、「スイーツ・ファ

ウンテン」と名付けられてる、チョコレートの泉が面白かったかも。マシュマロ

やワッフルにチョコを付けると、すぐに乾くのだ。特に女性の方は是非お試し

あれ。こっそりビスケットを持ち込めば、ブルボンの傑作、アルフォートを作れ

る♪ コラコラ。

 

140303p

 左写真は店内か

 ら撮影したもの。

 左側がメインの

 プリンスゲレン

 デで、右奥に伸

 びてるのが、

 みの木コース

 その手前のキッ

 ズパークで、「パ

ンダ」が直立歩行してた♪ ササを食べる代わりに、時給1000円くらいで

生きてると思う(笑)

 

 

          ☆          ☆          ☆

140303o

 最後はプリンス

 ゲレンデの写真

 を2枚アップし

 て、今年のスキー

 &スノボツアー

 日記を締め括ろ

 う。日曜の日帰

 りでも十分楽し

 めたけど、来年

140303n

 は泊まりで遠く

 へ行きたいもん

 だね。やっぱ、

 一番魅力的なス

 キー場は、北海

 道ルスツ・リゾー

 トだと思う・・・と

 書いとくと、メ

 リーゴーランド

のチケットが送られてくるかも♪ 合計で15泊くらいしてるのに、いまだにア

レに乗ってないから、気になって夜も眠れないのだ(笑)

 

なお、軽井沢で流れてた音楽(BGM)は最近のJ-POPがほとんどで、音

量も小さめ。ほとんど耳を素通りする感じだったけど、到着直後は安室奈美

恵「Chase the Chance」が聴こえて懐かしかった♪ 小室哲哉の全盛期

だね。それでは、また明日。。☆彡

 

 

 

cf. 富良野スキー場・写真日記 (2006)

   快晴の安比スキー場で雪上トレーニング♪ (2007)

   安比高原スキー場のイルミネーションは綺麗☆ (2008)

   志賀高原スキー&スノボ旅行♪ (2009)

   スキー&スノボツアー、今年は苗場&かぐらスキー場♪ (2010)

   北海道ルスツ・スキー場、ゲレンデ・ホテル・イルミネーション☆ (2011)

   快晴の新潟・神立高原、スキー&スノボツアー♪ (2012)

   3・11から2年、福島県・猪苗代スキー場の写真日記 (2013)

   晴天率が高いはずの軽井沢スキー場、2年連続の曇&ガス・霧(2015)

 

                                    (計 3509文字)

| | コメント (0)

ソチ五輪、また銀メダル☆&青梅マラソン準備完了

(12日) スローJOG 12km,1時間11分55秒,平均心拍133

       

素晴らしいね☆ スノーボード・男子ハーフパイプの10代コンビ銀・銅もカッ

コ良かったけど、市民ランナーとしては、ノルディックスキー・男子複合個人

ノーマルヒルの銀メダルに興奮した♪ 

      

ジャンプは縁遠いけど、距離スキーは雪のマラソンだもんね。私もいずれ一

度はやってみたいと思ってる。5kmのクロスカントリーなら何とかなるんじゃ

ないかな。板を真っ直ぐ動かすクラシカルじゃなくて、普通のフリー。スキーで

スケーティングするのは元々好きだし、得意なのだ。平地や軽い登りはもちろ

ん、緩斜面を滑ってる途中でもスケーティングで加速してる。

         

で、その複合・銀メダルの渡部暁斗(わたべあきと)選手。最初、テレビ映像

で顔と声に接した時、落ち着いてるから30代かなと思ったら、25歳だった

(笑)。サッカーの長谷部(30歳)に似てるかも。まあでも、インタビューの内

容をよく聞くと、20代半ばの若さも感じる。謙虚さや冷静さの中にも、強烈な

自負心がハッキリ表れてるのだ。結果も残したし、全然いいと思う。

   

意外なことに、この競技20年ぶりのメダルってことで、かつてのトップ選手・

荻原健司はテレビ出演で興奮してたらしいし、その弟の次晴の男泣きは視聴

者に好評だったらしい。自分がやってた競技で後輩がメダルを取って、思い

切り泣けるっていうのも、いいね♪ 私は、母校の陸上部・後輩の活躍を聞い

て、凄いなと感心はしたけど、涙は一滴も出なかった (^^ゞ

      

    

          ☆          ☆          ☆    

笑えるのが、職場(北野建設)の先輩でもある荻原健司から渡部へのアドバ

イス。「トイレが三つ並んでいたら真ん中を使う」、「写真を撮る時は真ん中に

立つ」♪ 控え目な性格の私には無理な注文だ。特に、トイレは端の方が安

心できるわな・・・とか書いても、女性読者には分からないのかも(笑) いや、

子供の時だと、お互いチラッとチェックして「勝負」するわけよ。ジャンプ台の

長さと角度、飛距離とか。。(爆)

     

共感できたのは、ゴール後の顔を流れ落ちてた汗。冬の雪道で、顔に直接

冷たい風を浴びるから、かなり本気でハーハー走らないと汗は流れ落ちな

い。せいぜい、汗が滲むか浮かぶ程度なのだ。あの登りのスケーティングっ

て、ワックスの高性能を差し引くとしても、凄いスピードだよな。フツーの人な

ら、登れないか、登らないはずだ♪ しんどいもんネ。経験者は語る。。

          

まだ複合ラージヒルもあるから、「真ん中」=金メダルも狙えそう。フィギュア・

スケートの個人もあるし、1個くらいは金を見たいもんだね。トリノの荒川静香

のイナバウアー以来、3大会ぶりに。あの時は私も、生(ナマ)で興奮してた。

もちろん、テレビ視聴ね♪

       

    

          ☆          ☆          ☆

一方、絶対に「真ん中」にはなれない市民ランナーの、水曜夜の走りについ

て。いや、高校1年の時の学校の1500m走では1番だったけど、誰も聞い

てないか (^^ゞ 細かすぎて伝わらない自慢なのだ。マラソン大会は高2、高

3と、2位に終わったし。しかも、絶対に負けたくないバスケット部の奴に連

敗して・・・・・・ブツブツ♪

  

数年前(?)の昔話はさておき、前日にイマイチの18km走をやって脚が疲

れてたから、この日は超スローペースで調整。1km6分くらいのペースを目

安に、近所で軽く周回した。この遅さで気温5度なら、ちょうど良かったね。ま、

上に4枚着てたから汗かいたけど (^^ゞ 箱根駅伝とか、よくランニング1枚で

やるわな。私が高校時代の冬の駅伝でも、上は長袖だった気がする。下は流

石に短パンだったけど。

     

結局、トータルでは1km6分ピッタシのペース。ま、積極的休養だからOKで

しょ。まだ街には雪が残ってるのに、明日・・・じゃなくて今日からまた雪かも

知れない。青梅マラソンのコースがちょっと心配になって来た。半ば、山だか

ら、雪が残ってると走りにくいし、下りが危ないのだ。

   

もうすぐ男子フィギュアの開始だから見たいけど、滑走順が遅すぎて寝ちゃう

かも♪ もう寝不足で、寝不足で。。それでは、また明日。。☆彡

    

    

  往路(1.16km)   7分20秒   心拍116     

  1周(1.24km)  7分54秒      124                

  2周           7分54秒      130       

  3周           7分47秒      132     

  4周          7分43秒      134 

  5周          7分32秒      134     

  6周          7分20秒      138      

  7周          7分12秒      138

  8周          6分48秒      143

  復路(0.9km)    4分25秒      143

計 12km 1時間11分55秒 心拍平均133 最大154(ゴール前)

              

                                     (計 1832文字)

| | コメント (2)